嫁との馴れ初めをオッサンになった俺が語るback

嫁との馴れ初めをオッサンになった俺が語る


続き・詳細・画像をみる

1:
長くなってしまうが、付き合ってくれる奴は付き合ってくれ。
誰にも話した事がなくてね。
あれもこれも話したくなった。
慣れてないんで投下ペースが合わなかったらすまない。
あと、途中で震災関連がある。
無理な人は読まないでくれ。
13年も前の話。フェイクは多少入れてある。
2:
当時は嫁が大学生で、俺が社会人一年生(ブラック)。
共通の知り合い(A)が主催した飲み会で初めて会った。
一目惚れじゃなかったが、目が綺麗で一目で頭良いって分かる顔に感心した。
あと、華やかだったね。桜の花みたいな。
会話も機転が利いて面白くて、どんな場所でも自然と主役になる子だろうなと思った。
3:
半月位後にまたAに誘われて、何人かで飯を食った。
嫁もいた。やっぱり華やかで主役だった。
流れで連絡先を交換し、メールや電話をする様になった。
プライベートな事をリアルで聞く内に、最初の印象が変わった。
感受性が強くて、どこか危なっかしい。自己評価が低い。甘えられない子。
人前で華やかなのはその裏返しだった。
演じていたんだろうな。
4:
面倒な子だなって思ったが、危なっかしい部分に逆に惹かれた。若かったな。今ならお断りだw
嫁はAにだけは甘えていた。
Aの存在で俺は嫁に告白できなかった。
付き合ってるんだろうと思ってたから。
結構歳離れてたけどな。
5:
嫁の誕生日、嫁はAの家で友達連中に誕生会を開いてもらっていた。
俺は翌日早かったから不参加のつもりだった。
仕事帰りに「誕生日おめでとう」って電話をしたら、
嫁が「いつも忙しいのに時間使わせてごめんなさい」って泣き出した。
今でも思い出せるね。
あんなに頭が良くて華やかな子が、電話の向こうで子供みたいに泣いてるんだよね。
ごめんなさい、ごめんなさいって。もう意味不明。こっちがいたたまれない。
6:
Aが電話に出て「お前は何を言ったんだ」って怒ってる。
俺はこれでキレてしまった。
お前こそ嫁と付き合っているのに何をしていたんだと。
初めてAにキレたメモリアルデーだ。
Aの家に急いで行ったらもう嫁は泣き止んでいたが、随分ぐったりしていた。
7:
冷静じゃなかった俺は嫁を連れて帰った。
そこにいた誰も止めなかったね。Aとの修羅場は覚悟した。
タクシーの中で初めて手を繋いだ。
キスしたかったけど我慢した。
俺の家で嫁はまた「ごめんなさい」を言い出して、もう俺も腹を括って、何でそこまで自分を卑下するのか聞いてみた。
8:
詳細は嫁のプライバシーなので割愛するが、家庭環境に相当な問題があった。(性的虐待とかでは無い)
可哀想だわ可愛いわ保護欲沸くわ、
でもとにかく可愛いわで俺もう大混乱。
キスしてやる事やってしまった。
可愛かったです。
9:
Aとの事は俺の勘違い。
俺には今でも理解できないが、兄妹の様な感覚らしい。
そういやAは年増好きだった。
理解できないが、勘違いに関しては土下座した。
10:
それから一緒に住むようになって、結構上手くやってた。
俺の嫁可愛いよ嫁攻撃が効いたのか、
「ごめんなさい」は減った。
俺の仕事が一段落したら結婚する事に決めて、嫁の両親に挨拶に行った。
11:
みとるよ
12:
>>11
ありがとう。
もうね、猛反対されたね。
俺も反対される理由をその時初めて知って即座に納得したね。
嫁の実家は旧家でド金持ちだったんだよな。
地方のショボイ自営業が実家の俺なんて奉公人レベル。
早く言えよ嫁w
13:
昭和の漫画みてーだなーと思ったら一気に上手く行かなくなった。
俺の自信がなくなったんだ。
俺、高校の頃から結構頑張ってたつもりだったんだが、
実家の人たちからすればミジンコだよなってな。
嫁も俺の変化に敏感に気付いて、また「ごめんなさい」が多くなった。
15:
俺じゃ無理だと思って別れた。
別れる時も好きで好きで好きで死にそうだった。
何で俺は底辺なんだ、もっと頑張ってりゃ良かったって後悔しまくってた。
高校の頃に戻って毎朝寝坊してる俺に言いたいね。
起きろ勉強しろミジンコ。
16:
いいなぁ…独り身でずっと恋人いない私には辛すぎるスレだ
20:
>>16
自然に任せても良い時はあるよ。
でも辛かったらごめん。
17:
支援
19:
支援ありがとう。
俺は勤務先を変えた。薄給激務だが経歴に箔が付くし、将来も全く変わるコース。
どうにかして失くした自信を取り戻したかったんだよな。
嫁の実家の格でも認めざるを得ない様な、ハイステータスな男になろうと足掻いた。
恋愛とは別の次元の、男のプライドってやつだな。
ひたすら勉強したし、ひたすら仕事した。若かったな。今なら過労死するw
21:
別れてからも引き摺りまくって、メアドと携帯番号は変えなかった。
連絡がない事は分かっていた。俺からもしなかった。
嫁は繊細で難しい女だが、一度決めるとそれを貫く意志力と覚悟が常人より強い。
劣等感を意志で封じていたのだと思う。
だからこその華やかさと危うさだったんだろうな。
別れてから思い知った俺は馬鹿。
22:
なんかもう既に泣いた
28:
>>22
俺もこの頃は泣きまくってたさw
23:
なんか凄い淡々としてるけど、俺だったら絶対無理なくらいの努力してたように思える
28:
>>23
人生で二番目の努力だったよ
24:
婚約中だ
先月相手のご両親に挨拶行ってきた
緊張して記憶が曖昧
無事に終わったが
28:
>>24
緊張するよなぁ
脇汗かきまくった
婚約おめでとう
25:
しばらくしてAや共通の友達から、嫁が何とか元気になったと聞いてほっとした。
別れようって言ったのは俺なのに、身勝手だが心配だったんだ。
嫁は俺に相当依存していたから。
どうでもいいがAはこの頃、20歳上のお姉様と付き合っていた。
理解できなかった。
30:
次に嫁と会ったのは半年後、Aの誕生日の飲み会。
共通の知り合いがいるとままある光景だよな。
嫁が来るのは知っていたし、空気重視で声をかけたら、嫁も同じ事を考えていたらしい。
ぎこちないが会話は出来た。
だが酒の力もあって、すぐ「友達」っぽくなった。
で、嫁の右の薬指に指輪発見。高そうなやつ。
32:
新しい男ができたのかと思ったら、何かがスコンと抜けた感じがした。
その日は全く酔わなかった。
家に帰ったら嫁からメールが来た。
「元気そうで安心した」って内容だった。
彼氏に見られたらどうするんだ。
飲み会に参加していた共通の友達含めて一斉送信で、当たり障りの無い返信をした。
33:
その後すぐ、俺も新しい彼女を作った。
嫁と別れた直後から俺に積極的だった子。
女としては好きじゃなかったが、人間としては好きだったし、徐々に女として好きになりゃいいやと思っていた。
結果としては好きになった。
けど、嫁の時の様に夢中になれなかった。
結婚を急ぎたがる彼女に辟易して、結局は半年ももたなかった。
35:
俺は>>1の逆パターンで別れることになった…泣ける
38:
>>35
嫁の立場って事か。
それも辛そうだよな…
36:
この後も女には不自由しなかった。
俺がイケメンだから仕方ない、と言いたいが、
そうではなく、俺が出世街道に飛び乗ったからだ。
身バレし易い職業なのでkwskは勘弁w
37:
しえん。
>>1の落ち着いた語りがこの時間にちょうどいい
きたいしてる
39:
>>37
トン
39:
結論として、どの女も駄目だったな。
結婚を匂わされると辟易して別れ話になる。
とっかえひっかえに近い生活になり、Aに説教される事しばしばだった。
諸事情で俺はAに頭が上がらないので、反論できず、正直ウザかった・。
どうでもいいがAはこの頃、15歳年上のお姉様と付き合っていた。
やっと若い女性に興味が出たそうだ。理解できなかった。
40:
飲み会の少し後から、嫁からたまにメールが来るようになった。
いかにも友達メールだった。
やめときゃいいのに、俺は律儀に返信した。
仕事で海外に行く時も前以て連絡した。
俺の返信が無いのを気にしたら可哀想だと思って。
嫁の彼氏に見られたら、って遠慮は無くなっていた。
頭の良い女なんだ、不味かったらメールなんかしないって自分に言い訳していた。
41:
俺の女関係は相変わらずだったので、
携帯を覗き見られては嫁とのメールがバレて喧嘩になったり何だり。
嫁が原因で別れる事がほとんどだった。
嫁は俺ほどではなかったが、それなりに男が変わっていた。
モテるし依存型だからね。
男には困らなかっただろう。
何回目からはお互いに報告する様になっていたな。
42:
二人で出かける事も増えた。
買い物して飯食って酒飲んで。
