P「真に殴られた…」back

P「真に殴られた…」


続き・詳細・画像をみる

1:
真「…変な事しようとしたプロデューサーが悪いんですよ」
P「…ただちょっとズボン脱がして男か女か確かめようとしただけだろ!!」
真「うん相当失礼ですよねそれ。ボクは悪くないと思います」
11:
P「じゃあどうすりゃいいんだよ!!」
真「いやだからボクは女ですってば!!」
美希「真クン、嘘はいけないと思うの」ヌッ
真「嘘じゃないしどこから出て来たのさ美希…」
美希「ハニーあるところ、ミキの姿あり…なの」
P「じゃあやっぱり真は男なのか」
美希「その通りなの」
真「あーもー!!」
13:
P「と、いうか俺は真が男じゃないと困るんだよなぁ…」
真「なんでですか!!」
P「いやぶっちゃけ俺ってホモだからさ…女は…ちょっと…」
真「えっ」
美希「えっ」
P「えっ?」
17:
P「何そんなにびっくりしてるんだよ…」
真「いやいやいや!!あまりにも衝撃的すぎるカミングアウトですよそれ!!」
美希「」
真「ほら美希だって気絶してるし!!」
P「そんな事言われてもなぁ」
真「というかなんでホモなんですか!!」
P「そんな事言われてもどうすりゃいいのさ」
19:
真「…で、えーっと、それでどうしてボクが男じゃないと困るんですか?」
P「…いや、な?恥ずかしいんだけどさ…真が、好きなんだよ…」
真「ファ!?」
P「初めて会った時かな?一目惚れって…やつかな、ははっ」
P「それで、真をプロデュースするうちにさ、段々と…な?」
真「…プロデューサー」
P「真…」
真(これでプロデューサーがホモじゃ無かったら最高なんだけどなぁ)
20:
真「だから頑なにボクの事を男扱いしてきたわけですか…」
P「好きな人が女性だって認めてしまったら俺の精神が壊れそうでな…」
P「でも、今回真のズボンを脱がそうとしたのは、いい加減、現実から目を背けるのを辞めようと思ったからなんだ」
真「もっと他に良い確かめ方はなかったんですか」
P「俺はせっかちだからね。仕方ないね」
23:
真「…」
真(…あれ、でもこれってもしかして…チャンスじゃ?)
真(みんなプロデューサーが好きで、プロデューサーの競争率は高い)
真(だけど、プロデューサーはボクが好きで、もちろんボクもプロデューサーの事は…好きだし…)
真(…ホモじゃなければなぁ)
P「…まぁ、そういうわけなんだ」
真「…プロデューサー」
P「なんだ?」
25:
やっぱりホモじゃないか(歓喜)
26:
真「ボクが…好きというのは本当ですよね?」
P「…あ、ああ。恥ずかしいけど、本当だ」
真「じゃあ、ボクが女だとしたら?いやボクは女ですけど」
P「愛に性別は関係無いと言いたいが…無理なんだよなぁ…受け入れられないんだ」
真「どうしてですか?」
P「…いやさ、なんだろうなぁ。女性の裸を見ても何も感じないし…」
P「…むしろ逆に恐怖心を感じるんだよな。普段は平気なんだけどな」
28:
真「…じゃあ、ボクで慣れていきましょうよ?」
P「真で?」
真「その、ボクの事が…好きなら、女性を受け入れられるようになるかもしれませんし…」
真「実際、ボクは女ですし…」
P「…うーん」
真「…プロデューサーが無理と言うのなら、ボクは無理強いはしませんよ?」
真「ただ、プロデューサー?」
P「…なんだ?」
真「ボクも、プロデューサーが好きということは…頭に入れておいて下さい」
29:
P「…」
真「…」
P「…そう、だな」
真「…?」
P「…真、俺と付き合ってくれ」
真「プロデューサー…」
P「…色々とまだ受け入れられない部分はあるだろうけど、真で慣れていくことが出来るなら…いいかもな」
真「…じゃあ、プロデューサー?」
P「ん?」
31:
真「手始めに…キス、してみませんか?」
P「なんだと…」
真「こ、これも慣れるためですよ。それに…恋人になるんだったら、キスぐらいは、その」
P「…真…その…」
P(真が男だと思えば…そうすれば…)
P(…いや、それじゃダメだな)
P(真は女。それを受け入れて…そして…)
P「…真!」
真「ぷろ、んっ…」
33:
美希「…はっ。何かとんでもないことを聞いた気がするの」
美希「気のせい…気のせいなの、うん、そうなの」
美希「で、ハニーと真ク…ン…は…」
真「んん…はっ…大丈夫、じゃないですか?」
P「…それは真だったからだよ、多分」
美希「」
35:
P「…ところで美希は?」
美希「」
真「まだ気絶してますね…」
P「…なんか血の涙を流してないか?」
真「…気のせいですって多分」
