セレナ「サトシキープ!あたしをシルブプレ!」back

セレナ「サトシキープ!あたしをシルブプレ!」


続き・詳細・画像をみる

1:
セレナ「って言えたらな……」
ユリーカ「じゃああたしが言ってみようか?セレナをシルブプレって!」
セレナ「えっ!?いや、それは……」
ユリーカ「言って見ないと伝わらないよ!大丈夫、もしダメなら誤魔化すから!」
セレナ「じゃ、じゃあ……お願い!」
ユリーカ「任せてよ!」
元スレ
ニュース報(VIP)@2
セレナ「サトシキープ!あたしをシルブプレ!」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1387685556/
http://rank.i2i.jp/"> src="http://rc7.i2i.jp/bin/img/i2i_pr2.gif" alt="アクセスランキング" border="0" />
http://rank.i2i.jp/" target="_blank">アクセスランキング

 
5:
ユリーカ「じゃあいくよ……」
セレナ「うん!」
ユリーカ「サトシキープ!お兄ちゃんをシルブプレ!」
サトシ「!?」
セレナ「!?」
シトロン「!?」
ユリーカ「あ、間違えた」
サトシ「悪くないかも……」
三人「!?」
9:
セレナ「何言ってるのサトシ!?」
ユリーカ「今のは……間違えただけだから!冗談だから!」
シトロン「そうですよ!サトシも悪のりが好きなんですね!」
サトシ「うーん、男……そういう選択肢もあったのか……」
セレナ「サトシ待って!そういうのはありえないから!」
サトシ「え?なんで?」
セレナ「おかしいものはおかしいの!」
13:
ユリーカ「男同士はおかしいって!!」
サトシ「いや……」
シトロン「馬鹿なこと言わないでください!」
セレナ「とにかくこの話はやめ!行きましょう!」スタスタ
ユリーカ「そうだよ!いこ!」スタスタ
シトロン「冗談ですよね?」
サトシ「いやまあ冗談なんだけどそこまで本気にするか?俺ってそこまでホモっぽい?」
ピカチュウ「ぴか!」
シトロン「そんな気も……」
サトシ「マジか……」
14:
皆にホモっぽく思われるとかなかなか可哀想だな
15:
オスのピカチュウとデキてるくらいだからな
16:
セレナ「まさかサトシがホモだったなんて……」
ユリーカ「ごめんねセレナ、あたしが間違えたから……」
セレナ「ううん、いいのよ
でもサトシがホモか……」
ユリーカ「選択肢って言ってたから両方いけるとかじゃない?」
セレナ「バイか……なら可能性あるのかな……」
17:
このままだと今後の旅気まずいだろww
18:
ユリーカ「でもよく考えたらサトシっていろんな地方まわって来たんだよね?しかも女の子も一緒に」
セレナ「うん、そう言ってたわね」
ユリーカ「だったら今までにそういう経験が……」
セレナ「まさかそんな……」
ユリーカ「実はもうお嫁さんがいたりして……」
セレナ「そんなわけない……絶対に違う……」
ユリーカ「でもサトシからそういう話全然聞かないよね」
セレナ「……サトシの経験か……」
20:
サトシ「あ、いたいた!まったくどんだけ先にいくんだ?」
シトロン「はあ……はあ……疲れました……」
ユリーカ「ねえサトシ、サトシって経験人数何人?」
サトシ「経験?なんの?」
セレナ「だから!ゴニョニョ…よ!」
サトシ「(バトルって言ったのか?)ちょっと数えきれないな」
セレナ・ユリーカ「そんなに!?」
22:
サトシ「なんだよ、いちいち数えてないよ
相手は覚えてるけどな」
セレナ「そんなに(セックス)したの!?」
サトシ「ああ、もっと頑張らなきゃだけどな!」
セレナ「(テクニックを……?)頑張ってね……」
ユリーカ「一番(キス)したのって誰?」
