ポルナレフ「カメの中に住み着いて数日経った」back

ポルナレフ「カメの中に住み着いて数日経った」


続き・詳細・画像をみる

1:
ポルナレフ「ミスタの主張で組織のNo2になったはいいが、正直彼らが優秀すぎてやることがない」
ポルナレフ「…………」
ポルナレフ「………………」
ポルナレフ「……暇だ」
2:
【ミスタの場合】
ポルナレフ「む……誰か来るな。この声は……」
 
 ガボオォッ
ミスタ「オレだぜ、ポルナレフさん!」
ポルナレフ「やあ、ミスタ。元気そうだな」
ミスタ「おう、そう言うあんたも元気そうで嬉しいぜ。つっても、幽霊に元気そうってのもヘンな話だけどよ」
ポルナレフ「はは、今の私は『死んでいる』という事以外は至って健康だからな」
ミスタ「……改めて考えると、すげぇなこのカメ」
4:
ポルナレフ「今日はもう非番なのか?」
ミスタ「おう。だから町にくりだす前にここで一息入れようと思ってよ」
ポルナレフ「成程。勝手に住み着いている私の言える事では無いが、好きなだけゆっくりしていってくれ」
\ポルナレフダ!/ \ポルナレフダー!/ \オカシクレヨ ポルナレフー!/ 
ミスタ「あ、こら止めろピストルズ!失礼だろ!!」
ポルナレフ「私は構わないよ、ミスタ。……そういえば、この間ジョルノが差し入れてくれたお茶菓子があったな」
\ヨッシャー!/ \ワーイ!/ \ヨッ フトッパラー!/
ミスタ「……いやー、すまねぇな。ポルナレフさん」
ポルナレフ「気にしないでくれ。……さぁ、それじゃあ紅茶を入れようか」
5:
[数分後]
ミスタ「……オレ、普段はどっちかっていうとコーラとかスプライトとか飲む方だけどよ、たまには紅茶も良いもんだな」
ポルナレフ「それは良かった。おかわりがいるなら遠慮なく言ってくれ。ピストルズ、も……」
\ウガギャギャギャギャ!!/ \ウギャアーウギャアー!/\ギャアアー/
ポルナレフ(必死だな)
ミスタ「……もうちょい静かに食えねーのかよォー、てめぇらはよォ――」
――――――
ポルナレフ「……さて、ミスタ。お前は、何か相談したい事があってここに来たんじゃあないのか?」
ミスタ「!!」
6:
ミスタ「……流石ポルナレフさん、だな。全部お見通しって訳かよ」
ポルナレフ「伊達に年は食っていないさ。もう死んだがな。はっはっは」
ミスタ(笑えねえ)
ミスタ「……………………」
ミスタ「……オレは、もっと慎重になるべきだったんだ」
ポルナレフ「……!」
ミスタ「あそこで……、あいつの言う事を鵜呑みにするべきじゃなかった!」
ポルナレフ「…………」
ミスタ「……『別に気にならな』い、ってよ……。そう言われて、浮かれていたんだ……」
ポルナレフ「ミスタ…………」
7:
ポルナレフ「……詳しくは、聞かない。だが、お前の気持は嫌ほど分かる。かつて私も、何度も取り返しのつかない過ちを犯したからな。
  それこそ、悔やんでも悔やみきれない程に……」
ポルナレフ「……しかし、大事なのは『かつて』ではなく、お前が『これから』どうするか……」
ミスタ「んなこたぁ分かってんだよ!!」
ポルナレフ「!!」
ミスタ「分かっていても……!、それでも!どうにもならねえんだ……!!」
ポルナレフ「……………」
ポルナレフ「……お前がどんな苦悩に直面しているか、私は知らない。だが、お前は若いんだ。諦めるにはまだ早いんじゃあないのか?」
ミスタ「だけどよ!ありとあらゆる対策を講じても無意味だったんだ!薬も、殺菌も、頼みの綱の制汗剤も!!」
ポルナレフ「せいかん……、え、何?制汗剤?」
8:
ミスタ「そりゃあ最初はオレだって奔放していたさ!調べられる事は全部調べたし、良いと言われた事は全部やった!!それでも……!!」
ポルナレフ「ちょ、ちょっと待ってくれミスタ、お前が悩んでいるというのは……」
ミスタ「ワキガだよ言わせんな恥ずかしい!!」
ポルナレフ(真剣に心配して損した……)
ミスタ「なぁポルナレフさん……、オレは一体どうすればいいんだ?」
ポルナレフ「……笑えば良いんじゃないか?」
ミスタ「ひゃああひゃひゃああああwwwwwwwwwwwうけけけけけけけwwwwwwwwwwww」
[数分後]
ミスタ「ダメだった」
ポルナレフ(だろうな)
9:
ポルナレフ「しかし、ワキガか……。……ふむ、香水をつけるとかじゃあ駄目なのか?」
ミスタ「一応買ってつけてみたんだけどよ、部下から『うらぶれたスーパーのトイレの臭いがする』って言われて攻で捨てちまったぜ」
ポルナレフ(妙に具体的な例えだな)
ポルナレフ「…………」
ポルナレフ「……ミスタ、発想を逆転してみるというのはどうだろう」
ミスタ「? どういう意味だよ?」
ポルナレフ「つまり、逆に考えるんだ。『臭っちゃってもいいさ』と考えるんだ」
ミスタ「!?」
10:
ミスタ「おいおい、どういう事だよポルナレフ!それじゃ何の解決にもなってねえじゃあねえか!」
ポルナレフ「まぁ聞け。『本来人間の腋臭は一種のフェロモンとして機能する体臭形質のひとつであり、
  異性を引き付けるためのものであったり、縄張りを主張するためのものとして機能していたと考えられる』」
ミスタ「フ、フェロモン……」
ポルナレフ「そうだ。そしてこれが大切なのだが、『腋臭が異性にとって魅力的と感じられる体臭要素の一つとして扱われる事もある。
  古代中国の美女、楊貴妃が「体から良い匂いを発していた」というのは腋臭だったのではないかという逸話がある』。
  ちなみに引用元はウィキペディアだ」
ミスタ「……異性にとって、魅力的?」
ポルナレフ「そう。つまり、ワキガは立派なお前の魅力の一つだという事だ!!!」
ミスタ「!!、……ワキガが、俺の魅力……?」
ポルナレフ(……自分で言っておいてなんだが、嫌な魅力だな)
ポルナレフ(しかしまぁ、元気になるなら良しとするか)
11:
ミスタ「……ありがとな、ポルナレフさん!最近ピストルズにすら若干距離を置かれてへこんでいたが、何だか元気が出てきたぜ!」
ポルナレフ(幽霊に嗅覚が無くて良かった)
\ゲンキニ ナッテ ヨカッタナ ミスタ!/ \ヘコンデルヨカハ ニオウホウガ マシダゼ ミスタ!/
ミスタ「お、お前ら……!!……よし!今から町に行くぞ!ついてこいピストルズ!!」
\オオ―――!!/
ミスタ「それじゃ、ポルナレフさん!早外に行ってくるぜ!!」 ズガボォッ!
ポルナレフ「ああ、いってらっしゃい」
ポルナレフ(一件落着……か?)
12:
[後日]
部下A「おい、聞いたか例の噂!」
部下B「ああ、アレだろう?『副長が、襲いかかる刺客を己のワキガだけで再起不能にした』という……」
部下A「すごいよなァ。流石パッショーネのNo.3だぜ。近寄りたくはないが」
部下B「全くだ。あれだけの手練、そうそうお近づきになれるもんじゃあないぞ。近寄りたくはないが」
ポルナレフ「…………」
ポルナレフ(やはり、アドバイスを間違えただろうか……)
13:
[おまけ]
ポルナレフ「話には上らなかったが、『手術をする』という手もあるんじゃあないか?」
ミスタ「手術?冗談じゃあねえぜ!仮にも組織のNo3がワキガで手術した、なんて対立組織に知られてみろ!
 抗争とかあった時にちょっと気まずいだろうがよォ!」
ポルナレフ(……平和だな……)
14:
【トリッシュの場合】
ポルナレフ(相も変わらず暇だ)
ポルナレフ(割り当てられた仕事は、もう終わらせてしまったしな……)
ポルナレフ(………………)
ポルナレフ(……?何やら外が騒がしいな)
ポルナレフ(一体何が……)
ガボオォッ
トリッシュ「こんにちは、ポルナレフさん!」
ポルナレフ「!」
15:
ポルナレフ「こんにちは、トリッシュ。元気そうで何よりだ」
トリッシュ「ええ、そういう貴方も元気そうで嬉しいわ。といっても、幽霊に元気そうっていうのもヘンな話かしら」
