村上春樹氏が4年ぶり総合1位、2度の首位獲得は史上初…オリコン『2013年年間“本”ランキング』back

村上春樹氏が4年ぶり総合1位、2度の首位獲得は史上初…オリコン『2013年年間“本”ランキング』


続き・詳細・画像をみる


 オリコンは2日、WEB通販を含む全国書店の推定売上部数を集計した『2013年年間“本”ランキング』
(集計期間:2012年11月19日?2013年11月17日)を発表。BOOK(総合部門)は、98.5万部を売り上げた
村上春樹氏の『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』(今年4月発売・文藝春秋)が年間1位となった。
 村上氏にとっては、2009年の『1Q84 BOOK1』(年間売上108.0万部・2009年5月発売)以来4年ぶり。
2度の年間総合首位は、2008年の同ランキング開始以来、全作家通じて初となる。
 『1Q84 BOOK3』(2010年4月発売)以来、3年ぶりの長編小説となる同書は、高校時代の友人4人から
何の心当たりもないまま絶縁され、心に傷を負った主人公・多崎つくるが、16年の時を経てその傷と向き合い、
真相を知るため旅に出る物語。4/22付の週間ランキングでは、齋藤智裕(水嶋ヒロ)の『KAGEROU』以来、
2年4ヶ月ぶりの週間30万部突破(37.2万部)を果たし、初登場首位を獲得。初ランクインから5週連続で
首位になり、ヒットを続けていた。
 また、文芸小説による年間1位は、2011年の東川篤哉『謎解きはディナーのあとで』
(2010年9月発売)以来2年ぶり。そのほか、百田尚樹氏『海賊とよばれた男』(昨年7月発売・講談社)は
上巻が4位、下巻が8位。池井戸潤氏『ロスジェネの逆襲』(昨年6月発売・ダイヤモンド社)が7位に入り、
文芸小説がTOP10内に、過去最多の4作ランクインした。
 また、総合2位は、84.7万部を売り上げた慶應義塾大学医学部放射線科の医師・近藤誠の
『医者に殺されない47の心得』(昨年12月発売・アスコム)。3位にタレント・阿川佐和子『聞く力
心をひらく35のヒント』(昨年1月発売・文藝春秋)が入った。
ソース:ORICON STYLE(オリコンスタイル)
http://www.oricon.co.jp/news/2031454/full/
画像:村上春樹『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』
http://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20131202/2031454_201312020722319001385924433c.jpg
色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年
(2013/04/12)
村上 春樹
商品詳細を見る
11
春樹の小説やパヤオ、三谷の映画は取り合えず見るってブランドになってるね。
満足度はともかく
24
アリス・マンローの翻訳もしてんのな。
恋しくて - TEN SELECTED LOVE STORIES
(2013/09/07)
村上 春樹
商品詳細を見る
25
『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』

傑作だよ。
非常に映画的な作品。
売れる要素がいっぱいある、30歳になった男の遅れてきた青春の物語。
主演はもう少し若かったら堺雅人で決まりだったけど
10年年食ってるしな。
桐谷あたりかな。
36
1984から3年もたってるのかー
40
まあバブル時代の空気を今につたえるという点では
少しは価値はあるかな?
こういう軽薄な価値観が覆っていた時代でありましたw
43
インテリアとしての本、という市場を開拓したな
45
>>43
ファッションとしての本じゃね?
インテリアとしての本なら、函入月報付の文学全集とかだろ。
44

続き・詳細・画像をみる


子猫の成長早すぎワロタwwww

【画像】絵を(漫画的な)描く人なんだがどうすればよくなるか教えてくれ

ドローンを用いた無人宅配技術、国際物流大手のUPSも開発を正式に表明

封筒に入れていたお金が抜かれていた。子供3人いるから誰の仕業かわからない

ヤフーニュースの写真のコイツら四天王みたいでワロタwwww

何故アニメの主人公(ヒロイン)は一番後ろの窓際の席なのか

back 削除依頼&連絡先