日向創「暇だから安価で行動するか……」back

日向創「暇だから安価で行動するか……」


続き・詳細・画像をみる

1:
日向「やることねーな……」
日向「>>5でもするか」
5:
未来のダンガンを子宮に注ぎ込む
ダンガンロンパ1・2 Reload 超高校級の公式設定資料集 -再装填- (ファミ通の攻略本)
----------------------------------------------------------------------------
6:
日向「未来のダンガンを子宮に注ぎ込むか……」
日向「相手が必要だな……」
日向「>>9に頼んでるか」
9:
澪田
10:
日向「澪田に頼んでみるか」
――――――
――――
日向「でも……」
日向「普通に頼んで了承を得られるだろうか」
日向「作戦を考えなきゃな」
日向「>>13をしてみよう」
11:
土下座
12:
告白
13:
告白
14:
うっきゃー!イイっすねー!
15:
日向「よし! 告白だ! 告白をしよう!」
日向「愛のないセックスに意味はない!」
日向「待ってろ! 澪田」ダダダッ
――――――
――――
日向「澪田、急に呼び出してすまない……」
澪田「別にいっすよ?」
澪田「でも、どうしたっすか?」
澪田「珍しいっすよね? 創ちゃんが唯吹を呼び出すなんて……」
日向「そ、そうかな……」
17:
日向(ま、まずい……)
日向(今になって緊張してきてしまった……)
澪田「もしもーし? 聞いてますかー?」
日向(よし!)
日向(とっておきのセリフで告白してやる!)
日向「澪田……」
澪田「?」
日向「>>20」
18:
なぁスケベしようや…
19:
俺の子を産んでくれ
20:
何があっても俺がお前を守るよ
23:
日向「何があっても俺がお前を守るよ」
澪田「……」
日向「……」
澪田「な、なんかの冗談すか?」アハハ…
日向「……冗談に聞こえたか?」
澪田「だって、それじゃあ、まるで……」
日向「……」
日向「告白したつもりだ……」
澪田「……」
日向「返事、聞かせてくれよ」
澪田「>>25」
25:
ヘドバンで勝てたら
27:
澪田「ヘドバンで勝てたら……」
日向「……?」
澪田「ヘドバンで勝てたらオッケーしちゃいます!」
日向「……な、なんで?」
澪田「バンドで一番大事なのは一体感っす!」
澪田「それを唯吹と創ちゃんで楽しむことが出来ないと!」
澪田「唯吹の恋人としては認められないっす!」
日向「わ、わかった……」
澪田「それじゃあ、勝負っすよ!」
日向「おう!」
どうなる? >>30
30:
日向の勝ち
32:
日向「うおおおおおお!」
日向「勝ったああああああ!」
澪田「う、うううう……」
澪田「唯吹、負けちゃったみたいっすね……」
日向「いい勝負だった……。そうだろ?」サッ
澪田「そうっすね……。今回は負けを認めるっす!」ギュッ
澪田「次は負けないっすよ!」
日向「ああ!」
日向「勝ったってことは……」
日向「そういうことでいいのか?」
澪田「……っす」////
日向(よし! 準備は整った!)
日向(しかし、いきなり求めてもいいものなのか?)
日向「>>35」
34:
デート
35:
バンド結成
37:
日向「バンド結成だ!」
澪田「ま、マジっすか!?」
日向「ああ! 俺がドラムをやる!」
澪田「じゃあ、唯吹はギター&ボーカルっす!」
日向「よし! 超高校級の軽音楽部の実力、見せてもらうぜ!」
澪田「見せてやるっす!」
――――――
――――
日向「……」ハアハア
澪田「……」ハッハッ
日向「すげー楽しい……」ニッ
澪田「やっぱり音楽はこうじゃないとっすね……」ニコッ
日向(澪田とバンド活動を楽しんだ)
日向「>>40」
40:
>>39
39:
上着脱げよ暑いし
41:
日向「上着脱げよ暑いし」
澪田「へ……?」
日向「俺は脱ぐぞ」ヌギッ
澪田「……」////
澪田「創ちゃん、な、なにしてるっすか!?」////
日向「あ……? 別にこれくらい普通だろ?」
日向「バンドマンもライブとかでは上半身裸になるだろ?」
澪田「で、でも……」
日向「ほら、澪田も脱げって」
