英誌が選ぶ「原作を超えた映画ベスト50」back

英誌が選ぶ「原作を超えた映画ベスト50」


続き・詳細・画像をみる


 英Total Film誌が、原作を超えた映画50本をランキングした。
第1位に選ばれたのは、フランク・ダラボン監督がスティーブン・キングの
中編小説「霧(原題:The Mist)」を映画化した「ミスト」(2007)。激しい嵐が
過ぎ去った町に不気味な深い霧が立ち込め、住民たちは身動きが
取れなくなってしまう。やがて霧の中に潜んだ正体不明の生物が彼らを襲いはじめ……。
「ミスト」の原作とは異なる衝撃のラストには、原作者キングも称賛を送っている。
また、見たあとに落ち込む鬱映画の傑作としても広く知られている。
ベスト20までは以下の通り(タイトルのあとは原作者名。
映画と異なる場合のみ原作邦題を付記)。
1.「ミスト」(2007)/スティーブン・キング「霧」
2.「きみに読む物語」(2004)/ニコラス・スパークス
3.「The Painted Veil(原題)」(2006・日本未公開)/サマセット・モーム「五彩のヴェール」
4.「ダイ・ハード」(1988)/ロデリック・ソープ
5.「ティファニーで朝食を」(1961)/トルーマン・カポーティ
6.「ファイト・クラブ」(1999)/チャック・パラニューク
7.「ミーン・ガールズ」(2004)/ロザリンド・ワイズマン「Queen Bees and Wannabees」(邦訳なし)
8.「ジュリー&ジュリア」(2009)/ジュリア・チャイルド自伝&ジュリー・パウエルの同名原作
9.「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」(2007)/J・K・ローリング
10.「ジュラシック・パーク」(1993)/マイケル・クライトン(>>2以降に続きます)
ソース:eiga.com
http://eiga.com/news/20131202/3/
画像:http://image.eiga.k-img.com/images/buzz/41041/themist_large.jpg
2
(>>1からの続きです)
11.「プラダを着た悪魔」(2006)/ローレン・ワイズバーガー
12.「ノーカントリー」(2007)/コーマック・マッカーシー「血と暴力の国」
13.「L.A.コンフィデンシャル」(1997)/ジェームズ・エルロイ
14.「ジョーズ」(1975)/ピーター・ベンチリー
15.「羊たちの沈黙」(1991)/トマス・ハリス
16.「博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて
水爆を愛するようになったか」(1964)/ピーター・ジョージ「破滅への二時間(赤い警報)」
17.「トゥモロー・ワールド」(2006)/P・D・ジェームズ「人類の子供たち」
18.「ロード・オブ・ザ・リング」3部作/J・R・R・トールキン「指輪物語」
19.「サイコ(1960)」/ロバート・ブロック
20.「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」(2009)/スティーグ・ラーソン(了)
81
21位以下はこちら
http://www.totalfilm.com/features/50-movies-that-were-better-than-the-books/crouching-tiger-hidden-dragon-2000
「レ・ミゼラブル」が25位、「ブレードランナー」が34位、など。
「西部戦線異状なし」とか、「Uボート」とか、ソ連版「戦争と平和」とか、入ってないのナ。
38位に「フル・メタル・ジャケット」が有るけど。
174
オマケ。
21. Crouching Tiger, Hidden Dragon(2000)グリーン・デスティニー:王度廬『臥虎蔵龍』※たぶん、邦訳ナシ
22. The Curious Case Of Benjamin Button (2008)ベンジャミン・バトン 数奇な人生:F・スコット・フィッツジェラルド『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』
23. Slumdog Millionaire (2008)スラムドッグ$ミリオネア:ヴィカス・スワラップ『ぼくと1ルピーの神様』
24. Forrest Gump (1994)フォレスト・ガンプ/一期一会:ウィンストン・グルーム『フォレスト・ガンプ』
