希「うちが魔法少女やて?!」back

希「うちが魔法少女やて?!」


続き・詳細・画像をみる

1:
ことり「うぅ……歌詞が思いつかないよぅ……」
ヒュー………ズドスンっ!!!
ことり「うわぁ!?ずこい揺れ!!何が起きたの!?」
プシュー……
ことり「空から何かが降ってきた……!!!」
ラブライブ! School idol diary ~矢澤にこ~
----------------------------------------------------------------------------
3:
プシュー……
ことり「土煙でよくみえないよ?っ」
???「………」
ことり「人影が見える……!
誰かいるんですかー!?大丈夫ですかー!!」
希「うち、降臨せり……」
ことり「あれは……の、希ちゃん!?」
5:
おいギリギリだぞ
7:
ことり「空から落ちてきたみたいだけど大丈夫!?怪我はない!?」
希「……大丈夫や。なぜならうちは……
希「魔法少女やから!」
ことり「希ちゃん……その格好は……!!」
希(……コクン)
8:
ことり「ほんとに希ちゃん……なの……?」
希(コクリ)
ことり「ファ、ファンシーな格好だね……」
希(コクリ)
ことり「ボディラインがよく出てる服というか。
な、なんていうか……パッツンパッツン、だね」
希(コクリ)
9:
ことり「………」
希「………」
ことり「えっと……ことりに何か用事?」
希(コクン)
ことり「そっか。用事があるんだね」
希(コクン)
ことり「あの……用事の前に一ついいかな」
希(?)
ことり「……言いづらいんだけどね」
希(コクン)
ことり「服のサイズが…その……合ってないんじゃない、かな?」
12:
希「うちの魔力はタンク級やからね。
普通の魔法衣装じゃ魔力を抑えきれないんよ」
ことり(そういう問題なのかな……)
希「正直うちも苦しいから着替えたいんやけど
体が引っかかって上手く脱げないんよ」
ことり「……魔法少女って大変なんだね」
13:
よく分からんけど黄色い気がするのはなぜだろう
14:
希「そんなことよりも!あんな、ことりちゃん」
ことり「う、うん。なにかな」
希「うちな、誰かの願いを一つだけ叶える力を手に入れたねん」
ことり「え!!そうなの?!すごいね希ちゃん!」
希「……まぁ正確には
その人のために一度だけどんな魔法でも使える、って力なんやけどな」
ことり「???どういうこと?」
希「絶対に願いを叶えられるとは限らない、ってことや」
ことり「それでも普通にすごいよ!」
15:
希「さて……ことりちゃん」
ことり「う、うん!」(私の願い事を叶えてくれるのかな!)ワクワク
希「歌詞作り、苦戦してるみたいやね」
ことり「えっ……どうしてそれを?!」
希(スッ……)
ゆっくりと空を指差す希
希「スピリチュアルが……教えてくれたんや」
ことり「お、おぉ……スピリチュアル……」
18:
希「途中までは書けてるんやよね。ちょっと見せてみ?」
ことり「あ、うん」
希「読ませてもらうで」
ことり「ど、どうぞっ!」
19:
希「……………」
ことり「ドキドキっ……」
希「ふぅー……」トントン←紙束を揃える音
希「読ませてもろたわ」
ことり「ど、どうだった……?」ドキドキ
希「うん、一つ聞きたいんやけどね」
ことり「は、はい!」
希「ことりちゃんはこの歌詞を通してファンに何を伝えたかったん?」
20:
ことり「え、えーっと……私の秋葉原に対する気持ち、とか?」
希「とか、ってことは他にもあるの?」
ことり「な、ないです」
希「率直に言うね。何が言いたいのかわからなかったわ」
希「この歌詞から明確なテーマが見えてこないんよ
テーマがあっちにいったり、こっちにいったりしてて読んでて疲れるわ」
ことり「………」
希「エリチがことりちゃんに歌詞をお願いした意味、ちゃんと考えた?」
ことり「はい……自分なりには」
希「そっか。それじゃあまだ考え方が足りてないみたいやね。
もっと時間をかけてエリチの言った意味を考えてみ?」
ことり「………」
22:
希「それと、文章が独りよがりになりすぎなんよね
いきなりマカロン美味しいとか言われてもお客さんはわけわからんよ?」
ことり「はい……」
希「あとこの歌詞で実際に歌ってみたりした?」
ことり「な、何度かは……」
希「何回?」
ことり「2、3回です」
希「うん、全然足りないよね。
少なくとも10回は自分で歌ってみて、
