杏子「あうあうあー」back

杏子「あうあうあー」


続き・詳細・画像をみる

1:
まどか「どうしよう…きょうこちゃんが、QBのウンチ食べてからおかしくなっちゃった」
あんこ「あうあうあー」
さやか「きょうこぉぉぉ!!元に戻ってよぉぉぉ!!」
4:
あんこ「きゅwwwきゅwwwきゅQBwwwあれやろwww」
QB「構わないよ」
ぬぎっ!
さやか「きょ、きょうこお尻///」
ほむら「こ、肛門同士を押し付けてどうるつもり???」
あんこ「うwwwうwwwウンチ押し相撲www」
QB「せーのっ!」
ブリュブリュブリュ!!!
QB「みきゃゃゃゃぁぁ!!」
ミチミチ
さやか「うわっ!QBの体が裂けてるよ!」
まどか「きゃぁあああああああああ!!!」
ほむら「……最悪の光景ね」
5:
あんこ「勝ったwww勝ったwww」
さやか「なるほど、きょうこのウン圧にきゅうべえの身体が耐えらやなかったのか」
ほむら「そんな解説はいらないわよ」
まどか「酷いよ…こんなのって無いよ…あんまりだよ!」
さやか「そうだよね…きょうこがこんなになっちゃって悲しいよね」
まどか「違うよ…QBが裂けてかわいそう」
QB「にや」
6:
さやか「これから、どうしようか」
ほむら「そもそも、本当にう、ウンチ//なんかで、きょうこはおかしくなるのかしら?」
さやか「どうなんだろね、私はマミさんに毎日食べさせられて、慣れちゃったけど」
ほむら(え?聞き間違えよね? )
まどか「うん、ちょうどきょうこちゃんがウンチ食べさせられてる所を私見たもん!」
さやか「へぇ」
ほむら「まどか……そ、そのあんまり、ウンチって言っちゃダメよ///」
まどか「うん、誓うよ」
ほむら「じゃあ、その時の状況を教えてくれるかしら?」
9:
?数時間前?
まどか「ふんふ、糞、ふん♪  わたし、ウンチ食べさせるの上達したかも!」
まどか「次は、ほむらちゃんに食べさせようかな!」ティヒヒ
まどか「おや?」
杏子「う、うぅ? う、ウンチ」
まどか「あっ!杏子ちゃんだ!こんな所にいるとはね?」
まどか「なにしてんだろ?」
QB「おや?どうしたんだい?杏子」
杏子「う、ウンチ…」
QB「ウンチが食べたいのかい?仕方ないなぁ」
QB「ん///」
ブリュブリュブリュ!!!
ブリュブリュブリュ!!!
10:
QB「ほら、お食べ」
杏子「あ、いや、ウンチ嫌ぁぁぁ!!!」
QB「わがまま言ってんじゃねー!!!くえよ!!!モグモグってなぁぁぁ!!!」
杏子「や、やめろぉぉぉぉぉぉ」
にちゃにちゃ
ぐちゅぐちゅ
あんこ「うへへへへwwwウンチwwwウンチモグモグwww」
まどか「きょうこちゃんがQBのウンチ食べておかしくなった!!!」
?回想終わり?
11:
さやか「それで全部?」
まどか「うん!」
さやか「そう」
ほむら「えっ…まどか、わたしに、た、食べさせようと?」
まどか「もう!ほむらちゃん!!今はそんなことどうでも良いでしょう!!!きょうこちゃんがウンチ食べておかしくなったことについて話してるんでしょ!!!」
ほむら「え?え?え?」
まどか「いい加減にしなよ!!」
ほむら「ご、ごめんなさい… そうよね、今はその事が大事だものね」
さやか「でも、話し合う必要なんか無いんじゃない?QBがおかしくしたのは、確かでしょ。QBがウンチ食べさせた犯人だよ」
マミ「いえ、本当にそうかしら」
一同「!?」
13:
さやか「何言ってんすかマミさん。事件は解決したじゃないですか」
マミ「いいえ、美樹さん。確かに直接の原因はきゅうべぇでしょうね。でも…こうなったのには訳が有るはずよ」
ほむら「どういうことかしら?」
まどか「ウィヒヒ」
マミ「単刀直入に言うわね…」
マミ「きゅうべぇより前に佐倉さんにウ●コを食べさせた人間がいる!!!」
一同「!?」
15:
まどか「ウンチを食べさせる人なんているわけないじゃないですかwww」
