やる夫が独裁君主になるようです 第四十四話 (やる夫が独裁君主になる前です2 第十八話)back

やる夫が独裁君主になるようです 第四十四話 (やる夫が独裁君主になる前です2 第十八話)


続き・詳細・画像をみる


 ┌───────────────────┐
 │さて、漢城を落としたものの   │
 │       ......│
 │兵士を休ませるやら、友軍の到着やら、  │
 │       ......│
 │戦略会議やらで、       │
 └───────────────────┘
    }〉┰┰┰┰┰┰┰┰┰┰┰┰┰┰〈{
  .ヘへへハ┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃ハへへヘ.
  @@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@ <<シーン・・・
   五ヾヾヾ ⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥ シシシ五
   \三三ヾ.「 ̄ ̄「 ̄ ̄ ̄ ̄「 ̄ ̄ ̄ ̄「 ̄ ̄|フ三三 /
 ({. . . . . . . \三三lニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ|三三/. . . . . . . })
  /巫巫巫巫巫巫巫|===========================.|巫巫巫巫巫巫巫\
/////////|    ┏─━─━─┓       |\\\\\\\\\
@@@@@@@@@|      | 城  漢  |       |@@@@@@@@@
 ヾ!⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥ |    ┗─━─━─┛       | ⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥jジ
 |.ニニニニニニニニニニニ |        ,. -──- 、         | ニニニニニニニニニニニ.|
 |            |      i   i      |            |
 |   ,. -- 、     |      |   |      |     ,. -- 、  |
 |.    i     i  |      |   |      | i  i.     |
 ≧ii≦ | | ,≧ii≦       |   |       ≧ii≦  | |   ≧ii≦
 ⌒il⌒ | | '⌒il⌒       |   |       ⌒il⌒  | |   ⌒il⌒
 iコ─┘  └─‐.iコ‐───┘      └───‐.iコ.─┘  └──iコ
   ┌─────────────────┐
   │進軍を止めていた日本軍だったが・・・  .│
   └─────────────────┘
520
┌─────────────────┐              ノ
│しばらくたつと、        │          /
│       .│                  〈
│いよいよ朝鮮全土の制圧に向けて ...│       ___ `フ
│       .│      __ /         i
│動き出すのだった    ...│ ../ │        /
└─────────────────┘..../ ̄ /          /´
  ___               / ̄ / 咸鏡道  r'´
  /  `ヽ           / ̄      │ 【加藤清正】
 /   )          /            │ _ノ
  _ノ   /   ∧_ 平安道  │   `i
r'´        ノ  _,,.-‐''"~ `'ー-【小西行長】│   r'
   丿  _,,-''´    `i        │  `ー-、
  {_  /                平壌○   │ __. `ー、
   丿  丿                ,ゝ____/ /  ' ,
  r´~ _,./             丿 黄海道    〈         ヽ
       ̄´       { 【黒田長政】 /\_  \
      '-‐'フ  r‐-、_r'ヽ/  \江原道\
       `ー´       `ゝ京畿道 │【島津義弘】
 _,-‐、      ∧,,∧ ∧,,∧    . 漢城◎ │        ',
    i´ `ヽ__,,.-‐''‐-┐.. ∧∧ (・` ) ( ´・) ∧∧宇喜多秀家】_     Y
  r'´    丿 (ω・` ) U )  (  Uノ( ´・ω) ──r''´  `.─── 〉
-'´   ,r‐、_}.  | U  u-u   u-u (U  ノ..i 忠清道 │       `i_
     ,,.-‐''"      u-u ∧,,∧ ∧,,∧ u-u .|【福島正則】│        /
      r'´        (・ω・`) (´・ω・)  `フ────┤慶尚道  _}
 r-、_|                   (l  U)  (U ノ   .冫      │【毛利輝元】
    i                  `u-u'. `u-u'    i´ 全羅道 │  _r-、丿
 r'                       【小早川隆景】 ‐ヽ冫
. r'´                 {_,-,  ,r‐' 、〉
丿               久_{
521
 ┌─────────────┐
 │まずは休息を終えた   │
 │        │
 │一番隊・二番隊が出発し │
 └─────────────┘
    ∧_∧
         (ヽ( )ノ)  ∧_∧      ∧_∧
       ヽ ̄ l  ̄ ./ (ヽ( )ノ)  ∧_∧ (ヽ( )ノ)
  ∧_∧   | . .  |      ヽ ̄ l  ̄ ./  (ヽ( )ノ) ヽ ̄ l  ̄ ./
 (ヽ( )ノ)(___人__ )   | . .   | /⌒ヽ ヽ ̄ l  ̄ ./  | . .   |
  ヽ ̄ l  ̄ ./  ; 丿 し  ( _,;*;,__ (ヽ( )ノ) | . .   | (___人__ )
 ∧|_∧  |    ∪  ∪  ; 丿 ヽ ̄ ∧_∧ (___人__ )  ∧_∧
 (ヽ( )ノ)    ∧_∧  ∪  (ヽ( )ノ)丿 し (ヽ( )ノ)
  ヽ ̄ l  ̄ ./ (ヽ(::::::::::::::::)ノ) ∧_∧ ヽ ̄ l  ̄ ./∪  ヽ ̄ l  ̄ ./
  | . .   |    ヽ:: ̄ー ̄./ (ヽ( )ノ) | . .   |  ∧_∧ |
 (___人__ ) ∧_∧::::::|:::::::::|  ヽ ̄ l  ̄ / ( _,;*;,__ ) /⌒ヽヽ(::::::::::::::::)ノ)
  ; 丿 し (ヽ( )ノ) ::::::::) | . .   | ∪  ; 丿(ヽ( )ノ) ー ̄./
 ∪  ヽ ̄ l  ̄ ./ ; 丿 (___人__ ) ∪ ヽ ̄ l  ̄ ./::::::|:::::::::|  ∧_∧
    | . .  | ∪  ; 丿 し   | . .   | (:::::人:::::::(ヽ( )ノ)
┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨
   ┌──────────────┐
   │協力して 開城を攻略すべく    │
   │     .....│
   │北上を始めるのである。      .│
   └──────────────┘
522
  ┌───────────────┐
  │ただし、到着した臨津江は        │
  │            │
  │攻めるに難い天険の地であり    │
  └───────────────┘
[| [| [| はた…  [| [| [|  はた…
########### [| [| ########## [| [| [| [| ←日本軍4万
:⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒
:⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒
.., ,; .: ,,。,  ::;;, ;ヾ :::…… ::; ;; :::;;,; .: ,,。, ::;;
,,; ヾ::: :; ;;: ;; :::;;┌────────────────────┐
 :ヾ ;., ;;. .., ,; .: ヾ,,。,     ::;;,... │対岸には      .....│
.., ,; .: ,,。,  ::;;, ;;ヾ :::;│       ....│
,,; ヾ::: :; ;;: ;; :::;;│朝鮮軍1万数千が ここを防衛ラインとして ...│
 ??~ ??  ~?? │       ....│
 ~ ?? ~~ ?? ~~│陣を張っている     ...│
? ~~~ ?? ~~ ??~~. └────────────────────┘
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
oO0o(⌒)0o○Oo(⌒)0oO0ooo(⌒)0oO0oo(⌒)o○oO0o(⌒)0o○Oo(⌒)0oO0o
o(⌒)0o○Oo(⌒)0oO0oo(⌒)o○oO0o(⌒)0o○Oo(⌒)0oO0oo(⌒)o○oO0○O
二二二二][二二二二二二二二][二二二二二二二二][二二二二二二二二][二二二
 彡仝
 彡γ´ ̄ ̄`ヽ このラインを守るニダ
  彡| 「ニ金ニ|     ∧     ∧     ∧
 ∠くノ ´Д` >      |i |     |i |     |i |
  く~((二つ)ニ)   州     州     州
  ̄ヒ´V`Y... ∧_∧ ||... ∧_∧ ||... ∧_∧ ||
  ∠二ハ二ゝ.   <    >||. <    >||. <    >||
 /_!_!_|     (    ○.. (    ○.. (    ○
    |_|_| .     し--J ||. し--J ||. し--J || ←朝鮮軍1万数千
 【金命元】
523
            : : : : : : : : : : : : : : _../'''⌒゙'、  \
                : : : : : : : : : : : : : : 〕       \__  _丿
                : :: : : : : : : : : : ┏┛ ┌─────────────┐
      : : : : : : : : : ┏┛  │そのため日本側も   .│
      : : : : : : : ┏┛    │        │
      寛奠堡   : : : : ┏┛      │なかなか攻略が難しく・・・ ..│
鳳凰城   ○     ┏━┛        └─────────────┘
○        ┏━━┛
      ┏━┛
   ┏━┛             ┌─────────────┐
 ┏┛○義州            __ノ.     │しばらくは      │
 ┃        ノ   / .     │        │
ー?_                  / _,,.―′. │臨津江をはさんでの  ......│
 \            __ノ     _/           │        │
    レ'´ ー 、_ ___,,..-''"   ___ l′.       │にらみ合いとなる。   │
    了   (    └─────────────┘
    │ |    _/     广
     / 平壌 l冖 ̄              |_
            丿   ◎_丿   亅        `ーー 、
  丿 / ̄    ゙̄'''--、_丿 丿        ヘ、
  'ヘ..- 、 l          j′      ゙ゝ
          r‐‐' ̄ ′   丿     ヽ、
  _厂                |  丿     '、
  丿           丿  | /       廴
  _,,..l     |    L   /        ゙'、
  ` ゙̄‐‐'⊃  _  丿開城   |__丿              ''、
  「__  │ \  ___| ○ _/←臨津江            "'、
    \_丿   ̄∨  \_丿        \
                   i ̄}.l \_■漢城         ヽ、
           ̄ | ゙'''─-宀-、   丿               │
      "l  ゙L广             ヘ、
524
 ┌─────────────────┐
 │ところが、ここでも日本軍は  ....│
 │       .│
 │協力するはずの一番隊・二番隊の    │
 │       .│
 │思惑が違うのであった   .│
 └─────────────────┘
     ___
    ,,-‐'":::::::::::::::::`゙ヽ、
.   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
.      /:::::::::::::::::::::::(・・)::::::::::::::::::ヽ くっ・・・国王は北に逃げたらしいから
     /:lヽ―-..、___"_  .___,ヘ
  /::/l  i\    ̄キ>'"l:::! 早く 追っかけて捕まえたいのに・・・
      /::::ハ、ヽ_.,ゝ、,ノ !、,,..<´ ノ .ハ:::l
.  /:::::ヘ  ヽ、_,,./  \ . ̄ / /::::l
.  l::::::::::ヽ   ` ̄´キ /:::::::l ┌─────────────┐
    \:::::::::\  _   /::::::::ノ.    │あくまで武力侵攻をめざす │
   `ヽ―'`ヽ <ニ_ニ-=-‐' 、::::/ │        │
   /,,/ ,,-〈_  ,〉    ̄   │清正に対し・・・     │
    i'ヽ-'" ̄`゙Y l             └─────────────┘
    ゝ-‐<>ニニ_ノ
   二番隊【加藤清正】
 ┌────────────────────┐
 │行長は、あいかわらず「仮道入明」を条件とした │
 │       ....│
 │講和を めざすのである。    │
 └────────────────────┘
  i        ___,__......,:::-ー ´ .、 ., i  __彡' Vi
  l   ヽ  / ̄ ` ヽ ノ ヽ{,,彡´  l∧
  |    |. /  _∧    ヘ    /| ヽ くっ・・・清正が邪魔で 朝鮮側に
  |    | {_=彡= ̄ }    `ミー '  |   |
 ノ  | ヽ ̄  ノ,    }  r 手紙を送れないであります!
   |  `.ー- - 彡'   / i
   |          /    丿
   |          , ィ T T lフ`ー/  /
   ト , ,,,/. ー┴┘´イ` ー '
 \       .| ` ー ≦--- ― .< ´
   一番隊【小西行長】
526
 ┌───────────────────┐
 │しかし コンタクトを取ろうにも、       │
 │       ......│
 │前で【加藤清正】が でしゃばってるので    .│
 │       ......│
 │どうにもならん。     │
 └───────────────────┘
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
   [| [| [|←【加藤清正】
   ###########
:⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒
.., ,; .: ,,。,  ::;;, ;ヾ :::…… ::; ;; :::;;,; .: ,,。, ::;;
,,; ヾ::: :; ;;: ;; :::;;   ;; ;;ヾ ;; []):::;; ヾ ..,:: ::;
 :ヾ ;., ;;. .., ,; .: ヾ,,。,     ::;;,  ;; ::; ;;ヾ :::;; ..,:: ::; ;; :::;;
.., ,; .: ,,。,  ::;;, ;;ヾ :::;; ..,:: ::; ;; :::;;,; .: ,,。, ::;;
,,; ヾ::: :; ;;: ;; :::;; ;;ヾ ;; :::;; ..,:: ::; ヾ ;; :
 ??~ ??  ~??? ?~~ ?? ??~ ?
 ~ ?? ~~ ?? ~~ ??~~~  ~~ ??? ~~
? ~~~ ?? ~~ ??~~ ?? ~ ?? ?? ~~~~ ??
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
oO0o(⌒)0o○Oo(⌒)0oO0ooo(⌒)0oO0oo(⌒)o○oO0o(⌒)0o○Oo(⌒)0oO0o
o(⌒)0o○Oo(⌒)0oO0oo(⌒)o○oO0o(⌒)0o○Oo(⌒)0oO0oo(⌒)o○oO0○O
二二二二][二二二二二二二二][二二二二二二二二][二二二二二二二二][二二二
 彡仝
 彡γ´ ̄ ̄`ヽ
  彡| 「ニ金ニ|     ∧     ∧     ∧
 ∠くノ ´Д` >      |i |     |i |     |i |
  く~((二つ)ニ)   州     州     州
  ̄ヒ´V`Y... ∧_∧ ||... ∧_∧ ||... ∧_∧ ||
  ∠二ハ二ゝ.   <    >||. <    >||. <    >||
 /_!_!_|     (    ○.. (    ○.. (    ○
    |_|_| .     し--J ||. し--J ||. し--J ||
 【金命元】