語感とか歌いやすさをチェックしてみて?」
ことり「は、はい……」
希「それと………」
ことり「………はいぃ……」
23:
一時間後
希「……というようなところが問題やね」
ことり「…………」
希「大丈夫?」
ことり「………だいじょぶ」
希「そう。それじゃあ作詞がんばってな」
ことり「えぇ?!修正も手伝ってくれるんじゃないの?!」
希「それはことりちゃんの仕事やよ」
ことり「そ、そんなぁ?……」
希「むっ!助けを呼ぶ声が聞こえる!うち行ってくるわ!」
ことり「え?!もう行っちゃうの!?」
希「行かねばねばねばー!」
ビューン……
ことり「行っちゃった……」
ことり「……結局魔法つかってないしぃ……」
24:
チュどーん!!!
希「……到着」
にこ「の、のぞみ?何故ここに?!うわっ、なにその格好!!」
希「何故?……それはうちが魔法少女やからや!
うちのこの格好?……それはうちが魔法少女やからや!」
にこ「………はぁ?」
26:
希「そんなことよりも……
にこっち、あんた恋をしてるわね!」
にこ「!?な、なぜそれを!?」
地面にしゃがみ込み、地に耳を合わせる希
希「……母なる大地(ガイア)が教えてくれたんよ……」
にこ「なんで地面が私の個人情報を知ってるのよ……」
希「それはね……?」
にこ「あ、長くなりそうだから説明はいいわ」
希「そう……」ショボン
28:
希「ずばり。にこっちの好きな人は真姫ちゃんやろ?」
にこ「ちがっ!」
希「……くないんやろ?」
にこ「……」
希「これは魔法使わんでもわかるわ」
にこ「ぐぐぐっ……」
31:
希「ということで?」
希「真姫ちゃんを連れてきました?」
真姫「……え?ここどこ?」
にこ「はぁ!?ちょ、ちょっと!!」
希「ん?なんや?」
にこ「今どこから真姫をだしたの!?」
希「魔法で呼び出したねん」
にこ「魔法……」
32:
希「ちなみに一人につき一回しか使えない魔法や」
にこ「……あんたまさか真姫を呼び出すためだけに使ったんじゃないでしょうね!!」
希「せやで」
にこ「あんたねぇ?!他にもっと良い使い方があったでしょ!!」
真姫「………私を放置して話を進めないでよ!
一体どういう状況なのよこれ!」
33:
真姫「どういうこと?わけわかんないんだけどー!」
希(ささっ、にこっち。告白の時間やで)
にこ(いくらなんでも急すぎるわよ!
……無理!心の準備ができてないわ!)
希(えーめんどいなぁ)
真姫「ねぇ無視しないでったら!
状況がまるでわからないんだけどっ!
どうして私がここにいるの?
そもそもどうやってここにきたの?ねぇ!」
にこ「えーっと……のぞみ!なんとかしなさいよ!」
希「よっしゃ、うちが説明したる!………よっ!」
真姫「キャッ!」
にこ「ま、真姫ちゃん!?」
34:
真姫の額に人差し指を突き立てる希
真姫「ぁ……ぁ……ぁ……」キュイーン……
にこ「ちょっと!真姫になにしてるの?!」
希「んー?言葉で説明するのは面倒だから
これまでの記憶を脳内に直接流し込んでるんよ
体に害のあるものやないから心配いらんよ?」
希(ちなみに、この魔法はさっき使いそびれたことりちゃんの分や)
にこ「そう。なら良かっ…….いや良くないわよねそれ!?」
35:
流石ガンタンク
http://www.amazon.co.jp/dp/B00030EVD4/
36:
希「ほい、完了っと」
真姫「……にこちゃんが私のことを……好き?」
にこ「???っ」///
希「むむっ!また誰かがうちを呼んでる!行かねば!」
にこ「はぁ!?ちょっ、待ちなさいよ!!どうするのよここれ?!!」
希「行かねばねばー!!」
ピュー………ン
にこ「行っちゃった……」
真姫「………にこちゃん」
にこ「あ………うっ……」
真姫「……私のこと好きなの?」
にこ「うぅ……」
38:
ヒューーー……ズトスン!!
希「地に落ちた堕天使……降臨……」
穂乃果「わわっ!希ちゃん!?」
希「……ほのかちゃん、何か困り事があるようやね」
穂乃果「え?困り事?」
希(コクン)
39:
穂乃果「困り事は……んー、特にないかなぁ」
耳に手を添える希
希「……聞こえる?」
穂乃果「え?なにが?」
そっと目を瞑る希
希「……風の円舞曲(ワルツ)」
穂乃果「このピューピュー吹いてる風の音のこと?」
希「いや……ちょっと違う……」
穂乃果「ふーん……?よくわかんないや」
40:
希「風が言うてるねん……穂乃果が助けを求めてるって」
穂乃果「んー?ほのかは何の助けを求めてるんだろう……」