ポルナレフ「はは、君たちのお陰で、今日も元気に幽霊させてもらっているよ」
トリッシュ「……これだけ血色の良い幽霊なんて、めったに見られるものじゃあ無いわね」
ポルナレフ「……ところで、外がやたらと騒がしいようだったが、何かあったのか?」
トリッシュ「! そうなの!聞いてポルナレフさん、今度、私のコンサートが開かれる事が決まったの!!」
ポルナレフ「何だって!?それは凄いじゃあないか!」
トリッシュ「もう、早く皆に知らせたくって。知らせを受けてまっすぐこっちに来たのよ!」
ポルナレフ「そうか……。トリッシュ、本当におめでとう。これだけ嬉しい知らせを聞いたのも久しぶりだ……」
16:
ポルナレフ(……数週間前までは普通のか弱い女の子だったという彼女が、こんなにも立派に……)
ポルナレフ(彼女と知り合ったのはたった数週間前の話だが……、いかんな、年を取るとどうにも涙腺が……)
トリッシュ「!? ポルナレフさん、もしかして泣いてるの!?」
ポルナレフ「!! そ、そんな事は無いぞ、トリッシュ。光の屈折の関係でそう見えるだけだ」
トリッシュ「……。ポルナレフさんって、意外とおちゃめなのね」 
トリッシュ「……でも、ありがとう。喜んでくれて嬉しいわ、パパ……、あ。…???ッ!!」
ポルナレフ「……!?」
17:
トリッシュ「きゃあああああ!!ご、ごめんなさいポルナレフさん!!言い間違えちゃったの!!」
ポルナレフ「大丈夫だ、人類なら誰しも一度は通る道だからな。気にしないでくれ」
トリッシュ「ありがとう…。でもお願い!この事、ジョルノ達には絶対言わないで!
  特にミスタとかに知られたら、確実に三か月はこのネタでからかわれるわ!」
ポルナレフ「勿論。絶対に誰にも言わないと約束しよう。…………フッ」
トリッシュ「ち、ちょっと、ポルナレフさん笑わないでよ!これでも結構恥ずかしかったんだから」
ポルナレフ「ああ、すまない。言い間違いとはいえ、嬉しかったものだから、つい。……私には、子がいなかったからな」
トリッシュ「…………!」
19:
トリッシュ「……。……実はね、ポルナレフさん。さっきからずっと考え事をしていたの」
トリッシュ「『ポルナレフさんみたいな人がお父さんだったらよかったなぁ』、ってね」
ポルナレフ「!」
トリッシュ「優しくって、穏やかで、いつでも相談に乗ってくれるし。さっきも、自分の事みたいに私の事で喜んでくれて……。……それに」
トリッシュ「私の本当の父親は知っての通り吐き気を催すタンカスのような三十路の網着たヒョウモンダコだから……」
ポルナレフ「その点は本気で同情する……」
トリッシュ「私の唯一の救いは、あの斑点が遺伝しなかった事ね……」
ポルナレフ「心中お察しするよ……」
20:
トリッシュ「……兎に角、頭の中でそんな事考えていたから、つい間違っちゃったのよ」
ポルナレフ「そうか……。…………父親、か。『なってみたいとは思わなかった』と言えば嘘になるな……」
トリッシュ「ポルナレフさん……。ごめんなさい、私の父のせいで……」
ポルナレフ「……君が気に病む必要はない。むしろ、一番辛かったのは実の父親に命を狙われた君だったろう」
トリッシュ「……!」
ポルナレフ「……それに―勝手な事を言わせてもらうと―君たちはすでに、私にとって実の子供のようなものだ。
  幽霊となっても君たちを見守ることの出来る私は、決して不幸ではないよ」
トリッシュ「…………ありがとう、ポルナレフさん」
ポルナレフ「……ひょっとして、泣いているのか?トリッシュ」
トリッシュ「な、泣いていたんじゃあ無いわ。光の屈折の関係でそう見えただけよ!」
ポルナレフ「ふふ、そうか。……折角めでたい知らせが入ってきたのに、奴の所為でしんみりとした空気になってしまったな。
  気を取り直して、お茶でも淹れようか」
21:
[数分後]
トリッシュ「ところでポルナレフさん。コンサート、見に来てくれるの?」
ポルナレフ「ああ、そのつもりだ。カメが入場制限に引っかからなければ、の話だけどな」
トリッシュ「それなら心配はいらないわ。ジョルノ達も来てくれるみたいだから、組織の権力でどうにでもなるわよ」
ポルナレフ「権力の無駄遣い過ぎやしないか……?」
トリッシュ「あら、権力なんて振りかざしてなんぼよ」
ポルナレフ(……強かに成長してくれたのだな……)
トリッシュ「…………ふふ」
ポルナレフ「急にどうした?トリッシュ」
トリッシュ「いえ、私たちがこうしてお茶を楽しんでいる今この瞬間もあいつは死に続けているんだ、って思うとお茶菓子がおいしくて」
ポルナレフ(……本当に強かだ……)
22:
[その頃のボス]
ディアボロ(クソッ!!今日一日だけで何回死んだのだ、俺は……!)
ディアボロ(!! ……向こうから、誰か来る!!だが、今日はもうこれ以上死んでたまるものか!!)
ディアボロ(……そうだ、身を隠してしまえば安全なのではないか?)
ガサゴソ
ディアボロ(よし、これで……) 
ディアボロ(!!!! な、何だ!?近づいてきただけでこの腐臭……!!、い、息が出来ん!まさか、スタンド攻撃……!?)
ディアボロ(も、もう駄目だ……、意識が……遠………)
ミスタ「あれ?っかしーなー、この辺で音が聞こえたと思ったんだけどよォーッ」
ディアボロ()
[本日のボス:死因 ワキガ]
23:
[おまけ]
ポルナレフ「いつまでもこの世にしがみ付いているのもなんだしな……、君が大人になる頃には成仏しようとも考えているよ」
トリッシュ「!!!」
トリッシュ「……………」
[後日]
部下A「おい見たか?昨日のテレビ!」
部下B「フッ、この俺が見逃すはずがないだろう?期待の新人歌手トリッシュちゃんの生放送を……!」
          ・・・・・・
部下A「流石だな。……しっかし、本当に可愛いよなあトリッシュちゃん。自ら『永遠の十五歳』を名乗るだけはあるわありゃ」
部下B「全くだ。寄せて上げるお子様仕様の背伸びブラがまたそそる……、おい何だ、その養豚場の豚を見る目は」
ポルナレフ(…………)
ポルナレフ(これは私のせいなのか……?)
24:
【ジョルノの場合】
ポルナレフ(……zzz、…………zzz。………ハッ!!)
ポルナレフ(……夢か……。ついに念願のポルナレフランドが完成したと思ったんだがな……)
ガボオォッ!
ジョルノ「こんにちは、ポルナレフさん」
ポルナレフ「! こんにちは、ジョルノ。休憩か?」
ジョルノ「はい。やっと仕事が一段落したので、一休みしようかと」
ポルナレフ「そうか、お疲れ様。少し待っていてくれ、今お茶を淹れよう」
25:
[数分後]
ポルナレフ「お待たせしたな、どうぞ召し上がれ」
ジョルノ「ありがとうございます、ポルナレフさん」
ポルナレフ「……そうだ、ジョルノ。この前はお茶菓子の差し入れ、ありがとう」
ジョルノ「いえ、こちらこそ。いつも皆の相談に乗って下さって、本当に助かっています」
ポルナレフ「私は大したことはしていない。あの子たちが自分で先へ進んでいるだけだ」
ジョルノ「……トリッシュから聞いてはいましたが、貴方は本当に、僕らの父のような存在ですね」
ポルナレフ「そう言われると照れるな……」
26:
ポルナレフ「そう言えば、お前の父親はどんな人間だったんだ?」
ジョルノ「……血の繋がっていない方の父は、あまり良い父親ではありませんでした。幼い僕は、いつも殴りつけられていましたから。
  実の父親に至っては、会った事すらありません。写真でその姿を知っているだけで……」
ポルナレフ「……そうだったのか。すまない、辛いことを聞いたな」
ジョルノ「いえ、お気になさらないで下さい。もう過ぎた事ですから」
ポルナレフ「……先ほど、写真と言っていたな。良ければ、見せてもらってもいいか?」
ジョルノ「ええ、構いませんよ。これなんですけど」
 
