梶井基次郎の完成原稿 千葉・秀明大で来月公開back

梶井基次郎の完成原稿 千葉・秀明大で来月公開


続き・詳細・画像をみる


★梶井基次郎の完成原稿 千葉・秀明大で来月公開
2013年10月30日 13時55分
小説「檸檬」で知られる作家の梶井基次郎(一九〇一?三二年)の晩年の短編「闇の絵巻」
「愛撫(あいぶ)」の直筆完成原稿が十一月九、十両日、秀明大(千葉県八千代市)の
学園祭で公開される。三十一歳で肺結核のため夭折(ようせつ)した梶井は、生涯で
約二十作品ほどしか残しておらず、完成原稿が現存するのは珍しいという。(森本智之)
秀明大学長で古書の収集家でもある川島幸希(こうき)さん(52)が、十年ほどの間に
東京・神保町の古書店などを通じて入手した。
「闇の絵巻」は原稿用紙十一枚、「愛撫」は八枚。ペン書きで、出版に向け編集者に提出した清書。
芥川龍之介のようにこの段階でも推敲(すいこう)を重ねる作家は珍しくないが、梶井の場合は
ほとんど書き直しがないばかりか書き損じもなく、原稿用紙のマスに沿って一文字ずつ丁寧に書いてある。
梶井は大阪市出身。旧制三高(現京都大)在学中に小説を書き始め、同窓生らと同人誌「青空」を創刊。
代表作「檸檬」を発表した。しかし、若いころから肺病に苦しんだ。療養先の伊豆湯ケ島で川端康成ら
と交流し才能を認められるが、社会的な評価を得る前にこの世を去った。
今回の二作品は亡くなる二年前の三〇年に文芸誌に相次いで発表した。「闇の絵巻」は湯ケ島での
療養生活がモチーフで、周辺の夜道の様子を自身の行く末と重ねるように描いている。「愛撫」は
猫の耳や爪について空想を巡らせた作品。
川島さんによると、梶井の直筆原稿の多くは散逸したというが、今回展示する原稿は、親友である
梶井の全集を刊行した文芸評論家淀野隆三が保管していたとみられる。
川島さんは「原稿の丁寧な筆跡からは、深刻で重い病にあったことは全く見受けられない。
梶井は亡くなる二カ月前まで作品を発表しており、小説に対するストイックな姿勢がうかがえる」と話す。
秀明大は、昨年の学園祭でも芥川龍之介の「鼻」の直筆原稿を公開した。
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013103090135535.html
7
丸善ありし頃、本当によく檸檬置いてあったわw
檸檬 (新潮文庫)
(2003/10)
梶井 基次郎
商品詳細を見る
10
秀明大?
16
この人、ゴリラ顔じゃなかったらもっと人気出てたろうなあ・・
17

続き・詳細・画像をみる


兄の披露宴を欠席する。兄嫁の体面を汚すのは申し訳ないが兄との夫婦連帯責任で自業自得

【悲報】 仕事を選ばないキティさん、ついに猫を捨てるwwwwwwwwwwww

なぜか家のドアの前にオーブンレンジが置いてあった。会社に行かなければならないのにドアが開かない

マックトースト食べた結果wwwwwwwwwwww

【画像】ネプチューン名倉潤の現在wwwwwwwwww

映画『攻殻機動隊』新シリーズが地上波初放送!第2弾のネット試写会も開催!

back 削除依頼&連絡先