セリーヌ「ち○ぽ!ち○ぽ!」リト「この単語覚えさせたの誰だ?」back

セリーヌ「ち○ぽ!ち○ぽ!」リト「この単語覚えさせたの誰だ?」


続き・詳細・画像をみる

1:
セリーヌ「……」
リト「お、セリーヌ。また絵本読んでるのか」
セリーヌ「まうー」
リト「古手川から貰ったやつだよな、それ。ホント、気に入ってるんだな」
セリーヌ「まううー……」
リト「セリーヌ? どうした?」
セリーヌ「ま……ま……ん……ぽ……」
リト「え!? セリーヌ、お前……もしかして……」
セリーヌ「ん……う……ん……」
リト「なんだ、セリーヌ? なにが言いたいんだ? ほら、がんばれ」
セリーヌ「ち……んぽ!!」
リト「え……」
セリーヌ「ちんぽ! ちんぽ!! まーちんぽーうー」
To LOVEる-とらぶる- ダークネス バトルエクスタシー (限定版)予約特典オリジナルコスチューム「メイド服」が手に入るPDC&Amazon.co.jp限定特典「モモ」描き下ろし着せ替えジャケット付
----------------------------------------------------------------------------
3:
リト「……」
セリーヌ「ちんぽ! ちんぽ! ちんちんぽ!!」
リト「……誰がセリーヌにこんなことを」
リト「絵本に書いてる……わけでもないか」
セリーヌ「まうー? ちんぽー?」
リト「もしかして……。いや、モモやララを疑ってどうする。二人ともそんな小学生みたいなことは絶対にしない……」
セリーヌ「まううー?」
リト「セリーヌ、その単語はどこで覚えたんだ?」
セリーヌ「ちんぽっ! ちんぽぽっちん!!」
リト「くっ……」
美柑「リトー? なに騒いでるのー?」
リト「……!!」
リト(まずい……!! このままじゃ絶対にオレが何かしたって思われる……!!!)
美柑「リト? どうかしたの?」
6:
リト「や、やぁ、美柑。掃除してくれてたのか。いつも悪いなー」
美柑「はぁ? なによ、急に。いつものことでしょ。リトがしてくれないから」
リト「あははは。明日はオレがするよ」
美柑「ホントに?」
リト「ホント、ホント」
美柑「ま、別にいいけどね。私も好きでやってるところあるし」
リト「そ、そうか」
美柑「ところで……」
リト「な、なんだ?」ギュゥゥ
セリーヌ「うー! うー!!」
美柑「可哀相だから、離してあげれば?」
リト「あ、いや、これ、あ、新しい遊びなんだ」
美柑「そうなの?」
リト「ホントだって。セリーヌ、楽しいよな?」
セリーヌ「ぅうー」
7:
美柑ちゃんかわいいよ
8:
美柑「……暇そうでいいわね」
リト「あははは」
美柑「あとで買い物、行ってきてね」
リト「ああ、任せろ!」
美柑「頼りにしてるからね、リトっ」
リト「……」パッ
セリーヌ「まふぅぅ」フルフル
リト「なぁ、セリーヌ?」
セリーヌ「ちんぽ!! ちんぽぅー?」
リト「ダメだぁ!!! このままじゃまた美柑に白い目で見られる!!! あぁー!!!」
セリーヌ「まうー……ちんぽっ! ちんぽっ! ちんぽっ!」
リト「やめてくれ!! そんな言葉で元気付けないでくれ!!!」
セリーヌ「ちんぽぉ……」
リト「どうすればいいんだ……。いや、そうだ!! モモ!! 植物のことならモモしかいない……!!」
セリーヌ「ちんぽー?」
11:
リト「おーい、モモー」
セリーヌ「ちんぽーぅ」
リト「セリーヌ!!」ギュッ
セリーヌ「まうっ!?」
ナナ「なんだよ、リト。用事がない限りはこっちに来るなって言ってるだろ」
リト「ナナか……」
ナナ「なんだよ!! あたしじゃ不満なのか!? モモのほうがいいのか!?」
リト「今は……モモに用事があってさ」
ナナ「残念だけど、モモは新しいゲームを買いに出てる。当分、帰ってこないぞ」
リト「マ、マジか」
ナナ「そんなに胸が大事か……」
リト「どうしよう……」ギュゥゥ
セリーヌ「うぅー」
ナナ「おい。セリーヌが苦しがってるだろ。離してやれよ」
リト「え? いや、これがオレとセリーヌとのコミュニケーション法なんだよ。し、知らなかったか?」
12:
ナナ「はぁぁ?」
リト(モモがダメならララか……。ララならトンデモ発明品でなんとかなる……わけないか……。失敗するほうが多いし……)
ナナ「……」
リト(でも、モモが帰ってくるまでセリーヌのことを隠しきれるわけがないし……)
ナナ「隙アリぃ!!!」バッ
リト「あぁぁ!!! ナナ!!!」
ナナ「可哀相になぁ、セリーヌ。こんなケダモノに抱きしめられてたら満足に呼吸もできないだろ?」
セリーヌ「まふぅ」フルフル
リト「ナナ!! セリーヌを返してくれ!!」
ナナ「はぁ? セリーヌはお前のモノじゃないだろ。それともこういうほうが……趣味なのか……?」
