「美味しいハンバーグ屋さん知ってるんだ」と、ロイヤスホストに連れてかれたback

「美味しいハンバーグ屋さん知ってるんだ」と、ロイヤスホストに連れてかれた


続き・詳細・画像をみる

1:
共感もらえるか分からないけど。彼が、何でもシェアしたがりだった。
私も相手も25歳。その日は、初めて2人きりで会う日だった。
「美味しいハンバーグ屋さん知ってるんだ」と、ロイヤスホストに連れてかれた。
私→単品でハンバーグ
彼→ビーフシチューに小さいサラダのセットを頼む
最初に彼のサラダが運ばれてきたら、彼、「半分食べる?」と聞いてきた。
本当に小さなサラダだったので、私は断った。
ハンバーグとビーフシチューが運ばれてきた。
彼、一口ビーフシチューを食べたら、口でスプーンを拭って、私に「一口食べる?」と…。
回し食い、回し飲みとか、気にしないタイプなんだけど、すごい嫌悪感を感じてしまった。
そりゃ私はスプーン使わないから、彼のスプーン使うのが普通なんだろうけど、
口に入れて拭って、「はい」って渡されたのが違和感。
「苦手だからいらない」で断った。
その後、食後の飲み物でも「一口飲む?」とやられて、もう無理と感じた。
生理的に無理ってやつだったんだろうか。あのときだけ私が潔癖だったとか?
でも、本当に無理だった…。
42:
いやそれは十分キモイって、
物凄くよく分かる。
43:
手を付けてない状態なら小分けして上げたりするけど、口付けた物は勧めないな
さすがにスープ宇、飲み物は無い
まぁその男の気遣いなんだろうけどちょっとずれてるね
4

続き・詳細・画像をみる


メイド「ご主人様を拘束させて頂きます!」

日産GT-Rニスモのスペックが判明 ニュルのタイムは7分8秒

【サッカー】武田修宏氏「オランダは本気じゃなかった」「はっきり言って参考外」

許嫁「こっちみないでください。けがらわしい」

【社会】「化学調味料ダメ」「水道水ダメ」「シャンプーダメ」 オーガニックにハマり、暴走する女たち★2

すぐに仕事を辞めてしまうのをなんとかしたい

back 削除依頼&連絡先