P「事務所にローターを置いてみた」 【後編】back

P「事務所にローターを置いてみた」 【後編】


続き・詳細・画像をみる

3:
まさか絡みシーンで止まるとは俺も思わなかった。
響編以上に更新遅れてしまって申し訳ない。
ミキミキかわいいミキミキ。
これで7人。安価ァ!
>>315
314:
乙ぅううううううう!
おまえら今、絶対安価狙ってるだろwww
ちくしょー!俺が踏み台になってやるよ!
>>315に真美を託す!俺の屍を越えてイケっ!
315:
亜美真美
姉妹丼ダメなら真美
316:
>>315
あ゙り゙が ど ゔ……(ポロポロ
318:
このスレで友情を越えた何かを見つけた気がするぜ・・・
さぁて総員前屈みに備えよー
319:
P「あぁ……俺はなんてことを…」
P「まさか美希が危険日だったなんて…」
P「俺と美希の子どもか……………悪くない…ってダメだ!」
P「美希はまだまだ輝ける!」
P「はい、では次のローターアイドルいってみよー」(軽く現実逃避
ガチャ
真美「はろはろー!みんなー!双海真美様の登場だぁい!」
シーーーーーーーン
真美「あり?誰もいないの??今日は亜美も竜宮で仕事だし真美暇だよー」
真美「兄ちゃんもいないんじゃつまんないよー」ブーブー
真美「誰か来るまでテキトーに時間つぶしてよーっと」トテトテ
別室
P「真美がやってきた」
P「思春期入りたてのちょっとおませな女の子」
P「当然ローターなんぞは知らないと見える」
P「これは難しいかなー」
事務所
真美「あれ?机の上になにかあるー!お菓子かな?ピヨちゃんが置いてってくれたのかも!」
真美「んっふっふ?♪今なら誰もいないし食べちゃ……ってナニコレ?」ヒョイ
真美「うあー、お菓子じゃないじゃーん。お菓子じゃないなら興味無いや」ポイ
別室
P「ポイて」
P「まぁ予想通りなのではあるが…」
P「動かしてみよう」カチッ【スイッチON】
322:
事務所
ヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴ
真美「な、なに!?何の音!?」キョロキョロ
ローター「ヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴ」
真美「!?」ビクゥ!
ローター「ヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴ」
真美「うあー!なんかこれ動いてるよー!><」
カチッ【スイッチOFF】
ローター「………」
真美「と、止まった…?」
真美「…………」
ローター「……………」
真美「……」ソーーっと
ローター「……」
真美「」ツン
ローター「……」コロ…
カチッ【スイッチON】
ローター「ヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴ」
真美「うわあああああ!?」ズザザザザッ
カチッ【スイッチOFF】
ローター「…………」
真美「はぁ…はぁ…び、ビックリしたぁ…」ドキドキ
323:
別室
P「これは……もしかしてもしかするぞ」
P「いいハプニングを期待せざるを得ない」
事務所
真美「……」ジーーッ
ローター「……」
真美「……」ジーーッ
ローター「……」
真美「……」ソーーっと
ローター「……」
真美「」ツン
ローター「……」
真美「」ツンツン
ローター「……」
真美「な、なんなのさこれぇ…」ドキドキ
ローター「……」
真美「……っ」そっと手に取る
ローター「……」
真美「う、動かないでね…」ドキドキ
ローター「……」
真美「ど、どうやって動いてるんだろ…」ドキドキ
P(今だァァァァァァァァ!!!!)カチッ【スイッチON】
ローター「ヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴルァァァァ」
328:
真美「うわああああああああ!!!」ツルッ
ローター「」ヒューーーーーー
真美「う わ あ あ あ あ あ あ あ 」(スロー再生)
ローター「」ヒュ ー ー ー ー ー
別室
P「こ れ は !?」
P「真美が驚いて思わずローターを離し!」
P「ローターが宙に舞う!」
P「そ し て !」
事務所
ローター「」スポッ
真美「ひゃあ!?」ビクゥ!
別室
P「キタァァァァァァァァァァァァァ!!!!!」カチッ【スイッチON】
事務所
真美「うわああー!ふ、服の中に入っちゃったよー><」
ヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴ
真美「!?」
真美「う、動いて…!?」
ヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴ
真美「んっ//////」ピクン
真美「ま、真美…変んな声出ちゃった…ど、どうして…/////」
ローター「ヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴ」
真美「あっ////……ま、また////」
ローター「ヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴ」
真美「んんっ//// あ……ま、真美のブラに引っ掛かって//////」ビク!
330:
ガチャ
P「ただいま戻りましたー」
真美「あ…/////に、兄ちゃん…/////」
ヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴ
真美「んっ////(や、やだぁ…声が出ちゃうよぉ…/////)」
P「真美?ど、どうしたんだ…?」
P(ククク…可能性は限りなく低かったが成功した。やはり持っているな)
真美「んっ…////に、兄ちゃぁ…っん…////真美…なんだか変だよぉ…/////」
ヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴ
真美「んっ……ふ…ぅっ…/////」
P(おいおい…真美ってこんな色っぽかったか…?)
真美「んふ…ぅ…ッ!(さ、さっきからち、乳首にあた…当たって…/////)」
真美「兄ちゃ…ん…真美の服の中になんか入っちゃったから……その…取って…んっ…欲しいぅ…な/////」
P「ええぇ!?」
真美「だ、、、だめ、、かな//////」ビクン
P「私に任せなさい」(`・ω・´)キリッ
P「それでどこらへんなんだ?」
真美「真美の…む、胸のあたり……っん//////」ビクン
P「わかった」ゴソゴソ
真美「…ひゃ////兄ちゃんの手…ちめたい/////」ビクッ
P「ごめんなー、でも我慢してなー」ゴソゴソ
335:
真美「んっ……あ…//////」ピクン
P「ほう」ふにふに
P(もうローターはいらないか?)カチッ【スイッチOFF】
真美「あぅ…/////兄ちゃ……んっ…ま、まだぁ?//////」
P「まだだ。んーどこにあるのかわからないなー(棒」ふにふに
真美「うぁ…////そこはちが…ッう…よぉ…/////」ピクン
P「あー、違ったかーごめんなー。んじゃぁここかなー?」ふにふに
真美「はぁっ……はぁ…んっ…兄ちゃん……そこお、同じとこだよぉ…っ//////」
P「あちゃー、そうだったかー」
プチッ
真美「はぁ……はぁ……んくっ…兄ちゃあ…ん/////」ポーッ
P(ブラを外されても気づかない…。OKの合図でいいんですね?)
真美「兄ちゃん……真美…む、胸の…さ……先が…その…//////」
P「乳首がどうした?おかしいのか?どれどれ…」クリクリ
真美「あんっ/////」ビクン!
真美(な、何!?兄ちゃんに触ってもらってから…真美…なんだか熱くて…切ない…/////)
P「もう服を脱いだ方が早いな」脱がし脱がし
真美「んっ…兄ちゃん……早く…続き…//////」
P「まったくしょうがない子だなー真美は」ちゅっ
真美「!?」
真美(兄ちゃんから…キキキキキス///////)
真美「ちゅ…んちゅ……ッ!?」
真美「兄ちゃ…し、しはが…んんんっ/////(お、大人のキスだぁ//////)」
342:
P「ちゅ…れろ……んちゅ…っはぁ…!」ツーー
真美「はぁっ…はぁっ…兄ちゃ……ん…もう一回…/////」
P「今度は真美からしてごらん?」
真美「そ、それは……恥ずかしいよ……ぉ///////」
P「真美マダー?」
真美「………うぅ//////」
P「んーっ」
真美「………ちゅ/////」
P「きゃっ////」
真美「兄ちゃん変な声出さないでよー////
P「だって真美が…////」
真美「もうっ////兄ちゃん/////も一回////」
P「わかったわかった。んじゃ……ちゅ…んっ…」
真美「ふあ…/////ちゅっ……ちゅる…んっ…ぁう…/////」
P「真美の口は気持ちいいなぁ…れろれろ…んちゅぅぅぅぅ」
真美「んんんんんっ//////ぅあ…んちゅ…っぷはぁ…はぁっ…////」ポーーっ
真美「兄ちゃん…真美…おかしいのかな…?/////」
P「おかしくなんかない。とっても綺麗だよ…」ギュッ
真美「//////////////」
P「真美…」スッ
真美「うぁ…/////」ビクッ
真美(ま、真美のお尻…触れてる/////)
344:
P「真美のお尻はプリチーセクチーだなぁ」さわさわ
真美「んっ////兄ちゃん…っ…触り方がいやらしいよ/////」ピクン
P「真美のお尻のワレメ」ツーー
真美「やんっ/////えっちぃよ兄ちゃん/////」ビクッ
P「んー、どこらへんがえっちぃのかなぁ?」さわさわ
真美「んっ////兄ちゃん恥ずかしい////んんんっ////」ビクビク
P「おっと、間違えてお尻の穴を触ってしまった」
真美「そこはほんとに汚いから……ぁっ////だめぇ…/////」
P「汚くないさ。俺が証明してやる」
真美「えっ」
P「えいさっ」ぎゅむ
真美「!?!?!?」
真美(兄ちゃんが真美のお尻に顔をうずめてる//////)
真美「………んんんっ/////兄ちゃ…ッんっ/////やだぁ…/////うあぁ/////」
P「真美のお尻ィィィ!!!ペロペロペロペロペロペロペロペロ」
真美「うぁ…ッお…おし…りっ…ぃ//////ビクビク…ってぇ…//////」
P「ペロペロペロペロペロペロペロペロ」
真美「兄ちゃん……もう…//////真美のお尻…変に……なっちゃ…//////」
P(大変だ…真美のお尻を開発してしまうそうだ…)
345:
P(まさか中○生を開発しちゃ後味悪いからな…そろそろ)
P「真美、本番はこれからだぞ」スッ
真美「ひゃん!」ビクッ
真美「兄ちゃんさっきから真美の恥ずかしいとこばっか……やん///////」
真美「うぁ……指…んんんんッッッ///////」ビクビク
P「真美は毛少し生えてきたぐらいかな…?」さわさわ
真美「言わないでよぉ……はずかちい/////」
P「でももうここは立派に成長してるもんな」ヌプ
真美「ふ……ぅ…ん…/////なんか…変な…感じ…////」
P「真美…もう濡れ濡れじゃないか…」ヌトーッ
真美「なに……それ……/////真美お漏らししちゃったの…?/////」
P「お漏らしじゃないよ…。これは真美がしっかり大人に近づいてる証拠さ」ネトー
真美「そ、そうなの…?////真美…ちゃんと大人に近づいてるんだね…////」
P「あぁ……もっと大人に近づこうな…」ヌプッ
真美「んっ…あ……ぅ…ん…//////」
P「真美かわいいよ」くちゅくちゅぬちゃねと
真美「ふぁ…//////ぅ…んっ…ぅふっ…んんっ//////」ビクビク
P「ここはどう…だ?」くり
真美「んんんんんんんん!?!?!?」ビクビクビクビクッッッ!!!
真美「な、、、なに、、、兄ちゃ、、、っ、、っ、、////////」ビクッビクッ
348:
P「真美の中の女の子の部分を少し刺激したんだ」
真美「兄ちゃん…ッんっ……ぅはぁっ……/////」ビクン
P「真美が感じてくれて俺も嬉しいよ」クリクリ
真美「んんんっ/////そこ……なんか…っい…も…弄っちゃ…だめぇ///////」ビクンビクン
P「そっか。じゃぁやめるか?」ピタッ
真美「はぁっ…はぁっ……んくっ…//////え……兄ちゃ……/////」
P「弄っちゃダメなんだろ?」
真美「うぅ……」
P「残念だけどもうお終いだな。さ、真美服を着ろー」
真美「ま、待って!」
P「ん?」
真美「あの……その……////」
P「どうした?早く服着ないと風邪ひくぞ」
真美「うぅ…兄ちゃんが脱がしたんじゃないかぁ…/////」
真美「それに……んっ///」ヌプ
ねとー
真美「真美をこんなにしたセキニン…とってもらうんだからね…/////」ペロッ
349:
P「ッ!!!」
P「真美ッッッ!!!」ダキッ
真美「うわわ/////兄ちゃんいきなりどうしたのさ/////」
P「真美はいけない子だ…、本当にいけない子だな…」ぬりゅぬりゅ
真美「や……ん…////って兄ちゃん…ナニ…当ててる…のっ!?」
ズププッ
P「真美は…っ!大人を…っ!俺を…っ!」ズッズッズッズッ
真美「うあぁっにいちゃ……痛……ま…待っ……あぁぁ」
P「こんなに……っ!挑発して……っ!」ズッズッズッズッ
真美「ひぎぃぃっっっ痛ぁっいも……っとゆっく……り…ぃぃぃ」
P「まったく、、、真美は、、、っ!」パァン!
真美「痛ッ!な、、なんで叩く……の…ああああっっっっ!!!」
P「くそ、、、、くそ、、、くそう、、、、っっっ!」
ドピュルルルル
P「フーーッ、フーーッ、フーーッ、フーーッ、」
P「………………ハッ!?!?!?」
P「いかん!我を忘れてしまった!真美!大丈夫か!?」
ぐずっ
P「…っ!」
真美「ふええぇぇぇ兄ちゃんひどいよぉぉぉ」
350:
P(泣かせてしまった…)
真美「ひっく……ぐすん……真美の……真美の初めてだったのに…」
P「本当にすいませんでした!!!!」ドゲザー
真美「……っんく…ずずっ……兄ちゃんなんてもう知らない…」プイッ
P「悪かった!!!この通り!!!死ぬほど反省してる!!!」ドゲザー頭打ち付け
真美「………そ、そこまで言うんなら…」
P「真美……!」パァァ
真美「真美の言うことなんでも聞いてくれる?」
P「ああ!聞く聞く!なんでも!」
真美「じゃぁ真美とケッコンして/////」
P「わかった!!…………………え?」
真美「兄ちゃん言ったね!約束だよ!!」
P「ちょちょちょちょっと待って!」
真美「んっふっふー!もうダメだよー!男なんだから自分で言ったことにセキニン持ってねーん!」
P(あぁ…俺終わったな…)
真美「あと……////」
P「……………?」
真美「真美と……もう一回…えっち……して/////」
P「……………え?」
真美「さっきのは兄ちゃんが真美のことなんて全然見てなかったから……。次はちゃんと真美を見て優しくして欲しい……なんて/////」
351:
P「…いいのか?」
真美「……ん/////」コクン
P「わかった…。次は優しくするよ………ちゅっ…」
真美「んっ…ちゅっ…んちゅ…れろ…ちゅぱ……/////」
P「んっ……」
真美「はぁっ……はぁっ…んちゅ…兄ちゃ……ちゅっ…////」
P(さっきは勢いでナカに出してしまったからな…。かきださないと…)スッ
真美「んっ/////ちゅ……まだ…まだキスするのぉ…/////んちゅぅぅぅ/////」
P「ハハ、真美は激しいなぁ」かきだしかきだし
真美「兄ちゃん…///////だぁいしゅきぃ//////ちゅっ…んっ…/////」
P(こんなもんかな…)
P「あぁ…俺も大好きだよ…真美…ちゅっ」
真美「えへへへ/////////」
P「真美……ゆっくり腰かけて…」
ギシッ
真美「う、うん…////」
P「じゃぁ…入れるよ…」ヌプ
真美「う……ん/////」ビクッ
P「……二回目だからか…さっきよりはすんなり…入っ」
真美「兄ちゃん…さっきのことは忘れて。真美はこれが兄ちゃんとの初めてだと思ってるよ/////」
P「…すまん」
真美「いいよ……。でも、もう痛く…ない…から……う、動いて…も///////」
352:
P「………んっ……どうだ?」ズププッ
真美「あっ//////………だ、大丈夫みたい//////」カァァァ/////
P「真美の声……可愛い」ズッズッズッズッ
真美「ぁん…はぁ……あっ…声……出ちゃ…//////」ビクン
P「いいよ…ここには俺と真美しかいないんだから…」ズッズッズッパンッ
真美「んんっ……や…っ…んっ…………あぁぁぁぁっ///////」
P「………真美はここが気持ち良いのか」パンッパンッパンッ
真美「ふわぁぁ//////そこぉぉぉぉしびれッッッ////////あぁぁぁあき、気持ちいいよぉぉぉぃ///////」ビクッビクッ
P「真美っ……真美っ……!」
真美「ひぎぃぃぃぃぃ///////兄ちゃんので//////真美壊れちゃ///////」ビクンビクン
P「ここはどうかな……っ!」パンッ!!!
真美「うあああああああああ/////////しょこしゅごぃぃぃぃぃぃ////////」ビクン!!!!
P「えっさ、ほいさ、えっさ、ほいさ!」
真美「ふあああああああ/////兄ちゃ//////だめ////だめ//////なんかきちゃ////////あああああああああああああ」ビクビクビクン!!
プシャアアアアアアアアアアアア
真美「ふぁ……っ…はぁっ………はぁっ……/////////」ビクッビクッ
真美「真美だけ……いっちゃった///////」
353:
真美「兄ちゃんも……イかせてあげないと…/////」くぱぁ
P「今イったばかりで敏感だろ?少し間をあけよう」
真美「やだ////」ギュ
P「ヤダって」
真美「ねぇ……兄ちゃん……早くぅ…真美……まだイき足りないよぉ…/////」くぱぁイジイジ
P「!?」
真美「兄ちゃ……ぁ…んっ/////」ビクッ
P「わかったよ……」パンッ!!!
真美「ふああぁぁぁ/////きたぁぁぁぁ/////」ビクビク!
P「まさか…っ……真美がこんなに……っ!えっちだったとはな…っ!」パンッ!!!パンッ!!!
真美「あんっ/////兄ちゃんがっ/////真美をこんなにっっしたッんだよッお//////」
P「あぁ……まったく…俺は罪作りな男だ…!」パンッ!!!パンッ!!!パンッ!!!パンッ!!!
真美「んあああああ///////しゅご………///////何も考えられな…っ///////」
P「く……真美……急に締めすぎ…!」パンッ!!!パンッ!!!パンッ!!!パンッ!!!
真美「だって……//////兄ちゃんのが気持ちよすぎるからぁぁぁぁ/////」
P「俺も……もう………!パンッ!!!パンッ!!!パンッ!!!パンッ!!!
真美「真美も……また…イっちゃ…/////////」ビクビク!
P「そ、外に…!」
ガシィ!
P「ま、真美!?(これはだいしゅきほーるど!?)」
真美「んっふっふー//////に、逃がさないよぉぉぉだ////」
P「やば…!いくっ!」
ドピュルルルルルルルルルルル
真美「うあああああああああああああああああああああ////////////////」
ドクンドクンドクンドクン
真美「ふぁ……あったかいよ……ぉ//////」コテン
354:
P「また……中に…出してしまった…」
真美「すぅ……すぅ……」
P「片付けるか………」ゴソゴソ
ガタッ
P「!?」
P「なんだ……?誰かいるのか…?」
ガタッ
P「誰だ!怒らないから出てきなさい!」
355:
亜美「お、怒らないってほんと……?」スッ
P「あ、亜美!?」
亜美「ひぅ!」ビクッ
P「あ…すまん、驚かせた。それにしても……いつからいた?」
