学生最後の夏休みにカブで日本周ってきた…後編back

学生最後の夏休みにカブで日本周ってきた…後編


続き・詳細・画像をみる


縄文杉見に行くのに往復で8時間ぐらいかかるので朝5時には出発します
最初はね、楽なんだよ。ずーっとトロッコの線路をたどって歩いていくだけ
途中橋とかあったけど柵もなんもねえの
これ落ちたらしんじゃうでしょ
屋久島の森はなんか空気が濃いんだよな。樹液のせいか知らないけどほんっとに空気が甘いんだよ
途中から急に険しい山道になって、更にえげつない豪雨に襲われるけどひたすらひたすら登る・・。
有名なウィルソン株
中から上をのぞくと・・・ハートの形wwwwwろまんてぃっくね
 スポンサードリンク
 
159 :以下、
なんか有名な杉の木とかあったけどあまりの土砂降りに写真撮る気も起きず
ひたすらひたすら森を抜ける。ほんときつい急斜面をひたすらひたすら登っていくと・・・
とうとう現れた!縄文杉!!
写真じゃうまく伝わらないけどめちゃくちゃでけーの。そしてもう木のくせしてオーラとかあんのよまじでwwww
なんか日本の木の王にあった感じでしたwwwwww
そして縄文杉を境にひたすら下山・・。雨でさみーし、足痛いしでぽつぽつ一人で帰りましたよ
しばらくひとりで歩いてると急に目の前にヤクシカが現れた
こいつはずっと俺と一定の距離を保ちながらまるで俺を道案内しているかのように前をこつこつ歩いてた。
おかげさまで最後のほうは寂しくなかったなww
雨はやだけど雨にぬれると苔は一層美しい・・
161 :以下、
そして屋久島最終日。
まだ西部林道に行ってなかったので最後はここを周って本土に帰ることに・・。
っしかしここは動物園かってほどのサルとシカの量wwwwww
サルに関してはあいつら普通にバイク乗ってても襲ってくるからこえーよまじで
まあそんなこんなで屋久島一周して鹿児島本土に戻りました
162 :以下、
白谷雲水狭はまじもののけ姫の世界だよな
163 :以下、
屋久島を見終わればもう西を目指す旅は終わり。
こっからひったすら東東と進むよ
とりあえず鹿児島市内に戻ってきて一気に熊本へ
途中阿蘇山寄って見たけど残念ながらここも曇りでした・・・。
でもまあ曇りでもそれなりに壮大な景色だったよ
ひたすら草原のなかで寝そべってぼーっとしてましたわ
164 :以下、
そして悪いが長崎、佐賀には寄らず、福岡で一泊!!
ここの道の駅、無駄に一億円のトイレとかwwwwwwwwwwwww
165 :以下、
来た道と同じ関門トンネル人道を歩いて帰る。
屋久島といいほんといいところだったな九州・・・。また来れるかなあ。
なんて思い出にふけながらもトンネルを歩いていると
ばばあ「にいちゃん!?」「日本周ってるにいちゃんじゃないの!?」
え?と振り返ると行きにここで仲良くなって福岡を案内してくれたおじおば達wwwww
ばばあ「またここで会うとはね!?こりゃ運命だね!」とかなんやかんや話して・・・。
ばばあ「これから北海道行くんでしょ!」「無茶だけはしないようにね!おばちゃんたち福岡からあなたのこと無事ゴールするよう祈ってるからねwwww」
うわぁぁぁぁぁぁぁなんていいばばあ達なんだ・・・。こういう人からの応援は本当に力になるぜ
「無事帰宅します!!!」そう約束して九州を離れました
166 :以下、
さて、久しぶりの本州。
山口県は角島大橋とゆー所にまだ行ってないので寄ることに。
この日天気もはれてたしここ海めちゃくちゃ綺麗だし
まさに夏って感じだったわ
しばらくぼーっとしてそのまま千畳敷ってとこいった
17 :以下、
もう冬だぞ
22 :以下、
>>17
いまからゆっくりとお金ためて来年の夏にも出掛けてみてほしいな
31 :以下、
>>22
俺は盆の連休なんて4日くらいしかないんだよ坊や…
38 :以下、
>>31
東京から札幌だな
125 :以下、
俺は永遠と夏休みになる予定だ
167 :以下、
山口から島根県へ
島根といえば出雲大社だろって事で行ってみる。まさかのここも50年に一度の式典やっててすげえ人ごみ
しめ縄、生でみるとほんとでけえ・・。これどうやって結ぶんだ?
そしてここでもおみくじ・・・。
旅行もよし!方角も今目指している東!!かんぺきじゃないの!!
