戦刃「恋愛力アップ?」霧切「そうよ」back

戦刃「恋愛力アップ?」霧切「そうよ」


続き・詳細・画像をみる

1:
霧切「私たちには圧倒的に恋愛力が足りてないわ」
戦刃「それで?」
霧切「ふたりで協力して恋愛力を鍛えるのよ」
霧切(戦刃さんといれば少しは私も女の子らしく見えるしね)
戦刃「盾子ちゃんや舞園さんに鍛えてもらったほうがいいんじゃない?」
霧切「いやよ、恥ずかしいじゃない」
戦刃「私は恥ずかしくないんだ」
霧切「あなたなんて私以下じゃない」
戦刃「ひどい。フェンリルに所属してたころはモテモテだったんだよ」
霧切「」
SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1382362110
2:
霧切「ど、どうせ戦闘技術の高さを買われて引く手あまただっただけでしょ?」
戦刃「うん」
霧切「そんなことだと思ったわ」
戦刃「でも押し倒された経験だってあるよ」
霧切「…押し倒した相手は?」
戦刃「もうこの世にはいない」
霧切(この子怖い)
戦刃「霧切さんは恋愛経験とかないの?」
霧切「…わかってて聞いてるのかしら?」
戦刃「………」
霧切「………」
戦刃「…恋愛力アップって何するの?」
霧切「とりあえず恋愛雑誌でも見て考えましょうか」
戦刃「うん、じゃあ盾子ちゃんに借りてくるね」
3:
戦刃「盾子ちゃんにいろいろと雑誌借りてきたよ」
霧切「私のことは言わなかったわよね?」
戦刃「…霧切さんが恋愛力アップしたいから雑誌借りたいなんて言ってないよ」
霧切「本当に言ってないのよね!?」
戦刃「…盾子ちゃんがおもしろそうにケラケラ笑ってたけど大丈夫」
霧切「それ大丈夫じゃないわよね?本当は言ったのよね?」
戦刃「おもしろそうだからあとでいろいろ協力してくれるって」
霧切「なんで言ったの!?恥ずかしいからやめてって言ったじゃない!」
戦刃「苗木君にも協力してもらうって言ってたよ。よかった」
霧切「よくないわよ!何がどうなっていいと思ったの!?」
戦刃「…なんでそんなに怒ってるの?」
霧切「この子と協力しようと思った私が馬鹿だったわ」
4:
―――読書中―――
霧切「………」ペラ
戦刃「霧切さんは好きな人いるの?」ペラ
霧切「いないわ」ペラ
戦刃「そっか」ペラ
霧切「ええ」ペラ
戦刃「苗木君は好きな人いるのかな?」ペラ
霧切「さあ…どうかしらね」ペラ
戦刃「…あっこれいいんじゃないかな?」
霧切「…なるほど、いいかもしれないわね」
恋愛五箇条
1.いつも笑顔でいることが大事
2.とりあえず褒めまくる
3.一生懸命な姿を見せて母性本能をくすぐる
4.さりげないボディタッチ
5.適度に距離をおきベタベタしない
霧切「これくらいなら私でも余裕ね」
戦刃「私にもできそう」
霧切「ふふふ」ニィィ
戦刃「ふふ」ニャァァ
5:
苗木「今日はなんだかいいことがありそうだな」
苗木「葉隠君の占いでも今日は超不運続きと出てたからね」
苗木「たまには葉隠君の占いも役に立つよね!」
「おはよう、苗木君」
「おはよう」
苗木「あっ霧切さんに戦刃さん。おはよ…う…?」
霧切「どうかしたのかしら?」ニィィィィィィィィィィィィィ
戦刃「もしかして惚れちゃった?」ニャァァァァァァァァァァァァ
苗木「うわあああああああああああああああ!!!」
霧切「あまりに可愛いからってそんなに声をあげなくてもいいじゃない」ニィィィィィィィィィィィィィ
戦刃「でもそんな苗木君も可愛いよ可愛いよ可愛いよ可愛いよ可愛いよ」ニャァァァァァァァァァァァァ
苗木「ど、どうしちゃったの!?そんな顔して!?」
霧切「可愛いわ可愛いわ可愛いわ可愛いわ可愛いわ」ニィィィィィィィィィィィィィ
戦刃「可愛いよ可愛いよ可愛いよ可愛いよ可愛いよ」ニャァァァァァァァァァァァァ
苗木「ひいいいいいいいいいいいいい!!」ダッ
霧切「あら、逃げたわね」ニィィィィィィィィィィィィィ
戦刃「確か次は一生懸命なところを見せるんだよね」ニャァァァァァァァァァァァァ
苗木「うわあああああ!!追いかけてきたぞ!!」
6:
苗木「な、なんで僕がこんな目にあわなきゃならないんだ!?」
苗木「霧切さんも戦刃さんもなにかおかしいぞ!?」