亜美「ま、真美が事務所に来る前から…」おずおず
P「さ、最初からいたってことか…」
亜美「う…うん……/////」
P(最初からいたってことはもう俺と真美の絡みをすべて見てたってことになるのか)
亜美「/////////」
P(ほう……あの亜美がモジモジしてる。これは………)
363:
亜美「兄ちゃん…その…/////」モジモジ
P「あー、えっと…な?」チラッ
真美「すー…すー」Zzz
P(イカン、言い訳が思いつかない)
亜美「ま、真美……なんか気持ち良さそうにしてたけど…/////」
亜美「 あれって……すごく…え、えっちなこと…だよね?////」
P「果たしてそうだろうか」
亜美「……え?」
P「確かに俺は真美とセックスをした。でもそれは真美が求めてきたことから始まったことだ」
亜美「う、うん…?」
P(ほんとは俺がローター仕込んでからなんだけど)
P「それに真美はセックスを楽しんでいた。違うか?」
亜美「あ、亜美……そんなじっくりは見れなかったけど……その…ま、真美…笑ってた」
P「だろ?これはいつもお前らが俺に行っているコミュニケーションとなんら変わりないんだ」
亜美「そ、そうなのかな…?/////」
P「あぁ、だから真美は俺ともっと仲良くなった。贔屓するつもりはないが、多少なりともこれからは真美のこと甘やかしそうだなー」
亜美「ず、ズルいよ!亜美ももっと甘やかしてよー!」
P「そうはいってもなー。亜美はおこちゃまだからなー」
亜美「おこちゃまじゃないもん!」
P「じゃぁ…俺のこと好きか?」
亜美「うん!チョー好きだよー!」
364:
P「その好きは俺を男の人として言ってるのか?」
亜美「う、うーん…亜美、それはまだよくわかんない」
P「そうか…やっぱり亜美はおこty」
亜美「でも…。兄ちゃんがいつもそばにいてくれると亜美…安心するんだ…////」
P「…」
亜美「兄ちゃん……これってなんなんだろ。真美がいつもそばにいてくれるのとはまたちょっと違うんだ…」
P「亜美、今はまだそのままでいい」
亜美「兄ちゃん…」
P「亜美にはもっといろんな経験をつんで立派な女性になって欲しいんだ」
亜美「……そっか」
P「だからな、亜美」
亜美「…ん、何、兄ちゃん?」
P「セックスしよう」キリッ
亜美「……へ?」
365:
P「セックスしよう」キリッ
亜美「ど、どうして2回言うのさ!/////」
P「大事なことだからな」
亜美「よくわかんないよ…」
P「亜美、難しいことは考えるな、身体で感じろ」
亜美「わかったよ兄ちゃん!亜美、身体で感じてみる!」
P「じゃぁ目を瞑って」
亜美「うん!」グッ
P「亜美は今精神を集中している最中だ」
亜美「うん……」
P「そうだ、軽く深呼吸してー、スーーーーーハーーーー」
亜美「スーーーーーー、ハーーーーーーー」
P「どうだ、リラックスできたか?」
亜美「うん。なんか頭の中もスッキリしていい感じだよ兄ちゃん…」
P「そうだ…そのまま身体は動かすな。そして何も考えるな」
亜美「……………これってなかなか難しいね…」
P「あぁ、だがこれが出来たら立派な女性に一歩近づけるぞ」※近づけません
亜美「スーーーーーー、、、、ハーーーーーーー、、、、、」
P「これが精神統一だ」
亜美「……………」
亜美(なんだろう…この気持ち……とっても気分がいいや)
366:
P(よし、亜美は精神統一に入って心も身体も自然なカタチになった)
P(ここらで本番に入るとするか)
亜美「…………」
P「亜美、ここから何が起こっても動いちゃいけない。声も出しちゃダメだからな」
亜美「…」コクン
P「よし……じゃぁこっからが立派な女性になるための本格トレーニングだ」スッ
亜美「」ピクッ
亜美(ほ、本格トレーニングって何するんだろ……ってうわぁ!く、首すじ/////)
P「動いちゃダメだぞー」スッ
亜美(そ、そんなこといったってー!兄ちゃんの手くすぐったいよぉ…/////)
P(ふむ……亜美の肌も柔らかくてスベスベだ…)スッスッ
亜美(ふぁ……//////)
P「腕、挙げるぞ」スッ
亜美(亜美の腕持ち上げて何するのかな…?)
P「ふむ………」スンスン
亜美「!?」ビクゥ
P「こら、動いちゃダメだって」
亜美(ちょちょちょちょっとぉぉぉぉ///////いくらなんでもレディーの脇の匂い嗅ぐなんてダメっしょー/////)ジタバタ
P「こーら、我慢しないと……」フッ
亜美「ひゃぅん//////」
P「よし、いい子だ…」
亜美(兄ちゃんズルいっしょ…/////)
367:
P「………」スンスン
亜美(うぅ…/////)
P「亜美の脇はいい匂いだな…」スンスン
亜美(もー、兄ちゃん嗅ぎ過ぎっしょー////)
P「ん…」ぺろ
亜美(!?!?!?)
P「………」ぺろぺろ
亜美(ななななな舐め!?!?!?/////////)
P「 美味しい」
亜美(美味しいとかそういうもんじゃないよぉ///////)
P(亜美は動いてない…慣れてきたのかな?)ぺろぺろ
亜美(ふわぁ…/////なんだか……くすぐった……//////)
P「」スッ
亜美(ん……こんどは…なんだろ…)
P「そろそろか…」サワッ
亜美「んんっ…//////」ピクン
P(亜美の太もも!亜美の太もも!はぁぁぁぁ柔らかいなぁ!ぺろぺろ!)
亜美(あ、亜美なんか変な声出ちゃった…//////身体もだんだん熱く…/////)
P(太ももの付け根も!ぺろぺろ!ぺろぺろ!!!)
368:
亜美「ん…////」ピクン
P「どうした、亜美。動いてないはずなのに身体が熱いぞ」
亜美(だ、だって……兄ちゃんに触られると…亜美おかしくなっちゃ…/////)
P「まったく亜美もいけない子だな…」スッ
亜美「!?」ビクッ
P(亜美のおま○こ!亜美のおま○こ!)
P「服の上からでもわかるぞ。亜美……お漏らしか?」
亜美(うぅ……おまたからなんか漏れて…/////)プルプル
P「しょうがないなぁ…」スンスン
亜美「や、やぁ…//////」
P「なんだ、我慢出来なくなっちゃったか?」
亜美「兄ちゃん変態すぎるよぉ…/////」
P「亜美が俺をこうさせるんだ…!」キリッ
スンスン
亜美「だ、だから匂い嗅ぐのは…//////」
P「ん?でも亜美のここいい匂いするぞ?ハマってしまう」スンスン
亜美「うあうあうあ?!変態プロデューサーがいるよー!」
369:
P「しっとりしてるな」
亜美「亜美、お漏らししちゃ…///////」
P「大丈夫だ、真美もちゃんとお漏らししてた」ぺろぺろ
亜美「真美も///////えへへ/////真美と一緒ならいいかな/////」
P「そうだ、真美と一緒だ」ぺろぺろ
亜美「兄ちゃん…亜美も…その…兄ちゃんに触れたいな///////」
P「ん、いいぞ」ぺろぺろ
亜美「////////」
P「ほら、亜美どこでもいつでも!」
亜美「じゃ、じゃぁ兄ちゃん舐めるのやめてよ///////」
P「それはできない」キリッ
亜美「うぅ…/////」
P「スンスンぺろぺろ」
亜美「ぁ…////亜美…もう…////」
P「まったく、俺が触ってばかりじゃないか。けしからんなぁ」ぺろぺろ
亜美「兄ちゃん/////舐めながら脱がしにくるの……慣れてるね」
P「まぁ真美にもしたからな」
亜美「ふ……ぅ…ん/////そっ…か…/////」ピクン
P「亜美のおっぱい…膨らみかけで可愛い」もみもみ
亜美「あぅ…/////ほんとに…?こんな小さな胸のこと…可愛いって言ってくれるの…?///////」
370:
P「もちろんさ。亜美のおっぱいは最高だ」もみもみむちゅー
亜美「ん……兄ちゃ…!亜美…ビクって…しちゃ…//////」ビクゥ
P「亜美、もう目を開けていいよ」
亜美「う、うん……/////兄ちゃ…むぐ////」
P「ちゅ…んちゅ…ちゅっ…」
亜美「ふわ…兄ちゃ…んちゅぅ…ちゅっ…んっ…//////」
P「もっと…激しく…!れろれろ」
亜美「むぐぅッ!ちょ…兄ちゃ……はへし…んんっ//////ちゅぅぅぅぅぅ//////」
P「亜美!亜美!もっと!もっとだ!」
亜美「むむぅッ!ちゅっ…れろぺろ…んちゅぅぅぅぅちゅぱ///////」
亜美「はぁっ……はぁっ…兄ちゃん……亜美、兄ちゃんに身体の中のもの全部吸われた気がするよぉ//////」
ジュン/////
亜美「うぁ…おまたがまた濡れてきちゃ///////」
P「おっとそっちも口も吸わないとな」ジュル
亜美「え…そっちは口につけちゃ汚…ぁん///////」
P「亜美のお汁美味しいなぁ…」ジュルジュル
371:
亜美「んっ…ぁ…にい……ちゃ……ぅん//////」ピクッ
P「ジュルジュルジュルジュルジュルジュル」
亜美「うぁ//////そんな激し////////な、なんかきちゃ//////」
P「ジュルジュルジュルジュルジュルジュルジュルジュル」
亜美「あ/////あ//////やだ/////もうやめ/////にいちゃ//////」ビクビク
亜美「んああああああああああああああああ///////////」プシャアアアアアアアアアアア
P「おぉ……これが聖噴水か…!」
P「気持ちいい!チョー気持ちいい!」
亜美「ぅ………あ………/////////」ビクン…ビクン…!
P「亜美…可愛い…」
亜美「兄ちゃん……亜美…おまたが…なんか欲し…いなって…/////」
P「ふっ……いいだろう」ボロン
P「まさか2回戦とはな…俺もまだまだ現役だ」
亜美「兄ちゃん…/////」
P「亜美……入れるぞ…」
ヌプッ
亜美「……い、痛い…」プルプル
P「力を脱いて深呼吸して…」
亜美「すぅぅぅ、はぁぁぁぁ」プルプル
P「そう、そんで俺の顔見て」
亜美「ん……兄ちゃん…//////」
P「動くぞ…」
にゅちゅっにゅっぬゅっ
亜美「んっ…ぁ……はぁっ…////////」
372:
ぬゅっぬりゅっぬちゃっ
亜美「うぁ…ッんっ…んっ……ふッ……あ///////」
P「段々痛みは薄れてきたか…?」
ぬちゃにゅりゅっ
亜美「う……ぅん/////にいちゃ……ぁん…も…っと//////」
P「あい……よっ!」
パンッ!
亜美「んんんひぎぃ///////」
パンッパンッパンッパンッパンッパンッ
亜美「あんっ、はぁっ…にいちゃ…これ…きもちい…ぃ//////」
P「そう…っ…かっ!なら…もっと……しなきゃな…っ!」
パンッパンッパンッパンッパンッパンッ
亜美「うぁ/////んんんっ//////はぅぁっ/////」
パンッパンッパンッ
亜美「あぁぁぁぁ///////きもちよすぎるよぉ//////」
パンッ…
亜美「に、兄ちゃん…なんで止めるの…?」
P「亜美……自分で動いて」
亜美「え…じ、自分で…//////」
P「俺は寝そべってるから」
亜美「そんなぁ……兄ちゃんズルいよ/////」
亜美「………んっ…こ、こう……かな?/////」
P「ん……あぁ、いい調子だ」
373:
ぬっぬちゃぬりゅぬっ
亜美「ぅ…ん/////……はぁっ…はぁっ…んぁ…//////」
P「亜美、さっきから同じ動きばっかだな。ここがいいの……かっ!」
ズンッ!
亜美「あぅぅ!!!!」ビクン!!!
亜美「なんで…兄ちゃん動かないって…///////」
P「動かないとは一言も言ってないけどなぁ……ッ!」
ズンッ!ズンッ!
亜美「うぁぁぁ//////や、やめ////////壊れちゃ///////」ビクンビクン!!!
P「ほんとにやめていいのか?」ピタッ
亜美「はぁっ…はぁっ…はぁっ…はぁっ…///////」
亜美「に、兄ちゃんの意地悪/////ほんとにやめて欲しかったらこんなことしてないよ///////」
P「ッ!まったく亜美は可愛いなぁ!」
ズンッ!ズンッ!ズンッ!ズンッ!
亜美「んんんんッ!ひぎぃぃぃきもちいいよぉぉぉぉ///////」
亜美「兄ちゃん////兄ちゃん//////兄ちゃん//////」
P「亜美…ッ!そろそろイくぞ!」
亜美「あ、亜美も…また……きちゃいそう//////うぁっ…んんん//////」
P「…………くっ!」
亜美「兄ちゃんッ!い、いくぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ///////////」プシャアアアアアアアアアアア
ドピュルルルルルルルルルルルルルルルルルル
亜美「はぁっ…はぁっ…はぁっ…はぁっ…/////」
ドクンドクン
亜美「ふぁ……兄ちゃんのが……中にいっぱいだよ//////」コテッ
374:
真美「スー、スー」Zzz
亜美「スー、スー」Zzz
P「ふぅ…」
P「双海姉妹と一日中やってしまった」
P「途中真美が起きてしまわないか心配だったが杞憂に終わったようだ」
P「さて……片付けるか…」
P「そうだ…二人に中だししてしまったから掻き出さないと…」
ヌプッ
ドロォ
P「惨めだなこれ」
P「まったく二人揃ってエロくなってしまったもんだ」
P「はい、今日はここまで。それでは皆さんまた後日!」
亜美編END
376:
まったく、亜美真美だけで結構経ってしまった。
若干亜美の方は短いしローター出てこないけど許してくだせえ。
765アイドルって結構多いんだな。あとは律子、やよい、伊織、千早の4人か…。
姉妹丼は…ちょっと長くなりそうだから番外編で全員終わってから別枠で書きます。
そんじゃま、次の安価でも取ろうかね。
>>380
律子、やよい、伊織、千早
377:
別枠か。期待してる
ksk
378:
ksk
379:
りっちゃん
380:
千早
383:
P「はい、やってきましたローターアイドル」
P「そろそろ人数も少なくなってきました」
P「次は誰かなー、誰かなー?」
ガチャ
千早「おはようございます」
P「ちーちゃん!ちーちゃんキタァ!」
千早「誰もいないんですか…?」キョロキョロ
千早「………少し待ちましょう」ストッ
P「千早は攻略が難しい。しかし!魔法の道具ローターさえあれば!」
P「まずは様子を伺いましょう」
384:
千早「………」
千早「何もすることがないわね…」
スッ
カチッ
千早「?♪」シャカシャカ
P「音楽を聴き始めたか…。まぁ予想通り」
P「どうにかして机の上にあるローターに気付いて欲しいんだが…」
P「ふむ…………!」
P「ケータイトリダシポパピプペ!!!!」
千早「?♪」
prrrrrrrrrr
千早「?♪………?」
ゴソゴソ
千早「プロデューサーから…」Pi
P「もしもし、俺だ。千早今どこにいる?」
385:
千早「事務所ですけど…。プロデューサーはどこにいますか?」
P『すまん、あと少しでそっちに着きそうなんだ。もう少し待ってくれないか?』
千早「わかりました」
P『それと…申し訳ないんだが、俺の机の上にある資料をまとめてもらってもいいか?』
千早「それは構いませんけど……私がやって大丈夫でしょうか?」
P『あぁ、春香と違って千早ならなんか安心できるからな(笑』
千早「ふふっ、わかりました。そうゆうことでしたらやっておきます」
P『よろしく頼むよ』Pi
P「よし、これで千早はどう反応するか…」
386:
千早「さて……」スクッ
千早「プロデューサーの机は………凄いわね…」
ぐっちゃぁ
千早「これじゃなにがなんだか分からないじゃない」テキパキ
千早「これは…私の次の音楽番組の資料…プロデューサーがきたらこのミーティングかしら」
千早「整理終わったら目を通しておこうかしら」
千早「……プロデューサーいつも忙しそうにしてる」
千早「少しでもプロデューサーの助けになれるなら…」
千早「…」テキパキ
千早「」テキパキ
??????????
千早「ふぅ……このくらいかしら」
ゴトッ
千早「?」
ローター「」
千早「何かしら…これ」
387:
千早「丸いものがコードに繋がれてる…。何に使う物かしら?」
千早「……?」
P「よし、ローターに気付いて不思議がっている」
P「あとはもう一つなにかあれば…!」
P「小鳥さんには悪いがあれを使わせてもらった」
千早「……あら、資料は全部片付けたはずなのに」
千早「何かしら…やけに薄いわね…この本…」
タイトル「快楽に溺れるアイドル-如月千○-」
千早「」
千早「なっ………んだと…」
千早「これは……プロデューサーの物なのかしら…」
千早「で、でも……わ、私がモデルで…/////」
千早「///////////」
千早「少しだけ……/////」ペラッ
388:
g
千早「漫画形式になってるのね」
千早「……ほんとに私にそっくりね…」ペラッ
千早「相手は…プロデューサーにそっくり……///////」ペラッ
千早「あ、さっきの丸いものが出てきたわ…」ペラッ
千早「えっ…//////そこに入れるものなの…?/////」ペラッ
千早「漫画の中の私……気持ち良さそう…//////」ペラッ
千早「………」チラっ
ローター「」
千早「……////」ドキドキ
トンットンットンットンッ
千早「!?」ビクゥ!
千早「プ、プロデューサーが戻ってきた…!?」わたわた
千早「どこかに隠し…あっ!」ツルッ
ボトン
ガチャ
P「いやー、遅れてすまんちは……や?」
ローター「」
P「…………えっと…」
千早「こ、これは違うんです!私、プロデューサーに言われて資料を整理してたら…その…!」
千早「こ、こうなったら……!」スタスタ
P「…ど、どこにいくんだ?」
千早「………」スタスタ
P「戻ってきた………ぁぁ!?」
389:
千早「プロデューサーを殺して私も死ぬ!」ブルブル
P「お、落ち着け千早!包丁をこっち向けるな!」
千早「無理です!私があんな…あんなえ、えっちな漫画を読んでつい興奮して丸いもので自分も気持ち良くなろうだなんてそれを見られ…!!!」
P「千早やめろ自分で曝露してるぞ」
千早「!?………////////」ブンブン
P「うぉ!あぶねぇ!」
千早「避けないでください!当たらないじゃないですか!」
P「当たったら死ぬんだよそりゃ必死になるわ!」
千早「はぁ…はぁ…」ジリ…
P「はぁ…はぁ…」ジリ…
P「なぁ千早」
千早「なんですか?」
P「千早は綺麗で大人にも負けないほど自分を持っている」
P「俺は千早の全てが魅力的だと思っている」
千早「…」
P「でもまだうら若き女子高生。ましてはアイドルだ」
千早「なにが言いたいんですか…?」
P「 エロいことはまだ早いって」
千早「……ふんっ」シュッ
P「ごめんなさい」
千早「私だって…好きであれを見たわけではないです…」
391:
千早「そもそもプロデューサーが資料を整理してくれって…」
千早「……」
P「ち、千早…?」
千早「全部プロデューサーが悪いんです」
P「えっ」
千早「そうよ、私は悪くないわ!全部プロデューサーのせいよ!」
P「えっと……千早さーん…?」
千早「プロデューサー」
P「はいぃ!」
千早「私を辱めた責任、取ってもらいます」
P「へ…?」
392:
P「どうしてこうなった……」
千早「んっ……ちゅぱ…じゅる……れろっ…//////」
P(おかしい、こんなはずではなかった)
千早「プロデューサー……はむっ……じゅるるる…どうれふか…んっ//////」
P「あ、あぁ……気持ち良いよ…」ナデナデ
千早「ふふっ//////よはった……んっ…れろれろじゅる…っ…//////」
P(俺が千早を攻めるカタチでいきたかったのにいつの間にか千早に攻められている…)
千早「んっ…んっ…んっ…じゅるるるるるる///////」
P「くあ…千早…もうヤバ……っ!」
千早「んんっ!!!」ゴクッゴクッ
P「うぁ…/////ち、千早……飲んだのか…?」
千早「将来を約束した仲ですから♪」ニッコリ
P(千早が怖い)
394:
千早「プロデューサー、私のも舐めてください」
P「モガッ」
千早「ほら…女子高生のお尻を顔に押し付けられて嬉しいですよね」
P「モガッ……モフモフ…」