サトシ「うーん、やっぱりタケシかなあ?一番付き合い長かったし、何度も練習で(バトルを)やることが多かったな」
セレナ・ユリーカ(やっぱり男!!)
24:
セレナ「やっぱりそうなのね……」
ユリーカ「ちょっとあたしにはまだはやい世界だったよ……」
サトシ「大丈夫だ!きっと二人も同じくらいになれるよ!」
セレナ・ユリーカ「そんなの嫌!」
サトシ「?」
シトロン「なんか話が噛み合ってない気がします……」
セレナ「サトシの変態!ヤリチン!」タタタ
ユリーカ「サトシの……えっと……変態!」タタタ
サトシ「ヤリチン……?変態!?なんだよ突然!」
シトロン「どうしたんでしょうね……?」
25:
普通にヤリチンとか言うなよww
27:
サトシが不憫でワロタ
28:
セレナ「うう……サトシがヤリチンでホモだったなんて……」
ユリーカ「(ヤリチン……?)元気出してセレナ」
セレナ「うん……ありがと」
ユリーカ「これからサトシのことどうするの?」
セレナ「……諦めないわ!サトシを正しい道に戻すのよ!」
ユリーカ「うん!あたしも手伝うよ!」
セレナ「ありがとうユリーカ!」
32:
サトシ「あ、いたいた!まったくどんだけ先にいくんだよ!あと俺は変態じゃないからな!」
シトロン「ヒュー……ヒュー……」
セレナ「サトシ!絶対に正しい道に戻すからね!」
ユリーカ「覚悟してよね!」
サトシ「だから俺は変態じゃないって!」
33:
いいんじゃない
いいんじゃないの!
34:
セレナ「何人ともエッチしたことあるのに!?」
サトシ「エッチ?なに言って……」
ユリーカ「絶対サトシは元の人生に戻れるから!絶対!」
サトシ「なんの話をしてるんだ!?」
シトロン「はあ……はあ……大体わかってきました……」
37:
ユリーカ「セレナ、作戦を考えないと!」 タタタ
セレナ「そうね!」タタタ
サトシ「あ、待った!」
シトロン「サトシ、ストップ!」
サトシ「なんだよシトロン!」
シトロン「考えがあります」
サトシ「考え?」
39:
シトロン「はあ……やっと息が収まりました」
サトシ「なんだよ考えって」
シトロン「その前に何故この状況になったか整理してみましょう」
サトシ「あいつら俺を変態って」
シトロン「だから整理するんです、勘違いはなにも産みません」
サトシ「………わかったよ」
シトロン「まず、ことの発端はユリーカが間違えてサトシにシルブプレしたことから始まってます」
41:
シトロン「このシルブプレの意味は大体予想出来ますが……まああとでわかるでしょう」
サトシ「……」
シトロン「次にサトシがそれに悪のりしてホモっぽいことを言ったのが原因と考えます
実はまだこの事について弁明してないですから、勘違いしたままだと思います」
サトシ「じゃあセレナとユリーカは俺がホモだと勘違いしたまま?」
シトロン「間違いなくそうですね」
サトシ「そうか……」
42:
シトロンさん有能
45:
サトシはホモじゃないけど女友達はたくさんいる
セレナにとってはそっちの方がよほど驚異だな
46:
シトロン「さらにその次、経験人数を聞いてきましたよね?」
サトシ「ああ、バトルの人数だよな?」
シトロン「サトシ、経験人数と言ったら世間一般では基本的にひとつのことを指すんです」
サトシ「?なんだ?」
シトロン「エッチした人数です」
47:
サトシ「えっ?エッチ!?そうなのか!?」
シトロン「ほかの意味合いではめったに使いませんね」
サトシ「じゃあ俺はかなりの人数とエッチして……あ!しかも一番した相手がタケシだと思われてるのか!?」
シトロン「ほぼというか間違いなく」
サトシ「嘘だろ……」
ピカチュウ「ぴかぴかちゅう……」
48:
タケシという被害者
49:
サトシ「じゃあ正しい道に戻すとか言ってたのは……」
シトロン「多分サトシをホモとヤリチンから直すって意味だと思います」
