蛍「センパイと夢の結婚」小鞠「ん?」back

蛍「センパイと夢の結婚」小鞠「ん?」


続き・詳細・画像をみる

1:
蛍「はい。お待たせしましたー」
小鞠「ごめんね。うちの朝食作りを手伝わせちゃって」
蛍「いえいえ。泊まらせてもらったんですから、これくらいはー」
夏海「姉ちゃんの言うとおりだよ。ほたるんはお客様だから、ウチみたいにゆっくりしてていいのに」
小鞠「いや、あんたは手伝いなさいよ」
………
夏海「うおっ!?なにこれっ!?」
小鞠「蛍が作った卵焼き甘い?美味しい?」
兄「」ウン
雪子(夏海母)「本当だね。すっごく美味しいよ。蛍ちゃん」
蛍「いえいえ、そんな。私なんてまだまだですよ」
雪子「嫁に欲しいくらいだわー」
蛍「よ、嫁なんてそんなー//」カァー
雪子(兄ちゃんの嫁にね)
蛍(センパイの嫁…えへへ//)
のんのんびより 2 (MFコミックス アライブシリーズ)
----------------------------------------------------------------------------
3:
蛍(今で幸せだったから考えてなかったけど…センパイと結婚か?憧れるな?)
蛍「えへへ?」
雪子「…」
雪子(この反応…まんざらでもないみたいだね)
雪子(家事完璧。おまけに美人だなんて、最高じゃないか)
雪子(ったく兄ちゃんには勿体ないくらいだよ)
夏海「もうっ!母ちゃんってば、ほら早くご飯食べよう」
雪子「そうだね。冷える前に食べないとね」
4:
 
………
蛍(センパイと一緒にテレビ…センパイを抱っこしながら見たいな?)
女『その出来ちゃったの…』
男『…ちっ。面倒だな。ちゃんと降ろしておけよ』
女『え?』
男『元々お前とガキ作るつもりねーから。じゃあな』
女『そ、そんな…』
小鞠「…なにこれ…チャンネル変えよっか」
蛍「そうですね…」
小鞠「赤ちゃんが出来たって事は、ちゃんと愛し合っていたっていう証なんだから」
小鞠「そういう時はちゃんと責任取らないとダメだよね」
蛍「そうですよね」
6:
蛍(…)
蛍(あっあああああああああああああああああああ!)
蛍(どうやったらセンパイと結婚できるか…悩んでたんだけど)
蛍(できちゃった婚!!!)
蛍(そうだ!赤ちゃんが出来ちゃえば…センパイは絶対に責任取ってくれるはず…)
蛍「そうです!その通りですよね!センパイ」
小鞠「う、うん?」
■夜
蛍「センパイと結婚するって決まったし、結婚生活の予行練習をしないと…」
蛍「そのためには今晩中にこの『こまぐるみ365号』を完成させて…」
8:
■次の日
こまぐるみ365号「ただいまー」
蛍「お帰りなさいセンパイ。お風呂にします?ご飯にします?それとも…」
こまぐるみ(略)「?」
蛍「っ?ん//こんなの恥ずかしくて言えません//」
こま「…」
蛍「…」
こま「?」
蛍「れんちゃん!台詞台詞!」
ヌギヌギ
れんげ「こまちゃんの着ぐるみ暑いのん」
蛍「れんちゃん!出たらダメだって、そんなんじゃ報酬の駄菓子屋のお菓子は無しだよ?」
れんげ「それは困るん。頑張るん」
蛍「うん♪一緒に頑張ろうね」
9:
 