苗木「もしかして江ノ島さんがまた何か吹き込んだんじゃ!?」
霧切「………」ニィィィィィィィィィィィィィ
戦刃「………」ニャァァァァァァァァァァァァ
苗木「なんであんな不気味な笑顔をしながら無言で追いかけてくるんだよ!怖いよ!」
苗木「お、追いつかれるぞ…」
戦刃「苗木君捕まえたぁ」ニャァァァァァァァァァァァァ
苗木「うわああああああああああああああああ!!」
霧切「どう?ドキドキした?」ニィィィィィィィィィィィィィ
苗木「た、助けて…」ドキドキ
戦刃(確か次はさりげないボディタッチだったよね。どうやるのかな?)
霧切「苗木君、おびえなくていいのよ」ニィィィィィィィィィィィィィ
苗木「………」ガクガクブルブル
霧切「今震えを止めてあげるわ、えい」ペチン
苗木「…痛っ!…え?」
苗木(今ビンタされた?)
戦刃(なるほど。ああやるのか)
戦刃「えい」ベチン
苗木「!?」
7:
苗木「な、なんで…?」
霧切「えい」ペチン
戦刃「えい」ベチン
苗木「い、痛いよ!やめて!」
霧切(!可愛い!)
戦刃(あれ?間違ったかな?次は適度な距離をとるんだったよね)
戦刃「………」ダッ
苗木「え?」
霧切「えい」ペチン
苗木「痛っ!も、もうやめてよ…僕が何かしたなら謝るから…」
霧切「謝る?何を言ってるのかしら?何も謝ることはないのよ」
苗木「じゃあなんでこんなことを…?」
霧切「!苗木君のくせに生意気よ!そんなこといちいち聞かないでちょうだい///」
苗木「そんな…僕が何をしたって言うんだよ」
霧切(!戦刃さんがいないわね。そういえば次は距離をとるんだったわね)
霧切「………」スッ
苗木「き、霧切さん?」
9:
スタスタスタスタスタスタスタ
苗木「よかった…どうやらもうやめてくれるよう…だ…?」
霧切「………」ニィィィィィィィィィィィィィ
戦刃「………」ニャァァァァァァァァァァァァ
苗木「まだ見てる?なんで?」
苗木「逃げなきゃ…うわああああああ!!」
霧切「………」ニィィィィィィィィィィィィィ
戦刃「………」ニャァァァァァァァァァァァァ
苗木「ひいいいいい!!また追いかけてくる!?」
霧切「可愛いわ可愛いわ可愛いわ可愛いわ可愛いわ」ニィィィィィィィィィィィィィ
戦刃「可愛いよ可愛いよ可愛いよ可愛いよ可愛いよ」ニャァァァァァァァァァァァァ
苗木「なんなんだよいったい!?…あっ大神さん!助けて!」
大神「むっ?どうしたのだ苗木よ」
10:
苗木「霧切さんと戦刃さんに襲われてるんだ!」
大神「顔が腫れているではないか!あやつらめなぜこんなことを!?」
苗木「僕にも理由がわからないんだ。もしかしたら江ノ島さんあたりに何か吹き込まれたのかも」
大神「江ノ島か…あやつはやたらとクラスメイトを引っ掻き回すことがあるからな」
霧切「可愛いわ可愛いわ可愛いわ可愛いわ可愛いわ」ニィィィィィィィィィィィィィ
戦刃「可愛いよ可愛いよ可愛いよ可愛いよ可愛いよ」ニャァァァァァァァァァァァァ
大神「おい、お主たち!苗木が困ってるではないか!やめないか!」
霧切「?そんなことないわ。泣いて喜んでるじゃない」
戦刃「…もしかして苗木君困ってるの?」
苗木「当たり前だよ!」
霧切「え…」
戦刃「………!そんな…まさか…!」
苗木「まさかじゃないよ!なんのためにこんなことしてるんだよ!」
霧切「…言えないわ」
戦刃「実は恋愛力アップのためにこの雑誌を読んで実践してたの」
霧切「なんで言うのよ!?」
11:
大神「この雑誌は…もしや江ノ島のではないのか?」
戦刃「うん…盾子ちゃんが貸してくれたの」
霧切「これを実践しようとしてただけなの…ごめんなさい、苗木君」
戦刃「ごめんね、苗木君」
苗木「ううん、いいんだ。悪いのはすべて黒幕なんだから」
苗木「霧切さんと戦刃さんにこんなものを渡したらどうなるかぐらい江ノ島さんならわかってたはずだ」
大神「うむ、おそらく江ノ島からこの雑誌を読んで実践するように持ちかけたのだろう?」
霧切「ええ、そうよ」
戦刃「うん、これを読めば間違いなしってケラケラ笑って応援してくれたんだよ」
大神「うむむ、許せん!乙女心を弄ぶ愚劣な行い!少しオシオキが必要のようだな」
