天龍「なあ隼鷹」back

天龍「なあ隼鷹」


続き・詳細・画像をみる

1:
天龍「なあ隼鷹」
隼鷹「あ?なに??」ゴロゴロ
天龍「今日の夕飯どうする?」
隼鷹「夕飯? あ?もうそんな時間か?」
艦隊これくしょん‐艦これ‐ 艦娘型録
----------------------------------------------------------------------------
2:
天龍「ったく、1日中コタツでゴロゴロしやがって。そんなんだから時間の感覚が鈍るんだよ」
天龍「こちとら家事やらなにやらで忙しいってのによぉ。ちったぁ手伝えっての」
隼鷹「まあまあまあまあ。おっ、このみかんうめぇなぁ。ヒュー! アタリだぜ?こいつは」
天龍「みかんもほどほどにしとけよ? 飯入らなくなるぞ」
隼鷹「りょ?ふぁいりょ?ふぁい」モグモグ
那智「帰ったぞ」ガラガラ
天龍「おう、おかえり」
那智「うむ。ただいま天龍」
隼鷹「うひょー、さみーさみー!!」
那智「なんだ、まだゴロゴロしていたのか」
天龍「そーなんだよ。那智からもなんか言ってやれよこのコタツ空母に」
3:
隼鷹「コタツ空母かぁ・・・いいねぇ。提督に相談してみるか」
那智「ふむ、なかなかいいんじゃないか。コタツ空母」
隼鷹「暖房完備!」
那智「冬の海は寒いからな」
隼鷹「秋なんてなかった・・・」
那智「一番好きな季節なんだが、残念だな・・・」シンミリ
天龍「んで、夕飯だけどよ」
隼鷹「あたしなんでもいいや?」
天龍「なんでもってのが一番困るんだっつの」
4:
那智「じゃあ鍋なんかどうだ」
隼鷹「それだ!!」
天龍「そうだな、んじゃ今日は鍋にすっか」
隼鷹「なら人数は多いほうがいいよな?」
那智「じゃあ加賀も呼ぶか」
天龍「だな。あっ、ゆずぽん切らしてるんだった」
那智「そういえば加賀はゆずぽん派だったな」
6:
隼鷹「味ぽんは?」
天龍「足りてる。北上のとこで二本で300円だったんだよ」
隼鷹「相変わらず安いねぇあのスーパー」
天龍「ほんと助かるぜ。レジうちの愛想ないのがちょっとアレだけどな」
隼鷹「あー大井っちね。アイツ目当てでくる客がいるくらいだしいいんじゃねーの?」
天龍「マジかドMかよ・・・」
隼鷹「うちの提督とか」
天龍「知ってた」
7:
那智「じゃあ送るぞ」
天龍「ついでにゆずぽん買ってきてって頼んでくれ」
那智「わかった」
隼鷹「LINE?」
那智「ああ」
天龍「スマホ便利だよなぁ」
那智「外洋に出ると繋がらないのだけが唯一の欠点だな」
隼鷹「まあそれは仕方ないんじゃないの?」
9:
那智「繋がり安さナンバーワン」
隼鷹「それはソフバだろ」
那智「そうだ私のはボーダフォンだった」
天龍「auだろ・・・」
那智「あっ返事来たぞ」
加賀『ゆずぽんは自前の持っていくから』
那智「だそうだ」
隼鷹「まあわざわざ買うのもあれだよなぁ」
天龍「なんか悪いことしたかなぁ」
11:
那智さん・・・
12:
那智「まあいいんじゃないか?」
隼鷹「そーそー気にすんなって。うちは三人とも味ぽん派だし無くてもしょーがないだろ」
天龍「ゆずぽん高くて買えないってのもあるけどな」
那智「だいたい一本でいくらくらいするんだ?」
天龍「さんきゅっぱ」
隼鷹「ひえぇぇぇたけぇなあ」
那智「加賀は1人暮らしだからこそできる贅沢だな」
天龍「いや、ゆずぽんで贅沢ってのもどうかと思うけどな・・・」
隼鷹「ほら、あたしらビンボーだからさぁ」
13:
三人「「「・・・・・・」」」
天龍「鍋の下準備してくる」
那智「手伝おう」
天龍「帰ってきたばっかなんだし休んでていいぜ」
隼鷹「みかんうめぇ」
天龍「手伝え」グイッ
隼鷹「ああん」ズルズル
那智「途中だったパズルでもやるか」ゴソゴソ