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
527
    ┌──────────┐
    │そこで小西は・・・    .│
    └──────────┘
   _,,.. ― ,,
   ,..-''″ ★  ゙ヘ、
   ,,-,゙ -;;;;;;?''''''''''?―-..,,,,\
    //ン'シ'‐、.`'i:::::::::::::::./ 二ミ' l'Λ
  /i./ /illllllllllll |::::::::::::/ .lllllllllll!゙l, l.l  どうですか清正殿、二番隊だけが前面に出ては
  / ! ! .llllllllllll/ / :::::::::.lヽ!llllll!!丿,!.| l
  !│ ヽ,.゛_/::::::::::::::: .\_`゛._./ .| .|  兵も疲れるであります。
 l l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ! |
  .|  ヽ::::U::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /  .l 一番隊・二番隊が 変わりばんこに対陣するのは
  .!  ヽ .__,,.../ ''''''‐、 :::::::::::/   ゙l
  .|. `'-,,. `ーー'''" `''ー-./ |   どうでありますか?
  ゙''ー- -ー'゙.゙>ッ、、、、、、 -イ″゙'ー--ー'"
 _、 .,/゙., / ,,,  ヽ...\
  /  ´゙"''゛ .,/./ _ノヽ_.. ||\.\
 . ̄"''''―‐"  / `、  ゝ.|.| \ !
    / /__  .「  .|.| ./ ノ
   一番隊【小西行長】
  _,, ー'''"゛ .`゙'''ー..、
  /   \
  /  (.∞.) . \
  /      .!-!   .l,
  ノ!]゙'二,゙'''''''''''''''''''''¨''^^t,'''''',''/广l│ まあいだろう。
 / .!.! .{. `''ーi,,,  .,,,ノ'"  / .|.!.l
 ! l .\゙'一''゛ 丿  .'冫゙''―''゙,/.l .l そうするか
  l !  .`'''''''゙″  .`''ーt″  ! .!
 l l             ..t. ./  .!
 l  ヽ  _......,,,      .t/  .|  ┌────────────────┐
 ミ. ゙''y-‐''"`'―'''''~''―;;r"  /    │こうして              │
 `''?ー'"  ゙フ'ッ----ッ―''!ヾ`ー..... /   │               ..│
   / /.. /\/ ヽ\゙   │うまいこと二番隊を 引かせることに  ..│
        / ./../.\/ ヽ\!.          │      .│
  / ./゛  ゙/  ヽヾ          │成功するのだった        │
  二番隊【加藤清正】   └────────────────┘
528
   ┌────────────────────┐
   │なお、このドタバタを朝鮮側から見ると・・・    │
   └────────────────────┘
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
  [| [| [| はた…   サッ… ┌─────────────────┐
  ###########   [| [| [| [|.... │二番隊が布陣してるときの日本軍は  .│
:⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒│       .│
.., ,; .: ,,。,  ::;;, ;ヾ :::…… ::; ;;. │殺る気まんまんの 前のめりで  ......│
,,; ヾ::: :; ;;: ;; :::;;   ;; ;;ヾ ;; . └─────────────────┘
,,; ヾ::: :; ;;: ;; :::;; ;;ヾ ;; :::;; ..,:: ::; ヾ ;; :
 ??~ ??  ~???┌──────────────────┐
 :ヾ ;., ;;. .., ,; .: ヾ,,。,     ::;;,. │逆に 一番隊のときは    .│
 ~ ?? ~~ ?? ~~ │         .│
? ~~~ ?? ~~ ??~~.  │朝鮮に遠慮して 後ろがちに布陣という │
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::│         .│
oO0o(⌒)0o○Oo(⌒)0oO0ooo(⌒)0.│わけがわからないよ。      │
o(⌒)0o○Oo(⌒)0oO0oo(⌒)o○oO..└──────────────────┘
二二二二][二二二二二二二二][二二二二二二二二][二二二二二二二二][二二二
      ∧     ∧     ∧     ∧
      |i |     |i |     |i |     |i |
      州     州     州     州
 ∧_∧ ||... ∧_∧ ||... ∧_∧ ||... ∧_∧ || あいつら
  < iiii  >||.    < iiii  >||.    < iiii  >||.    < iiii  >||  何やってるニカ!?
 (    ○.. (    ○.. (    ○.. (    ○
  し--J ||. し--J ||. し--J ||. し--J ||
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
529
  ┌────────────┐
  │ま、ともかく行長は  .│
  │      │
  │清正をどかしたスキに ....│
  └────────────┘
   ??: .:.ザブザブ   : . .
         ??:.
                    ∧_∧ ??:.
    ( ´д`/} ∧_∧ 手紙届けに来たよ?
           __( つ /0__( ・∀・)_
                  |二二二二//二二二二二二二二|:.
       (((  \二二ニ//ニ二二二二二二二/: :.
                  ~~~~ ̄{/~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~~~
   ??:.   o    o
     。   ???:. 。
  :: . .     o
   ┌─────────────────┐
   │5月15日、16日と二度にわたって  .│
   │       .│
   │講和書を届け・・・    ....│
   └─────────────────┘
530
 ┌──────────────────────┐
 │そして朝鮮側から      .│
 │        │
 │3日後までに回答する、と返事があったのだった    │
 └──────────────────────┘
┌──────────────────────┐
│ ∧_∧      ......│
│  <; `∀´>  (応じるフリして                   │
│  (つ  ) 油断させるニダ)   │
│ し―-J         │
│  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|.    │
│  |     返 書       |.  .....│
│  |                    |.    │
│   /  ̄ ̄ ̄ ̄   /_____ ..│
│    / 講和についての  /ヽ__// .│
│  /   返事を書くから   / / / ......│
│  / 三日待って欲しいニダ / / / .....│
│ / ____  / / /  .│
│  /    / / /     .│
│ /    /    / /   .│
│  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ / /  .│
└──────────────────────┘
   , :: ''" ̄ ̄~ `丶 、
  /★-''",~''" ̄`ヽ、  \
   //: : : :/-ー:、 : : : ヾ、
    //⌒ゝ: : : :i: : : : : `ー-}: :ヽ やっと・・・やっと
  .〃: :/~: l: : : : \: : : : : :ノ: : : ヽ
   li: :/: : :/: : : : : : :`ー(__): :lヽ コンタクトが 取れたであります!
   リノ: : /: : : : : : : : : : : : : : : : : l
 / i ̄: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/
 / ヽ_): : : : :, ァー---,、_;: :ノl
 ̄'ー- _ ヽ: : : : :人/ l  ,/
: : : : : : : : : :ー-=-' _\ l /‐ヘ
―‐-- : :_: : : : : : : : : ̄ヽ_-'ノ
 ヽ  ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄~ 丁 」ヽ
   _,,. -_-_:: 、
  //'r,r=,ヽヽ`ヽヽ
   ///ヽ、二ニノ;;;;;;rーヽ! 成功すれば
  l l/ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l /ニll! バンバンザイだぜ?
 r-、  l/.. -―、77ヽ、ヽゝソト
 l  ヽ  ヽ ::::::::::`'ー'-l;;;;; ̄//!
  l L.. -ヽ、::::::::::::::::_! /'ノ
  ヽ_,,..-,./ :::::::r-/ }ニ-'"
 /' ,r,ニヽ.lΥ  /
  //  ヽニノlヽ! /
 l 〈  /l ヽノ
531
 ┌──────────────┐
 │しかし、この怪しい動きは  │
 │                   .│
 │うすうす バレてしまったりする ..│
 └──────────────┘
、:: /:  :::    :::  /::  :: /
ヽ :::/:  :::    ::/ , ':: /  /
 ヽ  :::  , --、::   ///ー、ー''"l  /
、 ヽ、_ :: 、( o o )::  ::_://、  l  ,l / ::::/
: 丶、l l \::_  ヽヽ`i l 「:: _,,. ―'""/,;;;;;l  l /' :: /
  .ヽ! l  l;;;、  ̄''' ゝヽ ̄''" /li 〃;/ l キl :: /
  .、\l  l、、\:: ヾ\ /` /  / / l/  おい!
  l l ヾ  '':\  /-= -ー''"  /  /'
 l \ `ー--'''ゝ、 丶、 __,,.-'"  / お前ら なにコソコソやってんだ!!
  \、 丶 __/::    キ /
   \、  ::  ,... _____,,.-ツ
   `ヽ、__,,.-イvーーV' / /
   `ー- ヽヽ;;  ;;/ /!~l
    /入ヾニニツ/  l l
    /l /, ̄ ̄ l l
   /:::::}-'"   l  !【加藤清正】
532
      /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
      / |    |
      / |                    |
   /    |__________|
  /  /   _, -─‐ - 、 /
  |  / / _.. -┸-、ヽ /
  |/ /  /  \::::::::::/⌒ヽ
   ̄7  |━━━-!........|-━ | ・・・なんでもないであります
  / |、  ノ..........、 |、
 /  |....ー-....´..................ー' | | ( 感づかれたでありますか!? )
  / |....ι............................./|
  l i、...........u.....__.......ノ ノ
    `ー- ′`ー-   ⌒ー'`ー'- '′
    ,,..-―――- 、
    /   ヽ、
    /    ヽ
            / r,',ヽ    ` 、 ともかく油断するんじゃねぇぞ
  ,,ノ .,、__ヽ-' _,,,ェ- >、 `゙ヽ、 今度はオレが前に出るからな!
  ,,..-‐' l. l\,, ̄ ̄, ,,..-‐"l  ト、  `ヽ
.  i    ,rf`゙ヾヽ_ノ>  ヽイヽ、ノ  ノ ヽ _,,,,.  l
     〉==<l'")`゙l.)./    `ヽ--r'" /-‐'"´ヾヽ、 (どうもコイツら怪しいな・・・)
  ,,,..-‐'`ヽヽ ヽ/ .ト 、  ____ キ/`゙/`゙T" ヾ .l
. r-‐i―-、l l  l ,,ノ. `ヽ<ヽノ_,,..>/-‐  ―-/  `|
. ト-‐l―'" l l,l,,.<´{`゙゛‐-rニ/-<"/ /  /    /`ヽ、 |
 `ヽ―‐-' ヽヽ ヽ'" ̄~´r'"l_ノ ´. l/  /  /  ヽ l
   ヾl l   /"ヽ_  _,,ノ,  /   /  /
     ll/ / ,,..、 ̄ / / _ ' .    /
  ´ <__ ‐ソ `、 /-‐ヘ'  ヽ  /
   ´   , ヽ、 ヽ  ヽ/
       ,  ト、 .>'"
       ヽ l `゙"
      `゙
533
┌────────────────────┐
│おまけに、やっと手紙を届けたって     .│
│       ....│
│朝鮮側に「仮道入明」に協力する意思など  .│
│       ....│
│あるはずもない。      .│
└────────────────────┘
    ∧_∧
   < `∀´>
   /⌒ゝ ヽ丶⌒。ヽ 倭軍が遠征に疲れて
   丿ヽ。丿⌒ ヽ⌒ヽ\ 講和したがってるニダ
  /( /ゞ  《 K.》 メ \
 丿 /\ \\  ヽ ) ノヽ(  応じるフリして油断させ
 / / ノ ノ | ヽ ノ_レ  逆襲してやるニダ!
 ノ 丿⌒⌒彡// ヽ  丿\|ミ
 \(  / 丿~( \
      <__/ ゝ__>
     ヽ  ソ ゞ 丿
    _) ノ ヽ  (_
   (__ヽ) (ゝ__)
   巡察使【韓応寅】
534
       ┌─────────────┐
       │交渉どころか、朝鮮軍は . .│
       │        │
    はた…            │3日の期限が来る前に・・・    │
  [| [| [| [|            └─────────────┘
:⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒
.., ,; .: ,,。,  ::;;, ;ヾ :::…… ::; ;; :::;;,; .: ,,。, ::;;
,,; ヾ::: :; ;;: ;; :::;;   ;; ;;ヾ ;; ┌────────────────────┐
 :ヾ ;., ;;. .., ,; .: ヾ,,。,     ::;;,  ;; ::; ;;ヾ..│逆に 臨津江を渡り    ......│
 ~ ?? ~~ ?? ~~ ??~~~      │       ....│
? ~~~ ?? ~~ ??~~ ?? ~ ??..│対岸の日本軍に 奇襲をかけたのであった! ....│
~ ?? ~~    .∧_∧~ ?? ~~~ ??  └────────────────────┘
 ~ ?? ~~ (ヽく >ノ)  ∧_∧ ~ ?? ~ ?? ~~  .∧_∧
 ~ ?? ~~..ヽ ̄ l  ̄ ./ (ヽく >ノ)~ ?? ∧_∧ (ヽく >ノ)
  ∧_∧   | . .  |      ヽ ̄ l  ̄ ./  (ヽく >ノ) ヽ ̄ l  ̄ ./
 (ヽく )ノ)(___人__ )   | . .   | /⌒ヽ ヽ ̄ l  ̄ ./  | . .   |
  ヽ ̄ l  ̄ ./  ; 丿 し  ( _,;*;,__ (ヽく >ノ) | . .   | (___人__ )
┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨
oO0o(⌒)0o○Oo(⌒)0oO0ooo(⌒)0oO0oo(⌒)o○oO0o(⌒)0o○Oo(⌒)0oO0o
o(⌒)0o○Oo(⌒)0oO0oo(⌒)o○oO0o(⌒)0o○Oo(⌒)0oO0oo(⌒)o○oO0○O
二二二二][二二二二二二二二][二二二二二二二二][二二二二二二二二][二二二
535
    ●
    ●
    ●
  ┌────────────┐
  │ と こ ろ が ・ ・ ・ .│
  └────────────┘
    ●
    ●
    ●
 ┌─────────────────────┐
 │朝鮮軍には、たいへんお気の毒なことに・・・ │
 └─────────────────────┘
  ┌──┬──‐!、\ >"         `ヾ´〃r:──‐┬──┐
 | | | | ,イ . : : : : : : : . ヾ | | | |
 |____||____| y  . : : : : : :_:_: : : : : .  ヘ |____||____|
 |  ̄ ̄ ||  ̄ ̄/_____. : : : : : :.(・・): : : : : ._____..ヾ ̄ ̄ ||  ̄ ̄ |
 | |  ./ イi \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/  iト:.、 | |
  ├──┼─// i| l  い:、: : : : : : : : : :X,:ャツ  .l |ヘヽ.:‐┼──┤
 | | .//: : i 廴  `¨´\: : : : : :/`¨´ _ノ i: :ハ i  | | おっ、なんだよ
