アメリカ人「イギリスで暮らしてみたけど、こんなところが気になる…」実際に戸惑った14のことback

アメリカ人「イギリスで暮らしてみたけど、こんなところが気になる…」実際に戸惑った14のこと


続き・詳細・画像をみる

1. お金のサイズ
ドル紙幣が小さいとも言うけど、ポンド紙幣はひとまわり大きいので、アメリカの財布に入れるとこうなるんだ。
(ちなみに硬貨も厚く、日本から持っていった貯金箱に1ポンドコインが入らなかったことがあります)
2. 電圧
どうしてこんなに電圧が高いんだ。シェイバーを充電したいだけなのに。(イギリスの電圧は230-240V、北米120V、日本100V。イギリスではポットのお湯もすぐに沸きます)
3. 英語なのに意味不明の言葉や看板
注射のことを“jab”と言ったり、自動車進入禁止のための杭を“bollard”と言うのがクレイジーだ。
4. 水とお湯が別々の蛇口。
どうして混ぜてくれないんだ。冷たすぎるか熱すぎるか、行ったり来たりだ。
5. タクシーの運転手
礼儀正しすぎる、どうして狂ったような運転をしていないんだ。
6. 番地のつけかた
ルールがよくわからない。
7. Netflix(オンラインDVDレンタル&映像ストリーミング)
お気に入りの番組が見られない。
8. Google
「Google.comではなく、Googl.co.ukで検索しますか?」
やめてくれ。
9. 為替
ブリトーとドリンクで9ポンドか、それほど悪くないな……待てよ。え? 15ドル? オレ今ランチに15ドルも払ったの?
(9ポンド=15ドル=約1500円)
10. クレジットカードのチップ
VISAが使えるって書いてあるじゃないか。チップの入ってないカードだけど、カードリーダーに通してくれてもいいじゃないか。
11. チップなし
え? 本当にチップ払わなくてもいいの? 不安だから置いていくよ。
(アメリカのウェイター・ウェイトレスはチップ前提の低賃金、イギリスではなくても十分な賃金。:参照)
12. アメリカ発のレストランに列
列が長いのでロープや警備員が必要って、それでイギリスの食事の質がわかるってものだ。
13. 地下鉄の料金システム
ややこしすぎる。
14. 電車とホームの段差に注意
電車とホームの段差もいろいろで、上がったり下がったりだ。設計者は水平について学ばなかったのか?
むしろ言葉や文化が似通ってるからこそ、小さな違和感が気になるのかもしれません。
15 Slightly Disconcerting Things About Being An American In London
イギリス式 月収20万円で愉しく暮らす (講談社プラスアルファ文庫)
posted with amazlet at 13.12.02
井形 慶子
講談社
売り上げランキング: 6,034
Amazon.co.jpで詳細を見る
関連記事
- 知らずに損していたかも…イギリスの学校で教えられている「3つのタイプ別学習法」
- イギリス人「手ばっかり使うアメフトをフットボールって呼ぶのおかしくない?」
- 有名人が住んでいたことを示すイギリスの青いプレート「ブルー・プラーク」に不思議なものがあると話題に
- 日本人なら共感できる?…ウィンブルドンのパンフレットが「イギリス人らしい」と話題を集める
- 「えっ?イギリス警察には紅茶を淹れるための車があるの!?」
- イギリスで犯罪が50%減ったという「厚紙で作った等身大の警官」がこれ
- これぞイギリス…美しいと感動されていた田舎の風景
共有Twitterfacebookはてブコメントご意見TB
コメント欄を表示する(0)
コメントする
名前
URL
情報を記憶評価--1(最低)2345(最高)顔星



※現在実験的にコメント欄を解放しています。
この記事へのトラックバック


続き・詳細・画像をみる


野党「おのれ石破!許し難い発言!ファッショ的で戦前を想起させる」 石破氏の「テロ」発言を審議追及へ

こんな生活嫌だ…独身37歳男性がこの週末を振り返りたい

ダウン症児の堕胎を強制しないことに偽善以外の理由ってある?

朗報…二郎ブログの大御所康太氏、仙台で3タテ!

反日同盟決裂! 中国と韓国 「醜悪バトル」修羅場

今ちゃんこと今田耕司が美容整形決意!! 婚活の為か!?

back 削除依頼&連絡先