大学院卒の俺が新卒で入社してからの3ヶ月間back

大学院卒の俺が新卒で入社してからの3ヶ月間


続き・詳細・画像をみる

1:
3ヶ月間、高卒や派遣と一緒にライン作業
高卒のババァにすげぇ嫌味言われ、心が折れそうになる
食事は事務所で責任者と食べる
このことを高卒のババァに何故か「あなただけ事務所で食べてるけど、それっていいの?」とか言われる
給料が高卒のババァ基本給17万、俺22万
このことを知ったババァが「大学院卒だからってそんな偉いわけ?」とか抜かす
3:
がんばってお兄ちゃん
4:
なにその罰ゲーム
6:
みてて辛い
わかるよ気持ち
8:
学生時代一度も働いたことなかったから、余計にきつかった
9:
人の上に立ちたいと思う者はまず、人に仕える者でありなさい。
って事をyehoshuaって人が言ってたような言ってなかったような
13:
上に立つ人間は底辺も知らないと
14:
現場見学だろ。だよな。
15:
上長さんや、他のライン作業についてた、派遣さんや正社員さんは良くしてくれた
大学院というものを知らなかったのか、教えたら、偉いねぇとか褒められた
俺はそんなことないですよと笑ってた
また、ババァが「偉いも何も仕事してよね」と
正直最初のうちは怒りを覚えてたが、だんだん怖くなってきた
21:
メンタル弱すぎワロタ
絶対辞めるわ
22:
なんで半年近く経ってから立てたのか
24:
食事を一緒にしてる事務所の方々は、その工場内の責任者であって、俺の配属予定先とはあまり関係がなく、俺は大事にされてた
ラインについても、俺だけは時折抜けて、他にも教わっていた
だがババァはそれが甘やかされてると思ったらしく、キレた
俺はすみませんと謝って、上長が仲裁に入ってその場を収めた
29:
ああ研修的なあれか
ビックリした
31:
生理的に合わないとかそんな感じかな
相性あるし頑張って
33:
最初の一ヶ月は残業をせず、定時上がりが原則だった
正直立ち仕事で毎日足が棒のようで、肩こりというものもこの時から覚え始めた
2ヶ月目からは、1.5時間の残業をするようになった
ただそれは不具合の出た理由及び対策案、作業効率を上げる方法、生産台数の管理、ラインの作業員の出勤表を作ったりと、事務仕事だった
ババァはそれを知らず文句を言ってきた、俺が事務仕事をしてるといえば、「生産間に合ってないのにじむしごと?! 信じられない」
38:
ババァは他の人に笑うのに、俺には笑わない
おそらく俺が心の底から受け付けないのだろう
ババァは愚痴ってたが、俺は愚痴らず必死に耐えた
生産が間に合わないのに事務仕事!?と怒られてから、俺は朝早く出勤し、午前と午後15分づつある休憩中も働き、昼も早く抜けて仕事を始めた
47:
俺は派遣の人たちや正社員さん達に飲み会に誘われた
ババァ(31)も飲み会に誘われた
だが俺も誘われて、参加しますと答えていたのを聞いていたらしく
「俺さん行くの? なら私はいいや」
と断ったらしい
それを俺は他のラインの人に聞いた
さすがに大人の世界でもこんな事があるのかと、残念だった
55:
>>47
そんなのどこの部署でもあるよ
幼稚なまま社会人やってる人なんて立場関係なくいる
それをいちいち気にしてる方も幼いと思う
堂々としてたらここまで小バカにされてないんじゃね?
もっと自分に自信持って仕事がんばれ
50:
なんで同じ立場なのにさんづけなんだろう
53:
残業中、上長さんに事務で話しかけられた
「俺くん、ババァさんに気に障ることした?」
そんなの心当たりない、毎日毎日怒られては改善していった
俺は首を横にふった
「そうか、なんかババァさんがすごい、あの子他のとこに移せないの?って言ってくるからさ、なんかしたかなぁと思って」
そうかババァは本当に嫌いなんだ
54:
31でババアとかお前何様だよ
56:
ふとツンデレルートが浮かんだ
http://amazon.co.jp/o/ASIN/B0016FYCW0/kini-bosatsu-22
57:
ババアの嫌味はもはや精神攻撃のレベルだからな
このままいくと>>1はノイローゼとか鬱になるぞ
ボイスレコーダ隠し持っておけ
60:
怖さなど超えて、どうでも良くなった
考えるだけ無駄
仕事もできるようになった
俺は休憩も全部取るようにした
あと2週間
ババァは生産台数間に合わない、どうなってんの?!、管理できてんの?! と机を叩いて怒鳴った
いつも、人が退いてから怒ってたのにな
こんな人がいる所で怒ったのは初めて
周りも手を止めて、息を荒らげて怒るババァを見て驚いた