千早「あんっ////もう…プロデューサー…適応が早いのね…////」グリグリ
P(ここは天国か…?)
P「れろっ」
千早「んっ////」ピクン
P「千早……可愛いよ…」
千早「ぁん…////ぷ、プロデューサー//////」
P「ちゅっ…じゅる…れろれろ…」
千早「はぁっ……はぁっ…そこ…気持ち…良い////」ピクンピクン
395:
千早「わ、私も…プロデューサーの……舐める…ぺろっ/////」
P「おうふ//////」ビクン
P「ち、千早!さっきイったばかりだから優しくしてくれよ…」
千早「ふふっ////わかりました、こうですね」
千早「ジュルルルルルルルジュパジュパジュボォォォォ」
P「んなっ!?なんだその技はぁ!?」ビクンビクン
千早「あら…またこんなに大きくなって…//////」
P(くそ、、、千早にいいようにされてる。なんとかして俺が主導権握らないと…っ!)
P「千早…一旦やめてこっち向いて!」
千早「ほへはでひないそうはんふぇす(それは出来ない相談です)」
千早「ジュルルルルルルル!!!!!」
P「くぁぁぁぁぁぁぁぁぁもうダメっ!!!」
ドピュルルルルル
千早「んっ…」ゴクッゴクッ
千早「っぷはぁ…//////プロデューサーったら…二回目なのに凄い量//////」
396:
千早「私も……そろそろ…/////」
P「ちょ、、、少し休ませて…」
千早「それは出来ない相談です/////」ズッ
千早「んっ……っはぁ…き、きたぁ/////////」
P「うぁ…キツ……」
千早「プロデューサー、見てください/////私たち一つになれました/////」
P「あ、あぁ……っ…そう…だな…」
P(イカン、さすがに3回目は辛い。さっさと終わらせるっ!)ズッ!!
千早「はぁん//////」ビクゥ
千早「プ、プロデューサー//////最初から激し//////あっ…はぁっ…ぅ…ッんっ//////」
P「ち、千早…っ!お前……痛くは無い…のかっ?」パンッパンッパンッ
402:
千早「はぁっ……はぁっ…ッんっ…//////なんで…っ…かしら…ぁっ//////」
千早「不思議…ね/////プロデューサーだと……んぅ//////痛く…ない…のよ…っ///////」
P「千早……ほんとは痴女なんじゃないか…?」パンッパンッパンッパンッ
千早「そんなこと…っはぁっ…ない…わよ…んっ///////」
P「最初から痛くないなんて…千早はエロいな…!」パンッパンッパンッパンッ
千早「やだ…///////エロ……なんって…ぇ…//////」ビクン!
P(よし、主導権握れそうだ…!)
403:
P(今は千早が上に乗っかっている状態。ここで一気に…!)
ガバッ
P(………あれ?)
ガバッ
P(………体勢が変わってない?)
千早「ふふ/////プロデューサーは私の下で喘いでればいいんです/////」
P「なん……だと…」
千早「慣れてきたから………プロデューサー、覚悟してください…ね//////」グリッ
P「Wow」
千早「プロデューサーの……ぉ、おっきぃ…っからぁ…////////」ヌプッヌプッ
P「くぁ…千早…そこヤバい…」プルプル
千早「ふふっ////プロデューサー……可愛い//////」ヌプッヌプッヌプッ
千早「こん…っな……ことも/////」グリグリグリグリ
P「負けて……たまるか…ぁ!」カッ!!!!
ガバァァァァァ
千早「キャッ!凄い力…!」
千早「し、しまったわ…!」
P「んっふっふ?、いいようにやってくれたな…」
P「ここからはずっと俺のターーーーーーン!!!!」
404:
P「千早ァァァァ!!!!愛してる!!!!!」
千早「え///////ちょ///////プロデューサー///////むぐぅ//////」
千早「んっ…ちゅっ……んくぅ…っはぁ……ちゅ…//////」
千早「ちゅ…ちゅぱ……ッんっ…はぁっ…んちゅ……っぷはぁ/////」
千早「はぁっ…はぁっ…はぁっ…はぁっ…///////」
P「落ち着いたか…?」ナデナデ
千早「プロデューサー………もう//////」キュン
P「まだ俺のターンは終わってないぞ」
ズブッ
千早「えっ……待っ……んあああああああ///////」
P「はぁっ…千早ぁ!はぁっ!」パンッパンッパンッパンッ
千早「あああああああ///////ダメ//////そんな//////ひぐぅぅぅ//////」ビクンビクン
P「俺は千早と一緒に…ッ!」パンッパンッパンッパンッ
千早「ぅああああああ///////んんんぅぅぅぅぅ//////」ビクンビクン
405:
千早「わた……わた…しも…ッ!い、、いっしょ、、に///////」
P「千早の……胸に……出したい…!」パンッパンッパンッパンッ
千早「い、いや//////中に…/////中に出して//////」ガシィ!
P「うぁ…ま、待ってヤバい、、、イク!!!!」
ドピュルルルルルルルルルルルルル
千早「私も…ッ!!!!イっくうううううううううううううううううう//////////////」
ドクンドクンドクンドクン
千早「ふぁ……熱い……プロデューサーのが……中に…///////」クタッ
P「くそう、、、千早の胸の中に出すのが夢だったのに…」グスン
406:
千早「プロデューサー//////これでもう……私のモノですね…///////」ニコッ
千早「他の女に手出したら……………」スッ [包丁]
P「だ、出さない!!!!!俺を信じてくれ千早!!(必死」
千早「そう…私はプロデューサーを信じてます」
千早「だから私を裏切るようなことだけはしないでくださいね…」
P「あぁ!任せてくれ!(ドンッ」足ブルブル
千早「ふふっ…頼もしい/////」
408:
P「それからというもの、千早からのメールや電話は多くなった」
P「これもパーフェクトコミュニケーションのおかげだと思う」
P「でも気になることが一つ」
P「仕事が終わり帰宅すると、たまに部屋が片付いているという出来事が起こるようになった」
P「まれに食事も不器用さが出ていながらも準備してあることも起こるようになった」
P「俺は考えるのをやめた」
千早編END
409:
あれー?どうしてこうなった。
千早とのチュッチュラブラブエロスなはずだったのに…。
そんでま、千早編終わりです。いやぁ少なくなってきたね!
ネタが尽きてローターなくなっちゃったw
正直真美のところでもう無理かなと思ったり思わなかったり。。。
でも頑張るよ!
安価 >>415
410:
残りは律子、やよい、伊織 に
真、雪歩(Pとの絡みEND)
411:
ksk
412:
いおりん
413:
律子
415:
雪歩(相手はP)
418:
P「次のローターアイドルは…っと」
ガチャ
雪歩「おはようございますぅ」
P「雪歩…だと?」
P「………ここはゆきまことは別の世界線。雪歩はローターなんぞ知らない」
P「よし、そうと決まれば早観察だー」
419:
小鳥「私も参戦ピヨ!」
P「うわぁぁぁぁ!どっから湧いて出てきた!?」
小鳥「ピヨピヨ!プロデューサーさん……もう逃がしませんよぉ…」
P「ちょ!ちょっと待ってください!」
小鳥「ピヨ?」
P「小鳥さんとも!…ごにょごにょ………しますからここはおとなしくしてください…」
小鳥「…………あ、はい/////////」
小鳥「絶対ですよ!約束ですからね!」
P「はい、約束です」
小鳥「ピヨォ…//////」
P「本題に戻ります」
小鳥「雪歩ちゃんがローターをみたらどう反応するか」
P「スタンバイいきます。では小鳥さん、後は頼みました」
小鳥「任せてください!」
420:
雪歩「誰もいないんですかぁ…?」キョロキョロ
雪歩「プロデューサーに呼ばれてきたのにまだお仕事中かなぁ?」
雪歩「お茶入れて待つことにしますぅ」タッ
雪歩「ふぅ…、まだかなぁ?」
ハラリ
雪歩「?」
雪歩「なんだろうこれ…」
雪歩「あ、真ちゃんの宣材写真////真ちゃんかっこいいなぁ//////えへへ////」
P(そろそろ仕掛けるか)カチッ【スイッチON】
ローター「ヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴ」
雪歩「ひぅぅぅぅぅ!?!?!?!?」ビックゥゥゥゥゥゥ!!!!
雪歩「なななな何事ですか!?」
ローター「ヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴ」
雪歩「携帯のバイブ機能にしては強すぎ………ってなんだろう?」ヒョイ
421:
雪歩「えーと、、、スイッチは…ここかな?」カチッ【スイッチOFF】
ローター「ヴヴヴヴヴヴ…」
ローター「」
雪歩「ふぇぇ…びっくりしましたぁ」
雪歩「これは何に使うものなんだろう…?振動する物といえば携帯のバイブ機能だけど…」
雪歩「まったく関係なさそうだし…」
雪歩「…………も、もしかして…え、えっちな事に使うのかなぁ…/////」
(P『雪歩…愛してるよ…』雪歩『私もですぅ/////』)
雪歩「………//////////」ボッ
雪歩「な、なんでえっちな事でプロデューサーが出てくるんですかぁ///////」
雪歩「うぅ……こんなものいらないですぅ!><」ポイッ
422:
ガチャ
P「おっと、投げ捨てるなんて酷いな…」キャッチ
雪歩「プ、プロデューサー//////」
P「雪歩、雪歩はこれがなんだか分かるのか?」
雪歩「うぅ…わ、分かりません…/////」
P「これはな、今雪歩が思ってる通りえっちな事に使うものだ」
雪歩「ふええええええ!?」
P「雪歩は今でも俺のこと怖いか…?」
雪歩「その…分からないですぅ…」
P「少し荒療治になるが…ここらで一気に男性恐怖症を治してみないか?」
雪歩「一気に…?」
P「あぁ、俺に任せて欲しい」
雪歩「うぅ……どうしよう……」オドオド
P「無理にとは言わない。強制して悪化したら元も子もないからね」
雪歩「………わ、わかりましたぁ。やってみますぅ!」グッ
P「よし、なら早準備に取り掛かるぞ」
雪歩「はいぃ!」
423:
P「………………よし、目を開けていいぞ」
雪歩「は、はぃ…」
P(雪歩のあそこにローターを入れた。どうやって入れたかは秘密だ)
雪歩(なんだかあそこがムズムズしますぅ…。何か入ってるような違和感が…)
P「雪歩」
雪歩「な、何ですかぁ?」
P「少し外に出ようか」
雪歩「わかりましたぁ」
P「俺の隣に…はまだ来れないか」
雪歩「うぅ…ごめんなさいぃ…」
P「雪歩のペースでいいさ。じゃぁ雪歩は俺の前を歩いてくれ。俺は雪歩の後ろからついて行くから」
雪歩「わ、わかりましたぁ」
トコトコ
雪歩「どこまで行くんですかぁ?」
P「そうだなー、ひとまず近くの駅前まで行こうか」
雪歩「わかりましたぁ」
トコトコ
トコトコ
P「…」カチッ【スイッチON】
ヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴ
雪歩「ひゃぅ!!!!!」ビックゥ!!!
424:
人A「?」
人B「?」
人C「?」
雪歩「!?」バッ(口を塞ぐ仕草
雪歩「な、なーんだ!鳩でしたぁ……あは、あははは(苦笑い」
P「」ニヤニヤ
雪歩「うぅ…////」クルッ
トコトコ
雪歩「プロデューサーどうゆうことですかぁ/////」
P「どうゆうこともなにも…雪歩のためを思ってやってるんだけど…」
雪歩「そ、そうだとしても……んっ…これはダメ…ですぅ…///////」カクン しゃがみ込む
P「そうかな…?でも現に雪歩は俺にこんなに近づいて話してるけど?」
雪歩「ふぇ?//////」
425:
雪歩「ほ、ほんとだ…////」
P「もう少し続けるか?」
雪歩「お、お願いしますぅ!」
カチッ【スイッチOFF】
P「よし、駅前…はやっぱ男が多いな。公園に行こう」
トコトコ
トコトコ
雪歩「お、男の人……ひぅ!」ビクゥ
P「あれ…なんでだ?俺は大丈夫なのに」
トコトコ
P「公園に到着ー」
雪歩「あ、男の人が向こうからきますぅ…」ドキドキビクビク
男A「」スタスタ
カチッ【スイッチON】
ヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴ
雪歩「はぅ!?」ビクビク
男A「」スタスタ
P「どうだ、雪歩。怖かったか?」
雪歩「こ、怖かったに決まってますぅ!!!」
P「え…ほんとか?」
雪歩「ふえぇ…男の人が近づいてくるに連れて気持ちの準備してたのに…」
雪歩「プロデューサーがぁ……グスッ…」
426:
カチッ【スイッチOFF】
P「な、泣くな!悪かったから…」ナデナデ
雪歩「ふえぇぇぇん」
P「…………あれ、今は大丈夫なのか?」
雪歩「ひぐっ……グスン………あ、、、だ、大丈夫みたいですぅ…」
P「不思議だな…」
雪歩「プロデューサー……優しいです…/////」
雪歩「ひんそーでちんちくりんな私にこんなに一生懸命プロデュースしてくれて…しかも男性恐怖症まで治してくれようと…/////」
P「そんな……俺は雪歩にトップアイドルになって欲しいだけさ」
雪歩「それだけ…ですか?/////」
P「それだけ…って?」
雪歩「プロデューサーは…私がトップアイドルになった後……どうするんですか?」
P「俺は………」
雪歩「私はこうやってプロデューサーと一緒にいたいです!ずっと…!」
P「雪歩……」
P「…………俺もだ」
雪歩「……えっ」
P「俺も雪歩とずっと一緒にいたい」
雪歩「それって……いい…んですか?こんな私で…/////」
P「あぁ、もちろん」
427:
雪歩「ひんそーでちんちくりんですよ…?」グスッ
P「あぁ、余裕だ」
雪歩「床に穴ほって埋まることもありますよ…?」ジワ…
P「そんなの俺が引っ張り出してやる」
雪歩「私…お茶しか出せませんよ…?」ひぐっ
P「じゃぁ一緒に料理して覚えよう」
雪歩「プロデューサー………ほんとに…ほんとに私でいいんですね…?/////////」
P「何度も言ってるだろう。俺は雪歩とずっと一緒にいたい」
雪歩「うわぁぁぁぁぁぁん」ダキッ
P「よしよし……」ナデナデ
P「雪歩……好きだよ…愛してる」
428:
雪歩「ひっく……っん…グスッ……」
P「落ち着いたか?」
雪歩「あ、ありがとうございます///////」
雪歩「////////////」キュッ
P「どうした?」
雪歩「えへへ////なんでもないですぅ///////」
P「そっか」
雪歩「はぃ!」
P「………事務所…戻ろっか」
雪歩「はぃ♪」
429:
小鳥「あ、戻ってきたわ」
小鳥「あら……なんか様子が違う…」
小鳥「雪歩ちゃんが…!プロデューサーさんに…!抱きついて…る…だと…!?」
小鳥「ど、どうゆうことだってばよ!?」
小鳥「あの男性恐怖症を克服したというのか…!この短時間で…!」
小鳥「なんというプロデュース能力…!」←関係無い
小鳥「そんで……二人でソファに座って…………ピヨピヨ///////」
430:
P「雪歩……ほんとにいいのか?」
雪歩「プロデューサーが初めてなら…私…//////」
P「後悔するなよ?」
雪歩「しません…//////」
P「じゃぁ…目を瞑って…」
雪歩「はぃ……んっ…ちゅっ…ちゅぱ…ちゅっ…//////」
雪歩「んんっ…ちゅ…ちゅぱ…ちゅ…ちゅっ…//////」
P「ちゅっ…れろ……んく……ちゅっちゅっ…//////」
雪歩「ふぁ…むふぅぅ//////ちゅれろ…ちゅぅぅぅ///////」
ツーーーっ//////
P「俺と雪歩のキスで糸引いてる……」
雪歩「//////////////」
雪歩「ぷろでゅぅさぁ…もっと…欲しいですぅ…///////」
P「急に甘えん坊になったな、雪歩」
P「それも可愛いけどな………んちゅ…ちゅっちゅっ…れろ…ちゅ…」
雪歩(ふわぁ……頭がぼーっとして…なにも考えられないよぉ…///////)
P「雪歩…」スッ
雪歩「んっ/////」ピクン
P「雪歩の胸…あったかい…」
雪歩「プロデューサーの手…とってもおっきいですぅ//////」
436:
P「……綺麗だな…雪歩の胸」触りもみもみ
雪歩「はぅ…ほ、ほんとですかぁ?/////」ピクッ
P「あぁ、ほんとだとも。それに…」コリッ
雪歩「ひゃぁぅ////////」ビクンッ!!
P「感度もいい」コリコリ
雪歩「ひゃぁぅ//////ぷ、ぷろでゅーさー//////そ、そんなに虐めないでくださぃ//////」
P「はは、雪歩の反応がいちいちかわいくてな、ごめん」
雪歩「うぅ…//////」
P「……ちゅぱ」
雪歩「あっ////す、吸/////」
P「ちゅぱ…ちゅっ…れろれろ…んっ…」
雪歩「やん……ふふ/////プロデューサー、赤ん坊みたい/////」
P「ちゅっ…反対側もしっかり吸ってあげないとな。ちゅぱ…ちゅ…」
雪歩「プロデューサー…ぁ/////優し……んぁ…気持ち良いですぅ…/////」
P「そろそろ…」スッ
雪歩「んっ……ひゃぁ//////そ、そこは汚いですぅ/////」ヌル
P「汚いわけないよ、だって雪歩のアソコだもん」ヌルヌルスリスリ
雪歩「んぁぁ/////ぷ、プロデューサー……だめ…ですぅ…/////」ピクッ
P「だめって言われてもなぁ…ここは喜んでるみたいなんだけど…」ねとーっ
雪歩「うぅ……そんな見せないでくださいぃ…///////」プルプル
437:
P「脱がすよ…」スッ
雪歩「恥ずかしいですぅ…//////」
P「足…開いて…」
雪歩「うぅ……/////」
P「力脱いて…」
雪歩「///////////」スッ
P「………」じーっ
雪歩「な、なんで黙るんですかぁ/////やっぱり私のあそこはダメダメなんですぅ//////」じわっ
雪歩「穴掘って埋まってまs」
P「綺麗だ…」
雪歩「ふぇ…?」
P「綺麗だ…なんて綺麗なあそこなんだ…」
P「雪歩、触れてもいいか?」
雪歩「ふぇ?………そ、そんなこんなこと聞かないでください…//////」
雪歩「………//////」コクン
P「……」さわっ
雪歩「んっ////」
P「……」すーっさわりさわり
雪歩「んっ…あ…///////」
438:
P「雪歩の蜜が溢れてきた…」とろー
雪歩「はぅぅぅ//////」
P「ぺろ…」
雪歩「ぅぅん//////」ビクン
P「ぺろ…ぺろ……んちゅ…ちゅ…」
雪歩「んっ…あっ……っん……ふぅ……//////」
P「すごい、舐めても舐めてもどんどん溢れてくる…」
雪歩「はぁ……んっ…はぁっ……/////」
P(息づかいが荒くなってきた)
雪歩「プロデューサー………なんか…お腹の下あたりが…熱くなって…//////」
雪歩「その…切ない…ですぅ…///////」上目遣い
P「雪歩……」
P(か、かわええええええええええ何この天使!!!!!!)
P「じゃぁ……挿れるよ…」グッ
439:
雪歩「ひぅ…っ/////」
P「大丈夫…力脱いて…俺に任せて…」
雪歩「はぃ……/////」
P「…ふっ……どう…だ…」ググッ
雪歩「んあ……い、痛……」プルプル
P「雪歩、俺を見て…」ググッ
雪歩「プ、プロデューサー//////」ちゅっ
雪歩「ちゅっ…んちゅ…れろっ……んっ…ちゅ…//////」
P「奥まで入ったぞ」
雪歩「ふわぁ……私…プロデューサーと繋がって…/////」グスッ
P「ど、どうした!?」
雪歩「う、嬉しいんですぅ…プロデューサーと…やっとここまで来れたことが…/////」ポロポロ
P「雪歩…」
雪歩「プロデューサー……好きです………大好きですっ//////」ギュッ
P「ありがとう…、俺も雪歩のこと大好きだよ…」ギュッ
雪歩「……プロデューサーの好きなように動いていいですよ…/////」
P「え…でもまだ痛みは残ってるんじゃ…」
雪歩「大丈夫です…プロデューサーが…気持ち良くなれるのなら…/////」
P「雪歩……痛かったら言ってな……」ググッ