ポルナレフ「ゲバッフゥッ!!!!」
ジョルノ「!?」
27:
ジョルノ「どうしたんですか、急に紅茶を噴き出して……」
ポルナレフ「こ、この男が、父!?お前が、DIOの息子だと!?」
ジョルノ「!! 父を、ご存じなんですか!?」
ポルナレフ「ご存じもなにも、あいつは……!!」
ポルナレフ(…………! ……いや、言うまい。もう奴はいない。それに……)
ポルナレフ(どんなに腐っても、この子の父親だ。不必要に貶す事もないだろう)
ポルナレフ「……まぁ、昔、ちょっと彼に用があって旅をしていてな」
ジョルノ「……そう、ですか」
28:
ジョルノ「……ポルナレフさん。良ければ、聞かせてもらえませんか?父の事……」
ポルナレフ「!! あ、ああ。構わないが……」
ポルナレフ(……取り敢えずDIOの良いところだけをあげておけば大丈夫か……)
ポルナレフ(良いところ……、良いところ……)
ポルナレフ(…………え?DIOの良いところ……?)
ポルナレフ(……………)
ポルナレフ(…………………………)
ポルナレフ(駄目だ。全く思いつかん)
29:
ジョルノ「あの……、ポルナレフさん?」
ポルナレフ「!! ああ。すまないジョルノ。少し考え事をしていてな」
ジョルノ「それで……、父はどんな人間だったんですか?」
ポルナレフ「き、君の父親は……、……」
ポルナレフ(――考えろ、J.P.ポルナレフ!!)
ポルナレフ(何か……!DIOの良いところ……!)
ポルナレフ(せめて……!せめて当たり障りのない事を……!!)
ポルナレフ「…………チャ……」
ジョルノ「?」
ポルナレフ「チャックが、全開だった…………」
ジョルノ「」
30:
ジョルノ「……念のためお伺いしますが、……股間の?」
ポルナレフ「股間の……」
ジョルノ「……………………」
ポルナレフ「……………………」
ジョルノ「……すいません、他には何か……」
ポルナレフ「他!?他は……、そうだな……。他は……」
ポルナレフ「…………ひ、額に、ハートを付けていた……」
ジョルノ「…………………………」
ポルナレフ[………………。あ、後……」
ジョルノ「あ、すいません。父の事はもう良いので、違う事聞かせてもらって良いですか?」
ポルナレフ(ホッ)
31:
ジョルノ「先ほど旅、と仰っていましたが、一人旅だったんですか?」
ポルナレフ「いや、違う。5人と1匹で旅をしていた」
ポルナレフ「…………辛いことや失ったものは多い旅だったが……。それでも、彼らがいたから、あの旅は楽しかった。
  36年間ほど生きていたが、最期の瞬間も、脳裏をよぎったのはあの50日間の事だった……」
ジョルノ「……………………」
ポルナレフ「まぁ、あの旅は連戦に次ぐ連戦で、異常なまでに濃い日々だったってのもあるがな」
ジョルノ「……もし差し支えなければ、その旅の事。詳しく教えて頂けますか?」
ポルナレフ「勿論。……そうだな、どこから話したものか―――」
32:
[数十分後]
ポルナレフ「――話はこれで終わりだ。……すまないな、昔話を長々と」
ジョルノ「いえ、とても興味深い話でした。スタンドの話は、特に」
ポルナレフ「ありがとう。今思い返しても、何で自分が死なずにエジプトまで辿りつけたか不思議だ。
  あの頃はどんな重症を負っても、1週間経てば何事もなかったかのように復活していたような気がするが……」
ジョルノ「きっと新陳代謝が活発だったんですよ」
ポルナレフ「そういうものか」
ポルナレフ「……聞いてくれてありがとう、ジョルノ。お陰でまた、あの日々の事を鮮明に思い出す事が出来た」
ジョルノ「いえ、こちらこそ。聞かせてくれてありがとうございました。良かったら、また話を聞きに来ても良いですか?」
ポルナレフ「勿論。……そうだ。お前に、明日から使える便利なハンドシグナルを教えてやろう――」
33:
[後日 ギャング組織 パッショーネで パンツーまる見え が 空前の大ブーム を 巻き起こしたそうな]
34:
【番外編 アイドルのコンサートに行こう!】
康一「古い国にはあんまし興味ないなんて言ったけど……、何だかんだで楽しかったな、イタリア旅行」
康一「……まぁ、荷物を盗まれたり、遠隔自動操縦型スタンドに襲われたり、居眠りしてる内に乗った列車が止まったり、
 空港で人の死体が発見されて足止めを食らったりした時は本当にどうしようかと思ったけど……」
康一「後もうちょっと観光したらパリのネズミーランドにでも行こうっと。……ん?このポスター……」
康一「『期待の新人歌手トリッシュ コンサート 開催日○月×日』……って、今日じゃあないか!」
康一「……ぼく、今までコンサートとか行った事ないんだよなぁ。……よし!」
35:
[数時間後/コンサート会場]
トリッシュ『皆、今日は私のコンサートに来てくれて、本当にありがとう!!』
聴衆「うおおおおおおおおおおおおおおお!!!」
トリッシュ『それじゃあ、聞いてください!〈ドキッ!こういうのが恋なの?〉!!』
トリッシュ『ハイハイハイ!』
聴衆「ハイッハイッハイッハイッッ!!!!!」
康一(………………)
康一(……うーん。予想はしてたけど、ぼくの身長じゃ前の人の膝の裏しか見えないぞ)
36:
康一(……でも、綺麗な声だなあ、トリッシュさん。ポスターで見た姿も可愛かったし。……全然見えないけど)
 