まあなんやかんや観光してカブを置いた駐輪場まで戻るとバイク回りにライダーが集まってる。
そのうちの一人に声をかけられる
「君府中!?」「俺東府中!!」
まさか実家二駅ほどしか離れてない地元民に島根で会ったwwwww
バイクにたまってた人たちはみんな旅人。栃木、福岡そして東京。
結局仲良くなってみんなでぱしゃりぱしゃり
そして東府中はミュージシャンで全国を路上ライブしながらそのお金で日本回ってるとかwwwwww
夢があるぜ本当。
そしてこの日はこの旅仲間と一緒にキャンプ場に泊まることに・・・。
スーパーで酒かって材料かってみんなでカレー作ったよ
いつもなら道の駅で一人なのにこの日はみんなで輪になって飯食って飲んで・・
ほんと楽しかったわ
173 :以下、
>>167
こーゆーのいいな
168 :以下、
朝になり皆、バイクの排気量も行く目的地も違うのでここdお別れ。
俺は鳥取砂丘へ
そして一気に福井まで行き東尋坊へ
ここゴッツゴツしてる割に柵もなんもないしあぶねーなあーとか思ってたら
自殺の名所でした
174 :以下、
福井県には世界でもみっつしかないと言われている車で走れる砂浜 千里浜なぎさドライブウェイへ
どうやらここはほかの海岸と違って粒子が細かいから乗り物も走れるとか
海のすぐそばまで行けて気持ちーぜほんとに
177 :以下、
バイクを走らせ今度は海から山方面へ
ひったすら山を登って登ってたどり着いたのは富山県の世界遺産五箇山
そして今は亡きばあちゃんの地元・・・。
ここはホントにのどかでいい所です
そしてびっくりなのがこの世界遺産の家々にまだ普通に人が住んでるということ
っしかしこんな屋根で雨から雪から台風から守れるなんてすげーね。ほんと
179 :以下、
富山から新潟へ・・。
新潟くそ長い割りになんもないよね?なんか新潟県民には悪いけど・・。
永遠と海沿いを走りまくっただけ
途中になんか日本一?のヒスイがあってそれ見ただけで新潟終ーわり
180 :以下、
パンクとかエンジン整備とかしたの?
186 :以下、
>>180
一発パンクで泣きそうになった
エンジンはカブだし大丈夫でしょって感じだったな
188 :以下、
>>186
カブのエンジンの強さは世界でも認められてるもんな。
ガソリンに使用済みフライオイル入れても走ったし。
182 :以下、
山形に入り山寺へ行ってきた
ここは松尾芭蕉が「静かさや岩に染み入る蝉の声」
と句を読んだところ
階段があったのでひたすら登る・・・
緑深くていいところだったけどこの時期ちょうどお盆。えらい人でごったがいしてて
静かさとは無縁だったよ
まだまだ登ります・・・・・。
どんだけ階段登ったか・・・・。
よーやくてっぺんつきました、もちろん景色は絶景よ
なんか岸壁に立つ寺。絵になるねえ・・。でもあれ台風とかで飛ばされないのかな
220 :以下、
>>182
俺んち写ってるわ
189 :以下、
山形県を後にして秋田青森の県境にある白神山地へ突入するぞ!
ふらふらハイキングしていると屋久島同様ここも空気が甘いんだよ、ホント散歩してて気持ちいい
歩いてると白神山地のメインの一つでもある沸壺の池へ
ここは鏡かよwwwwwってぐらいの水の綺麗さ。なんなら池と地の区別がよくわからないほどきれいだったwwww
しばらくここでぼーっとして自然エネルギーをチャージ!
更にハイキングを続けると・・・。
は?名にこれ?合成か?ってぐらいの青い池。まんま青池
さっきの池も綺麗だったけどこの青池に比べたら比じゃねえよまじで。
どうやらこの青さ、科学でも証明できてないらしいwwえええ
白神山地の中に雰囲気のいい休憩所があったので寄ってみる
なんと抹茶を無料で配ってました!なんて素敵なところなの白紙産地
そして青森市内へ・・・・
190 :以下、
白神山地綺麗だなあ
保守
191 :以下、
青森に入って三内丸山遺跡へ。
うん。ぜんぜんおもしろくなかったな。
そして次の日フェリーで北海道に出航するのでフェリー乗り場に近くにあった浅虫温泉の駐車場で一泊。
朝早く起きて青森市から北海道は函館へ出航しました
192 :以下、
旅のメインでもある北海道。このときはただうまい飯と壮大な景色に胸ワクした思いでフェリーに乗ったけど
この北海道で素敵過ぎる人との出会い、そして命にかかわるえらいアクシデントに巻き込まれた・・・。
もちろんそんな先のことは知らず、函館に到着。函館といえば塩ラーメン!
めっちゃ人並んでる星龍軒へ入ってみた
もうねここで食べた塩ラーメンがはんぱねえわけよ
ここ日本一じゃないかってぐらいうますぎた。
193 :以下、
函館と言えば朝市のイメージなんだが
それと夜景と五稜郭
196 :以下、
俺も来年やってみようかな
買ったらいいものとかあったら教えてくれ!
