亜美「ふくしゅー?」伊織「そうよっ!!」back

亜美「ふくしゅー?」伊織「そうよっ!!」


続き・詳細・画像をみる

1:
伊織「いままでどれだけアイツに、あんなことやこんなこと……///」
亜美「うぇ? 別に亜美はそんなことされた覚えはないけど…」
伊織「じゃあ私だけ!? 私だけなのね?????……!!///」プルプル
亜美「亜美と真美はどっちかと言うと、兄ちゃんにイタズラする側だから→」
伊織「そうよ、そうよだから亜美を呼んだのよっ!」
亜美「いおりん、アンタもしや……」
伊織「復讐よ……! 今に見てなさい……ほーっほっほっほっほ!!」
 ──ホーッホッホッホッホ!!
P「なんかきこえるぞ……」カタカタ
3:
いおりんに復讐されるとかご褒美じゃん
4:
伊織「イタズラの天才、双海亜美くんに頼みがあるのよ……」
亜美「えーっ、亜美は自分がやりたい時にイタズラするのが好きなのに…」
伊織「お、教えてくれるだけでいいのっ…ね……?」ニコッ
亜美「めんどくさー──」
伊織「報酬ならたんまりと…」
亜美「ほ、報酬とな…?」
伊織「好きなゲームを買ってあげるわよ…?」
亜美「おぉーーっ!!」
伊織(亜美がバカで助かったわ…)
9:
 ──翌日──
 ───
伊織「……」チラッ
P「?♪」カタカタ
伊織(ふふんっ、楽しそうに仕事しているわね…)
伊織(見てなさいっ!! こっちにはイタズラの天才、
 亜美が伝授してくれたイタズラ百連発があるんだから!)
伊織(にひひっ♪ アイツの悔しがる顔が目に浮かぶわ?…!)
伊織(まぁ、不本意ながら、“アレ”もしなくちゃいけないんだけど……はぁ)
 ────回想────
伊織「い、色仕掛け?!?」
12:
亜美「そうだYO! 兄ちゃんは手ごわいかんねー。
 ただイタズラを仕掛けるだけじゃ、兄ちゃんは倒せない…」
伊織「ぐっ、あんなヤツに色仕掛けなんて…」
亜美「チッチッチ……そこがミソなのだよいおりん」
伊織「えっ?」
亜美「兄ちゃんの気を引くにはエロスしかないッ! 
 その隙にイタズラを仕掛けるしか、勝機はないんだYO!」
伊織「な、なるほど……くっ、ここは腹を括るしかないのね…!」
 ────────
P「?♪ あぁ?、やよいのキラメキラリ聴いてると、
 おじさん元気になっちゃうなー」カタカタカタカタ
伊織(まぁ、あの変態プロデューサーが相手なら、確かに色仕掛けは効果バツグンよね…)
伊織「……っ」グッ…
伊織(……よしっ! 水瀬伊織、出るわよ…!!)
15:
P「ちゅちゅっ♪」カタカタ
伊織(まずは>>19で気を引いてから…)
14:
スカートでも捲り上げるのか
19:
>>14
22:
P「きらりっ♪」カタカタ
伊織「……っ」スッ─
伊織「…ぁ……あn──」
P「もぉっとっ♪」カタカタ
伊織「……ち、ちょっと…///」
P「いぇ──って、どうした伊織?」
伊織「…ど、どうよっ?///」
P「……? 暑いのか伊織、スカートなんて捲って」
伊織「えっ…?」
亜美「いおりん?! 捲りが甘い、甘すぎるッ!」コソコソ
小鳥「どう動くのかしらね、伊織ちゃん…///」コソコソ
24:
伊織「…え、いや……」
伊織(な、なんで…なんで興奮しないのよっ!!)
P「どうした伊織、暑いなら暖房少しゆるめてもいいけど…」
伊織「こ、興奮しな…い……」ゴニョゴニョ
P「え、なんだって?」
伊織「こ、こう……こうふ…!///」
P「? よく聴こえな──」
伊織「なんで、興奮しないのよぉっ!!!///」
P「っ!?」
25:
伊織「なんでなんでなんでなのよぉ! いっつも変態プロデューサーのくせに、
 この鈍感プロデューサー!!」
P「……伊織?」
伊織「…っ!! ……????///」
P「……おい伊織…──」
 P「太ももだけ見せられても、興奮するわけがないだろう」
伊織「え……?」
小鳥「だめよ伊織ちゃん!! またプロデューサーさんの思うツボよ!
 今すぐ事務所から逃げてッ!」
伊織「こ、小鳥っ?」
27:
亜美「いおりんこっち!!」
P「ぐっ、鳥てめぇ……」
小鳥「さぁ早くッ!」
伊織「え、ええっ…!」タタタッ─
 
