ハルヒ「有希印のミルクはいらんかねー」back

ハルヒ「有希印のミルクはいらんかねー」


続き・詳細・画像をみる


ハルヒ「いらんかねー」ガラガラ
キョン「おい何だこれは」
ハルヒ「有希のミルクよ、一本300円」
キョン「えっ、長門の・・・?」チャリン
ハルヒ「まいどありー」
キョン「んく・・・んくっ・・・ぷはーまろやか!」
キョン「って違う!まず長門のミルクって何だよ!」
ハルヒ「それは昨日の夜、私が雪印のメグミルクを飲んでいるときだった」
ホワホワホワー
3: 以下、
ピンポーン
ハルヒ「はーい・・・って有希じゃない、こんな時間にどうしたの」
有希「大変」ヌギヌギ
ハルヒ「ちょっ有希!?何脱いでるの?」
有希「・・・見て」
ハルヒ「見てって・・・えっ?これ・・・母乳?!」
長門「そう」ピュー
ハルヒ「だ、誰よ有希に手出したバカは!」
長門「妊娠はしていない」
ハルヒ「そうなの?でも不思議ね・・・舐めてもいい?」
長門「いい」
ハルヒ「んーマイルド!今飲んでる雪印のメグミルクよりおいしい!あ、そうだこのミルクを売れば大儲けできるかも!」
ホワホワホワー
ハルヒ「という事があったの」
キョン(間違いなくハルヒが原因か)
5: 以下、
アマゾンにありますか
6: 以下、
キョン「そうとわかるとこれはやっぱり長門の母・・・」
ハルヒ「ちがーう!有希印のミルクよ!有希は誰の母でもないの、強いていうなら母は私ね」
長門「3年の方は売り切れた」ガラガラ
ハルヒ「お疲れ様、補充できる?」
長門「問題ない」ヌギヌギ
キョン「!?」
ハルヒ「こらキョン!何見てんの出てけ!」
バタン
キョン「く・・・」
長門「・・・」ピュー
ハルヒ「あと2リットルはいけそうね」
キョン「くそぉ!くそぉ!」
みくる「あの、扉を引っかいて何してるんですか・・・?
10: 以下、
キョン「朝比奈さ・・・ってあれ?」
キョン(ミルクならば長門のより朝比奈さんの方が適任じゃないか・・・)
キョン「あのぉー朝比奈先輩ってミルク出ないんですか?」
みくる「え・・・?あ、あのミルクって・・・」
キョン「すいません今のは忘れてください」
キョン(なぜだ?なぜ朝比奈さんには何もないんだ?)
ハルヒ「もう入ってもいいわよ・・・あらみくるちゃん、ミルク飲む?」
みくる「あ、はい・・・」ゴクゴク
みくる「こくまろ!」
14: 以下、
みくる「そういう事だったんですか」
ハルヒ「みくるちゃんもよかったら売るのに協力してね」
みくる「たしかにミルクはおいしいですけど・・・」
ハルヒ「ねえねえみくるちゃんはミルク出ないの?」ジー
みくる「すいません協力します・・・」
ハルヒ「まあ今のところは有希印で頑張りましょう」
キョン「そういやどれくらい売れたんだ?」
ハルヒ「既に3年のクラスでは完売したわ」
長門「口コミ戦略でじわじわ伸ばす」
ハルヒ「というワケであんたも売ってきなさい」
キョン「なんで俺が」
ハルヒ「完売したら乳しぼりさせてもいいわよ?」
キョン「よーし行ってくるぜ」
16: 以下、
キョン「有希印ー、長門有希の天然しぼりたてミルクはいらんかねー」
谷口「10本だ」
キョン「3000円まいどあり」
キョン「あと32本か・・・だが売り子が俺じゃーな」ガラガラ
古泉「お困りのようですね・・・んぐんぐぷはーミルキィ」
キョン「古泉!金払え!」
20: 以下、
古泉「実演販売をするんですよ」
キョン「なるほど!それなら客もくる・・・よし」
ハルヒ「きゃーっか!!!」
キョン「何でだよ」
ハルヒ「有希のおっぱいを誰かに見せるなんてイヤよ」
キョン「こんなもの売っといて何ほざいてやがる!」
長門「私はかまわない」
ハルヒ「うー・・・でも売れる為には仕方ない・・・か」
ハルヒ「実演販売するわよ!」
21: 以下、
ハルヒ「有希印ー有希印ー有希印のミルクはいらんかねー」
みくる「試飲いかがですかぁー」
長門「実演販売コーナーは千円」ピュー
キョン「すごい行列だな・・・部室がギュウギュウだぞ」