440:
雪歩「んんっ……っはぁっ…はぁっ…//////」
P「雪歩っ……雪歩っ…!」ぬりゅっぬぷっぬっちゃぬりゅっ
雪歩「はぁっ…プロデューサー/////あんっ……き、気持ち良いですかぁ?/////」
P「あぁ……雪歩の中は…っさ…最高だ…っ!」ぬりゅっぬぷっぬっちゃぬりゅっ
雪歩「よかったですぅ……んぁぁ//////」ビクビク
P「なんだ…雪歩もっ…気持ち良くなってるんじゃないのか…っ?」ぬりゅっぬぷっぬっちゃぬりゅっ
雪歩「ぅんっ/////そ…んなこと…っ/////な…っい/////あああああああ////////」ビクンビクン
雪歩「ぷ、プロデューサー/////なんか…なんかきちゃいますぅぅぅぅ///////」ビクビクビクキュッ
P「うぉ…締まる…っ!」
雪歩「ぅあああああああああああああああああああああいっちゃいますううううううううううううううううう//////////////」ビクビクビクビクビクビク!!!!
P「くっ…もう俺も!!!!!!!!!!!!!!!」
ドピュルルルルルルルルルルルルルルル
ドクンドクンドクンドクン
雪歩「はわぁ……//////」くたっ
P「……………ふぅ」
雪歩「プロデューサーと最後までしちゃいましたぁ///////」
雪歩「えへへ//////プロデューサー、これからも末永くよろしくお願いします////////」ニコッ
P「あぁ、こちらこそ」
雪歩編END
441:
なんだかんだ2週間も間が空いた。
申し訳ねぇ。でも雪歩かわいい。書いてて天使だと悟った。
えへへ////とかズルい。
んじゃ安価>>445
真、律子、伊織、やよい(最後は小鳥)
443:

444:
やよい
445:

律子に鬼畜プレイをオナシャス
んで、結果的に命中するといいなぁ
446:
リッチャンハカワイイデスヨ!
447:
P「雪歩……可愛いかったなぁ…(ぽけー」
小鳥「……………」ジトー
P「はぁ……俺ってば罪な お・と・こ♪」
小鳥「いいですねーアイドルとエッチできてー」
小鳥「どうせ行き遅れの私なんかどうでもいいんでしょーねー」
P「…………なんか言いました?」
小鳥「………もういいです」ムンスッ
448:
P「はい、Pです」
小鳥「音無小鳥です」
P「ローター、大人のおもちゃであり、それは無限の可能性を秘めている」
小鳥「」
P「俺はその無限の可能性を自分で探し出し、やってみたいんだ!」
小鳥「あ、誰かきましたよー」
P「」
449:
ガチャ
律子「おはようございまーす」
律子「誰もいませんかー?」
律子「?」
律子「プロデューサー殿が先に来てると思ってたのに」
450:
小鳥「律子さんですよっ!律子さんっ!」
P「律子かー、なんだか俺に用があるみたいだけど…」
小鳥「まぁまぁ、そんなことは後でもいいでしょう」
小鳥「それよりローターですよ!ローター!」
P「あの…そんな女性がローターローターって連呼するのはちょっと…」
小鳥「何か?」
P「いえ」
小鳥「はい、律子さんのローターっぷりを観察しましょう」
P「ローターっぷりって」
小鳥「…」
P「はい」
451:
律子「プロデューサー殿に渡したい書類があったんだけどなぁ…」
律子「……?」
P机 ゴッチャァァァァ
律子「それにしてもプロデューサー殿の机汚いわね…」
律子「はぁ…今度しっかり言っておかなくちゃ…」テキパキ
P(なんだか申し訳ないな。そこにローターが紛れ込んでいるんだが気づくかな?)
律子「これもゴミ…これは大事な書類だからこっちで…………?」
ガサッ
律子「な//////なななななな///////」
P(あ、気づいた)
律子「なななななななんでこんなものがプロデューサー殿の机に////////////」
律子「ももももももしかしてプロデューサー殿はあっちの趣味が…////////」
P(!?)
452:
律子「そっか……どうりで可愛い女の子に囲まれても無反応なわけだわ…」
律子「まさかプロデューサー殿は男性のことが好きだったなんて…」
律子「…………頑張ったの損だったかな…」しゅん
P「ちっがあああああああああああああああああああああう!!!!!」バァァァァァァァァァァン
律子「!?!?!?!?!?」ビクゥ
律子「ププププププロデューサー!?」
P「律子!俺はホモじゃないぞ!断じて俺はホモではない!」
律子「え、、、えぇぇぇ!?ていうかどこから聞いてたんですか!?」
P「そんなことはどうでもいい!それよりも俺がホモじゃないということが大事だ!」
律子「どうでもよくないですよ!いつからry」
P律 ギャーギャーギャーギャー
10分後
P「はぁ……はぁ……」
律子「はぁ……はぁ……」
P「わかった、律子ひとまず落ち着こう」ぜぇ…ぜぇ…
律子「そ、そうですね…」ぜぇ…ぜぇ…
453:
P「それで?俺はホモじゃないぞ?」
律子「それはもうわかりましたから」
P「そうか、それならいいんだ。律子は?」
律子「はい?」
P「何か俺に聞きたいことあるんじゃなかったのか?」
律子「あ…いや……その………やっぱいいです/////」サッ
P「?」
P「今なに隠した?」
律子「え?」ドキッ
P「後ろに何か隠しただろ」
律子「ナニモカクシテマセンヨ?」
P「…」
律子「…」ドキドキ 目線逸らし
P「」スッ
律子「」サッ
P「…………ほぅ」
律子「…」アセアセ
454:
P「」スッスッ
律子「」サッサッ
P「」スッスッスッスッスッ
律子「」サッサッサッサッサッ
P「」スススススススス
律子「」ササササササササ
P律「」シュババババババババババ
P「…………やるな」
律子「プロデューサー殿もなかなかですよ…」
455:
P「だが……!」スッ
律子(…何か仕掛けてくる!?)
P「」
ポヨン
律子「…………へ?」
ポヨンポヨン
律子「…………//////////」カァァァァァ////
律子「キャァァァァァァァ///////」バチィィィィィィィン
P「うごぉぉぉぉぉぉぉぉぉ」
ドンガラガッシャーン
律子「はぁっ……はぁっ……はぁっ……はぁっ…」
律子「はっ!?プロデューサー!大丈夫ですか!?」
P「大丈夫だ、問題ない」ヒリヒリ
律子「いきなり胸触ってくるから……つい……すみません」
P「HAHAHA!!いいってことさ。それよりも…これ」サッ
律子「………あ」
P「律子はこんなものを必死に隠してたのか?」
456:
律子「それは…//////プロデューサー殿の机を整理してたら出てきたのであって/////私のじゃ…//////」
P「でも俺はこんなの持ってないぞ」
律子「えっ、、、」
P「もしかして……律子…、俺のことをホモにしたてようと…」
律子「ち、違います!!!そんなことしても誰の得にもならな………っ!」
小鳥「ぶええっくしょん!」
律子「だって私………!プロデューサー殿のこと……!」
P「まったく律子は………これはお仕置きが必要だな」
律子「…………え?」
P「なんだ文句あるのか?」
律子「え、、、いや、、なんでお仕置き…」
P「はぁ……そんなこともわからないのかこの雌豚は」
律子「え…なに……メス……?すみませんもう一回言ってもらえますか?」
457:
P「あぁ理解できるまで言ってやるよ。お前は男のことをホモでしか見れなくて事務所にまでオモチャ持ち込んでオナニーする変態プロデューサー。そうだよなこの雌豚」
律子「」カチン
律子「あなた…いっていいとと悪いことがありますよ。そんなこともわからないんですか?この童貞」
P「はぁ……まーだ俺のこと童貞だって思ってる奴がいるなんてな」
律子「童貞が粋がってどうするんですか?怖くてなにもできないくせに」
P「そっちがそうゆう気ならそうさせてもうらうけど?」
律子「えぇやってみさないよ童貞」
P「………」ガッ
律子「きゃぁ!」ビクゥ
P「ハハッ、なんだよてめえがビビってんじゃねぇか」
律子「……」ギロッ
P「いいねぇその顔…、殺してやるって顔に表れてる……。ゾクゾクするねぇ!!!」ガッ
律子「あなた覚悟しなさいよ、これだけのことやってるんだからただじゃすまないわよ」
P「はいはい、言いたいことはそれだけですかー?」
464:
律子「さっきからあんた口ばっかじゃない。ハッ、今更怖気づいたの?笑わせるわね」
P「口の減らない奴だ」
ツカツカ
律子「何よ口じゃ勝てないから実力行s」ドスッ
P「ったく…手間かけさせやがって」
律子「あん……た…絶た……ゆ…さn…」
ドサッ
ーーーーーーーーーー
ーーー?
律子「ん………ここは…?」パチッ
???「やっとお目覚めか」
律子「?」
P「気分はどうだ?まぁ最悪だろうだがな」フッ
律子「そうだ……私事務所でこいつに乱暴されて…」
P「おいおい乱暴とは失礼だな、ただ眠ってもらってだけだよ」
律子「あんたに発言権は無いわよ………っ!」
グッ
P「おっと、眠ってもらってる間に手足は縛らせてもらった」
律子「あんた…ほんと最低ね…」ギリッ
465:
P「そんなこと言ってられるのも今のうちだ」
カチッ【スイッチON】
律子「!?」ビクッ
ヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴ
律子「な、、、なに、、!?お腹の下、、あたり、、か、、ら、、!」
ヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴ
律子「な………!まさ…か………あんた…!!!」
P「さぁて、何のことやら」
律子「くっ……!」ビクッ!
ヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴ
律子「はぁっ……はぁっ……/////」
P「どうした、顔が赤いぞ」
ヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴ
律子「なん……でも…っ……ないわよ……」ビクッ
P「へー、そう」カチッ【レベル5】
ヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴ
律子「んあぁっ!!!!!」ビクビクゥ!!!
P「ハハ、いい声で啼くじゃねぇか」
律子「うる…さい……わね…ッ!」
P「まだそんな目で見れるのか。まぁそのほうが調教しがいがあるってもんよ」
466:
カチッ【レベル6】
ヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴ
律子「んんんんんんんんんっっっ!!!!!」ビクビクビクッ!
律子「んはぁっ………んはぁっ……はぁっ……はぁっ…」
P「だんだん敏感になってきてるようだな…」
P「さて…」スッ
パシッ
P「ほう…」
律子「誰が……っ……あんたなんかに…っ!触らせるものですか…っ!」
P「縛られた手で抵抗ね…」
P「いいねぇ…」
カチッ【スイッチON レベル7】
ヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴ
律子「んんんんんああああああああああ!!!!!!!!!」ビクビクビクビクビク!
律子「ダメ!!!!!もう!!!!イっちゃ!!!!!!」ビクビクビクッ!
カチッ【スイッチOFF】
律子「はぁっ…はぁっ…はぁっ…はぁっ…」ビクッ
律子「なん………で………」
P「誰がイっていいと言った?」
律子「…はぁっ……べ、別に……」
P「」スッ
律子(もう…力が入らな…)
467:
ムニッ
P「もう抵抗しないのか、つまらん」
律子「んんんッッッ!!!!」ビクビクゥ!
P「胸触られただけでイきそうになってんのか」
律子「そんなわけ…ッ!」ムニッ
律子「!?!?!?」ビクビクビクビクビク!
カチッ【レベル8】
ヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴ
律子「あああああああああああ急に来て!!!!!!イク!!!!!!!」ビックゥ!!!!!!!!
プシャアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア
律子「はぁっ…はぁっ…はぁっ…」
P「休んでいいと許可した覚えはない」
ヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴ
律子「うあぁぁぁぁぁぁぁぁぁ今は……!!!敏感…だか…っらぁ…///////」
ヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴ
律子「あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"」ビクビクビクビクビク
チョロ…
律子「も"、、、、漏れちゃ、、、、」
ヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴ
ジョロロロロロロロロロロロロロロロ
律子「んはぁっ…!!!!」
P「滑稽だな」
469:
カチッ【スイッチOFF】
P「あーあー、社長の机こんなにしちゃって」
律子「う"あ"………」ビク…ビク…
P「おーい律子ー、意識はあるかー?」ぺちぺち
律子「………私……社長の机の上で……こん…な…」ブルブル
P「なんだ意外とまだ冷静じゃん………でも…」スッ
律子「あっ…/////」ピクン
P「抵抗無しで股ビッチョビチョ。とんだ淫乱女だな」
律子「あの………/////」
P「なんだ?」
律子「プロデューサー殿の…………その…//////」
470:
P「ご主人様だろうが!」バシーン
律子「ぁう/////」
律子「ご主人様ぁ…っ//////申し訳ありませんでしたぁ…っ/////」
P「ったく口のききかたに気をつけろ」バチン!
律子「ひぃぃぃっ///////」
律子「ご主人様ぁ…/////もっと////もっとこの雌豚を罵ってくらはぁい/////」
P「よく喋る雌豚が少しは黙れないのか!」ドゴォ!
律子「ぐふぅっ!………ガハッ……ケホッ……!」
律子「あぁぁぁぁっ気持ちいいれすぅ///////」ビクンビクン
律子「もっと、、、もっとぉ、、、」すり寄り
P「…」カチッ【レベル10】
ヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴ
律子「ぬはあ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"!!!!!!!!」
プシャアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア
律子「ぅ…ぁ……カハッ……うぉえ……ッ……」ビクンビクンビクンビクン
P「白目向いてやがる。これからが本番だってのによ」ボロン
471:
しゅる……
律子「あぅ…………解いちゃ嫌れす…ぅ…/////」
P「安心しろ、解くのは足だけだ。むしろ…」
しゅる…
律子「ご主人様ぁ…これじゃ何も見えないですよぉ…//////」
P「知ってる」
律子「はぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ///////////////」ゾクゾクゾクゾク
P「口開けろ」
律子「は、はい……………むぐぅ!!!!」
P「お前は…!こうされるのが…!いいんだろ…!」
ぐぽっぢゅむっぢゅぱっ
律子「んくっ……ふ…ふぁ……ぃ…んんんんっ//////」
P「奥まで咥えないとなー」グイッ
律子「!?」
P「しっかり舐めろ」グィィィィ
律子「んんんん!!!!んんん!!!」バタバタ
P「ほーらお前の大好きなち○ぽだぞーゆっくり味わえー」
律子「んんん!!!!んん!!んんん…………」バタバ…タ
ぐぱぁっ
律子「ゲホッゲホッ!!!ガハッ!!!!!はぁっ……はぁっ…はぁっはぁっ…!!!」
472:
P「休んでる暇ねぇよ」ガッ
律子「ぐ…むゥゥゥゥゥ!?!?!?!?」
P「俺の精液特別に飲ませてやるよ」
ぢゅぼっぢゅぱっぐむっぐっぐっ
律子「んー!んー!んんんー!!!」
P「くっ…!出る…ッ!」
ドピュルルルルルルルルルルルル
律子「!?!?!?!?」ビクン!
律子「んくっ……ゴクッ……んっ……んんくっ………………っぷはぁ…はぁっ……はぁっ…はぁっ…」
律子「ご主人様の……せいえき……////////」ポーッ
P「全部飲み干したようだな」
律子「ご主人様ぁ…//////」
473:
P「ケツ出せ」
律子「はい…ご主人様…////」
ヌプッ
律子「はぁぁぁぁぁ//////ご主人様のち○ぽきたぁぁぁ///////」
ヌプッズッズッズッ
律子「あんっ…!ご主人様っ!最初からっ…激しすぎ…ッ/////////」
パンッパンッパンッ
律子「ご主人様の……おち○ぽにぃ…全部もってかれちゃいますぅ…//////」
P「…」バシィ!!!
律子「ひぎぃ!!!!!」
キュッ
P「お前は叩かれた方が嬉しいんだろ!」バシィ!!!バシィ!!!
475:
律子「はひぃ//////嬉しいれすぅ////」ビクンビクン
P「ハハッ!叩かれて嬉しよがる雌豚か!最高に淫乱だな!」バシィ!!!
律子「はぅぅぅ///////そうれすぅ///私は叩かれてもお尻を振ってしまう変態れ…………んああああああ///////」
律子「ご主人様ぁぁぁぁぁ最高れすぅぅぅぅぅしゅごいぃぃぃぃ//////」
律子「ご主人様のおちんぽが私のオマンコの中を荒らして///////ひぅ//////あああっ//////イっちゃいましゅぅぅぅぅう//////」
P「俺も…………出るっ!!!!!!!」
律子「あああああああああああああああああああああああああああああああああああああっ!!!!!!!」ビクンビクン
ドピュルウルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルル
ドクンドクン
律子「はぅ…ぁ…//////ご主人様の精液が……子宮にぃ……//////」ビクンビクン
P「さて」スッ
ローター「!?」
律子「はぁっ…はぁっ……?」
カチッ【スイッチON レベル10】
ヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴ
律子「ひぐぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅイったばかりなのにぃぃぃぃぃぃぃぃぃダメぇぇぇぇぇぇぇl!!!!!!!!」
P「…」
律子「ああああああああああああああああっ!!!!!!今は敏感で/////////んんんんんんんなあああああああ////////」
律子「やめっ////////:/ご主人様許してくださいぃぃぃぃぃぃぃぃぃ///////:」ガクガクブルブル
律子「またきちゃう!!!!!またイっちゃうのおおおおおおおおおおお!!!!!!!!」
律子「…………………………ッ!!!!!!!!!」ビクンビクンビクンビクン
カチッ【スイッチOFF】
律子「かはっ………はぁっ……はぁっ……んくっ………///////////」
476:
P「」グイッ
律子「ふえぇ……///////もう……ダメれしゅ……力入らな………///////」
P「」ズブッ
律子「…………ッ!?!?!?」ビクッ
律子「ご主人様っ!!!そこはちが…………ああああああっっくぁ!!!!!!」仰け反り
P「」
律子「ひぐぅぅぅぅおし//////////おしりぃぃぃぃぃぃ//////////」
律子「おっきくてかたいご主人様のおちんぽが私のお尻にぃぅぃぃぃぃぃぃ///////////」アヘ顔
P「」カチッ【スイッチON】
ヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴ
律子「ひぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!!!!!!」ギュゥゥゥゥゥゥゥゥゥ
P「………悪くない締め付け具合だ」
律子「しょんな…!もうッ!!!!こんなのすぐイっちゃい……あああああああ!!!!!」ビクンビクン!
ーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーー
ーーーーーー
律子「プロデューサー、いいから仕事してください」
P「ああ、わかってるって」
律子「…………」スッ
P「…?(手紙?)」
(次のご褒美はいつになりますか)
カチッ
ヴヴヴヴヴヴ
律子「はぅ///////」ビクッ
P(俺の気分次第だ)スッ
律子「はぃ//////////////」カァァァァァ
こうして律子は俺の性奴隷となった。
律子編END
477:
またまた間が空いてしまって申し訳ない。
全員分ってしゅごいね//////まだ書いてないのいるって/////
あと4人。真、やよい、伊織、(最後は小鳥)
安価>>485
478:

479:
伊織
480:
やよいおり
485:
やよい
今までとは比べ物にならないくらいバイオレンスな感じでオナシャス
あと、妊娠しちゃうとかどうでしょう
491:
小鳥「プロデューサーさん………あれはやりすぎかと…」
P「いやぁ、ついスイッチが入ってしまって…………ね?」
小鳥「ね?じゃないですよ!仕事は大丈夫なんでしょうね?」
P「仕事に支障はだしません。ローターに誓って」
小鳥「…」
P「大丈夫ですって。なにかあったら責任はとります」
P「なんだったら小鳥さんをお嫁に…(ボソ」
小鳥「ピヨッ!?」
小鳥「……わかりました、そこまで言うのならプロデューサーさんを信じます」
P(ちょろい)
493:
P「おっと、次のローターアイドルがきたようだ」
小鳥「はいはい、いってらっしゃい」
494:
やよい「うっうー!おはようございま」
P「ふんっ!!!」ガスッ
やよい「ッ!?」
バタッ
やよい「……ぅ…ぁ……げほっ……プ…プロデュー」
P「…」ゴスッ!
やよい「ぐ……っっっっ!……なん……で…」涙目
P「おはよう、やよい」
495:
やよい「ぷ……ぷろでゅーさ……さん…」
P「あー、なんだ。特に意味は無い」
グッ
やよい「い、痛いです……ぐすっ……やめてくださ」
P「………」
(うつ伏せに倒れているやよいの背中を踏んづけている)
P「なんて細い身体なんだ……こうやって…」ググッ
やよい「んんん……い、痛……」プルプル
P「少し力を入れただけで壊れてしまいそうだ」グググッ
やよい「んん痛………いです……っ…はぁっ…はぁっ…」
497:
P「この細い腕も…」スッ
やよい「ぐすっ……わたし……何か悪いことしたんですか…」
P「…」
やよい「悪いことしたのなら…ひぐっ……ちゃんと謝ります……」
やよい「だから……暴力はやめて……くださ…い…っ…うわああああああああああん」ぼろぼろ
498:
SMの進化系でいいの?それでいいならそっちがいいんだけど。
今書いてて凄い罪悪感あってメンタルにくるわ…
499:
俺バイオレンスと違くなるけど許してください。
次から続き投下します
500:
P「やよい……」ギュッ
やよい「ふえっ………ひっく…ぷろでゅうさあ………」
P「自分でもなんでこんなことしたのかわからない。ただやよいを傷つけてるだけだった」
やよい「ぐすっ……痛かったです……」
P「…すまん」
やよい「とっても………とーーっても痛かったです……」ぐしぐし
P「…すまん」
502:
やよい「………でてください」
P「……何だ?」
やよい「踏んづけたところ撫でてください…/////」
P「………あぁ」ナデリナデリ
やよい「ふぁ…///////」
P「やよい……ほんとうにごめんな……」後ろからギュッ
やよい「はわわわ…//////も、もう大丈夫かなーって/////」
P「いや、俺の気がおさまらないからもう少しこのまま…」ギュッ
やよい「ふぇ…//////」
505:
5分後
やよい「ぷ、プロデューサー……そろそろ/////」
P「ん…もう少し…」スンスン
やよい「ひゃぁ/////匂いかいじゃだめですよぉ…/////」
P「だって…やよいっていい匂いするから…」スンスン
やよい「そん…っなこと…無いですよぉ…////」/ビクッ
P「うなじも…」スンスン
やよい「ふわぁ/////」
P「耳の裏側も…」スンスン
やよい「ひぅ///」ピクン
P「やよい……」ぺろっ
やよい「ぁ…///くすぐったいです…////」ゾクゾク
P「やよいの耳の中まで……」にゅる
やよい「ん……ぁ///////」ピクンピクン
508:
P「反対側も……にゅる…ぺろっ…ちゅ…はむっ…」
やよい「はぁっ……はぁっ……ぷろでゅーさぁ…/////」ピクン
P「ちゅっ……れろ…にゅっ……んちゅ…………」
やよい「なんだか……私……身体が熱くなってきました…/////」
P「俺もだよ…やよい……、こっち向いて…」
チュッ
やよい「…っ!」
やよい「え……今のって……き…きす…/////」
P「嫌だったか…?」
やよい「そそそそんなこと!…………うぅ…よくわからないけど…嬉しいです/////」プシュゥゥゥ
P「よかった、やよいに嫌われたらどうしようかと内心怖かったんだ」
やよい「そんなっ!私、プロデューサーのこと絶対ぜーーーったい嫌いになんてならないです!」
P「…………そっか、ありがとう、やよい」
チュッ
やよい「はわわわわ//////はぅぅぅぅぅ//////」プシュゥゥゥ
ボンッ
やよい「きゅぅ…////」フラッ
P「おっと」ハシッ
P「ははっ、気絶した顔も可愛いってのは反則だろ……」
P「愛してるよ…やよい……」
ちゅっ
509:
P「…」カタカタ
やよい「ん…………うぅん…」ゴシゴシ
P「お、やよい起きたか」
やよい「あれ…ぷろでゅぅさぁ…?」ぽけー
P「まだ寝ぼけてるか」
やよい「ほえー…………ぁ………うぅ…/////」カァァァ
P「おはよう、やよい」
やよい「お、おはようございます…////」
P「……」
やよい「……/////」モジモジ
P「やよい」
やよい「は、はひぃ!!!」ビクゥ
P「そんなに驚かなくても。。。おいで」
やよい「だ、だってぇ…/////」テクテク
P「捕まえたー♪」
ギュゥゥゥゥゥ
やよい「はわ//////つ、捕まっちゃいました/////」
510:
P「やよい……俺のこと好きか?」
やよい「うぅ……好きとかよくわからないけど……プロデューサーとずっと一緒にいたいかなーって////」
P「…それだけ聞ければ充分だ」
やよい「は、恥ずかしいですよぉ…////」
P「やよい、俺もやよいのこと愛してる」
やよい「ああああああ愛しっ!?!?!?」
P「ほら…顔覆ってないで上げて……んっ」
やよい「はぅ……プロデューサー……んっ…ちゅっ…ちゅ…///」
P「れろっ……にゅる…んちゅっ…」
やよい「はわわ///…んちゅぅ…んっ……///」
やよい(プロデューサーとのキス…とっても幸せです…)
やよい(し、舌が////でも……なんだか…気持ちいい…/////)
P「んっ…ぷは……、やよい、後ろ向いてくれないか?」
やよい「はぁっ……は、はぃ…///」くるっ
515:
P「やよいはちっちゃくて可愛いな…」ギュッ
やよい「プロデューサー/////苦しいです////」
P「やよいが可愛すぎるから仕方ないんだ」ギュッ
やよい「うぅ…/////」
P「やよい……」ゴソ…
やよい「んっ…////」ビクッ
P「まだ…成長中の小さな胸」
やよい「ち、小さいのは…やっぱり嫌い…ですよね……」
P「嫌いなわけないよ。やよいの全部が好きなんだ、それに……」コリッ
やよい「んんっ/////」ピクン
P「感度もいいみたいだしな」コリコリッ
やよい「んんっ……んぁ…はぁっ……/////」ピクン
516:
P「両手挙げて」
やよい「んっ」スッ
ヌギヌギ
P「まだ恥ずかしい…?」
やよい「は、恥ずかしいですよぉ…/////」
P「でも後ろからじゃ見えないよ?」
やよい「それでも恥ずかしいものは恥ずかしいんですぉ…////」
P「すぐに慣れるさ」ゴソ
ローター「Yeah!!」
やよい「……?」
P「リラックスして…」カチッ【スイッチON レベル2】
ヴヴヴヴ
やよい「ひゃぅ////び、びっくりしまし…ぁう//////」ビクッ
P(乳首に向かって円を描くように)
やよい「んっ…あ……ふぁ…っ…ぁん/////」ビクビクッ
P(乳輪の部分で止めて焦らす)
やよい「ぁ…んんっ…ぅ…はぁっ…ぅん…//////」ビクッビクッ モゾモゾ
P(あえて乳首にローターを当てない)スッ
やよい「んんっ////」ビクッ
P「…濡れてる」ヌルッ
P「やよい……胸でこんなに感じてたんだな」見せびらかし
やよい「うぅ……//////お漏らししちゃ…////見ないでくださぃ…/////」顔を覆う
P「これはお漏らしじゃないよ。やよいが大人に近づいてる証拠だ」
やよい「ほ、本当ですか…?で、でも…うぅ……//////」カァァァァ
517:
P「汚れちゃうから脱ごうな」スッ
やよい「はぃ///」ヌギヌギ
P「………」ジーッ
やよい「あの……そんなに見ないでください////」
P「あぁ…ごめん。でも…とっても綺麗で……」
やよい「あ、ありがとうございます…/////」
P「やよいだけに恥ずかしい思いさせるわけにはいかないな」ヌギッ
ボロン(BEAST MODE)
やよい(プロデューサーのおちんちん……男の人ってあんな大きいの////)ドキドキ
P「立ってるのも疲れるだろ。ソファで…な」
ギシッ
P「おいで」
やよい「なんだか不思議な感じです…。プロデューサーと私が裸でいつも座ってるソファにいます…」スッ
P「そうだな…」カチッ【スイッチON】
ヴヴヴヴ
やよい「ま、またそれ使うんですかぁ/////」
P「これは初心者用なんだよ」
P「足、広げて」
やよい「うぅ…///」
518:
P(太腿から股間周りに)
ヴヴヴヴ
やよい「んっ…はっ……/////」
P(徐々に近づけて…)
やよい「ぁ……んんっ…はぁっ…ぷろでゅぅさぁ…/////」
P(クリトリス付近を入念に)
ヴヴヴヴ
やよい「はっ……はっ…あんっ……/////」ビクッ
ぷくっ
P(お、勃起してきた)
やよい「うぅ……身体がジンジンして………気持ちれすぅ…////」
P(そんでローターをクリトリスへ)
ヴヴヴヴ
やよい「はぁぁぁ///////ッッッッッ///////そこ////しゅごぃ//れす//////」ビクンビクン
ヴヴヴヴ
やよい「んああああああ//////ぷろ//ぷろでゅぅさぁ////なんかきちゃいま/////んあ////ビクンビクン
P「大丈夫、ここにいるから。思いっきりイって」カチッ【レベル3】
ヴヴヴヴヴヴ
やよい「ぅあああああああああああああああ/////////」プシャァァァァァァァァァ
やよい「はっ……はぁっ…んっ…んくっ…/////」ビクンビクン クタァ
519:
P「やよい、大丈夫か?」
やよい「ふぁ……お、大人って凄いです////」ゴロン
コツン
やよい(なにか頭に当たって………)
ギンギンボッキーン
やよい「はわわわわわ//////」
やよい「プロデューサーの……苦しそうです…////」さわっ
P「や、やよい…!そんなモノ触らなくていいんだぞ」ビクッ
やよい(こんなに反り返って……す、凄いです…/////)さわさわ
P「やよい…話を…くっ」ビクッ
やよい(プロデューサー…気持ちよさそうです……そうだ…)ぺろっ
P「んっ…」ビクッ
やよい(やっぱり、舐めるとプロデューサーがもっと気持ち良くなってます/////)ぺろぺろ
P(やよいの拙い舌使いが…上目遣いでこっちを不意に見て……犯罪を犯してるようだ…/////)
521:
やよいは合法
522:
やよい(もっと、、もっとプロデューサーに…////)はむっ
P「はぅっ////」ビクン
やよい「ぷろひゅうひゃぁ、ひもひいいれすはぁ?」
P「やよいっ、、咥えながらしゃべっちゃ…くっ…////」ビクン
やよい「んっ…じゅっ…ぢゅぽ…ぢゅる…」
P「なっ…!初めてにしては……上手…ぅあ/////」ビクッビクッ
P(ヤバいこのままじゃ初めてのフェラのはずなのにイかされてしまう)
P「や、やよい!」グイッ
やよい「んっ…っぷは……あぅ…もっと…//////」
P(物欲しげに指咥えて俺のちんこ見てるやよい、イイ!!!!)ギンギラギン
やよい「ま、また大きくなって……プロデューサー凄いです///////」
P「やよい、そろそろ俺の我慢も限界だ…」
ダキッ
やよい「ひゃ////」
ソファに優しくやよいを下ろす
P「入れるよ…」ググッ
やよい「んっ……はぁっ…はぁっ……痛…!」
523:
P「……ゆっくり入れるよ」
やよい「うっうー/////プロデューサーと繋がれましたぁ/////」プルプル
P(何この可愛い子)
やよい「だから…っ////遠慮はして欲しくないかなぁ…って////」プルプル
P「やよい………」
P「…わかった」
ググッ
やよい「うぅぅん……!んっ…はぁっ……はぁっ…ぁあ!」
P「奥まで入ったよ」
やよい「もっと…動いていい……ですよ…?」ニコッ
P「んっ…」
やよい「んぁ…はぁっ……んんっ…ッふ…」
やよい「だ…大丈夫…ですからぁ……もっと…きてください…//////」
P「ッ!」
やよい「あぁっ…う、嬉しい……れす…んぁ…/////」
やよい「ぁん…わたし……もしかしてえっちなのかな…/////」
やよい「こんな……初めてで…んんっ…気持ち良…あぁっ//////」
P「やよいはえっちなんじゃないよ…」
P「すごくえっちなんだ」
やよい「はうぅ…//////い、言わないで…ぁん…くださ…ひぎぃ/////」
524:
やよい「あぁっ…ぷろでゅぅさぁのおちんちん…中で暴れて…////」
やよい「ふぁぁぁぁぁ/////ごりごりってぇぇぇぇ/////お腹に響きましゅぅぅぅ/////」
P「ふっ…ふっ…!」
やよい「ひぐぅ/////激しすぎましゅぅぅぅぅ//////またイっちゃ…!」
P「何度でもイかせるさ!」
やよい「あっ!あっ!またイっちゃうううううううううう////////」ビクン!!!ビクン!!!ビクン!!!
P「休ませはしないさ!」
やよい「あぅぅ!!!」!
やよい「ぷ、ぷろでゅぅさぁ…!少し…休ませてくださ…//////」
P「俺のやよいへへの愛が止まらないんだ…ッ!!!」
やよい「はわぁぁぁぁ/////でもでもぉぉぉこっちが持たないれしゅぅぅぅぅぅ/////」
やよい「ぁあああ////////しゅごいよぉぉぉぉぐりぐりいってりゅぅぅぅぅ//////」
P「俺はまだまだ加する…!」指ズプッ
やよい「ひゃう!?」
やよい「ぷろりゅぅしゃぁ/////そこはおしり/////あぅうううううう//////」
P「やよいのすべてが欲しい!」イジイジ
やよい「ああああああああ//////また/////イク/////////」ビクン!!!ビクン!!!ビクン!!!
やよい「……っっはぁっ……はぁっ…もう…だめです…//////」ピクンピクン
P「俺はまだイってない…よ!」ズドン
やよい「ひぎぃぃぃぃぃぃぃ////////もうっ!!!らめぇ!!!!」ビクン!!!ビクン!!!
P「うお!?いきなり締って…!」
P「ラストスパート…ッ!」
525:
やよい「ああああああ//////なにも考えられな//////あんっっやぁぁぁ///////」
P「はぁっ…はぁっ…やよい…!やよい…!」
やよい「ぷろりゅうさぁ//////中で/////一緒に//////」
P「やよい…!くっ!出るッ!!!!!!」
ドピュルルルルルルルルルルルルルルル
やよい「はわぁぁあああああああああああああああああ//////////」
ドクンドクン
P「はぁっ…はぁっ………ふぅ」
やよい「はぁっ…プロデューサー……大好きです//////」
526:
翌日
ガチャ
やよい「うっうー!おはよーございまーす!」ガルーン
P「おはよう、やよい」
やよい「う/////お、おはようございます////プロデューサー/////」モジモジ
小鳥「………」
小鳥「ちょっと、プロデューサーさん」チョイチョイ
P「なんですか?」
小鳥「昨日のやよいちゃんとの絡み、激しすぎませんか?」
P「//////////」
小鳥「何照れてんですか」
P「やよいが天使すぎてなぁ…////」
小鳥「やよいちゃん、赤ちゃんの作り方知らないんですよ?」
P「ん?」
小鳥「昨日の事も多分ただプロデューサーさんと好き合う同士でやることぐらいにしか思ってないはずです」
P「…つまり?」
小鳥「昨日の中出しは最高に危険日じゃないかと」
P「Oh.....」
やよい「むぅー!プロデューサー!小鳥さんと内緒話はズルいかなーって!」
P「や、やよい…もう話は終わったからな?機嫌直してくれ…」
やよい「あれ、、、なんで私怒ってるんだろ…?」
やよい「うー!もやもやしますー!><」
528:
数ヶ月後
やよい「はぁっ…はぁっ…なんだか気分が悪いです…」
小鳥「大丈夫?やよいちゃん…、今日はもうお仕事ないから病院に行きましょう」
やよい「はい、、そうします…」
P「やよい!!俺もついていく!!!!」
小鳥「プロデューサーさんはまだお仕事残ってるでしょ?それと電話対応お願いします」
P「そんな……やよい…!」
やよい「うぅ……」
ーーーーーーーーーーーー
ーーーーーー
ーーー
ガチャ
小鳥「ただま戻りましたー」
P「ッ!?やよいは!?」
小鳥「病院に行ったあと家まで送りました」
P「そうですか……それで!やよいは!病気だったんですか!?」
小鳥「そうね……病気…ではないんだけど…」
P「なんですか!?勿体ぶらないで教えてください!」
小鳥「その……凄くいいづらいんですけど…」
P「…」ゴクリ
小鳥「やよいちゃん、3ヶ月目だそうよ…」ヒソヒソ
P「…………え?」
やよい編END
529:
ふぃー!!!やよい編終わった!!!
例のごとく短い気もするけど許してw
あと3人。真、伊織(小鳥は最後)
安価>>535
530:
いおりん
531:
いおりん
532:
いおり
533:
いおりん
534:
いおりん
535:
真 小鳥さんと協力し2人で真にエロマッサージをして、
真の性感が高まったところに快楽責め
だめなら人気っぽいし普通に伊織で
540:
P「…ッ!?」ブルル
小鳥「どうしました?プロデューサーさん」
P「なんか未来の俺が危ない気が…」
小鳥「何言ってるんですか、大丈夫ですか?(主に頭が」
P「俺はこの先プロデューサー業を続けていられるのか心配になってきた」
小鳥「しっぺ返しはもらいそうですけどね」
P「はい」
小鳥「はい」
P「…」
小鳥「…」
P「お次のローターアイドルはどなたでしょー!」
小鳥「もうだいぶアイドルと絡みましたからねー(主にプロデューサーさんが」
P「あ、誰か来たようですよ」
541:
P「というより今回はあらかじめ来ていないアイドルを呼んでおいた」
小鳥「ピヨ?あと残っているのは…真ちゃんと…伊織ちゃんね」
P「はい、どっちがくるかはお楽しみってことで」
ガチャ
真「おっはよーございまーっす!」
真「あれ、プロデューサーは?誰かいませんかー!」
真「おっかしいなぁ…、今日プロデューサーと打ち合わせのはずなのにそのプロデューサーがいないって意味ないじゃないか」
真「ん…?プロデューサーの机に…なんだろう、これ」
真「書き置きがある。何々…?」
電動マッサージ機「」
電動マッサージ機(ローター)「」
真「電動マッサージ機が二つかぁ。プロデューサーやっぱ疲れてるのかな…」
真「プロデューサーを楽にしてあげるためにもバリバリ働かなくちゃ!」
真「でも…マッサージ機かぁ…、普段ストレッチしてるボクには見ないものだから…」
真「ヘヘっ、プロデューサーが来るまで少し使わせてもらおうかな」
542:
真「スイッチは……ここかな」カチッ
ヴヴヴヴ
真「肩から…っと…あ"あ"あ"あ"ぎもぢい"い"」
真(こ、これはハマってしまいそうだ…!プロデューサーが購入するのも頷けるっ!)
5分後
真「あ"あ"あ"あ"あ""あ"あ"あ"あ""あ"あ"あ"あ"」
ガチャ
P「ただいま戻りました…って真何してんだ?」
真「お"は"よ"う"ござい"ま"ずブロ"デューザー」
カチッ【スイッチOFF】
真「いやぁ!これって凄い気持ち良いですね!我を忘れてしまいましたよ!」
P「そ、そうか」
真「そういえばこのマッサージ機二つありますけどこっちの小さい方はどう使うんですか?」
P「そうだな…、これは……っとそうだ、このマッサージ機は一人でも使えるがもう一人いるともっと気持ち良くなれるんだ」
P「試しに俺が手伝って真を気持ち良くさせてあげよう」キュピーン
真「そうなんですか!じゃぁ…せっかくなんでよろしくお願いします!」
543:
P(真にマッサージ機を使って気持ち良くさせる)
P「さて、真。ソファで悪いけどうつ伏せになってもらえるか?」
真「はい、プロデューサー!」
真(プロデューサーにマッサージしてもらえるなんて…なんていうんだろう…この…役得?)
P「じゃぁ始めるぞ」
真「よろしくお願いします」
P「マッサージ機を使う前に身体をほぐさないとな」グッグッ
真「んっ…あ……う、上手いですねプロデューサー……」
P「ん、あぁ、これでもマッサージはいろいろと見てきたからな(AVだけど」グッグッ
真「へー、見よう見真似で…んっ……ここまで出来るのは……あっ…そこ………凄いですよ…」
P「ははっ、ありがとう。ここが気持ち良いのか?」グググッ
真「んっ…!あぁ……そこ凄い気持ち良いです…!」
P「それにしても真はやっぱり良い身体つきしてるよ」グッグッ
真「ほんとですか?えへへ///ありがとうございます」
P「この腰回りとか…」ググッ
真「っ…ぁ…」ピクン
P「お尻回りとかな」ググッ
真「んぁ……////ってプロデューサーそこはやらなくても大丈夫です/////」
P「何言ってるんだ、真はいつもトレーニングしてるんだろ。ここのマッサージは普段するような場所じゃないからな、この機会に入念にマッサージしておかないと」
真「でも…その……//////は、恥ずかしいですよぉ…/////」
P「真、これはマッサージだ。俺にやましい気持ちは一切無い!(キリッ」
真「うぅ……そう言われると女としてくやしいような…」
P「真、俺を信じろ。お前を信じる俺を信じろ(キリッ」
真「…わ、わかりました。お、お願いします…/////」
P(勝った)
544:
P「じゃぁ再開するぞ」モミッ
真「あ…」ピクン
P「引き締まったいい尻筋だ」モミモミ
真「うぅ…///」
P「弾力も申し分ない」モミモミ
真「あぅ…///」
P「小ぶりのお尻だが真のスタイルにはピッタリすぎるほどの大きさ」モミモミ
真「あの…プロデューサー…///」
P「まったく…真の尻はけしからんな………ってどうした真?」
真「そんなお尻ばっかりマッサージ……うぅ…もう次にいっても…///」
P「そうか……名残惜しいが次の部位に移ろう」
真(ホッ)
P「おお…!このふくらはぎも最高だな…!」モミモミ
真(うわああああああ////)
真「プ、プロデューサー!もう大丈夫なんで次!次お願いします!」
P「え、まだ始めたばっかなのに……」(´・ω・`)
真(そんなしょんぼりした顔……くっ、でもここで譲ったら負けだ!)
P「じゃぁ仰向けになってくれるか?」
真「はい」
真(よかった、ひとまず恥ずかしい思いは避けられた)
545:
P「直接触られるのが見えるの恥ずかしいからさ、これを顔に被せてもらっていいかな?」スッ
真「わかりました」パサッ
真(わわわ///これってプロデューサーのハンカチ////ふわああああプロデューサーの匂いがする////)
P「あ!さっき外回りして使ったから汗くさいかもしれん。やっぱり事務所のティッシュかなんかで代用」
真「大丈夫です!」クワッ
P「え……いややっぱり」
真「大丈夫です!」クワッ
P「わ、わかった…」
真(よかったぁ…///プロデューサーの顔は見れなくなるけどこれはこれで…////って何考えてんだボク////)
P「じゃぁ始めるぞ」ググッ
真「はい……んっ…」
P「真は鍛えてるといってもやっぱり女の子だな」グッグッ
真「ふえっ!?どどどどどうゆう意味ですか!?////」
P「いやほら、マッサージしてるとわかるけど、女の子の身体って柔らかいもんだしね」
真「………」
P「?おーい、真ー?」グッグッ
真「プロデューサーは他のみんなにもマッサージしたんですか?」
P「いんやー?真が初めてだぞー」グッグッ
真「じゃぁどうして女の子が柔らかいなんて知ってるんですか?」
P(あれ、真の言葉に何か棘があるような…)
真「答えられないんですか?」
P「ほら、美希がいつも抱きついてくるだろ?それに亜美や真美なんかともじゃれて抱きつくこともあるから」
真「………そうですか」
P「もしかして真怒ってる?」
真「怒ってません」
546:
P「本当に?」
真「怒ってません」
P「…よかった」
真「何がよかったんですか?」
P「……やっぱり怒ってる?」
真「もう……怒ってないです」
P「なんかわからないけどもっと気持ち良くするから許して」グッグッ
真「んっ……べ、別に許すとか許さないとかそんなんじゃ……っ…」
P「……お腹回り触るよ」
真「………はい」
P「ちょっと服が邪魔かな。真、脱いでもらっていい?」
真「えっ」
P「脱いでもらっていい?」
真「あ、はいー………じゃぁランニングの時に着るインナー持ってきたんでそっちに着替えます」
P「わかった、俺は社長室で待ってるから着替え終わったら言ってくれ」
真「わかりました」
547:
ガチャ
真「プロデューサー、着替え終わりました」
P「ん、じゃぁ再開しようか」
ギシッ
P「んん、インナーを着てさらに真のボディラインが見える」
真「あまり見ないでください…///」
P「すまん、あまりにも綺麗でつい…な」
真「//////」
P「よし、じゃぁまたお腹回りから」スッサスサス
真「んっ……ふ……///」
P(お腹回りから下腹部へ…)スッサスサス
P(下腹部は少し刺激を与える)グッ
真「んっ…」ピクン
