中に何か入ってる?嘘みたいに大きい、世界10の巨大ペットたちback

中に何か入ってる?嘘みたいに大きい、世界10の巨大ペットたち


続き・詳細・画像をみる

1. ジャイアント・ジョージ(グレート・デーン)
 米アリゾナ州のツーソン市に住むジャイアント・ジョージは体高約109cmのグレートデーン。彼は2010年2月15日、"存命する最も背の高い犬"、そして"史上最も背の高い犬"という二つの世界記録を保持した。
 ジョージはアメリカの”The Oprah Winfrey Show ”と ”Live with Regis & Kelly” という2つ番組に出演し、米国内で多くのファンがいた。さらに驚くべきことに、ジョージは"Giant George: Life with the World's Biggest Dog" という本まで出版していて、Twitterアカウントもちゃんと持っている。
 しかし残念なことに2013年10月17日、ジョージはこの世を去ってしまった。8歳の誕生日を1ヶ月後に控えていた矢先の出来事だった。
2.アーリック(ノルウェージャン・フォレスト・キャット)
 アーリックは、この品種の一般的な大きさの2倍のサイズだ。体重はなんと約14kgもあり、イギリスの獣医による動物医療のチャリティ団体PDSA主催のフィットネス・コンテストで、最も重い体重の猫としてファイナリストになった。
 アーリックはダイエットに取り組んでいるにもかかわらず、生後15ヶ月の時点で8kgという体重を記録した。問題は彼が食べ物をこよなく愛する猫だ、ということに尽きる。アーリックは食事に不満があると、妹のウーラの餌が入ったボウルにのっそりと近づいて行き、ごっそりと食べつくしていく。英ドーチェスター市在住の彼の飼い主、ジャン・ミッチェルは、困りはててアーリックをフィットネス・コンテストに登録、彼に紐を付けて、運動させようとした。
 あらゆる手を尽くしたものの、本人のやる気のなさからダイエットはことごとく失敗。途方に暮れた飼い主は、イギリスの獣医師によるチャリティ団体、PDSAに頼ることにした。アーリックは今年、"半年間の厳しい食事療法とエクササイズに取り組まされた太りすぎの動物"という名目で選ばれた21匹の中の1匹になった。
3.ゴールディー(金魚)
 英ケント州フォークストン市のゴールディは、世界最大の金魚のタイトルを手に入れた。そのサイズは2008年の時点で約38cm、幅13cm、体重は910gオーバー。彼の飼い主が100円程度でゴールディを購入した時、その大きさはたったの2.5cmしかなかったが、15年後には記録を破るサイズまでどんどん成長した。小さな水槽だったにもかかわらずだ。
 スーパーサイズの金魚はゴールディだけではない。2010年6月、イギリスの田舎町キャンバリーにあるプールズレイクで16歳のニック・リチャードが約41cm、体重2kgの金魚を捕獲した。世界最長の金魚は、オランダのハーペルト在住のジョリス・へイスバースが飼育している金魚で、2003年3月24日の時点で口先から尾の端までの長さが約47.5cmもあるそうだ。
4.ラルフ(ウサギ)
 英国の4歳のウサギ、ラルフの体重は約25kg。彼は2010年までギネスブックの"世界最大のウサギ"として君臨していたが、ここ最近は同品種の"ダリウス"にその座を奪われていた。だがラルフは今年になって見事にその地位を奪い返した。
 この恐ろしく巨大なウサギは、週に7,400円分の餌をモリモリと食べる。日々の食事の内容は、キャベツ、ブロッコリー、トウモロコシ(軸付き)、きゅうり半本、ニンジン一本、スイートコーン(粒)、黒パンのスライス2枚、リンゴ2個、クレソン半袋分とクラッカーという内容だ。
 ラルフは大型ウサギの血統を引いていおり、彼の母親であるエイミーは5年前に心臓発作でなくなるまで"世界最大のウサギ"としての記録を保持していた。そこに立派な体重の持ち主である父親の遺伝子が加わり、息子であるラルフの記録を更新させたようだ。
5.ゼウス(グレート・デーン)
 ゼウスは体高約112cmのグレート・デーンで、"世界一背の高い犬"として2013年度のギネスブックに記録された。かつてこの部門でトップだったジャイアント・ジョージの記録を2.5?ほど上回るゼウスは、"史上最も背の高い犬"として歴史に名を残すことになった。