……………
夏海「今日はれんちょん休みか?」
蛍「はい。何でも昨日ぐったりして帰って…今日は風邪ひいちゃって…ということらしいです」
蛍(昨日はやりすぎて、ごめんね。れんちゃん)
小鞠「ねえねえ、蛍は子供も何人欲しい?」
蛍「へ?え?」
夏海「あー、昨日のドラマで主人公とヒロインが結婚式あげて、姉ちゃんすっごく感動しちゃってさー」
小鞠「いいじゃん別に…大人の女性なら結婚に憧れるものなの!」
蛍「そうですよね。私も憧れます」
11:
夏海「何で頬を染めてるの?さては…好きな人がいるなー?」
蛍「え?いえっ、べつにそんなことは」
夏海「でも、兄ちゃんにはまだ結婚は早いと思うんだ」
蛍「まぁ、そうですよね?」
夏海「うんうん」
小鞠「で、蛍は何人欲しい?」
蛍「そうですね…うーん、双子とかいいかも…」
小鞠「双子か…そっか。双子いいねっ!」
蛍(センパイとの子供…双子…)
13:
■妄想中????????????????????
娘?「こまーこまー」
娘?「こまーこまー」
蛍「センパイ!?二人が…二人が初めて言葉を!」
小鞠「さすが私と蛍の子供だねっ。絶対に早いしすごいよ!」
娘たち「こまーこまー」
蛍「ふわぁ…//」
小鞠「もうっ。だらしない顔してる蛍も可愛いよ」
蛍「だ、だって子供たちが可愛すぎるのがいけないんです」
小鞠「えへ?。蛍も可愛いし私は幸せ者だな?」
蛍「えへへ?。私も幸せです?センパイ」
????????????????????????
蛍「えへっえへ?えへへ?」
小鞠「蛍!ヨダレ!ヨダレ!」
15:
蛍「えっ!?あっ」
フキフキ
小鞠「んもー。蛍ってばまだまだ子供なんだから」
蛍「ありがとうございます」
蛍(ぴょんぴょんジャンプしながら拭いてくれるセンパイ可愛いよぉ?)
16:
 
……………
一穂(先生)「本日はれんちょんも休みだし、自習ではなく授業をするね」
夏海「あれ?兄ちゃんまだ来てない?」
一穂「ああ、兄ちゃんは別室で自習」
一穂「本日はすっかり忘れていた…いや、忘れてたんじゃなくて、時期になったので」
一穂「赤ちゃんの作り方について教えます」
夏海「おぉー」
17:
一穂「そういえば、ほたるんって子供の作り方知ってるん?」
蛍「え?あっ、一応…」
一穂「やっぱり東京の学校は進んでるんな?」
蛍「愛し合っていれば、そのうちできるんですよね?」
小鞠「」ウンウン
一穂「そっかー」
一穂「じゃあ、先生が話しても偏見とか入っちゃうから、学校から配布されちゃうビデオを見てね?」
夏海「なんかいつもの自習と変わらない気が…」
一穂「はいはい?。ビデオ中は私語禁止ね?」
18:
田舎の学校は進んでるなあ
21:
 
………
一穂「はい、終了?。どうだったかなー?まぁ、こういう行為はちゃんと責任を持ってやってて事で」
一穂「今日は授業終了ね。明日はれんちょんと兄ちゃんも入れて普通に授業するから、この話題は学校で禁止ね」
一穂「ああ、質問があったら親御さんに詳しく聞いてね」
小鞠「…」
小鞠(ま、まぁ、そうだよね。コウノトリさんが運んでくるわけないよね)
小鞠(で、でも、お母さんとお父さんがこんな事をやってたなんて…)
小鞠(うぅ…ちょっと今は会いたくないかも…)
夏海「姉ちゃん帰ろっか…って、なんでガーンって顔してるの!?」
小鞠「…はぁ?。あんた顔真っ赤で涙目だよ」
夏海「そ、そんなはずないもん!」
23:
一穂(みんな普通の反応だね?)
一穂(私達が教えてもらった時は…)
一穂(楓は『まぁ、こんなもんだと思ってた』って、驚きもせず)
一穂(このみは『いやーキャーキャー』ってハシャいでたなー)
一穂(懐かしいねぇ?)
25:
一穂(って、あれ?ほたるんが…)
蛍「うぅぅ…」ポロポロ
夏海「ほたるん!?大丈夫?」
蛍「うぅぅ…」
小鞠「そ、そうだよね。蛍は小学5年生だもんね。ショックが大きいよね」
蛍「わぁーん」ポロポロ
蛍(センパイと結婚できないよぉぉぉぉぉぉぉ)
26:
本気で結婚するつもりだったんですか
http://www.amazon.co.jp/dp/4091355781/
27:
 
