タラヲ「IS学園中の女どもを犯してやるデース」back

タラヲ「IS学園中の女どもを犯してやるデース」


続き・詳細・画像をみる

1:
マスヲ「お義父さん・・・でもこれで良かったんですかね?」
波平「まぁいい。偉い人間のふりをしておけば学校には難なく入れる」
サザエ「でもタラちゃんやイクラちゃんはどうするのかしら?」
波平「見学者として連れてくればよかろう。」
ノリスケ「おじさーん!」
波平「遅いぞノリスケ。さぁさっさと入るぞ」
7:
その頃宿直室
?「ZZzzzzzzzz・・・・」
ハエ「ピトッ」
?「ZZzzzzzzzzzz・・・・」ボリボリ
ハエ「ブーン」
?「ZZzzzzzzzzzz」テブクロバリイッ!
ハエ「ピトッ」
?「ZZZzzzzz・・・・」バリ・・・・・
?「んぎゃあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ」
11:
マスヲ「悲鳴?」
ノリスケ「一体どうしたんでしょうね?」
波平「いいか気をつけろ。ここにはとんでもないチカラを持っている者がいるぞ」
サザエ「皆・・・気をつけるのよ」
タラヲ「はいでーす」
イクラ「チャーン!」
12:
宿直室
?「痛えー・・・・最近カップ麺ばかりなのがダメだったか?」
?「強大な妖気を感じる・・・・それで鬼の手が反応したのか」
?「今回ばかりは厄介になりそうだな」
そして別の場所
タラヲ「さてどいつから孕ませてやるか楽しみでーす」
波平「だがこれまで溜めてきたかいがあるというものだ。数年分の
を注ぎ込んでやるぞ」
マスヲ「早楽しみですねー」
14:
タラヲ「お・・・あそこにいい女がいるでーす!」
波平「タラちゃんちょっと待ってなさい」
マスヲ「お義父さん・・・これを。」
波平「これか。」
マスヲ「強力なクロロホルムがあります。それなら・・・・」
波平「そこの君ちょっといいか?」
15:
箒「私ですか?」
波平「ここについて聞きたいことが・・・」バッ
箒「!?」(意識が・・・・)
マスヲ「お義父さん、ここは早く・・・」
波平「うむ。」
タラヲ「とりあえずこのおねえちゃんはどっかに隠しとくでーす」
16:
そしてホームルーム時の教室
千冬「それじゃあホームルームを・・・あれ?あいつはどうしたんだ?」
一夏「そういえば見てないな・・・病気か?」
セシリア「わかりませんわね・・・・」
千冬「誰か見かけてないか?」
モブ「あの・・・・私見たんです・・・」
モブ「家族みたいな人たちに連れて行かれるの・・・」
18:
千冬「それは本当か?」
モブ「はい・・・なんかその・・・雰囲気が怖かったです・・・」
ガヤガヤ・・・ネェソレヤバクナイ? オレニソウダンシタホウガ・・・
千冬「静かに!とりあえず俺に話してみる。どこに居るか誰かわかるか?」
一夏「確か宿直室に・・・」
千冬「わかった。全員ここに居るように!」
20:
その頃宿直室
俺「救急キットがない上に鎮痛剤やアドレナリンもない・・・」
俺「この揺れ方はまさかアイツか・・・・」
ターンク!ドンドンドン!リローリン!ヘールプ!
俺「死ぬううううう」
ガラッ
千冬「俺!いるか?」
俺「一体どうしたんですか!」
22:
千冬「実はな・・・・」カクガクシカジカ
千冬「現に1人被害に合っている。なるべく迅にお願いしたい。」
俺(なるほど・・・あのただ事ではない妖気はそれか・・・)
俺「わかりました。調べてみます」
俺「霊水晶よ・・・囚われた少女を写したまえ・・・!」
24:
俺「・・・・・。」
俺「ここはどこかのトイレの倉庫か・・・」
トイレの倉庫
俺「ここか・・・」
俺「おい箒くん!いるなら返事をしてくれ!」
箒「ん!んー!」
俺「ここか!」
25:
俺「まったく・・・お前と言う奴はいつもいつも・・・」
箒「・・・・ごめんなさい・・・」
俺「何もなかったならいい。とりあえず・・・服貸してやるから着ろよ・・・」
箒「あ・・・・」カアア
箒「まず私があのハゲの人に話しかけられてから意識が遠くなってしまって
気づいたらここにいたんだ」
俺「やはりか・・・。とりあえず教室まで運んでやるから。」
箒「そ・・・それは俺に迷惑だ!自分で歩ける!」
俺「とは言っても少し衰弱してるからな・・・たまには頼ってくれても
いいんだぞ?」
26:
箒「じゃあ・・・」
俺(とは言っても・・・相手は数人か・・・今回ばかりは下手したら命がないかもな)
ガラッ
俺「誰かコイツに服を着せてやってくれ!オレは少しここを離れる!」
波平「あの覇気はお前か・・・」
俺「いいか全員逃げろ!」
ワアアアアア・・・イヤアアアアア・・・・タスケテ・・・・・
マスヲ「待て!」ガッ
マスヲ「捕まえたぞ・・・」ニヤリ
28:
俺「お前ら・・・どこから現れた!」
波平「フ・・・わしらを知らんとはな・・・磯野一家だ。」
俺「磯野一家・・・聞いたことがあるぞ・・・2次元の少女をレイプ
するだけでなく興味のない人間は惨殺して周るという・・・」
回想
父「良いか息子よ・・・これから磯野一家というものについて教える。
心して聞け。」
俺「うん」
父「あやつらは恐ろしいやつらだ。非現実世界にいる女を暴行して回り
飽きれば殺害するという極悪非道という言葉では表現しきれないものたちだ」
父「だがそ奴らを倒せば多くの妖怪たちは力を失うこととなる。
お前が大きくなった時に立ちはだかることになっても自信を失わず
挑め。良いな!」
俺「はい!」
30:
波平「ほう・・・あの男の息子か・・・ワシらの相手ではなかったな・・・」
サザエ「お父さん!連れてきたわ!」
鈴「助けて!」バタバタ
波平「ご苦労!そこの小娘もマスヲ君に預けておけ」
俺「宇宙天地與我力量降伏群魔迎来曙光・・・我が霊力よ!その鎖を
打ち破りたまえ!」
マスヲ「うわああああ!」ドサッ
32:
箒「俺!」
俺「いいからお前らは逃げろ!」
シャル「大丈夫なの・・・?」
ラウラ「助太刀を・・・」
鈴「もしも俺が死んだら私たち・・・」
俺「大丈夫だ。必ず生きて会えるさ」
タッタッタッ・・・
俺「さてと・・・お前らはここに何の用だ?」
34:
波平「ここにいるIS適応の高い小娘どもを犯しに来た!」
俺「なぜだ?」
マスヲ「快感だからさ!」
マスヲ「ボクらの汚れた体液を注ぎ込まれて絶望する顔は見ものだと思わないかい?」
俺「話の通じる相手じゃなさそうだな・・・」
俺「宇宙天地與我力量降伏群魔迎来曙光・・・・我が左手に封じられし鬼よ・・
今こそその力を示せ!」
波平「ほう・・・ではワシが受けてたとう。マスヲ君!あの小娘たちを!」
マスヲ「分かりました!」
36:
波平「磯野家に伝わる刀を受けろおおおお」
俺「ぐっ・・・・・鬼の手が・・・・」ビキビキビキ
俺「ぐああああああああああああ!!!」
波平「たわいもない!」
俺「まだだ・・・・霊水晶よ・・・魔なる刀を召喚したまえ・・・」
38:
波平「なんだその刀は!」
俺「こいつは閻魔刀だ。闇を切り裂き闇を喰らうと言われている悪魔の刀だ。」
波平「面白い・・・行くぞ!」
俺「うおおおおおおおおお」