6.サミー:(リクガメ)
 約52kgの体重を誇る巨大なカメのサミーは、米カリフォルニア州に住むケヅメリクガメだ。サミーが注目を浴びるのは、ペットとして飼育されているリクガメとしては世界最大であるというだけでなく、その飼い主がサンフランシスコを拠点とするNFLのチーム、サンフランシスコ・フォーティナイナーズのクォーターバックであるコリン・ランド・キャパニックだから、ということも多いに関係している。
 15年前、キャパニックがまだ少年だったころ入手した時のサミーは、彼の手のひらにピッタリな大きさだった。その後、新鮮なクローバーやリンゴ、そして葉っぱなどを食べながら健やかに成長し続けている。
7.ゾルバ(イングリッシュ・マスチフ)
 ロンドンに住むイングリッシュ・マスチフのゾルバは、体重約156kgという、史上で最も大きな犬としての記録を残し、ギネスブックに登録されている。鼻から尾の先までの長さは約2.5mあり、肩までの高さは94cmあった。
この測定記録は1989年11月のもので、当時彼は8歳だった。今もゾルバが生きていたら、彼はほぼ間違いなく"存命中の世界最大"としてギネスブックに記録を保持しつづけることができただろう。
8.ゲイリー(カピバラ)
 ゲイリーは体重約51kgもあるカピバラで、ペットとして飼育されているげっ歯類の中では世界最大という肩書きを持つ。主に南米に生息するこのキュートなげっ歯類は、米テキサス州に住むカップルに育てられている。2人はアーカンソー州のブリーダーからゲイリーを引き取った。
 ゲイリーは家族の一員となり、飼い主達のプールで泳ぎを楽しんでいる。カピバラは長時間水で過ごすことが多いという習性から、この飼い主達はゲイリーの為、プールを建てる羽目になってしまった。ゲイリーは自分専用のベッドに眠り、この家族が飼育する馬、ウサギ、リクガメ、犬、そして猫といった動物達の中で幸せに暮らしている。
9.バンディット(アライグマ)
 バンディットは米ペンシルベニア州パーマートンに住むアライグマで、ギネスブックで"世界一太ったアライグマ"と認められてから脚光を浴びた。
 バンディットが巨大化したのは、甲状腺の病によるものだ。彼は1匹のメス犬とその子犬に面倒を見てもらっていたが、後にペンシルベニア州のパーマートンに住む女性に引き取られた。2004年に彼が亡くなった時、その体重は約35kgになっていた。
10.ステューウィー(猫)
 ステューウィーは米ネバダ州に住む体長約1.2mの長い猫で、"世界一体が長い飼い猫"と"世界一長い尻尾を持つ猫"という2つの記録を持っている。
 また、ステューウィーは、近所にある老人施設をちょこちょこ訪問するセラピー・アニマルとして認定された。残念ながらガンを患ったステューウィーは闘病の末、2003年2月にこの世を去ってしまった。
via:10 of the World's Biggest Pets・原文翻訳:R
▼あわせて読みたい
室内で飼うにはあまりにも無謀な、世界どでかいペット犬16匹
世界記録を持つ、9種の巨大動物たち
世界最大にして最年長のウォンバット、大きくても抱っこが大好き。
世界最大のワニ、カシアス・クレイさん。110歳の誕生日は生肉ケーキで。
世界を震撼させた巨大猫たち
この記事をシェア :
スポンサードリンク
- twitter公式アカウント
- facebook公式ページ
- Google+公式ページ
- カラパイア全記事一覧
「動物・鳥類」カテゴリの最新記事
「動物・鳥類」カテゴリをもっと見る
この記事をシェア :
おすすめ記事

Facebook
コメント
1
1. 匿名処理班
- 2013年11月21日 12:31
- ID:mxdraqQS0 #
短命が多いな
でかいとそれだけ体に負担がかかるのだろうか
2


続き・詳細・画像をみる


Googleで思わず検索したくなるワード上げて笑ったら死亡

来年から大学生だけど入学祝で50万じいちゃんがくれるらしい

【アルジェリア】W杯出場祝う騒ぎで12人死亡、240人負傷

金田だけど名前で在日韓国人認定するのいい加減にして欲しい

香港の街並み凄すぎワロタwwwwwwwww

ナインティナイン矢部浩之の身長wwwwwwwwww

back 削除依頼&連絡先