リト「何言ってるんだ!!」
セリーヌ「ちんぽっ!!」
ナナ「……え?」
セリーヌ「ちんぽぽ!! ちんちちぽぽ!! ちんぽ!! ちんぽぅー!!」
リト「あぁ……」
13:
これは歴史に残る名作になる
16:
ナナ「セリーヌ? どうしたんだ?」
セリーヌ「ちんぽぅ? ちんぽっちんぽっ」
ナナ「……」
リト「……」
ナナ「セリーヌ、ちょっと待っててくれ」
セリーヌ「まちんぽぅー?」
ナナ「おい。ケダモノ」
リト「ナナ。信じてくれとはいわない。でも、オレの話も聞いてくれ」
ナナ「……言ってもみろ」
リト「リビングに行ったら、セリーヌが絵本を読んでいたんだ。それでセリーヌが必死に何かを喋ろうとしていたんだ」
ナナ「で?」
リト「オレもそんなセリーヌの姿に感動して、応援した。するとセリーヌは言ったんだ」
セリーヌ「ちんぽ」
リト「……そう、言ったんだ。言ったんだよ、ナナ」
ナナ「……」
20:
美柑「――お掃除、終了っと」
「ふっざけんなぁぁぁ!!!! ケダモノぉぉぉぉ!!!!!」
「ぎゃぁぁぁ!!!!!」
美柑「な、なになに!? リト!? ナナさん!? なにがあったの!?」
ナナ「お前!!! セリーヌになんて言葉を覚えさせたんだよ!!! セリーヌにこんなこと言わせてなにするつもりだよ!!!」グイッ
リト「誤解だ!! オレがそんなことするわけないだろ!!!」
ナナ「するに決まってんだろ!!!」
リト「……疑われても仕方ないよな、オレって」
美柑「ちょっと!! やめて!!」
ナナ「美柑、とめるな!!」
美柑「リトがまた何かしたの!?」
ナナ「セリーヌだ!! セリーヌをみればわかる!!」
美柑「え?」
セリーヌ「ちんぽっ」
美柑「リト……」
22:
マジかよリト最低だな
23:
リト「美柑……」
美柑「……」
リト「くっ……もう好きにしてくれ……!!」
ナナ「セリーヌ、可哀相になぁ……」
セリーヌ「ちんぽぅ? ちんぽっちんぽっ」ナデナデ
ナナ「……そんな言葉で慰めないでくれ」
セリーヌ「まう?」
美柑「リト……どうして……」
リト「美柑、オレじゃない。オレがこんなことするわけないだろ……うぅぅ……」
美柑「大丈夫だよ、リト」ギュッ
リト「み、かん……?」
美柑「買い物は私が行くから、リトはゆっくりしてて」
リト「美柑!!!」
美柑「リト、早く元気になってね……」
リト「待ってくれ!! 美柑!!! ちがうんだぁぁ!!!」
27:
リト「うぅぅぅ……」
ナナ「美柑はどう思う?」
美柑「リトは確かにバカだけど、こんなことをするかなぁ」
ナナ「でも、リトのすることはたまに常軌を逸してるときだってあるだろ」
美柑「うーん……」
セリーヌ「まうぅ?」
リト「セリーヌ……」
セリーヌ「ちーんぽ。ちんぽっぽ」ギュッ
リト「セリーヌ……お前、どうしちゃったんだよ……」
美柑「本気で困ってるみたいだけど」
ナナ「リトの過失ってこともあるだろ」
美柑「それは、否定できないけど」
ナナ「大体、あたしや美柑は勿論、姉上だってこんなことはしない。流石のモモもセリーヌ相手にこんな悪戯はしないしな」
美柑「そうなんだよね」
ナナ「やっぱり、リトが悪い。決まりっ」
29:
美柑「だけど、一応ララさんとモモさんにも訊いておいたほうが……」
ナナ「おい!! ケダモノ!!」
リト「ナナ……」
ナナ「セリーヌに覚えさせたち……単語、すぐに忘れさせろよ!!! 姉上の発明品でも借りてな!!」
リト「……わかった」
ナナ「ふんっ!! サイテーだな!!!」
リト「あぁ……」
セリーヌ「ちちんぽぽ」
美柑「リト? 心当たりとかはないの?」
リト「あ、あるわけないだろ!!」
美柑「……まぁ、とにかくララさんから道具借りてきたら? ほら、忘れさせるやつとかあったはずだし」
リト「あれ、めちゃくちゃ危険なんだぞ?」
美柑「だからって、このままだと……」
セリーヌ「ちんぽ」
美柑「……と、とにかく!! 私だってなんだか恥ずかしいし!! なんとかして!! お願いします!!」
30:
リト「なんで……オレが……」
セリーヌ「ちんぽー?」
リト「ララー」
ララ「どうぞー」
リト「……」
ララ「どうしたの?」
リト「あのさ……」
セリーヌ「ちんぽっう!」
リト「っていうわけなんだけど」
ララ「……え?」
セリーヌ「ちんぽー!!」テテテッ
ララ「わぁ!! すごーい!! セリーヌちゃん、いつの間に喋れるようになったのー!?」
セリーヌ「ちんぽっ! ちんぽっ!」
ララ「ちーんぽっ! ちーんぽっ! あははは! これ、なんだかたのしー!!」
リト「おい!!! ララ!!! 言葉の意味わかってないのか!?」
36:
ララ「知ってるよ。男の子についてるやつでしょ?」