198 :以下、
>>196
テントと寝袋は必要だよね
あと自炊するかしないかにもよるけどするならバーナーとかクッカー
あとこの御時世スマホないときついから充電器とか
まあ日本一周してる人って意外といるからぐぐればいろいろわかると思うよ
199 :以下、
さいこうな塩ラーメン食って満足の中五稜郭へ
まあちらっと観光してたらやたらと目に付くお店が・・。
ここが函館名物のラッキーピエロかwwwww
ハンバーガー食ったけど外観負けしてないうまさだったよ
200 :以下、
そしてこの日は函館の無料キャンプ場に泊まることに・・・。
そして後日。このキャンプ場でえらいハプニングに巻き込まれるのですわ・・・・。
203 :以下、
北海道はあいにくの雨・・。
洞爺湖とか見てもあまりのどんよりさにテンションもあがらず・・。
ずっと雨だしやる気起きないので山の上にあるキャンプ場に泊まることに
山道を進んでいると
「ぶぉおおおん」「カラカラグアングラン」
お?急にハンドル聞かなくなったおwww降りてタイヤ見てみたら・・・。パンクしとるがなwwwww
山の中でのパンク。この辺にバイクやもないしガソスタもない。人も通るような気配なっしんぐ・・。
そーいえばさっき道聞いたばあちゃんがキャンプ場に何台かバイクが行ったと話していた
キャンプ場に行けば誰かしら治せる人がいるんじゃないかと思ってパンクしながらもゆっくりとカブを走らせる。
ところが、急に押しても引いてもびくとも動かなくなった。
は・どゆうこと?
タイヤを見るとタイヤチューブが外にはみ出てホイールにガッツリ絡まってやがる
205 :以下、
バイク詳しくない俺に分かるように言ってくれ
207 :以下、
山の中。キャンプ場までまだまだある。
雨降ってるし、路肩になんか真っ黒な蛇いる・・・・。
いまだ人来る気配ないがなんか熊出てきそう。
戻るにも一時間ほどかかっちゃいそうなので半ばパニック状態で山道をカブ乗り捨てて登り続けた
何分走ったろーか。山の中に一軒だけ民家があった。
今のこの状況を説明して保護してもらったwwwwwwww
お茶とかみかんとか出してもらってホント助かりました
結局ここで住所を教えてもらいJAFを呼ぶことに。
なんだかんだでJAF6万。バイク修理で2万ほど飛びました・・・・・・・「
208 :以下、
8万かwwwwww
JAF高いなwwwwww
210 :以下、
一命は取り留めたもののすっかり夜。
そのままバイクや近くの道の駅で死んだように眠りおちたわ
朝起きるともうこの雨・・・・。
なんだよ北海道・・。ずっと雨かよ。テンションがた落ちだったけど・・・
お。おお?なんか良い匂いするおwwwww
この道の駅に俺以外にいた旅人二人がジンギスカン作ってるおwwww
いいなあいいなあいいな・・・・・・・。いいなあ。。じーっと見てると
旅人「ん?君も食べるかい?」
俺 「ふぁい!いただきまーす!!!」
結局雨やむまでずーっとこの3人でいました。
旅人の一人の小川さんはリアカーを引っ張って日本一周しているツワモノ・・。
そこそこの有名人でテレビや新聞にも出るような人だそうです。
昼過ぎになりよーやく曇りになったので3人別々の目的地へ出発
小川さんおいしいジンギスカンあざーす!!!
そして俺は登別へとカブを走らせた
217 :以下、
>>210
このリアカーおじさんかな
この前九州で見たぞ!
なんかラジオでも紹介されとった
212 :以下、
降ったりやんだりの雨が続く中登別温泉へ。
温泉入ろうかと思ったけどどーせ雨で濡れるだろうから
地獄谷ってとこ見てわりました
213 :以下、
そしてよーやく北海道らしく晴れやがった
この晴れてるすきに襟裳岬行くぞー
なんか曇ってきたな・・・・。なんなんだよもう。
でもきれーな所だったよ。えらい風強かったけど。
近くのキャンプ場でまったりしようとすると
すぐこれですわ
219 :以下、
>>213
キャンプしたことないんだけどさ
テントって快適?
暑かったり寒かったりしないの?
222 :以下、
>>219
本州は暑すぎてあせだらっだらで寝てたよ
北海道は寒すぎて凍えて寝てたよwwwww
でも毎日何百キロって走ってるから疲れてなんだかんだ爆睡するよ
214 :以下、
えりもを出発しやたら長いトンネルを越えて
本日目指すは帯広!!
帯広といえばスイーツ!豚丼!!でゅふふふふふふ
まずは生キャラメルで有名になった牧場へ
おばちゃんたち一所懸命に作ってましたwwwww
215 :以下、
JAFの後にそんな金あんのかよ……
216 :以下、
んで次は幸福駅とかゆー駅へ。
なんか家族ずれやカップルばっかじゃねえか・・。このやろう。
まあどーでもいいぜなんてったって俺をこれから待ってるのは豚丼だおwwwww
うまいっす!!!!
んでもって腹一杯なったところでデザート六花亭本店へ
なんか高級ホテルみたいでカブにパンツ干してる俺は入りずらかったけど
ここでくった棒の洋菓子はまちがいなかった
まだまあだ食いたりねえってことでクランベリーでサツマイモのスイーツを胃袋へ
232 :以下、
>>216
マルセイのバターサンド!
まじうまいよな!