霧切「そう、私は被害者なのよ」
戦刃「オシオキ?うん!きっと盾子ちゃんも喜んでくれるよ!」
その後、盾子ちゃんは大神さんの手によってオシオキをうけた
オシオキをうけてる盾子ちゃんはとても絶望的な顔をしてて私も嬉しい気持ちになった
苗木君には悪いことしちゃったけど私は恋愛力がアップしたから良しとしようかな
これからも恋愛力アップして苗木君を振り向かせるんだから!
21:
戦刃「ギャップ萌えがいいんだって」
霧切「それは駄目よ!」
戦刃「え?なんで?」
霧切「なんだか嫌な予感がするからよ」
戦刃「じゃあコスプレは?魔法少女とか。腹筋ヒロインもいいって」
霧切「それも危険な感じがするわ。…というかその情報は山田君にでも聞いたのかしら?」
戦刃「うん。苗木君と山田君が話してるのを盗み聞きしたの」
霧切「…他に何か言ってたかしら?」
戦刃「えーと、目のシイタケがかわいいとかなんとか」
霧切「え?」
戦刃「シイタケみたいな目が可愛いって言ってたよ」
霧切「…なるほど、いいかもしれないわね」
22:
霧切「というわけでシイタケを持ってきたわ」
戦刃「これを目につければいいんだね。さっそくつけてみる…どう?」
霧切「完璧よ。どこからどうみてもシイタケにしか見えないわ」
戦刃「でも前が見えない」
霧切「…困ったわね。これじゃあ私にはできないわ」
戦刃「ふふふ。でも私の聴覚と嗅覚にかかれば問題ない」
戦刃「暗闇での戦闘はなれてる。学校内の地形は記憶している。よし、大丈夫」
霧切「さすがは超高校級の軍人ね」
戦刃「霧切さん残念だったね。私はさっそく苗木君に会いにいってくるよ」ダッ
霧切(…残念なのは戦刃さんのほうじゃない。本気であれがいけると思ったのかしら?)
23:
霧切「目がシイタケなんて現実的じゃないにもほどがあるわ」
霧切「それに…私の独自の調査によると苗木君がすきなのはグルグル目よ」
霧切「やたら目がグルグルしてるキャラクターのグッズとか持ってたし間違いないわね」
霧切「でもグルグル目なんてどうすればいいのかしら…」
霧切「そういえば私の探偵七つ道具の一つの変装セットにいいものがあったわね」
霧切「ビン底グルグルメガネ?」
霧切「ふふふ、これがあれば私もグルグル目よ」
霧切「このメガネは度がきつすぎてかけていると目が回る」
霧切「このメガネ自体にグルグル模様が入ってるしグルグル目を作るにはうってつけね」
霧切「それにダサいメガネをはずしたら美少女というシチュエーションもいいわ」
霧切「戦刃さんもいい引き立て役になってくれそうだし…」
霧切「完璧だわ。少し自分が怖いくらいにね」
霧切「どうせだからみつあみにして文学少女っぽくしてみようかしら」
24:
桑田「アポォォォォォォォ!」
不二咲「きゃぁぁぁ!」
セレス「あらあらこれはこれは」
葉隠「つ、ついに戦刃っちが狂ったべ!」
戦刃「…?みんな何いってるんだろう?」クンクン
戦刃「…苗木君の匂いはこっちね」
霧切「さすが戦刃さんね、もはや人間離れしてるわ」
霧切「それにしてもこのメガネかけてると本当にクラクラするわね」
腐川「ちょっとあんたなんてかっこうしてるのよ」
霧切「…?その声は腐川さんね。何か問題でもあるのかしら?」
腐川「私とキャラがかぶるじゃないのよ。それとも私なんかいらないということ?」
腐川「ど、どうせ私なんて…」ブツブツ
霧切「あっ…行っちゃったわね。なんだったのかしら?」
霧切「それよりも戦刃さんを追わないと」
27:
苗木「今日はいいことある気がするぞ」
苗木「なんたって葉隠君に今日は部屋に引きこもってた方がいいと言われたからね」
苗木「この前の占いが当たってたんだから今度は外れるよね!」
「あっ苗木君!」
苗木「!その声は戦…刃…さん?」
戦刃(眼球椎茸)「どうかな?今日の私」
苗木「え、えーと…」
苗木(戦刃さんの身に何があったんだろう?)
苗木(あれってどうみてもシイタケだよね?シイタケ?)
苗木(もしかしてこの前山田君と話してたの聞いてたのかな?)
苗木(戦刃さんて無表情だから本気なのかギャグなのかわからないんだよ)
苗木(前回のこともあるし戦刃さんだから本気なんだろうけど…)