 |____||__i/: : :∧ `ー―一 ': : : : : :` ー‐メチ   /: : : i|_l____i|
 `ー――‐:!: : : : : ヽ . : : : : : : : : : : : : . X  , ′: : :i|―――一’ こっちは川を渡れなくて悩んでたのに
   弋: : : : : : \ . : : : : : : : .     X: : : : : : リ
   `ー_-_彡' 1-=ニ二三二ニ=-イヽ. ____.ノ  そっちから来てくれるとは
    / y ̄!| |{ yイ/`  ̄¨7:::::入 i| 「≦(_)、
            /-,:′: :l| |/ /:′ ,.:ヘ´::;イヽ.ヾ |i \__\   ありがたいじゃねぇか!
  / / : : : ハ/ ,イ/ ,く  >’ | i:、 Y!: : :.\   \
.  /__/: : : : : : :/ /i/::::ヽイ  | .! i ヾ: : : : : :\:_\
  i〃Y: : : : : : : : :イ、/く:::::::/  ノ  l ! Yヽ: : : : : ヽ 旦ヽ
  _..|ィミ |: : : : : : : : 人:〉 Y"`ー - 彡   ノ 〉'人辷、: : : : 1 _.__|
 γ...:`Y |: : :r=ミ、ハ、_.ノイ_! r---、 {_〉L..入,1ゝ、: :i|1'´ ;゙ヽ
 弋__,,,ノ、i_.ノ| |: |   r'OY .:i i:. |YO゙i  |: | |\iL廴..::ノ
          .| |:ノ |: O:「777 ?77:| O |  L:! |
         ̄  └─i! ゙̄1     ヾ ̄ili―┘ ` ̄
    日本軍二番隊【加藤清正】
   , ,   ┌──────────────────┐
   / i / i.       │ちょうど そこに居たのは    │
   /,_ ┴─/ ヽ     │         .│
  /,!||! (゜\iii'/゜).     │殺る気まんまんの 二番隊であった。 .│
  / u ,,ニ..,ニ、ノ(\ .    └──────────────────┘
  \  ノ( ゝ'゚ ≦ 三 ゚。...
   >.....。≧  三 =-... 。 ━━┓┃┃
 / ⌒    -ァ,  ≧=- 。 ..      ┃ ━━━━━━━━
 /         イレ,、  >三 ・ ゚ ┃    ┃┃┃
 | \ . ≦`Vヾ        ヾ ≧|.       。     ┛
  。゚ /。・イハ 、、 `ミ
536
    ,,..-―――- 、
    /   ヽ、
    /    ヽ
            / r,',ヽ    ` 、 戦いなら
  ,,ノ .,、__ヽ-' _,,,ェ- >、 `゙ヽ、 いつでもつきあうぜ!
  ,,..-‐' l. l\,, ̄ ̄, ,,..-‐"l  ト、  `ヽ
.  i    ,rf`゙ヾヽ_ノ>  ヽイヽ、ノ  ノ ヽ _,,,,.  l さあ、思う存分
     〉==<l'")`゙l.)./    `ヽ--r'" /-‐'"´ヾヽ、 殺り合おうじゃないの!
  ,,,..-‐'`ヽヽ ヽ/ .ト 、  ____ キ/`゙/`゙T" ヾ .l
. r-‐i―-、l l  l ,,ノ. `ヽ<ヽノ_,,..>/-‐  ―-/  `|
. ト-‐l―'" l l,l,,.<´{`゙゛‐-rニ/-<"/ /  /    /`ヽ、 |
 `ヽ―‐-' ヽヽ ヽ'" ̄~´r'"l_ノ ´. l/  /  /  ヽ l
   ヾl l   /"ヽ_  _,,ノ,  /   /  /
     ll/ / ,,..、 ̄ / / _ ' .    /
  ´ <__ ‐ソ `、 /-‐ヘ'  ヽ  /
   ´   , ヽ、 ヽ  ヽ/
       ,  ト、 .>'"
   【加藤清正】 ヽ l `゙"
      `゙
   / | / |
       /,_ ┴─/ ヽ
   (_゜.,》.'(_゜,》)ミ ヽ アイゴー!
  / ,,__,ニ、、 ノ( \.
   ヽ Y~~/~y} `, ~ /
     | ,k.,.,!,.,.,r| ,!  く
   / <ニニニ'ノ    \
537
 ┌────────────────────┐
 │けっきょく、江を渡った朝鮮軍奇襲部隊は │
 │       ....│
 │日本軍の反撃によって全滅。   .....│
 └────────────────────┘
   \ アイゴー! アイゴー!! /
:⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒
.., ,; .: ,,。,  ::;;, ;ヾ :::…… ::; ;; :::;;,; .: ,,。, ::;;
,,; ヾ::: :; ;;: ;; :::;;   ;; ;;ヾ ;; []):::;; ヾ ..,:: ::;
 :ヾ ;., ;;. .., ,; .: ヾ,,。,     ::;;,  ;; ::; ;;ヾ :::;; ..,:: ::; ;; :::;;
.., ,; .: ,,。,  ::;;, ;;ヾ :::;; ..,:: ::; ;; ┌─────────────────┐
,,; ヾ::: :; ;;: ;; :::;;    ;;ヾ ;; ::.│そして、それを見た対岸の朝鮮軍も    .│
 ??~ ??  ~??? ?~~.  │       .│
 ~ ?? ~~ ?? ~~ ??~~~ .     │大いにびびってしまい   ......│
? ~~~ ?? ~~ ??~~ ?? ~ ??.└─────────────────┘
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
oO0o(⌒)0o○Oo(⌒)0oO0ooo(⌒)0oO0oo(⌒)o○oO0o(⌒)0o○Oo(⌒)0oO0o
o(⌒)0o○Oo(⌒)0oO0oo(⌒)o○oO0o(⌒)0o○Oo(⌒)0oO0oo(⌒)o○oO0○O
二二二二][二二二二二二二二][二二二二二二二二][二二二二二二二二][二二二
      彡∧ /  `、
  / ・ |ミ || 金ヽ|| 失敗!撤退! ┌───────────────┐
  (_)' |ミ<゚´Д`゚;>         │北方に 退却してしまうのである ....│
   / キミ(メ  三)    └───────────────┘
   |‐?"キ、)__/ /⌒"キミミ三≡=?
   Ω‐'"〈_〈__)T  |     ∧_∧  ∧_∧  ∧_∧
   (~こ二` || | ( _,ノ、ゝ.  <´Д´; >. <´Д´; >. <´Д´; >
   (\_ン`ー'"⌒`ヒ`ー‐ヘ \      と_  と ゙i.. と_  と ゙i.. と_  と ゙i
     \`へ  〈__ゝ ヽ ヽ  Y  人  Y  人 Y  人
   `ー'    〈_|  〈_)'し.. 〈_)'し.. 〈_)'し
  【金命元】
538
┌────────────────────────┐
│ ぶっちゃけ、日本軍は まとまりがなくて          .│
│    阿呆なことやってる だけなのだが・・・   │
│            │
│::::::::::::::::::   :::::::::::::::::::     .....│
│:::::::::::::::::  ::::::::::::::::::     .....│
│::::::::::::::: ∧_,,∧ だ・・・だまされたニダ    .│
│:::::::::::::: _..<; `Д´> 弱ったフリしておびき出すという    .│
│:::::::::::::.'c(,_U_U   倭奴の奸計だったニダ・・・  .....│
│:::::::::::::::::.【韓応寅】...::::::::::::::::     │
│::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::     ....│
│            │
│ なぜか朝鮮側では          .│
│ これを 計算づくの狡猾な作戦だと思い込み   .│
│  この後も ドツボにはまり続けるのである。    │
└────────────────────────┘
539
     ┌────────────┐
  _ _               │ともかくも、5月29日       │
  __i .i-.、 __.   │      │
 rii | i_,! 'ー'l |,_l"'i ト, │旧都・開城は陥落し・・・ .│
_ __.゙| '"   ." |__ └────────────┘
└┘ i.L,r-''"i ̄ ̄i~~゙"i''-.,」_.|_iーi ___
┬─┬ト''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|..|,,__~".''''ーk,,i=i、.rii l"l,,l l.,l"i ト,.
┴┬┴ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー| |_~"'l'''' iー-i-.ニL." ___ ^.」
┬回┬r''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|~",-、.=、~|~"'l''.ーiー-.|'"|_._|__|~i''i|
┴┬┴ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|~"|;;;|.|;;| .~"|".' ''l -i |r''i"□_| ~!| ←高麗時代の首都
   ┌────────────────┐
   │そして、ここでも日本軍は     │
   │      .│
   │残された食料を     .│
   │      .│
   │たっぷりと手に入れるのだった。  .│
   └────────────────┘
      ,ィミ川彡三ヾ三\    ,ィミ川彡三ヾ三\
        {三{※}三}三ll三 }         {三{※}三}三ll三 }
     _ヽ彡川ミノ三レ勿/__       _ヽ彡川ミノ三レ勿/__
    ,ィミ川彡三ィミ川彡三ヾ三\   ,ィミ川彡三ィミ川彡三ヾ三\   ,ィミ
   {三{※}三{三{※}三}三ll 三}    {三{※}三{三{※}三}三ll 三}  {三
 __ヽ彡川ミノヽ彡川ミノ三レ勿/__    __ヽ彡川ミノヽ彡川ミノ三レ勿/__  ヽ彡
\ ,ィミ川彡ヾィミ川彡ヾ,ィミ川彡三ヾ三\,ィミ川彡ヾィミ川彡ヾ,ィミ川彡三ヾ三\ ィミ川彡ヾ
三}{三{※}三{三{※}三{三{※}三}三ll三}{三{※}三{三{※}三{三{※}三}三ll三}{三{※}三
 / ヽ彡川ミノヽ彡川ミノヽ彡川ミノ三レ勿/ ヽ彡川ミノヽ彡川ミノヽ彡川ミノ三レ勿/ .ヽ彡川ミノ
   ________ ノ`-、_,-一ー- ,_ _____________
      _)  r'´____(・・)ヽ
    ___ /^'~/''" >-、、`~ヾ、 `、 l i /, ______
   ━━━━/ .l (. ・ )\,u:::::`_、i|州|i/ム'__,,━━━━
  ┏┓  ┏━━┓  / U ,!lヽ ` ''" /:::::l"(・)!` "=三__.    ┏━┓
┏┛┗┓┃┏┓┃ /  i/:::::`ー--‐'"::::u::::l ゛ ,l,  、ミミ、、.    ┃  ┃
┗┓┏┛┃┗┛┃┏━,/  ,!i_j::::::::::::::::::::::::::::::::: `ー'l`、'ミミ、━━━━┓┃  ┃
┏┛┗┓┃┏┓┃┃ /  ,!:::::::u::::U:::::__:::::::::::::::::::! i` `        ┃┃  ┃
┗┓┏┛┗┛┃┃┗・{  メ-一ー-ー'V ´⌒ヽ>、:::::;ノ... |━━━━━━┛┗━┛
  ┃┃     ┃┃ _`、 ノ `>、, `ー--'´ _,,>... v |______. ┏━┓
  ┗┛  ──┗┛ ── '`-''´,r' ̄;r'/`ー-、__,,-'´ _ノ _,ノ─────... ┗━┛
────────────/::::::/ /  ノヽノ`ト=ニ-一''´──────
540
   ┌───────────┐
   │勢いに乗る日本軍は .│
   │    │
   │さらに北上を開始。 .│
   └───────────┘
   ┏━┛               _..-''"
 ┏┛○義州            __ノ             >
 ┃   寧辺 ノ   /              ____/゙
ー?_     定州     ○/ _,,.―′        __/
 \    ○      __ノ     _/   ┌──────────────────┐
    レ'´ ー 、_ ___,,..-''"   ___ l′      │途中、平山で一番隊と二番隊は分かれ  │
    了   (            │         .│
    │ |    _/   │それぞれ平安道、咸鏡道の        ..│
     / 平壌 l冖 ̄       │                  │
            丿   ○_丿   亅    │制圧を目指す      .│
  丿 / ̄    ゙̄'''--、_丿 丿...└──────────────────┘
  'ヘ..- 、 l          j′      ゙ゝ
          r‐‐' ̄ ′   丿     ヽ、
  _厂            平山|  丿     '、
  丿        ◎ 丿  | /       廴
  _,,..l     |    L   /   |   ゙'、
  ` ゙̄‐‐'⊃  _  丿開城   |__丿       丿 ___    ''、
  「__  │ \  ___| ■ _/  __∠/        "'、
    \_丿   ̄∨  \_丿  ノ      \
                   i ̄}.l \_■漢城 /        ヽ、
    ∧_∧  ̄ | ゙'''─-宀-、   丿               │
         (ヽ( )ノ)  ∧_∧      ∧_∧
       ヽ ̄ l  ̄ ./ (ヽ( )ノ)  ∧_∧ (ヽ( )ノ)
  ∧_∧   | . .  |      ヽ ̄ l  ̄ ./  (ヽ( )ノ) ヽ ̄ l  ̄ ./
 (ヽ( )ノ)(___人__ )   | . .   | /⌒ヽ ヽ ̄ l  ̄ ./  | . .   |
  ヽ ̄ l  ̄ ./  ; 丿 し  ( _,;*;,__ (ヽ( )ノ) | . .   | (___人__ )
 ∧|_∧  |    ∪  ∪  ; 丿 ヽ ̄ ∧_∧ (___人__ )  ∧_∧
 (ヽ( )ノ)    ∧_∧  ∪  (ヽ( )ノ)丿 し (ヽ( )ノ)
  ヽ ̄ l  ̄ ./ (ヽ(::::::::::::::::)ノ) ∧_∧ ヽ ̄ l  ̄ ./∪  ヽ ̄ l  ̄ ./
  | . .   |    ヽ:: ̄ー ̄./ (ヽ( )ノ) | . .   |  ∧_∧ |
 (___人__ ) ∧_∧::::::|:::::::::|  ヽ ̄ l  ̄ / ( _,;*;,__ ) /⌒ヽヽ(::::::::::::::::)ノ)
  ; 丿 し (ヽ( )ノ) ::::::::) | . .   | ∪  ; 丿(ヽ( )ノ) ー ̄./
 ∪  ヽ ̄ l  ̄ ./ ; 丿 (___人__ ) ∪ ヽ ̄ l  ̄ ./::::::|:::::::::|  ∧_∧
    | . .  | ∪  ; 丿 し   | . .   | (:::::人:::::::(ヽ( )ノ)
┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨
541
  ,,
 ヾヽヘ    __,.-―- 、
  ヘ .ヘ _,,..-‐'":::::::::::::::::::::::`゙ヽ、
  〉-‐'"/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、 じゃあオレらは ここから
  l.  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   `t/:::::::::::::::::::::,r-.、:::::::::::::::::_,,..、::::::ヽ 東へ向かうからな
  l::::::::::::::::::::::〈.',, r'__,,..-‐'" /;;;;;!:::::::::::ヘ
 .l:::::_,,,...-―'" ̄ メ、 ,ィ';;;;;;;;;;;;;ト.:::::::::::i お前らもがんばれよ!
  〈 ̄Y:::::l`゙゛ヽ、,,,  、,/ !;;;;;;;;;;;;ノl::::::::::::l
 ヽ-,l:::::l  {;;;;;;`ヽ!  `ヽ、_ニ>'  l::::::::::::l
 l::::::lヽ、 `ヽ、/    メ、 /l::::::::::::l
 l::::::ト、`゙゛´    ヌ .l:::::::::::ノ
 /:::::::i'ハ 、   , ィ'、 `゙゛´
 \:::::::l.l.〉r' .l`゙ヽ―=-‐T" 〉' ノヽ、
 ヘ`ヾニ(  'l ,,..-、ヽ,ll 入 ∧ヽ、`゙ヽ、
   【加藤清正】
  i        ___,__......,:::-ー ´ .、 ., i  __彡' Vi
  l   ヽ  / ̄ ` ヽ ノ ヽ{,,彡´  l∧
  |    |. /  _∧    ヘ    /| ヽ 了解したであります
  |    | {_=彡= ̄ }    `ミー '  |   |
 ノ  | ヽ ̄  ノ,    }  r (やっとうるさいのが消えたであります・・・)
   |  `.ー- - 彡'   / i
   |          /    丿
   |          , ィ T T lフ`ー/  /