15:
<20分後>
ピンポーン
天龍「はいよー」
ガラガラ
加賀「こんばんは」
天龍「おう。寒かったろ? まあ上がれよ」
加賀「おじゃまします」
16:
那智「来たか。遅かったな」
加賀「ちょっと荷物が多くて」ドサッ
隼鷹「なんだこれ、発泡スチロールの箱か?」
加賀「鍋にピッタリだと思って持ってきたのよ。一人で食べるのも勿体無いから」
天龍「わりぃなぁ加賀、んで何が入ってんだ?」
加賀「開けるわ」パカッ
三人「「「・・・・・・!!!?」」」
天龍「か、かかかカニ・・・!?」ガクガク
隼鷹「カニだ・・・」ワナワナ
那智「うまそうだな」キラキラ
天龍「ど、どうしたんだこのカニ?」
加賀「実家に帰省ついでに瑞鶴の家に遊びにいったのだけれど、ちょうど朧さんも来てたみたいでその時についでにって貰ったのよ」
隼鷹「カニがついで・・・えっ?」
17:
那智「加賀の実家は神戸だったか。端鶴は元気だったか?」
加賀「うるさかったわ」
那智「そうか、元気そうでなによりだな」ハハハ
天龍「にしても朧のやつ太っ腹だなぁ」
加賀「初春さんと遠征中に偶然会った響ちゃんから貰ったしいわ」
天龍「(あっ、これイケナイカニだ)」
隼鷹「銀の匙で似たような話あったよね」
那智「確か主人公がお金を稼ぐのに一番手っ取り早い手段は何か先生に聞いて回るシーンだったような」
加賀「ロシアンマフィアと仲良くなってカニを密漁?の件ね。とても教員の発言とは思えないけれど」
天龍「ホテルモスクワ?」
19:
加賀「それはブラックラグーンよ」
隼鷹「天龍好きだよな?ブラクラ」
天龍「姉御もいいけどさ、やっぱレヴィが最高だよな」
那智「私はサングラスのシスターが好きだな」
加賀「エダね。そういえばエダと隼鷹ってなんとなく雰囲気似てるわよね」
隼鷹「そうかぁ?」
天龍「なんかいやだなそれ」
隼鷹「おい」
那智「つまり私は隼鷹が好きだったのか」
隼鷹「うそマジ?」
天龍「絶対違うぞ」
18:
遠征C班の影響でも受けたのか?
21:
隼鷹「あらやだ妬いてんの??」ニヤニヤ
天龍「妬いてねぇ!!なんでそうなるんだよ」
那智「悪かったな天龍」
天龍「だから違うって・・・」
加賀「お腹空いたわ」グー
天龍「あっ、わりぃ。すぐ用意するから待っててくれ」スタスタ
加賀「じゃあコタツの上片付けましょうか」
那智「みかんの皮捨ててくる」
隼鷹「あっ悪いねぇ」
>>18
最後に書こうと思ってたんですが遠征C班意識して書いてます
あれ大好きなんです
23:
那智「構わんよ」ニコッ
加賀「隼鷹、あなた相変わらずね」
隼鷹「えへへー」
那智「ふぅ、台所は寒いな」モゾモゾ
隼鷹「ごみ捨てサンキュー。私なんて台所はおろか廊下すら無理だね」
那智「まったく天龍には頭が下がる」
加賀「あら、炊事は当番制じゃなかったの?」
那智「私が最近忙しくて帰りが遅くてな、天龍が代わりにやってくれてるんだ」
隼鷹「あたしも最近忙しくて」
加賀「あなたゴロゴロしてるだけじゃない。那智は任務で?」
那智「ああ。第5艦隊編成任務でな。久々にあの面子と顔を合わせたよ」
加賀「足柄さんと多摩と木曾ね」
隼鷹「(足柄だけさん付け・・・)」
20:
隼鷹さん鎮守府で一番レベル高いわ
ケッコンカッコカリはよ
http://www.amazon.co.jp/dp/4041209714/
25:
那智「足柄とはまあ月一で会ってるから久々ってわけではないがな」
加賀「そういえば木曾って最近改ニになったのよね」
那智「ああ、マントやら剣やらパット見でも大分印象が変わっていたな」
隼鷹「あー宇宙海賊とかネットで言われてるんでしょ?」
那智「本人は特に気にしてないらしい。というかちょっと嬉しそうだった」
加賀「他の姉妹が濃い過ぎるもの・・・良かったじゃない」