康一(……Act1、お前だけでも上から見ておいで。後で感想聞かせてね)
エコーズ「ギャアース!」
ヒュンッ!
康一(……さて)
トリッシュ『ずっとこのまま時が、止まらぬかもね♪』
康一「かーーもねッ、ハイッ!!」
37:
[同時刻/特別招待席]
トリッシュ『こういうのが、恋なの?ドキドキ ドキーン!』
ミスタ・ポルナレフ・ジョルノ「「「ハイッハイッハイッハイッッ!!!」」」
トリッシュ『しかもね♪』
ミスタ・ポルナレフ・ジョルノ「「「かーーもねッ、ハイッ!!!」」」
ミスタ「最高に『ハイ!』ってやつだアアアアアアアハハハハハハハーッ!!」
ジョルノ「うるさいですよミスタ!トリッシュの歌が聞こえないじゃないですか!!」
トリッシュ『スキスキスキー♪』
ミスタ・ポルナレフ・ジョルノ「「「ハイッハイッハイッハイッッ!!!!!」」」
部下A(……大丈夫なのか?この組織……)
38:
ミスタ(……ん?なんだありゃ。照明……じゃあないな。微妙に動いて……)
ミスタ「……!!」
ミスタ「ジョルノ!!おい、ジョルノ!!アレを見ろ!!」
ジョルノ「だから、うるさいってさっきから言っているでしょう!!」
ミスタ「いいから見ろって!!」
ジョルノ「……?どうしたんですか、血相を変えて……。…………。!!」
ジョルノ「あれは……、スタンド!?」
ポルナレフ「!!?」
39:
ポルナレフ「あれは遠隔操作型のスタンドか。……この聴衆の数だ。本体を叩くのは無理だろうな」
ジョルノ「……トリッシュも、スタンドの存在に気付いているみたいです。心なしか、声が震えている……」
ポルナレフ「……無理もない。スタンドに狙われる事は、彼女にとって初めての経験じゃあないからな」
ジョルノ「それなのに彼女は、逃げる事もせず、覚悟を決めて一生懸命歌っている……」
ミスタ「……こりゃあ犯人を許せるハズねえよなァ??ッ!ジョルノ!発砲許可を!!」
ジョルノ「出します」
ミスタ「よし行けピストルズ!歌の邪魔にならないようなるべく静かに!むしろ無言で行け!!」
\……/ \……/
ドンッ…!
康一「……!!!」
40:
康一「ゴフッ……!!」
康一(え、エコーズが攻撃された……!!)
康一(まさか、こんなところにまでスタンド使いがいるなんて……!!)
康一(……ダメだ、血が……、止まら、ない………)
康一(……………………)
部下A「…………見つけたぞ!『コンサートの観客席にいるにも関わらず、重傷を負っている人間』!!(小声)」
42:
[休憩時間/舞台裏廊下]
ミスタ「ジョルノ!下手人は無事見つかったらしいぜ!一応医務室で様子を見ているらしいが……」
ジョルノ「そうですか。報告では何と?」
ミスタ「それが、犯人は『小柄な日本人観光客』だったんだとよ。オレはてっきり、追手の生き残りかなんかだと思ってたんだけどな」
ジョルノ「何だって!?『小柄な日本人観光客』……!?……いや、まさかな」
ポルナレフ「知り合いか?ジョルノ」
ジョルノ「……いえ。確かに、知り合いに『小柄な日本人観光客』のスタンド使いはいますが、彼のスタンドは近距離パワー型でした。
  『スタンドは一人につき一つ』というルールは僕も知っています。恐らく別人でしょう」
ポルナレフ「そうか。……しかしその犯人、本当に危害を加えるつもりでスタンドを出していたのだろうか?」
ミスタ「何言ってんだよポルナレフさん!スタンドがアイドルのコンサート鑑賞に来ていたとでもいうのかよ?」
 