P(しばらくこれを繰り返す)スッサスサスグッ
真「っ……はぁっ…///」
P(そして足の付け根へ…)スッサスサス
真「ぁ…///」
P(足の付け根から徐々に陰部へ)
真「…っ……んぁ……はぁっ……んくっ…///」ギュッ
真(何も考えられない……何がどうなって……////)
551:
P(少しずつ……少しずつ…)サスリサスリ
真「んっ……プ、プロデューサー……ボク…身体が熱く…っ!」
P「それは健康な証拠だよ」サスリサスリ
真「ほ、ほんとですか…ぁ…/////へへっ////やりぃ…っぁ////」ピクン
P(確かに熱を帯びてきてるな。そろそろ使うか)
ピタッ
真「ふえっ…?ど、どうしてやめちゃうんですか…?」
真「ボク…もっとプロデューサーに触って欲しい…です///////」カァァァァ
P「………」
P(か、可愛いすぎるだろ!!!!!!!!)
P(なんだこのお姫様は!天使か!女神か!いや、真だ!)
P「ま、まぁまて、マッサージ機の準備してるから」
552:
真「は、早くしてくだい…じゃないとボク…/////」
P「全く…真は欲しがりやさんだな…」
P「ほら、足開いて」
真「はい…///」
カチッ【スイッチON】電動こけし
ヴゥゥゥゥゥゥゥ
真「んっあ…!」ピクン
ギュッ
真「ぷろでゅぅさ……これ……気持ち…良い/////」
P(ギュッって俺のシャツ掴んで感じてる真が最高に可愛い)
ヴゥゥゥゥゥゥゥ
P(陰部回りを撫でるように攻める)
真「あぁっ…!んんんっ…/////」
P(そしてクリトリスっ!)
ヴゥゥゥゥゥゥゥ
真「あっそこはプロデューサーだめ…ッッッッッッ!!!!!」ビクンビクン!
真「ーーーーーーッッ!!!!」ビクンビクンビクンビクン!
P「イった?」
真「はぁっ…はぁっ……ッんっ…ふっ……い、イったとか聞かないでくださいよぉ…////」
553:
P「真が可愛くてつい…な」
真「かかかかわっ!?うぅ…/////」プシュゥゥゥ
P「真…」ギュッ
真「ふぁ…////」
P「真は最高に可愛い女の子だ。世界で一番愛してる」チュッ
真「プロデューサー………んっ」
P「真…、真…!」
真「プロデューサー…、ちゅっ…んっ…ぢゅる…れろ…んんっ…ちゅ…////」
P(真とのキスが愛おしくて仕方ない。真への愛が止まらない)スッ
真「ひゃ/////ま、またお尻ですか……もぅ…///」
P「嫌か?」
真「い、嫌じゃないですけど…///」
P「じゃぁ遠慮無く」モミモミサスリサスリ
真「はぁっ…んふっ……あん…////」
P「脱がすよ…」
真「ふ、ふぁい…////」クタァ
P(まずは慣らすためにさり気無くアナル周囲を触る)
真「あっ……プロデューサ……そっちは……/////」
P(真のアナルは清潔だから何も問題無い)
P「大丈夫、俺に任せて」
P(真のアナル凄いヒクヒクして可愛い)
P(すかさず真の溢れる愛液でアナルに塗りたくる)
真「んんっ…あぁ……だめ…ですおぉ…/////」
P(そしてローター…………IN!!!!!)ズブブ
真「え……お尻に何か入って…え……んぁ!…はぁっ…はぁっ…!」
554:
P「真の反応見てたらこんなになってしまった」ボロン
真「あ……おっきぃ…/////」
真「さ、触ってもいいですか…?///」
P「勿論」
真「……プロデューサーの…おちんちん……////はむっ///」
P「うぉ!」ピクン
真(あ、今プロデューサーが反応した。えっと……こうすればいいのかな…?)
真「れろっ…んくっ…ぢゅ…ぢゅぽぢゅぽ…」
P「うぁ…真…初めてだろ?う、上手いな…」ピクン
真「ほうへふあ?ふふー、あひはほぅほはいはふ!」
P「あぁ!咥えながらしゃべっちゃ…!」
真「へ…?」
P「くぅ…で、出てしまいそうだ…!」
真(えぇ!?出るって……もしかしてプロデューサーの…その…せい……だよね?)
真(く、ください!)
真「んぢゅ…れろれろ…ぢゅる…ぢゅぢゅぢゅぢゅ…」
P「これ以上は本気で危ない…」バッ
真「んぽっ……え、どうして離れるんですかプロデューサぁ…/////」
P「俺の一発目は真の中に出したいの」
真「え……中…ですか…////中は……////」
P「あ、、、危ない日だったか?」
真「いえ……大丈夫です…////」
P「真ぉぉぉぉ!!!」ガバッ
555:
P「入れるぞ…」
真「はい…きて…ください…////」
P「んっ」ズブブ
真「んぁ…い、痛…!」
P「大丈夫か?もっとゆっくり入れるな…」ズブウブブブ
真「っ…!だ、大丈夫です…」プルプル
P「もう少しで……全部…」ズブブブブブ
真「んんんんんっ!!!!」ギュ
P「このまま…」
真「…はぁっ…!はぁっ…!はぁっ…!はぁっ…!」
真「プロデューサー、もう…動いても…だいぶ慣れてきました」
P「じゃぁ…ゆっくりな」ヌッヌプッ
真「んっ…ン…あぁ…ン…/////」
真「も……っと…きてください…///」
P「真…………じゃぁ」
カチッ【ローターON】
真「!?!?!?!?」
ヴヴヴヴヴヴヴヴ
真「んあぁぁぁぁぁ!!!なななないきなりおひりぃぃぃ!!!」ビクンビクン
P「くぁ…!締めつけが凄い…!」
真「プロデューサー!ボクのお尻大丈夫ですか!?割れてませんか!?」
P「大丈夫だ落ち着け真。お尻は元々割れてる」
556:
ヴヴヴヴヴヴヴヴ
真「ああああああおひりじゅごいいいいい/////」ガクガク
P「この様子だとかなり激しくしてもよさそうだ…なっ!」
パンッパンッパンッパンッ!
真「はぅぁ!!!ボクの中でぷろでゅうしゃあが暴れてりゅううううう」
P「真は…!お尻で感じちゃう変態さんだったんだな!」
パンッパンッパンッパンッ
真「ち、違っ!!!」
P「嘘はよくないよー」カチッ【レベル8】
ヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴ
真「ひぎぃぃぃぃぃぃだめぇぇぇぇ!!!なんかきちゃう!きちゃいますよぉぉぉぉ!!!」ビクビク
P「まだまだ始まったばかりだよ」
パンッパンッパンッパンッ
真「あんっ!やだっ!ボク、、プロデューサーに全部…!」
真「きちゃう!!!きちゃ……ーーーーーーーッ!!!!!」プシャァァァァァァァァァ
真「はわ………はぁっ…はぁっ…はぁっ…/////」
ヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴ
真「はぁっ…ぁ……もぅ…止め……てくださ…/////」
P「俺も真と一緒にいきたい」
真「……へ?」
ーーーーーーーー
ーーーー
真「ぁんっ!!!プロデューサー!激しっ!」
P「まだまだぁ!」
パンッパンッパンッパンッ
真「ちょ……すご……/////お腹の奥まできて…/////」
557:
カチッ【スイッチON】
ヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴ
真「ああああああああプロデューサーそれは無しって決めてぁぁぁぁぁぁっぁぁ」
P「真はやっぱりこれじゃないと……って凄い締めつけだ!!!!」
P「もうやばそうだ…!!!イクぞ真ぉぉぉ!!!」
真「は、はひぃぃぃぃ//////」
パンッパンッパンッパンッ
真「あんっ!やぁっ…!んんっ…!はぁっ…!あぁぁぁぁぁぁ!!!」
P「で、出る!!!!」
ドピュルルルルルルルルルルルルルルルルル
ドクンドクン
真「はぁっ……はぁっ…プロデューサーの…が中に…////」
真「やっと……寝れ…」ガシッ
P「真、もう一戦だ」ズブッ
真「え…もうボク無理…ちょ…ま、まっ…ぁん/////」
P「真…!このタイミングで言うのもなんだが…」
パンッパンッパンッパンッ
真「ふ、ふぁい…?なっ…んです…んぁ…か?////」
P「真…」ピタッ
真「はぁっ…はぁっ……はぃ…////」
ギュッ
真「ふぇ…//////」
P「誕生日おめでとう」
真編END
558:
ちょうど真の誕生日だったんでいいタイミングで書き終わった。
まこちー可愛いよまこぺろ。
ってことで次は伊織ですな。安価はもういらないね。
ってことでまだ離脱する。続き書けたらこのまま書いてみる。
565:
P「真は可愛い。うん、可愛い」
小鳥「そんなこと初めからわかってたことですよ」
P「さて、あれから10日も経ってしまったわけですが」
小鳥「長いです。何してたんですか?」
P「ただ、ただ忘れてました」
小鳥「こんな毎日アイドルと会っているのに?」
P「えぇ、しかしローターのことばかり書いてしまっていい加減何をしているんだと思い始めてきましてね…」
小鳥「もう手遅れですよ」
P「まだ…!まだ間に合うはずだ…!あと残ってるのは伊織…!」
小鳥「伊織ちゃんは…少しマセてますけどさすがにローターまでは知らないんじゃないでしょうか」
P「俺は…!伊織を…!この手で抱くまで…!ローターを使い続ける…!」
小鳥「あ、来ましたよ」
566:
ガチャ
伊織「ただいま戻……誰もいないじゃない…」
伊織「ま、そのうち誰かしら戻ってくるでしょ」ボスッ
伊織「…………何もすることがない」
伊織「暇…」
伊織「オレンジジュースでも買って来ようかしら」スクッ
伊織「ここ…アイツの机よね…」
Pデスク〈ぐっちゃあ
伊織「まったく…普通こうゆうところは綺麗にしておくものでしょ」テキパキ
Pデスク〈ピカピカ
伊織「これでよしっ」パンパン
『ヴヴヴヴヴヴ』
伊織「…何か音がするわね」
伊織「どこから聞こえるのかしら…」
Pデスク引き出し〈ヴヴヴヴヴヴ
伊織「アイツの…引き出しの中?」
567:
ガチャ
P「ただいま戻りましたー」
伊織「!?」ビクッ
P「伊織、戻ってたのか…、俺の机で何してんだ?」
伊織「べ、別になんでもないわよ。ただ、あまりにも汚かったから整理してあげただけよ」
P「あぁ……すまん、ありがとう」ナデ
伊織「ちょ///なに勝手にナデてんのよ///」
P「すまん、つい…」パッ
伊織「あ…」
P「どうした?」
伊織「いえ…なんでもない」プイ
P「え、なんだか怒ってる?」
伊織「怒ってないわよ」
P「でも機嫌悪そうだぞ」
伊織「あんたがそうさせたんでしょ」
P「あ…そうだよな、思春期の女の子に、ましてやスーパーアイドルの伊織の頭を勝手にナデちゃそりゃ怒るよな」
伊織「…………はぁ、もういいわ。許してあげる」
P「ありがとう、伊織」ナデ
伊織「ッ!」ビクッ
P「…?………あぁ!すまんまた!」パッ
伊織「ダメっ!やめないでっ!」
P「え…?」
伊織「いいから続けなさい////」
P「い、伊織がそう言うなら…」ナデナデ
伊織「ふぁ…////ん…////」
568:
P「どうだ…?」
伊織「ん、ありがと。もういいわ」
伊織「それより」
P「?」
伊織「さっきからあんたの引き出しで動いてるものは何?」
『ヴヴヴヴヴヴ』
P「………」
P(なぜ動いてるんだ…俺はスイッチ押してないぞ…)
伊織「ねぇ、なんなの?」
P「………なんでもないぞ」
カチッ【スイッチOFF】
伊織「見せなさいよ」
P「ダメだ」
伊織「なんで?」
P「なんでも」
伊織「わかった、如何わしいものなのね」
P「」ギクゥ
伊織「ふーん、そうなんだぁー」
P「」ダラダラ
伊織「じゃぁみんなが帰ってきたらうちのプロデューサーは事務所に如何わしいものを持ってきて妄想してる変態ってこと、言っちゃおうかなー?」
P「そ、それだけはご勘弁を!」
伊織「じゃぁ見せなさいよ」
P「ぐ、、、わかった……」つ ローター
569:
伊織「……なにこれ?」
P(伊織はローターを知らないのか!これなら!)
P「いやぁ、これは新型の機械でな!あー、アレだ!アレをアレでアレするやつだ!」
P(我ながら何も思い浮かばないところが酷い)
伊織「はぁ?アレって何よ?」
P「えーっと…アレはアレだ…」
伊織「………」じーっ
P「う…」
伊織「私にわかるように説明しなさい」
P「後悔するぞ?」
伊織「私が後悔するわけないじゃない、いいから説明しなさい」
P「わかった……じゃぁ」
P「これはローターだ」
伊織「ろー…たー?」
P「あぁ、大人のおもちゃって聞いたことないか?」
伊織「大人のおもちゃ……?」
P「つまりな…」
説明中
伊織「?????ッ/////////」
伊織「ななななななんても見せるのよこの変態!変態!変態大人!/////////」バシバシ
P「痛っ!痛い!ちょ、伊織!待っ…ありがとうございます!ありがとうございます!」
570:
P「悪かった!悪かったって!でもな!これは使いようによってはとっても気持ち良い」
伊織「うるさいうるさいうるさーい!!!!」バシバシ
P「うわちょっ、待って!待って!伊織!好きだ!」
伊織「ふぇ?////」ピタッ
P「伊織!俺は!ツンデレで素直じゃない時もライブで頑張ってる時も100%オレンジジュースを俺に買いに行かせる癖に一人で買いに行って100%のが無いと妥協して100%じゃないオレンジジュースを買っている伊織も!」
伊織「な、なんで知っ/////」
P「泣いてる時も悲しんでる時も!俺は伊織が世界で一番大好きだ!」
伊織「//////////」
P「でも…」
伊織「な、なによ////」
P「やっぱり伊織は笑顔が最高に可愛いくて好きだな」ギュッ
伊織「う、うるさいうるさい//////」
伊織「でも……ありがと/////」スッ
伊織「その……わた、私もアンタのこと…えっと…す、す…////」
P「ゆっくりでいい、伊織のペースで」
伊織「うん……。すー、はーっ」
伊織「私もアンタ…いえ、プロデューサーのこと好きよ」
P「伊織……」スッ
伊織「え…ちょっとキスは早…むぐぅ…んっ……ちゅっ…んっ………っぷはぁ////」
P「嫌だったか?」
伊織「嫌だったらとっくに逃げてるわよ/////」
571:
P「そっか…ちゅっ」
伊織「んっ…ちゅぅ……は…舌が…入っ…んんっ/////」
P「伊織の口の中凄い気持ちいい」
伊織「やぁ…だ……んっ…ちゅっ…れろ…////」
P「ちゅっ……れろ…」
伊織「あ……首…//////」ピクン
P「伊織は首が感じるのかー」
P(服を脱がし脱がし)
伊織「あっ…やぁ…/////」ピクン
P「可愛い下着だね」ぷちっ
伊織「あんまり見ないで…////」
ハラッ
P「綺麗なおっぱいだ」れろっ
伊織「んんっ////」ピクッ
P「おいしい、そして柔らかい」れろ揉み
伊織「はぁっ……はぁっ…/////」
P「乳首、勃ってきた」
伊織「あんたがそんなに舐めるから…っ…ぁ…/////」ピクッ
P「ここも……」スッ
伊織「そこは…っ/////」
P「濡れ濡れ。伊織は感じやすいんだな」ネトーッ
伊織「うぅ……//////」
572:
P「そこでもっと気持ちよくする秘密の道具があるんだ」スッ
伊織「あ、あんたそれ…!」
P「そう、ローターさ」カチッ【スイッチON】
ヴヴヴヴヴヴ
P「そしてこれを…、ここに当てると…?」
伊織「ま、待ちなさいよ…!私こうゆうこと初めてだし最初はそんなもの使わないでした…あぁぁぁぁっ/////」ビクビク
P「どうだ、伊織。ローター気持ちいいだろ」
伊織「あぁっ……これ…危な……んんっ…ぅあ……すご…/////」
P「もう濡れ濡れだしパンツもスカートも脱ごうねー」脱がし脱がし
伊織「なによ…これ…んっ…私だけ……丸裸じゃない……ぁん////」
P「ローターはこうやって使うこともできるぞ」ヌッ
伊織「ぅあ…/////中に…入…//////」
カチッ【レベル6】
ヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴ
伊織「ふ……ッんっ…強……ぁ…あ…あ…//////」
P「俺は伊織の全身を舐める」ペロペロ
伊織「ふわぁ…////んっ…耳…だめぇ……////」
P「」ペロペロ
伊織「んんっ……おへそ……くすぐったいからぁ………ぁんっ……んっ/////」
伊織「ぁ……ちょ、ちょっと止めてもらって……んっ…いいかしら?」
P「ペロペロどうしたペロペロ」
伊織「えっと………その…お、お花を摘みに…/////」
P「…………出してもいいんだぞ」
伊織「えっ…?」
P「ここには俺と伊織しかいない。だから、出してもいいんだぞ」
伊織「2回言わなくても聞こえてるわよ!」
573:
P「ほら!さぁ!」
伊織「な、なに口開けて待ってんのよ////」
P「どうしてもダメか?」
伊織「当たり前…じゃない…っん……///」
伊織「もう……すぐそこまできてるからぁ…っ…早く……止め…てぇ…///」
P「そうか……これだけは使いたくなかったが仕方ない」カチッ【レベル10】
伊織「!?!?!?!?」
ヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴ
伊織「あぁぁぁぁぁぁぁぁ強いぃぃぃぃぃぃぃ止めてぇぇぇぇぇぇぇ」ビクビク
P「俺は待っているぞ!」
伊織「やだよぉぉぉぉあああああああダメっっっっっっでちゃっっっっっっ//////////」ビクン!ビクン!
伊織「はぁっ…はぁっ……はぁっ…はぁっ……ぁ…」チョロ…
P「きたっ!」
伊織「はぁっ………ぁ…あ……ぁあ……///////」ジョロロロロロロロロ
P「んっ……んくっ……んっ…んくっ………」ゴクゴク
伊織「恥ずかしすぎて死にそう…//////」
P「大丈夫だ、俺が死なせやしない」キリッ
伊織「はぁっ…………んっ……早く…これ…っ…止めて…/////」
P「ん?あぁ」カチッ【スイッチOFF】
574:
伊織「んっ…////」にゅるっ
P「あーあ、ローターが伊織の愛液とおしっこまみれだ」
伊織「なによ…、あんたがやったんじゃない…」
P「伊織」
伊織「…なに」
P「これを口に含んで欲しい」
伊織「……嫌よ」
P「じゃぁこれを口に含んで欲しい」ボロン
伊織「あんた…っ!なんてもの見せてるのよこの変態っ!/////」
P「この、伊織の愛液おしっこまみれのローターを口に含むか俺のチンポを口に含むか選べ」
伊織「そんなもの………その……チン……//////」
P「なんだって?」
伊織「????っ///////」
伊織「あんたの…!そのチンポを口に含んでやるって言ってんの!!!//////」
P「だが断る」グイッ
伊織「えっ……ちょっとそれローt…もがもが」
P「伊織に含ませていい場所はここだけだ……」グッ
伊織(うぇ……なんだかぬるぬるして少ししょっぱいよぉ…)
575:
P「いくぞ伊織…っ!」ズブブッ
伊織「ふぁ……もがもが…////」
伊織(あいつの…チン……が私に入って……/////)
伊織「い、いふぁい!」プルプル
P「痛いか?」
伊織「……」コクッ
P「ならゆっくり挿れるな」ズブブッ
伊織「んっ……ふ………ふっ…/////」
P「奥まで入ったぞ、よく頑張ったな」ナデナデ
伊織「//////」
P「動くぞ」ズブっズブっズブっ
伊織「ふあっ……んっ…んんっ…/////」
P「ローター、出そうか」
伊織「んっ…あぁ…んんっ…んぱっ////」
P「…れろ」
伊織「ななななな舐め//////」
P「うん、伊織の味がする」
伊織「私の味って……ばか/////」
576:
P「可愛いなぁ伊織ぃ!!!!」ガバァ
伊織「きゃっ!!急になによぉ…////」
P「伊織が可愛いすぎて俺の理性が爆発しそうだ」
伊織「すでに爆発してるじゃない…/////」クス
P「少し激しくするぞ」
パンッパンッパンッ
伊織「あぁっ…!何っ…これぇ……//////」
P「伊織…!伊織ぃ…!」
パンッパンッパンッ
伊織「プロデューサーっ///////わたしっ!わたしぃっ//////」
P「イキそうなのか?イっていいぞ…!」
パンッパンッパンッ
伊織「あぁぁぁぁぁぁっっっっl/////////」ギュウゥゥゥゥゥ
P「うぉ、締まるッッッ!」
伊織「はぁっ…はぁっ……はぁっ…はぁっ…/////」
P「イってる時の伊織、ものすごい可愛いかった…」
伊織「恥ずかしすぎる…//////よりによってあんたに…/////」
P「でも気持ちよかっただろ?」
伊織「……………気持ち良くないわけないでしょ、その……相手があんただったんだから////」
P「伊織は俺を骨抜きにしすぎ」ギュッ
伊織「はぅ…////にひひっ♪スーパーアイドル伊織ちゃんにかかれば楽勝よ♪」
P「それはそうと」グイッ
伊織「えっ」
P「俺はまだイってないんだが…」ズブブッ
伊織「え、ちょっ……わたしイったばっかで…少し休ませ……はぁぁぁん//////」
577:
伊織「ねぇ……っん……プロデューサーっ…////」
パンッパンッパンッ
P「あぁ……、なんだ…?」
伊織「このわたしにここまでしたんだから…ッんっ…責任…取りなさいよね…っ////」
P「責任でもなんでも取ってやるよ…!(そんなことより伊織可愛いすぎエロ過ぎ)」
伊織「ぁん……忘れない……わよ…っ//////」キュッ
P「また…締まっ…!」
P「伊織!出るっ!」
ドピュルルルルルルルルルルルルルル
伊織「えっ………んんっ…熱いの……お腹に……いっぱい…////」ドクンドクン
伊織「にひひっ♪これからもずーっと…………大好き////」ギュッ
P(それから俺と伊織は何回も互いの身体を求めあった)
P(後半は伊織が可愛いすぎて無我夢中で何も覚えていない)
P(ただ一つ覚えているのは……)
P(伊織の聖水は何物にも変えかがたいものであったということでけであった)
伊織編END
578:
待たせてしまって申し訳ない。
これでアイドル全員終わったかー、長い道のりだったなー。
さぁて、次でローター物語もお終いか。
音無小鳥編は後日!ではおやすみなさい!
580:
4ヶ月に渡るローター長編おつ
592:
P「ふぅ……伊織ってあんな顔もするんだな…」二ヘラ
P「あれは俺にしか見せてないんだよなぁ…」ヘラヘラ
小鳥「…………」ギュゥゥゥゥゥ
P「イテテテテテ何するんですか小鳥さん」
小鳥「自分だけ楽しんじゃってまーっ」ギュゥゥゥゥゥ
P「アイタタタタタタちょ!ストップ!」
小鳥「まったく、プロデューサーさんはまったく…」パッ
P「な、なんなんですか一体…。というよりも小鳥さんだって楽しんでたじゃないですか」ヒリヒリ
小鳥「そりゃぁ…みんなのあられもない姿見れたし?妄想も捗りましたけど?」
小鳥「それでも?全員が全員に『好き』とか『愛してる』って言うのはどうなんですか?」
P「だって全員好きで愛してるのは間違いないですから」(`・ω・´)キリッ
小鳥「堂々と言いやがったよこの人…」
P「勿論小鳥さんも好きで愛してますよ?」
小鳥「ピヨッ!?だ、騙されませんよ!そそそそんな口車には乗せられないんですからね!」ガタッ
P「……」スクッ
ドンッ!
小鳥「ピヨッ!?」
P「今この事務所には俺と小鳥さんしかいません」
小鳥「そ、それがなんですか…///早く仕事に戻ってください…///」ドキドキ
P「いいんですか?戻っても…?」スッ
小鳥(ひゃぅ!?み、耳元で言わないでぇ…///)ゾクゾク
593:
P「…………」スッ
小鳥「んっ…///」ビクン
P「小鳥さんやっぱいいお尻してますね…」スリスリ
小鳥「や…やめ…てくださ…///」ピクン
P「………わかりました」スッ
小鳥「あっ…」
P「どうしたんですか小鳥さん。言われた通り止めましたよ?」
小鳥「い、いえ……なんでもありません」
小鳥(あ、危なかったわ…!危うく雰囲気に押されてのまれるところだった…)
P「ではお互い仕事に戻りますか」カタカタ
小鳥「は、はい…」
P「…」カタカタ
小鳥「……」カタカタ
P「…」カタカタ
小鳥「…んっ」カタカタ
小鳥(何かしら…?さっきプロデューサーさんに触られたところが…///)
P「…」カタカタ
小鳥(それに陰部のところに違和感が…)モゾモゾ
P「小鳥さんどうしたんですか?」
小鳥「い、いえ、なんでもないわよー」おほほほほほ
P(……くっくっく、私の早業で小鳥さんの陰部にローターを仕込むことなど朝飯前よ!)クワッ
小鳥「まさか…プロデューs…んっ!」ピクン
P「どうしました!?」ガタッ
594:
小鳥「ふ、ふざけないでくださ…ゃ…ん…///」ピクン
P「えぇ?俺が何かしたんですか?」
小鳥「う…そ…ローター……しこん…んんっ////」
P「小鳥さん……顔が赤いですよ?熱でもあるんですか?」カチッ【レベル7】
ヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴ
小鳥「んんっぁぁぁぁぁ//////だめぇ////」ビクビク
P「うわー小鳥さん一体どーしたんだぁー」
小鳥「はや…く止め……////おねが…ぃ…ンァァァ//////」ビクビクン
P「なんのことだぁー、僕は何も知らないぞー」カチッ【レベル8】
ヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴ
小鳥「ふっぁ//////もう……だめ…/////っっっっっっ/////」ビクン!ビクン!
小鳥「ふっ…ぁ……はぁっ……んっ……ゃ…はぁっ…////」くたぁ
P「小鳥さんしっかりしてくださいー!ほら、とりあえずソファに横になりましょー」スッ
小鳥「ふぇ…?////……あ…ちょちょちょっと待って/////」
小鳥「あの…その……私今ここから動けないかなーって…////」
