ささら「マスターの下半身が戦車から戻らない」back

ささら「マスターの下半身が戦車から戻らない」


続き・詳細・画像をみる

1:
うずめ「ささら?!戻らないんだけど」
ささら「知らないわよ!」
マドレーヌ「きっと時間が経てば元に戻りますよ」
カティア「ねえねえこれ撃てるの!?」
しめじ「これでマスターも一緒に戦えるね!」
小明「……太くておっきい」
3:
うずめ「私このまま家に帰るの!?」
ささら「そんなこと言っても戻らないんだからしょうがないじゃない」
うずめ「えぇ??!なんて言い訳すればいいの!?」
マドレーヌ「私達が影からサポートしますので」
小明「……砲身が固い」ツンツン
うずめ「きゃっ、や、やめてよぉ///」
小明「 !? 」
5:
うずめ「うぅ?、なんか小明に砲身触られたら変な感じが……」
カティア「どんな感じ?」
マドレーヌ「それはとても言い表せない感じでしょうか!?」」ハァハァ
しめじ「ねえねえ今どんな気分?」
ささら「とにかく、ここじゃ目立つから一旦家に帰りましょう」
うずめ「これで移動するのも恥ずかしいんだけど」
9:
うずめ「ただいま??」キュラキュラキュラ
みこ「おかえりお姉ちゃん、晩ご飯できて……え?」
うずめ(どうしよう、帰ってきた瞬間にみこに見つかっちゃったよ!)
ささら(ここは自然に行くのよ!さも当たり前のように!)
うずめ(オッケー!)
うずめ「ただいま?。はぁ?疲れた?」キュラキュラキュラ
みこ「お、お母さ??ん!お姉ちゃんが!!お姉ちゃんが戦車になっちゃった!」
10:
下半身の戦車わくてか
11:
マドレーヌ(と、とりあえず口止めを!)
うずめ(でももうこれ以上お菓子奢ると私のお小遣いが?!)
しめじ(じゃあそれ使えばいいんじゃない?)
ささら(それ?)
しめじ(だから?、マスターの股間についてる、それ)
うずめ「う、動かないでみこ!静かにして」ガシャン
みこ「ひぃっ」
うずめ「それ以上大きな声を出せば、私の砲台で蜂の巣だからね!!」
15:
みこ「わ、分かったから!危ないからこっち向けないで!」
うずめ「よ、よーし、ならばよし」
みこ「でもどうしてそうなっちゃったの?」
うずめ「せ、成長期なんだよ」
みこ「えぇ!?女の子って成長すると戦車になるの!?でもお母さんは」
うずめ「お、女の子は中学生のある一時期、一日だけ戦車になっちゃうんだよ」
みこ「じゃあお母さんも戦車だった時が!?」
うずめ「……うん」
みこ「小町さんも!?」
うずめ「……小町さんも去年戦車に一日だけなってたよ」
16:
ファンタジスタドールの世界なら戦車になるくらい普通だな
21:
みこ「でも一応言っといた方がモガッ、フゴフゴッ」
うずめ「だめえ!絶対だめ!言わないって約束して」グイグイ
みこ「ぷはっ、分かったから砲身を口の中に捻り込むのは苦しいからやめて!」
うずめ「あ、あと晩ご飯はいらないからって伝えてね!」グイグイ
みこ「モガッ、フゴッ、ンガモガ(分かった)」
うずめ「ふぅ、なんとか口止めできたかな」
ささら「かなり強引だったな」
25:
カティア「でもこれどうやって戻すの?」
うずめ「全然戻らないよ?」
しめじ「すごいね、本当に撃てそうだよ?中どうなってるの?」
うずめ「ひゃぅッ、くすぐったいからあんまり砲身には触らないで?!」
小明「……やはり砲身にはマスターの性感帯と同じ役割が」
ささら「な、何言い出すんだよ!」
マドレーヌ「そ、そうよ!そんなわけ……ゴクリ」
うずめ「何々!?どういうこと!?」
29:
しめじ「?」
カティア「どういうこと?」
マドレーヌ「カティアは知らなくていいんですよー」
カティア「え?!なんでー!」
???「どうやらお困りのようだね」
うずめ「こ、この声は!」
32:
ラフレシアの君「下半身が戦車から戻らないらしいね」
ささら「あー!この前はよくも適当なことを教えてくれたわね!うずめ、通報しよう」
ラフレシア「通報なんかして警察が来た時に君はマスターの身体をなんて説明する気なんだい?」
ささら「ぐぬぬ」
うずめ「これどうやったら元に戻るんですか?」
ラフレシア「君が使ったカードは使用者に呪いがかかるカードでもあったんだ」
うずめ「えぇえ!?」
ラフレシア「だけど安心したまえどうやらそのカードの呪いはさほど強くはないみたいだ」
ラフレシア「絶頂を迎えれば、果ててしまい元に戻る」
ささら「やっぱり通報しよう」
35:
ラフレシア「やり方が分からないのであればまずは私がここで実演してみせよう」ヌギヌギ