P「まぁ、そのさ、ホモを治せるかどうかは分からないけど…とりあえず、真は大丈夫みたいだな」
真「…ここから、少しずつ慣れて行けばいいいですよ」
P「…そうかな?…とりあえず、帰るか。もう仕事も無いしな」
真「そうですね」
37:
美希「…はっ」
美希「…何かとんでもないものを見た気がするの」
美希「…気のせいじゃないの!!」
美希「なんなのなの!!なんなのなの!!」
美希「ハニーと真クンも居ないしミキだけ事務所に置いてきぼりなの!」
美希「酷すぎるの!!」
39:
P「で、だ。ホモを治すって具体的にはどうするんだ?」
真「そ、そりゃあ…こう、その…えっと」
真「ま、まずこうしましょう!」
P「ちょ、何脱いでるんだ!!」
真「ほ、ほら!!ボ、ボボボクは正真正銘の女ですよ!!」
P「…そうみたいだな」
真「…そ、その、何か、思ったりは…」
P「…興奮もしないが恐怖心も感じないな」
真「な、なら、少しは慣れてるんじゃ」
P「…うーん。いや、多分真だからだろう」
40:
本当の愛だな
41:
P「真を好きだからこそ恐怖心は無いんだろうな…ただ、やっぱり女性の身体には全く興奮しないが」
真「じゃあ、ボクがプロデューサーを興奮させてあげます!!」ガバッ
P「ちょ、真!?」
真「ボク、も…えっと、初めてなんですけど…プロデューサーのためなら!」
P「えっと、まぁ…無理…しないでくれ、よ?」
P「じゃなくてアイドルがこんなことをだな…!」
真「バレなきゃ問題ありませんよきっと!」
P「おい!ズボンのチャックを開けるな!おい、おい!!」
真「こ、これが…プロデューサーの…えっと、とりあえず、口に…」
P「おい辞めろって、あ、アッー!!」
43:
結局、俺は真の口で、初めて女性を相手にして果てた。
それは何故だかとても気持ちが良いもので。
今まで沢山のアニキ達にされた、熟練されたフェラよりも、何よりも…
…ぎこちない、真のフェラの方が数倍、気持ち良いと感じた…
そして、俺は、この時実感した…
愛に、性別は関係無い。そして…
愛の無いセックスに、価値は無いのだ…と…
45:
俺は一体何をしていたんだろうか
おしり
48:
P「…おはようございます」ガチャ
小鳥「プロデューサーさん!」
P「はい?」
小鳥「ホモって本当なんですか!?」
P「」
小鳥「で、ネコなんですか?タチなんですか!?」
P「あー、いや、えっと」
真「おはようござ…何してるんですか?」
49:
小鳥「今プロデューサーさんはホモなのか聞いてるのよ!!で、どっちなんですか!?」
真「…プロデューサーは完璧なホモじゃありませんよ」
小鳥「完璧な…?」
P「えっと、そのですねぇ…その、秘密にしてもらってもいいですか?」
小鳥「はぁ…」
P「その、昨日までは完璧なホモだったんですけど、今はその、真の裸には…興奮を覚えるようになりまして…」
小鳥「ピッ!?」
真「そういうことなんです」
P「あの後、普通のAVとか見ても全く興奮はしなかったしな…」
小鳥「つ、つまり…ということは…」
51:
小鳥「真ちゃんは男だったんですね!?」
まこP「「は?」」
小鳥「こ、これは大ニュースよ音無小鳥…いやぁこれで妄想がぐふ、ぐふふ…」
真「プロデューサー?」
P「よーし」ガシッ
小鳥「ピヨ!?」
真「…覚悟は、いいですか?」
小鳥(アカンこれ殺される)
52:
P「なんか肉屋とかってこんな感じで鳥肉売ってるよな…」
真「そういえばそうですね」
小鳥「」
P「…まぁ、真以外の女性には相変わらず興奮しないけど、男には興奮するしホモが完全に治ったわけじゃないな」
真「逆に言うと浮気されな…いや…相手が男だと…」
P「まぁ、浮気なんかしないけどな」
P「愛がなければ意味が無いって、分かったからな…」
真「プロデューサー…」
P「…真」
53:
小鳥(ぴ…ピヨォ…)
小鳥(い、痛い…ひどいぃ…)
小鳥「…ま、」
小鳥「真ちゃんに、殴られた…ぐふっ…」
もうおわり
何も思いつかない
54:
結論 真は
55:
可愛い
56:
お後がよろしいようで
5

続き・詳細・画像をみる


壁ドンに胸キュン!?少女漫画が火付け役 若者の間でブームに

「実は凄いおっさん」なキャラクターっていいよな

【動画】クリスマスツリーにネコが上ってるうふふカワイイ⇒大変なことに・・・。

深海に沈む5つの謎と発見

DQNが車で音楽爆音で流す理由wwwwwwwwwwwww

米アップルCEO、BIG PLANの存在を明らかに ―2014年に向けてメッセージ

back 削除依頼&連絡先