マミ「いいえ、残念ながら、この世の中にはそのような性癖をもつ変態がいるのよ」
まどか「そんな人いるわけないよね?wwほむらちゃん?」ティヒヒ
ほむら「……」
さやか「仮に、そんな人間がいるとして証拠はあるんですか?マミさん」
マミ「ええ ここに佐倉さんに仕掛けてた盗聴器が有るわ」スッ
一同「!?」
ほむら「……あなたまで変態だったのね」
マミ「黙りなさい!!!変態じゃない人間なんていないのよ!!!」
ほむら「もう嫌…」
16:
マミ「アホな暁美さんは放っておいて、本題に入るわね」
まどか「ウィヒヒ」
マミ「この盗聴器には、佐倉さんがウ●コを食べさせられたと思われる音声が録音されてるわ」
ほむら「う、ウンチ///とか言うのをやめなさい///」
マミ「あら?意外と純情なのね、うふふ では、再生するわね」
さやか「……」
マミ「ぽちっとな!」
ザー ザー
18:
トントン
「はーい」ガチャ
「……」
「おお!お前がまた、あたしの教会に遊びに来てくれるとわな」
「……」
「ん?どうした? 具合でも悪いのか? リンゴでも喰うかい?」
「……」スッ
「お、おい!!////いきなり脱ぐな!!!////」
「……」ヌッ
「う、うぅ/// お尻押し付けんなよ///」
「ん……」ミチ
「おい… 何するつもりだ… やm…」
ブリュウウウウウウウウウウウウウウ
ブリュブリュ ビチャァアアアアアアアア
「うわぁあああああああああああああああ!!!」
19:
「ななななな、何すんだぁああああああ くせぇええええええええ!!」
「ん…」ミリュ
「や、やめろ… もうやめてk」
ブリュゥウウウウウウウウウウウウ
ミチャァアアアアアアアア
「いやぁああああああああああああ!!!」
「フフ」
「ゴフォッ ごぼっ く、口に入った…」
「………」テコテコ
「も、もうこれ以上入らない… やめてくr」
ブリュウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウ
ビチャァアアアアアアア ビッ ビッ ビッ プスッ
「ゲボロロロロロロ お、おやじ、助けて… に、逃げなきゃ!!!」
パリン!!
タッタッタッタ タッタッタッタ
20:
ザーザー
「ハアッ ハアッ ハアッ… き、教会から飛び出して、やっとここまでこれた…」
「さ、流石にもう追ってこないか……」
「うぷ… さっき飲まされたやつがこみ上げてきた……」グラッ
バタッ
?数分後?
「う、うぅ? う、ウンチ」
「おや?どうしたんだい?杏子」
「う、ウンチ…」
「ウンチが食べたいのかい?仕方ないなぁ」
「ん///」
ブリュブリュブリュ!!!
ブリュブリュブリュ!!!
21:
「ほら、お食べ」
「あ、いや、ウンチ嫌ぁぁぁ!!!」
「わがまま言ってんじゃねー!!!くえよ!!!モグモグってなぁぁぁ!!!」
「や、やめろぉぉぉぉぉぉ」
にちゃにちゃ
ぐちゅぐちゅ
「うへへへへwwwウンチwwwウンチモグモグwww」
「きょうこちゃんがQBのウンチ食べておかしくなった!!!」
?再生終了?
22:
マミ「どうかしら? これで、誰かがウ●コを食べさせたことは明確ね」
ほむら「そ、そうみたいね おそろしい……」
マミ「そして、佐倉さんが家に招き入れていたことから、親しい人間に限られるわ… そう…」
マミ「犯人はこの中にいる!!!!」
一同「!?」
さやか「わたしじゃない!!」
まどか「酷いよ… こんなのって無いよ… あんまりだよ!!」
ほむら「ええ… 人間のやる行いとは思えないわ」
マミ「うふふふ あなたたちの中に犯人がいる事なんてわかってるのよ?」
24:
マミ「さて、誰が犯人だか推理しましょうか」
マミ「遠慮はいらないわ 自由に発言しなさい じゃあ、まずは美樹さん。」
さやか「じゃあ、遠慮せずに言いますね」
まどか「ごくり」
さやか「わたしは…… マミさんが怪しいと思う!!!」
一同「!?」
マミ「え!?え!?え!?私???」