ジョルノ「……まぁ。どっちにしろトリッシュを怖がらせたというだけで撃たれても文句は言わせませんけど」
ミスタ「違ぇねえ。……着いたぞ、ここが医務室だ」
43:
[医務室]
バァン!
康一「!!」
ジョルノ「……!!」
ミスタ「てめえか、スタンド使いの正体は……!覚悟は出来てんだろうなァ!!」
康一「……!!ちょ、ちょっと待って!ぼくは危害を加えようとした訳じゃあないんだ!
 ただ、自分のスタンドにコンサートを見せてあげようと……!」
ミスタ「あぁ!?そんなもん信じる訳……」
ジョルノ「いや、僕は信じるよ。コーイチ君。君が『いい人』だというのは知っているからね」
康一「……?どうしてぼくの名前を知って……、!? お前は、ジョルノ!?」
44:
ジョルノ「やあ、久しぶり。元気にしてたかい?」
康一「えーっと、今まさに脇腹に風穴が空いているところだけど……、って、そうじゃなくて!どういう事!?」
ジョルノ「カクカクシカジカ」
康一「なるほど……」
ミスタ「……まぁ、何だ。その、悪かったな。コーイチ」
康一(GE済み)「ううん、元はと言えば、ぼくが紛らわしい事してたのが悪いんだもの。
  こっちこそごめんね、ミスタ君」
ポルナレフ(脇腹に風穴空けられてその台詞を言えるとは……。なかなか大物だな)
康一「でも、驚いたよ、ジョルノ。荷物置き引きしてたあの日から一週間足らずでギャングのボスになってるなんて……。
 ……『さわやかなヤツ』で報告終えちゃったよ……。承太郎さんになんて説明しよう……」
ポルナレフ「! 今、君、承太郎と言ったか?……まさか、空条承太郎?」
康一「う、うわああああっ!カメが喋った!?」
45:
ポルナレフ「ち、違うぞ。私はカメではなく、カメに住み着いている幽霊だ」
ミスタ「……ポルナレフさん、んな事言ったら余計混乱するんじゃ」
康一「なーんだ、幽霊かぁ!びっくりした。ぼく、てっきり新種の喋るカメかと思っちゃいましたよ」
ミスタ(幽霊はいいのか……)
康一「えっと……。ポルナレフさん、でしたね。ご存じなんですか?承太郎さんの事」
ポルナレフ「ああ、私の古い友人でね。……近頃は全く連絡を取っていなかったが」
康一「ポルナレフさん……。…………あ!思い出した!J.P.ポルナレフさん!そういえば、ジョースターさんから聞いた事がある名前だぞ!」
ポルナレフ「ジョースター?まさか、ジョセフ・ジョースターか!?」
康一「はい!……驚いたなあ。まさかこんな所でこんな人に会うなんて!」
46:
ミスタ「……ジョルノ、ポルナレフさん。もうすぐ休憩が終わる。トリッシュに報告して、早く会場に戻ろうぜ」
ポルナレフ「それなんだが……、カメがあの大音量に怯えてしまっていてな。残念だが、ここで休ませてもらおうと思うよ。
  ……そこの少年から聞きたい事もたくさんあるしな」
ジョルノ「そうですか……。ビデオはしっかり回しているので、後でご覧になって下さいね」
康一(……あれ、この人たちギャングだよな……?)
康一「あ、そうだ、ジョルノ。ここから会場は50mも離れてないよね?
 あんな紛らわしい勘違いさせておいて申し訳ないんだけれど、ぼくのエコーズも一緒に連れて行ってくれないかな?」
ジョルノ「勿論。……すごいスタンドだね。近距離、遠距離使い分けられるなんて」
エコーズ「ギャース!」
47:
ミスタ「……それじゃあ行ってくるぜ!ポルナレフさん!それとコーイチ!」
ジョルノ「じゃあ、また後で。ポルナレフさん、コーイチ君」
ポルナレフ「いってらっしゃい。私の分まで合いの手をよろしくな」
康一「またね、二人とも!エコーズ、ちゃんと二人の言う事聞くんだよ!」
エコーズ「ギャアース!」
ポルナレフ(完全にペット感覚だな……)
―――――
――――――――
48:
――――――――――――
康一「……そんなこんなで、コンサートは無事成功に終わりました。
 
 実は、あのコンサートの後「『諸々のお詫び』だ」と、ぼくはあの三人に連れられて、晩御飯を食べに行ったんです。
 その時に、ミスタ君のスタンド『セックス・ピストルズ』とエコーズがすっかり仲良しになった事。
 そのエコーズが『文字を張り付ける能力』で合いの手において獅子奮迅の活躍をした事。
 歌手のトリッシュさんもスタンド使いだっていう事。
 ジョルノ達がどういう経緯でギャングのボスにのし上がったか、という事。
 
 そして、承太郎さんとジョースターさん。そしてポルナレフさん達がいかに強い絆で結ばれた仲間であったか、という事を聞きました。
 ちなみに『ジョースターさんに隠し子がいた』という事を伝えるとポルナレフさんは何とも言えない微妙な顔をしてました。
 