古泉「成果は大きいみたいですね・・・流石といいますか」
ハルヒ「そうだわ、みくるちゃんも」ジー
みくる「ひっ!私は出ないですよぉー」
キョン(出ろ、出ろ、出ろ、出ろ・・・)
25: 以下、
それから一週間が経った
売れ行きは上々・・・だったが教師に見つかり厳重注意を受けた
ハルヒ「なによアイツら・・・ホントは興奮してたくせに!」
キョン「販売停止されないだけマシだろ・・・ぷはーまろやか」ゴクゴク
ハルヒ「次の策を考えないといけないわね」
みくる「新メニューを作るのはどうですか?」
古泉「なるほど、長門さんのミルクを使ったスイーツを出せば・・・」
ハルヒ「ふむ、いいわね!」
キョン「お前のことだからどうせ変なものだろ」
ハルヒ「はぁ?新参企業がそんなことしても生き残れないのよ?もっと考えなさいよ」
キョン「ぐ・・・」
ハルヒ「それじゃ今まで得た資金で材料を買いにいくわよ!」
29: 以下、
ハルヒ「有希印のアイスはいらんかねー」ガラガラ
キョン「アイスか・・・まあ無難だな」
古泉「無難だからこそですよ」
長門「・・・」ピュー
キョン「長門はずっと座りっぱなしだな」
みくる「搾乳器を使ってるんですから当然ですよ」
リポーター「こちらが今話題の有希印ですか?」
キョン「テレビ局・・・!?」
有希印のナガミルクは地元のテレビで放送されさらなる人気を得た
30: 以下、
ハルヒ「ほら次の配達急いで!」
キョン「わかってるよ!」
ホワホワホワー
ハルヒ「キョン、ネット販売するからホームページ作りなさい」
キョン「まさか全国で展開する気か?」
ハルヒ「テレビにも紹介されたし・・・この波を逃す手はないわ」
ホワホワホワー
キョン「あーもう人手が足りない・・・!」
朝倉「・・・今のは、キョンくん?」
32: 以下、
キョン「はぁ・・・はぁ、終わった・・・」
朝倉「お疲れ様」
キョン「あ、朝倉?」
朝倉「私のミルク飲む?」
キョン「なん・・・だと?」
朝倉「冗談よ、これは長門さんのミルク・・・それじゃ頑張ってね」
キョン「ああ・・・んぐんぐ、二段熟マイルド・・・」
33: 以下、
朝倉のミルク濃そう
37: 以下、
キョン「配達終わったぞ」
ハルヒ「・・・変ね」
キョン「どうした?」
ハルヒ「ミルクの味がいつもと違うような気がするの」
キョン「気のせいじゃないか?どれ」ゴクゴク
キョン「ん?これ・・・さっき飲んだような」
ハルヒ「おかしいのよね・・・有希の体調が悪いのかしら」
長門「私は平気」ピュッ
キョン「んん・・・?」
39: 以下、
キョン(そんな異変を特に気にすることもなく一ヶ月が経った)
キョン「有希印のナガミルクはいらんかねー」ガラガラ
ドンッ
朝倉「きゃあ!」
キョン「あ、朝倉・・・すまん、大丈夫か」
朝倉「ええ・・・」
キョン「本当に悪い・・・よかったら一本持ってってくれ」
朝倉「そんな、悪いわ」
キョン「いいってほら」
朝倉「そ、それじゃ一本貰うわ」サッ
朝倉「頑張ってねキョンくん」
キョン「ああ、有希印ー有希印ー・・・」
朝倉「ふふ・・・」
40: 以下、
長門「ちょっとだけ痛い」ピュッピュッピュッ
ハルヒ「有希、今は我慢よ・・・ここで根を上げるワケにはいかないわ」
キョン「おい、2年の方売り切れだ」
ハルヒ「そう、じゃ次の配達よろしく」
キョン「はいはい」
古泉「流れが乗ってきましたね・・・ネットの売り上げも順調のようです」
ハルヒ「ええ!そしていつか雪印より凄い会社にするわ!」
41: 以下、
キョン「これで最後か・・・すいませーん」ピンポーン
キョン「ん、居ないのか?いやテレビは付いてるな」ガラガラ
キョン「・・・お金が置いてあるしまあいいか」
ニュース「レストランの偽装表示問題で・・・」
キョン「ふーん、メニューの偽装表示か・・・最低だな」
キョン「まあうちは大丈夫だろ」
プルルルル
キョン「古泉か、どうした?」
古泉「大変です・・・有希印に今大量のクレームが!」
キョン「なんだと!?」
44: 以下、
キョン「どういう事だハルヒ!」