さやか「はい 探偵っぽくしてれば犯人じゃないと思われるじゃないですか」
まどか「あ、確かに」
マミ「ち、違うわ!!! わたしじゃない!!!」
まどか「あ、それに、さやかちゃんにもウンチ食べさせてるじゃないですか」
25:
マミ「美樹さん!! なんでバラしたの!!!」
さやか「ビクッ あ、そ、その口が滑っちゃって……」ビクビク
マミ「あとでお仕置きね」
さやか「」
マミ「じゃあ、本題に戻ります」
マミ「わたしは、暁美さんがあやしいと思うわ」
一同「!?」
26:
ほむら「違うわ!!!わたしじゃない!!! どう考えてもありえないでしょう!!!」
マミ「いや、あなたは純粋な振りをしてるだけよ」
ほむら「本当よ!! わたしは何もしてない!!!」
まどか「そうだよ!!!ほむらちゃんは誰かにウンチを食べさせるわけがない!!!」
ほむら「ま、まどか!……かばってくれるのね///」
まどか「うん!!だって、最初にわたしに食べさせてくれるんだもんね?」
ほむら「まどか……」
マミ「良い話が台無しね それで、暁美さんはどう思うの?」
27:
ほむら「庇ってくれたのに悪いのだけど」
ほむら「わたしはまどかが怪しいと思うわ」
まどか「ウィヒヒ 酷いよほむらちゃん、親友の私を疑うの?」
ほむら「だ、だって、あなた、わたしにも食べさせようとしてたじゃない」
まどか「あ、あれは言葉のあやで」
ほむら「第一発見者がだいたい怪しいし、それに…… う、ウンチ///を食べさせるのは楽しいとも言ってたじゃない!!!」
一同「!?」
まどか「ち、違うよ…… 確かにウンチを食べさせるのは好きだけど… きょうこちゃんには食べさせてないよ…」
ほむら「認めなさい、まどか」
まどか「わたしじゃない!!!」
28:
?一時間後?
マミ「話が平行線ね これでは犯人がわからないわ」
ほむら「早く解決してほしいわ…」
マミ「何、傍観者ぶってるの?あなたも犯人候補なのよ?」
まどか「あっ!!」
一同「何!?」ビクッ
さやか「まどかどうしたの?大きい声出して」
まどか「わたし、解決法を思いついちゃったんだ!!!」
マミ「本当かしら鹿目さん? 言ってみなさい」
まどか「はい…解決法は……」
まどか「きょうこちゃんの体内のウンチのDNA鑑定をすればいいんです!!!」
一同「!?」
29:
ほむら「その発想は無かったわね」
さやか「確かにそれなら犯人がわかる!」
マミ「うふふ ついにチェックメイトね」
さやか「でも、どうやって体内を調べるの?」
まどか「お腹を切って、直接出せばいいんだよ!!!」
ほむら「う……そんな恐ろしいこと出来ないわよ……」
まどか「ううん、私たちならどんな奇跡だって叶えられる」
まどか「だって魔法少女は夢と希望を叶えるんだから!」
マミ「か、感動したわ!!」ジーン
まどか「じゃあ、きょうこちゃんのお腹を切ろうか!!」
30:
あんこ「うへへへwwwwうんちおいしいwwwwwモグモグwwww」
さやか「きょうこ……」
まどか「ウィヒヒ すぐに犯人を捕まえるからねwww」
ほむら「じゃあ、さやか、回復魔法をかけ続けてなさい」
さやか「う、うん」
マミ「じゃあ行くわよ」
スパァアアアアアアアアアアン
あんこ「う、うえぁぁああああああああああああああああああああ」
ブシャァアアアアアアアアアアアアアアアア
ほむら「今よ!!」
まどか「採取!!!」
さやか「回復!」きゅいーん
あんこ「」
31:
マミ「ウンチは採取できたようね」
ほむら「ふぅ 一件落着ね」
さやか「きょうこ、もう大丈夫だよ」
まどか「ほら、ほむらちゃん!」
ほむら「ええ、じゃあ今から仁美病院でDNA検査してくるわね」
34:
?一時間後?
ほむら「………」
マミ「?どうしたのかしら?黙っちゃって」
ほむら「………検査結果がでたわ」
さやか「?なら早く言いなよー」
ほむら「ええ…言うわね」
ほむら「DNAの該当者は……」
まどか「ごくり」