リト「分かってるなら楽しそうに言うなよ!!」
ララ「だめなの?」
リト「ダメだ!!! 恥ずかしく……ララはないんだよな……」
ララ「ん?」
セリーヌ「ちんぽ?」
ララ「セリーヌちゃん、ちんぽだねー」
セリーヌ「まうー!! ちんぽ!! ちんぽ!!」キャッキャッ
リト「ララ!! やめろ……!!!」
ララ「ど、どうしたの、リト……? こわいよぉ」
リト「と、とりあえず、セリーヌにこれを言わせないようにしてくれ」
ララ「これって?」
リト「ち……んぽをだ」
ララ「なんでー?」
セリーヌ「ちんぽー?」
38:
リト「セリーヌがこんなことをずっと言ってたら、色々言われるだろ。近所とか、いつも預かってもらってる御門先生やお静ちゃんに」
ララ「セリーヌちゃん、楽しそうだし、可愛そうだよ?」
リト「いや……」
ララ「ほら! こんなに笑顔なのに!」
セリーヌ「ちんぽっ」ニコニコ
リト「ララ!! そうじゃないんだ!! これはセリーヌのためでもあるんだよ!!」
ララ「セリーヌちゃんが幸せならそれでいいと思うけど。私も楽しいし、笑顔になれるよ」
リト「ララ!!」ガシッ
ララ「リ、リト……」
リト「分かってくれ」
ララ「……うんっ。リトがそこまで言うってことは、きっと大事なことなんだね」
リト「ああ、そうだ」
ララ「わかった。ちょっと待ってね。使えそうな発明品出してみるから」
リト「ありがとう、ララ。助かるよ」
セリーヌ「まちんぽぅ」
41:
ララ「うーんと……要するに一部分の記憶を消すことができればいいわけだから……」ゴソゴソ
リト「セリーヌ、どこでその単語は覚えたんだよ?」
セリーヌ「まうー?」
リト「そっちじゃない」
セリーヌ「ちんぽっ! ちんぽっ!」キャッキャッ
リト「それだ。誰かに教わったのか? それとも……」
セリーヌ「ちっちんぽ。まうちんぽっ」
リト「え? あっち?」
セリーヌ「ちんぽっ」コクッ
リト「あっちはナナの――」
ララ「あったー!! 記憶けしとぶくん! これでいけるはず!!」
リト「ララ、それ本当に大丈夫なんだろうな?」
ララ「もー。疑うの? なら、テストしてみよっか」
リト「お、おい!! い、いきなり!!!」
ララ「えーいっ」ピカッ
45:
リト「――ん?」
ララ「……あれ?」
リト「ララ、オレはここでなにしてるんだ?」
ララ「さぁ……なんだっけ?」
セリーヌ「ちんぽ! ちんぽっ!」
リト「ダメだ。思い出せない……。ララ、変な道具を使ったんじゃないだろうな?」
ララ「ひどーい。そんなことしないよー」
リト「なら、いいんだけど。あぁ、そうだ。オレ、美柑に買い物頼まれたんだ。行かなきゃ」
ララ「私もいくー」ギュッ
リト「お、おい。ひっつくなよ」
ララ「リトーっ」スリスリ
リト「仕方ないなぁ……。セリーヌ、留守番頼むな」
セリーヌ「ちんっぽ!」
リト「……ちんぽって、なんだ?」
ララ「セリーヌちゃんの鳴き声だよー。忘れちゃったの?」
47:
ララ「リト、リトー」スリスリ
リト「はいはい」
美柑「あ、リト。どうなったの?」
リト「え? ああ、今から買い物にいくから」
美柑「ありがとう。って、そうじゃなくて」
ナナ「おい!! 姉上から離れろ!!」
リト「ララにいってくれ」
ララ「えへへー」ギュゥゥ
美柑「それより――」
セリーヌ「まうー」テテテッ
ナナ「おぉ!! セリーヌ!! 元にもどったかー」ギュッ
セリーヌ「まうー!」
美柑「はぁ……よかった……」
リト「美柑、行ってきます」
美柑「あ、ああ、うん。車に気をつけてね」
48:
ナナ「ホント、傍迷惑な話だよなぁ? セリーヌ?」
美柑「今のうちに宿題でもしちゃおうかな」
ナナ「いいか、セリーヌ? これからはリトに近づかないようにするんだ。そうしないとセリーヌが穢れていくからな」
美柑「ナナさん、何もそこまで言わなくても……」
ナナ「いいか! 絶対だぞ!!」
セリーヌ「ちんぽ!!」
ナナ「……」
美柑「……」
セリーヌ「ちんぽっ! ちんぽっ! ちんぽっ!」
ナナ「セリーヌ!!! おい!!! 変なこといいながら踊るんじゃねえ!!!」
セリーヌ「まちんぽぅ?」
美柑「ど、どうして……?」
ナナ「姉上の発明品だ……。きっと失敗したんだ……」
美柑「リトとララさんは失敗に気が付いてないってこと……もう……」
セリーヌ「ちんぽっ! ぽっぽちんっぽんちんぽ!」
51:
リト「ただいまー」
ララ「たっだいまぁー!!」
ナナ「ぅおい!!! ケダモノぉぉぉ!!!!」
リト「な、なんだ?」
ララ「ナナ、なにかあったの?」
ナナ「姉上!! 失敗だったんだよ!!!」
ララ「失敗って、なんのこと?」
ナナ「セリーヌだ!! セリーヌ!!!」
リト「セリーヌがどうしたんだ?」
ナナ「どうしたもこうしたもあるかぁ!!!」