苗木(間違ってることは間違ってるとはっきり言ったほうがいいよね)
戦刃(眼球椎茸)「…やっぱり私なんか可愛くないよね」
苗木「それは違うよ!」
戦刃(眼球椎茸)「え?」
霧切(なんですって!?)
苗木(しまった、つい間違えた)
28:
苗木「戦刃さんは可愛いよ!ただそのシイタケは完全に間違ってるよ」
苗木「それにそれじゃ前見えないじゃないか」
戦刃「でも苗木君の音や匂いは感じられるよ」
苗木「え、いや、でも僕は素顔の戦刃さんが見たいかな」
戦刃「そっか、じゃあはずすね」スッ
苗木「やっぱり戦刃さんはそのままのほうがいいよ」
戦刃「あ、ありがとう」
霧切(この雰囲気なんだかまずいわね)
霧切「そこまd」
江ノ島「呼ばれて飛び出てジャジャジャジャーン!」
江ノ島「江ノ島盾子ちゃん参上!」
苗木「あれ、どうしたの江ノ島さん」
江ノ島「うぷぷぷ、なんだかおもしろいことしてるみたいだから来ちゃった」
29:
江ノ島「それにしてもシイタケなんて本当に残念だよね」
苗木「こういうのが許されるのは2次元だけだよ」
江ノ島「そうそう、シイタケ目とかグルグル目とかね!」チラッ
霧切「!」
苗木「リアルでそういうことするのはちょっとね…」
戦刃「そっか…」シュン
苗木「でも戦刃さんは天然だからしょうがないよ」
江ノ島「狙ってやってんならドン引きだけどね」チラッ
霧切(もしかして今のうちにメガネをはずせということかしら?)
霧切(そうね、あの様子ならはずしたほうが身の為ね。恩に着るわ、江ノ島s)
江ノ島「あれれ??あそこにいるのって霧切じゃん!おーい!」
霧切「」
苗木「あっ本当だ。なんか変なメガネかけてるね」
霧切「え、ちょっとま」
霧切(あ、度がきつすぎて目の前が…)
バターン!!
苗木「大変だ!思いきり顔を床にぶつけたよ」
戦刃「大丈夫?霧切さん?」
江ノ島「きゃあたいへんだわおこしてあげなきゃ」
30:
――――
――
霧切「…ここはどこかしら?」
苗木「あっ目が覚めたんだね。ここは保健室だよ」
霧切「もしかして苗木君が運んでくれたのかしら」
戦刃「私が運んだ」
霧切「そう…ありがとう、戦刃さん」
戦刃「どういたしまして」
苗木「それにしても心配したよ。どうしてあんなメガネかけてたの?」
霧切「そ、それは…秘密よ」
戦刃「もしかしてグルグル目にしようとしてたとか?」
苗木「あはは、そんなこと霧切さんがするわけないよ」
霧切「………」
戦刃「………」
苗木「…ごめん」
31:
霧切「いえ、あれは違うの」
霧切「あれはただの探偵七つ道具の変装セットにすぎないわ」
苗木「そうだったんだ…でもあれはやめたほうがいいと思うよ」
苗木(目が血走ってたうえギョロギョロしてて怖かったし)
霧切「そうよね。山田君の意見を参考にしてみたけどやっぱり駄目よね」
戦刃「うん、駄目だったね」
苗木「え?山田君が原因なの?」
霧切「ええ、そうよ」
苗木「じゃあ山田君にはオシオキが必要だね!」
戦刃「そういうことなら私にまかせて」
霧切「そういえば江ノ島さんは?」
苗木「なんか飽きたみたいで帰ったよ」
その後、山田君は戦刃さんの手によってオシオキをうけたわ
山田君は最後まで自分のせいじゃないと主張してたけど…
どう考えても私たちを惑わすようなことを喋っていた山田君が悪いはずよ
少し恋愛力がアップした気がするし…あと少しで苗木君も…ふふふ
32:
なんか思ってたよりおもしろいの書けないからこの辺で終わります
読んでくれた人はありがとうございます
34:

3

続き・詳細・画像をみる


デブを戒めるような画像ない?( ・ω・` )

【野球】中日ドラフト2位の独立リーグ香川・又吉克樹投手「アイランドリーグNo.1投手の名に恥じないようプロの世界で活躍したい」

『鬼物語』BD/DVD1巻・2巻詳細公開、予約開始!1巻の特典CDにはしのぶタイムテーマ曲 (インストゥルメンタル)&スペシャルキャストトーク収録

山本太郎議員「国会議員に出す弁当はベクレてる」 西日本、九州、海外から食材「お取り寄せ」

「らめぇ!」ミルクどころかお姉さん本体も子ヤギがら奪おうとする子キツネザル

やよい「バスバスバスバス」

back 削除依頼&連絡先