ほむら「鹿目まどか、美樹さやか、巴マミ、未知の宇宙生物 の四名よ」
一同「!?」
35:
マミ「う…そ…」
まどか「ウィヒヒ」
さやか「なんてこった」
ほむら「………あなたたち、全員が犯人だったの?」
マミ「ち、違うわ!!! わたしじゃない!!!」
まどか「ウィヒヒヒ」
ほむら「でも、検査結果ではあなたの名前があったのよ? 言い逃れは出来ないはずよ」
さやか「そうだよ!マミさんが犯人なんでしょ?」
ほむら「あら? あなたも容疑者なのよ?」
さやか「あ、確かに(笑) さやかちゃんうっかり!」
ほむら(いったい何を考えているのかしら?)
37:
ほむら「まどか……あなたも犯人なの?」
まどか「ウィヒヒ ほむらちゃんはわたしを疑うの?」
ほむら「い、いいえ でも、検査結果がでてるじゃない」
まどか「ううん 私はやって無いよ だって、初めてのウンチはほむらちゃんにあげたいもん///」
ほむら(まどか… ついに頭が……)
??????
一同「…」
マミ「と、とりあえず犯人探しは明日にしましょう!」
まどか「そ、そうですね!」
ほむら「ええ…… 構わないわ」
さやか「みんながそういうなら」
ほむら(そうして、この日は解散にし、翌日犯人を探す事にしたのだった)
38:
?帰り道、川辺?
ほむら「ハァ……一体誰が犯人なのかしら…」
ほむら(まどかの言ってる事は意味不明だし、さやかも馬鹿だし、マミは挙動不審だし…)
ほむら「きょうこはいったい、誰に食べさせられたと言うの?」
ほむら(原因さえわかれば、きょうこを元に戻せるかも知れないわ………)
ほむら「………ふふ」
ほむら(それにしても、私が人のためにここまでするとはね)
ほむら「ん?あれは………魔法少女?」
キリカ「ん///」
ブリュブリュブリュ!!!
エイミー「みゃあぁぁぁ!!!」
キリカ「待ちなよ… 逃げちゃ、練習にならないよ?」
エイミー「みゃ!みゃ!みゃ!」
40:
キリカ「ん///」
ブリュブリュブリュ!!!
エイミー「みゃあぁぁぁ!!!!!!」
ほむら「ね、猫に食べさせてる………狂ってるわ!」
キリカ「オリコのためには練習しなくちゃダメだよね///」
エイミー「」
キリカ「君は猫だからノーカンだよ!!! 初めてはオリコにあげるんだから///」
ほむら「イカれてる……」
ほむら「…………!?」ハッ
ほむら「そうか……そういうことだったのね…」
41:
?翌日?
マミ「気持ちを切り替えて、犯人を探しましょう」
ほむら「その必要は無いわ」
マミ「どういう意味かしら?」
ほむら「犯人がわかったのよ」
一同「!?」
ほむら「今日はそれを証明するわ」
さやか「え?」
まどか「え、え?ほむらちゃん本当?」
マミ「なにやら自信ありげね…そんなに言うなら示して見なさい?」
ほむら「ええ、そのつもりよ」
ほむら「その前に…マミ」
ほむら「ここで、ウンチをしなさい」
42:
マミ「はぁ!?///」
まどか「ほ、ほむらちゃん!!私じゃなくてマミさんのが欲しいの!?」
さやか「ほむら……やっぱり変態だったか」
ほむら「二人とも落ち着きなさい」
マミ「あ、暁美さん?ちゃんと理由が有るのよね?」
ほむら「ええ 良いからしなさい。結果次第ではあなたの無実が証明されるわ」
マミ「っく… なんか、探偵ぶってて気に入らないわね…… でも、いいわ 私が無実だって証明してみせる!!!」
ほむら「ご協力感謝するわ じゃあ、ここでしなさい」
マミ「うぅ…///」
43:
マミ「じゃ、じゃあ、今からウンチをします!!!」
まどか「ドキドキ」
さやか「………」
マミ「ん…///」ミチ
マミ「み、みんな、み、見てる///」ミチ
マミ「あっ///」
ブリュブリュブリュ!!!
ブリュブリュブリュ!!!
ビチャビチャビチャビチャビチャビチャビチャビチャ!!!
ブリュュュュウ!!!
まどか「くさっ!!!」
45:
マミ「ハァハァ…… したわよ……」
まどか「くさいね?」
さやか「……うん」