美柑「りとぉ……たすけてぇ……」
リト「美柑!? 何があったんだ!?」
美柑「宿題してたら……ずっと……」
セリーヌ「ちんぽっぽ!」
美柑「って、言われて集中できないの……」
54:
リト「なんで?」
美柑「な、なんでって!! 当たり前でしょ!?」
リト「セリーヌはいつもあんな感じじゃないか」
美柑「は……?」
ナナ「な、なにいってんだよ!!! そんなわけないだろ!!!」
リト「ララ、そうだよな?」
ララ「うん」
美柑「ララさんまで……!?」
ナナ「どうして……!!」
セリーヌ「ちんぽー!!」
ララ「ただいまー、セリーヌちゃーん」
リト「いい子にしてたか?」
セリーヌ「ちんぽちんぽ!」
リト「あはは。そうか。美柑、これ台所に置いとくな」
美柑「ま、待って!! リト!!」
56:
リト「美柑?」
美柑「ち……ち……ううん!! あ、あんな単語を聞いて恥ずかしくなるから忘れさせてって私言ったよね?」
リト「……」
美柑「覚えて、ないの?」
リト「悪い。何の話だ?」
美柑「……!!」
ナナ「姉上は覚えてるだろ!?」
ララ「何言ってるの?」
ナナ「そ、そんな……あね、うえ……うそだろ……」フラッ
セリーヌ「ちんぽぅ……!!」
美柑「ナナさん、もしかして記憶の消去に失敗して……二人とも……」
ナナ「ああ……それしかない……」
セリーヌ「ちんちんぽ!」
ララ「うんうん。ちんちんだね」
リト「ふわぁぁ。ちょっと寝ようかな」
58:
ナナ「姉上!! 姉上たちは大事なことを忘れてる!!」
ララ「大事なこと?」
ナナ「だ、だから……その……ち……ん……がエッチな言葉だってことをだぁ!!!」
美柑「ナナさん!?」
ララ「えー? よくわかんないよぉ」
ナナ「お前も思い出せよぉ!!」グイッ
リト「ナナ。わけのわからないことを言わないでくれよ」
セリーヌ「ちんぽ」
ナナ「セリーヌのアレは!! だから……エ、エッチな……!!」
ララ「セリーヌちゃんがエッチなの?」
ナナ「違う!!」
リト「ナナ。はっきり言ってくれないとオレもララも困る」
ナナ「え……?」
ララ「ナナ? 言って。ダメなところはすぐに直すから」
ナナ「だ、だからぁ!! ちんぽってエッチなことばだろぉー!!!」
59:
ドピュッ
62:
美柑「ナナさん……」
セリーヌ「まうぅ……」
ナナ「はぁ……はぁ……」
リト「……そうなのか?」
ララ「知らない」
ナナ「ぐっ……!! あねうえもリトもきらいだぁー!!!!」ダダダッ
美柑「ナナさーん!!!」
ララ「ナナ!!」
リト「ララ、ナナを頼む」
ララ「うんっ」
セリーヌ「ちんぽぅ」
リト「美柑?」
美柑「な、なに?」
リト「セリーヌが言っているちんぽって、言っちゃダメなことなのか?」
美柑「そ、それは……あの……うん……あまり、言うことじゃないと思う……」
64:
リト「そうなのか……?」
美柑「そんなことも忘れちゃったの?」
リト「教えてくれ、美柑」
美柑「は?」
リト「ちんぽって、なんだ?」
美柑「なっ……!!」
リト「オレはちんぽのことを忘れているみたいだし、美柑が教えてくれると助かる」
美柑「そ、そんなの教えられるわけないでしょー!!!」
リト「そ、そうなのか?」
美柑「サイテー!! リトのばかぁー!!!」
リト「美柑!! だって、オレはちんぽのこと本当に分からないんだ!!!」
美柑「うるさいうるさい!!」
リト「美柑!! ちんぽってなんだよー!!」
美柑「追ってこないでー!!!」
セリーヌ「ちんぽ……」
67:
ナナ「ぐすっ……うぅぅ……」
ララ「ナナ、ごめんね?」
ナナ「うっ……うぅ……」
ララ「ナナ……」
ナナ「……あねうえ?」
ララ「なに?」
ナナ「本当に何も覚えてないのか?」
ララ「うん。分からないの。ちんぽってきっと覚えてなきゃいけない言葉なんだね」
ナナ「言わなくていい言葉だ!!」
ララ「ああ、そうなんだ」
ナナ「はぁ……サイアクだぁ……。こうなったも全部、ケダモノのせいだぁ……」
ララ「……よし」
ナナ「姉上、どうするんだ?」
ララ「ナナ! ちんぽのこと、教えて!」
ナナ「……いやだ」
71:
美柑「これでもみろー!!」ブゥン
リト「あぶねっ!! 美柑!! 辞書を投げるな!!」
美柑「それに載ってるから!! 見てみれば!!」
リト「そうなのか。えーと……ち……ち……ん……」ペラッ
美柑「はぁ……」
セリーヌ「ちんぽ?」
美柑「ねえ、どこでその言葉覚えてきたの……?」
リト「美柑」
美柑「分かったの?」
リト「――これがちんぽなのか?」スルッ
美柑「ぶぶっ!?!?」
セリーヌ「ちんぽー!!! ちんぽー!!!」
リト「どうなんだ、美柑? これがそうなのか?」ズイッ
美柑「い……ぃ……!!」
セリーヌ「ちんぽぅ!」