ガキィン
波平「馬鹿な!こやつの霊力が上がっていくぞ・・・・」ギリギリギリ・・・・
俺「あいつらに・・・・手を出すな!」ギリギリギリ・・・・
波平「うおおおおおおおおおおおおおお!!!!」
39:
波平「おのれ・・・親なら親だ・・・所詮あの男の息子なら能力はタラちゃんの
足元にも及ばん・・・」
俺「無に・・・帰れ!」
タッタッタッ・・・
マスヲ「お義父さん!見つかりませんでした・・・お義父さん!?」
マスヲ「お前か!お前がお義父さんを・・・」
俺「うおおおおおおおおおおおおおおおおお」グシャアアア
マスヲ「!?」ドシャアアアアア
40:
マスヲ「霊力がさっきよりも桁違いだ・・・鬼だ・・・食い殺される・・・」
俺「・・・・・・・・・・・」グチャア
マスヲ「」ピクピク
俺「こっちか」タッタッタッ
ノリスケ「あぁもう我慢できない!」
イクラ「チャーン!」
42:
鈴「いや・・・誰か・・・」
箒「なぜそこまでするんだ!私たちに恨みでもあるのか!」
シャル「怖いよ・・・・」
ラウラ「おのれ・・・私を縛り付けたからには厳正なる制裁を・・・」
ノリスケ「いいね皆のそのリアクション!そういうふうに強気な子も
怯える子も好物さ!」
俺「妖怪もお前のそのいかれポンチのような脳ミソが好物らしいぜ?」
43:
ノリスケ「お前は・・・・!おじさんたちを倒したっていうのか!」
俺「まあな。オレが昔に戦った伝説の生物や神たちよりは弱かったな」
ノリスケ「その力は・・・祖龍だけでない・・・様々な古龍の力も備えている
というのか・・・」
俺「さぁどいつの力で相手をして欲しいんだ?覇竜の力か?はたまた崩竜の
力か?」
ノリスケ「ぐ・・・」
イササカ「ならば祖龍の相手をしてもらおう」
ノリスケ「イササカ先生!助けに来てくれたんですか!」
44:
イササカ「君はサザエさんやタラちゃんたちと一緒にあの子たちを連れて
行きなさい。サザエさんやタイコさんは校庭で生徒たちを見張っている。」
ノリスケ「分かりました。それじゃあ行こうか」
タラヲ「はいでーす」
イクラ「チャーン!」
イササカ「さてと・・・」
俺「ふっ・・・後悔はさせんぞ!」
45:
俺「宇宙天地與我力量降伏群魔迎来曙光・・・・祖龍よ!力を貸したまえ!」
イササカ「ぐうう・・・・!」
俺「・・・・・・・・・・」バッサバッサ
イササカ「白き鬼の手・・・そしてその赤き紋章の白い翼・・・」
俺「行くぞ!」ドォン
イササカ(落雷が掠った・・・だがそれだけでもこの傷か・・・)
46:
イササカ「さすがはすべての龍を作り出したと言われている祖龍の力・・・だが!」
イササカ「そんなものは効かん!」
カキィン
イササカ「ぐおおっ」
俺「宇宙天地與我力降伏群魔迎来曙光・・・祖龍よ!この者に厳正なる
落雷による神罰を与えたまえ!」ドゴオオオン
イササカ「」
48:
俺(この力は強力だ・・・・だが使いすぎれば命の危険があるな・・・。
アイツらには悪いが今回は・・・)
俺「たしか校庭だったな・・・」
サザエ「よくここまで来たわね!」
ノリスケ「だがここまでだ!」
タイコ「イクラ!やるのよ!」
イクラ「チャーン!」バッ
50:
俺「消えろ!」ズパッ
イクラ「」シュウウウウ
タイコ「イクラああああ!!!」
俺「子供や老人・・・家庭持ちだからと最初はためらったがもう
容赦はせん!」
ノリスケ「まただ・・・霊力が上がっている。」
サザエ「人間というのは自分の大切なものを守りたいと思うとき霊力が
上がると聞いたことがあるわ・・・」