ヒソヒソとうわさ話もたち、上長も急ぎ足で駆けつけた
73:
上長さんはどうしたとババァをなだめた
「この子のせいで!生産台数おいつかないじゃないの!! 変えてっていったのに!」
上長さんは
「まぁまぁ、俺くんも頑張ってるんだから」
ババァは何故か目を真っ赤にして
「おかしいじゃないの! なんでこんな仕事もできないこの方が評価が高いの?! 私だってがんばってるのに!」
このババァが俺を嫌ってるのは、これが理由かと………分かった
俺はその言葉にふと、鼻で笑ってしまった
ババァを逆撫でする行為だったが、笑えるものは仕方ない
俺は
「……努力をしなかった自分が悪いとは思いませんか? 私はこうなれる用に努力しましたが、あなたは?どうですか?」
89:
大学院いいよなぁ。大学院に行くか国立病院からオファーが来てるからそっちに就職するか迷う
100:
ババァは大声で
「努力?!あなたよりしてます?!! 私を馬鹿にしてるの?!!」
上長さん俺の肩を両手で持って、やめてくれと目で訴えてきたが
その手を払った
「馬鹿になんかしてませんよ、その努力の矛先を間違えた自分を悪いと思えといってるんですよ………」
「あんた!あんた!あんたは?! 私を馬鹿にしてるの?!! 仕事もできないの!!」
「してません! 仕事ができない?! 何が出来ないんですか?! この前はやれと言って、やったら、なんでそんなふうにやるの?!と怒りましたが、だったら最初からそう教えてくれませんか!?」
続けて
「同じ事をやれと言ったりやるなと言ったりどっちですか?! あなたの心なんて読めません!」
さらに
「他の人には優しく接するのに、あなたは私だけに態度が違う、真逆だ! 差別ですか?! 私だって不満はたまりますよ! 毎日毎日怒られて、黙っていたらつけあがる! 事が起こってからだと、あなたは理解できない人間なのか!」
俺、終った
108:
>>100
あかんな
相手のレベルまで落ちて言い合いするなんて
24なんていい大人なんだから
理不尽があろうと抑えろよ
プライベートならまだしも仕事なんだから
103:
現場でキレたら役職は無理やろうなぁ
124:
管理職コースに行くための研修なんだろ?
そう思ってればこんな喚きなんてエアコン程度のノイズだろ
125:
俺は責任者に事務所に連行されるやいなや、すぐに頭下げた
「頭を下げる前に、話を聞かせてくれないか?」
話そうとしたら、上長さんがやって来た
「俺くん、悪かったな……」
「上長、なんでああなったのか分かってるのか?」
「えぇ……ババァさんは少し責任感の強い人でして……」
俺と上長さんの話を聞いた責任者は、
「俺くん、アルバイトもしたことないんだっけ? まぁねそういう人も世の中にはいるんだよ」
続けて
「何のために私達がいる、そういった時は耐えるんじゃなくて、私でも上長でもいい、相談するんだ」
さらに
「耐えて何もしないより、相談してみて、対策してもらったりしたほうが、いいだろ? 」
上長も軽く俺の肩叩いて
「任せとけ」
俺は
また頭下げた
131:
それからババアは大人しくなった
上長さんが強く言ってくれたらしい
周りは以前と変わりなく接してくれる
ただ、ババアに対しては少しばかり距離を取る人が増えた
上長が周りからその後どうなったか訊ねられ、話してしまったらしい
そんなこんなで俺は、3ヶ月間の研修を終えたのだった
終わり
134:
こういうバイトもしたことない奴がいるから糞みたいな現場研修やらんといけねぇんだよな
138:
>>134
底辺の存在は知ってても、現場の状況は会社によって違うから研修は必要じゃないかな
137:
大手なら工場研修とか結構あるぞ
期間はマチマチだけど
配属は関係ないことが多い
148:
相手のレベルに合わせるな
これ重要
155:
しっかり勉強していい社会人になってゆくゆくは新人を助けてやれる立場に成長しろよ
俺は明日もポケモンやるけどな!
15

続き・詳細・画像をみる


神木隆之介くんの子供の頃の画像wwwwwwwwwww 天使すぎワロタ

韓国人は、内閣が変わるたびに違うことを言って混乱させる日本の「ゲーム」にうんざりしてきた

下世話!この話はオシマイ!とふぁびょる義弟嫁にピンときたのか、問い詰める義弟

プーさん仕上がりは順調。万全の状態で開幕へ。

焼酎4リットルを一週間で消費してしまう件についてお前らに意見を伺いたい

お値段100万円!金メッキのXbox One、高級デパート「ハロッズ」で販売

back 削除依頼&連絡先