25. Les Misérables (2012)レ・ミゼラブル:ヴィクトル・ユゴー『レ・ミゼラブル』
26. Interview With The Vampire (1994)インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア:アン・ライス『夜明けのヴァンパイア』
27. Adaptation (2002)アダプテーション:スーザン・オーリアン『蘭に魅せられた男 驚くべき蘭コレクターの世界』
28. Stand By Me (1986)スタンド・バイ・ミー:スティーヴン・キング『恐怖の四季/死体』
29. The Godfather (1972)ゴッド・ファーザー:マリオ・プーゾ『ゴッドファーザー』
30. The Graduate (1967)卒業:チャールズ・ウェッブ『卒業』
31. Gone Baby Gone (2007)ゴーン・ベイビー・ゴーン:デニス・レヘイン『愛しき者はすべて去りゆく』
32. Sense And Sensibility (1995) いつか晴れた日に:ジェーン・オースティン 『分別と多感』
33. Mystic River (2003)ミスティック・リバー:デニス・ルヘイン『ミスティック・リバー』
34. Blade Runner (1982)ブレードランナー:フィリップ・K・ディック『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』
35. Mrs Doubtfire (1993)ミセス・ダウト:アン・ファイン『ミセス・ダウト』
178
オマケその2
36. Casino Royale (2006)007 カジノ・ロワイヤル:イアン・フレミング『007/カジノ・ロワイヤル』
37. Thank You For Smoking (2005)サンキュー・スモーキング:クリストファー・バックリー『ニコチン・ウォーズ』
38. Full Metal Jacket (1987)フルメタル・ジャケット:グスタフ・ハスフォード『フルメタル・ジャケット』
39. Kes (1969)ケス:バリー・ハインズ『ケス 鷹と少年』
40. The Thing (1982)遊星からの物体X:ジョン・W・キャンベル『影が行く』
41. Jackie Brown (1997)ジャッキー・ブラウン:エルモア・レナード『ラム・パンチ』
42. The Prestige (2006)プレステージ:クリストファー・プリースト『奇術師』
43. Drive (2011)ドライヴ:ジェイムズ・サリス『ドライヴ』
44. Misery (1990)ミザリー:スティーヴン・キング『ミザリー』
45. An Education (2009)17歳の肖像:リン・バーバー『AnEducation(2009)』※たぶん、邦訳ナシ
46. The Firm (1993)ザ・ファーム 法律事務所:ジョン・グリシャム『法律事務所』
47. Cape Fear (1991)ケープ・フィアー:ジョン・D・マクドナルド『ケープ・フィアー―恐怖の岬』
48. To Kill A Mockingbird (1962)アラバマ物語:ハーパー・リー『アラバマ物語』
49. Out of Sight (1998)アウト・オブ・サイト:エルモア・レナード『アウト・オブ・サイト』
50. Donnie Brasco (1997)フェイク:ジョセフ・ピストーネ『フェイク マフィアをはめた男』
書名は邦訳タイトルで記述。
Amazon調べで絶版多数(35位とか50位とか)。
週一で原作読んで映画見て、一年楽しめる訳っすナ。
スケルトン・クルー〈1〉骸骨乗組員 (扶桑社ミステリー)
(1988/05)
スティーヴン キング
商品詳細を見る
7
スティーブン・キングは原作通りやってもらえたの見たことないぞ
10
>>7
自ら、「地獄のデビルトラック」を…
11
>>7
シャイニングTV版ってのがあるぞ
キング自ら指揮取ってるからだが
390
>>7
スタンドバイミー
キャリー
ミザリー
は、かなり原作に近かったと思う
ドリームキャッチャーは原作もマジキチなのに映画版ではさらにキチ成分だけ抽出したような内容で
ラストも原作と違ったけど
キングは「このラストのほうがいい」と喜んだとか ミストもそうだね
15
ジョーズって原作あったのか
529
>>15
結構大ヒット小説だよ
DVDの特典でなんとなくわかるよ