タイコ「どんどん霊力が上昇していく・・・!」
53:
俺「鬼の手よ!力を開放したまえ!」
ノリスケ「なんだあれは・・・」
俺「この鬼の手は幽体・・・いかなる物体をも突き通すだけでなく形を
変えることもできる!」
ノリスケ「バカなあああああああ!!!!!」
俺「うおおおおおおおおおおおおお」ヒュッ
サザエ「鞭!?あの手は強力すぎるわ!」
54:
タラヲのSSのほとんどがちんこデカイ設定だろ
55:
タイコ「」
サザエ「タイコさん!?あの餓鬼はどこに!?」
俺「こっちだ貝婆!」タッタッタッ
サザエ「!?」ドゴオッ
サザエ「」
俺「さあ・・・あとはお前らだけだ!」
ノリスケ「よくもイクラやタイコを殺してくれたなああああああ」
57:
ノリスケ「こうなればあの小娘どもを殺してオレの手で犯してやる!」
俺「危ない!」ドッ
ノリスケ「おのれまたお前か・・・そのまま絞め殺してやる!」ギチギチ
俺「ぐあああああああああああああ!」
箒「俺!」
シャル「俺くん!」
ラウラ「俺!」
鈴「俺!」
俺「泣くなって・・・必ず助けるからそれまでは泣くな。」
俺「宇宙天地與我力量降伏群魔迎来曙光吾人左手所封百鬼尊我号令只在此刻
・・・・・・霊水晶に封印されし逢魔よ・・・力を分け与えたまえ!」
58:
セシリアの霊圧が消えた・・・
60:
ノリスケ「その禍々しい妖気は・・・逢魔を手懐けているとは・・・おのれ・・・おのれえええ!!!!」シュウウウ
逢魔「フッ・・・久々に良い魂を腹にしたな・・・」
俺「腹が膨れたところで悪いがそろそろだ。お前があまりここに居ると
地割れが起きて大変だ」
逢魔「それもそうだったな・・・。何かあったら呼べ」
俺「ああ。」
タラヲ「さぁお兄さんボクが相手でーす!」
62:
俺「望むところだ。行くぞ!」
タラヲ「ムダでーす!」
俺「南無!」
タラヲ「うわあー」ゴロゴロ
俺「不甲斐ないな・・・終わりだ!」
タラヲ「まだ終わらないでーす!」
64:
俺「宇宙天地與我力量降伏群魔迎来曙光・・・我が霊力をさらに上げたまえ!」
俺「ぐ・・・・」ビキ・・・ビキビキ・・・
タラヲ「霊力を上げたところで勝てるわけないでーす!」
俺「アイツらは・・・俺の大切な人間だ・・・絶対に手出しはさせん・・・」
タラヲ(体の負担をものともしないほど能力があがってるでーす・・・
こうなれば・・・)
タラヲ「こっちも真の力を開放してやるでーす!」
65:
タラヲ「・・・・・・」オオオォォォ・・・・
俺「鬼の手よ・・・我が体を膨体に封印を解きたまえ・・・!」
俺「うおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!」
タラヲ「たかが凡人に鬼を制御できるわけないでーす!」
俺「・・・・・・・・・・。」
タラヲ「なぜでーす!ただの人間に・・・」
俺「以前に覇鬼とは和解してな・・・それから制御ができるようになったんだ」
タラヲ「こうなればヤケでーす!」
66:
タラヲ「うわあああああああ!!!!!」
俺「うおおおおおおおおおおお!!!!!!」
グシャアッ
俺「ぐわああああああああああああああああああああああああっ!!!」
タラヲ「勝ったでーす!さっそく犯してやるでーす!」
タラヲ「あれ?おかしいでーす!体が動かないでーす・・・」
タラヲ「結局負けたです・・・」シュウウウウウ
67:
俺「」ダクダク・・・・
箒「俺・・・?」
シャル「俺くん・・・どうしたの・・・?」
俺「」
ラウラ「起きろ!嫁よ!起きろ!」
鈴「死んじゃダメ!」