218 :以下、
いーなーほんとに楽しそう
221 :以下、
あぁー食った食った。腹もいっぱいだし眠くなってきたので今日の宿を探していると
帯広には旅人限定で無料で泊れる宿があることを知る。
旅人限定とか流石北海道だなあ。しかし無料はありがたいが綺麗さとかあんま期待できないよなあ
とか思っていざ到着したら
すげー・・・。これ無料かよ。
旅人限定ってだけあって夕方ごろになるとぞくぞくとライダーやちゃりんこがやってきました
各地方からいろんな人が来て「北海道ならここがいいぞ」「ここの飯は食っとけ」
とかみんなでわいわいしながら一夜を共にしました
最初は人見知り発動してきまずいけど、みんな同じ旅の仲間。すぐ打ち解けてるよ
特に仲良くなった二人とぱしゃり
本当に楽しかったお
223 :以下、
保守
224 :以下、
保守
225 :以下、
本当に楽しかったなあー。一人旅じゃないみたいだなあー。
なんて気分よくみんなとバイバイ!
さて、釧路でも行くかなーって出発したら、は。度メーター動いてないがなwwwwww
整備不良でつかまっちまうのでまたまたバイクやへ。結局なんだかんだ交換で1万ちょいとられたわあ・・・。
まあま仕方ない!天気もコイサー!仕切りなおして釧路湿原へ?!!!
そして釧路湿原へ突入・・・。ヒグマが出てもおかしくない林の中を抜けて
そして展望台へ。
北海道らしいスケールでっせ。普通にライオンとかいそー
226 :以下、
保守
227 :以下、
根室はスルー(ここに日本最東端があった・・。行けばよかったと唯一の後悔)
そして日本最後の秘境とも言われている知床半島へ・・・・。
っしかし知床向かうにつれて本当寒くなってくる。どんどんどんどん気温が落ちる。
そして旅初。体調崩した・・・。くそどんだけ寒いんだよ。テントなんて張ったら凍え死ぬと思ったので
羅臼ってところのライダーハウスMAXって所に泊った。
一泊700円!安い!!がこれは漁師小屋だわな
このライダーハウスの近くに無料の温泉があったのでひとっぷろ浸かって暖まったら
体調回復しましたwwwwwwww
本当に寒いんだよね。北海道でも特にこの辺は
日本の夏で一番寒い地域らしいし、どんだけ寒いかってたら8月にごつい石油ストーブ炊くぐらいwww
284 :以下、
>>227
2枚目って熊の湯じゃない?入ったことあるわー!勿論バイクで行ってね
228 :以下、
8月にストーブってマジか
229 :以下、
寒過ぎだろ
231 :以下、
>>228
>>229
10℃前後だったよwwwwwwww
230 :以下、
ここ羅臼のライダーハウスからは北方領土 国後島が見えましたよ
漁師小屋みたいなライハだったけど、ここのオーナーがほんといい人で・・・。
寒い寒い言ってる俺にジャージやらくれてめちゃくちゃ助かりました
そして次の日の朝、昨日行った無料の温泉で身体あっためて、世界遺産は知床峠へ!!
233 :以下、
これが日本最後の秘境知床半島の景色じゃあああああ!!!!!!
234 :以下、
わろたwww
235 :以下、
が、頂上付近で急激に霧晴れるwwwww
空気綺麗すぎるふぉおおおおおお
ひたすらひたすら草原ではしゃいだおwwwww
おっおっばったさんおんぶしてどこ行くんだお
なんかフレペの滝とかゆーのも見たけどなんでもかんでも綺麗
知床峠、本当にすばらしいところでした
236 :以下、
うわー流石北海道
238 :以下、
知床を後にしてなんかでかい滝を見ながら
網走へ・・・・・。
網走といえば刑務所があるので観光してみました
中はこんなんになってました
なんかいろんな意味で楽しかったわ網走刑務所
そしてひたすらオホーツク海沿いを走ることに・・・
239 :以下、
外寒いのにバイク乗りたくなる良スレだな
241 :以下、
オホーツク海沿いを走って日本最北端宗谷岬を目指すつもりだったけど
どうやらそっち方面は天気荒れそう・・・。
もう雨は嫌なので網走付近から一旦道央に入ることに。
北海道にはこんなおしゃれな宿があります
中はこんな感じだよ、他の旅人と雑魚寝ですわ
ひったすら山を越えて旭川を目指します
きつねいたおwwwww
244 :以下、
ヨンフォアとカブ。
HONDAのツートップでしょ!?
まあなんやかんやで旭川到着。っとりあえず旭川といえば醤油らーめんでしょってことで
うーん。これは普通だぞ・・。どーゆこった。
仕切りなおし!他の店探すよ!!
ここは塩で食ったよ
うん。これは旨かった!!
旭山動物園行こうとするもえらい雨雲近寄ってきたのでいくの断念しました
246 :以下、
そしてこの日泊ったキャンプ場は年に1.2度あるぐらいの祭りの日だった
なんか高校生が踊ってたり、フリマやったりパターゴルフやったりと・・。
こじんまりとわいわいやってたよ
そしてそこに無料で炭と網を貸し出してるゾーンが・・・。
フリマ会場では採れたてのとうもろこしが売ってる・・・。
うはっ焼きとうもろこし作れるじゃんwwwwwwwwwww
一人で焼いてみるけど
周りは友達とか家族とかとワイワイ・・・。俺一人でとうもろこし・・・・・。
泣きたくなったぜ、この状況は・・・。
でも焼けたとうもろこしは旨すぎたぜ。流石北海道産
247 :以下、
楽しそうやな
248 :以下、
取れたてのトウモロコシはうまい
焼いたらなおよし
うまそう
249 :以下、
旭川を出て一気に北上!!今度こそ宗谷岬を目指すよ!!
