P「貴音秘蔵のカップめんをこっそりペヤングに変えた結果wwww」back

P「貴音秘蔵のカップめんをこっそりペヤングに変えた結果wwww」


続き・詳細・画像をみる

1:
P「やめろ!貴音!早まるな!!」
響「そうだぞ!いくらラーメンじゃなくてペヤングだからって!」
貴音「もう良いのです。未練はありません」
響「そんな……」
P「すまん……俺が悪かった!謝る!この通りだ」
貴音「私は私の意志でこの選択をしたのです。私は、我が道を往くのみ」
響「お願いだから!もうやめてよ貴音ぇ……!!」
P「やめてくれ!見ていられない……」
貴音「おかしな話ですね。なぜか私は今、とても興奮しているのです」
響「えっ!?」
貴音「未知なる体験……未知なる世界……なんと胸躍る!!」
P「落ち着け、早まるな!!」
貴音「問答無用!!」ヒュッ
響「ああっ!!貴音ぇ!!!」
P「なんてこった……ホントにやりやがった……オエッ」
ラジオ アイドルマスター シンデレラガールズ『デレラジ』DVD Vol.3
----------------------------------------------------------------------------
2:
pが悪い
7:
貴音「……」
響「た、貴音……?」
P「……」
貴音「……うっ」
P「大丈夫か?」
貴音「ずぞぞっ……ずるっ……おえっ」オエッ
P「うわぁ」
響「うわぁ」
貴音「大丈夫です。結構いけますコレ」
響「今明らかにオエッていったじゃん」
P「俺も聞いた」
貴音「本当です!何とも意外ですが、意外といけるのです。これ」
P「……そうか」
響「やめといた方がよかったのに……」
P「ペヤングのお湯を切らずにソースぶち込むのは流石に無謀だと思ったわ」
10:
貴音「うん……いける……いける……オエッ」オエッ
響「自己暗示掛けながら食べてる……?」
P「無理すんなって。カップめん俺が買って返すから。っていうかどっかいい店連れてってやるから」
響「自分も一緒に行っていい?」
P「ああ、良いけど」
響「やった!」
P「だからほら、それもう捨てちゃえ。ポイだよポイ」
貴音「ですが……もったいない」
響「食べてる姿見てるこっちが辛いよ」
貴音「う……響。一口食べてみては?」
響「結構です」
P「そこはなんくるないさの精神じゃないのか?」
響「なんくるあるから、これ」
貴音「ずるっ……ずるる」
11:
ラーメン屋
P「いただきます」
響「いっただっきまーす!」
貴音「……いただきます」
P「なんだよ貴音。もう機嫌なおしてくれよ」
響「うまっ!なにこれプロデューサー超おいしい!」
P「ほら、響なんかこんなに尻尾振ってるのに」
響「やめてよ。自分そうやすやすと尻尾はふらないぞ」
貴音「……おいしいですね」
P「だろ?社長と飲みに行く時はいっつもここでしめるんだよ」
貴音「……あの」
P「……口に合わなかったら無理しなくてもいいぞ」
貴音「いえ、替え玉を」
響「はやっ!」
12:
数日後
響「あれからなんか貴音元気ないねプロデューサー」
P「ああ……あれほどおちこんでるのは初めて見るかもしれん」
貴音「……よし」
P「お、貴音。元気出してくれるか」
貴音「ええ、私決心しました」
P「えっ?」
貴音「思いたったが吉日。早行動です」
P「そ、そうか」
貴音「少し買い物に行ってきます」
P「うん。気をつけてな」
響「あ!ついでにたけのこの里買ってきて!」
貴音「はい」
15:
響はたけのこ派か…
19:
貴音がPのきのこであんあん言う薄い本には俺のきのこがお世話になりました
21:
>>19
俺のキノコが成長したいらしいのでkwsk話を伺いたい
http://www.amazon.co.jp/dp/4797375590/
17:
スーパー
貴音「ありました」
貴音「そこの方、すみませんが」
店員「はい、なんでしょうか?」
貴音「これをあるだけください」
店員「えっと、箱ごとってことですかね?」
貴音「はい」
店員「ちょっと待っててください。今在庫確認しますんで」
貴音「わかりました」
やよい「あっ!貴音さんじゃないですか!」
貴音「やよいではありませんか。奇遇ですね」
やよい「ほんとですね?」
貴音「やよいは今日は休みでしたね」