ハルヒ「私にもわからないのよ!」プルルルルルルル
みくる「電話の嵐ですよー!」
古泉「ネットも炎上しているようですね・・・有希印のミルクは偽装・・・」
キョン「おかしいだろ・・・長門から出てるの見てるハズだぞ?」
ハルヒ「たぶん実演販売をやめたせいね・・・」
古泉「それに味が変わったという報告もされてます」
キョン「なんだそれ・・・どうすりゃいいんだ?」
46: 以下、
長門「原因はわかっている」
キョン「長門・・・」
長門「ここ一ヶ月、ナガミルクは私ではなく朝倉涼子から噴出されたものを販売していた」
キョン「そんなバカな・・・!」
長門「恐らく私から噴出されたと同時に書き換えられた」
キョン「事前に気づけなかったのか?」
長門「気づくのが遅かった」
ハルヒ「よくわかんないんだけど私たちこれからどうなるの?」
古泉「まだ公表はされていませんが、バレた場合この有希印は・・・」
ハルヒ「・・・ねえ、朝倉もミルク出るのよね?」
キョン「まてハルヒ、お前・・・」
ハルヒ「ええ、バレる前に捕まえて売り出すのよ!」
49: 以下、
ハルヒ「見つけたわよ朝倉涼子・・・観念しなさい!」
朝倉「な・・・なんのこと?」
ハルヒ「しらばっくれてもムダよ、アンタが有希のミルクを自分のにすり替えてたのはお見通しなんだから」
朝倉「そう、バレちゃったか・・・確かにここ二ヶ月売り出してたミルクは私のよ」
キョン「なんでそんな事をしたんだ?」
朝倉「上・・・いえ、私の方が上手くやれると思っただけ・・・それだけよ」
ハルヒ「それじゃアンタの味は伝わらないじゃない!うちに来なさい、そして朝倉涼子だけのミルクを売りましょう」
朝倉「涼宮さん・・・こんなことをした私を許してくれるの?」
ハルヒ「アンタの味、こんなところで終わらせるには早いわ」
朝倉「涼宮さん!」ピュー
52: 以下、
ハルヒ「有希印の新商品、朝倉骨太はいらんかねー」
朝倉「一日を決めるのは朝倉骨太!」
キョン「なんとかクレームは止んだか」
古泉「それは情報操作のおかげかもしれませんが売り上げは取り戻せていますね、朝倉骨太も好評のようです」
キョン「あとは・・・」チラッ
みくる「有希印の限定シュークリームでぇす」
キョン(なんで朝比奈さんのミルクは出ないんだよ!)
長門「実演販売も復活」ピュー
56: 以下、
キョン「そして3年の月日が経った」
CM「有希印のナガミルク」ピュー
キョン(有希印は雪印を越える企業へと成長したのだ)
キョン(卒業後俺は有希印の社員になった、そして長門や朝倉のほかにも鶴屋さんや森さんのミルクなど、ハルヒの願望もといバリエーションが増えていった)
キョン(ちなみに鶴屋さんのはカフェオレ風味である)
ハルヒ「ちょっと!発注間違えてるわよ!」
国木田「すいません!」
鶴屋「私のミルク飲んで元気出すっさ!」
国木田「んぐんぐ!ぷはー!ありがと!」
キョン(結局朝比奈さんはミルクが出ることもなく未来へ帰ったな・・・くそ、ハルヒのバカ!)
62: 以下、
ハルヒ「お疲れ様、帰っていいわよ」
キョン「ああ・・・」
長門「・・・」
キョン「ん、長門?どうしたんだ」
長門「大変・・・ミルクが出ない」スカッ
キョン「う、嘘だろ?」
ハルヒ「何かあったの?」
キョン「長門のミルクが出ないらしい」
ハルヒ「そんな!」
63: 以下、
古泉「ちょっといいですか・・・」
キョン「なんだよ、今大変だってのに」
古泉「どうやらここ最近涼宮さんの能力が弱まってるようなんです」
キョン「弱まってる・・・?」
古泉「ええ、最近は閉鎖空間も発生しないので気づくのが・・・このままでは雪印に元のシェアを奪われてしまいます」
キョン「なんとかならんのか?」
古泉「それが原因がわからないのです」
「いらんかねーいらんかねー」
キョン「ん?懐かしい売り言葉が聞こえるな・・・3年ぶりか」
「佐々木ミルクはいらんかねー」
キョン「な!?」
65: 以下、
佐々木「久しぶりだね、キョン」
キョン「佐々木・・・なんでお前が・・・」
藤原「フ・・・わかってるだろ?」