クッチャロ湖で一泊!!
長い時間寒い北海道を走ってたどり着いたキャンプ場。
テント張ったり、荷物降ろしたりしてなんだかんだ作業終わしたら
味噌汁を作って一服。
このひと時が本当に最高です
250 :以下、
そしてとうとう日本最北端宗谷岬。
曇りだけど周りの景色は綺麗だよ
しかし宗谷岬見たらあとは残りの北海道みて東北みたら終わり・・・・。なんか悲しくなってくるよ
そんなこんなで宗谷岬到着。
しばらくここでぼーっとしてたなあ。
なんか証明書も買ったよ
そして宗谷岬の隣にあるノシャップ岬へ
まあここは寄らなくてもよかったわwww
251 :以下、
イルカいいねえ
252 :以下、
北海道らしい道オロロンラインを通るもがっつり曇り・・・
そして天塩町で一泊するがここで旅人から情報を得る。
「ここずっと天気崩れてるけどあさって明々後日は晴れるらしいよー」
あさってかあ・・・。俺その辺たぶん札幌ぐらいだなあ。
札幌でピーカンでもなあ・・・。
ここで一つ思い出す。北海道でも行きたかったところベスト5に入ってる摩周湖付近を連日の雨でスルーしていたことを。
摩周湖行きたかったなあ、こっから500キロ戻るんだよなあ
・・・・・・・・・・。
行くか。せっかくきたんだ!行こうぜってことで二日かけて500キロ戻り摩周湖を目指すことに・・・。
253 :以下、
まりもだっけ?
保守
254 :以下、
まあ結果から言うとほんと500キロ戻ってよかった。
素晴らし過ぎる景色だったから写真だけ楽しんでくれ
美幌峠
屈斜路湖
摩周湖
硫黄山
神の子池
255 :以下、
美幌峠すげえ
256 :以下、
大満喫して富良野・美瑛へ
ファーム富田とか
美瑛のマイルドセブンの丘とか
ケンメリの木とかセブンスターの木とか見たけど
天気もいまいちだったせいかへー、そ?的な感じでぐるぐる回りました
んでもってよーやくここで札幌へ!
もう北海道ぐっちゃぐちゃに周っておりまふ
257 :以下、
>>256
無計画www
258 :以下、
予定立ててから行けよ
259 :以下、
札幌といえば味噌らーめんだろ!って思ったけど菜々兵の塩ラーメンがやばいと食べログに書いてあったので・・・。
2時間まって食べたよ・・・
そしてHTB寄ったり
時計台見て
ふらふら札幌回って終了。
もう北海道も残すところはないよ。
あとはまた函館よってフェリーに乗って帰るだけだったんだけど。
最後の最後、函館でえらいアクシデントに巻き込まれたのですわ・・・・。
262 :以下、
この日一日でいろんなこと起こりすぎてうまくまとめられない。ごめぬ。
まず函館に向かう途中、居眠り運転で事故ったwwwwww
まあそんなことはどーでもいいんだけど
函館で初日に泊った無料キャンプ場に泊ることに。
いざ、行ってみると初日のときは2.3張りしかなかったテントが
この日はびっしり50張りぐらいあって同年代ぐらいの若者が大騒ぎしてる。
まあ仕方ないので俺はキャンプ場の隅っこにテント張ったわけ。
その若者たちがあまりの人数だったので俺は気になりすぎて聞いたわけよ
お前ら何ものなんだって。
そしたらどうやら某有名大学の徒歩部だそーで。
キャンプ場の近くには温泉つきのホテルが一つあって、俺はそこに静かに入りたかったから
某有名大学のやつらと入れ違いで温泉に向かったわけよ。
263 :以下、
いやいや
事故かよwwwww
264 :以下、
サウナに入ってると一人のおっさんが
おさん「おめーも某大学生か!?まったくうるさくてひどかったぞ!!」
俺 「あ、自分違うんです。一人旅してて・・・・」
おさん「おお、そっかそっか一人旅か・・。んで北海道でなんかうまいもんくったか?」
俺 「らーめんいっぱい食べました!!」
おさん「はあらーめん!?海鮮は?」
俺 「海戦高くて食ってないです!!」
おさん「お前どあほか!!北海道来て海鮮食わないとか・・。お前どあほk!!」
おさん「おれんちいくらやらたくさんあまってるからもってけよ!」
俺 「は?」
おさん「いいからもってけ!今から車乗っておれんち行くぞ!!」
そのまま温泉でておっさんの家に行くことに・・・・・。
265 :以下、
おっさんの家ついたら
おさん「いいからこれもこれもこれももってけバカヤロー!」
なんか本当にいくらやら鮭やら昆布汁やら山ほどくれた。
そんでもっておっさんの車にまた乗ってキャンプ場で降ろされたわけよ。
いや、しかしいろんな人もいるもんだなーとか思ってテントに着くと異変に気づいた・・・。
さっきまであった50張りほどのテントが一つもない!?