75:
「いやぁぁぁぁ!!!!!」
「ぎゃぁぁぁぁ!!!!!」
ララ「リト!? 美柑!?」
ナナ「どうしたんだ?」
美柑「はぁ……はぁ……」
リト「みか、ん……ど、うして……」
美柑「はぁ……はぁ……」
ララ「美柑、何があったの?」
美柑「ナナさん、ちょっと」
ナナ「な、なんだよ?」
美柑「どうやら、存在そのものも忘れちゃってるみたい。それを見せることがどういうことなのかも、全部覚えてないの……」
ナナ「なんだと?」
美柑「モモさんを呼び戻して!! 今すぐ!!」
ナナ「わ、わかった」
美柑「こんなときこそ……モモさんに頼らないと……」
81:
モモ「ふんふふーん。大量、大量っ。今日から暫くは眠れない日が続きそー、うふふふっ」
『――おい!! モモ!! モモ!!!』
モモ「あら? ナナ? どうかしたの?」
ナナ『今どこだよ!! 早く帰って来い!!』
モモ「何かあったの?」
ナナ『ケダモノのせいで大パニックだ!!』
モモ「……また、ナナは。どうせ、ナナが原因なんでしょ? そうやってすぐにリトさんの所為にするんだから」
ナナ『今度は正真正銘リトの所為だ!! リト以外にこんなことするやつがいるか!!!』
モモ「どういうこと?」
ナナ『おい!! セリーヌ!!』
セリーヌ『ちんぽー』
モモ「まぁ……。ついに人語を……」
ナナ『そういう問題じゃねー!!! なんとかしろ!!!』
モモ「はいはい。すぐに戻るから」
モモ「……ナナの焦りよう、他にもなにかありそうだけど」
85:
モモ「――なるほど」
セリーヌ「ちんぽっ! ちんぽっ!」
ララ「あはははー。ちんぽっ! ちんぽっ!」
美柑「やめて!! ララさぁん!!」
モモ「まぁ、お姉様はあまりお変わりがないようですけど……」
ナナ「おい、こら」
モモ「リトさん?」
リト「なんだ?」
モモ「それがどういったものか意味を調べても思い出せなかったんですね?」
リト「ああ。こんなものがオレについていることが不思議なぐらいでさ」
モモ「お姉様も完全に忘却していると」
ララ「うん。モモは知ってるの?」
モモ「まぁ、一応は」
美柑「モモさんならなんとかできるでしょ!!」
モモ「……」
86:
モモ「――わかりました。何とかしましょう」
ナナ「おー!! 頼むぞ、モモ!!」
美柑「悔しいけど……今はモモさんが頼もしく見える……」
モモ「さて、お姉様とリトさんに思い出してもらうためには、ナナと美柑さんの協力が必要不可欠になります」
美柑「わ、わたし?」
ナナ「なんでだよ」
モモ「あーら。私、一人でしちゃってもいいの?」
美柑「……!?」
ナナ「できるならやればいいだろ?」
モモ「そう……」
美柑「ま、まって!! モモさん!! なにするつもり!?」
モモ「何って、まずはリトさんにそれがどういう働きをするものなのか教えるだけですよ」
美柑「ど、どうやって……?」
モモ「勿論、私とお姉様のカラダを使って、ですよぉ?」
ナナ「なぁ……!!!」
88:
モモさんならそう言ってくれると信じていた
92:
美柑「なんでそうなるのよぉー!!!」
モモ「では、お訊ねしますが、美柑さん? このままリトさんが思い出せないままだと、どうなります?」
美柑「ど、どうなるって……」
モモ「美柑さんの前ですら臆面もなく見せたということは、学校でも同じような行動をすることは目に見えているはず」
美柑「うっ……」
モモ「多少、荒療治でも早急に思い出させることが我々の指名だと思いませんか?」
美柑「……」
モモ「美柑さん、違いますか?」
美柑「そ、それは、そうだろうけど……」
ナナ「なんでそんなことをモモがするんだよ!!!」
モモ「だ、か、ら、そういう不満が出ないようにナナと美柑さんにも協力をしてほしいと言ったの」
ナナ「モモ……てめぇ……」
モモ「いいの? お姉様が外で卑猥な単語を連呼しても。私は嫌。ナナだって嫌でしょう?」
ナナ「……っ」
セリーヌ「ちんぽぅ」
100:
ララ「そんなに大事なの?」
リト「なぁ、なんでお前ら深刻になってるんだ?」
美柑「リトは黙ってて!!」
リト「は、はい」
モモ「どうしますか? 私だけでも勿論、構いませんけど」
美柑「……」
美柑(もし……モモさんが……一人でやるとなれば――)
モモ『さぁ、お姉様、よぉーくみててくださいね』
ララ『う、うん』
リト『はぁ……ぁ……モ、モ……こ、これ……』
モモ『ほらぁ、こうしてあげると……ふふっ……』
ララ『すごぉーい。なんでこうなるのぉ?』
モモ『それは……』
ララ『モモ……?』
モモ『リトさん、それをお姉様のところへ……。これはこうやって使うものですから……』
101:
美柑「……っ」フルフル
モモ「どうされました?」
美柑(リト……)
リト「美柑?」