 ……とにかく。そんな感じで、ぼくのイタリア旅行は幕を閉じたんです。
 
 ……色々あったけど、楽しかったな。イタリア。スタンド使いの友達も出来たし、
 今度は由花子さんと一緒に行きたいな……。
 …………どうしたんですか、承太郎さん。……承太郎さん?
 ……え、行ってくるって何処に?……イタリア!?今から!?うそでしょ承太郎さん!?」
49:
[おまけ]
ミスタ「いやー。にしても、いい奴だったな、コーイチ。ピストルズも懐いてたしよ」
ジョルノ「そうですね。実を言うと僕、彼がいなければ組織に入団することも出来ず死んでいたかもしれなかったんですよ」
ミスタ「へぇ。見かけによらず強いんだな。……今思うと、あれでタメかよ。背が縮むスタンドの攻撃でも受けたのか?」
ジョルノ「失礼ですよ、ミスタ。ちょっとポルナレフさんからも何か言ってやって下さい。……ポルナレフさん?」
ミスタ「……あれ、いねえな。さっきまでそこで日向ぼっこしてた気がするんだが……」
ダダダダダッ
バンッ!
部下A「ご報告します、ご両人!!つい先ほど、敷地内からカメが脱走しました!!」
ミスタ「何だってーッ!?」
ジョルノ「ポルナレフさーーーん!!」
50:
[その頃のポルナレフ]
ポルナレフ「…………」
ポルナレフ「…………」
ポルナレフ「……………………zzz」
ココ・ジャンボ「…………」ノソノソ
51:
ミスタ「――まずいぞジョルノ!もしあのカメが大通りの車道に出でもしたら……!」
ジョルノ「分かっています。だからこそ、早く探さなければ……!」
部下B「……カメ?ああ。俺、カメなら見ましたよ」
ミスタ「何ッ!?本当か、でかしたぞ!!」
ジョルノ「……それで、カメは!?」
52:
部下B「大丈夫です、その辺に放置しても危ないと思ったので、ちゃんと逃がしてやりました」
ミスタ「…………逃がした?」
ジョルノ「…………何処に?」
部下B「河に……」
ジョルノ「ポルナレフさーーーーーーーーーーん!!!」
ミスタ「探せェ!パッショーネ総出で探せェエエエエエエエッ!!!」
[その後 なんやかんやあって見つかった]
53:
【承太郎の場合】
ミスタ「……いやー。それにしても、昨日は大変だったな」
ポルナレフ「す、すまない。私が居眠りをしていたばっかりに……」
ミスタ「まぁ、見つかったから別にいいんだけどよ。マジで今生の別れを覚悟したぜ、あんときゃ」
ジョルノ「でも、もう大丈夫です。昨日の反省を生かして、さっきパッショーネ鉄の掟に『カメが脱走した時は最優先で捕獲せよ』と書き足しておきました」
ミスタ「ああ、あれ事情を知らない下っ端たちが皆一様に小首をかしげてたな」
 