   ト , ,,,/. ー┴┘´イ` ー '
 \       .| ` ー ≦--- ― .< ´
   【小西行長】
542
          ___ `フ
         __ /         i
                   / │        /
                 / ̄ /          /´
  ___               / ̄ / 咸鏡道  r'´
  /  `ヽ           / ̄      │ 【加藤清正】
 /   )          /            │ _ノ
  _ノ   /   ∧_ 平安道  │   `i
r'´        ノ  _,,.-‐''"~ `'ー-【小西行長】│   r'
   丿  _,,-''´    `i        │  `ー-、
  {_  /                平壌○   │ __. `ー、
   丿  丿                ,ゝ____/ /  ' ,
  r´~ _,./             丿 黄海道    〈         ヽ
       ̄´       { 【黒田長政】 /\_  \
      '-‐'フ  r‐-、_r'ヽ/  \江原道\
       `ー´       `ゝ京畿道 │【島津義弘】
 _,-‐、        漢城◎ │        ',
    i´ `ヽ__,,.-‐''‐-┐         【宇喜多秀家】_     Y
  r'´    丿       く~───r''´  `.─── 〉
-'´   ,r‐、_}      `i 忠清道 │       `i_
     ,,.-‐''"         |【福島正則】│        /
      r'´        `フ────┤慶尚道  _}
 r-、_|        冫      │【毛利輝元】
    i        i´ 全羅道 │  _r-、丿
 r'                       【小早川隆景】 ‐ヽ冫
. r'´                 {_,-,  ,r‐' 、〉
丿               久_{
543
   ┌──────────────┐
   │一番隊には、代わって        │
   │     .....│
   │三番隊の【黒田長政】が合流。   │
   └──────────────┘
   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
   /            \
 /  NY  ヽ
   /    //三三三 ̄\
    .|.        //    \  \ 黄海道の担当だけど
 |       //        \__))
 |   //             | まずは平壌を 落としたほうがいいでしょう
 |____//.  ━━━丶 ソ ━━ |
 ||||||||| __    〈__. |
 |||||||||  ●    ヽ ● 〉  協力して平壌を攻略しましょう
   (⌒、||||  /   |\ |
  ヽ  l||  ( ) /
   |  l|   ⌒ |
 し|   ∠二ニつ  |
   |ヽ  |┴┴┴| /
  | \  | ̄\ / /
  |  \   | Y /
     |   \  く二二つ
  【黒田長政】\__/
       , :: ''" ̄ ̄~ `丶 、
       /★-''",~''" ̄`ヽ、  \
       //: : : :/-ー:、 : : : ヾ、
         //⌒ゝ: : : :i: : : : : `ー-}: :ヽ
   感謝するであります! 〃: :/~: l: : : : \: : : : : :ノ: : : ヽ
       li: :/: : :/: : : : : : :`ー(__): :lヽ
       リノ: : /: : : : : : : : : : : : : : : : : l
      / i ̄: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/
      / ヽ_): : : : :, ァー---,、_;: :ノl
      ̄'ー- _ ヽ: : : : :人/ l  ,/
     : : : : : : : : : :ー-=-' _\ l /‐ヘ
     ―‐-- : :_: : : : : : : : : ̄ヽ_-'ノ
      ヽ  ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄~ 丁 」ヽ【小西行長】
 ┌─────────────────┐
 │一番隊1万8千と三番隊1万1千 ....│
 │       .│
 │合計 約3万が 平壌攻略をめざす      │
 └─────────────────┘
544
 ゙'`'l_ _  宣川   `ー 、 寧辺  .ノ
 ′`゙''广′ ‐ ○       ,'  ○ /
   〉  ..、 ''lゝ、         定州     嘉山ィ′博川 ,,-‐′
   `゙-、 '? "゙‐ 、_  ,,  ○  ○ 〕○  _/′
   r’ ,....「  '''''レt_ ゛ _   n-‐′ _,,/
   `''′  j^? ゙゙゙1 ,,r彳  _..4ニ..r‐'""○安州 _   _―ぃ....-、
    ''廴ノ‐ `   \,,..-''ン" ̄    f"  ̄`
    '冖    ,/   ヽ、
       ┬′ _   丿   、
        しっnl′   ヽ  ゙'、
        〈    `ー    /
        丿    ヽ ,,  ,,..__j′
       _/    _,〃"゙''′
      _ノ゙''-     ''、
       │    ヘ 大同江
      r?          平壌  ___r'"′
      /′         ●广‐'"´
       /   ィメ冖′
                  丿    _ク′凸凸凸
     〈ン   ..rゞ’  凸凸凸
     ノ   ''ヽ、
545
  ┌─────────────┐
  │しかし、着いてみると  .....│
  │        │
  │大同江は かなりの大河で    .│
  │        │
  │簡単には渡れそうもない ....│
  └─────────────┘
        ゝェェェェェェェェノ
        |>  ィ|o_o_o_o_o_o_ト、  |>
     n_n_h_n_n_r|_h_n_n_n_n_r|_n_n_h_n_n_
        |   ____.     ||
        |   | 平  壌 |   ||
        |   l二i二i二i二i二il  ||
        |   |::r' ̄ ̄ ̄ ̄ヽ |  ||
        |   | |::::::::::::::::::::::::::| |  ||
      、、、、、、、、、|   | |::::::::::::::::::::::::::| |  ||、、、、、、、、、、
:⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒
.., ,; .: ,,。,  ::;;, ;ヾ :::…… ::; ;; :::;;,; .: ,,。, ::;;
,,; ヾ::: :; ;;: ;; :::;;   ;; ;;ヾ ;; []):::;; ヾ ..,:: ::;
 :ヾ ;., ;;. .., ,; .: ヾ,,。,     ::;;,  ;; ::; ;;ヾ :::;; ..,:: ::; ;; :::;;
.., ,; .: ,,。,  ::;;, ;;ヾ :::;; ..,:: ::; ;; :::;;,; .: ,,。, ::;;
,,; ヾ::: :; ;;: ;; :::;; ;;ヾ ;; :::;; ..,:: ::; ヾ ;; :
 ??~ ??  ~??? ?~~ ?? ??~ ?
 ~ ?? ~~ ?? ~~ ??~~~  ~~ ??? ~~
? ~~~ ?? ~~ ??~~ ?? ~ ?? ?? ~~~~ ??
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
oO0o(⌒)0o○Oo(⌒)0oO0ooo(⌒)0oO0oo(⌒)o○oO0o(⌒)0o○Oo(⌒)0oO0o
o(⌒)0o○Oo(⌒)0oO0oo(⌒)o○oO0o(⌒)0o○Oo(⌒)0oO0oo(⌒)o○oO0○O
二二二二][二二二二二二二二][二二二二二二二二][二二二二二二二二][二二二
     _, -─‐ - 、
    / _.. -┸-、ヽ
     / /  \::::::::::/⌒ヽ
   /   |━━━-!........|-━ |  ・・・やっかいで ありますな
  / |、  ノ..........、 |、
 /  |....ー-....´..................ー' | |
  / |....ι............................./|
  l i、...........u.....__.......ノ ノ
    `ー- ′`ー-   ⌒ー'`ー'- '′
546
  ┌───────────────────┐
  │そこで【小西行長】は    ....│
  │       ......│
  │例によって例のごとく、またも朝鮮側と  .│
  │       ......│
  │「仮道入明」の 講和交渉してみるが・・・    │
  └───────────────────┘
    _... -‐・‐- ._
   ,   ´  ★ `  、
   / _ -―――――-  _ ヽ.
   /斗"¨ ‐- 、   , ' ´ ̄`ヽミ、 もともと我らは 朝鮮を攻撃するつもりは
        ,"  ,ィニミ. ヽ     /   ,ィ==-.、 ヾ
  /  /:::::::::::::::ヘ i  ,'   /::::::::::::::ヘ  ゝ なかったのであります。
   ハ  ‘:::::::::::::::::ノ  , {   ‘:::::::::::::::::ノ  イヽ
. / i ヽ  `ー一"   /    ヽ. `ー一" γ⌒゙ミヽ、 「仮道入明」に協力するなら
.   / .:! ヽ、  /  \  ,イ   `ヽ. \
 /  .::i `  ̄ ´   ` ¨¨ ´r‐ヽ、    ヽ ヘ 安全を保障するであります
./ .::::.      `ヽ `     }  l
i      .::::::ヽ  ,. -―- .   /:ヽ、  イ /
ヽ    .::::::::::ヽ   _ ‐く, -―-―- `>、 , ′::::i`    !/
 ヽ .::::::::ハ´_    ヽ     /  ` ̄∠ゝ-一 /゙
  ヽ、 _ ;/_/ ` ‐- .._` -=彡_ ..-≦´     /
   ぇ´ , -―ャ",/´  天 ´ `ヽ 厂¨ ‐- . _ ,ノ
   `"    ヽ{ <´  `> } ノ
             ヾ、 レへ、| 才
    ヽ`¨T¨´/"
            ゝ | /
                (__人__)
547
  ┌────────────┐
  │いうまでもなく、失敗する。  .│
  └────────────┘
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
    / ̄ ̄\
  / \ ノ
  |  ( ●)(●) 講和したいんなら、まずは全軍 朝鮮から出てってくださいよ
.  | ノ(  | |
  ,--、 | ⌒    ___´__|,― 、 それに天朝は、ウリナラにとっては父母の国!
   |  | | /__ } | 死んだって、貴国には従えないニダ!
  |  | ヽ  } |
  .\ \ ヽ  ノ /
    ゝ   /
  \  /
   |  |
   |  |
   【李徳馨】
         ___
         /  \
        │  u │
     仕方ありません。  へ-  ─ヾ  │
          ─  ─  ∂ \
     講和は決裂ですな |  し 丶 √ │││
            . | ト-=ヽ │ ││
         \ / │ │
        / ゝ── /ノ  丿
         ( \__ / /│
         【玄蘇(げんそ)】
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
548
朝鮮側からしてもどこと講和の話していいのかも判らんからなあ
549
   _,,. -―――- 、
   , ‐'"   ヽ、
   /,.、    ヽ
  //;...ヽ.、  ★    ヽ  ならば 武力攻撃であります!
    //.ヽ......i....ヽ、   i
 /...l、..ヽ...l../.、...`ー,--:::..._  l 各軍手分けして 船を捜すとともに
  / :::l ヽ;;;jノ.._..../...............ヽ!   !
  l :::::l ノ......._.....l,. -――‐/    l 渡河できそうなポイントを さぐるであります
  ヽ :::ヽ{.........._....ヽ ___ノ.l   l
  ヽ、_:ヽ..........―........)  l   l\
 _ ,二ヾ.l77ヽ、....( !   /7 \
~ `丶(.........ヽlにニ/,,ニ=ー''1、___/ノ  l l
   `ー-、 `ー-;'~ 7......l `ゝ.......√ l l
     ̄丶、 /......l  ̄l....../ l l
    /.......l 、 l...../ l l
    l........l `丶、 .l l
    l........l_  `丶 、
    `ー‐''   `丶、
550
        ゝェェェェェェェェノ
        |>  ィ|o_o_o_o_o_o_ト、  |>
     n_n_h_n_n_r|_h_n_n_n_n_r|_n_n_h_n_n_
        |   ____.     ||
        |   | 平  壌 |   ||
        |   l二i二i二i二i二il  ||
        |   |::r' ̄ ̄ ̄ ̄ヽ |  ||
        |   | |::::::::::::::::::::::::::| |  ||
      、、、、、、、、、|   | |::::::::::::::::::::::::::| |  ||、、、、、、、、、、
:⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒
.., ,; .: ,,。,  ::;;, ;ヾ :::…… ::; ;; :::;;,; .: ,,。, ::;;
,,; ヾ::: :; ;;: ;; :::;;   ;; ;;ヾ ;; []):::;; ヾ ..,:: ::;
 :ヾ ;., ;;. .., ,; .: ヾ,,。,     ::;;,  ;; ::; ;;ヾ :::;; ..,:: ::; ;; :::;;
.., ,; .: ,,。,  ::;;, ;;ヾ :::;; ..,:: ::; ;; :::;;,; .: ,,。, ::;;
,,; ヾ::: :; ;;: ;; :::;; ;;ヾ ;; :::;; ..,:: ::; ヾ ;; :
 ??~ ??  ~??? ?~~ ?? ??~ ?
 ~ ?? ~~ ?? ~~ ??~~~  ~~ ??? ~~
? ~~~ ?? ~~ ??~~ ?? ~ ?? ?? ~~~~ ??
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
oO0o(⌒)0o○Oo(⌒)0oO0ooo(⌒)0oO0oo(⌒)o○oO0o(⌒)0o○Oo(⌒)0oO0o
o(⌒)0o○Oo(⌒)0oO0oo(⌒)o○oO0o(⌒)0o○Oo(⌒)0oO0oo(⌒)o○oO0○O
二二二二][二二二二二二二二][二二二二二二二二][二二二二二二二二][二二二
     ∧,,∧ ∧,,∧ オレアッチ
 ∧∧ (・` ) ( ´・) ∧∧ ┌──────────────┐
 (ω・` ) U )  (  Uノ( ´・ω) .   │で、日本軍は分散して  │
 | U  u-u   u-u (U  ノ.. │          │
 u-u ∧,,∧ ∧,,∧ u-u.    │いろいろ探ってみるのだが・・・ │
   (・ω・`) (´・ω・)     └──────────────┘
   (l  U)  (U ノ オレコッチ
   `u-u'. `u-u'
551
   ┌─────────────┐
   │なかなか船は集まらないし    │
   │        │
   │大同江は、やはり深く  ...│
   │        │
   │簡単に渡れそうにない      │
   └─────────────┘
 ────────────────────
 三 三 三  ∧ ∧タスケテー 三 三 三
 ─ ─ ─ 从( ´Д`)∩从 ─ ─ ─ ─
 二 二 二  从?? ~ 二 二 二 二
   バシャバシャ     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      ___∧ ∧___   < やっぱり深いな
     |\  ( ) ∧ ∧  >──────────
     |  \ | ヽ  ( )< ここもダメか・・・
     从 \(__? | ヽ  \__________
     从  \ (__?
552
 ┌────────────────────┐
 │やっと浅そうなところを見つけても  ...│
 │       ....│
 │そこは朝鮮軍が 必死に守っていて  │
 │       ....│
 │ムリに渡ろうとしても 大損害がでそうである │
 └────────────────────┘
        彡仝   ∧     ∧        ∧
   彡γ´ ̄ ̄`ヽ    |i |    |i |        |i |