隼鷹「球磨だクマーとかすげぇよなぁ。若いっていいねぇ」
那智「もし私たちの語尾にクマーがついてたら・・・」
隼鷹「即解体でしょ・・・」
27:
加賀「でもあなたヒャッハーじゃない」
隼鷹「あたしはいーんですー。若いしー」
加賀「世紀末の住人が何言ってるんだか」
那智「北斗の拳懐かしいなぁ」
隼鷹「そういえば最近読んでないな?。あ?なんか急に読み返したくなってきた」
加賀「あら、北斗の拳なら全巻揃ってるから貸すわよ?」
隼鷹「マジで?貸して貸して」
天龍「コンロ持ってきたぞ?」
那智「悪いな天龍。何か手伝えることないか?」
天龍「あー、じゃあ箸とコップ頼むわ。あと取り皿」
29:
那智「了解した」
加賀「私も手伝うわ」
天龍「お客は座っててもいいんだぜ?」
加賀「そういう訳にもいかないでしょう?」チラッ
隼鷹「あはっ、呼んだ?」
加賀「呼んでないわ」
天龍「お前も少しは手伝えって言ってんだよ」
隼鷹「働きたくないでござる!働きたくないでござる!」
那智「箸と取り皿持ってきたぞ」
天龍「サンキュー」
加賀「コップも用意できたわ」
天龍「よしっ。じゃあ飯にするか」
四人『いただきます』
31:
隼鷹「ヒャッハー!! カニだカニだぁー!!!」
那智「おっ、今日は水炊きか」
天龍「おう。いやぁ、水炊きにしといて正解だったな」
隼鷹「やっぱカニは水炊きだよな?!」
天龍「ありがとな、加賀」
那智「うむ。感謝するぞ」
隼鷹「加賀りん愛してるゥ!」
加賀「喜んで貰えたようで嬉しいわ」スッスッ
隼鷹「あっ、あっ、加賀りんやめてあたしの取り皿にマロニーちゃん大量に入れるのやめて」
32:
加賀「あら、この肉団子美味しいわね」
天龍「あっ、それ俺がこねたんだぜ」
加賀「美味しいわ」モグモグ
天龍「へへっ」
那智「そろそろカニがいい感じだな。天龍、調理バサミ貸してくれ」
天龍「あいよ」
那智「これで殻に切れ込みをいれて・・・っと、一丁あがりだ。一番に食べたい人は?」
天龍「やっぱここは持ってきてくれた加賀だろ」
加賀「遠慮しないでいいわよ。貰い物だし」
隼鷹「じゃあハイハイハイ!!」
那智「そら」
隼鷹「よっしゃー! いっちばーん!!!」パクッ
33:
隼鷹「!!!」
隼鷹「うんめへへへぇぇぇ?い」キラキラキラキラ
那智「もう一丁あがり。加賀」
加賀「ありがとう・・・! これは・・・やるわね」モグモグ
天龍「ほら那智も食えよ。俺は自分でやるからよ」
那智「悪いな、私のぶんもやってくれたのか」
天龍「いいってことよ」
那智「では、いただきます。・・・・・・うむ。うむ。美味い」モグモグ
天龍「んじゃぁ俺もいただきまーす」パクッ
天龍「すげぇ! プリプリだ!! 奥の方まで身がギッシリ詰まってやがる!!!」キラキラ
那智「味ぽんを付けなくても十分美味いな」
隼鷹「とっろとっろに甘めぇぇぇぇ!!!」
加賀「」モグモグモグモグ
天龍「龍田にも食わせてやりたいぜ」
35:
隼鷹「なぁ・・・」
那智「どうした」
隼鷹「アレ、欲しくならねぇか?」
天智『!!!!!!』
天龍「バカ、お前・・・ここでアレなんか出したら・・・明日の遠征が」
加賀「あら、こんなところに日本酒が」スッ
隼鷹「加賀りん大好きっ!!!」ガタァッ
那智「よし、もうこの際一杯やるか」
天龍「お前・・・! お前ら・・・!! くそ! ダメだ! 俺は負けねぇ! 俺は酒なんかに絶対に負けたりしねぇ!!!」
36:
加賀「皆行き渡ったかしら」
那智「ああ」
隼鷹「おっけー」
加賀「では」
四人『かんぱーい!』
天龍「俺は絶対負けたりなんかしないんだからな!!」ゴクッゴクッゴクップハァ
天龍「・・・ふぅ」
隼鷹「天龍轟沈! どれどれあたしも」ゴクッゴクッゴクップハァ
