春香「プロデューサーさんのお仕事」back

春香「プロデューサーさんのお仕事」


続き・詳細・画像をみる

1:
――――――
春香「プロデューサーさんの……浮気者っ!」
春香「……」
春香「いきなり何なんだ、って顔ですね……。何って、最近のプロデューサーさんのお仕事のことですよ」
SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1384086644
2:
春香「確かにプロデューサーさんが忙しいのは知っています。……というか、働きすぎですよ! プロデューサーさんは」
春香「私たちのプロデュースだけでなく、CGプロのプロデューサーまでやっているんですから……しかたないかもしれないですけど……」
春香「でも! もっと765プロに顔を出してくれてもいいじゃないですかっ!」
春香「いつもいつも凛ちゃんたちばっかり……ずるいです……」
3:
春香「……え? 浮気って言い方はおかしい? 俺はプロデュースしているだけだ?」
春香「……ふーん……そうですか……」
春香「……」
春香「……まあ、いいです。そういうことにしておきます」
春香「こうやって忙しい中、私たちの様子を見に来てくれたんですから。ふふっ♪」
4:
春香「どうなんですか? CGプロの方は?」
春香「……はい……はい……えっ、温泉!? 凛ちゃんたちと行ってきたんですか!?」
春香「……混浴じゃない? 別々に入った? そ、そんなの当り前ですよ! 何言ってるんですかっ///」
春香「もうっ! 変なこと言ってると、美希たちに教えちゃいますよ? CGプロのみんなと温泉旅行に行ってきたみたいだよー、って」
5:
春香「……じょ、冗談ですよ? そんなにあわてなくても……」
春香「と、とにかくっ! あんまりおかしなことはしないでくださいっ!」
春香「事務所が違うといっても、凛ちゃんも、卯月ちゃんも、未央ちゃんも、みんな大切な後輩ですし。しっかりプロデュースしてあげてくださいね? プロデューサーさん!」
春香「……」
春香「……プロデュース、だけですからね?」
6:
――――――
春香「プロデューサーさん……やっぱり浮気者ですね」
春香「何のことだ……って? とぼけないでください! この写真! 何なんですかこの娘はっ!?」ピラッ
7:
春香「……初音、ミク。いやっ、名前を聞きたいんじゃなくてっ! というか知ってますよ、ミクちゃんのことは! 前、いっしょにフェスしたじゃないですか!」
春香「そういうことじゃなくて、なんで一緒に写ってるんですか! しかもツーショットって!」
春香「……一緒に……お仕事? ミクちゃんと? ……プロデューサーさん、ボーカロイドのプロデュースまで始めたんですか? さすがに倒れちゃいますよ……」
春香「……ん? そういえばプロデューサーさんって、作曲とかできましたっけ? ボーカロイドのPさんは、音楽の知識がないとダメなんじゃ……」
8:
春香「え? 知識がなくても大丈夫?」
春香「……ディーバ計画? な、なんだかすごいプロジェクトに関わってるんですね……。あ、だからまた最近忙しかったんだ」
春香「……」
春香「……ごめんなさい。お仕事の写真だったんですね。せっかく会えたのに、嫌なこと言ってしまって……」
9:
春香「……許してくれますか? ……え? やきもち焼いてもらえるなんて……うれしい!? なっ、また変なこと言わないでくださいっ!///」
春香「……ふふ♪ やっぱり、やさしいですね。プロデューサーさんは」
春香「あ、もう行くんですか? ……またお仕事? へえ、ミクちゃんの新曲PVですか。きっとすごくカワイイんでしょうね! それともカッコいい曲かな? 私も楽しみですっ!」
春香「がんばってください! プロデューサーさんっ!」
10:
――――――
春香「プロデューサーさん……今度は言い逃れできませんよ……」
春香「……違いますよっ! 今度は勘違いじゃありませんっ! しっかり現場を目撃したんですから!」
春香「何の現場って……プロデューサーさんが告白されてる所ですよ! 私、しっかり見てたんですから!」
11:
春香「し……しかも……一人じゃなくて何人も……それに全員、女子高生だったじゃないですかっ! そんなのだめです! 高校生となんてっ!」
春香「……え? 私?」
春香「……い、今は私のことはいいじゃないですかっ! そんなことより答えて下さいよっ、誰ですかあの娘たちは!? 緑のジャージの娘は!? 赤いカーディガンの娘は!? ツインテールの娘は!? 帽子の娘は!? どこ高なんですかっ!?」
13:
春香「……仲間? 仲間って何の……。 へ? 自称特別捜査隊? な、何なんですかそれ?」
春香「……連続で、変死体? この辺でそんな物騒な事件ありましたっけ。……稲羽市?」
春香「そこで事件の真相を突き止めた……一緒に戦った? ……それってもう、プロデュース業と全然関係ないですよね……」
春香「……でも……なるほど……それなら……」
14:
春香「……って、ちょっと待ってください! 仲間だってことと、告白されてたことは関係ないですよねっ!? ……絆を深めてたら……つい親密に!? ついじゃないです、当り前ですよ! それ確信犯じゃないですかっ!!」
春香「どういうことなんですかっ! ちゃんと説明をっ……」
春香「……? プロデューサーさん?」
春香「……!? な、なんで泣いて……」
15:
春香「……本当は、奈々子を攻略するコミュも欲しかった?」
春香「……」
春香「……コミュってなんです?」
17:
――――――
春香「あっ、プロデューサーさ……っ!?」
春香「ちょ、ちょっとどうしたんですか!? 傷だらけじゃないですか!? 包帯までして……今度はどんなお仕事を……」
春香「……格闘大会? プロデューサーさん、格闘技もやってたんですか!? ……知らなかった……」
18:
春香「ちなみにどんな格闘技を? 空手とかですか?」
春香「……風間流、古武術? す、すごそうな名前ですね。あんまり聞いたことはないですけど……え!? 他にもやってるんですか!?」
春香「……柔道に……草薙流古武術に……暗器を使った我流剣術に、短刀の暗殺術に、『剣の望むがまま』に、愛の鉄拳ぱんちに、波紋に、ガイアメモリに、Cグルーヴに……昔は太陽学園にも入学してた?」
春香「……プロデューサーさん、結構鍛えてたんですね」
20:
春香「……意外か? 意外ですよー。全然気づきませんでした」
春香「その、なんというか……プロデューサーさんって、そんなに鍛えてなさそうというか……正直、体格もあまり強そうじゃないというか……ああっ!? へこまないでください! ちょっと言い過ぎました!」
春香「そっ、それに……私はそんなプロデューサーさんが……っ。や、やっぱりなんでもないですっ! ……なんでもないですってば!!」
春香「……っ!///」
春香「……いじわる。えへへ///」
21:
春香「……」
春香「……ところでこの、金髪の女の子が二人でクレープ食べてるポスターはなんです? なんだかちょっと……え、Hなポスター……///」
春香「……予約特典? 意味がわからないんですけど……あっ!! なんで逃げるんですかっ!! ……新作が出たばかりだから許してくれ? どういうことですかっ!? ちょっと!! プロデューサーさんっ!!」
22:
――――――
春香「……プロデューサーさんの初恋の人って、どんな人です?」
春香「……そんなに驚かなくてもいいじゃないですか。ちょっと気になっただけですっ。教えてくださいよ」
24:
――――――
春香「……プロデューサーさんの初恋の人って、どんな人です?」
春香「……そんなに驚かなくてもいいじゃないですか。ちょっと気になっただけですっ。教えてくださいよ」
25:
春香「……小学生の時? へえ、同級生の子だったんですか?」
春香「……ちがう? ……学校も違ったんですね。どんな子でした?」
春香「運動神経がよくて、チアリーディング部で、インラインスケートが得意で……お菓子も作れる……すごく一生懸命で……。無敵の、呪文……武蔵丸の悲劇?」
春香「最後のはよく意味がわかりませんけど……でも、どういう子かはわかりました。ありがとうございます。……ふふっ」
26:
春香「なんで笑うのか、って……その子の話をしてる時のプロデューサーさん、すごく楽しそうでしたよ。自分で気づかなかったんですか?」 
春香「……ふふ。すごく好きだったんですね?」
春香「今はその子はどうしてるんですか? ……ちょっと前にBD-BOXが出た? ……すみません、やっぱり意味がわかりません」
27:
春香「まあでも……プロデューサーさんの好みのタイプを探るのには役立ちそうですね」
春香「……そんなの調べてどうするんだ、って? なんでもいいじゃないですか♪」
春香「ええと、今までのリサーチでわかったのは……」
春香「……放課後ティータイムのキーボードの娘に、銀髪のホムンクルスの娘に、エンジェル隊の黒髪の子に、紅い吸血鬼に、ウラノス国テンペスト領第19代当主に……論理・非論理認識装置……」
春香「……なんだか、調べてたら余計にわからなくなってきました……なんです? 好みのタイプが装置って……」
29:
春香「……あれ? もう行くんですか? もうちょっとお話……お仕事? そうですか。残念です……」
春香「……いえ、大丈夫ですっ! プロデューサーさんは765プロの事以外にも、色々忙しいんですから!」
春香「またお仕事がんばってきてくださいね♪」
30:
――――――
春香「お久しぶりです! プロデューサーさんっ! 今日はどうしたんですか?」
春香「……へえ! 他のお仕事はひと段落ついたんですか! じゃあ久々に私たちのプロデュース、お願いしますね!」
春香「……な、なまってなんてないですよっ! しっかりアイドルしてましたっ! 私よりもプロデューサーさんこそ、だいぶ腕がなまってるんじゃないですかぁ?」
春香「……あ、ちなみに昨日まではなんのお仕事してました?」
31:
春香「……」
春香「……また宇宙に行ってたんですか。こんどはどんなことを? ……宇宙海賊の、ロボットに乗って……2対2でロボットファイト?」