 /i/,i  彡| 「ニ李ニ|..        州        州        州
   / ・.彡  ∠くノ;`∀´ > ぜったいに倭賊を 渡らせてはならないニダ!|
 (_、ノ| 彡 ノ__ゞ__ヽ.      ||    ||   ||
 ヽし´彡Ю=ヽ=ゝ     ||   ||   ||
  l     ̄[ | |ノ ].`ヽ、      || ∧ ∧  .||∧ ∧ ||∧ ∧
  ,へ>( | ⊆ゝ .丿)).      ||<`Д´; 三 .||`Д´;> 三 .||`Д´;> 三
  く<ヽ  ゝ >ヽ_,; ヽ_ー、.     ⊂ ⊃ ⊂ ⊃  ⊂ ⊃
 ヽゝく <  //.          ヽ.と_)?  ヽ.と_)? ヽ.と_)?
  ヽゝ   〈 く.              し'   し'   し'
  【李鎰】 ←ボロボロになって なんとか平壌到着
     その後 大同江周辺の防衛にあたる
:⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒
.., ,; .: ,,。,  ::;;, ;ヾ :::…… ::; ;; :::;;,; .: ,,。, ::;;
,,; ヾ::: :; ;;: ;; :::;;   ;; ;;ヾ ;; []):::;; ヾ ..,:: ::;
,,; ヾ::: :; ;;: ;; :::;; ;;ヾ ;; :::;; ..,:: ::; ヾ ;; :
 ??~ ??  ~??? ?~~ ?? ??~ ?
 ~ ?? ~~ ?? ~~ ??~~~  ~~ ??? ~~
? ~~~ ?? ~~ ??~~ ?? ~ ?? ?? ~~~~ ??
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
oO0o(⌒)0o○Oo(⌒)0oO0ooo(⌒)0oO0oo(⌒)o○oO0o(⌒)0o○Oo(⌒)0oO0o
o(⌒)0o○Oo(⌒)0oO0oo(⌒)o○oO0o(⌒)0o○Oo(⌒)0oO0oo(⌒)o○oO0○O
二二二二][二二二二二二二二][二二二二二二二二][二二二二二二二二][二二二
              /  ☆  \
    /  _  -- ‐‐ --  _ \
        / /  _ 三三三三   _ マ、 弱ったでありますな。
.     /  '´    ヽ 三三三 '´  ヽ ゚。
   / ′    ゚ 三三. ′     、 どうしてよいか わからんであります
.        /  { ━━━━ 三三三{ ━━━━. }
      /     ゝ      ノ.三三三.ゝ  ノ八 ヽ
    {                     }
            ゝ U    ノ     /
        ヽ    丶 _..___.._  ,      ′
     ー-  >、  `┴┴´ 。<__ /
      / /二人二マ \
           / /7 ヽ / ゚ \\
.          / / /  //\j  } / /
         / /  {        ノ / /
553
      ┌─────────────────┐
   ,?-,,?-,.        │いっぽう、このとき朝鮮側も     .│
      |_ 平壌 |.          │       .│
  _|_~~~~~~~~.       │平壌城内には 編成もバラバラの       │
  __i .i-.、 __.    │       .│
 rii | i_,! 'ー'l |,_l"'i ト,..... .    │兵3?4千でが居るだけなので・・・ │
_ __.゙| '"   ." |__..  └─────────────────┘
└┘ i.L,r-''"i ̄ ̄i~~゙"i''-.,」_.|_iーi ___
┬─┬ト''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|..|,,__~".''''ーk,,i=i、.rii l"l,,l l.,l"i ト,.
┴┬┴ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー| |_~"'l'''' iー-i-.ニL." ___ ^.」 ←すでに朝鮮国王 逃亡ずみ
┬回┬r''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|~",-、.=、~|~"'l''.ーiー-.|'"|_._|__|~i''i|
┴┬┴ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|~"|;;;|.|;;| .~"|".' ''l -i |r''i"□_| ~!|
┬┴┬r''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|~"|;;;|.|;;|._~'_"|"'l': ri'|i'"|_._|__||''i|
┴┬回ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|~"|;;;|./。!´。! ~!"゙i r |i'"|_._|__|~'i|
    彡仝
    彡γ´ ̄ ̄`ヽ 天軍は、はたして来て下さるニカ?
     彡| 「ニ金ニ| いまの戦力では 守りきれないニダ・・・
  ∧伊∧.     ∠くノ ´Д` >.
 <ヽ`Д´>  く~((二つ)ニ)  ┌────────────┐
  ( ).         ̄ヒ´V`Y            │とても      │
  | | |          ∠二ハ二ゝ.      │      │
  〈_フ__フ.        /_!_!_|.  │篭城戦が できるような ...│
文官【伊斗尋】.      |_|_|.        │      │
    武官【金命元】.   │状況にはなかったりする  .│
         └────────────┘
554
        ゝェェェェェェェェノ
        |>  ィ|o_o_o_o_o_o_ト、  |>
     n_n_h_n_n_r|_h_n_n_n_n_r|_n_n_h_n_n_ <あいつらナメてるニカ!?
        |   ____.     ||.
        |   | 平  壌 |   ||.
        |   l二i二i二i二i二il ┌─────────────┐
        |   |::r' ̄ ̄ ̄ ̄ヽ | │しかしながら       │
        |   | |::::::::::::::::::::::::::| | │        │
      、、、、、、、、、|   | |::::::::::::::::::::::::::| | │そんな平壌城から見える    │
:⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒...│        │
.., ,; .: ,,。,  ::;;, ;ヾ :::…… ::; ;;│日本軍はというと・・・  .....│
,,; ヾ::: :; ;;: ;; :::;;   ;; ;;ヾ ;; └─────────────┘
 :ヾ ;., ;;. .., ,; .: ヾ,,。,     ::;;,  ;; ::; ;;ヾ :::;; ..,:: ::; ;; :::;;
.., ,; .: ,,。,  ::;;, ;;ヾ :::;; ..,:: ::; ;; :::;;,; .: ,,。, ::;;
,,; ヾ::: :; ;;: ;; :::;; ;;ヾ ;; :::;; ..,:: ::; ヾ ;; :
 ??~ ??  ~??? ?~~ ?? ┌─────────────┐
 ~ ?? ~~ ?? ~~ ??~~~  ~~ │意外と数が少ないうえ、 ......│
? ~~~ ?? ~~ ??~~ ?? ~ ?? ?│        │
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::│いかにも だらけてるように │
oO0o(⌒)0o○Oo(⌒)0oO0ooo(⌒)0oO0oo(⌒)o○oO0o(⌒).│        │
o(⌒)0o○Oo(⌒)0oO0oo(⌒)o○oO0o(⌒)0o○Oo(⌒)0oO0.│見えるのだった   ..│
二二二二][二二二二二二二二][二二二二二二二二][二二二 └─────────────┘
   _,,. -_-_:: 、
  //'r,r=,ヽヽ`ヽヽ
   ///ヽ、二ニノ;;;;;;rーヽ!
  l l/ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l /ニll! ,,,,, ∧_∧   、 ,,,,,, ,,,,,,,, ,,,,,
 r-、  l/.. -―、77ヽ、ヽゝソト.. ,,, ( ´∀`)___,,,,___ ,, ∧_∧ マターリモナー ____,,
 l  ヽ  ヽ ::::::::::`'ー'-l;;;;; ̄//!     / ̄ ( つ日ヽ   ∧_∧   ( )     /
  l L.. -ヽ、::::::::::::::::_! /'ノ. /  (__))  (´∀` ) ( )   ∧_∧∧_∧ /
  ヽ_,,..-,./ :::::::r-/ }ニ-'" ∧_∧∧_∧ドーゾ (日ノ ) | | |  ( ´∀`) ´∀`)マターリモナー
 /' ,r,ニヽ.lΥ  /.     ( ´∀`) ´∀`) ((__)  (_(_) (○)⊂  ) つ日⊂ )
  //  ヽニノlヽ! /     ―(つ⊂  ) つ⊂ )―――――――――――ヽ|〃(⌒)(⌒) (⌒)(⌒)
 l 〈  /l ヽノ             (⌒)(⌒) (⌒)(⌒)
 【宗義智】    .┌─────────────────────┐
   │このとき 日本軍は分散しており   ..│
   │        ..│
   │平壌城前に陣取っていたのは、対馬勢である ....│
   └─────────────────────┘
555
       \∧_ヘ    ┌───────────────────┐
 ,,、,、,,, / \対ノゝ   ,,、,、,,,.    │はっきりいって対馬勢は    │
  /三√´д`)   ,,、,、,,,          │       ......│
   /三/| ゚U゚| \  ,,、,、,,,    │戦国乱世を ほとんど経験していないので    │
 ,,、,、,,, U (:::::::::::)∪ ,,、,、,,,       │       ......│
     //三/|三|\ ,,,, ,,、,、,,,  │軍としての緊張感が なかったのだ     │
  ∪  ∪            └───────────────────┘
    r‐‐00
     く,勹| ⊆⊇、 に二二l  ○ ○
     く_ノ.   `フ_厂
 (\対/)         (\対/)
 ( ´Д)          ( ´Д)
 /  つ  (\_/) (\馬/)ノ⌒ヽ、 (\馬/) /  つ (\馬/)ノ⌒ヽ、
 (_(__つ⊂(´Д`⊂⌒`つ(´Д` )_人__) ))⊂(´Д`⊂⌒`つ(_(__つ(´Д` )_人__) ))
556
 ┌────────────┐
 │と、これを見た【金命元】は.....│
 │      │
 │夜襲を命じる。   │
 └────────────┘
 彡仝
 彡γ´ ̄ ̄`ヽ
  彡| 「ニ金ニ| 賊の数は多くないうえ 油断している!
    ∠くノ ´Д` > 夜襲をかけて 打ち破るニダ
 く~((二つ)ニ)
     ̄ヒ´V`Y    ∧_∧
      ∠二ハ二ゝ     <∀´ゝ〉> ニダァ!
      /_!_!_|.        / y(⌒と)
      |_|_|          し( ヾ  〉
  【金命元】  【高彦伯】
557
  ┌─────────────┐
  │6月13日夜、朝鮮軍は  .│
  │        │
  │こっそりと船で対岸に渡り  │
  └─────────────┘
    ┌───────────────┐
    │深夜0時に 夜襲をかけようと .│
    │      ...│
    │するのだが・・・             │
    └───────────────┘
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝェェェェェェェェノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|>  ィ|o_o_o_o_o_o_ト、  |>::::::::::::::::::::::☆:::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::n_n_h_n_n_r|_h_n_n_n_n_r|_n_n_h_n_n_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::☆:::::::::::::::::::::::::::::::::::|   ____.     ||::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|   | 平  壌 |   ||::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|   l二i二i二i二i二il  ||::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|   |::r' ̄ ̄ ̄ ̄ヽ |  ||::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|   | |::::::::::::::::::::::::::| |  ||::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::、、、、、、、、、|   | |::::::::::::::::::::::::::| |  ||、、、、、、、、、、
:⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒
.., ,; .: ,,。,  ::;;, ;ヾ :::…… ::; ;; :::;;,; .: ,,。, ::;;
,,; ヾ::: :; ;;: ;; :::;;   ;; ;;ヾ ;; []):::;; ヾ ..,:: ::;
 :ヾ ;., ;;. .., ,; .: ヾ,,。,     ::;;,  ;; ::; ;;ヾ :::;; ..,:: ::; ;; :::;;
.., ,; .: ,,。,  ::;;, ;;...∧∧ ∧∧ ∧∧   . :::;;,; .: ,,。, ::;;
,,; ヾ::: :; ;;:...._  <`∀´> <`∀´>..<`∀´>:::;; ..,:: ::; ヾ ;; :
 ??~ ??.  \ヽ (|   |) . (|   |).....(|   |)...ヽ...  ??~ ?
 ~ ?? ~~  \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ ~~ ??? ~~
? ~~~ ?? ~~.... ?`~~~?~^?´?~~?~^´?.    ?? ~~~~ ??
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
oO0o(⌒)0o○Oo(⌒)0oO0ooo(⌒)0oO0oo(⌒)o○oO0o(⌒)0o○Oo(⌒)0oO0o
o(⌒)0o○Oo(⌒)0oO0oo(⌒)o○oO0o(⌒)0o○Oo(⌒)0oO0oo(⌒)o○oO0○O
二二二二][二二二二二二二二][二二二二二二二二][二二二二二二二二][二二二
558
  ┌──────────┐
  │実際には  ...│
  │    ..│
  │予想外に手間取り .....│
  └──────────┘
             /
          ”  ー - ,. ,
      / ̄ ̄ ̄ ̄\      /o  \
                   /∨∨∨∨∨∨\  ‐- / /__/ o    ゙,  __
     /             \  |    //        /
    /     .\.  , \         ,/ 、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄三三三三三三三三三三三三三 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    =三三三三三三三三三三三三=
           ~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~
  ∧_,,∧ アイゴーーー !!!
  〃,< ∩Д´>   ┌─────────────┐
   /(_.ノ ィ \.          │深夜0時に攻撃のはずが、  │
 ⊂こ_)_)`ヽ.つ          │        │
               │夜が明けてしまった。  │
               └─────────────┘
559
   ┌──────────────┐
   │ところが、それでも日本軍は .│
   │     .....│
   │気づかず寝てやがった   │
   └──────────────┘
 |
 |
 |::::∧:::::::::::::::::::      ぐ?ぐ?    zzzzz
 |`∀´>ニダ?リ          <⌒/ヽ-、___   <⌒/ヽ-、___
  ⊂::::ノ::::::::::::     <⌒/ヽ-、___/.         <⌒/ヽ-、___/
 |::y::::::::::::                  <⌒/ヽ-、___/.         <⌒/ヽ-、___/
 |:::)::::::      <⌒/ヽ-、___/.         <⌒/ヽ-、___/