37:
隼鷹「カーッうまいっ!!! もう一杯!!!」
加賀「どうぞどうぞ」トクトクトクトク
隼鷹「おっとっとっとっと」
隼鷹「」ゴクッゴクッゴクップハァ
隼鷹「もうっさいっこうっだねぇ!!」フヘー
那智「では私も」ゴクッゴクッゴクッ
那智「っふー・・・美味い。いい感じに冷えているのがまた堪らんな」
39:
加賀「冬は冷蔵庫で冷やすより外に置いておくほうがなんでか美味しく感じるのよね」
天龍「あーなんかわかる気がする」
那智「冷蔵庫で冷やすより外の水に浸けておいたスイカの方が美味しいのと同じかもしれないな」
隼鷹「まあ?なんだっていいっしょ?うまいものはうまい!! これが真理だぁ?」
天龍「もう酔ってんのかよコイツ」
加賀「意外と弱いのね」
那智「いい酒だと酔いやすいのさ、隼鷹は」
40:
天龍「幸せなやつだなぁ、まったく」
隼鷹「シワとシワを合わせてしわあせ?なんつってアハハハ!!!」
天龍「ったくお前ってやつは・・・。明日のこともあるし、あんまり飲み過ぎるなよ?」
隼鷹「あ?いわかってるよ?ん」
加賀「隼鷹は天龍に任せてこっちは静かにチビチビやりましょうか」
那智「うむ。そうしようか」
42:
那智「それで、そっちは最近どうだ? お前が遠征旗艦を異動になって久しいが。今は最前線だったか」
加賀「そうね。まあ、ぼちぼちといったところかしら」
那智「ちなみに今勤務しているのは・・・」ゴクッ
加賀「第一艦隊よ。まあ、第一艦隊って言っても、そう忙しいわけでもないわね」チビチビ
那智「具体的にどんな仕事をするんだ?」
加賀「そうね。旗艦兼秘書官は提督の補佐、残りの艦娘はみんな書類整理とか事務仕事中心ね」
那智「なんだ、最近は深海との戦闘もないのか」モグモグ
43:
加賀「そんなところよ。この間深海側の提督と打ち合わせがあったのだけれど、どうにも予算が足りないとかで演習もろくにできない状況らしいわ」
那智「あちらさんも大変だなぁ。最近は銀行もそうほいほい貸してはくれないからなぁ」プハァ
加賀「厳しいのはウチも同じよ。まあ、それでも景気そのものは大分良くなったんじゃないかしら」パクッ
那智「去年の鍋の具材がしらたきだけになったときはさすがにヤバイと思ったぞ」ハハハ
加賀「隼鷹もお酒を控えていたようだし、あのまま絶ってしまえばよかったのに」
45:
那智「いや、あいつはあれでいいのさ。私は今のままの隼鷹が好きだ。もちろん天龍も、加賀もな」
加賀「そう・・・でも、みんなずっと今のままという訳にもいかないわ。いつかは変わる時がきて、その時が来ても、また四人一緒にっていうのは、多分無理でしょうね」
那智「もちろんわかってるさ。でもそれがわかっているからこそ、今をより一層楽しめるのさ」
加賀「そうかもね・・・」チビチビ
那智「クサい台詞だったな。私のガラでもない」ハハハ
加賀「嫌いじゃないわ、そういうの」
那智「そうか?なら言ってみた価値があるというものだ」ゴクッ
46:
加賀「そういえば、随分静かね」
那智「うん?あぁ、二人とも寝てしまったのか。まったく、食事中だというのに・・・」
加賀「座ったまま寝るなんて、随分器用ね・・・」
那智「天龍は家事で疲れてるだろうからともかくとして・・・まあいつも通りといえばそうなんだが」
加賀「そういえば、もうこんな時間なのね」
那智「明日も仕事なんだろう?」
加賀「まあね。でも構わないわよ、このくらい。どうせ長居するのもわかっていたし」
那智「いつものこと、だからな」ククッ
加賀「そう、いつものことだから」フフッ
47:
那智「とりあえずコタツの上を片付けて、それから二人の布団だな」
加賀「手伝うわ」
那智「悪いな」
加賀「とりあえず鍋はこのまま蓋をしておけば大丈夫よね。傷みやすい具材もないし」
