夏海「名探偵っスか!?夏海ちゃん!」back

夏海「名探偵っスか!?夏海ちゃん!」


続き・詳細・画像をみる

4:
夏海「夏海ちゃんは近所でも評判の美人中学生だよ」
夏海「この世のすべての犯罪者は」
夏海(たとえ転校生だろうが小学5年生だろうが)
夏海「決して容赦することなく警察に通報するくらいの心構えだよ」
5:
■学校で大事件!
「キャー」
夏海「今の悲鳴は事件!?」
蛍「夏海センパイ!すぐに行きましょう!」
小鞠「うぅ…」グスグス
蛍「センパイ!?」
夏海「どうしたの?姉ちゃん」
夏海「…まさか、机の中に小吉さんの死体でも入れられたの?」
蛍「夏海センパイ!発想が怖いですよ!」
夏海「世の中はすさんでいるから、何があっても不思議じゃないんだよ。ほたるん」
蛍「…はぁ…そうなんですか」
7:
小鞠「うぅ…」ポロポロ
蛍「よしよし、大丈夫ですか?センパイ。何か盗まれたりしたんですか?」
夏海「そうなの?何か盗まれたの?」
小鞠「私のスクール水着が盗まれたの…うわぁぁん。お母さんに怒られるーー」グスグス
蛍「なんて羨ま…許せません!女の敵です!」
蛍「ですよね!夏海センパイ!」
夏海「…」
蛍「!?」
8:
犯人は一体誰なんだ・・・さっぱりわからない・・・
10:
蛍(夏海センパイの顔が赤くなってきている!?)
蛍(これは夏海センパイのインスピレーションが働いた証!)
蛍(この特徴から夏海センパイは別名『ブラコンなっつん』と呼ばれ、人気が100倍くらい上昇してしまう必殺技!)
蛍(まぁ、0に何倍掛けても0なんだけどね)
蛍(しかし、こうなった時の夏海センパイの推理力から、逃げられる犯人なんていない!)
蛍「さあ、はじまりますよ!夏海センパイの名推理が!!!」
れんげ「ねえねえ、ほたるんは何で顔にスクール水着を被ってるの?」
蛍「これはね、顔に被ると気持ちいいからだよ」
れんげ「なるほどなんー」
ピーポーピーポー
蛍「…」
夏海「…」
れんげ「ほたるんどこに行ってしまうのん?」
13:
■のぞきなんて最低だ!
「キャー」
夏海「悲鳴!?事件だ!?」
スタスタスタ
夏海「ほたるん?どうしたの?」
蛍「夏海センパイ!事件ですよ!」
夏海「何があったの?姉ちゃん」
小鞠「覗きがいたの!お母さんは『小鞠が覗かれるわけないでしょ?』って信じてくれないけど、夏海は信じてくれるよね!」
夏海「へぇ?…」ジー
蛍「なっ、ちがっ。私じゃありません!確かに前科はありますけど!」
小鞠「今回は蛍じゃないよ。犯人は逃げる途中『のん!のん!』って言っていたから…」
16:
夏海「『のんのん』か…普通に考えれば、れんちょんだけど…」
夏海「姉ちゃんのあまりにもショボイ裸を見て『ありえないのん!のん!』って言ってたかもしれないし…」
小鞠「姉に向かってなんだと!謝れ!謝れ!」
蛍「その線はないと思いますよ。小鞠センパイの一糸まとわぬ姿は鼻血物ですので!」
小鞠「蛍……ありがとう」
蛍(センパイがお礼を…よし!夏海センパイに頼らずに私が頑張らないと!)
17:
蛍「真面目に考えてくださいよ!夏海センパイ!」
蛍「そもそも覗きなんて許せない事ですよ!」
蛍「しかも捜査をかく乱させるために、東京出身の転校生が、地元の人間に見せかけるために『のん!のん!』って言うなんて卑劣です!」
蛍「そうです!覗きなんて最低で卑怯な行いなんです!」
夏海「…」
ピーポーピーポー
蛍「…」
夏海「…」
れんげ「うちもパトカーに乗りたいん!」
一穂(先生)「また今度ね」
れんげ「楽しみにしてるのん!」
18:
■夏海ちゃんの名推理
小鞠「うわぁぁぁん。悪質なストーカーから、いやらしい手紙が来たー」ポロポロ
夏海「な、なんだって!?」
蛍「私の結婚相手に何て事を!許せない!!!」
--------------------------------------------
小鞠センパイへ
今日センパイのお風呂に突撃します
ウエヘヘへへへへへへへへへへへ
   一条 蛍