あんだけ騒いでいた学生たちが一人もいねえwwwwwwwwwwww
どーゆーことだこれ!!!??
271 :以下、
テントの行方気になるほしゅ
273 :以下、
人っ子一人いない・・。は?ドーユー事?!
あたりを見回してみると一人某大学生と思われる若者が近寄ってきた
若者「あのー、ここにテント張ってる方ですよね?ついさっきなんですけどそこの道路ヒグマ出たんですよ」
 「なんか今もうろうろしてるそうですよ」
俺 「え!?えーえー。まじかよ。で他の人たちは?」
若者「俺らはみんなあそこの温泉つきのホテルに泊るんですよ。君も本当に気をつけて」
そーいって足早にその場を去っていった・・・。
274 :以下、
  ∩___∩
  | ノ   ヽ
 / ● ● | クマ──!!
  | ( _●_)  ミ
 彡、 |∪| 、`\
/ __  ヽノ /´>  )
(___) / (_/
 |   /
 | /\ \
 | /  )  )
 ∪  (  \
   \_)
275 :以下、
熊ワロタ
277 :以下、
おいおいおいおいおいおい・・・。ちょいまてよ
俺ホテルに泊れる金なんてもってないぞ・・。
とか考えながらおっさんにもらった鮭といくらを食す
ちょっとしたら
パトカーきたwwwwwwwwwwww
278 :以下、
鮭とイクラ食ってる場合じゃないだろw
ヒグマはガチでヤバい
279 :以下、
どうやら第一目撃者みたいな人が事情聴衆的なのをやられている
暫くしてパトカーはいなくなった・・・・。
もう大丈夫なのか・・・。いや50メートル先だぞ。大丈夫じゃねーだろとか思いながらびびってると
ふたたびパトカーきた・・・・。
ん・?
パトカーの後ろ・・・・・・。
ごついJEEP・・・・・。
熊ハンターきたwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
280 :以下、
ハンターに期待の保守
281 :以下、
もうこのキャンプ場には俺しかいなかったのでケーサツとハンターは一目散におれのところへ
ケーサツ「きみなにやってんの!!?ってか何いくら食ってんの!!??早く避難しなきゃまずいよ!!この状況!」
ハンター「どーやら某大学生が作っていた夕飯の匂いに誘われて降りてきちゃったみたいなんだよね」
 「でも、あんだけ人いたのに来たってことは相当人なれしてるんだよね。今、熊襲ってきてもおかしくない状況なんだよね」
俺 「あの・・・・。ハンターの鉄砲で撃てばいいんじゃないんすか・・」
ハンター「あぁ。鉄砲は夜は撃てない決まりなの」
 
  じゃあおまえなんのためにきたんだよwwwwwwwwwwwww
282 :以下、
ケーサツ「とにかく某大学生もホテルに避難したからあなたも避難しなさい」
俺 「でも俺今1000円ぐらいしかないんすよ。ATMもないっすよねこの辺・・。」
ケーサツ・ハンター「うん。どーしよーもないね。とにかく避難しなよ!!」
ソー言ってケーサツもハンターも足早にその場を去ってしまった・・・。
おいおいまじかよまた一人になっちまった。
とりあえずこの場やばいなとか思ってどこで寝ようとか考えてたら
急に林の中から
ザザザザザザザザッザ
林の中でなんか動いた
283 : 忍法帖【Lv=18,xxxPT】(1+0:15) 2013/11/15(金) 23:30:41.33 ID:SzZv4klc0
こええええ
285 :以下、
振り返る余裕もなく道路に出る・・。が出ただけ。なんもできない。
やばいやばい、ほんとやばいテントじゃ寝れないぞこれは。
そーだ、身体が不自由な人用のトイレがあった。そこで寝よう。
トイレに行く途中
「フーフー」
鼻息が聞こえた。パニックになってトイレに向かうも芝生が濡れててスパーンこけた。
どろだらけになってなぜかトイレとは逆方向のテントへ戻ってしまう。念のためナイフを持つ。
テントからトイレまで200メートルぐらい。ゆっくりゆっくり音を立てないようにテントへ向かうと
林の中から
ザザザザザザzッザザザザザザ
一目散にトイレに走った。トイレの鍵を閉める。が足元に2匹ほど毛虫が・・・。
ああああああぁぁぁぁ
毛虫のきもさにトイレを飛び出す。トイレ飛び出した途端濡れてる芝生に足とられてスパーーーーン!!
どろだらけになりながらもびんびんに神経尖らす・・・・。
やばい、本当にヒグマ襲ってきたら俺は死ぬ。暗い森の中のキャンプ場で一人で食われるのか・・・。
ガクぶる状態でただただじっとしていると
車が一台現れた・・・・。
287 :以下、
毛虫怖さに命落とすところじゃないか
288 :以下、
車の人「某大学生が言ってたの。キャンプ場にまだひとがいるって」
俺 「あのーだれっすか?」
車の人「ああ。そこのホテルの従業員だよ、ここ熊出たんでしょ?うち避難しな」
俺 「ありがたいっすけどすいません。俺かねないんすよ」
車の人「うーん。まあいっかいうちに避難しな」
そしてそのホテルに行くことに・・・・・・・。
ホテルについてそこであーだこーだ世間話をしていると、ホテルの方が
「いーよ。今日はお金とらないよ!」
まじっすか・・・・・!?