那智「ああ。洗い物は、こんな時間だし明日でいいか」
加賀「なんだか悪いわね」
那智「なに、それこそお客の特権だろう。気にするな」
加賀「じゃあ、ありがたく甘えさせてもらうことにするわ」
那智「ああ、そのほうが天龍も喜ぶ」
隼鷹「もぉーたべられないよぉー・・・」zzz
48:
那智「ほら隼鷹、布団敷いたからそこで寝ろ」
隼鷹「うへへへへへ・・・」
加賀「天龍・・・」ユサユサ
天龍「んあ? あれ・・・俺、寝ちまってたのか・・・行儀わりぃな・・・」ボー
加賀「おはよう。どうする? お布団敷いたけど」
天龍「お、おお・・・悪いな。夕飯の片付けまでやってくれたのか・・・」
天龍「布団はありがてぇけど明日も遠征だし、さすがにこのままはまずいからとりあえずシャワーだけ浴びてくるわ。サンキューな」
加賀「いいのよ、美味しい鍋のお礼だもの」
天龍「そんなん美味い酒でチャラって言いたいところだけど、ここはありがたく受け取っておくか」ヘヘッ
49:
那智「さて、隼鷹も布団に入れといたし、ひと段落だな」
加賀「じゃ、私はそろそろお暇しようかしら」
那智「家まで送っていくぞ」
加賀「大丈夫よ」
那智「しかし夜道で一人は危険だろう」
加賀「こう見えても強いのよ。五航船の子なんかと一緒にしないで」
那智「やれやれ、翔鶴も苦笑いだな」ハハハ
加賀「冗談よ、本気じゃないもの」フフッ
那智「本当に送らなくて大丈夫なのか?」
加賀「ええ、天龍によろしく伝えといてね」
那智「わかった」
50:
ガラガラ
加賀「おやすみなさい」
那智「おやすみ」
ガラガラ
那智「さて、と・・・明日の遠征の準備でもしておくか」
天龍「あがったぜーってあれ、もう帰ったのかあいつ」
那智「ああ、明日も忙しいらしくてな」
天龍「そっか。なら仕方ねえな」
那智「そうそう、加賀がお前によろしくだと」
51:
天龍「おうっ。いやー今日は楽しかったなぁー。カニも美味かったし」
隼鷹「お酒も最高だったよねー」
天龍「おわっ!」
那智「起きてたのか?」
隼鷹「まあねー」
天龍「お前なぁ・・・まさかずっと寝たふりしてたんじゃねーだろうな・・・」
那智「そうなのか?」
隼鷹「へへーそれはどうかなー」
天龍「まったく・・・」
那智「まあいい、とりあえず水を飲んでおけよ?」
天龍「二日酔いで遠征はきついからなぁ・・・」
52:
隼鷹「えへへへー」ギュウ
天龍「おおっ?」ギュム
那智「どうした急に抱きついて」ギュム
隼鷹「へっへー、二人とも永遠に愛してるよぉー! あと加賀りんー」
天龍「まーだ酔っ払ってんのかこいつ」
那智「隼鷹、もしかしてお前・・・」
隼鷹「うぇへへへ・・・」zzz
那智「まあ、いいか。今は、今のままで。そうだろ、隼鷹?」
隼鷹「ぶーぇっくしょーいっ!! うへっ・・・」ズズズ
天龍「おまっ、鼻水ついたじゃねーか! せっかくシャワー浴びたのによぉ!!」
那智「ハッハッハ」
終わり
53:
とりあえず完結です
最初の方でも書きましたがpixivにあがっている「遠征C班」が大好きなのでこんなもん描きました
支援してくださった皆さんありがとうございました
54:
面白かった
5

続き・詳細・画像をみる


【動画あり】90年代のアニソンの良曲貼っていこうぜ

【ジャンプ感想】「食戟のソーマ」 第52話 貞塚ナオ(白)可愛すぎワロタ

たまこまーけっと→たまこラブストーリーに改題して映画化決定 採算とかいうなよ

【画像あり】警察官の新しい補導方法が出会い厨と変わらない件wwwwwwwwwww

今のマニュアル車は、クラッチを踏んでないとエンジンが掛からないこと

米アップル、iPhone6s搭載見込みの新型プロセッサ製造でサムスンと契約締結

back 削除依頼&連絡先