ほむら「……お疲れ様…」
マミ「それで?何がわかるの?」
ほむら「少し待ってなさい」
?一時間後?
ほむら「仁美病院で検査してきたわ」
マミ「??何のために?」
ほむら「これは、正真正銘、巴マミのう、ウンチ///ね」
マミ「……当たり前じゃない」
まどか「急に恥ずかしくなっちゃったんだね ほむらちゃん可愛い」
47:
ほむら「ご、ごほん。話を戻すわね」
ほむら「今のは、私の仮説を立証するために必要な事だったの」
マミ「………」
ほむら「もうみんなも分かってるんじゃないかしら?」
まどか「え?何のこと?」
ほむら「だから、犯人がわかったのよ」
まどか「えー!!」
ほむら「まどかは黙っててね…… じゃあ、発表するわ……」
ほむら「犯人はさやかよ!!」
48:
さやか「………」
まどか「えー!!!そうなの!?」
マミ「み、美樹さん……本当なの?」
さやか「………」
ほむら「今から、仮説を話すわね」
49:
??ほむら仮説??
私が、初めに疑問に思ったことは、マミがさやかにウンチを毎日食べさせていたという事よ
もちろん、聞き間違いだと思ったし信じたく無かった
でも、マミの反応を見て真実なのだと思ったわ
私には、ウンチを人に食べさせる意味がわからなかった
でも、まどかが
「ううん 私はやって無いよ だって、初めてのウンチはほむらちゃんにあげたいもん///」
って発言をした時、
ウンチを食べさせるのは愛情表現であるのかも知れない
という仮説が浮かんだのよ
そして、それと同時に疑問も生まれたわ
まどかは
「ふんふ、糞、ふん♪  わたし、ウンチ食べさせるの上達したかも!」
って言っていた
それならば、まどかは既に何者かに食べさせていたのでは?と。
別に、私はまどかの初めのウンチが食べたくてこんな事を考えたわけでは無いのよ?
ただ、私の疑問は
「誰に食べさせたのか」
という事
50:
そう悩んでいた時、川辺である魔法少女を見たわ
その魔法少女は、驚くべきことに黒猫に自らのウンチを食べさせて、こう言っていた
「君は猫だからノーカンだよ!!! 初めてはオリコにあげるんだから///」
その時、わたしは気づいたわ
まどかは練習のためにキュウベェにウンチを食べさせてたのよ
?????
ほむら「どう?ここまで、話してわかったかしら?」
まどか「ほ、ほむらちゃん///気づいちゃったんだね///」
ほむら「え、ええ/// ちゃんと受け取ったわ……あなたの気持ち」
マミ「………話を続けなさい」
ほむら「ええ、もちろんよ。そしてさやか、しっかり聞きなさい」
51:
????
キュウベェがまどかのウンチを食べてた事が発覚した事で、謎の半分が解けたわ
杏子の体内に残るウンチ
そこにまどかのDNAが有った理由
キュウベェがまどかのウンチを食べていたんだから当然よね
そして、残るDNAの疑問
さやかとマミ
何故二人のDNAがあるのか?
この疑問の答えは二通りあるわ
1:二人が共犯で、二人で杏子に食べさせた
2:一人が食べさせた、そしてその人間のウンチにもう一人のウンチが入っていた
52:
マミの盗聴器での様子から考えて、1は考えにくい
よって、2だと考えるのが妥当ね
さやかの体内にマミのウンチが有る事はわかっていた
だから、私はマミのウンチの方を調べたのよ
????
ほむら「ここまで言えば、もうわかるわよね?」
マミ「…………」
まどか「…………」
ほむら「あとは、あなたの口から話しなさい」
さやか「うん」
さやか「ほむらの仮説は驚くほど正確に合ってる」
マミ「み、美樹さん、あの私…」
さやか「ううん、いいんだよマミさん」
さやか「じゃあ、話すね」
54:
???
事件前夜、私はマミさんの家に呼ばれていた
要件はいつもの日課………
そう、マミさんのウンチを私が食べる事
その日もいつも通り、ウンチを食べさせられた
肛門を口に直接付けられ、一気に流し込まれた
もちろん、一番最初に飲んだ時は抵抗が有ったけど、
もう慣れていた……