嫁は彼氏の愚痴を俺に言い、俺は女関係の愚痴を嫁に言っていた。
海外から帰って来て一番最初に連絡するのは嫁になった。
43:
支援
金があってもなくてもいろいろ苦労するなー
あって苦労したいわw
45:
>>43
ないよりはあった方がいいね。
苦労の大部分は金で何とかできるしなw
44:
嫁はこの頃もまだ、酔うと「私なんか」「ごめんなさい」を言う。
俺は敢えて笑い飛ばしていた。
毎週何かしら時間を合わせて会っていた。
Aが俺を飯に誘った時に嫁が丁度一緒で、二人でAとの待ち合わせ場所に行った。
過去にない勢いで驚かれて、「理解できない」と言われた。
よりによってお前が言うかと。
45:
肉体的な接触は一切なかった。
俺も嫁も異常に気を付けていたんだよな。
偶然指が触れるだけで、お互い慌てて離れていた。
不自然なのは分かってたし、お互いの相手に罪悪感があったのは当然だったが、
もうね、駄目なんだよな。
とにかく会いたいんだよ。顔が見たい。
48:
嫁とそんな関係のまま、6年の間に俺は出世していた。
底辺がいつの間にか出世頭ですw俺頑張りましたww
嫁は自分の才能を活かせる仕事を見つけて楽しそうだった。
俺の女関係は寂しい物になっていた。
家に女を入れるのが面倒になっていたんだ。
嫁は付き合って2年の男がいた。
49:
俺や嫁の職業なら、とっくに結婚していなきゃいけない歳だった。
特に俺は妻帯か否かで見る目が変わる業界だ。
上司から早く結婚しろと頻繁に言われる日々。
どうでもいいがAはこの頃、18歳年上の未亡人と付き合っていた。
大人になっていた俺は理解に努めたが、無駄な努力だった。
50:
Aのようなブレない心が欲しい
53:
>>50
この頃の俺としてはブレて欲しかった。
51:
2月、嫁が一緒に飲んでる時に
「結婚するかも」と言った。
あっそう、って思った。
お高いホテルのレストランで酒も料理も美味いはずなんだがね。
全く味がしなかったね。
シェフ変わったのかしらぁんって思っておいた。
53:
その夜は朝まで一緒にいた。
指一本触れなかったがな。
コンビニでホットのおーいお茶買って、公園でぶるぶる震えながら、
どうでも良い話ばかりしていた。
いい歳して楽しかった。
楽しい振りをしなきゃいけないと思ってたんだな。
「あっそう」以外の事を考えたくなかったんだよ。
始発で帰った。タクシーに乗ればいいのにわざと二人で電車に乗った。
俺は風邪を引いて上司に呆れられた。
嫁は引かなかった。解せぬ。
52:
文才あるよな
Aの件の決め事とか
引き込まれる
54:
>>52
初めて言われたよ
あんがとw
54:
それからはまた、相変わらずだった。
結婚の続報はなかったから、何も分からなかった。
55:
ここからなんだが、1に書いた通り、震災の話が入ってくる。
無理な人は読むのをやめて欲しい。
んじゃ再開します。
56:
あの日、都内の職場で本震を食らった。
俺の仕事は災害にも対応しなければならず、数時間後には現地に向かう事は明白だった。
家に帰る暇も家族に連絡する暇もない。
情報待ちの間にSkypeを立ち上げたら嫁がオンラインだった。
57:
支援
58:
職場で私用のSkypeを使うのはご法度だが、この時は構っていられなかった。
他の同僚たちもやっていた。
俺も嫁も怪我はなかった。
俺「これから現地に行くから暫く連絡が取れない。帰って来たら連絡する」
嫁「行ってらっしゃい。立派に任務を果たして帰って来てね」
59:
昔死ぬほど好きだった女思い出して半泣き
62:
>>59
こんな時間だし、開き直って泣いても良いと思うよ
62:
取り敢えずの通信関連が確保され、俺が私用の携帯を使えるようになったのは半月後だった。
忙しすぎて携帯を触る暇もなかったとも言う。
で、予想されているとは思うが、実家の親よりも誰よりも先に嫁にメールした。
「やっと一息」と送ったら、すぐ返信があった。
「寝ろよ(笑)」と、嫁の近所の猫の写メだった。癒された。猫可愛い。
現地を出るまでに数通、メールをやり取りした。
俺はほとんど返せなかったんだ。
嫁は毎日一通、俺が返信しなくても他愛ないメールをくれた。
60:
こんな事を咄嗟に言える女は他に知らない。
この時に俺は決めたね。
俺、帰って来たらこの女と結婚するんだ…って。
フラグへし折ってやるってね。