--------------------------------------------
ピーポーピーポー
蛍「…」
夏海「…」
21:
さすがクレイジーサイコレズだ
22:
■犯人っスか!ほたキチくん!
夏海「最近、事件がなくて暇だなぁ?」
夏海「ちょっと首をとっちゃおうよ。ほたキチくん」
蛍「いやですよ!どんな酷い事件ですか!?」
蛍「って、何ですか!ほたキチくんって!?」
蛍「まるで『ほたるん+キチガイ=ほたキチ』って言っているみたいじゃないですか!」
夏海「うん、そだよ」
蛍「なっ!?」
一穂「キーンコーンカーンコーン。はい静かにしてねー」
24:
一穂「最近、学校の近辺で露出魔が出没してるんだってー」
一穂「何かあったらすぐウチに教えてねー」
蛍「ほ、ほら!事件ですよ!夏海センパイ!」
夏海「…」
蛍「何やらハレンチな事件ですよ!」
夏海「露出魔か…犯人はほたるんじゃないの?」
蛍「違いますよ!そんななんでもかんでも私じゃないですよ!」
蛍「止めてくださいよ!もうっ失礼ですよ!」
28:
一穂「ちなみに、こまちゃんがずっと被害にあってるんだって」
一穂「こまちゃん。辛いだろうけど、その時の事を少し話してくれない?」
小鞠「はい」
小鞠「えーと…その…」
小鞠「全裸の蛍が半笑いで家の前まで着いてきました」
夏海「…」
蛍「はぁ…また私ですか。参りましたね、どうも」
31:
■盗難事件を推理!
夏海「最近、事件がなくて暇だなぁ?」
蛍「平和が何よりですよ。センパイ」
夏海「ちょっと屋上からアイキャンフラーイやってみてよ。ほたるん」
蛍「…あいきゃん?…英語ですか?」
夏海「ちょっと屋上から飛び降りてみてよ。ほたるん」
蛍「事件以前に自殺じゃないですか!推理する必要性がありませんよ!?」
夏海「ウチ、推理より警察に通報する方が好きになってきたんだ」
蛍「い、嫌な名探偵ですね…」
「キャー」
夏海「事件!?」
33:
蛍「どうしたんですか!?小鞠センパイ!?」
小鞠「私の縦笛の先端部分が盗まれたの!」
小鞠「新しいの買うとお母さんに怒られる…うわぁぁぁん」
蛍「先端部分のみを!?あんなことやこんなこと…じゃなくて、一体なんのために!?」
蛍「これは奇妙な事件ですね!夏海センパイ!」
夏海「…」
蛍(夏海センパイの顔が赤くなってきている!?)
蛍(これは夏海センパイのインスピレーションが働いた証!)
蛍(この特徴から夏海センパイは別名『ブラコンなっつん』と呼ばれ、人気が100倍くらい上昇してしまう必殺技!)
蛍(でも、ぶっちゃけ人気なんてどうでもいいよねっ♪)
35:
夏海「…」
蛍(もしかして…夏海センパイ!もうすでに犯人の目星が!?)
蛍(一体誰なんですか!?夏海センパイ!?一体誰がセンパイの!?)
蛍「一体誰を犯人と睨んでいるんですか!?」クチャクチャ
夏海「…」
れんげ「ほたるんの口の中に笛が入ってるのん」
ピーポーピーポー
蛍「…」
夏海「…」
れんげ「ほたるんーあとで面会に行くかんなー」
37:
■夏海ちゃん事件はスピード解決!
小鞠「夏海ー助けてー!悪質なストーカーが追いかけてくるの!」
夏海「なんだって!?」
蛍「エヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘ//」
蛍「センパイーーーーーーーーーーお医者さんごっこしましょーーーー」
蛍「大丈夫ーーーーー子供のする事ですからーーーー」
蛍「フヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘ//」
ピーポーピーポー
蛍「」
38:
■夏海ちゃん 朝から事件解決!
夏海「最近、事件がなくて暇だなぁ?」
夏海「ちょっと舌を噛み切っちゃおうよ。ほたキチくん」
蛍「嫌ですよ!平凡な毎日を享受しましょうよ、夏海センパイ」
夏海「き、享受?」
兄「」
小鞠「ほ、本当に!?」
れんげ「にゃんぱすー」
蛍「あれ?みんな何か盛り上がってますよ?」