日課になってたよ…
そもそも、こんな日課が始まった原因は、
私が杏子が留守中に、教会で脱糞オナニーをしていたのをマミさんに見られた時からだった
今思えば、マミさんは盗聴器を付けにきてたんだね
昨日まで気がつかなかったよ
黙っててもらう条件として出されたのは、マミさんのウンチを毎日飲む事
私は嫌々この条件を飲んだ
嫌だったけど、飲むだけなら、初めてのウンチを杏子にとっておけるから……
55:
でも、この日、事件が起こった
マミさんが、私のウンチを飲みたいと言い出したのだ
私の頭は真っ白になり、何も考えられず絶望した
でも、でもね
やっぱり、杏子に初めてをあげたいっていう希望を捨てる事は出来なかったよ……
マミさんに土下座して、一日だけ猶予を貰った
心の準備をする、と言って
そして、私は翌日、杏子にわたしの初めてを無理矢理渡す事にした
????
56:
さやか「これが真実だよ……」
まどか「うっ…ぐすっ…酷いよ……こんなのってないよ…あんまりだよ……さやかちゃんは好きな人にウンチを食べさせてあげたかっただけなのに……」
マミ「美樹さん……こんなこと今更言っても遅いけど、本当にごめんなさい」
さやか「いや、いいんだ、マミさんも私の事を想ってくれてたんだよね?」
マミ「うぅ……ごめんなさい…」
ほむら「さやか、あなたの気持ちはわかったわ」
さやか「ははは、ほむら達に伝えたって意味ないよね」
ほむら「そうね、他に伝えるべき人が居るんじゃないかしら?」
さやか「えっ?」
57:
ほむら「ほら、こっちに来なさい」
杏子「よっ」
さやか「き、きょうこ……」
マミ「さ、佐倉さん!」
まどか「きょうこちゃん、治ったの!?」
杏子「おかげさまでな」
さやか「い、いつ?」
杏子「昨日身体を切り刻まれた時に、痛みで戻ったぜ」
まどか「あははは…」
ほむら「ほら、あとは二人にしてあげましょう」
59:
さやか「……」
杏子「……」
さやか、杏子「あのっ!」
さやか「あわわわ」
杏子「ぷぷっ」
さやか「も、もう!笑うな!」
杏子「そんな口聞いていいのかな??」
さやか「うぅ……ご、ごめんね?」
杏子「……」
さやか「わたし、杏子が好きで……で、でも、もう迷惑だよね?もう二度と目の前に現れないから……」
杏子「そ、そんなこというなよ!!」
さやか「!?」
60:
杏子「流石に、いきなりウンチ流された時はビックリしたけどさ」
さやか「うん」
杏子「そんな事じゃ嫌いにはなれないよ、お前の愛はちゃんと伝わったぜ」
さやか「う、ぅぐっ……」
杏子「泣くなってwwww」
さやか「うぅ…ありがとう…」
杏子「わたしはまだ、ウンチ食べるのとか出来ないけどさ、食べさせてやることは出来るんだぜ?」
さやか「き、杏子///」
杏子「くうかい?」
ブリュュュュウ!!!
6

続き・詳細・画像をみる


【サヨク悲報】自民党「皇室出禁で済ます? 軽すぎる! 山本太郎氏は議員辞職を」

旦那には一緒に暮らした妹同然の従妹がいて、結婚の挨拶に行った時に物をばんばん投げつけれた

2013年度グッドデザイン大賞はGoogleマップに決定 → 日本政府「却下」 → 大賞該当なしへ

東京の満員電車に乗って座ってたら

【サッカー】香川に絶賛の嵐!スペイン各紙「悪魔」「名手」「4つ星」 欧州CLソシエダ戦

レクサスとかカスだろwww→友人が買ったので乗せてもらうと……

格ゲーマー 「格ゲー衰退論は、努力したくない初心者がわめいてるだけ」

【 #mft2013 】音がしない=エネルギーロスの少ないトイレットペーパーホルダー(動画あり)

子供店長の現在wwwwwwww

常にマスクしてる奴ってなんなんだ?女に多いが

阿笠「ここに3つのチャイルドボールがあるじゃろ?」コナン「ああ」

【ミシュラン審査員】加工肉「素晴らしい霜降り、舌の上でとろけるようだ!文句なし三つ星!」

back 過去ログ 削除依頼&連絡先