やよい「はい!ですから久々に料理の腕を振るおうかと思いまして」
貴音「流石ですね……」ジュルッ
20:
やよい「そうだ!貴音さんも一緒に家でご飯食べませんか?」
貴音「いい!それはとてもいいですね!あ……でも」
やよい「どうしました?」
貴音「一家団欒の場に私が居ては迷惑なのでは?」
やよい「大丈夫です。今日はお父さんとお母さん仕事で遅くなりますし」
貴音「大変ですね……」
やよい「みんなきっと喜んでくれますよ。食事は皆で食べたほうがいいですから」
貴音「では、お言葉に甘えさせてもらいましょうか」
やよい「はい、楽しみにしててくださいね」
店員「あ!お客さん。お待たせしました?」
貴音「これですか。ありがとうございます」
やよい「えっ!どうしたんですかこれ」
貴音「ちょっと訳ありで」
やよい「そうですかぁ」
25:
やよい宅
貴音「ここが……」
やよい「ちょっと散らかってますけどね」
貴音「いえ、私は気にしませんよ」
かすみ「おかえり」
長介「ねぇちゃん遅いよ」
浩太郎「おなかすいた!」
浩二「すいた!」
浩三「すいた!」
貴音「おぉ……」
やよい「こらぁ!貴音さんビックリしてるでしょ!」
浩二「うわぁ!白髪だ!」
かすみ「白髪なの?」
浩三「おばあちゃんみたい!」
貴音「おばっ……!」
26:
>貴音「おばっ……!」
可愛い
30:
貴音「私も何か手伝います」
やよい「あっ!別にいいですよ。ゆっくりしててくださいね」
貴音「ですが、申し訳なくて……」
やよい「貴音さんは今我が家のお客さんなんですから」
貴音「……そうですね」
茶の間
長介「……」ジッ
貴音「……」
長介「……」ジッ
貴音「なにか?」
長介「いや、その……貴音さんだっけ?」
貴音「はい」
長介「そのでっかい荷物って何?」
貴音「秘密です」
長介「……そっか」
33:
しばらく後
やよい「はーいお待たせしましたぁ」
長介「すげぇ」
浩太郎「肉いっぱいだ!」
かすみ「はい、お皿」
浩二「早く食べようよ!ねぇ」
浩三「おーなーかーすーいーたー」チンチン
やよい「こらっ!お箸でお茶碗叩くのやめなさいっていってるでしょ!」
貴音「もやしじゃない……」
やよい「今日はお肉いっぱい入ってるからね」
長介「つまり戦争だな」
かすみ「たかねさん」
貴音「はい?」
かすみ「これ、本当に戦争だからね」
貴音「なるほど……」
36:
貴音「……」
やよい「ごめんなさい貴音さん」
貴音「いえ、戦争を甘く見ていた私が悪いのです」
長介「うぅ……腹苦しい」
かすみ「おなかぽんぽんだよ」
やよい「貴音さんの分もちゃんと分けなきゃだめでしょ!」
浩太郎「だって!こんな晩御飯久しぶりなんだも!」
浩三「……」zzz
やよい「浩三!まだ寝ちゃだめ!」
貴音(なんとも騒々しく賑やかな光景でしょうか)
やよい「本当にごめんなさい。誘っておきながらこんな……」
貴音「こちらこそ、久しぶりに楽しく燃え上がりました」
やよい「そう言ってもらえると助かります!」
貴音「お礼といってはなんですが……」
やよい「はい?」
42:
貴音「これを……」ゴソゴソ
やよい「えっこれって……」
貴音「ペヤングです」
やよい「それは分かりますけど……なんでわざわざ包装してもらってるんですか?」
貴音「それはさておき」
やよい「あ、その包装紙ください。まだ十分使えそうです」
貴音「どうぞ」
やよい「それで、このペヤングをどうするんですかぁ?」
貴音「ええ。実は私、画期的な食べ方を発明しまして」
やよい「えぇ!?どうするんですか?」
貴音「そうあせらずに。まずはお湯を用意してください」
やよい「お湯ですね?直ぐに用意します」
貴音「ふふふ……」
やよい「ほらみんな!食べ終わったらちゃんと後片付けしてね!」
44:
10分後
やよい「……」
貴音「どうです?なかなかおつな味わいでしょう!?」
やよい「そ、そうですね……(オエッ)」
貴音「よかった……オエッとなったらどうしようかと思ってましたが」
やよい「あ、ありがとうございます貴音さん」
貴音「いえいえ、ほんの気持です」
長介「あ!姉ちゃん一人だけなんか食べてる!」
やよい「長介!こっち来ちゃだめ!」
貴音「長介。よかったら食べなさい」
長介「どれどれ……えっなにこれは」
貴音「食べてみれば分かります」
長介「でもまずそうだよこれ」