美柑(モモさんに玩具にされるぐらいなら……)
美柑「分かった。私もやる」
ナナ「美柑!?」
モモ「ありがとうございます。ナナはどうする?」
ナナ「あ、あたしは……」
モモ「ナナが見張ってないと、リトさんが何するかわからないと思うけど?」
ナナ「……いいか、リト!!!」
リト「な、なんだ?」
ナナ「あたしは別に、お前のち……じゃなくて、粗末なソレをみたいとかじゃないからな!!! お前がそのままだと困るから協力してやるんだ!! いいな!!!」
リト「ありがとう、ナナ」
ナナ「こんなことでお礼をいうんじゃねぇ!!!」
103:
なんか冷えると思ったらちんぽに霜が降りてた
105:
モモ「では、始めましょうか」
ララ「モモー。なにすればいいの?」
モモ「お姉様はそのままで、リトさんは……」
セリーヌ「ちんぽっ」
モモ「……を、出してもらえますか」
リト「ああ」
美柑「そ、そんないきなり!?」
ナナ「心の準備ぐらいさせろ!!!」
モモ「別に見るのは初めてじゃないでしょう?」
ナナ「そうだけどぉ!!」
モモ「美柑さんも今更じゃないですかぁ」
美柑「い、今までのは事故みたいなものだったし……」
リト「……これでいいんだな」スルッ
セリーヌ「ちんぽっ!!」
ララ「これがそうなんだー」
106:
美柑「ララさん!! 近づきすぎだからぁ!!!」
ララ「これ、あぶないの?」
美柑「あ、ある意味……」
ララ「そうなんだ……」
リト「危ないって!! それなら切り取ったほうがよくないか!!」
モモ「そんなもったいない。できませんよぉ」
リト「だ、大丈夫なのか?」
モモ「はぁい。私たちにとっては必要なものですし」
ナナ「モモ!! はやくしろよぉ!!!」
モモ「まずはどういう機能があるのかを知ってもらわないといけませんね。美柑さん」
美柑「は、はい」ビクッ
モモ「まずはどうすればいいか、わかりますよね?」
美柑「……」
モモ「美柑さんだって、子どもじゃないんですから。ふっふっふっふっふ」
美柑「リ、リト……」
109:
モモ(これはまたとないチャンス。ここでナナと美柑さんに抵抗をなくしてもらえれば、私の計画が大幅に進むことになる!!)
モモ(いえ、むしろ最終段階に入ったといっても過言じゃない……)
リト「美柑……」
美柑「あ……ぅ……」
リト「震えてるぞ。怖いのか?」
美柑「リトのため……リトのため……リトのため……」
リト「……」
モモ「美柑さぁん? 目を瞑ったままでできるんですか?」
美柑「リトのためなら!!!」ギュッ
ララ「おぉ!」
美柑「リトのため、リトのため、リトのため――」シュッシュッ
モモ「リトさん……?」
美柑「え?」
リト「いいよ、美柑。ちんぽに触るの嫌なんだろ?」
美柑「あれ、リトの手をこすってたの……?」
111:
モモ「リトさん、これは貴方にそれがどういうものなのかを体で覚えてもらうためですから」
リト「美柑がこんなに怯えてるじゃないか。やっぱり、これは危ないものなんだろ?」
美柑「リト……」
モモ「それは……」
ララ「モモ!! そんなものを触らせたらダメだよ!!」
モモ「でも、触ってもらわなければどんな機能があるものなのかは……!!」
リト「美柑やナナが触らなくてもいい方法ってないのか?」
セリーヌ「ちんぽっ!」
モモ「記憶の欠如が問題ですから、それを取り戻せば……」
ナナ「モモ!!! なんでそれをいわないんだぁ!!!」
モモ「でも、それにはお姉様の発明品に頼らなくてはいけないのよ!?」
ナナ「それでいいだろ!!」
モモ「もしも他のことまで忘れてしまったら!?」
ナナ「うっ……」
モモ「これが一番安全かつ確実な方法なの」
112:
美柑「はぁ……」
モモ「美柑さんだって、このままでいいとは思ってないですよね?」
美柑「そうだけど……」
モモ「だったら、リトさんの……」
セリーヌ「ちんちんぽ」
モモ「を、持ってください」
美柑「……」
モモ「美柑さん」
美柑「うん」
リト「美柑、待て」
美柑「リト……」
リト「嫌なんだろ? だったら……」
美柑「……嫌じゃないよ」
リト「え……?」
美柑「リトのなら、嫌じゃないから……」
114:
ララ「美柑、本当に大丈夫?」
美柑「うん。だって、兄妹だし……」
モモ「次なナナだからね」
ナナ「なぁ!?」
モモ「当然でしょ。全部、美柑さんにさせるつもりなの?」
ナナ「わ、わかったよ……でも、なにしたらいいか……」
モモ「心配しないで。私がおしえて、あ、げ、るっ」
美柑「リト、目を瞑ってて。見られるのは、恥ずかしいから……」
リト「美柑……でも……」
美柑「瞑って!!」
セリーヌ「ちんぽっぽ!! ちんぽっ!!」
リト「……待ってくれ!!」
美柑「な、なに!? まだ触ってないけど!?」