当日夜、俺は現地に入った。
詳細は省く。
61:
自衛官?
64:
>>61
身バレ怖いからゴメンw
63:
そのころ俺は北品川商店街で途方にくれていたw
64:
>>63
その辺りも大変だったらしいな
無事だったようで何よりw
64:
どうでもよくないがこの時、Aがメールをくれた。
震災から暫くして、嫁が彼氏と別れたとの事だった。
嫁からのメールには一切、書いていなかった。
65:
被災地の事は端折るね。
暫くして、俺は一度都内へ戻った。
職場へ報告をしてすぐに家に帰って休んで良いと言われた。
職場規定です。
66:
前日に嫁にメールを送っておいた。
「待ってるね」って返信があった。
滅茶苦茶顔が見たかった。
家に帰ったらすぐ電話しようと思った。
67:
ワシの結婚の馴れ初めも震災関係あるで。
そしてワシの夫の実家も金持ちだ。
ただワシが>>1と決定的に違うのはワシは>>1みたいな頑張り屋ではなく超絶なまけものだけどなww
69:
>>67
俺は頑張り屋じゃなくて、悔しがり屋なんだよ。
基本は怠けたいですw
68:
この時の俺は、災害派遣者の中ではかなり優遇されている方だった。
俺よりずっと現地で頑張ってる人たちがいるのは充分知っている。
そういう人たちがこれを読んだら、気分を害するかもしれない。
もし害されたら心からお詫びする。申し訳ない。
69:
タクシーで我が家へ帰る。
震度5強の地域だったが、築35年の賃貸マンションは無傷だったらしい。
日本の建築物って本当に凄いよな。
70:
続き。
俺の部屋の前に嫁がいた。
びっくりしたよ。
夢かと思ったね。
俺まだ電話してねーよ?ってアホな事思った。
嫁が凄い勢いで抱き着いて来て、転ぶかと思った。
俺はもう頭が真っ白になってさ。
力一杯抱き締めてた。
6年振りに触れるにしてはやり過ぎ感。
でも止められなかったんだよな。
嫁は冷え切っていた。
71:
何か凄い純愛って感じがするな
74:
>>71
その間に付き合った人々にゴメンナサイだからな…
純愛と言うには心が痛い
73:
待ってるねって部屋の前で待ってるのかよ。
俺が連絡するまで家にいりゃいいだろって。
ってか仕事どうしたのって。
休み取って朝から待ってたんだと。
馬鹿か。今18時だぞ。
ってかメールなり電話なりすれば良かったんじゃ。
近所の人に変な目で見られたって。
通報されなくて良かったな。
お互い普段はそんなに早口じゃないんだが、
この時は一気に喋った。
しかも書いてるほど整然と喋ってなかった。
え、え、え、何、え?って、半ばパニックで、噛んだりどもったり酷かったね。
74:
部屋の中は本震の日のままだった。
そりゃそうだ、あの日以来初めて帰って来たんだからな。
シューズボックス崩壊、本棚は雪崩が起きていて、食器棚もえらい事になっていた。
冷蔵庫なんて怖くて開けられない。
そんなものに構っていられなかった。片付けようとも思わなかったね。
もうベッド直行。寝室に物置かないタチで良かった。
目覚ましが床に落ちてぶっ壊れてたけど無視した。
6年分抱いた。
何これ吊橋効果ってやつ?
構うかよ。
75:
6年も経てばお互いの身体は歳を取っている。
色々違うよな。
でもなぜか、嫁の身体だって分かるんだよ。
愛しいんだよ。すげえ愛しい。涙出た。
昔はろくに言わなかったのに、愛してる愛してるってアホみたいに何回も言った。
76:
もう泣ける
82:
>>76
つ【ネピア】
78:
嫁もずっと泣いてた。
相変わらず「ごめんなさい」って言うんだよな。意味不明だよ。
だから俺も言ったね。
ああもう良いよ、ごめんなさいで良いよ。
お前が自分の事を駄目で価値がない奴だって思ってるなら良いよ。
そんな女、他の誰も相手にしないから、もう諦めて俺にしろよ。
噛んだりどもったりしてたのは三次元のお約束だ。
82:
二人して裸で涙と鼻水垂らしながら何言ってんだって絵面だろうな。
理想を植え付ける恋愛映画は害悪だね。
嫁も泣きながら言うんだな。
諦めた、もう諦めた、あんたでいいってね。
失礼な奴だ。
79:
クライマックスやべぇ
80:
嫁思い出して涙出てきた。
>>1には、幸せになってほしい。
84:
>>79、>>80
俺も書きながら思い出してやべぇわ
84:
それからは片付けるという口実で、なし崩しに嫁が俺の部屋に住み付いた。
