俺「もうこんなに大きくなってる・・・」台風「いや・・・みないで・・・///」back

俺「もうこんなに大きくなってる・・・」台風「いや・・・みないで・・・///」


続き・詳細・画像をみる

1:
台風「あめぇぇええ」ザァァァァ
6:
評価する
7:
台風にも穴はあるんだよな・・・
8:
またひとり天才が生まれてしまったのか
11:
なんで勃起してんだ俺
元スレ
ニュース報(VIP)@2
俺「もうこんなに大きくなってる・・・」台風「いや・・・みないで・・・///」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1381728926/
http://rank.i2i.jp/"> src="http://rc7.i2i.jp/bin/img/i2i_pr2.gif" alt="アクセスランキング" border="0" />
http://rank.i2i.jp/" target="_blank">アクセスランキング

 
36:
「恥ずかしがらないで、全部見せてごらん…」
「やっ……でもぉ…」
彼女の左巻きの身体に指を這わせながら、俺は囁いた。既に風は40m/sを超えている。理性が吹っ飛びそうだ
「大きいね…サイズはいくつなの?ほら、言ってみて…」
「し、知りませんっ……955hPaからは、測ってない、から……」
こいつは驚いた。これ程のボリュームがありながら、まだ成長していると言うのか。
限界まで達した俺は、いきり立つ特別警報を出し……
37:
>>36
続けたまへ
41:
>>36
お前すげぇな
48:
>>36
その瞬間、俺の顔に一際大きな雫がぼたぼたっとかかった。
「もしかして・・・イったのか・・・?」
「いっ、言わないでぇ・・・」
もう限界だった。 今の瞬間最大風で俺の理性は完全に飛び去った。
49:
>>36
ハリケーンを擬女化するアメリカの気持ちがわかるな
51:
日本はじまた
54:
「おっ……おっきい……(被害が)」
「君がそんな身体をしているからだよ…本当にいけない子だ」
そうだ。俺に迫ってきたのは彼女の方からなのだ。拒む理由は彼女に無いはずだ
「遠くから見える君は白くて、ふわふわしていて…綺麗な子だと思ってたのに」
「ひゃっ」
「……近くで見ると、こんなにいやらしい灰色をしているんだからな…世の中わからないよ」
「やめてくださっ…ぁん……っ!」ビュオッ
ついに、俺は暴風警戒域に侵入した……すごい風圧だ。中でうねっているのが感じられる。勃っているのすらままならない
63:
「ふあああっ、なにっ、これぇっ!なにこれええええっ!」
「もう上陸しちゃったんだ…!後戻りは出来ないぞ!!」
「はんっ…!こ、これが…本土……?」
その瞬間、彼女の動きが激しくなった。さっきまでは穏やかな腰つきだったのに、自分から求めるかの如くスピードをめたのだ。
「き、きみっ!そんなにく北上したら……」
「だってっ…気持ちいいのっ!わたしのからだっ、とんじゃいそうなのぉっ!」
「!…そっちへ行ってはだめだっ!!」
「んっ!!!」
彼女をそっと抱き寄せる。そうか。こんなに震えていたのか。
「やさしく…しないでっ……こんなこと、されたら…コース変わっちゃうよ……」
79:
俺は知っている。彼女たちの命がそう長くは無いことを。彼女がここまで高圧的なのは、彼女が精一杯生きているからなのだと。
「いいんだ…俺に構わず、したいようにしてくれれば」
「でっ、でもそんなっ」
「いいから」
彼女の目を真っ直ぐ見つめて、語りかける。彼女の内面を写しているかのように、その瞳だけは穏やかで、澄んでいた。
「ほんとにおばかさん……こんな女の相手なんかして」
「これも仕事なのさ」
「……さぞかしたくさんの女の子を相手にしてきたんでしょうね」
その通りだった。振り向いてくれない子もいたが。まあ、そんな事実は今はいらない。
「ねえ…気付いてる?わたし、そろそろ……」
「……」
あんなに激しかった彼女の勢いが、今では例年通りしかない。彼女の風を感じ取ればわかる。
彼女は、温帯低気圧になろうとしていた。
86:
「……ふふっ、泣いてる」
「それは、君だって…!」
情けない。ここまで耐えたのに。いつもより上手くできたのに。俺の心は氾濫し、崩れていく。
「わたしが泣くのは当たり前じゃない。それがわたしの仕事。違う?」
「……もう少し穏やかな子のお相手をしたかったね」
「…ばか」
つまらない冗談で誤魔化す。
彼女は、いつもの女の子とは違った。こんなにときめいたのはいつ以来だろう。10年ぶりかもしれない。
88:
雨が止んだ。
「……お別れね」
「……名前」
「え?」
「君の、名前は」
彼女は一瞬困ったような顔を見せたが、耳元で名を告げてくれた。
「…いい名前だ。ウィパー」
「そう言ってくれたのは貴方が初めてよ……」
嬉しい、と彼女は微かに囁いた。弱々しい、風17.2m/sの息で。
「じゃあ、ね……」
「ああ…もう……っ…もう、来るんじゃないぞ!」
真意が伝わったかはわからない。言い終える前に、彼女は姿を消してしまった。なに、気にすることは無い。腐れ縁だ。またいつか、会えるさ。
彼女と過ごした日々は、まるで嵐のようだった。
おわり
90:
不覚にも感動した
92:
お前すげーよ
94:
なんかこれで抜いたら心が清々しい...
嵐のあとの静けさというかなんというか
97:
なにこれ感動したわ
111:
http://i.imgur.com/VJoNZfx.jpg
5

続き・詳細・画像をみる


【宇宙ヤバイ】44年前に行方不明になった人工物が気持ち悪い軌道で地球に帰還、その後再び旅立つ

40歳男性 「あっちゃんの生理ナプキンはどこですか?」 前田敦子CMの生理用品を買うオタク殺到

【危険】 絶対に女の子に言ってはいけないこと挙げてけ!!!!!! 

木村拓哉主演 「安藤ロイド」 の視聴率が大爆死wwwwwwwwwwwwwwww

大卒入社三年目貯金8000円借金130万円

【米国】「デフォルトも辞さず」 世界経済揺さぶるティーパーティー

back 削除依頼&連絡先