小鞠「通報しました」蛍「!?」back

小鞠「通報しました」蛍「!?」


続き・詳細・画像をみる

1:
ピーポーピーポー
蛍「しょ、しょんな…」
蛍「私がたまたま手を伸ばしたら、なぜかそこにセンパイのパンツがあって」
蛍「たまたま手をグーにしたら、なぜか手の中にセンパイのパンツがあって」
蛍「そして、たまたま鼻の頭がかゆかったので、パンツ越しに鼻の頭をかこうとしただけなのに」
小鞠「じゃあ何で嬉しそうに匂いまで嗅いでたの?」
蛍「そ、それはえーと…その欲望の赴くままに行動したというか…」
小鞠「確信犯じゃん!」
蛍「と、とにかく、通報なんて酷すぎます!」
ガララララッ
警察「またお前か…」
8:
■次の日
夏海「こまちゃんがトイレに行ったぞ!れんちょん隊員!こんにゃくをドアの上に設置して驚かそう!」
れんげ「ラジャーなん!黒板消しじゃない所に優しさを感じるのん!」
蛍「…」
夏海「…と思いましたが、やめましょうか?」
れんげ「ら、ラジャーなん」
れんげ(ほたるんがすっごい顔でこっちをにらんでるのん)
蛍「あっ、センパイ。どうですか?トイレで欲望のままにぶちまけてきましたか?」
小鞠「えーと…通報通報」
蛍「しょ、しょんな!」
13:
■次の日
蛍「センパイが使った鉛筆鉛筆!!」
ガララッ
小鞠「!」
蛍「!?」
小鞠「………寝よ」
蛍(え?あれ?…あっ、これが噂に聞く放置プレイ…)
蛍(…)
蛍「センパイ!無理です!放置プレイはレベルが高すぎます!無視しないで!」
小鞠「いや、ごめん。普通にドン引きしちゃって…ってか、何で鉛筆で興奮できるの?」
蛍「え?あぅ…乙女の口からそんな…でも、どうしてもセンパイが聞きたいって言うなら…//」
小鞠「いや、別に聞きたくないから」
14:
■次の日
小鞠「蛍…何で廊下で仰向けで寝てるの?」
蛍「い、いえ。特に意味はないんです。さあ、気にせず私の上を通過して、パンツをさらけ出してください」ハァハァ
小鞠「……………」
フミフミ
蛍「ああっこれはこれで気持ちいいかも!」
小鞠「えーと、蛍のお母さんに買って貰った衛星携帯で…」
蛍「ちょっ!ちょっと待って下さい!今回は私何もしてませんよ!?どちらかというと踏んだセンパイが通報されるのでは!?」
小鞠「…は?」
蛍「す、すいません。謝りますから、そんなゲスを見るような目だけは止めてください」
小鞠「ほら、もう帰るよ。学校終わったし」
蛍「はーい♪」
小鞠「ったく、蛍は都合がいいんだから」
蛍「えへへ♪」
15:
■次の日
蛍「明日が終業式なので、今日は学校の大掃除です…………………………」
れんげ「ほたるんが超集中してるのん!」
夏海「ああ、れんちょんは見たらダメだよ。ほら、廊下じゃなくて教室を掃除しよう」
れんげ「?」
小鞠「って、何で廊下のぞうきん掛けで後ろから付いてくるの!?」
蛍「いえ、お気にせずに」
小鞠「ちょっと恥ずかしいからやめてってば!蛍!」
蛍「はぁはぁ…顔真っ赤にして恥ずかしそうにしているセンパイもいいし」
蛍「センパイ身長の割にスタイルいいから、ここからの眺め抜群だよぉー」
………
小鞠「どう?廊下の腐って抜けた穴に落ちた気分は…」
蛍「はい!ここからの眺めも最高ですね♪生足見放題です♪」
小鞠「やっぱり通報するか…」
蛍「ああっそんな!」
17:
■次の日
小鞠「クリスマスイブ…蛍と町でクリスマスパーティー用のお買い物…」
小鞠「いつもは寂れた駅前なのに…」
カップル共「今日は町の方で楽しむぞ」イチャイチャ
小鞠「…」
蛍「センパイ。お待たせしました」
小鞠「蛍!遅い!」
蛍「え?で、でも、待ち合わせの2時間前…」
小鞠「いいから!罰として私の手を温めて!!」
蛍「え?え?」
ギュッ
蛍「え?センパイ何で手を繋いで?」
小鞠「ほら、行こう。早く!」
蛍(よくわからないけど、センパイから手を繋いでくれて嬉しいなぁ?)
小鞠(うぅ…ニヤニヤしないでよ…もぅ)
19:
■次の日
小鞠「ふわぁー。よく寝た…」
小鞠「あっ♪枕元にクリスマスプレゼントが!」
プレゼント「」ハァハァ
小鞠「どうせプレゼントを置くのは、お母さんって知ってるんだから、手渡しでもいいのに」
プレゼント「」ハァハァ
小鞠「そうだっ。あとでお兄ちゃんと夏海と一緒に空けようかな?」
小鞠「こんなに大きいプレゼントだから、みんなと一緒に空けるのもいいよね?」
プレゼント「はぅっ!」
プレゼント「やめてください!センパイ以外に見られるのは嫌なんです!」