橘「涼宮ハルヒの能力は・・・」ピュッ
古泉「おやおや・・・これは・・・」
九曜「―――頂いた」ピュッ
キョン「どういうことなんだ・・・」
佐々木「もちろんシェアを頂きにきたのさ・・・キョン、君もね」ピュー
66: 以下、
ピュじゃねえよwwww
68: 以下、
九曜「―――出ない」
長門「・・・」スカッスカッ
佐々木「有希印は長門有希が主力、ミルクが出なければ勝ち目はないね」
キョン「お前らが有希印を潰しにきたのはわかった・・・だがなんで俺なんだ?」
佐々木「それは君がこちらに来てから教えるよ」
長門「それはさせない」
九曜「―――あなたは―――動けない」
長門「それでも彼を渡すわけにはいかない」スカッ
キョン「長門・・・」
71: 以下、
佐々木「では長門くん、このミルクを飲んでも同じことが言えるのかな」ピュー
長門「・・・これは・・・」
佐々木「君のミルクにそっくりだろう?」
キョン「ああ・・・有希印のナガミルクと同じ味だ・・・」
佐々木「というワケだ、キョン・・・有希印はおしまいだね」
朝倉「待ちなさい」ピュー
鶴屋「私たちがいるのを忘れてるっさ!」ピュッ
森「ミルクを奪ったのが一人だけなんて迂闊ね」ピュピュー
キョン「み、みんな!」
74: 以下、
佐々木「所詮はサブじゃないか・・・」
キョン「違う!有希印にはそれぞれに違った良さがあるんだよ!」
キョン「まず朝倉!朝の一本にちょうどいい!」
キョン「そして鶴屋さんは疲れたときの一杯!」
キョン「森さんはフルーティ!」
キョン「こんなにも違った良さがあるんだ・・・例え長門がいなくても有希印は終わらない!」
ハルヒ「そうよ!」
キョン「ハルヒ・・・まさか!」
ハルヒ「その代わりは私がやるわ!」ピュー
佐々木「そんな、まさか自分が・・・んく・・・んく・・・ぷはーまろやか!」
76: 以下、
佐々木「負けだ・・・こんなの勝てるわけがない」
長門「ありがとう・・・」
ハルヒ「いいのよ、有希はもう十分がんばったわ」ピュピュー
キョン「これは本当にうまいな・・・」
古泉「ええ、流石涼宮さんです」ゴクゴク
九曜「―――悔しい」
長門「貴方達は道を間違えた・・・」
ハルヒ「でもやり直せるわ、どう?うちに入らない?」
佐々木「そんな・・・僕は・・・」
キョン「お前のミルクとハルヒのミルクがあれば有希印も安泰だ」
佐々木「ありがと・・・キョン・・・本当に・・・」ピュー
こうして佐々木団が有希印の新たな戦力となった
77: 以下、
感動した
79: 以下、
興奮したすごく
82: 以下、
ハルヒ「追加いくわよー」ピュー
佐々木「はい!」ピュー
長門「私は以前よりミルクが少なくなったので直のみサービスを始めることにした」
キョン「あのな長門、そういうのはもっと・・・」
「直のみサービスはいらんかねー」
キョン「・・・またか」
みくる(大)「ミクルミルクはいらんかねー」
キョン「え・・・朝比奈さん!?」
みくる(大)「涼宮さんにミルクが出てから私にも出るようになったんです」
キョン「マ、マジですか・・・」
83: 以下、
みくる(大)「私でも今から有希印に入るのって遅いかな?」ピュー
キョン「いえ!」
ハルヒ「あれ?みくるちゃん・・・すごい成長したのね」
みくる(大)「ええ・・・それで、その」
ハルヒ「採用よ!」
みくる(大)「やったぁ!」ピュー
キョン「やれやれ、これで夢が叶ったな」ピュー
古泉「そうですね・・・」ピュー
有希印はこれからも人々におっぱいからミルクを届けてくれるだろう
おわり
84: 以下、
乙…ふぅ
85: 以下、
乙 全員のミルク飲みたいね
86: 以下、

続き・詳細・画像をみる


ナナリー「お兄様、血の臭いがします」ルルーシュ「……!!」

【画像】まどマギCG化したったwwwww

あんな子と遊んじゃいけません!

【画像】キツネとわんわんおがじゃれてる姿が可愛すぎる(*´ω`*)(10枚)

みんな〜〜♪

このボケてすげぇ笑ったwww

back 削除依頼&連絡先