ジョルノ「無理もありませんよ。ポルナレフさんは、組織の中でも数人にしかその存在を知られていない、パッショーネのトップシークレットですから」
ミスタ「お前それでカメに話しかけてる所見られて、部下から『首領はカメしか友達がいない』疑惑かけられても弁明出来ないもんな」
ポルナレフ「……苦労をかけるな、ジョルノ…………」
54:
ミスタ「けど、そもそもよー。お前、俺たち以外に友達いるのか?」
ジョルノ「失礼ですね。こう見えても学校にいる間は、上っ面だけは良かったんですよ」
ミスタ「『だけ』ってお前……、まぁいいや。ポルナレフさんは?その辺どうだったんだ?」
ポルナレフ「友達、か。ああ、いたとも。彼らがいたから今、私はこうして存在しているのだからな」
ミスタ「……例の旅の仲間か。命をかけてあんたを助けてくれたっていう……」
ポルナレフ「……ああ。自分が死んだ今でも、彼らの事を忘れた時は一度としてない……。
  ……そんな顔をしないでくれ、ミスタ。それに、別に友人は全滅したという訳じゃあないぞ」
ジョルノ「コーイチ君が言っていた『ジョセフ・ジョースター』さんと『空条承太郎』さん、ですね」
ポルナレフ「そうそう。二人とも、もうかれこれ十数年会っていないが……」
55:
ミスタ「なあなあポルナレフさん、オレ、その二人の話よく聞いた事ないんだよ。おせーておせーて」
ポルナレフ「いいとも、……特に承太郎は、いずれSPW財団関係で会う事があるかもしれないからな。まず奴の外見から教えておこう」
ポルナレフ「一番の特徴は、なんと言っても帽子だな。後頭部の毛と一体化している帽子を常時着用している」
ポルナレフ「服は、裾の長いコートみたいな学ランを着ていた。……まぁ、もう学生じゃあないだろうから学ランを着ているかどうかは分からんが」
ミスタ「なるほど」
ポルナレフ「そして身長が2m位あって、顔は、まぁイケメンの部類に入るな」
ミスタ「へぇ、後頭部の毛と一体化している帽子を着用していて裾の長いコートみたいな服を着ている2m近いイケメンか……。
 それって、あそこにいる男みたいな感じのヤツか?」
ポルナレフ「そうそう、ちょうどあんな感じの……。……え?」
承太郎「………………」
ポルナレフ「……嘘だろ承太郎」
56:
ミスタ「……あ?部外者かよ!?テメー、どうやってここまで来た!見張りからは何の連絡も来てねえぞ!!」
ジョルノ「……例の『スター・プラチナ』ですか。『時を止める能力』で見張りの目を抜けてきたんですね」
承太郎「……初めまして、か。汐華初流乃……、いや、ジョルノ・ジョバァーナ」
ジョルノ「……!」
承太郎「……そして久しぶりだな、ポルナレフ。最後に会ったのはもう十二年も前になるか」
ポルナレフ「……ああ。久しぶり、承太郎。十二年経っても変わらないな、お前は」
承太郎「お前は随分変わったな、ポルナレフ。……康一君から聞いてはいたが、カメに入った幽霊、か…………」
ポルナレフ「……そんな辛気臭い顔をするな。これでも中々楽しくやっているよ」
承太郎「………………」
57:
ジョルノ「……それで、空条承太郎さん。我がパッショーネにどういったご用件でしょう?」
ミスタ「返答によっちゃあ、たとえポルナレフさんの友人だろうと、今ここであんたを射殺するぜ」
承太郎「……君たちとやり合う気はない。ただ俺は挨拶しに来ただけだ。旧友と、仇敵の息子にな……」
ポルナレフ(…………!!)
ジョルノ「……父の、敵……!?」
承太郎「……ポルナレフから聞いていないのか?自分の父親の事を」
ジョルノ「……チャックが全開だった事と、額にハートを付けていたことは聞きました」
承太郎「……成程。……ちなみにハートは膝と腰にも付いていた」
ジョルノ「そうですか……」
承太郎「……ジョルノ・ジョバァーナ。お前の父親の正体は――」
58:
ポルナレフ「……やめろ、承太郎。奴の事をこの子が知る必要はない」
承太郎「……俺は、そうは思わん。むしろ彼こそ、奴……、DIOの事を知るべきだ」
ポルナレフ「しかし……!!」
ジョルノ「――いいんです、ポルナレフさん」
ポルナレフ「!」
ジョルノ「……僕の方からお願いします、承太郎さん。教えて下さい、父の事を」
ポルナレフ「……ジョルノ……」
承太郎「……………………」
59:
ジョルノ「……さて。ミスタ!!」
ミスタ「うおっ!な、何だよ急に!」
ジョルノ「少し彼と二人で話がしたいのですが、構いませんね!?」
ミスタ「……は?二人でって、仮にも部外者だろソイツ!万が一の事があったらどうすんだ!」
ジョルノ「…………ポルナレフさん。彼は、僕らの信用に足る人間ですか?」
ポルナレフ「! ……ああ。承太郎は、この状況で君に危害を加えるような男じゃあない。
  そこは私が保証しよう」
ジョルノ「……との事ですが」
ミスタ「……わーったよ。どっちみちオレが何か言ったところで聞くタマじゃねえだろお前は。
 という訳で、邪魔するぜポルナレフさん」
ガボオォッ
ポルナレフ「…………すまない」 ガボオォッ
60:
[カメの中]
ミスタ「……正直、話の流れがイマイチよく分からないけどよ。何か面倒臭そうな話ってのはオレにも分かるぜ」
ポルナレフ「ああ、とてつもなく面倒臭い。あの承太郎に流れる『ジョースターの血筋』と、ジョルノの父である『DIO』との因縁は特にな……」
ミスタ「へぇ」
ポルナレフ「……思いっきり他人事だな」
ミスタ「だってよ、そんな面倒くさい話に巻き込まれたからってへこたれる奴じゃあないだろ、あいつは」
ポルナレフ「…………!」
ポルナレフ「……そうだな。……私は少し、ジョルノを見くびっていたのかもしれない……」
ミスタ「心配し過ぎなんだよ、ポルナレフさんは。それより、話も長引きそうだしお茶飲もうぜお茶」
ポルナレフ「……お前は楽天的すぎるような気もするが……」
61:
[数十分後]
承太郎「――私が知っている話は、この位だ」
ジョルノ「……そうだったんですか。……僕の父のせいで、貴方がたのご友人が……」
承太郎「……俺たちも覚悟を決めて戦っていた。それに……さっきも言ったが、君の父を殺したのは、この俺だ」
ジョルノ「いえ、話を聞く限り、死んで当然の男でしたから。気にしないとまでは言いませんが、責める気はありません」
承太郎「……そうか」
ジョルノ「……お話、ありがとうございました。……安心して下さい。僕は、父の様にはなりません」
承太郎「……!」
ジョルノ「貴方は、僕がギャングの首領となった事を知って『第二のDIOが生まれるのではないか』と危惧をしたから、ここまで来たのでしょう?
  そして、僕が人の道を踏み外しているようだったら、この場で殺すつもりだった。……違いますか?」
承太郎「……その通りだ。幸いにも、その心配は無かったみたいだがな……」
62:
承太郎「……まぁ、実を言うとポルナレフが君の所に身を寄せている、というのは知っていたから、そこまで心配はしていなかった」
ジョルノ「……本当にポルナレフさんのことを信頼されているんですね」
承太郎「……ああ。あいつはお調子者ではあるが、信頼できる人間だ」
ジョルノ「……お調子者?そうは見えませんが……」
承太郎「……旅の話は聞いたのだろう?トイレの話なんかも知らないのか?」
ジョルノ「…………?」
承太郎(さてはあいつ、自分に都合の悪い話はしていないな)
ニヤリ
承太郎「それじゃあ、今度は旅の道中の話をしてやろう。……脚色抜きで、な」
63:
[数十分後]
ポルナレフ「二人とも、そろそろ話は終わったか?」
ジョルノ「あ、べn……、ポルナレフさん。ええ、先ほどあらかた聞き終えたところです」
ポルナレフ「……?何か今不穏な単語が聞こえた気がするが……。!! ジョルノ、そんなに肩を震わせて……!
  おい承太郎、やはりまだ早かったのでは……」
ジョルノ「いえ、大丈夫です、便k……、ポルナレフさん。お気遣いなく……。……クッ」
ポルナレフ「……そんなに声まで震わせて……。……辛かったら無理はしなくていいんだぞ、ジョルノ」
ジョルノ「ブフッ……。僕は本当に、大丈夫ですから……、便器ナレフさん」
ポルナレフ「承太郎ォオオオオオオオオオオオオオオオオッ!!!」
64:
承太郎「うっとおしいぞ、ポルナレフ。いい年した大人が騒ぐもんじゃあないぜ」
ポルナレフ「やかましい!!お前なに勝手に人の恥ずかしい過去暴いてんだ!!」
承太郎「最初からお前が言わないのが悪いんじゃねーか」
ポルナレフ「せめて死後くらいキレイに飾らせろ!!」
ミスタ「……どうなってんだ?コレ」
ジョルノ「カクカクシカジカ」
ミスタ「wwwwwwwべwwwwwwwwんwwwwwwきwwwwwwwwwwwww」
ポルナレフ「畜生ォオオオオオオオオオオッ!!」
65:
ポルナレフ「クソッ!だったら言うが、お前だって最初の方はジョースターさんの事『おじいちゃん』って」
承太郎「…………、『マンガ家にしてみろッ!子どものころからなりたかったんだッ!
 売れっ子のやつがいいッ!みじめなヤツはヤだぞッ!「ポルナレフランド」をおっ立てるんだ!!』」
ポルナレフ「やめろオオオオオオオオッ!!つーか何で知ってんだよ!お前この時居なかっただろ!!」
承太郎「アヴドゥルから聞いた」
ポルナレフ「アヴドゥルぅうううううううう!!」
ジョルノ(だんだんポルナレフさんがどういう立ち位置にいたのか分かってきた)
ミスタ(何かオレと似たニオイを感じる……)
66:
[数分後]
ポルナレフ「ゼー ゼー……あークソ、喉が痛い……」
承太郎「……幽霊でも息は切れるんだな」
ポルナレフ「オレも今知ったわ……」
ジョルノ「……何というか、意外でした。若い頃のポルナレフさんは……、その、ハジけておられたんですね」
ポルナレフ「無理にオブラートに包まなくてもいいぞ、ジョルノ」
ミスタ「ポルナレフさんって、昔はアホだったんだな!」
ポルナレフ「お前はもう少しオブラートに包め」
承太郎「我侭な野郎だ」
ポルナレフ「誰のせいだと……」
67:
承太郎「だが、安心した。思ったよりも元気そうだったからな」
ポルナレフ「ああ。既に死んではいるが……、オレは元気にやってるよ。心配しないでくれ」
承太郎「……十二年前、SPW財団の死亡者リストに載ったお前の名前を見つけた時は心の底から落胆したが……。
 ……まさか、また会えるとは思っていなかった」
 