俺は被災地と都内を行ったり来たりだったが、夏前には落ち着いた。
俺が現地で出来る事はもうあまり無い。
呼ばれればいつでも行くがね。
85:
相手を愛しいって思うって凄く良いことなんだなって思わせてくれるスレだわ
89:
>>85
相手が愛しいと自分の事も愛しくなる不思議
86:
嫁の実家に挨拶に行った。
また反対されたら無視して籍を入れるつもりだったが、今度は大歓迎だった。
6年前と比べて、俺の職位や経歴がグレードアップしていたかららしい。
拍子抜けしたね。
89:
Aが後で言っていたが、「お前が嫁の本来の階級を理解できる様になったからだ」だそうだ。
確かに6年前の俺は理解できていなかった。
嫁の育ちの良さ(社会的マナーや立ち居振る舞い)の理由や、
上流ならではの空気とか。
そりゃ彼らの世界の基本が分かってない野蛮人に、
娘くれてやる訳にはいかんよな。
6年前は反対されて当たり前だったんだ。
87:
あんたも嫁さんも素敵だな
俺もおじさんだけど
嫁と娘のためにまだまだ頑張れるかな
ありがとな
90:
>>87
おじさん同士頑張ろう。
娘さん可愛いだろうなぁ。
90:
今も性に合う訳ではないが、理解はできる様になった。
それっぽく振舞えるようになったね。中身は田舎の貧乏人のままだがなw
その年の夏の終わりに入籍した。
Aの飲み会から実に11年。長かった。
88:
感動したよ
ありがとう
嫁と幸せにね
90:
>>88
読んでくれてありがとう。
91:
嫁はカウンセリングに通って、幼少期からの心の問題を整理している。
最近はごめんなさいって言わなくなった。
Aは嫁の後輩と付き合っている。年上はやめたらしい。ようやく理解できそうだ。
だが彼女との話題は専ら政治関連だと。やっぱり理解できない。
俺は昔付き合ってた女が同じ職場になり、何とかして異動してくれないかと願っている。
92:
これで終わり。
付き合ってくれたお前ら、ありがとうな。
不慣れな進行ですまなかった。
質問があれば身バレしない範囲で答えるよ。
職業関連だけはガチでヤバイので勘弁。
質問がなければ落としてくれ。
93:
結婚に関して>>1の両親の反応は?
96:
>>93
家の格が違いすぎるって驚いてたが、結婚できるなら良いよって言われた程度。
97:
>>1乙
凄いほっこり出来て自分の生き方見直させてくれるスレだった
答えられなければ答えなくて良いんだか嫁の幼少期のトラウマって?
98:
>>97
まぁ家族関係が極度に上手く行かない家庭もある、位で勘弁w
99:
子供は?
100:
>>99
いない。
自然に任せてる。
できなければできないで良い方針なんだ。
104:
寝る前に素敵な話に出会えて良かった!
私はそんな素敵な人に出会えてないけど
いずれは>>1みたいな結婚したいな、
なんて夢見るだけタダだよね。。。
105:
>>104
実現するのも割とタダだよ。
104も幸せになってくれ。
んじゃこの辺で寝ます。
後は落として下さい。
付き合ってくれてありがとう。
スッキリしたよw
106:
素敵なお話をありがとう!
さっき婚約中って人です
相手と仲良く末長くもげるから、>>1と嫁さんが幸せに穏やかに過ごせること願ってるぞ
11

続き・詳細・画像をみる


妹(8)の貯金箱の中覗いた結果wwwww

ドラゴンボールで一番カッコいいセリフは「気を開放しろ!!!!」

<丶`∀´> 韓国が無人偵察兵器を独自開発 既に最前線に投入の事実判明 →

弁当の配達先で泥ママと遭遇!あえてココで盗るって泥ってバカなんだ。

このJKの中だったら誰と付き合いたい???????????

【画像】この高校生カップルwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

朴大統領のお決まり日本批判に米政府イライラ

安倍首相「朝日新聞と毎日新聞のダブルスタンダードには唖然とします」 特定秘密保護を語る

れんげ「なっつんが廃人になったん」

少年、青年漫画で理想の女主人公ってどんなん?

社員ぶったフリーターのウザさは異常

【悲報】 現在の大塚愛さんwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

back 過去ログ 削除依頼&連絡先