奇跡的に俺は助かった。あそこのホテルの方には感謝しても仕切れないまじで。
俺はテントとカブをキャンプ場において貴重品だけを持ってホテルで一泊しました
291 :以下、
翌朝、ホテルの方に御礼をしてキャンプ場に戻った。
テントもカブも無事でした!
そして昨日サウナで出会ったおっちゃんにさけやらいくらやら貰ったお礼をしにいこうと
おっちゃん家に寄った。
俺 「おさん昨日はうまいご飯ほんとゴチでした?!!」
おさん「おー。お前か。熊に食われなかったか?朝有線で流れてたぞ」
俺 「えへへへ。いろいろありまして・・。」
 なんだかんだ立ち話をして・・・・・。
俺 「じゃあそろそろ行きますね」
おさん「おーおいおいちょいとまて。まだいろいろあまってんだ、食ってけ」
なんかいろいろだしてもらったおwwwwwお礼しにきたんだけどな
293 :以下、
いろいろおっちゃんにだしてもらって申し訳なかったので
この日、おっちゃんの仕事を一日手伝うことに・・・。
そんでもって昼になっておっちゃんと奥さんと昼飯へ。
あぁ。うますぎる・・・・。これが北海道か・・。これが宝石箱っつーんだな
その後も仕事の手伝い。
しかしこの家。次から次へと食いものがでてくる
それがほんとうめーんだわ
295 :以下、
霧多布行かなかったのか…
そんなことよか俺も旅いきてえええええ
296 :以下、
夕飯もこの家でご馳走になりました。
ひっさびさの皆で団欒・・・。人のあたたかさに涙でそうだったよ。
そしてこの家の倉庫に一泊して
豪華すぎる朝飯を食って
なんか餞別をいっぱいもらって
午前中は仕事手伝って、みんなとバイバイしました
正直、カブに乗ってヘルメットかぶった瞬間滝のような号泣wwwwwww
298 :以下、
そのまま青森県は大間行きのフェリーを予約し。乗船まで赤レンガをぶらぶらして
出航の時間になって船に乗り、北海道とお別れしました
ほんとうに沢山の思い出と出会いをありがとう!!!北海道!!!!!
299 :以下、
とうとう東北か
300 :以下、
そして青森県は大間へ・・・。
ここは本州最北端
そのまま南下して青森で絶対行きたかった恐山へ。
険しい峠道を越えて、途中三杯飲むと不老不死になれる湧き水があったので
2Lのペットボトルにパンパンに入れたおwwwwwww
そして恐山へ突入
301 :以下、
最初から見てるけど頑張れ
305 :以下、
>>301ありがとう!あともうちょいがんばるわ
ほしゅしてくれる人たちもありがとう
304 :以下、
三途の川を越えて恐山へ入ります
しかしついさっきまで晴れてたのに急に曇りだしたよ・・・。雰囲気出てきたわ
マンキンファンとゆーか、恐山アンナぞっこんなおれはテンションあがる一方
いちいち不気味だなあ
なんと!中に無料で入れる温泉があったwwwwww貸切じゃい
ひたすら恐山を散歩するよ
シーンと静まり返っててカラカラカラカラと水子を供養するための風車の音だけが響くよ
ちょっと怖いです・・・。
そのまま更に奥に進んでいくと
ここが極楽浜。所謂天国だよね。砂浜が白くて水が青くて綺麗なところでした
んでもって
ここが地獄。まあゴッツゴツしてていかにも地獄ぽかったよ
306 :以下、
22歳で天国と地獄に足入れてしまった・・・。
恐山を後にして奥入瀬渓流に向かったよ
本土に入ってからとうとう東京という文字が・・・・。
そろそろゴールも近くなってきたな。
307 :以下、
しかしカブは偉大だわ
309 :以下、
自然の中をカブでトコトコ走って奥入瀬渓流を走るのはほんとキモチー
奥入瀬渓流の中にはなんこも滝があってマイナスイオンはんぱねえの
渓流を抜けると十和田湖に到着!
もっと上から見たいってことで峠上ってみました
310 :以下、
羨ましいなぁ……
311 :以下、
お前いいな
おれもやりてえぇ
312 :以下、
そして岩手に突入!