うずめ「もういいよ!窓閉めてー!」
うずめ「:で、今の所ヒントはさっきの絶頂をなんとかってのだけど」
しめじ「それってどういうことですか?」
カティア「教えてマドレーヌ!」
マドレーヌ「えぇ!?えっと……」
ささら「マドレーヌ、頑張って!」
39:
マドレーヌ「つ、つまり、性的興奮、いえ、えっと……えっと」
小明「エッチなことをして気持ちよくなること」
ささら「うわあ……言っちゃった」
カティア「 !? 」
しめじ「あ?、なんだそういうことですか」
うずめ「え、エッチなことって……!?」
小明「例えばこの砲身を擦ったり」
うずめ「んっ、だ、だめえ!触らないでぇ!」
ささら「マスターの砲身がだんだん上を向いていっている!」
41:
小明「マスターマスター……///」シコシコ
うずめ「だ、だめぇ!そんな擦ったら私……私変になっちゃうぅ?!」
ささら「変になるってか戦車になってるよ……」
しめじ「変になるって、ということはラフレシアの君と同類に!?」
カティア「ねえマドレーヌなんでカティアの目を覆うの!?」
マドレーヌ「カティアにはまだ早いからまた今度にしましょう」
43:
カティア「今度っていつ??!?」
マドレーヌ「と、とにかく今はだめなんです」
ささら「もうこうなったらとっとと終わらせましょう!私も手伝うわ!」
しめじ「私も手伝います」
小明「ありがとう、ここを優しく擦ったりしてあげれば大丈夫」
うずめ「だ、だめぇえ??! あぁ、な、何か出ちゃいそう///」
小明「もうすぐ……」
53:
うずめ「あぁぁぁ???!!」ズドォンッ!!
ささら「きゃあっ!!」
しめじ「誤射!?」
小明「大丈夫、無事に射精したみたい」
マドレーヌ「でてきたの思いっきり砲弾ですけど」
みこ「ちょっと今の音何!?」
みこ「きゃああああ!家が半壊してる!!」
うずめ「静かに!動かないでぇぇ!みこも吹き飛ばすよ!?」
55:
家が半壊www
56:
普通に砲弾でんのかよwwwwww
58:
ささら「も、戻ってない!?」
しめじ「その前にカードで家を元に戻さないと」
うずめ「う、うん! ……って、ねえこのカードで私も元に戻るんじゃない?」
ささら「……ハッ」
うずめ「えぇえ!?みんな今気づいたの!?」
ささら「マスターだってそうだったでしょう!?」
小明「私はマスターがこのままでも構わない」
うずめ「構ってよ!」
63:
しめじ「確かにこっちのマスターの方が強そうです」
うずめ「しめじまで何言ってるの!?」
マドレーヌ「確かに私達を守ってくれた時はとてもカッコ良かったです」
うずめ「えへへ」
ささら(ちょろい)
カティア「いつものへっぽこじゃなかったもんね」
うずめ「もう、そんなこと言っても何も出ないよ?」
ささら「砲弾は出したのにね」
小明「……たくさん出た」
うずめ「一発だけだったじゃん!」
66:
うずめ「とりあえず家は修復カードでなんとかなったし……」
小明「私は元に戻るのは反対」バッ
うずめ「あぁ!カード返してよ!」
ささら「ちょっと小明何してるの!?」
マドレーヌ「小明、マスターにカードを返して」
しめじ「ねえマスターお風呂まだですー?」
カティア「カティアもお風呂入りたい?」
ささら「そ、そうだね、ここはお風呂で話しあおうよ」
小明「裸になったら下半身がどうなってるのかよく見たい」
70:
お風呂
ささら「はあ気持ちいい?」
マドレーヌ「やっぱりお風呂の時間が一番ですね」
カティア「うんうん」
しめじ「マスター入らないんですか?」
うずめ「この身体じゃ湯船に入れないよ?!」
小明「さっきよりも砲身が少し下を向きだしてる……」
72:
ささら「うーむ、ちょうど股間の部分に砲身がきてるわね」
マドレーヌ「やはりこの位置ですとあれを彷彿とさせますね」
うずめ「あれって」
ささら「マスターが処女なのは分かったからそうやってとぼけるのは良くないわ」
小明「そう、これは完全にふたなりの一種」
しめじ「そこまではいかないと思います……」
75:
うずめ「っていうかこれ洗うべきなの?」
ささら「何言ってるのよ、身体くらい洗いなさいよ」
うずめ「だ、だって自分じゃ手が届かなくて……」
小明「私にまかせて」
マドレーヌ「そろそろ小明は黙った方がいいかしら」
ささら「そうね、さすがにマスターの貞操を守るのも私達の役目だもんね」
小明「洗わせないなら拗ねてやる」
うずめ「や、やめてよみんな!私のために争わないで!」
カティア「マスターが言い出したんじゃん」
78:
うずめ「で、みんなで洗ってくれてるのは嬉しいんだけどやっぱりくすぐったいよぉ」
ささら「しょうがないじゃない、我慢してよ」
カティア「なんか戦車の整備士にでもなったみたいね」
マドレーヌ「小明、砲身ばかり洗わないで他の所も磨かないと」
小明「みんな、なめても平気なくらい綺麗に磨いて」
うずめ「この歳になって身体を洗ってもらうなんて……もうお嫁にいけないよ」
小明「大丈夫、その時は私が」
83:
ささら「なんかマスターが変な声だすから……私まで」
マドレーヌ「私も身体が熱くなってきました」
うずめ「ちょ、ちょっと、ひゃぁぅ……///」
カティア「お、おう……」
小明「よし、だいぶ綺麗になった。これで」ペロッ
うずめ「んんぅ、そんなところ舐めたらだめだよぉ?」
ささら「小明、じゃあ私たちは砲身をこするから先っぽは小明に任せたわ」
85:
顔面直撃死亡フラグ
88:
うずめ「な、なんか変になっちゃうよぉ……ねえささら……私どうなってるの?」
小明「ささらも舐めるといい」
ささら「ええ!?……わ、分かったわよ」
しめじ「あっさり承諾しましたね」
ささら「ペロ……うぅ、鉄の味しかしない」ペロペロ
小明「だがこれがいい」ペロペロ
マドレーヌ「わ、私カメラもって来てもいいですか!?」
うずめ「さ、撮影はらめぇぇえ???!」
90:
マドレーヌ「ああ、ご主人様とっても可愛いですわ!」カシャカシャ
うずめ「ああ、もうだめえ!また、また出ちゃうぅ??!」
小明「あむ、いっぱいお口に出して」
ささら「って、それは危ないからだめっぇぇーー!」グイッ
うずめ「あぁぁぁ???!」ズドォンッ!
カティア「きゃああ!また家が壊れたー!」
しめじ「見て、家の外で誰か砲弾を喰らったみたいで倒れてますぅ」
うずめ「えっ!?」
ラフレシア「……うずめくんどうやらまだ困っていたみたいだねゴフッ」
92:
ささら「あいつまだ家の周りに!」
うずめ「い、いいから早く修復カード??!」
小明「マスターの裸を見たとは……私が息の根を止める」
うずめ「待って裸で外出ちゃだめぇぇぇ!」
マドレーヌ「ご主人様、はいこれ、修復カードです」
うずめ「ありがとうマドレーヌ!」
94:
うずめ「はあ、記憶を消すカードとか無いのかなあ」
ささら「ラフレシアの君の記憶を消すつもりなの?」
うずめ「ううん、私の記憶を消すの」
ささら「自虐しすぎ!きっと吹き飛んで記憶障害になってるかもしれないから大丈夫よ」
うずめ「だといいけど……。結局身体も元に戻らないし……」
96:
うずめ「はあ、すっかり長くお湯を浴びてたから逆上せ気味だよ」
マドレーヌ「ご主人様、一応カード部の方に聞いてみてはいかがでしょうか?」
うずめ「うん、そうだね。今日はもう遅いし明日聞いてみるよ」
ささら「明日その格好で学校まで行くの?」
うずめ「学校は半日かけてこの身体で隠れながら行くよ」
小明「戻るなら拗ねてやる」
うずめ「戻れるならこの際小明のごきげんは後回しに……!」
うずめ「小明だけデバイスに戻ってなさい!リジェクション!」
小明「ちょっ待っ」
99:
翌日
まない「う、うずめちゃん!? お昼休みに学校きたと思ったら……」
うずめ「じ、実は……こういう訳でして」
まない「どうして傷だらけなの」
うずめ「……警察に追われてて」
うずめ「これどうやったら元に戻るの?!?
  色々試したんだけど中々戻らなくて……」
まない「え? その戻り方教えてなかったっけ?」
うずめ「知ってるの!?」
100:
まない「知ってるも何ももう一度戦車のカード使うのよ」
うずめ「……」
ささら「あー、たまにゲームでもこういうことあるよね……」
マドレーヌ「ご主人様……」
カティア「マスターどんまい」
小明「これでいつでも変身可能なことが分かった」
こうしてうずめちゃんはちゃんと元に戻ることができましたとさ。
ラフレシアは捕まりましたとさ。
おしまい。
101:
乙、ラフレシアざまぁwwwwwww
103:

106: 忍法帖【Lv=12,xxxPT】(1+

続き・詳細・画像をみる


SKE48松村香織のソロCD発売イベントまとめ 午前8時前には1000人集まるほどの大盛況

ジョジョの奇妙なコンビニ第3部

【速報】今年の「イナズマイレブン」の国民投票wwwwwwwwwww

【画像】黒ネコ系男子がモテるらしいぞwwwwww

【大阪】「2千人囲っていた」 生活保護費詐取容疑、生野区の暴力団組員ら逮捕

たばこ増税ざまああああwwwwwwww最大で20円

back 削除依頼&連絡先