貴音「!?」
やよい「こらっ!長介!」
46:
子供は残酷だ
50:
長介「なんだよ!姉ちゃんいっつもカップ焼きそば限界までお湯きってるじゃんか」
貴音「なんと!」
やよい「そそ祖そんなことないよ?」
長介「だっていっつも言ってるじゃん。ちょっとでもお湯が残ってるとソースの味が薄くなってまず……もごもご」
やよい「しっ!長介……いい子だから。」
貴音「……」
やよい「え、えへへ……長介ったら何言ってるんでしょうねぇ?」
貴音「……ませ……」
やよい「えっ?」
貴音「申し訳……ありませんでした……」プルプル
やよい「貴音さん……!!」
貴音「本日は……本当に楽しいひと時を過ごすことが出来ました……」
貴音「失礼します」ブワッ
やよい「貴音さん!まって!誤解なんです!ちがうんですっ!」
長介「……なんか、俺が泣かせちゃった感じ?」
54:
やよい「長介!言っていいことと悪いことがあるでしょ!」
長介「でも……」
やよい「罰として一緒にこれ食べなさい」
長介「げっ!」
かすみ「どうしたの……?」
浩太郎「あー!なんか食べてる!」
浩二「ずるいよ!一人だけで!」
浩三「ぼくも食べたい……」
やよい「あっ!こら!ちょっと!」
長介「おえっ」
かすみ「うっ」
やよい「……うっ」
うっ……
おえっ……あれっ?
うん……うん……あれっ?
58:
高槻一家はもう戻れないなwww
60:
事務所
貴音「ただ今もどりました」ズーン
P「おお、えらく時間がかかったじゃないか」
貴音「……はい……申し訳……うう」
P「大丈夫か?顔色悪いぞ」
貴音「今日はこのまま、休ませていただいても?」
P「うん。ちょっと具合悪そうだ。大事を取って今日はもう帰ってゆっくりしなさい」
貴音「はい」
響「貴音、頼んでおいたアレ買ってきてくれた?」
貴音「ええ……一応」
響「ありがと!」
P「貴音。もし明日も辛かったら連絡くれよ」
貴音「はい、それでは失礼します」
バタン
響「……って!これたけのこの里じゃなくてきこりの切り株じゃん!」
67:
翌日
prr prr
P「はいもしもし、Pです」
P「お、貴音か。うん。具合は?」
P「そうか……じゃあ今日のレッスンは休んでいい」
P「うん。それじゃあ。はーいお大事に」
やよい「貴音さんですか?」
P「うん。まだ体調悪いから休みたいってさ」
やよい「そうですか……」
P「ん?どうした?やよいまでおちこんで」
やよい「実は昨日……」
P「うん?」
・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
68:
数日後
貴音「」ズーン
貴音「結局あのままずる休みを続けて今いましたね」
貴音(私としたことが、あんなによくしてくれたやよいに……)
貴音「なんという仕打ちを……!」
貴音「本当にいけるのです!意外と癖になる味なのです!」
貴音「ああ……ああ……」
ピンポーン
貴音「!?」
やよい「貴音さーん!」
貴音「……なぜここが!?」
やよい「いぬ美さんに探し当ててもらいました!」
いぬ美「ばふっ!」
響「おーい貴音!ホントは元気なんだろ!?」
貴音「げほっ!げほっ!げほっ!!」
70:
P「貴音」
貴音「……あの、体調が……げほっ」
P「意外といけるぞ、これ」ズルズル
貴音「……は?」
P「やよいから聞いたんだ。あの話」
やよい「ごめんなさい貴音さん。全部プロデューサーに話しちゃいました」
貴音「……笑ってください。こんな私など」
響「いやこれほんといける」ズルズル
いぬ美「ばふっ!げふっ!ばふっ」ズルズル
やよい「貴音さん、実はあのあとみんなであれ食べたんですけど」
貴音「……捨ててしまえばよかったのに」
やよい「みんなでなんか癖になっちゃって」ズルズル
貴音「……あの、先ほどからズルズル言ってるのは……?」
P「ペヤング」
貴音「?!」
73:
P「みんなも居るぞ」ズルズル
春香「四条さん!」ズルズル
千早「いけるわこれ」ズルズル
伊織「ふん!あんたにしてはなかなかやるじゃない」ズルズル
亜美「おつな味ですなぁ」ズルズル
真美「このふやけた麺がなんとも」ズルズル
美希「おにぎり入れるともっといいカンジ」ズルズル
あずさ「あら?やめたいのにとまらないわ?」ズルズル
真「貴音さんも出てきて一緒に食べようよ」ズルズル