ララ「リト、何か思い出せたの?」
リト「セリーヌに訊いてからでも、よくないか? セリーヌもこれが何なのかは知ってるんだろ? ずっと言ってるし」
117:
ララ「あ、そっか」
モモ「いえ、でも、訊いたところでリトさんが思い出せるかどうか……」
リト「そんなのはわからない。ちんぽは泣き声じゃなくセリーヌが初めて覚えた言葉だっていうなら、きっと何かあるんだ」
ララ「なにかって?」
リト「強烈なインパクトがあったとか、言葉として覚えられるほどのことがセリーヌにあったかもしれない」
ララ「それを見れば私たちの記憶も……」
リト「戻るかもしれない」
モモ「リトさん!!」
リト「ごめん、モモ。一生懸命考えてくれたのに。だけど、美柑が怖がってる」
モモ「……」
リト「こんなことはさせたくないんだ」
モモ「……分かりました」
美柑「リトぉ」
リト「美柑、ごめんな。怖い思いさせて」ギュッ
美柑「……とりあえず、ズボンはいて」
119:
ナナ「はぁ……やっと、汚いものを見なくて済むのか」
モモ「まだ分からないでしょ」
ララ「セリーヌちゃん、ちんぽってどこで覚えたの?」
セリーヌ「ちんぽぅ?」
ララ「そうそう、ちんぽだよっ! ちんぽっ!」
セリーヌ「まちんぽう」
リト「モモ、頼む」
モモ「わかりました。こほんっ。まうまうー?」
セリーヌ「まうーまううー」
モモ「まうー、まうまうー?」
セリーヌ「まうー! ちんぽっ!!」
モモ「……わかりました」
ナナ「なんていったんだよ?」
モモ「ナナの部屋に行きましょうか」
ナナ「え……?」
120:
美柑「ナナさんの部屋になにかあるの?」
モモ「セリーヌさんはそう仰っているみたいですけど」
ナナ「まてよ。リトの部屋と勘違いしてないか?」
モモ「行きましょうか」
リト「ナナ、悪いけど部屋を見せてくれ」
ララ「いいよね、ナナ?」
ナナ「あ……ぅ……うん」
モモ「ナナの部屋に絵本があったそうです」
ナナ「げっ……!?!?」
美柑「絵本?」
モモ「ええ。それを読んでいるうちにセリーヌさんは……」
セリーヌ「ちんぽっ」
モモ「という言葉を覚えたと」
リト「そんなに興味を惹かれたのか? いや、まて、セリーヌはまだ字だってろくには……」
モモ「行ってみればわかりますよ、リトさん」
122:
モモ「ナナ、問題の絵本はどこにあるの?」
ナナ「……し、しらねえ」
モモ「言い逃れできる状況とでも?」
ナナ「……」
美柑「ナナさん、お願い」
リト「ナナ、頼む」
ララ「ナナー、その絵本みせてよー」
セリーヌ「ちんぽ!!」テテテッ
ナナ「あぁ!! まてぇ!! セリーヌ!!!」
セリーヌ「ちんぽっ! ちんぽっ! ちんぽっ!!」ゴソゴソ
ナナ「あぁぁ!!!」
モモ「はいはい。静かに」
セリーヌ「――ぽーんちっ!! まうー!! ちんぽー!!!」
ララ「その絵本がそうなの?」
リト「ええと……よくわかるカラダの秘密……? これ、絵本じゃなくて……」
123:
ちんぽがゲシュタルト崩壊しますたwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
125:
まず排泄の機能を教えろよ蜜柑www
http://www.amazon.co.jp/dp/4887745052/
126:
セリーヌ「まうー」ペラッ
美柑「きゃっ……」
ララ「へぇー。地球人の体ってこんな感じなんだねー」
ナナ「あー!! あー!!!」
モモ「はいはい。ナナは静かに」
リト「でも、これでどうしてセリーヌは言葉を……?」
セリーヌ「まうっ」ピッ
『ここはおちんちん。ちんぽなんていったりもするよ』
ララ「すごーい!! 声がでるぅー!!」
美柑「あぁ……」
セリーヌ「まう!!」ピッ
『ここはおちんちん。ちんぽなんていったりするよ』
セリーヌ「ちんぽっ!!!」
モモ「……面白い絵本を持ってるわね、ナナ。どうしたの、あれ?」
ナナ「……かった」
127:
ララ「ここはどうなのかな」ピッ
『そこはおっぱいだよ』
ララ「たのしぃー!! これぇ!!」
美柑「ララさん、あまりそれは……」
リト「ララ、思い出せたか?」
ララ「ううん。リトは?」
リト「オレもだ」
ララ「うーん。ねえ、リト、二人でこれを見て勉強するっていうのはどうかな?」
美柑「えぇぇ!? それはダメ!!」
モモ「いいことじゃないですか、美柑さぁん」
美柑「で、でも!!」
モモ「まぁまぁ。お姉様とリトさんでは間違いが起こるわけもないでしょうし」
美柑「……まぁ、そっか」
モモ「それにナナのこともありますし」
ナナ「ちょっと興味があったんだ……それだけなんだよぉ……」
128:
美柑「ナナさん。別にああいうのを買ったりするのはいいんだけど……」
モモ「もう少し、管理をきちんとやってほしいところね」