希「待ってなー。今聞いてみるで?」
希「…………」
穂乃果「………」
希「ふむ……困り事じゃなくて願い事みたいやね」
穂乃果「願い事?願い事ならあるよ!」
希「言うてみ?うちが叶えたる」
穂乃果「決まってるよ!穂乃果の願いはラブライブ出場することだよ!」
希「……ほのかちゃんらしい願い事やなぁ」
41:
希「よし、うちが叶えたる」
穂乃果「え?でもどうやって?」
希「簡単や。日本全国民をマインドコントロールしてCDを買わせればええねん」
穂乃果「えぇぇ!そんなのダメだよ!」
希「え?なんでなん?」
穂乃果「そんなやり方じゃ楽しくないもん!」
希「………」
穂乃果「みんなで手に入れたラブライブじゃないと……意味ないよ!」
42:
希「そうか……わかった」
穂乃果に手をかざす希
穂乃果「え?手なんか伸ばしてどうしたの??」
希「ちょっとだけ……目を瞑っててな?
………フッ!」
穂乃果「……え?きゃぁ!」
43:
穂乃果「これは………」
希「………ふぅ」
穂乃果「……巫女服?!私いつの間にか巫女服に着替えてる!」
希「うち一度でいいから穂乃果ちゃんに巫女服を着させてたかったんよね?」
穂乃果「どうやったの!?」
希「魔法や」
穂乃果「このタイミングですることなのそれ!?」
44:
希「ちなみに、これでもう穂乃果ちゃんのために魔法は使えなくなったで
魔法は一人一回までやからなー」
穂乃果「私の魔法これで終わり!?
なんかすごく損した気分だよ?っ!」
希「……大丈夫。うちの分の魔法がまだ残っとる」
穂乃果「え?」
45:
希「……うちな、まだ自分のために一度も魔法を使ってないねん」
穂乃果「う、うん」
希「だから穂乃果ちゃんのためにうちの分の魔法使ったる」
穂乃果「……いいの?」
希「ええよ。……これはうちの願いでもあるんやから」
46:
希「いくで?」
穂乃果「う、うん!」
希「………よっ!」
希の体が光の胞子に包まれる
穂乃果「わぁー……綺麗……」
希「………」
辺りが光に包みこまれる……
47:
希「ふぅ……」
穂乃果「……あれ?!いつもの制服に戻っちゃってる!どうしたの?」
希「そりゃそうやよ。うちはもう魔法少女やないもん」
穂乃果「え……ええぇぇぇぇ?!ど、どういうこと?!」
48:
希「穂乃果ちゃんの願いはラブライブに出場することなんやろ?」
穂乃果「うん」
希「うちが魔法少女のままじゃラブライブは目指せんやん」
穂乃果「そ、そんな理由で魔法少女やめちゃったの?!」
49:
穂乃果「……普通の服に着替えれば問題なかったんじゃない?」
希「言ってなかった?
体に引っかかっちゃって、脱ぎたくても脱げんのよねあれ
破こうかとも思ったけど、無駄に丈夫で破けんかったわ」
穂乃果「………」
50:
穂乃果「希ちゃんは……それでいいの?
自分のために魔法を使わなくて本当に良かったの?」
希「もちろんや。うちはみんなが幸せになってくれたらそれでええねん」
希「みんなが幸せなら……うちの希(のぞみ)はすでに叶ってるねん」
穂乃果「………」
51:
希「ほのかちゃん」
穂乃果「……なに?」
希「練習、始めよっか」
穂乃果「………」
希「ラブライブ、目指すんやろ?」
穂乃果「……うん、そうだね。
練習始めよっか!希ちゃん!」
(完)
53:
イミワカンナイ!
5

続き・詳細・画像をみる


全日本2歳優駿(川崎・Jpn1) 今年の2歳はやはり道営が強かった!好位追走ハッピースプリント(宮崎光)直線抜け出しダート2歳王者!

日常会話に「―――――――」を付けると日常っぽくなくなる

最強の任天堂コントローラーできたwwwww

たまこまーけっと→たまこラブストーリーに改題して映画化決定 採算とかいうなよ

少しでも気に食わないことがあると大声をあげる。私の体を壁にぶつける。その後半日は不機嫌

地域サークルで知り合った友人の旦那に「好きになったから付き合ってほしい」と告白された

【京アニ】「たまこまーけっと」完全新作の劇場版アニメ『たまこラブストーリー』来年4月公開!

日本の主力戦車・10式戦車がザク?に勝つにはどれぐらい数がいるの?

父親の会社を継ぐ事になりそうなんだが、負債抱えてるみたいで正直詰んでる・・・

硬派厨が持ち上げるアニメって何で功殼ビバップボトムズだけなの?

京都「餃子の王将」社長、本社前で撃たれ意識不明

男性ビジネスマンの80% 「韓国嫌い」

back 過去ログ 削除依頼&連絡先