雪歩「お茶とも会うんですよぉ」ズルズル
律子「この極限まで薄まったソースが……」ズルズル
高木「関西風かな?あっはっはっは!」ズルズル
小鳥「決して美味しいわけじゃないんだけどねぇ」ズルズル
P「ほら、みんなペヤングの虜。だから自信を持つんだ」ズルズル
響「みんな待ってるぞ!」ズルズル
80:
不味いのに…やめられないとまらない。wwwwwwww
83:
貴音「ついに……ついに……」
貴音「みんな……やっと私のことを……ペヤングのことを……」
貴音「皆さま、ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした……!!」
ガチャッ
P「ウソでしたwwwwww」パッ
ザバー
ザバー
ザバー
ザバー
貴音「いやぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!」
P「ペヤングざまぁぁぁぁぁぁ!!!!!」
貴音「いやぁぁぁぁぁぁあぁっぁぁぁぁぁぁ!!!」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・
87:
貴音「ぶはぁっ!!!!」ガバッ
チュン……
 チュンチュン……
チュチュン……
貴音「はぁ……夢ですか……」
貴音「なんと恐ろしい夢でしょうか……まったく……」
貴音「……」
貴音「もう9時半を回っているではありませんか!!早く支度をしなければ!!」
貴音「今日は大事な会議があるのです……とても大事な……」
貴音(しかしあのような悪夢を見るなど……きっと不安の表れですね)
貴音「ここ最近忙しかったというのは言い訳にはなりませんね」
prr prr
貴音「四条です。プロデューサー殿、すみません寝坊しました」
貴音「はい、直ぐに向かいます。はい」
92:
事務所
貴音「申し訳ありません!」
高木「おお、四条君!大丈夫だよ。先方も渋滞に巻き込まれたらしくてまだ来ていないんだ」
貴音「ほっ」
P「まぁ最近は忙しかったしな、プロジェクトもこれから大詰めを迎えるし」
貴音「根棒などなんとも恥ずかしい限りです」
高木「まぁ過ぎたことはしかたないさ。次からは気をつけてくれたまえ」
貴音「はい」
小鳥「でも意外ですよねぇ」
P「ん?」
小鳥「まさか日○と東○水産とまる○食品から同時にオファーが来るなんて思いもしませんでしたよ」
貴音「ええ、私も本当に驚きました」
P「汁ありゲチャゲチャの焼きそばを765プロのコラボレーションで販売したいだなんてねぇ」
高木「私の人脈を舐めてもらっては困るよはっはっは!」
94:
高木「さてと……先方も遅れてくるということだし」
P「もういいころですね」
貴音「まぁ、なんと準備のいいことで」
小鳥「抜かりはありませんよ」
高木「それでは……プロジェクトの成功を祈願して……」
「いただきます」
P「うん、やっぱりたいしたことない」ズルズル
高木「わびさびってもんだよ」ズルズル
小鳥「そうなんですかねぇ」ズルズル
P「でも癖になるんだよなぁ」ズルズル
貴音「……」ズルズル
ズルズル……ズルズル……
ズッ……ズゾゾッ……ズルッ……
ゴクッ……ズルズル……
96:
果たして商品化は成功するのか……!?
そのプロジェクトの結果は如何に……
とりあえず完!!
支援、保守、読んでくれた人どうもありがとうございました
もう訳わかんないので寝ます
97:
>>96
くぅ?wお疲れ様でした!!
103:
やきそばじゃないぺヤングだと思って開いたから途中まで何言ってんのかわからんかった
ぺヤング=やきそばが一般的なイメージなの?
ラーメンのほうが美味いのに
9

続き・詳細・画像をみる


【画像あり】女のアメフトが工口過ぎシコタwwwwwwwwwwwwww

東京に来て「ふぇぇ…」ってなったこと挙げてけ

【のんのんびより】3話まとめ 越谷姉妹かわえええええ 回を増すごとにほのぼのしてくるな…

『ガンダムビルドファイターズ』3話感想 ボール大活躍!出てくる機体が熱くてビルドストライクフルパッケージもカッコ良すぎ!

Twitterですらぼっちのやつwwwwwwwwwwwwww

「ガンダムビルドファイターズ」 第3話 フルパッケージ初陣! 圧倒的な完成度!

back 削除依頼&連絡先