 |:::::::             <⌒/ヽ-、___/.         <⌒/ヽ-、___/
 |:::::             <⌒/ヽ-、___/.         <⌒/ヽ-、___/
    /<_/____/.     /<_/____/
    ┌───────────┐
    │対馬勢はどんだけ ...│
    │    │
    │油断しとるんじゃボケ    .│
    └───────────┘
560
 ┌─────────────┐
 │そこで 夜襲部隊あらため  │
 │        │
 │奇襲部隊は                │
 └─────────────┘
  / /  ,  / /   /  /
   / , /  /  .,  /  /
 / / ./シュピ /  ./
シュピ ./ /    /  シュピ
_  /  . _  ._ /  _ ,  _
. \ .   . \ .    \ .  .   / .   . \ .
._   . _  ._   /    ,_  ,
. \ .   . \ .    \ . /  \  / \ /
∧∧ \  ∧∧ \  ∧∧ .\  ∧∧ .\./  ∧∧\ ウリたちを甘く見すぎニダ!
 `∀> つ. < `∀> つ  < `∀> つ. < `∀>/つ. < `∀>/つ..
つ .| . \  (つ .| . \ (つ .| . \  (つ./  \  .(つ./ \
  .|_ . \ |  |_ . \|  |_ . \|  |_ \|  |_  \
 )    )   | )   )  | )
、_ノヽ ⊃ 、_ノヽ ⊃ 、_ノヽ ⊃  ヽ ⊃  、_ノヽ ⊃
   ┌─────────────────┐
   │いっせいに弓を引き、矢の雨を    │
   │       .│
   │日本軍陣営に 打ちかけたのだった .....│
   └─────────────────┘
 ヽ 、    丶\ 丶ヽ ヽ 、  ヽ\ 丶
 ヽ \ 丶 \ \  \   \ ヽ
  \ \ \ 丶  \丶 \ \ ∧,,∧ エッ?エッ?
   \  、  \ \.  \    \  \ (; ´゚ω゚)何が起こったの!?
 \ ⊂_⊂二二(。ω。)     \ ∧ ∧   /  o
 \  ∨∨ ⊂_⊂二二( ;ω;)つ::.:  しー-J
    \ \   \       \ \
 \ \      \           ゙ \
\  ∧ ∧ \ \  (・ω・`;)ガハ! \
 ⊂(゚ω゚ )二二⊃二⊃ \|\ ⊂)      \
  \     \      し--J  \ \ \    \
561
  ┌──────────────┐
  │この攻撃によって    .│
  │     .....│
  │対馬勢は大混乱になり・・・ .│
  └──────────────┘
 ∧∧      ,.イ  ∧∧      ,.イ  ∧∧      ,.イ
 _< `∀´>  / |.. _< `∀´>  / |.. _< `∀´>  / |
 (. `>‐、ノ、/  |..... (. `>‐、ノ、/  |.....(. `>‐、ノ、/  |
 `T^ーヘ/、     l     `T^ーヘ/、     l..... `T^ーヘ/、     l
 | / \ヽ   /.      | / \ヽ   /.     | / \ヽ   /
 、z.;∠ー--}`\∠.. 、z.;∠ー--}`\∠.. 、z.;∠ー--}`\∠
 /| |.  / /゙\.  /| |.  / /゙\.  /| |.  / /゙\
 _'ニL._!,. イ-┘.    _'ニL._!,. イ-┘.    _'ニL._!,. イ-┘
    ┌─────────────┐
,,?    │名のある武将も   .│
'\   ヒュン │        │
.  \,.           │数多く戦死するのだった .│\,
    └─────────────┘
    ,,?    \,ヒュン
          '\  ヒュン    ,,?
     \,    ,,?  '\
   ,,?            '\   \,
  '\/対\  /馬\  \,  /対\
  ,,,__( ・Д∴;;.  ( ゚Д゚ iil)    ,,?(;・∀T)
  と(  .;' と) / つ_つ   ,,? '\/ つ_つ
  ノ     )  人  Y  /馬\/'  人  Y
  (,_,ノ(,_,ノ  し'(_) ⊂⌒(llii;Д;)⊃ し'(_)
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∪ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ┌───────────┐
    │奇襲は大成功と    .│
    │    │
    │思われたのだが・・・ ...│
    └───────────┘
562
       ┌─────────────────┐
   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\       │しかし、たちまち近くから   │
   /            \     │       .│
 /  NY  ヽ  │黒田長政が リリーフに駆けつけると │
   /    //三三三 ̄\.      │       .│
    .|.    ┛┗ /    \  \.    │形勢は逆転してしまう    .│
 |      ┓┏          \__)).. └─────────────────┘
 |   //             |
 |____//.  ━━━丶 ソ ━━ | 先発のオレが
 ||||||||| __    〈__. |  火消しにきてやったぜ!
 |||||||||  ●    ヽ ● 〉
   (⌒、||||  /   |\ |
  ヽ  l||  ( ) /
   |  l|   ⌒ |
 し|   ∠二ニつ  |                   / | / |
   |ヽ  |┴┴┴| /                  /,_ ┴─/ ヽ アイゴー!
  | \  | ̄\ / /    (_゜.,》.'(_゜,》)ミ ヽ 倭賊の別働隊が居たニダ
  |  \   | Y /        / ,,__,ニ、、 ノ( \
     |   \  く二二つ              ヽ Y~~/~y} `, ~ /
 【黒田長政】 \__/                    | ,k.,.,!,.,.,r| ,!  く
           / <ニニニ'ノ    \
563
┌───────────────┐    //
│朝鮮軍は あわてて     .│                、/ /
│      ...│                  / `
│大同江に引き返すのだが・・・ ....│ |\    / ┣¨┣¨┣¨┣¨
└───────────────┘ ....`>.く  /●\∩
    ∧    ∧    \ (Д・´# ソ,,,、三ニ=―┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨
    |i |    |i |         ∩/●\  '''' <ニ||― r-/●\―――
              州 州          `(Д・´#),,,、三ニ=― ヽ(Д・´# ),,,、三ニ=―
   ∧__,∧ .?    .?撤収!撤収!.<ニ||― r-/●\―――
  <゚Д゚ ;>?∧__,∧? 大同江に          ヽ(Д・´# ),,,、三ニ=―┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨
 ∧__,∧ ⊂  <;´Д` > ∧__,∧引き返すニダ! <ニ||― ∩――∩――― '''''''''´´´´´
  <`Д´;|>⊃ ⊂_ ⊂ 丶<´Д` ,>    `(Д・´#ソ,,,、三ニ=―
 ゝ / (´⌒;;;Y ソ と_ ⊂ノ(´⌒;;; ,.")⌒ヽ;    '''''''''<ニ||― r-/●\―――
 し Y 人 (´⌒;;;∧__, (_)Y 人ヽ≡≡(´⌒;;;,.")⌒ヽ;   ヽ(Д・´# ),,,、三ニ=―
  (_<《━━⊂<゚Д゚ ;> (_) ソ ≡(´⌒;;;,.")⌒ヽ;
 ┌────────────────┐
 │河原に着いてみると、船がない。 ..│
 └────────────────┘
  / | / |.          / | / |.          / | / |
      /,_ ┴─/ ヽ  /,_ ┴─/ ヽ  /,_ ┴─/ ヽ
 (_゜.,》.'(_゜,》)ミ ヽ.       (_゜.,》.'(_゜,》)ミ ヽ.       (_゜.,》.'(_゜,》)ミ ヽ ウリたちが乗ってきた
 / ,,__,ニ、、 ノ( \.. / ,,__,ニ、、 ノ( \.. / ,,__,ニ、、 ノ( \ 船がないニダ!
  ヽ Y~~/~y} `, ~ /  ヽ Y~~/~y} `, ~ /  ヽ Y~~/~y} `, ~ /
    | ,k.,.,!,.,.,r| ,!  く.  | ,k.,.,!,.,.,r| ,!  く.  | ,k.,.,!,.,.,r| ,!  く
  / <ニニニ'ノ    \. / <ニニニ'ノ    \. / <ニニニ'ノ    \
564
  ┌──────────────────┐
  │というのも、日本軍にビビッた船頭が │
  │         .│
  │待ちきれずに 船を出しちゃったんである ...│
  └──────────────────┘
:⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒
.., ,; .: ,,。,  ::;;, ;ヾ.∧_∧ ??:.  ;; :::;;,; .: ,,。, :
,,; ヾ::: :; ;;: ;;...< ;`Д´/}....;; ;;ヾ ;; :::;; ヾ ..,:: ::
 :ヾ ;., ;;. .., ,; .: ヾ,,。, __( つ /0_______.;; ..,:: ::; ;; :
.., ,; .: ,,。,  ::;;,......|二二二二//二二二二二二二二|:.;,; .: ,,。, ::;;
.., ,; .: ,,。, :;;(((  \二二ニ//ニ二二二二二二二/: :. .: ,,。, ::;;
,,; ヾ::: :; ;;:.   ~~~~ ̄{/~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~~~:::;; ヾ ..,:: ::;
 :ヾ ;., ;;. .., ,; .: ヾ,,。,     ::;;,  ;; ::; ;;ヾ :::;; ..,:: ::; ;; :::;;
.., ,; .: ,,。,  ::;;, ;;ヾ :::;; ..,:: ::; ;; :::;;,; .: ,,。, ::;;
,,; ヾ::: :; ;;: ;; :::;; ;;ヾ ;; :::;; ..,:: ::; ヾ ;; :
 ??~ ??  ~??? ?~~ ?? ??~ ?
 ~ ?? ~~ ?? ~~ ??~~~  ~~ ??? ~~
? ~~~ ?? ~~ ??~~ ?? ~ ?? ?? ~~~~ ??
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
oO0o(⌒)0o○Oo(⌒)0oO0ooo(⌒)0oO0oo(⌒)o○oO0o(⌒)0o○Oo(⌒)0oO0o
o(⌒)0o○Oo(⌒)0oO0oo(⌒)o○oO0o(⌒)0o○Oo(⌒)0oO0oo(⌒)o○oO0○O
二二二二][二二二二二二二二][二二二二二二二二][二二二二二二二二][二二二
   ∩∧,_∧  ≡=?  ∧_,∧∩
   ミ<`Д´;> ≡=? < ;`Д´>  おろおろ・・・
   ミ⊃ ⊃ ?=≡ ⊂  ⊂彡
     (⌒ __)っ ?=≡  ( ⌒)  おろおろ・・・
    し'   c し'
    ∧_∧
         (ヽ( )ノ)  ∧_∧      ∧_∧
       ヽ ̄ l  ̄ ./ (ヽ( )ノ)  ∧_∧ (ヽ( )ノ)
  ∧_∧   | . .  |      ヽ ̄ l  ̄ ./  (ヽ( )ノ) ヽ ̄ l  ̄ ./
 (ヽ( )ノ)(___人__ )   | . .   | /⌒ヽ ヽ ̄ l  ̄ ./  | . .   |
  ヽ ̄ l  ̄ ./  ; 丿 し  ( _,;*;,__ (ヽ( )ノ) | . .   | (___人__ )
 ∧|_∧  |    ∪  ∪  ; 丿 ヽ ̄ ∧_∧ (___人__ )  ∧_∧
 (ヽ( )ノ)    ∧_∧  ∪  (ヽ( )ノ)丿 し (ヽ( )ノ)
  ヽ ̄ l  ̄ ./ (ヽ(::::::::::::::::)ノ) ∧_∧ ヽ ̄ l  ̄ ./∪  ヽ ̄ l  ̄ ./
  | . .   |    ヽ:: ̄ー ̄./ (ヽ( )ノ) | . .   |  ∧_∧ |
 (___人__ ) ∧_∧::::::|:::::::::|  ヽ ̄ l  ̄ / ( _,;*;,__ ) /⌒ヽヽ(::::::::::::::::)ノ) ←黒田軍
  ; 丿 し (ヽ( )ノ) ::::::::) | . .   | ∪  ; 丿(ヽ( )ノ) ー ̄./
 ∪  ヽ ̄ l  ̄ ./ ; 丿 (___人__ ) ∪ ヽ ̄ l  ̄ ./::::::|:::::::::|  ∧_∧
    | . .  | ∪  ; 丿 し   | . .   | (:::::人:::::::(ヽ( )ノ)
┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨
565
 ┌──────────────┐
 │追いつめられた朝鮮軍は    │
 │     .....│
 │大同江に飛び込み・・・   .│
 └──────────────┘
   '⌒ヽ⌒⌒) つ
   ⊂ ヽヽ| |/ / ドボン!!
   ⊂。  )  っつ
   ヾヽ ///
 ̄ ̄三三二≡三≡(( | || |||))≡三二三三 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  三二三ヾ==ソ≡二三三
   。゚o。゚o 。゚o
  /l/l 。o。゚o ノノノ
  <`Д´;⊂_三。゚o
   ゚。゚゚o
  ┌──────────────┐
  │その多くが 溺死するのだった  │
  └──────────────┘
 ────────────────────
 三 三 三  ∧ ∧ 三  ∧ ∧アイゴー
 ─ ─ ─ 从<TДT>∩从.<TДT>∩  ─ ─
 二 二 二  从?? ~..... 从?? ~ ..二 二
   バシャバシャ.. バシャバシャ        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      ___∧ ∧___   < そりゃまあ・・・
     |\  ( ) ∧ ∧  >──────────
     |  \ | ヽ  ( )< 溺れ死ぬわな。
     从 \(__? | ヽ  \__________
     从  \ (__?
566
  ┌──────────────┐
  │しかし、中にはうまいこと  ..│
  │     .....│
  │歩いて江を渡ることに成功し    .│
  └──────────────┘
        ゝェェェェェェェェノ
        |>  ィ|o_o_o_o_o_o_ト、  |>
     n_n_h_n_n_r|_h_n_n_n_n_r|_n_n_h_n_n_
        |   ____.     ||
        |   | 平  壌 |   ||
        |   l二i二i二i二i二il  ||
   n ∧_∧ n  |::r' ̄ ̄ ̄ ̄ヽ |  ||
  (ヨ<丶`∀´>E     | |::::::::::::::::::::::::::| |  ||
      、、、、..Y   Y  .| |::::::::::::::::::::::::::| |  ||、、、、、、、、、、
:⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒
.., ,; .: ,,。,  ::;;, ;ヾ :::…… ::; ┌───────────┐
,,; ヾ::: :; ;;: ;; :::;;   ;; ;;..│無事生還できた者も ......│
 :ヾ ;., ;;. .,.....∧_∧~,。,     ::;;,  ;; ::;  │    │
.., ,; .:... (ヽく >ノ)......;;ヾ :::;; ..,:: ::; │居たのである  ...│
,,; ヾ:::...ヽ ̄ l  ̄ ./ ....;; :::;; ;;ヾ ;.└───────────┘.:
 ??~  | . .  |  .~??? ?~~ ?? ?;;ヾ ;;    ?
 ~ ?? )?? バチャバチャ~ ??~~~  ~~ ??? ~~ . ?~~
? ~~~.... ;し.~ ??~~ ?? ~ ?? ?? ~~~~. ~~ ?
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
oO0o(⌒)0o○Oo(⌒)0oO0ooo(⌒)0oO0oo(⌒)o○oO0o(⌒)0o○Oo(⌒)0oO0o
o(⌒)0o○Oo(⌒)0oO0oo(⌒)o○oO0o(⌒)0o○Oo(⌒)0oO0oo(⌒)o○oO0○O
二二二二][二二二二二二二二][二二二二二二二二][二二二二二二二二][二二二
567
   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
   /    \
 /  は げ   ヽ
   /    //三三三 ̄\ エッ!?歩いて?
    .|.        //    \  \
 |       //        \__)) 歩いて!?!?
 |   //             |
 |____//.  ━━━丶 ソ ━━ |   てことは・・・