ナナ「もう捨てる……」
セリーヌ「ちんぽっちんぽっ」ナデナデ
モモ「元気だせって」
ナナ「ありがとな、セリーヌ……」
セリーヌ「ちんぽっ」
美柑「それにしても、モモさん? どうして真っ先にああいう方法をとったのかは説明してくれるの?」
モモ「え?」
美柑「……」
モモ「それはーわたしもーこんらんしてましてー……」
美柑「モモさん!! ナナさん!!!」
モモ・ナナ「「はいっ!!」」
美柑「反省して!!!」
セリーヌ「ちんぽっ」
129:
ララ「男の子にはみんなついてるんだねー」
リト「……」
ララ「そっかぁ、これがないと子ども産めないんだぁ。リト、それ切り取っちゃダメだよ」
リト「分かってる……」
ララ「どうしたの? リト? 顔が赤いけど」
リト「なんか。だんだん、恥ずかしいことしてたんだなって思えてきたからさぁ……」
ララ「これってやっぱり、子作りするときまでは見せちゃだめなのかな?」
リト「そりゃそうだろう。これって裸になったりしないと出すもんじゃないし」
ララ「そうだよねー」
リト「あと、排泄でも使うみたいだしな」
ララ「そうだね」ピッ
『ここはおちんちん。ちんぽなんていったりするかな』
リト「ララ、再生しなくていいから!!」
ララ「女の子のほうも聞いてみる?」
リト「やめろっ!!! そっちは覚えてるから!!!!」
132:
美柑「あとは……」
セリーヌ「ちんぽ!」
美柑「これ、どうにかしないと。ララさんの発明品は怖くて使えないし……」
モモ「セリーヌさんをこのままにはできませんものね。これを使いましょう」
美柑「それは……?」
モモ「ワスレソウ。これを燃やして、その香りを嗅げば……」
美柑「忘れるの?」
モモ「私が指定した記憶が吹っ飛びます。あまりに過去の記憶や深く刻まれた記憶は無理ですが、セリーヌさんにはこれで十分でしょう」
セリーヌ「まちんぽう?」
モモ「はぁーい。そのままじっとしててくださいねー」
セリーヌ「まうぅぅ……」
モモ「美柑さん、ナナは退室してください。記憶、忘れたくないですよね?」
美柑「……できれば、忘れたい」
ナナ「あたしもだ……」
モモ「いいの? あんなに素敵な思い出なのに」
136:
美柑「――あ、リトー?」
リト「どうした、美柑?」
美柑「買い物、行ってくれてありがと」
リト「いいよ。他に何かないか?」
美柑「これで十分。ごはん、すぐに作るね」
リト「ああ」
美柑「うーん……。それにしてもいつの間に夕飯の時間になったんだろう……。お昼ぐらいから記憶がないなぁ……」
リト「どうした、美柑?」
美柑「ううん、なんでもない」
リト「そっか」
モモ「リートさんっ。お姉様との勉強はどうでしたか?」
リト「思い出させるな」
モモ「ここがいかに大事なのか、わかったんですかぁ?」
リト「わ、わかったから!!! もう聞かないでくれー!!!」
ナナ「……あれ? あたし、なにしてたっけ……? あれ……?」
138:
ララ「ふんふふーん」ペラッ
セリーヌ「まうまうー」テテテッ
ララ「セリーヌちゃん、どうしたのー?」
セリーヌ「まう?」
ララ「これ? これ面白いよねー。知らないところいっぱいあるし」
セリーヌ「まうぅ」
ララ「リトの裸は何回も見てるけど、中身まではよくわからないもんね」
ララ「といっても、デビルークとそこまで違いなんてないけど」
セリーヌ「まーう」
ララ「セリーヌちゃんも見る?」
セリーヌ「まうー!!」
ララ「うん。一緒に見よっか」
セリーヌ「まうー? まうー?」
ララ「え? ここ? ここはねー」ピッ
セリーヌ「まうー」
140:
美柑「ララさーん!!! ごはんできたよー!!」
ララ「はぁーいっ」
セリーヌ「まうー!」
美柑「何してたの?」
ララ「セリーヌちゃんとお勉強っ! ね?」
セリーヌ「まうっ」キリッ
ナナ「へぇー。賢くなったのかぁ、セリーヌ?」
セリーヌ「ま……う……ん……」
美柑「何か言おうとしてる!?」
ナナ「マジかよ!? セリーヌ、頑張れ!!」
リト「……勉強って」
モモ「お、お姉様……? あの……」
ララ「え?」
セリーヌ「ま……まぅ……ん……ま……」
セリーヌ「まんこっ!!!」
     END
141:
まんこwwwwwwwww
148:
わろた

14

続き・詳細・画像をみる


俺は妹がいてよかったと思う。

好きな子にガチで何回も告白し続けた結果www洒落にならないことに・・・

2013年アニメ業界をランキングで振り返る! キルミーは蘇った、黒子脅迫犯人逮捕、劇場アニメ大盛況、声優の結婚ラッシュ

お前らのテーマソングって何?

■【画像】コスプレ大会の最終優勝者

1ページ完結の漫画の画像下さい!!!

back 削除依頼&連絡先