俺「」
一夏「おい・・・嘘だろ?」
セシリア「俺さんは皆を死ぬ覚悟で・・・」
68:
箒「先生!俺は・・・」
千冬「だめだ・・・息がない・・・・」
箒「そんな・・・・」
ラウラ「起きろ!さもなくば鉄槌を・・・」
シャル「そんな・・・もう一緒に話したり怒ったり怒られたり・・・」
鈴「ふざけ合ったりはもうできないの・・・?」
俺「」
69:
シャル「そんな・・・・うぁあ・・・・・」ポロポロ
箒「うう・・・・・」ポロポロ
ラウラ「ひっく・・・えぐ・・・」ポロポロ
鈴「うぇええ・・・ひぐ・・・」ポロポロ
俺「」
俺「ここは?」
先生「・・・・・」
70:
俺「先生!なぜここに・・・」
先生「俺君・・・ここまでよく戦いました。ですがあなたの帰りを待っている
人もいるのよ?」
俺「先生・・・どういうことですか?」
先生「今あなたの魂はこの生と死の挟間の空間にあるの。ほかの人から
見たらあなたは死んでいるわ。」
俺「そうですか・・・・。アイツらが泣いているのは薄々感づいています。
ですが戻る方法なんて・・・」
先生「なら先生が力を貸します。そして現世に帰りなさい。」
俺「先生・・・。」
先生「それじゃあお別れね。元気でね。」
俺「先生っー!」
71:
俺「ここは・・・?」
箒「俺!」
シャル「俺くん!」
ラウラ「俺!」
鈴「俺!」
俺「どうした?お前ら目が赤いぞ?」
箒「うるさい!決して泣いていたわけでは・・・」
俺「なるほどな・・・まさかお前が泣くとは・・・」
箒「泣いた!だが俺のためでは・・・」
俺「素直になれよwww」
72:
箒「?っ!」カァアア
箒「天中ッ!」バシーン
俺「うぎゃあああああ」
シャル「俺くん!大丈夫!」ギュウウウ
俺「おい腕を締め付けるな!第一胸が当たってるんだよ!」
シャル「え!ごめんね!そんな気は全くなくて・・・」
俺「・・・・・」ダラー
73:
ラウラ「卑怯者!いくら親友といえども色仕掛けで陥れるとは・・・」
シャル「そんなんじゃないもん!」
ラウラ「騙されるとは愚かなり!」ゴスッ
俺「いてえええ!!!!」
鈴「俺・・・・私の手に肩を置いて。」
俺「こうか?」
鈴「そのまま服を下ろさせて・・・」
俺「おいその先は・・・」
74:
箒「抜けがけをするなと約束しただろう!」
シャル「ひどい!」
ラウラ「裏切り者!」
鈴「だってぇ・・・」ウルウル
俺「まぁまぁ落ち着けって・・・今日の晩飯はオレがおごるぞ」
箒「じゃあファミレスで・・・」
俺「まだ給料日前だぞ・・・」
シャル「でも僕たちと家族になるんだし・・・」
俺「全くしょうがないやつらだな・・・」
75:
そして・・・・
神父「それでは・・・愛を誓いますか?」
5人「はい・・・誓います。」
2次元には・・・極悪な人間たちがいる。時としてそれは驚異となりVIPPERや
その2次嫁たちを襲ってくる・・・そんなやつらから君たちを守るためにやってきた
正義の使者・・・なのかもしれない・・・
俺「・・・・・・・」パァアアア・・・・・・
おしまい
7

続き・詳細・画像をみる


調べた知識と想像でホモ小説書いてる腐女子だけど質問ある?

妹「お姉ちゃんまだそんなお子ちゃまぱんつなの?w」 姉「えっ…」

許嫁「……やっと中にだしましたね」

保健委員「え、腫れが治まらない?」 俺「うん」

【画像】封印されしエクゾディア封印した奴って何者なん?

【画像】 中国が大袈裟でも何でもなく本当に洒落じゃなくガチで人の住める環境じゃなくなってきた

back 削除依頼&連絡先