和風ステーキ膳うめぇ→牛脂注入肉でした。back

和風ステーキ膳うめぇ→牛脂注入肉でした。


続き・詳細・画像をみる

1:
 徳島でも、メニュー表示と異なる食材が使われていたことがわかりました。
 ホテルクレメント徳島の和食レストランで提供されていた「和風ステーキ膳」。
オーストラリア産の牛肉に牛脂が注入されていましたが、店側は去年11月から表示していませんでした。
 担当者は、「景品表示法の知識不足だった、事態を重く受け止めたい」と話していて、返金する方針です。
http://news.tbs.co.jp/20131029/newseye/tbs_newseye2041924.html
3:
今ってどこでもそうなんでしょ
10:
誤表記とか知識不足とか連携ができてないとか
一連の騒ぎになった途端判明した訳だし、確実に知ってて続けてたんだろ
11:
>>1
和風は和牛じゃないからセーフじゃねぇの?
牛脂注入とかフレンチの技法だろ
135:
>>11
牛脂注入で加工肉の分類になるので「ステーキ」の名称を使っていけないと判例が出てる
136:
>>135
なんていえばいいんだ?
138:
>>136
和風ステーキ風膳
141:
>>136
いやもうステーキの呼称使えないから和風牛肉大膳とかでごまかすしか
12:
牛脂マシマシで
13:
大半の客はそんなこと分かった上で注文してるよ。
20:
業務用は牛脂注入肉多いような
28:
牛脂いれてたらステーキの表示はダメなのか?
54:
>>28
ステーキは塊肉から切り出して調理した物
29:
どこかに加工肉って書かないと駄目なんじゃね
33:
「スーパーの女」でやってた方法?
44:
>>33
それ専用の大型機械があって、肉の赤身に剣山みたいな物をぶっさすと、針の先から牛脂が肉に入る
そうすると肉がパンパンに膨らむ
そのまま冷蔵庫に入れて定着させると、しっかり霜降りになる
国産和牛の牛脂を使うからバレない
何日か前にニュースでやってた
注射器使うようなちゃちぃやり方じゃなくて専用の機械がある
39:
回転寿司とか軒並み潰れるだろ
40:
和風って醤油とおろしがベースのソースかけてあればいいんでしょ?
和牛ステーキならアウトだが
46:
でも、温野菜くらい露骨に加工肉じゃないと加工肉って分かんないよな
でも温野菜の加工肉上手いよ
49:
牛脂注入肉はわかりやすいけどな
ペッパーランチの注入肉で鍛えられた
61:
これで3000円だって、ぼろ儲けやで
65:
ネギトロも同じようなもんだわ
99:
>>65
これも安物のネギトロやイクラと同じことなのに、寿司業界のゆるさって一体何なんだろうな
使ってるネタも本来の魚じゃないことがいつの間にか普通になったけど誰も謝罪させられないし
66:
あんまり問題にならなそうだから発表したんだろうな
71:
>>66
他所が酷すぎてそっちばっか話題になってるから
「白状するなら今しかねえ……!」みたいな心境だろうなwww
83:
和風ステーキ膳はセーフじゃね?
和肉ステーキ膳だったらアウト
86:
>>83
ごもっとも
でも和肉てw
91:
和風が問題じゃなく注入肉は加工肉って扱いでステーキ表示はまずいってことじゃ
106:
グルメブログやら評論家が、したり顏で、やはり良い食材を使ってるだけあって美味い!と言ってたと思うと笑える
109:
飲食業界からしてみたら
「こまけえこたぁいいんだよっ! 毒食わしてるわけじゃねえっ!」
って感じなんだろうなあ
113:
こういうのってサイコロステーキみたいに、そういう商品ですよって売れば良いんじゃね?
115:
「景品表示法の知識不足だった」
信号無視して、道路交通法の知識不足だったというようなものだ
128:
「和風ステーキ膳」だけなら問題なさそうだけど、他にも何か書いてあったんだろうな。
134:
「ホテルは高い」ってイメージ利用して安物を本物並みの値段で出してるからたちが悪い。
抜き打ちで芸能人格付けチェックやらされてるみたいなもんだな。
149:
>>134
ホテルのレストランなんて一流に見せかけたパチもん、と思ってるのは自分だけなんかな。
145:
成型肉は問題になったの最近だから
これは表示しなきゃいけないことを本当に知らなかったケースな気がする
明らかに悪意でやってる九条ネギ、芝エビ偽装の件とは次元が違う話
15

続き・詳細・画像をみる


中国から輸入したアイロンに、PCを破壊するウイルスが仕組まれる 怖すぎワロタ

1番恩恵あるフリーズって

【閲覧注意】人形の怖い話ありませんか?(ΦДΦ)

女装してる事を忘れてリビングに行ったら

J( 'ー`)し いんたーねっとばかりしてるたかし達へ

【テレビ】テレビ朝日の早河社長がみのもんた番組降板騒動に見解…「子が成人したら親の責任はない」

back 削除依頼&連絡先