P「えぇ?どーしてですかぁ?」
小鳥「ど、どーしてもです///」
P「じゃぁ手伝いますね」ヨッコイショ
小鳥「あっ…」
P「Oh....」
P(小鳥さんが座っていた椅子のクッションが愛液まみれになってる)
595:
P「小鳥さん…これはどうゆうことですか?」
小鳥「これは…その…えぇと…///」モジモジ
P「気持ち良かったんですか?」
小鳥「そう…とっても気持ち良かっ………ハッ!?」
P「とんだ淫乱ですね」ニッコリ
カチッ【スイッチON】
ヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴ
小鳥「はぁぁぁぁぁぁぁぁぁん///////」ビクビクビクビク
カチッ【スイッチOFF】
小鳥「はぁっ…はぁっ…はぁっ……んくっ……いきなりは…ズル…ぃ…////」ガクガク
P「あーあー、パンツビチョビチョじゃないですか」
小鳥「ピヨぉ……///」
P「スカートもビチャビチャ」
小鳥「ひゃぅ…///」
P「はぁ…これじゃ仕事になりませんね。脱いでください」
小鳥「ピヨ!?そ、それは恥ずかしいかなぁ…って////」
P「愛液垂れ流しでビチョビチョになってる人が今更恥ずかしがってどうするんですか」
P「ほら、さっさと脱ぐ!」ガッ
小鳥「ぬ、脱ぎます!脱ぎますから!プロデューサーさんは座って待っててくださいぃ!////」
597:
小鳥「うぅ……恥ずかしいですよぉ…////」モジモジ
P「上だけ着た小鳥さん可愛い」
小鳥「そんなジロジロ見ないで…///」
P「必死にシャツで下を隠そうとしてるけど隠れない感じのところも素晴らしい」
小鳥「ぅ…まさか自分が辱めを受けることになろうとは…///」
P「さて」ボロン
小鳥「ピヨッ!?」
P「おっと、俺の息子が勝手に出てきてしまったようだ」
598:
p「」ブーラブーラ
小鳥「ピヨぉ…/////」ジーッ
P「小鳥さん」
小鳥「は、はい…///」
P「どうしたんですか?」
小鳥「い、いえ…///」ジーッ
P「舐めてみます?」
小鳥「いいですk……ゲフンゲフンそんなことはしませんよ」ジーッ
P「………」
ブーラブーラブーラブーラブーラブーラ
小鳥「ピヨぉ……はぁっ…はぁっ……////」ジーッ
ブーラブーラブーラブーラブーラブーラ
小鳥「はぁっ…はぁっ…はぁっ…はぁっ…////」ジーッ
ブーラブーラブーラブーラブーラブーラ
小鳥「もぅだめでひゅっ!」パクッ
P「フォゥ…」ビク
P「いきなり飛びつかないでくださいよ…ビックリするじゃないですか」
小鳥「はぁっ…はぁっ……これがプロデューサーさんのおちんちん…////」レロレロスリスリ
599:
P「聞いちゃいねぇ…」
P「それにしても…っ…!」ビク
小鳥「はぁっ…んっ…ぢゅるっんっ…ぢゅっぢゅっ…////」」
P「なんでこんな上手いんだ…!うぅっ…!」ビクン
小鳥「ぢゅるうるるっるるるるる////」
P「イェッサァァ!!!」ビクビク
小鳥「っぷはぁ…/////どうですか…プロデューサーさん?///」
P「お、おぅ……とっても上手です…///」
小鳥「ふふ…///この日のためにいろんなモノを見て学んできました///」
600:
P「いろんなモノ…?」
小鳥「細かいことは置いといて…次はこんなのどうですか?」スルッ
バイーン
P「Wow!! OPI!!!」
小鳥「これをこうして……んっ///」ムニッムニッしゅこしゅこ
P「ぅあ……パイズリヤバイ…///」
小鳥「ふふ…プロデューサーさんの声聞いちゃうとこっちも嬉しくなっちゃいますよー////」ムニュムニュ
P「小鳥さんの乳首が亀頭に連続攻撃してきた…!くそう、気持ち良い!」
小鳥「更に…はむぅ///」
P「いやっふうぅぅ////」ビクン
小鳥「ほんらろもいいれふか…?////」ムニュムニュレロレロ
P「これは大変だ…!小鳥さんにいいようにされて…くそっ……出るっあ!!!!!!」
ドピュルルルルルルル
小鳥「んむぅぅぅぅ/////」」
小鳥「んっ…んっ……んんっ………こくん////」
601:
小鳥「ふわぁ……////プロデューサーさんの精液…飲んじゃった…////」
P「抵抗なんてできなった。気持ちよすぎたんだ…」
小鳥「ふふっ、プロデューサーさん可愛かったですよー////」
P(このままじゃいけない…!)
603:
P「小鳥さん…!」ズポッ
小鳥「…んぱっ、、もぅ、まだ欲しいのにぃ…」
P「今度は俺からいきますよ…!」
小鳥「ぁ…私初めて…だから……その…////」モジモジ
P「え…!?は、初めて!?」
P「初めてにしてはフェラ…うますぎなんですが…」動揺
小鳥「いろんなモノを見て学んできました////」
P「つまり…しゃぶってきたんですか?」
小鳥「はい…///」
P(なんてこった…。小鳥さんはすでに幾多の男根を咥えてきたのか…)
小鳥「あぁ…さっきまでビンビンだったのにちっちゃく…」
P「小鳥さん…俺は……俺は…!」ガシッ
小鳥「ピヨッ!?」
P「そんな小鳥さんでも!!」
P「多くの男のモノを咥えてきた人だとしても!」
小鳥「えっ」
P「俺は小鳥さんが大好k……えっ」
小鳥「そ、そんな!私プロデューサーさんのものが初めてですよ!」
P「えっ……さっきはいろんなモノって…」
604:
小鳥「えっと…それは…その……なんというか…///」
P「小鳥さん…教えてください…!」
小鳥「……ブで……ました…///」
P「えっ………?」
小鳥「…イブで…ぶってました…///」
P「すいませんもう少し声大きくお願いします」
小鳥「プロデューサーさんのモノだと思ってバイブでしゃぶってましたぁぁ!!!」
P「えっ」
小鳥「いつかプロデューサーさんにしてあげたいってずっと思ってたんですぅ!バイブもプロデューサーさんのはこのくらいかなって想像して少し大きめのを買って練習してましたぁ!我慢できなくて処女もそのバイブで……えっぐ……無くしましたぁ……うわぁぁぁぁん」
P「小鳥さん………」ギュ
小鳥「…ふえぇぇぇぇん」ギュゥゥゥゥ
ーーーーーーーーー
ーーーーー
10分後
小鳥「ひっく……ぐす…」
P「落ち着きました?」
小鳥「…はい」
P「小鳥さん」
小鳥「……はい」
P「俺は先ほどはすみませんでした」
小鳥「いえ……私も取り乱してしまって…」
P「それで…その…俺で[田島「チ○コ破裂するっ!」]……してたんですか?」
小鳥「……はい//////」
P「こうゆうのも変だと思うんですが……すごく嬉しいんです」
小鳥「え……?」
605:
P「だってこんなに可愛い女の子が俺なんかを妄想しておかずにしてくれるって無いですよ!」
小鳥「か、可愛い女の子…////」テレテレ
P「それに俺は小鳥さんのこと好きだし」
小鳥「そんな……好きだなんて…………………えっ!?今なんて言いました!?」
P「え?小鳥さんのこと好きだし?」
小鳥「それは嘘じゃありませんよね!?」
P「嘘じゃないですよ」
小鳥「ほんとのほんとですか!?」
P「はい」
小鳥「………う、嬉しいですぅぅ…」ぐすっ
P「あぁ…また泣いちゃダメですよ」ナデナデ
小鳥「だってぇ……ぐすっ……」
P「………小鳥さん」
小鳥「はい………んっ////」
P「続き……しましょうか」
小鳥「………はい////」ニッコリ
606:
小鳥「んっ…ちゅ……れろ…んんっ…ぁ…////」
P「んっ…れろれろ…」
小鳥「っぷはぁ……プロデューサーさん…大好きです////」
P「ありがとう、俺も……大好きです…」
小鳥「ふふっ…んっ…ちゅっちゅっ…///」
P「ちょ…小鳥さん…激し…んんっ」
小鳥「絶対逃がしませんよーっ////」
P「逃げませんからもっとゆっくり……ね?」スッ
P「お互い気持ちよくなりましょう」
小鳥「は、はい……////お、お願いします…////」
P「小鳥さんもうここ濡れ濡れですね」クチュ
小鳥「い、言わないで…////」
P「これならすんなり入りそうです…よっと」ヌプ
小鳥「んっ……ぁあ…プロデューサーさんのが……入って…んんっ/////」ビクビク
P「小鳥さんの中……気持ち良すぎ…!」ヌプププププ
小鳥「ぁん…////動いていい…ぁは……ですよ…////」ビクン
P「じゃ、じゃぁ…遠慮なく……」ズプッジュプッ
小鳥「ぅん……っ……はぁっ……ぁん…//////」
P「ぐぁ……小鳥さん締め付けすご…!」
小鳥「あんっ…/////思ってたよりもやっぱしゅごいおおきい/////」
P「腰………止まらな……」
小鳥「ピヨぉ…////もっと/////くださいぃぃぃぃ/////」
P「小鳥……さんっ!!!!」ぐっ
小鳥「ああああああああぁぁっぁぁぁぁっぁぁん///////」
小鳥「この体勢//////…い…いぃぃよぉぉぉ…////////」
P「小鳥さん…!ぅあ…!小鳥さん…!」ズプッジュプッズプッジュプ
607:
小鳥「はぁっ……わたし……プロデューサーさんの……中で…んんっ…////」
小鳥「ビクビクって……して…/////ぁん////気持ちいいでしゅぅぅぅ/////」
P「ぐぁ……もう……もうイク…!イキますよ小鳥さん…!」
小鳥「は、はひぃぃぃぃ私もイキまひゅぅぅぅぅ/////」ビクビク
P「小鳥さぁぁぁぁぁぁぁぁん!!!!!」ドピュドピュドピュ
小鳥「はぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁん///////////」プシャアアアアアアアアアアアア
ドクンドクンドクンドクン
P「はぁっ…はぁっ…はぁっ…はぁっ…」
小鳥「プロデューサーさんの……いっぱい中で…/////」
P「小鳥さん……俺……!」
小鳥「プロデューサーさん………////」
ガチャ
608:
あ、これ死んだわ
613:
春香「ただいま戻りまし……」フッ
小鳥「はふ……/////」くて
P「は、春香!?」
春香「………プロデューサーさんこれはどうゆうことですか?」
春香「私のこと愛してるんじゃなかったんですか?」
春香「どうして小鳥さんとプロデューサーさんが裸抱き合ってるんですか?」
P「こ、これには事情があって…!とりあえず目のハイライトさん帰ってきてください」
春香「なにわけの分からないこと言ってるんですか?そこに正座なさい」
P「せめて服を着させてくd」
春香「…………」ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ
P「…はい(今の春香に逆らったら死ぬ)」
春香「何か言い訳は?」
P「………」
春香「なんとか言ったらどうですか?」
P「………」
春香「言い訳もしないんですか?」
P「春香……俺は………!」
春香「お黙りなさい!」
P「えぇ……」
614:
春香「プロデューサーさんは私のこと好きって言いましたよね?」
P「はい…」
春香「それなのにどうして小鳥さんとああゆうことしたんですか?」
P「それは……」
P「小鳥さんも好きだからだ!」(`・ω・´)キリッ
春香「」イラッ
ドゴォ!
P「がはぁっ!!!」
小鳥「ピヨヘヘヘヘヘ////」
ガチャ
615:
響「はいさーい!今戻っ……た…ぞ…?」
響「……」バタン
伊織「どうしたの響?」
響「部屋間違えたっぽいぞー」
伊織「そんなわけないじゃない、ちゃんと確認したの?」ガチャ
春香「そうやっていつまでも床に這いつくばってるがいいわ」
P「ぐ……春香ぁ…」
伊織「……」バタン
響「どうだった?」
伊織「春香の姿をした何者かがプロデューサーを…」
響「よ、よし…!今度は自分覚悟決めていくぞ!」
響「スーーハーーーー」
ガチャ
P「春香!聞いてくれ!俺は春香を(…番目に)愛してるッ!!!」
響伊織「「!?」」
616:
春香「……ッ!?な、何を今更…ッ!」
P(動揺してる…!これなら…!)
P「春香は俺のこと好きか?俺は大好きだ!だから目を覚ましてくれ!俺の愛していた春香に戻ってくれ!」
春香「ッ!?わ、私は…プ…プロデューサーが信じられな……!」クラッ
P「おっと」ハシッ
春香「プロデューサーさん……」ギュ
P「春香……」スッ
響「だぁぁぁぁぁぁぁぁぁPにぃのバカぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!」バキィィィィ
伊織「あんたって人はぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!」チュドォォォォォン
P「ぐぉおおおおお!!!」
春香「キャァ!」ステーン
P「ひ、響!?それに伊織!?」
617:
響「自分に好きって言ったのに!ピヨ子にも春香にも言ってるのか!?Pにぃには失望したぞ!」
伊織「あんたっ!!!自分が何を言っているか理解してるわけ!?この伊織ちゃんあんなことまでしておいて小鳥にも…春香にもすすすす好きって!!!せ、責任とるって約束は…どうしたのよぉ………」グスン
P「お、落ち着け!!!俺は響をちゃんと愛してるし伊織だってしっかり責任は取る!だがしかしまずはこの状況を整理するために服を着させてくれ!」
春香「プロデューサーさん?」チョンチョン
P「ヒィ!?(春香がとびっきりの笑顔いるがそれが感じたことないくらい怖い)」
春香「響と伊織に……何…したんですか?(ニッコリ」
P「え、えぇ、、、と、、」目線逸らし
響「Pにぃは自分とその……/////」モジモジ
伊織「ひ、響!?まさかあんたプロデューサーとしししししちゃったわけじゃないわよね!?」
響「し、しちゃ!?うぅぅ//////」プシューー
伊織「なん……ですって…」
618:
伊織「ちょっとあんた!響といつそんな関係になったのよ!?それにそこに転がってる鳥!」
小鳥「ピヨ!?」着替え途中
小鳥「わ、私もうプロデューサーさんと結婚するって決めましたー!既成事実ですー!」
響伊織「「は!?」」
P(やべぇ)
春香「プロデューサーさん」
P「は、はい…」
春香「何度も聞きますがこれはどうゆうことですか?」
P「う……すまん!急に用事を思い出した!!!」ダッ
春香「あっ!?」
響「に、逃げた!?」
伊織「逃がさないわよ!!」
小鳥「服を走りながら着ていくなんて…、人間業じゃないわ…」
619:
とある駅前
P「こ、ここまでくれば…」ぜぇぜぇ
やよい「あー!プロデューサー!」テケテケテケ
P「うぉ!?な、なんだやよいか…」ホッ
やよい「そんなに息をきらしてどうしたんですかー?」
P「あ、あぁ……ちょっとな」
やよい「あの…プロデューサー!」
P「ん?」
やよい「偶然とはいえ私、プロデューサーと会えてとってもとーっても嬉しいです!」
P「そ、そうか。俺も嬉しいよ」
620:
やよい「うっうー!プロデューサー、あれやりましょう!」
やよい「ハイターッチ!」
P「イエイ!」
やよい「えへへ////私、プロデューサーといれるだけで幸せなんです///」
やよい「でもでも、この前しちゃった事は765プロの皆さんには内緒なんですよね?」
P「ぞ、そうだな…。これは俺とやよいだけの秘密だ」
やよい「私とプロデューサーだけの秘密…////」
やよい「絶対ぜーったい守ります!だからプロデューサーは私のこと嫌いにならないでくださいね!」
P「もちろんだ」
やよい「うっうー!ありがとうございます!では私はお買い物があるので失礼しまーす!」
P「あぁ!気をつけてな!」ノ
タッタッタッタ
P「ふぅ……やよいにはずっとあのままでいて欲しいな」
あずさ「ほんとそうですよね?」
P「!?」バッ
621:
あずさ「プロデューサーさん、やよいちゃんとしちゃったことってなんですか??」
P「あ、あずささん!?いつからそこに!?」
あずさ「あー!プロデューサー!あたりからです♪」
P「ほぼ最初からじゃないか…!」
あずさ「そんなことはどうでもいいんです。それよりもやよいちゃんとしちゃったことってなんですか?」ズイ
P「え、えっと!やよいと以前もやしパーティーをしてだな!そこd」
あずさ「嘘はいけませんよ?」
P「う、嘘はついてません!」ピクピク
あずさ「私わかるんです。プロデューサーさんが嘘をついてる時は鼻がピクピク動いてます」
P「うっ!」バッ
あずさ「あらあら?、もう遅いですよ?」ニッコリ
624:
あずさ「それで?ほんとは何をしたんですか??」
P「ナ、ナニモシテマセンヨ?」
あずさ「……」
P「あずささん?」
あずさ「私……プロデューサーさんのこと信じてますからね…」ギュ
P「あずささん…」ズキ
P(俺は…こんな素敵な人に思われてるのに…最低だ…)
あずさ「………どうして抱きしめ返してくれないんですか…?」
P「……」
あずさ「プロデューサーさん……私…!」ギュッ
P「……すいません」
あずさ「どうして…どうして謝るんですか…っ」
P「すいません…」
あずさ「謝らないでください……信じて……信じてます…!」
625:
P「……あずささん」ギュ
あずさ「あっ…///」
P「今はこれくらいしかできることがありません」
P「いつかあずささんと(も)幸せに暮らしたいと考えてます」
P(ついさっき修羅場ったからな…。あずささんはちゃんとキープしとかないと)
P(はは、俺って最低だ)
あずさ「プロデューサーさん…///」スッ(顔を近づける)
P「あずささん……」
プロデューサーとあずさが会う数分前
真「へへ…」ニヤニヤ
雪歩「最近の真ちゃんなんか凄く幸せそうだけど何かあったの?」
真「え、わかるー?あー、わかっちゃうかー!でもこれは雪歩にも言えないことなんだー!ごめん!」ニヤニヤ
雪歩「真ちゃんが私に話してくれないほど…そんな幸せが真ちゃんに訪れたなんて…」
雪歩「一番真ちゃんの近くにいたのにどうして気づかなかったんだろう」
真「雪歩ー!今日はボクご飯奢るよ!」
雪歩「そんな大丈夫だよ!そんなにお腹空いてないし…」
真「そう?じゃぁ今度一緒に外食する時はボクに奢らせてね!」
雪歩「うん、わかった」
雪歩「あ、あれプロデューサーとあずささんじゃない?」
真「ほんとだ!何話してるんだろう………ってえぇ!?抱き合っ…」フラッ
雪歩「真ちゃん!?真ちゃんしっかり!!そんなプロデューサーとあずささんが抱き合うなんてことは…」チラッ
Pあずさ「」ギュゥゥ
雪歩「嘘……プロデューサー……私と末長く一緒いるって…言ったのに!!!」ギリィ
真「…プロデューサーが……あずささんと……」
雪歩「真ちゃんのうなされている言葉も気になるけど……三浦あずさ………あの泥棒猫…!」フッ
626:
通行人「あれ…もしかして萩原雪歩さんじゃ…声掛けてみようかな…」
通行人「あの…もしかして萩原雪歩さn」
雪歩「はい?」クルッ
通行人「」ビクゥ
通行人「な、なんでもないです…すいませんでした…」
通行人(確かに萩原雪歩だった…でも俺が知ってる萩原雪歩はもっとふんわりしてて守ってあげたくなるような…そんな女の子だ…)
通行人(決して…決して恐怖を覚えるような………)ブルルッ
通行人(目のハイライトが消えてた……怖かった…。きっと嫌なことがあったんだな、うんきっとそうだ。だから早く帰って元の雪歩ちゃんの写真集みて癒されようそうしよう)
ーーーーーーー
ーーーー
P「まさかあずささんに出会うとは…。主人公補正もほどほどにしてくれないと心臓がもたんよ」
P「今日はもう帰って明日の朝早く事務所いって残った仕事終わらそう」
P宅
ガチャ
P「ただいまーーって誰もいないk」
千早「おかえりなさい、あなた♪」
P「」
634:
千早「今日は早いのね。お風呂にする?ご飯にする?それとも……///」
千早「わ・た・し?////」カァァァ
P「お、おう…」
千早「え///ホントにわたしを選ぶだなんて…///もう!あなたったら!///」バシバシ
P「痛!というより千早!なんでウチに!?」
千早「なんでって?それは私たちのお家なんだからいるのは当然じゃないですか」
P「いつから私たちの家になったんだ?ここは俺の家だぞ」
千早「私たちは将来を約束した恋人。その二人が同じ屋根の下で暮らさなくてなにが恋人ですか。私はプロデューサーを愛してます。プロデューサーも、私のこと愛してますか?」
P「あれちょっと話ズレてない?」
千早「愛してますか?」ズイ
P「ち、千早!近い!」
千早「愛してますよね?」ズイズイ
P「あ、愛してる!愛してるから早く離れて!」
千早「………//////」スッ
P「危ない……あと少しでキスするところだった」ボソ
千早「えっ?今なんていいました?」クルッ
P「千早が可愛いすぎるって言ったんだ」
千早「そんな……キスしたいだなんて…////」
635:
P「ん?」
千早「もう…あなたったら///今日は……特別ですよ?///」ンー
P「聞こえてるなら聞き返さないでくれ……ってやめ!」
千早「どうしてですか…?私に飽きてしまったんですか…?」
千早「まさか…他の女に手を出したわけじゃないですよね?」チャキ
P「おおおお落ち着け千早!まずその手に持ってる包丁をしまえ!」
千早「じゃぁ私だけを愛してるという証拠をみせてください」
P「しょ、証拠…?」
P「愛してるってさっき言ったじゃないか」
千早「き、キス……してください///」
P(手をモジモジしながら頼み込んでくる千早可愛い)
P「(でも)今度じゃダメ…か?」
千早「………どうしてですか?」
P「今日は仕事で疲れてるからまた後日にでも…」
千早「だ、ダメですっ!」ダキッ
P「ぬぁ!?」
千早「今じゃないと私…!私…!………………っ!?」ピク
P「?」
千早「女の匂いがする…」
636:
あちゃー
638:
P死んだな
641:
P「!?」
千早「私じゃない…誰?」
P「え、えーと!これは仕事上仕方ないんだよ!ほら、千早だって俺の仕事がどんなのか知ってるだろ!?」
千早「えぇ知ってます。けれどスーツにこんな女性の匂いが残るなんてことはないはずでしょ?しかも…」スンスン
千早「今日だけで二人……」
P「なぜそれを!?……ハッ!?」
千早「………プロデューサーは私の手元に置いておかないと」チャキ
P「ひっ」
ドンドンドンドン!
雪歩「プロデューサー!大丈夫ですかぁー!」
P「雪歩の声!?」ドタドタガチャ
雪歩「よかったぁ…プロデューサーまだ生きてたんですね…」ホッ
千早「この匂い…!萩原雪歩………あなたがプロデューサーを!」ビュン
ガキィィン
642:
千早「!?」
P「な!?スコップで千早の包丁を止めた!?」
雪歩「落ち着いてください千早ちゃん。私は争う気無いです」ギリギリ
千早「そんなこと言って…!私のプロデューサーを奪うつもりでしょ!」ググッ
雪歩「それはこっちの台詞です…」フッ
千早「なっ…!」ビクッ
雪歩「千早ちゃん…プロデューサーはあずささんと抱き合ってました」
千早「………続けなさい」スッ
雪歩「今日たまたま真ちゃんと駅前を歩いてたんです。そこでプロデューサーを見つけました。声をかけようとしたんです。でも…」
千早「でも?」
P(まずい)
P「あー!あー!そんなことよりお腹空いたなぁ!そうだ千早がご飯作ってくれたんだよなぁ!もう冷めちゃったかな!?早く食べないとなぁ!」
雪歩千早「黙って」ギロ
P(怖え……しかしここで引いたら更にヤバくなる気がする)プルプル
P「千早の手作りなんて初めてだから楽しみだなぁ!どれだけ愛情が詰まってるのか早く知りたいなぁ!」
ヒュン
千早「プロデューサー……黙りなさい」
P「は、、はひ、、、」
P(包丁は投げるものじゃありませんよ千早さん)タラー
643:
雪歩「いいですかぁ?」
千早「早くなさい」
雪歩「それで私と真ちゃん…見ちゃったんです…」
P(ヤバい逃げないと)ソロー
雪歩「プロデューサーとあずささんが抱き合ってるのを」
千早「………プロデューサー」
P「ぎくっ、な…なんでしょう千早さん?」
千早「やっぱりプロデューサーはずっと私のそばにいればいいんです。だから手足なんていらないですね」ニッコリ
P「チョット意味ガワカラナイ」
雪歩「千早ちゃん、私もそう思いますぅ」
千早「珍しく意見が一致したわね」
雪歩千早「じゃぁ」クルッ
P「ひぃぃぃぃ!!!」ドタドタガチャタッタッタッタッ
千早「私から逃げられると思わないでください」
雪歩「プロデューサーはいつも私と一緒ですぅ」
ーーーーーーーー
ーーーーー
P「はぁっはぁっ、、まさか家にまで来るとは…」
P「うぅ……カプセルホテルに泊まるか…」
???「あー!プロデューサー!」
P「!?」ビクッ
やよい「うっうー!プロデューサーこんなところで何してるんですかー?」
65

続き・詳細・画像をみる


天才・松本人志さんのおもしろツイートwwwwwwwwwwwww

『俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している』第7話・・・会長の腰振りエロかったなw そしてCパートのオチワロタ

通信簿はオール5、偏差値は72くらい? 「愛子さま」の成績スゴすぎワロタwwwwwwwww

【美しい国】 フリーター(27)「おとん、俺やっと正社員(自販機補充)なれたでー」 → 4ヵ月後、首吊り自殺

艦これの望月ちゃんの画像ください

【悲報】 学生時代、遊びもせず貯金してた結果wwwwwwwwwwwwww

back 削除依頼&連絡先