小鞠「やっぱり、中身は全裸か…」
プレゼント「あ、あと!トイレ!お願いします!トイレ!空けてください!限界が近くて!」
小鞠「はいはい。今空けるからちょっと待っててね」
プレゼント「わぁーい♪」
22:
■次の日
夏海「姉ちゃん何なの?みんなを集めて」
れんげ「遊びに来たのん」
このみ「なにー?」
蛍「センパイからお呼ばれ嬉しいな」ハァハァ
小鞠「実はスパゲティを焼いてみたんだー♪」
蛍(パスタを…や、焼く?…そ、そういう、おつまみがあると聞いたことはあるけど…)
蛍「って、夏海センパイ達がもういない!」
小鞠「まったく今日のは自信作なのに…」シュン
蛍(落ち込んでいるセンパイなんて見たくない!)
蛍「うわぁー、実は昨日からパンツしか食べてないんで、お腹ぺこぺこだなー。さっそく食べてもいいですか?」
小鞠「う、うん。もちろん」パァァァ
ピーポーピーポー
小鞠「蛍大丈夫!?蛍!返事をしてってばーーー!」
24:
■次の日
蛍「ぱんつぱんつ」くんかくんか
小鞠「通報通報」めるめる
夏海「…」
………
夏海(パンツってそんなにいいのかな…)
夏海(脱衣所に…のパンツが…)
夏海(…)
26:
蛍「って、夏海センパイ!?何をやってるんですか!?」
夏海「え!?いやっ、これはその洗濯の手伝いを!」
蛍「パンツはこうです!」
夏海「って、ほたるんがポケットの中から姉ちゃんのパンツを取り出して…」
蛍「股の部分を重点的にくんかくんか…はぅ//」
夏海「なっ!?」
小鞠「ええ、はい。ついにパンツの使い方のレクチャーまで…はい。至急お願いします」
30:
■次の日
蛍「今日は一緒のお布団でお世話になります」
小鞠「蛍の親は今日は用事でいないし…仕方ないよね」
蛍「はい、仕方ありません♪」
小鞠「…で」
蛍「え?」
小鞠「何で全裸なの?」
蛍「はい、うちの家では全裸で寝るのが基本で」
蛍「あっ、センパイもどうですか?気持ちいいですよ?」
小鞠「露出狂が…はい。よろしくおねがいします」
蛍「そ、そんな!?今回通報のハードル低すぎじゃないですか!?」
32:
■次の日
蛍(今日は大掃除の日…センパイに会えないけど…仕方ないよね…はぁ…)
ピンポーン
蛍「はぁーい」
ガララッ
蛍「って、センパイ!?」
小鞠「大掃除なんでしょ?手伝いに来たよ?」
33:
蛍「えっ?いえっ。そんな…」
小鞠「あっ。言い方を変えるね」
蛍「え?」
小鞠「私のパンツを回収に来たよ♪」ニコッ
蛍「しょ、しょんな…」
小鞠「えーと、ここかな?」
蛍「や、やめてください!私は…私は…明日からどうやって生きればいいんですか!ああっ、そこはやめてぇっーーーーーーーーー」
35:
■次の日
蛍「東京にいたころ、よく男子が私の笛を盗んだりしていたんですよ?」
蛍「何でこんな酷い事するんだろう…って思ってたんですよ?」
蛍「でも、私…今ならその気持ちが分かるかも……ピョー」
蛍「…」
小鞠「いいから、口の中の笛の先端を返して!!」
蛍「あっ、このビチョビチョになった笛をセンパイが味わうんですね。わかります」
小鞠「もしもし、警察ですか。はい、いつものです。年末に…はい…お世話になります」
蛍「じょ、冗談です。ごめんなさい!」
36:
■次の日
ゴーンゴーン
「こんばんわー」
「こんばんわ」
「あれ?みんなは?」
「夏海達は初日の出見るからって、れんげの家に行ったよ」
「それより寒いでしょ?こたつに入りなよ」
「はい。おじゃましまーす」
「って、何で隣に入るの!?」
「えへへ?」
「まぁ、いいけど…」
38:
ゴーンゴーン
「今年も終わりますね」
「そうだね」
「…」
「蛍?」
「はい?」
「来年もよろしくね」
「はい!来年もよろしくお願いします!センパイ♪」
42:
ゴーンゴーン
「でも、変態行為はほどほどにね?」
「…が、がんばります」
「あ、あれ?『ほどほど』って事は…少しぐらいなら?」
「ち、違う!勘違いしないで!」
「えへへ。顔真っ赤ですよ?センパイ♪」
「つ、通報!」
「される理由がありませんよ」
「っ!?」
「えへへ//」
  終わり
4

続き・詳細・画像をみる


2013年にスマホで撮影した画像貼ってけ

クッキー作ったよー

【声優】LGメンバーの特徴をよく捉えた似顔絵イラスト

【朗報】コスプレ美女をご覧ください!!!! (画像あり)

辻希美さんがプリクラ年賀状を作成し炎上wwwwwwwwwwwwwwww

【悲報】綾瀬はるか、来年も紅白司会に意欲

back 削除依頼&連絡先