 ||||||||| __    〈__. |
 |||||||||  ◎    ヽ ◎ 〉
   (⌒、||||  /   |\ | ┌─────────────────┐
  ヽ  l||  ( ) /  │じつは、ここしばらく雨が降らず    │
   |  l|   ⌒ |       │       .│
 し|   ∠二ニつ  |.  │大同江は 場所によっては   │
   |ヽ  |┴┴┴| /    │       .│
  | \  | ̄\ / /.      │歩けるほど浅くなっていたのだった ...│
  |  \   | Y /.         └─────────────────┘
     |   \  く二二つ
  【黒田長政】\__/
  ________ ノ`-、_,-一ー- ,_ _____________
      _)  r'´ ,____ `★、
    ___ /^'~/フ´,r--、`、``'ヽ、`、 l i /, あそこからだったら、歩いて
   ━━━━/ .}i  {;;;;;;;;;;} .}:::u::r´`}、i|州|i/ム'_ 渡れるんでありますか!
  ┏┓  ┏━━┓  / U ,!{  ゝ;__ノ ,ノ:::::::{ r^ヽ}` "=三__   ┏━┓
┏┛┗┓┃┏┓┃ /  i::::゙ミ、___,,ノ::::u::::! !;;;;} !,  、ミミ、、   ┃  ┃
┗┓┏┛┃┗┛┃┏━,/  ,!i_j:::::::::::::::::::::::::::::::`、`´ノ`、'ミミ、,━━━━┓┃  ┃
┏┛┗┓┃┏┓┃┃ /  ,!:::::::u::::U:::::__:::::::::::::`´!  i` `'   ┃┃  ┃
┗┓┏┛┗┛┃┃┗・{  メ-一ー-ー'T´  `>、:::::;ノ |━━━━━━┛┗━┛
  ┃┃     ┃┃ _`、 ノ `>、, `ー--'´ _,,>. v. .|_______   ┏━┓
  ┗┛  ──┗┛ ── '`-''´,r' ̄;r'/`ー-、__,,-'´ _ノ _,ノ─────    ┗━┛
────────────/::::::/ / __ノヽ_`ト=ニ-一''´──────
568
 ┌────────────────────┐
 │これを見た日本軍は    ..│
 │       ....│
 │喜んで この日のうちに大同江を渡り     .│
 │       ....│
 │橋頭堡を確保するのである           .│
 └────────────────────┘
  * +   巛 ヽ *   巛 ヽ * 巛 ヽ
   〒 !  〒 !  〒 !
   + 。  |  |  + 。  |  |   + 。  |  |
 *   +  / /   +  / / *  +  / /
   ∧_∧ / /  ∧_∧ / / ∧_∧ / /
  (´∀` / / (´∀` / / +(´∀`  / /
  ,-   f   ,-    f  ,-   f
   / ュヘ    .|  / ュヘ    |   / ュヘ      |
  〈_} ) |  〈_} ) | 〈_} )     |
   / !    / ! + 。  / !
   ./ ,ヘ  |    ./ ,ヘ  |   / ,ヘ  |
  ||| j / |  | ||| j / |  |||| || j / |  |
     〈    `ー    /
     丿    ヽ ,,  ,,..__j′
    _/    _,〃"゙''′
   _ノ゙''-     ''、
    │    ヘ 大同江
   r?          平壌  ___r'"′
   /′       凸●广‐'"´
    /   ィメ冖′
            丿    _ク′凸凸凸
  〈ン   ..rゞ’  凸凸
569
  ┌──────────────┐
  │というわけで   ...│
  │     .....│
  │うまくいきかけた奇襲は・・・    │
  └──────────────┘
  ∧  ∧     ∧  ∧    ∧  ∧
 / ゙、__/ ゙、    / ゙、__/ ゙、    / ゙、__/ ゙、
  / \ / \.          / \ / \.          / \ / \
 /  |---|  \.         /  |---|  \.. /  |---|  \
  \   ゝ'゚  ≦ 三 ゚。 ゚   \   ゝ'゚  ≦ 三 ゚。. \   ゝ'゚  ≦ 三 ゚。 ゚
 \ . 。≧  三 ==-.  \ . 。≧  三 ==-.  \ . 。≧  三 ==-
 / . -ァ,  ≧=- 。.. ━━┓┃┃        .≧=- 。.. / . -ァ,  ≧=- 。
      イレ,、  >三 。゚ ・. ┃ ━━━━━━━━...。゚ ・.  イレ,、  >三 。゚ ・
      ≦`Vヾ     ヾ ≧.  ┃    ┃┃┃ ≦`Vヾ  ヾ ≧
      。゚ /。・イハ 、、   `ミ 。 ゚ 。 ・  。゚ /。・イハ 、、 `ミ 。 ゚...┛ 。゚ /。・イハ 、、 `ミ 。 ゚ 。 ・
    ┌──────────────────┐
    │かえって朝鮮側にとって    .│
    │         .│
    │痛恨の大失敗となってしまったのだ!  │
    └──────────────────┘
570
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
  ┌────────────┐
  │ちょうどこの日、明軍が .....│
  │      │
  │中朝国境に到着し  .│
  └────────────┘
    ┌──────────────────┐
    │20日には 先発隊1千騎が    .│
    │         .│
    │平壌に入城する はずだったから・・・ .│
    └──────────────────┘
      /、.、/'″::::::::::::::::\
    ´::::::::::::  :::::::\
   /  .、 ::::::::ヽ ┌─────────────┐
    _r'′  ,,/ :::::::::\..│結果から見ると   ..│..:''''"~ ̄~`'''-、__,,....;:''''"~:''''"~
   ._/   .´      .゙'' │        │
..;:''''"~ ̄~`'' ./   ::::::::::::::::ヽ......│いらん事 したもんである。    .│ ̄~`''
   _,/′ ::::::::::::::::              └─────────────┘
  .,,,/ヽ  ,/'  __ ┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨
  ″  (⌒(⌒ (⌒;;(⌒?  (⌒;;_(⌒≡ . __             __   ≡⌒)_;;⌒)//⌒);;⌒) ⌒)⌒)
  .(⌒;; (⌒  (⌒;; (⌒ (⌒;;(⌒ヽヽ(⌒;;(⌒.?   __          __  // ⌒);;⌒)//⌒);;⌒) ⌒) ;;⌒)  ⌒) ;;⌒)
 (⌒;;(⌒(⌒;;(⌒;;;;  (⌒; ;(⌒ ;;(⌒;;(⌒;;;;≡≡?  ?    // //≡≡;;;;⌒);;⌒);; ⌒); ;⌒) ;;;;⌒);;⌒)⌒);;
'゛゛゛'''''゛゛゛''゛゛゛''''゛''゛゛''''゛゛''゛゛゛'''''゛´''゛'''''゛゛゛''゛゛゛''''゛':'''''゛゛゛"""''"""''''':'"''''"""''"""'''''"''`"'''''"""''""''''""''"''''"""''""
    ┌────────────────┐ .....''''"""''"""''' """
    │援軍要請の遅れが   ......│
    │      .│
    │ギリギリのタイミングで    .│ ※夜襲を1日遅らしてたら、たぶん
    │      .│ 明軍出兵の情報が平壌にも届いてたはず
    │致命傷となってしまった のだった .....│
    └────────────────┘
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
571
     ┌──────────────┐
     │けっきょく明軍は間に合わず ....│
     └──────────────┘
  ,/ ゛゛゛゛゛'''.?=!,,__..i!n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_nn_n_n_n_n_n_n_nn_n_nn_n_i! .!,,?' ゛ ̄ ̄"ヽ、
 .i  i i: : : : i: : :i!: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : i!/l  i l::
 i  i i: : : : i: : : i!: : :    _________     i! l  i  .l::
  .i  i i: : : : i: : : i!: :: :   l/'´"  ^`゛`ヽ    i! l  .i  .l::
  i .i i: : : : .i: : : i!: : :   .:''´    ^,  .i! l  .i  l::
 i  i i: : : : .i: : : i!: : :    ,'    ',  i! l  .i . l::
  .i .i .i: : : : .i:: : .i!: : :    ,'  |゙ ̄ ̄ ̄'゙|  ',  i! l  .i  .l::
 .i  i .i: : : : .i: : : i!: : :.    彡仝  .|γ´.⌒ `,.| |    i!  l  .i  .l:::
 i .i  i: : : : .i: : : i!: : :  彡γ´ ̄ ̄`ヽ    |.| l ̄l .|  i! .l i  .l::::
  .i  i i: : : : . i: : : i!: : :  彡| 「ニ金ニ| ....|.| l_l  |  ∧ ∧  ∧ ∧  ∧ ∧ ∧ ∧ ∧ ∧
 .i  i .i: : : : ∧伊∧.     ∠くノ TДT>. ..|.| , -.くlili`Д´>く; `Д´> く; `Д´>くlili`Д´> く; `Д´>
    < TДT>  く~((二つ)ニ)             / つ_つ / つ_つ  / つ_つ / つ_つ / つ_つ
     ( ).         ̄ヒ´V`Y        .人  Y  人  Y  人  Y  人  Y  人  Y
     | | |          ∠二ハ二ゝ          .し'(_) し'(_) し'(_) し'(_) し'(_)
     〈_フ__フ.        /_!_!_|
   文官【伊斗尋】.      |_|_|  ┌─────────────────┐
        武官【金命元】.    │守りきれないと判断した【伊斗尋】は ....│
               │       .│
               │この夜 兵と城民を逃がし、   │
               │       .│
               │自分も落ち延びたのだった  .....│
               └─────────────────┘
572
  *    ┼  ┌────────────────┐
   ,?-,?-,?-,.         │そして     ..│
 十   |_平壌陥落 |  + + + │      .│
  _|_~~~~~~~~      ┼ │翌15日、日本軍はカラになった │
  __i .i-.、 __ +    │      .│
 rii | i_,! 'ー'l |,_l"'i ト, *   │平壌に無血入城するのであった    │
_ __.゙| '"   ." |__  +.  └────────────────┘
└┘ i.L,r-''"i ̄ ̄i~~゙"i''-.,」_.|_iーi ___
┬─┬ト''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|..|,,__~".''''ーk,,i=i、.rii l"l,,l l.,l"i ト,.
┴┬┴ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー| |_~"'l'''' iー-i-.ニL." ___ ^.」
┬回┬r''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|~",-、.=、~|~"'l''.ーiー-.|'"|_._|__|~i''i| ┼
┴┬┴ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|~"|;;;|.|;;| .~"|".' ''l -i |r''i"□_| ~!|
┬┴┬r''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|~"|;;;|.|;;|._~'_"|"'l': ri'|i'"|_._|__||''i|
┴┬回ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|~"|;;;|./。!´。! ~!"゙i r |i'"|_._|__|~'i|
┬┴┬r''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|~"|//|/| | ~ (|i' |_._|__|~''i|
┴┬┴ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー| |_~"'l'''' iー-i-.ニL..|" ___ ^|
573
  ┌───────────────┐
  │おまけに、朝鮮側が       .│
  │      ...│
  │必死に かき集めた兵糧は・・・ ..│
  └───────────────┘
      ,ィミ川彡三ヾ三\    ,ィミ川彡三ヾ三\
        {三{※}三}三ll三 }         {三{※}三}三ll三 }
     _ヽ彡川ミノ三レ勿/__       _ヽ彡川ミノ三レ勿/__
    ,ィミ川彡三ィミ川彡三ヾ三\   ,ィミ川彡三ィミ川彡三ヾ三\   ,ィミ
   {三{※}三{三{※}三}三ll 三}    {三{※}三{三{※}三}三ll 三}  {三
 __ヽ彡川ミノヽ彡川ミノ三レ勿/__    __ヽ彡川ミノヽ彡川ミノ三レ勿/__  ヽ彡
\ ,ィミ川彡ヾィミ川彡ヾ,ィミ川彡三ヾ三\,ィミ川彡ヾィミ川彡ヾ,ィミ川彡三ヾ三\ ィミ川彡ヾ
三}{三{※}三{三{※}三{三{※}三}三ll三}{三{※}三{三{※}三{三{※}三}三ll三}{三{※}三
 / ヽ彡川ミノヽ彡川ミノヽ彡川ミノ三レ勿/ ヽ彡川ミノヽ彡川ミノヽ彡川ミノ三レ勿/ .ヽ彡川ミノ
   ,. - ★ー‐- .、
       , '', -‐'''''''''':;-ー- 、ヽ    ┌───────────────┐
   , '/,ニ、i:::::::::l'⌒ヽ、::ヾ:\.          │またしても ぜ?んぶ     ..│
 ,r、  //::/::::::::/:::::::::ヽ、::::::`ー}::i''\.        │      ...│
  {:::::\ ./l!ノ:::::::/::::::::::::::::`ーr‐イ::::i \. │日本軍の手に 落ちたのである。 .│
 ヽ::::::\ _j l::て~ア:::::::::::::::::::::::::::::) )::l  \    └───────────────┘
  \:::::\ l::} }:::::::::::/ ̄\:::::( (::/  ノ
 ,/`丶、`ヾ、 {:::::/ト⌒⌒il `ー-ィ、  _,,.-''
 ヽ、_,,`ゝ、::`ヾ、 、li_jl , _,/  `''''"   やったであります!一番隊の兵糧
    `丶、`ーゝニノl`丶、
     `i l _ハ__ il`ヽ、`ヽ、  1年分くらい 手に入ったであります!!!
     .l::i ゝ  マ il,,/::::/
     l::! ' へ! lく_r'
    〈:::ヽ----''::ノ
         /:::;;ゝ--:ィ;::::ヽ
   /::/ \:::ヽ 【小西行長】
574
 ┌──────────────┐
 │逆に、かきあつめた兵糧を ....│
 │     .....│
 │根こそぎ奪われたせいで  .│
 └──────────────┘
|||i|!i| ||!i|| |||ii| ||| ||| |i|||i|!i| ||!i|| |||ii| ||| ||| |i|||i|!i| ||!i|| |||ii| ||||
i|| |||ii| ||| ||| |i|||i|!i| ||!!i!!  ∧,,__∧ ・・・・・・ !i!i!|||ii| ||| ||
i|||i|!| ||!・・・・ ∧,,∧  ∧_,,_∧ !i!i!|||ii| |||
!i||.. /<;TД> ( _ <; > ・・・・・ !i!||i
 ・・・・ ∧,,∧'⌒ )  ̄ ̄ ̄ ̄ ∧_,,∧/⌒/ |
  ./<;TДT>/  <; >ィ・・・・・・
 | i′  ./   /⌒ / |.l .|
 | l∪./   ../ / | |」/||
 | `/   ...ι ゝ | |||
 、 l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ l/__.」/||
      ||
  ┌──────────────────┐
  │朝鮮と明軍は この後 どえらい苦労を ..│
  │         .│
  │するハメになるのであった    │
  └──────────────────┘
575
本日は以上です
ありがとうございました
次回は3週間後を予定しております
576
乙でした
やることなすこと裏目に出てる感じだなあ>朝鮮
578