夏海「何かあったのかな?」
41:
蛍「小鞠センパイ、何を話してるんですか?」
小鞠「今度、高校生が転校してくるんだって。それを噂してたの」
蛍「夏海センパイ転校生らしいですよ」
夏海「…」
蛍(夏海センパイの顔が赤くなってきている!?)
蛍(これは夏海センパイのインスピレーションが働いた証!)
蛍(この特徴から夏海センパイは別名『ブラコンなっつん』と呼ばれ、いつの間にか、小鞠センパイより人気があがってしまう必殺技!)
蛍(でも、私の中では小鞠センパイがナンバーワン♪)
蛍(あれ?でもまだ事件は起きてないよね?)
蛍(…)
蛍「ハッ!」
蛍(もしかして、転校生に事件の匂いを感じて…?)
蛍(一体どんな事件が起きるの!?)
43:
夏海「…」
小鞠「ちょっと蛍!やめてっ。こんな真昼間から//」
れんげ「ほたるんがこまちゃんのスカートの中に、頭を突っ込んでるのん!」
蛍「くんかくんか」ハァハァ
………
蛍「ちょっ、違いますよ!私は変態ではありませんよ!」
夏海「電話は…確か職員室に…」
蛍「なっ!通報しないでください!」
44:
蛍「私はただ…小鞠センパイのスカートの中にコスモを感じただけで…」
蛍「それを匂ったり見たりすると、なぜか興奮してしまうことに気付いただけなんです」
蛍「信じてください!それだけなんです!」
小鞠「蛍…」
夏海「…」
蛍「変態じゃありません…仮に変態だとしても、変態と言う名の淑女ですよ」
蛍「だから、通報するのはやめてください!」
45:
夏海「でもウチは通報するのが好きで探偵やってるから」
蛍「お願い!止めてください!こんな事でイチイチ警察を呼んでいたら…」
蛍「もう家とかトイレとかお風呂でしか、センパイを感じる事ができないじゃないですか!」
小鞠「ねえ、夏海。許してあげようよ。反省しているみたいだし」
夏海「う?ん…」
夏海「じゃあ、今日一日、蛍の生活態度を見て真面目に大人しくしていたら」
夏海「飢えた怪しいロリ大好きおじさんが、たくさんいる山奥の小屋に引き渡すのはやめてあげるね」
蛍「どこですかそれ!?警察でしょ!?」
46:
■夏海ちゃんと転校生の推理対決!
一穂「転校生を紹介するよー」
このみ「富士宮このみです!特技は推理で、前の学校では名探偵って呼ばれてたよっ!」
蛍「このみさんが探偵!?」
蛍「大変ですよ!センパイ!ライバル登場ですよ!」
夏海「へぇ?」
………
小鞠「名探偵だったなんて、このみちゃんすごい!」
このみ「そんなぁ?、大した事ないってばー」
兄「」
れんげ「前の学校ではどんな事件を推理したのん!?」
このみ「あははは。駄菓子屋殺人事件とかかなー?」
小鞠「こわっ」
48:
夏海「一気にクラスの人気者だ。さすがこのみちゃん」
夏海「お姉さんタイプだから、姉ちゃんの憧れでもあるみたいだし」
蛍「ですねー。早く鬱SSとかで死なないかなーこのみさん。寿命まだつきないのかなー」
夏海「それにしてもこのみちゃんの推理力を是非見てみたいなー」
夏海「そうだ!」
夏海「ほたるんほたるん、校庭の隅で白骨化してよ」
蛍「い、嫌ですよ!死んじゃうじゃないですか!」
夏海「じゃあ、ミイラ化してみよう!」
蛍「『じゃあ』の意味がわかりませんよ!」
49:
このみ「こんっっっにっちはー!!」
蛍「きゃっ…びっくりしました」
このみ「あははは。ごめんねぇー。ところでなっちゃん」
夏海「?」
このみ「なっちゃんもこの学校では探偵やってるんでしょ?」
夏海「そだよ」
このみ「ぜひ一度、推理対決してみたいよねー」
夏海「でも、事件がないし…早くほたるんがミイラ化しないかなー?」
蛍「待たれても困ります!」
51:
小鞠「あっ、事件と言えば…さっきかず姉が『あれー?防犯カメラがなくなってるー』って言ってたよ」
蛍「それです!さすがセンパイ!」
蛍「良かったですね!夏海センパイ!事件、事件ですよ!」
夏海「…」
蛍(夏海センパイの顔が赤くなってきている!?)
蛍(これは夏海センパイのインスピレーションが働いた証!)