小鳥「……と、こんなもんですかね」
P「いい演技でしたよ小鳥さん」
小鳥「あえて取り逃がす…とは、プロデューサーさんもいけない人ですね」
P「魚も、よく肥えさせてから採る方が美味しいですからね」
P「さて……」
28:
 ────
 ──
亜美「ふぅー…いおりん危なかったね→」
伊織「え、なに? 状況がよく分からないんだけど…」
亜美「兄ちゃんはいおりんの負けず嫌いを利用して、 
 またイタズラしようとしてたんだYO!」
伊織「なっ…!? あ、アイツぅ……!!」
亜美「いおりんもいおりんで鈍感ですからな→」
伊織「う、うるさいわねっ」
29:
亜美「まぁ次の手を考えるしかないっしょ→。
 兄ちゃんが忘れた頃にまた仕掛けるしかないね、今度は何気ない仕草で気を引くしか…」
伊織「何気ない、仕草……」
亜美「…こーいうことは、>>34に訊いたほうがいいかもね→」
34:
雪歩
36:
 ──その日の夜──
 ────
 prrrrr… prrrrr…
雪歩『伊織ちゃん、どうしたの…?』
伊織「ごめん、夜なのに掛けちゃって」
雪歩『ううんっ、全然。伊織ちゃんが電話なんて珍しいね』
伊織「どうしても雪歩に訊きたいことがあったのよ」
雪歩『私に……なんの話?』
伊織「プロデューサーの気を引く、何気ない仕草って…なんだと思う?」
雪歩『ぷ、プロデューサーの気を…引くぅ!?』
雪歩『そ、それってどど、どういうこと伊織ちゃん…!?』
伊織「ちょっと、なんで鬼気迫ってるのよ雪──……っ! 
 ち、違うのよ雪歩っ…別に変な気なんてないから!///」
37:
雪歩『そ、そうなの……?』
伊織「あ、あったりまえじゃないのっ」
雪歩『何気ない仕草……それって、いつもやっていることとかじゃ、だめなの?』
伊織「プロデューサーに対していつもやっていることがないから、困ってるのよ」
雪歩『私がしてることなんて、お茶出しとか机のお片づけぐらいしか…』
伊織「ふむふむ…」メモメモ
伊織「できれば……アイツの気を引けるようなこととかが…」
雪歩『…うーん。あっ、そういえばこの間、私が>>43したとき、
 プロデューサーすごく喜んでたけど…』
43:
腹パン
46:
伊織「……なんで腹パンしたのよ!?」
雪歩『だって…なんかすごい引っ付いてきて、こわかったから…』
伊織(アイツ、喜んでたの!? どうしようもないわね……)
伊織「…うん、なんとなく掴めたわ。ありがとう雪歩」
雪歩『う、うん…? どうしてこんなこと訊いたの伊織ちゃん?』
伊織「それはね……──」
 伊織「アイツに復讐するためよっ!」
 
       続け
4

続き・詳細・画像をみる


自宅療養後亡くなった98才祖父(認知症)の机の引き出しから、大量のレポート(論文)が見つかった

頭の悪い人向けの保険入門とかいうサイトクッソワロタwwwwwww

病院ヤクザすぎワロタwwwwwwwww

【尼崎連続変死】男性虐待死、角田美代子元被告と親族ら8人全員不起訴 「死因不明で詳細解明できず」

亜美「ふくしゅー?」伊織「そうよっ!!」

「何をするニャー」結婚式で花嫁が投げるブーケを『猫』に置き換えた写真16枚

back 削除依頼&連絡先