春香「プロデューサーさんって、いろんな運転免許持ってますよね。大抵の乗り物は運転できるみたいですし」
春香「……え? 驚かないのか、って? もう慣れましたよー。ちょっと前なんて、サイボーグになって刀で戦うお仕事してたじゃないですか」
32:
春香「その次はアメリカの隔離地域で女の子とサバイバルしたり、銃を使って時空越境作戦に参加したり……」
春香「運転のお仕事の方だって、傭兵になってロボットで戦ったり、蒼い死神っていうのに乗ったり、熊本城攻防戦に、百年戦争に、封印戦争、オペレーション・ムーンゲート……」
春香「……」
春香「……プロデューサーさんって本当に、ただの日本人ですか? 経歴が謎過ぎるんですけど」
33:
春香「……? 実は……王国民? どこですか、王国って……」
34:
――――――
ガチャ
春香「あ、プロデューサーさん! 来てたんですね!」
春香「本当に久しぶりですね! 元気にしてましたか? こんどのお仕事は長かったみたいなので心配しましたよ」
春香「……え? はい! 私は元気ですよっ! ……でも、ちょっとさびしかったかな? なんて……えへへ」
春香「……そうですね! 久しぶりなんですから、いっぱいお話しましょう!」
35:
春香「……という感じで、765プロは変わりないです。他のみんなプロデューサーさんに会いたがってましたから、あとで会いにいってあげてくださいね!」
春香「……え? それは浮気にならないのか、って? それは……みんな仲間ですから! 私だけっていうのは、ちょっとずるい気がするので……」
春香「プロデューサーさんのほうは、変わりなかったですか? 最近は何を? プロデュース業……じゃないですよね、やっぱり」
36:
春香「……高校生になって? ……はい……学園に、閉じ込められて……えっ!? コロシアイ学園生活!? た、大変じゃないですかっ!? ……しかもそのあと、南の島でも!?」
春香「……あ、あいかわらず、すごい目にあってますねー……ここにいるってことは、無事に戻ってこれたってことなんでしょうけど……」
春香「でも無事でなによりです! それに765プロに戻ってきたということは、しばらくはここでプロデュースのお仕事してくれるってことですよね!」
春香「……え? ちょっと事務所に寄っただけ? また次の仕事に行かなきゃならない? あ……そうなんですか……」
春香「……謝らないでくださいよ。プロデューサーさんが忙しいのは昔からですもんね。仕方ないです」
37:
春香「……」
春香「……ふっふっふっ……でーもー……」
38:
春香「―――じゃじゃーんっ! なんとプロデューサーさんに重大発表がありまーすっ! 聞きたいですか!? 聞きたいですよねっ!?」
春香「なんとっ! また私たちの新しい舞台が決定しましたっ!」
春香「さあ、お聞きください! その名もー……『アイドルマスター ワンフォーオ……へ? し、知ってたんですか!?」
春香「なーんだ……せっかく驚かせてあげようと思ったのに……」
39:
春香「……ふふっ。まあサプライズは失敗しちゃいましたけど、やっぱりうれしいですね! また前みたいに……いえ! 前以上にたくさんお仕事がんばりましょうね! いっしょにっ!」
春香「……はいっ! そう言ってもらえるとうれしいです! 今から楽しみだなー……」
春香「……あ、でも……」
春香「……それまでは、またしばらくお別れですね」
40:
春香「ちなみにプロデューサーさんの次のお仕事ってなんです?」
春香「……神様を、食べる仕事? それってどういう……か、怪物退治ですか!? またロボットを運転して……ちがう? 生身で戦う!? またすごいお仕事を……」
春香「……」
春香「でも、そんなお仕事なら、浮気の心配はなさそうですね。そこは安心……」
41:
春香「あ。今、目をそらしましたね? あやしい……そのお仕事、同僚に女性って……」
春香「……いるんですね。……アリサはそういうのじゃない? アリサって誰です?
春香「……あ。今、余計なこと言っちゃった、って顔してましたよ」
春香「隠してもだめですよ?。プロデューサーさんのことならなんでも分かっちゃいますから」
42:
春香「……」
春香「……はあ。分かりました。そういうことにしておいてあげます」
春香「……同僚の方と仲良くするのはいいことですけど、あんまり仲良くしすぎないでくださいね?」
春香「あと、もちろん無事に帰ってきてくださいね? 新しい舞台が待ってるんですから! 約束ですよっ、約束っ!」
43:
春香「……? あ、そろそろ帰るんですか?」
春香「……あの、プロデューサーさん……もうひとつ約束してほしいんですけど……」
春香「……ちょっとだけ。ちょっとだけの時間でもいいんです。その……やっぱり次の舞台まで待ちきれないので……ちょっとだけでも時間が空いたら……」
春香「また、会いにきてくださいね。プロデューサーさん♪」
44:
春香「それじゃあ……」
春香「―――おつかれさまでした!」
45:
 終了する
 コントローラ設定
 本体の電源を切る
 このコントローラの電源を切る
 本体の電源を切りますか?
 →はい いいえ 
 