ジョーズ (ハヤカワ文庫 NV イ 1-14)
19
ブレードランナーが入ってないな
あれは原作もいいが、映画はそのテーマを超えていると思う
アンドロイドは電気羊の夢を見るか? (ハヤカワ文庫 SF (229))
(1977/03/01)
フィリップ・K・ディック
商品詳細を見る
22
指輪物語は小説の方が良いだろ
新版 指輪物語〈1〉/旅の仲間〈上〉
(1992/05)
J.R.R. トールキン、J.R.R. Tolkien 他
商品詳細を見る
337
>>22
トム・ボンバディルがでないんだよな映画版
トム・ボンバディルこそがあの世界の創造主なのにw
748
>337
トムはチートだから出したら駄目だろ。
31
時計じかけのオレンジは?
原作の蛇足な終章を切り捨てているのが良い
時計じかけのオレンジ 完全版 (ハヤカワepi文庫 ハ 1-1)
(2008/09/05)
アントニイ・バージェス
商品詳細を見る
36
刑務所のリタ・ヘイワース(ショーシャンクの空に)がないとかにわかかよ
ゴールデンボーイ―恐怖の四季 春夏編 (新潮文庫)
(1988/03/30)
スティーヴン キング
商品詳細を見る
68
映画版のシャイニングが面白すぎて、
後のキングの作風にも影響を与えている気がする。
映画化を意識した作りになってるような。
74
>>68
でもキングは「シャイニング」を観て、
「キューブリックはホラーをまったく解ってない 俺が本物を見せてやる」
と言って作ったのが、「地獄のデビルトラック」だった。
88
キングに比べて、クーンツの映像化はクソみたいなのしかないな
111
SFが多いな。人間の内面を描くことに関して映像表現のような現示性による
曖昧さには陥らず言葉でダイレクトに語れる小説は優位な立場にあるが、
SFってのは作家が人間なんか区別つきゃそれでいいんだとばかりに
アイデアやプロットのみ全精力を傾けて書かれることが多いから、ぺらぺらの登場人物が
映画化されて役者により肉付けされると原作を超えやすいのかね。
この場合は超えるというより補完に近いが。
186
タルコフスキー「惑星ソラリス」(レム「ソラリスの陽のもとに」),「ストーカー」(A&Bストルガツキー兄「路傍のピクニック」)とかも
マイナーかな?
188
>>186
ソラリスは、原作者のレムを怒らせてた
超える超えないではなく、全くの別物
私はどっちも好きだけど
ソラリスの陽のもとに (ハヤカワ文庫 SF 237)
(1977/04)
スタニスワフ・レム
商品詳細を見る
195
ただの辛気臭い話をあれだけの痛快底抜けモンスター映画に仕立て上げたスタQの
『シャイニング』が入ってないとか糞ランキングにも程がある
シャイニング〈上〉 (文春文庫)
(2008/08/05)
スティーヴン キング
商品詳細を見る
340
一番は猿の惑星じゃないのか?
猿の惑星と言えば100人が100人思い浮かべる”アレ”が原作には無い。
あの衝撃のラストシーンでこの作品は映画史に残ったようなもんだ。
無ければただのゲテモノ映画として忘れ去れたかもしれない。
猿の惑星 (創元SF文庫)
(1968/07)
ピエール・ブール
商品詳細を見る
569
>>340
このお題なら「猿の惑星」は間違いなく上位だよな
ただ、個人的にはラストよりも「あの惑星の人間は喋るだけの知能のない生き物」という設定変更を高く評価したい
実際、バートン版では普通に人間が猿と喋れちゃうので、全然物語に緊迫感が無いんだよなぁ
461
ジュラシックパークの映像は、当時では本当に凄かったと思う。
映画館で、あれほど衝撃を受けたことはないってくらい、
圧倒的なインパクトがあった。。。
まぁ、自分基準+思い出補正かもしれんが。
ジュラシック・パーク〈上〉 (ハヤカワ文庫NV)
(1993/03)
マイクル クライトン
商品詳細を見る
619
羊たちの沈黙は映画は確かに良かったが、原作はもっと面白かったぞ
羊たちの沈黙(上) (新潮文庫)
(2012/01/28)
トマス ハリス
商品詳細を見る
671

続き・詳細・画像をみる


弁当屋で女の子に和んだ

100円の包丁とは思えない変貌ぶりに驚愕!!100円包丁でカスタムナイフを作ってみた!!

【速報】カンジャニが麻薬で逮捕wwwwwwwwwwwwwww

地方底辺国立大学に進んだ結果wwwww

しりとりで100までちゃんと繋がったら秘蔵の写真うpする

昨今のアニメブームを作ったキッカケって、間違いなく2006年放送の「涼宮ハルヒの憂鬱」だよな

back 削除依頼&連絡先