ポルナレフ「……すまない、承太郎。あのディアボロから身を隠すには、死んだ事にするのが一番だったんだ」
承太郎「……いや。こっちこそ、お前の窮地に駆けつけてやれないで、すまなかった……」
ポルナレフ「気にするな。もう終わった事だ。……さ、辛気臭い話は終わりだ。今度はお前の話を聞かせてくれよ」
68:
[数十分後/カメの中]
ポルナレフ「へぇー、まさかお前に娘がな……」
承太郎「ああ、可愛いぞ。……長い間放っておいた所為で随分嫌われてしまっているが……」
ポルナレフ「はは、その内『お父さんクサイ!』とか言われるようになるぞ」
承太郎「その心配は無い」
ポルナレフ「お、何だ。自信満々じゃないか」
承太郎「もう既に『お父さん』と呼んでくれないからな……」
ポルナレフ「oh...」
承太郎「最近は専らヒトデマンと呼ばれている……」
ポルナレフ「ジーザス……」
69:
ポルナレフ「ま、まぁまぁ。娘さんも、いつかお前の愛情に気付いてくれるさ」
承太郎「そうか…………」
ポルナレフ(こんなに落ち込んでいる承太郎初めて見たぞ……)
承太郎「まぁ、もし娘に彼氏なんて出来ようものなら、ゴルゴなんざ雇うまでもなくこの空条承太郎がじきじきにブチのめすがな」
ポルナレフ「…………そんなんだから嫌われるんじゃあ」
承太郎「…………『シャッターボタンのように君の心も押して押しまくりたいな?』」
ポルナレフ「わああ止めろ馬鹿!!ひとでなし!!」
承太郎「ヒトデならあるぞ」
ポルナレフ「やかましい!!つーかどっから出したそのヒトデ!!」
ギャー ギャー!
ジョルノ(楽しそうだな……)
77:
[数十分後]
承太郎「……さて、随分と長居してしまったな」
ポルナレフ「……もう帰るのか。寂しくなるな」
承太郎「お前には、あの子達がいるだろう」
ポルナレフ「……ああ。……あの子たちは私の上司であると同時に、生徒であり、後輩でもあり、……そして、息子でもある、頼もしい存在だ」
ポルナレフ「……彼らは、お前と同じ、正義の輝きの中にあるという『黄金の精神』を持っている。
  ……ギャングにこんな事を言うのも変な話だがな。心配はいらないさ」
承太郎「……そうだな。……たまには、こっちにも遊びに来い。じじいもお前に会いたがっていたしな」
ポルナレフ「……是非行きたいが、カメが税関に引っかかりはしないだろうか」
承太郎「……お前のところの組織は、密輸は取り扱っていないのか?」
ポルナレフ「密輸で国外に運ばれるギャング組織のNo2か……」
78:
ポルナレフ「……とにかく。またな、承太郎。ジョースターさんによろしく伝えておいてくれ。
  ……その息子さんにも、な」
承太郎「ああ。またな、ポルナレフ。……今度会うときは、爬虫類が苦手な俺の叔父を紹介しよう」
ズガボォッ!
承太郎「……それじゃあな、ジョルノ・ジョバァーナ。それとミスタ、か」
ジョルノ「ええ。それじゃあ、承太郎さん。次にお会いするのはSPW財団との交渉の場ですね」
ミスタ「じゃあな、承太郎さん。つーかよぉ。改めて考えりゃあ、ギャング組織の中枢に単身乗り込んでくるって正気の沙汰じゃあねえよな」
承太郎「……褒め言葉として受け取っておこう」
承太郎「……ポルナレフを、よろしく頼んだぞ」
ジョルノ「……勿論です」
ミスタ「心配すんなよな、ちゃんと毎日小松菜とか与えてるからよー」
ポルナレフ「……元気でな。承太郎」
承太郎「そっちこそな、ポルナレフ――」
79:
[数日後]
ポルナレフ「今日も今日とて暇だ」
ポルナレフ「まぁ、それだけ世界が平和だということか……」
ポルナレフ「………………」
ポルナレフ「………………」
ポルナレフ「………………zzz」

81:
以上です。五部の面々に慕われてりゃいいじゃねえかポルナレフと思って書きました。
支援して下さった方々、本当にありがとうございました
8

続き・詳細・画像をみる


「まどか☆マギカ」って、「戦後脱却」物語?― 藤井聡@京都大学大学院教授が語る 「戦後ニッポンの歴史と全く同じ構造している」

こういう事が自分より大切な存在って事なのかな?と思った

韓国 「銃弾は不足していない。自衛隊が勝手に持ってきた」…日本政府と異なる見解

【食事マナー】立て膝は当たり前 犬食いをする、早食い丸呑み、平気でゲップ(謝らない) 貧乏揺すりをしながら食べるから落ち着きが無い、肘をつく等の彼氏

元フジテレビ・中野美奈子のすっぴんがヤバ過ぎワロタ… (画像あり)

【国際】 韓国紙「過去の日本を人間に例えるなら、何十年もレイプを繰り返し、他人の財産を奪って奴隷として働かせていた極悪非道者だ」

back 削除依頼&連絡先