蛍(この特徴から夏海センパイは別名『ブラコンなっつん』と呼ばれ、人気が100倍くらい上昇してしまう必殺技!)
蛍(…そういえば最近、お義兄さんの出番が少ないな?)
夏海「?//」カァー
蛍(夏海センパイが完全に真っ赤に!?まさか事件の真相が!?)
53:
蛍「ふふっ。このみさん。どうやらこの勝負は夏海センパイの勝ちのようですね」
このみ「」ニコッ
蛍(このみさんが凄い笑顔に!?)
蛍(…)
蛍(そういえば、聞いたことがある)
蛍(高校生にはインスピレーションが働くと、すっごく笑顔になってしまう名探偵がいるって)
蛍(その特徴から別名『可愛いよこのみちゃん可愛い』と呼ばれ、BDの売上が上昇してしまう必殺技!)
蛍(まさかこのみさんが、その高校生だったなんて…)
蛍(しかし、これで面白くなってきたかも…)
蛍(学校の防犯カメラをめぐって、二人の名推理が!)
蛍「一体この勝負どっちが勝つというんですか!?」
れんげ「ほたるん、なんで地べたに這いつくばって、こまちゃんのスカートの中を撮影してるん?」
54:
ピーポーピーポー
蛍「…」
夏海「…」
このみ「…」
蛍「ふぅ…見事な推理でした。でも一つだけ見落としている事がありますよ」
夏海「あれ?何か見落としてたっけ?」
蛍「私もまた…」
蛍「小鞠センパイのパンツ…コマパンに踊らされた…」
蛍「ただの犠牲者の一人にすぎないということを…ね」
55:
■ブルマー泥棒許すまじ!
小鞠「夏海ー大変!私のブルマが盗まれたの!」
夏海「なんだって!?」
夏海「…」ジー
蛍「なっ!?私を見ないでくださいよ!」
蛍「もしかして、ピュアな小学生を疑ってるんですか!?」
夏海「ウチの推理では500%ほたるんが犯人なんだよね」
蛍「そんな!?」
56:
夏海「早く返せば通報は勘弁してあげるから」
蛍「違います!持ってませんよ!今回は本当に私じゃないんですよ!」
夏海「…」
れんげ「ほたるんがブルマを頭に被ってるの!グレートマンの真似なのん!?」
蛍「ふふっ。ね?持ってなかったでしょ?」
ピーポーピーポー
蛍「」
58:
■夏海ちゃんこのみちゃん協力して事件解決!
小鞠「しくしく」ポロポロ
蛍「どうしたんですか!?センパイ!?」
小鞠「実は昨日、私の家に泥棒が…」
夏海「…」
このみ「…」
蛍「いやいや、今回ばかりは私じゃありませんよ!」
小鞠「盗まれたのは私の靴下…」
蛍「何という事を…私の大好きな小鞠センパイの靴下を!」
蛍「今度という今度は許せません!」
蛍「犯人は絶対に変態です!」
蛍「変態と言う名の淑女ですよ!!!!!」
59:
れんげ「あれ?ほたるんのほっぺたが膨れてるのん。虫歯なのん?」
蛍「え?これは、靴下を口の中に入れてるんだよ?」ムシャムシャ
れんげ「ぇ…何で靴下を…?」
蛍「えへへ。とっても美味しいんだよ♪幸せな味なんだっ♪」
夏海「…」
このみ「」ニコニコ
61:
 
ピーポーピーポー
蛍「見事な推理でしたよ。夏海センパイ。このみさん」
夏海「…」
このみ「…」
蛍「でも私もまた…靴下に踊らされた」
蛍「ただの犠牲者の一人にすぎないんですよ」
小鞠「蛍…」
  終わり
65:
これにて終わりになります。
こんな時間まで読んでくれてありがとうございました!
また、機会があればよろしくお願いします!
6

続き・詳細・画像をみる


【時間厳守】5分前集合ってマジで日本の悪しき風習だよな

全人類の希望の光源「池田大作全集」が26年連続ベストセラー 全集部門第1位

内祝いの半返しをしない人は泥棒と一緒。+αのお返しをするのが日本人の美徳なのに

【科学】「宇宙の崩壊はすでに始まっている。」デンマーク大学[12/13]

『のんのんびより』トーク&ライブのスペシャルイベント「にゃんぱす祭りなのん♪」開催決定!BD/DVD1巻購入者を対象に先行抽選販売を実施

貧乏でもないのに大学行くときに奨学金借りるように親に言われてびっくりした

back 削除依頼&連絡先