ナデナデ
蛍「しぇんぱい?」
小鞠「大丈夫。大丈夫だよ。蛍」
蛍「でも…」
小鞠「ほら、ビデオにもあったけど、愛し合っていれば自然とそういう行為をとっちゃうって…」
小鞠「私も正直怖いけど…好きな人が出来たらどうなるかわからないし…」
小鞠「それにほら、いざとなったら、養子っていうのもありだと思うの」
蛍(養子!?)
小鞠「世の中には不幸な出来事で親がいなくなった子も多いと思うし…」
29:
小鞠「って、あははは。ちょっと暗い話になっちゃってごめんね」
小鞠「どうせまだ、そんな歳じゃないし、それはその時になってから考えようよ」
蛍「そうですね!」
夏海「おぉ!ほたるんが復活した!」
蛍「そうです!その通りです!センパイ!」
小鞠「やっぱり蛍は元気なのが一番だねっ」
蛍(センパイと養子を貰っちゃえばいいんだ!)
31:
蛍(将来、センパイとの子供が欲しくて…養子を貰っちゃいました♪)
蛍(って、言えばセンパイは籍を入れてくれるはず!)
蛍(センパイとの子供じゃないけど、そんなの関係ないよね!)
蛍(家族にさえなれば全部解決だよねっ!)
32:
むしろ先輩を養子に取る選択肢
33:
蛍(さすが!センパイ!こんな先の事まで考えての『養子』発言なんて!)
蛍(私まだまだでした!)
蛍「さすがです!これから頼りにしますね!センパイ!」
小鞠「え?うん、まぁ私の方がお姉さんだし、もっと頼ってよ」
蛍「はい!」
蛍(それにしても、将来…センパイとの夢の結婚生活…楽しみだな?)
蛍(えへへ?)
  終わり
続きまして
小鞠「遂に私も大人の仲間入りをしたんだよ」蛍「!?」
をお送りいたします
34:
小鞠「実はね…うふふ…」
蛍「どうしたんですか?」
小鞠「飲んじゃったの」
蛍「?」
小鞠「お酒」
蛍「えぇ!?大丈夫ですか!?」
小鞠「うふふ。でも全然大丈夫だったの。さっすが私、もう体は大人になりつつあるんだね」
蛍「お、大人…ちなみに何てお酒だったんですか?」
小鞠「ん?確か…シャンパン…じゃなくて、シャンメリーだったかな?」
小鞠「ちょっとだけ顔が火照っちゃった程度で、全然大丈夫だったんだ」
蛍「そ、そうなんですね」
35:
小鞠「あっ、大人っぽいって言えば…ちょっと待ってて」
蛍「はい?」
■数分後
小鞠「じゃじゃーん」
蛍「!?」
小鞠「この前、都会に行ってお母さんに新しい服を買って貰ったの」
小鞠「最近、夏海のお下がりだったから…『妹の服は嫌!』ってお母さんに勇気を持って言って」
小鞠「そして、買って貰ったんだー」
蛍(センパイ…すごく嬉しそう…)
小鞠「ふふ?ん♪」
蛍(でも、どう見ても園児服にしか見えない…)
36:
小鞠「お母さんとか店員さんにも『似合う』って褒められたんだけど、どう?」
蛍「そ、そうですね。に、似合いますよ」
小鞠「んふふ?♪さっすが蛍!」ペカー
蛍(っ!?センパイの笑顔がすっごく可愛い!生きててよかったよぉー……でも、罪悪感が…)
小鞠「まったく、夏海やれんげ、お兄ちゃんは『子供っぽい』ってバカにしてくんのよ」
小鞠「やっぱり大人の魅力は子供にはわからないわよねー」
蛍「あ、あははは」
37:
蛍「あっ、そういえば、今日はお願い事があるって言ってませんでしたっけ?」
小鞠「あっそうそう」
小鞠「これ、これ私が小さい頃好きだった小吉さん」
蛍「夏海センパイから聞いてましたが…これが…」
小鞠「今は使ってないんだけど、小さい頃大好きだったんだ」
小鞠「でも、ほらボロボロでしょ?それで蛍に直してもらえないかなって」
蛍「全然構いませんよ」
小鞠「やったー。蛍ありがとー」
ダキッ
蛍「きゃーーーーー♪」
39:
ほたるんのこまぐるみ1個わけて欲しい 性玩具として使いたい
41:
この>>1はできるやつだな…
42:
 