 おわり
46:
放置されたどうぶつの森ネタ思い出した

47:
「さくら! しずね! ちとせ! トトリちゃん! クスハ! イリヤ! 薫! ドロッセルお嬢様! シャロ! 凛子!
 
 アリサ! 森野! アティ先生! 奈々子! ミク! ALICE! クラン大尉! なのは! 風子! レイチェル姫様!
 
 小毬ちゃん! 飛鳥! ムギ! ムチ子! ADA! ゆかりん! メルセデス! 小桃! 舞園さん! 赤セイバー!
 
 リプレママ! ホリィ! あきら! 蒼星石! 凜々蝶様! 秋葉! 夕子さん! 長門! AGRS! 八九寺! 
 
 愛ちゃん! イエロー! えりりん! ネプギア! ルキ! わたしちゃん! カグヤ! チェインバー! 
 罪木! 森さん! アルル! 梨花ちゃん! フィーネ! 桐乃! 深紅! ティアーユ博士! 祝ちゃん! ザビ子! 
 
 あむちゃん! 千反田! レミリアお嬢様! キノ!
 はぁーーーるぅーーーかぁーーー!!!」
っていうくらいに、春香が大好きです
ありがとうございました
48:
かわいいし面白いのにどこか背筋が冷えた。タモリが出てきそう
5

続き・詳細・画像をみる


彼女は日本で柴犬を初めてみたとき きつね! と叫んだ。

ハムスターに屁をかがすぐらいしか楽しみがない

ガノタがネトゲで煽られキレて車で家凸→待ち構えたガノタに刺される 「やらなきゃやられると思った」

高校時代、女子が下半身を毛布で包んで授業を受ける現象wwwwww

しまむらまん

史上初! 1位から10位までiPhoneフルコンプキタ━━(゚∀゚)━━!! 携帯販売ランキング

back 削除依頼&連絡先