猫ちゃんの大冒険『旅館に着いてカバンを開けたら・・・』back

猫ちゃんの大冒険『旅館に着いてカバンを開けたら・・・』


続き・詳細・画像をみる

2:
実家で暮らしていた頃
友人と二人でドライブ旅行に出掛けた
途中に食事休憩や景色の良いところで休憩したので、実質片道6時間くらい。
旅館に着いてカバンを開けたら、うちの猫が飛び出してきた。
友人も私も絶叫。腰が抜けるかと思った。
仲居さんが駆けつけてくれて、シャーシャー言う猫を網で捕まえてくれた。
カバンの中はゲロだらけ。
帰りのお土産分大きめのカバンで行ったんだけど、いつの間にか潜り込んでいたらしい
カバンをトランクに入れる時も、旅館の部屋に運ぶ時も全然気が付かなかった。
家に電話したら、完全家猫の愛猫の姿が見えず両親パニック中だった。
真夏では無いとはいえ、5月初旬の九州で6時間トランクはきついよ。
旅館の人が獣医さんを紹介してくれて、すぐに連れて行ったが異常なし。
猫は狂ったように水を飲んで、あとは恐ろしい程動かなくなった。
一応1日入院させて、帰りに迎えに行った。
出先で高額の出費になるわ、心配でせっかくの食事も咽を通らないわ
旅行中なのに、そんな状態で友人に申し訳ないわで、散々だった。
その友人宅で産まれたのを、貰い受けた猫だったんだけど
また「大事なお嬢さんをとんだ目に遭わせて」って感じで更に申し訳なかった。
自分のカバンを開けたら、何か毛の塊が飛び出してきて
ちゃぶ台の下に潜り込んでシャーシャー言うって、今までの人生で一番の衝撃だった。
口から心臓が飛び出してブラジル廻って帰ってきた!!って感じ。
335:
>>332
ネコだと理解するまでが大変そうだwww
ともあれ、今も健康で無事ならなによりな話だね
336:
その猫に「今まで生きてきて凄く衝撃だった体験」をきいても
この話を真っ先にするだろうな。
「死ぬかと思いましたよ、マジで」「私が悪いわけじゃないですよ」
「カバンとか開けとくの、どうかと思うんです」「ほんといい迷惑です」猫語る。
337:
>>332
猫にとっても衝撃的な体験だっただろうねw
なんともなくて良かった。
338:
そうか・・・考えたらたしかに、
トランクケース開けてて服とかのやわらかいものが入ってて
少しスペースが開いてたら猫にとったら最高のベッドだわな。
暖かい猫鍋状態で・・・
うちも気をつけよう・・・って旅行なんてめったにしないけど
339:
当人達はすごく衝撃的な体験だったんだろうけど、
第三者的には申し訳ないけど読めば読むほど和んでしまう
340:
>>332
猫さんは気の毒だったが笑ってしまったよw元気で良かったね
341:
>>336
猫だからなあ。それはわからんよ。
「腹が減ったので飯をおくれと催促したら、いつもの猫まんまの上にソーセージと
カマボコが載っていたんですよ!」「信じられます!? 私の好物が2品も
加わっていたんですから」「あのときほどたまげたことは無いです(キッパリ」かも。
342:
>>341
ああ?。猫だからなぁ、そっち系かww。
わざわざ旅行パニックのこと聞いても
「なんか暗くて狭いところでゲロいっぱい吐いたけど、些細な事です(キリッ」
とかで流されてしまうかも。
343:
>>332
なにげに書き方がウマイな。最初に猫の存在を匂わせず、カバン開けた瞬間に持ち出すあたり。
猫って、カバンとかタンスの引き出しとか混沌として狭い所好きだもんね。
猫入りカバン持って気付かなかったって、軽いネコさんなのかな?
うちのは5キロ超えなので、混入したら即気づく。
ともあれ、ニャンコに大事なくてよかった。
34

続き・詳細・画像をみる


エロゲにしか存在しないモノ→ヤンデレ、ふたなり、媚薬、一途な女、可愛いボクっ娘…悲しすぎるんだが

美容師「医師の国家資格の合格率90%wwwwwwww」

世界経済を人質にとるティーパーティー「いっそ、デフォルトになればいい」

結局、週刊少年ジャンプの歴代主人公で悟空の次に強いのってさ、

東京に出没する「セーラー服おじさん」、通報されて職質を受ける

『ガンダムビルドファイターズ』2話感想 ザクアメイジングの使い手「紅の彗星」登場!ゴールドスモー戦も熱すぎる!

back 削除依頼&連絡先