澪田「唯吹、この下、下着しかつけてなくて……」
澪田「さすがに恥ずかしいというか……」
日向「付き合ってるんだから、そんなの気にするなよ」
澪田「うう……」////
澪田「>>45」
45:
脱ぐ代わりに日向も下着姿に剥く
48:
澪田「う……」
日向「……?」
澪田「脱いでも、いいっすけど……」
日向「……」
澪田「創ちゃんも脱ぐこと! これが条件っす!」
日向「あ? 俺はもう脱いでるだろ?」
澪田「そうじゃないっす!」
澪田「……下もっす」////
日向「な……ッ!」////
澪田「……」////
日向「いや、いきなり全裸は……」
澪田「だ! 誰が全裸なんて言ったすか!」
澪田「下着はつけてていいっす……」
日向「むう……」
澪田「嫌なら唯吹は脱がないっす!」
51:
日向「あのなあ!? 俺は別に……」カチャカチャ
日向「お前の下着姿が見たいから言ってるわけじゃないんだぞ!?」スルスル
日向「ただ暑いなって話をしてるだけであってだな……」
澪田「……」
日向「交換条件なんて出されたら……」ヌギヌギ
日向「俺がまるでいやらしいみたいじゃないか!?」スポーン
澪田「しっかり脱いどいてそれはないっす……」
日向「……」////
52:
日向「……」
澪田「……」
日向「……」
澪田「わ、わかったす……」
日向「……ッ!」
澪田「でも! あれっすよ!?」
澪田「いやらしい目で見たらすぐ服着るっすよ!?」
日向「……」コクコク
澪田「……」////
澪田「……」スルッ
53:
日向「おお……」
澪田「な、なんすか……」
日向「お前、肌綺麗だな」
澪田「……ッ!」////
澪田「やっぱり服着るっす!」
日向「な、なんでだよ!?」ガーンッ
澪田「いやらしい目で見たからっす!」////
日向「……」ギュッ
澪田「……」ドキッ
日向「そ、そりゃあ、見ないほうがおかしいだろ」
日向「好きな女の裸見てんだからさ」
澪田「あう……」////
日向「……」
澪田「創ちゃん、ずるいっす……」
日向「>>56」
56:
抱きしめてもいいか?
57:
セックスしたい
58:
もう抱き締めてるやん
59:
徐々に、徐々にだ…
http://www.amazon.co.jp/dp/4087828328/
60:
日向「抱きしめてもいいか?」
澪田「……」
日向「……?」
澪田「やっぱり創ちゃんはずるいっす……」
澪田「断れないってわかってて……」////
日向「……ごめん」ギュッ
澪田「……」////
日向「……」
澪田「創ちゃん、あったかいっす……」
日向「澪田もあったかいよ」
澪田「……っす」ボソッ
日向「……?」
澪田「唯吹でいいっす……」////
63:
日向「……ああ、そうだな」
日向「……唯吹」
澪田「……」////
澪田「あははっ。なんか恥ずかしいっすね」////
日向「自分で言い出しといてそれはないだろ……」
澪田「えへへ……」////
日向「……本当に温かいな、唯吹は」ギュウッ
澪田「んっ……」////
日向「>>66」
66:
>>64
64:
唯吹…お前が欲しい
67:
日向「唯吹…お前が欲しい」
澪田「……」ドキッ
澪田「そ、そんなの駄目っす……」////
澪田「付き合い始めたその日になんて……」
澪田「唯吹、そんなに軽くないっす!」
日向「>>70」
70:
だってお前チャプター3か4で脱落するし…
74:
日向「だってお前チャプター3か4で脱落するし…」
澪田「え……?」
日向「絶望病にかかってさ」
日向「それで、罪木に……」
澪田「は、創ちゃんが何言ってるか、唯吹にはわからないっす……」
日向「それはそうだろうな……」
日向「お前はこの世界の秘密を知らない」
日向「知る前に脱落してしまったんだからな」
77:
澪田「チャプターってなんなんすか……」
日向「お前が知ることはない」
日向「お前の運命はもう決まっている……」
日向「だから、その前に……」
澪田「ひっ……」
バチンッ
日向「痛っ……」
澪田「創ちゃんが何言ってるのかわかんないっす!」
澪田「そんな冗談、聞きたくないっす!」
日向「>>80」
80:
だからこそ、守るって言ってるんだ
的な