………
蛍「えーと…ここはこうして…」
小鞠「ふんふん」
蛍(ど、どうしよう)
蛍(センパイが私の膝の上に座って、小吉さんを縫ってる所を真剣に…)
蛍(だ、だめ…センパイが可愛すぎて集中できないよぉー)
43:
小鞠「蛍ーどうしたの?手が止まってるよ?」
蛍(キャーーーーー)
蛍(膝上からセンパイが見上げて!?)
蛍(ダメ…もうっダメぇぇぇぇぇぇ)
小鞠「?」
  終わり
続きまして
夏海「突撃!お隣の部屋!」
をお送りいたします
46:
夏海「今日は父ちゃんと母ちゃんは親戚の法事に…」
夏海「姉ちゃんはほたるんの家にお泊まり」
夏海「兄ちゃんは星を見るためにキャンプにお出かけ…」
夏海「というわけで、今日の越谷家は夏海ちゃんの物ーーー」
夏海「イェーイ!何しても怒られないーーー最強ーーーー」ゴロゴロゴロゴロ
夏海「…」
夏海「まぁ、いつもどおりダラダラやっててもつまらないし、変わった事やろう…」
夏海「そうだ!姉ちゃんと兄ちゃんの部屋で何か面白い物探し!」
47:
■小鞠の部屋
夏海「まずは姉ちゃんの部屋っと…」
夏海「と言っても、何がどこにあるかだいたい知ってるんだよなー」
夏海「まずは…」ゴソゴソ
………
夏海「う?ん…面白いものないなー」
夏海「あっ、これはほたるんの形をしたぬいぐるみ」
夏海「そういえば、ほたるんが姉ちゃんにプレゼントしてたような…」
夏海「ほたるんってぬいぐるみ作るの好きなんだなー」
夏海「…」
夏海「あれ?目にカメラ…………………………があるわけないよねーあはははは」
49:
■蛍の家
蛍「ふぇっ!?」
小鞠「蛍?どうしたの?」
蛍「あっ、いえ…なんでも」
小鞠「ふーん」
蛍(カメラの1個が見つかっちゃった…明日回収に行かないと…)
50:
カメラwww
51:
■兄の部屋
夏海「次は兄ちゃんの部屋!」
夏海「兄ちゃんはガード堅いから、中々物色させてくれないんだよねー」
夏海「えーと、机の引き出しを全部外してー、引き出しの奥の謎の隙間にー」
夏海「やっぱり、あったー。エロ本ー」
夏海「あはははは。猫耳ナース特集とかー変なのー」
ペラペラ
夏海「あはははははははははは」
…………
夏海「さて、全部燃やすか」
52:
ド田舎でエロ本買ったら顔割れ必死だよな
55:
■数分後
夏海「全部燃やしたし、他に何かないかなー」ゴソゴソ
夏海「あっ、写真…ウチと姉ちゃんと兄ちゃんが写ってる…」
夏海「…」
夏海「そっか…兄ちゃん…こんな写真を引き出しに入れて、いつでも見れるように…」
夏海「…」
夏海「さっきは酷い事しちゃったかな……うん」
57:
■次の日
夏海「あれ?ほたるん、どうしたのこんな早朝に」
蛍「あっ、いえ、その…センパイの部屋に忘れ物を…お邪魔してもいいですか?」
夏海「べつにいいけど」
蛍「す、すみません」
兄「」ガタタッ
夏海「あれ?兄ちゃん帰ってたの?おかえりなさい」
兄「」ウン
夏海(兄ちゃんが自分の部屋に入って行った)
兄「!?」
夏海「どうした兄ちゃん!?変な声が聞こえたけど!?」
兄「」
夏海「真っ青になったり真っ赤になったりして、信号機見たいだよ?」
兄「」ウウン
58:
夏海(あっ、そういえば昨日、悪いことしたなって反省して…エロ本の隠し場所に…)
夏海(ウチの水着写真を入れておいたんだっけ…)
兄「」ウウンウウン
夏海「あははは」
夏海(兄ちゃん真っ赤になって、そんなに嬉しかったのかなー)
夏海「兄ちゃんグッジョブ!」
兄「!?」
59:
 
………
小鞠「あれ?朝になったらなぜか隣にいた蛍がいない…」
小鞠「仕方ないからテレビつけたら、私の部屋が映ってる…」
小鞠「そして、私はなぜか裸…」
小鞠「…」
小鞠「なんだこれーーーーー!」
  終わり
63:
ほたるんはヤってしまったか…
61:
おつかれちん
7

続き・詳細・画像をみる


【悲報】 女子が教える「絶対ムリ!な異性の趣味」が酷い件www

韓国こそ国が慰安婦を管理し人権侵害的強制収用を行いその歴史を抹消し現在も売春大国なのではないか

舐めれば舐めるほど怪しく光る…発光する「不思議なアイスクリーム」が発明される。英

画面にキスをしろ!って演出あったらするの?

結構ガチで中国と戦争になるんじゃね?

国家公務員に内定してから1ヵ月経つけどモテすぎワロタwwww

back 削除依頼&連絡先