サトシ「ヤリチン……?とにかく誤解を解かないと!」
シトロン「まあ待ってください、今は向こうもかなり動揺しているはずです
下手に手を出すと逃げられるか、なにかしてくるかもしれません」
サトシ「じゃあどうしたら……」
シトロン「考えがあるっていったでしょう、いいですか……」
51:
セレナ「やっぱりホモを直すのは色仕掛けしかないとおもうわ」
ユリーカ「色仕掛け……でもそんなことしたらセレナが!」
セレナ「大丈夫!愛してる人のためなら!」
ユリーカ「セレナ……」
セレナ「サトシを絶対に正しい道に戻すんだから……!」
サトシ「……」コソッ
シトロン「……」コソッ
52:
サトシ「いいか、シトロン」
シトロン「ええ、このネバネババズーカは一発しか入ってません
ですから外すと厄介です」
サトシ「二人を一度に捕らえるんだな」
シトロン「ええ!もし失敗したらケロマツのケロムースで足止めお願いします
その間に再度装填しますから」
サトシ「任せろ!」
シトロン「行きますよ!ファイアー!」
バシュン
54:
ユリーカ「きゃあ!」ビチャ
セレナ「きゃあ!」ビチャ
シトロン「ビンゴ!命中です!」
サトシ「まだだ!セレナのくっつきが甘い!」
セレナ「逃げなきゃ……」
セレナ(まって、このまま逃げたらユリーカが……!)
セレナ「くっ……!」
サトシ「ケロマツ!ケロムースで動きを止めるんだ!」
ケロマツ「けろっ!」
セレナ「きゃあ!」ビチャ
56:
セレナ「これはケロムース!どうして!?」
シトロン「今です!」バシュン
セレナ「きゃあ!」ビチャ
ユリーカ「なんなの!?」
セレナ「誰!?」
サトシ「俺達だ」
シトロン「なんとか成功しましたね」
セレナ「サトシ!」
ユリーカ「お兄ちゃん!」
サトシ「さあ、話を聞いてもらおうかな」
シトロン「大丈夫です、なにもしません」
59:
わっふるわっふる
60:
セレナ「待って!シトロン、あなたもだったのね!」
ユリーカ「お兄ちゃん……嘘だよね……?」
シトロン「へ?いやいや違います!とにかく話を……」
セレナ「あたしには何をしてもいいからユリーカには手を出さないで!」
ユリーカ「セレナダメだよ!」
セレナ「いいのよ、あたし一人の犠牲で済むなら……」
ユリーカ「セレナ……!」
サトシ「なあシトロン、口も封じた方がいいんじゃないか?」
シトロン「そうですね」
61:
サトシは鬼畜だな
63:
サトシ「というわけだ、わかったか?」
セレナ・ユリーカ「んー」コクコク
シトロン「やっと落ち着けますね」
サトシ「なんかバトルより疲れたぜ……」
セレナ・ユリーカ「んー!んー!」
サトシ「なんだよ」ピリピリ
セレナ「イタッ!……ごめんなさい」
ユリーカ「……ごめんなさい」
シトロン「いいんですよ、勘違いは誰にでもあります」
64:
サトシ「はー、もう次の町が見えるぞ」
シトロン「本当ですね」
サトシ「じゃあいくか!」
セレナ「えっと……その……」
ユリーカ「言うの?」
セレナ「うん!覚悟が決まった!」
サトシ「ん?どうしたんだ?」
セレナ「じゃ、じゃあ言うよ……?」
セレナ「サトシキープ!あたしをシルブプレ!」
おわり
66:

6

続き・詳細・画像をみる


【社会】20〜30代独身女性の6割は、玄関のチャイムが鳴ったとき誰が来たか不安

【IIHS】「安全な車」日本勢大半!! ホンダ首位キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!

【産経】「大東亜戦争」表記を認めないNHKの歴史観 「偏向」と言われても仕方ない

八幡「最近俺のパンツがおかしい」

ワンピース最強は鉄壁のパールさん

本屋13社がタッグを組んで電子書籍でAmazonに対抗、ジャパゾンを目指す

back 削除依頼&連絡先