81:
日向「だからこそ、守るって言ってるんだ」
澪田「……」
日向「世界が決めた運命に逆らうことは出来ない」
日向「だから、お前がこの世界で生きている間だけでも」
日向「俺が守ってやりたい」
澪田「なんなんすか……。わかんないっすよ……」
日向「わかってもらおうとは思ってない……」
82:
日向「何度繰り返したかわからない」
日向「何度諦めようと思ったかも」
日向「繰り返すたびに思ってた。次こそはって……」
日向「お前にしてみれば、俺なんてあって数日の人間なのかもしれないけど……」
日向「でも、俺がお前のことが好きっていうのは本当なんだ」
日向「お前が命を落とすまでもう日がない」
日向「だから……」
澪田「……」
日向「……すまん」
日向「俺の勝手な言い分だったな……」
86:
澪田「唯吹は……」
日向「……」
澪田「唯吹は本当に死んじゃうんすか……?」
日向「ああ……」
澪田「絶対に……?」
日向「ああ……」
澪田「そう、なんすか……」
日向「……信じてくれるのか?」
澪田「創ちゃんが嘘を言ってるようには思えないっす……」
澪田「それに……」
澪田「好きな人を疑いたくないっす……!」
日向「……」
90:
日向「ごめんな、唯吹……」
日向「守ってやりたいのに……ッ!」
日向「どうしても駄目なんだ……」
日向「どうやっても、お前は死んでしまう……」
日向「殺されてしまう……」
澪田「……」
日向「でも……」
澪田「……?」
日向「必ず、お前を救ってみせるから……ッ!」ジワッ
澪田「創ちゃん……、泣いてるんすか……?」
日向「必ず救ってみせる。必ず……」
澪田「……わかったっす」
澪田「信じて待ってるっすよ、創めちゃん」ギュッ
日向「唯吹……」ギュッ
91:
パンツ姿を想像するとシリアスがギャグになる
92:
――――
――――――
左右田「おい、日向!」
日向「……?」
左右田「澪田のカプセル、開きそうだぞ……」
日向「……ッ!」ダダダッ
――――――
――――
九頭龍「来たか……」
日向「数値に問題はないのか?」
九頭龍「ああ、先に目が覚めたペコ達に問題なかったからな」
九頭龍「恐らく、大丈夫だろうな……」
日向「恐らく、か……」
九頭龍「ふんっ。希望的観測でものは言えねえよ……」
日向「ああ……、そうだな」
93:
九頭龍「信じるほかねえ……」
九頭龍「信じようぜ。兄弟」
日向「ああ!」
ソニア「カプセルが開きます」
――――――
――――
澪田「……」
日向「唯吹!」
澪田「あ……」
日向「唯吹! わかるか!? 俺だ! 日向創だ!」
澪田「……」
澪田は
1.覚えてる
2.覚えてない
コンマ以下奇数で1偶数で2
>>96
96:
こい
99:
澪田「……?」
日向「唯吹……?」
澪田「……」キョロキョロ
日向「……」
九頭龍(ダメか……)
ソニア(記憶の連続性の有無ばかりは……)
九頭龍「日向……」
日向「……良かった」
九頭龍「あ?」
日向「あいつは俺らと違って、あの世界でたくさん怖い思いをしたんだ」
日向「それをあいつは忘れちまってんだろ?」
日向「喜ぶ意外にあるか?」
九頭龍「日向……」
ソニア「日向さん……」
100:
ソニア「でも、澪田さんは日向さんのことも……」
日向「……いいんだよ」
ソニア「……」
日向「あいにく、やり直すのは慣れてる」
日向「でも、今度は無駄になんてならない」
日向「もう、繰り返したりはしないんだからな」
九頭龍「……」
日向「澪田」
澪田「……?」
日向「俺の名前は日向創だ。よろしくな」
澪田「……」ニコッ
      おわり
105:
ニコッ
106:
グヘッ
107:
どうせなら幼体になって飛行機の車輪にしがみつくとかすればいいのに
10

続き・詳細・画像をみる


しまむらで服買ってきたwwwww

【画像あり】ΛV女優成瀬心美さんのスッピン写真キタ━━(゚∀゚)━━!!

今“ツーブロック”がモテる!?女子が選ぶ最新のメンズモテ髪ランキング

【悲報】猪瀬知事の答弁が完全に小学生

俺「ムガデ人間?何これ見てみようww」

キミのために、パソコンも買い換えたんだ

back 削除依頼&連絡先