交渉失敗もあるけど、単純に運も悪いなw
579
乙です
ここまで朝鮮軍の運のなさに腹が痛いwwwww
581

お互い、改めて見るとコントみたいな戦闘だなこりゃ・・・
朝鮮よう持ったと思えるわw
580

見ている限り、日本側のグダグダに対して朝鮮側はそこまで酷くはないように見える
なのに結果はどういうことなのかw
590
>>1
乙であります!´。
>>580
>見ている限り、日本側のグダグダに対して朝鮮側はそこまで酷くはないように見える
いや、つい先日まで戦国の血みどろの闘争で戦争慣れしてる日本軍と党争と全羅道・済州島
など地域差別で地方反乱を恐れ、街道を出来るだけ悪くして地方軍の常備軍はほとんどなし
で、常備軍数万程度しかいなかった上に、秀吉日本統一の情報すらほとんど伝わってなかった
んだから、不可思議な結果ではないと思う。
しかも、当時の李氏朝鮮は小火器(鳥銃)をほとんど保有してなくて、火縄銃の装備率の高い日本軍
とでは歩兵の戦力に違いがありすぎましたし。
583
命張ったコントしてるなw
584
現代視点では、日本の立場としては反省の意味も含めてまだ笑えるけど、朝鮮からしてみたら笑い事じゃないなあ
585
対馬勢はあかんw
いざとなったら海賊になる気概はどうした
しかしどたばたしてるなぁ
586

続き・詳細・画像をみる


【野球】阪神に“コイ”!今季国内FA権を取得した広島・大竹寛の獲得調査に乗り出す

鹿島FWダヴィ「そんなことを言うのはこの口かっ」浦和DF森脇「落ち着いて!落ち着い・・ンゥン・・んゥふゥ・・・ふァ」

結城リト「病み病みヤンデレーくん?」ララ「そうだよっ!」

アメリカ、朝鮮半島にTHAAD(防空レーダー)設置を求める→識者「日米は韓国を対中戦略の駒にしようとしている」

義兄がクレクレと託児?の被害にあってヘルプがきた……

ゆべしを食べるとき必ず行う儀式

ガチの左利きあるある言ってけ

母親からこんなラインが来たわけだがwwwww

世界一不味いアメ届いたwwwww

「スタバが暴利すぎる」と中国人が激怒

オレ様の大脱走をそこでよーっく見とけ!

【衝撃動画】 空手の試合中に審判がブチ切れ → 選手二人をなぎ倒す

back 過去ログ 削除依頼&連絡先