三陸沿いは友人が住んでてしょっちゅう行くので今回は内部を攻めることに
ってことで小岩井農場へ行ってきたよ
岩手山が壮大でっせ
羊さんたちがほのぼのしててまったりできます
もうこのときは9月に入ってる・・・。もうそろそろ秋だなあ。夏も終わりに近づいてきました
小岩井農場でたべたソフトクリームはがちでうまかったお
316 :以下、
岩手はまだまだ行くよ。続いては世界遺産にも登録された中尊寺へ
中は300年から400年ほどの杉たちがずらっと並んでて絵になりますね
日本風景っぽくて俺は好きだったなあ中尊寺
金色堂と讃衡蔵にお金払って入ったけどここは写真NGでした
ここはなんか屋久島を彷彿させる道だなwwww
318 :以下、
中尊寺を後にして宮城に入り松島へ・・・・。
そしてここも日本三景の一つ。
なんか曇ってるせいかなにがいいんだかね・・。
近くの神社みたいなところのほうがまだ綺麗でひた
317 :以下、
頑張ったなぁー!
俺は愛知からリトルカブで北海道一周したけど、
帰りに恐山行って、そのあと事故って
現在療養中だ。リアルに三途の川渡ったわ。
320 :以下、
>>317それはもうお大事にとしか言えねえ。
319 :以下、
途中で体調崩したりしなかったのか
321 :以下、
>>319北海道で一発寒さにやられそうになったけど温泉入ったら治ったなww
たぶん旅中はずっと気張ってたからなんとかなったんだと思う
322 :以下、
宮城を過ぎればもう旅もほとんど終わりです・・・・・・。
福島から栃木に入ってみんみんってところでギョーザ食ったけど
あまりに普通すぎたwwwww
夕焼けが綺麗だけどなんか終わり感あって切ないよ
323 :以下、
そして栃木から埼玉。
そして埼玉でこの旅最後の野宿。道の駅アグリパークへ
最後はねこたんと共に過ごすよ。
本当に旅中は道の駅にはお世話になりました。
324 :以下、
>>322
1000km以上ワープしてまんがな
326 :以下、
>>324もうね。関東付近は行き慣れてるからだいぶ飛ばしたよ
325 :以下、
9/10最終日 日の出と共に起床
ここの道の駅ホント猫おおくてあせったわ
散々猫と戯れて目的地は東京です。
329 :以下、
とうとう終わりかー
333 :以下、
埼玉を出発して
帰り道途中スカイツリーやら
浅草よって
あとは慣れてる甲州街道をひたすら走って無事、我が家に帰ってくることができました。
334 :以下、
50日間、日本全国とはいけなかったけど
本当にすばらしい出会いやいろいろなところを生で見れて
やってよかったって思うし時間のある人は是非やってもらいたい
きっと一生涯の思い出になるよ
335 :以下、

これで安心して寝れる
ジャージくれた人とホテルと北海道のおっちゃんにお礼の品でも送ってあげなよ
339 :以下、
>>335
函館でお世話になったおっちゃんたちには無事東京着いたよと手紙書きました
336 :以下、
つか最初の予算で金足りた?
338 :以下、
>>336
足りたよ。ぎりっぎりだったけど
340 :以下、
途中でJAFとかあったのによく足りたな
そうとう節約の旅じゃん
342 :以下、
>>340
飯の節約が一番でかかった。それでそうとう浮いたと思われ
343 :以下、
メシは米とか持ってったの?
344 :以下、
>>343
2kgの米を常に持ち歩いてたよ、
345 :以下、
そういえばクマーは結局どうなったん?
346 :以下、
>>345結局俺もホテルに入ったからわからんが普通に山に帰ったと思うよ
347 :以下、
米は炊いてレトルトや惣菜買ったりって感じか
バイク旅で自炊&テントは敷居が高いわ
雨降るともう帰りたくなる
車だと雨も一興なんだけどな
348 :以下、
結局一番良かった場所は?
349 :以下、
>>348
景色的には屋久島の太鼓岩がすばらしかったなー。
思い出的にはやっぱ函館のおっちゃんだな。
350 :以下、
バイクの免許ないから車で一般道の旅とかしよっかなぁ
野宿も楽になるし
356 :以下、
この荷物を積んだカブで走ってたらだいたい向こうから離しかけてきたからなあ
まあどうせ一期一会なんだから恥捨ててこっちからアクション起こすのもありだよね
357 :以下、
コレ持ってってよかった!とおもう物
もしくは持っていけばよかったと思うもの
359 :以下、
>>357
北海道行くなら真夏でも冬用のダウンとか持って行ってもいいと思った。
あと雨とかから荷物守るため、ごみをまとめるためにビニール袋はほんと役だった
俺は地図とか持たずiphoneでナビってたから大量の電池は常に持ってたね。
あとはこれほしいなーとかそーゆーものでたら100均とかで買えばいいと思うよ
100均は本当に便利だった
58 :以下、
いいなあ
俺も大4になったら北海道とかバイクで回りたいな
82 :以下、
>>58是非行ってくれ。俺はたぶん人生で一番濃い思い出になったと思う
351 :以下、

続き・詳細・画像をみる


IT社畜川柳

ゲーマーのためのプロジェクションマッピング・ウェディングケーキ(動画あり)

【衝撃動画】解体中のクジラが突然爆発した瞬間の映像 腐敗物を盛大に周囲に撒き散らす

インド、スリランカにたびたび降り注ぐ血のような赤い雨。地球外生命体混入説

俺がお前らに鉄道事故を紹介するで

まどマギのかわいい画像ください

back 削除依頼&連絡先