【オカルト】目の前で見た人の死の瞬間を教えてback

【オカルト】目の前で見た人の死の瞬間を教えて


続き・詳細・画像をみる


梅田で地面に大の字になってる人見たな。
そこらへんのROMってる人に聞いたら、ドキュソにからまれたとか。
なんでも肩がぶつかったとかそんな理由でタコ殴りにされたらしい。
オレが見たときは、鼻と口はもちろん目からも
ゴボゴボ血があふれててもう駄目だなって思った。
頭部だけがビクビク動いてたのも印象的。
翌日の新聞にはしっかりと死亡記事が載ってた。
前からドキュソが歩いてきたら道を変えたほうがいいよ。
オレはそうしてる。
32
小学生の頃、親と買い物ついでに外食しに行く途中なかなか踏み切りが開かないから
ずーっと電車が来た方に行ってみたわけ。
そしたらやっぱり電車事故。(自殺だったかな)
俺はちょっと離れた所で、現場見たんだけど、
なんかあたり一面赤黒い血が飛び散ってるわ、女は気絶してるわ、車輪に死体がからまってるわで壮絶だった。
久しぶりの外食だったのに(;´Д`)
34
踏み切りの遮断機の前であくのを待っていたとき、
右手のほうに警察の人がたくさんいて、青いビニールシートを持ってごそごそしてたから、
よく見てみると青いビニールシートのはしから、手が出てた・・・
近くのコンビ二の店員に何があったか聞くと、ほんの20分ほど前飛び込み自殺があったみたいだった・・・
48
何年か前のことなんだけど、職場の窓から外見てたら、
向かいのビルから飛び降りてきた女と目が合っちゃったよ。
下からキャーキャー悲鳴があがってたけど、怖くて死体は見に行けなかった。
さすがに三日三晩夢でうなされたですよ。
念のため後でお払いに行ったけど、幸い憑かれてはないみたいで一安心。
でも、今でも時々夢に見る・・・・・
44
昔、職場の近くで飛びこみがあって、物好きな同僚は仕事を
放り出して現場を見に行った。
あとで聞いた話では、飛びこんだ人は縦に真っ二つになっていて
しかも車輪がちょうど遺体の上で止まってしまったので
とりあえず車輪のこちら側にある縦半分の遺体を先に回収しようという
ことになり、警察の人(?)が腕を引っ張ってどかしたところ
断面が丸見えになり、すべての臓器が露わになって
それが動かした体に引っ張られて、どろ?んと流れ出てきたらしい
物好きな同僚もさすがに顔面蒼白になってたよ。
57
昔、製鉄所の電装関係の仕事をしていたとき、溶鉱炉に人が落ちてゆく瞬間を
見てしまった!
まさか、入り口近くで蒸発するとは!
落ちていくさまは、なんとなく影が消えていくようでした!
60
中学生の時、合唱会の当日に朝から全員で練習していたら
隣で歌っていたクラスメートが突然倒れ、そのまま逝きました。
89
小学生の頃、目の前に人が降ってきたことあるよ。
11階からの飛び降りだったらしいけど、返り血浴びたし、
脳みそは飛び散ってるし、顔の原型が全く分からなかった。
具合悪くなったの覚えてます。
119
池袋のとーぶの噴水の所を歩いていたら、背後で
ガシャーンとガラスが割れる音。振り向いたら吹き抜けに
貼ってあった垂れ幕が揺れてた。周りの人が駆け寄って
吹き抜けの地下の部分を覗き込んでいる。行ってみたら
作業服みたいなのを着たおやじが万歳して倒れていた。
一目見て芯出た。どうみても即死してた。
翌朝の新聞には9階のビルから飛び降りたらしい。
138
私 温泉でアルバイトしてるとき 飛び降りをみましたよ。その日以来 白子がだめになり
テレビでたまに放送してる 決定的瞬間みたいなのは 受け付けなくなりました。
飛び散った脳みそを冷静にかたずけてる看護婦さんはすごいとおもいました。
143
池袋といえば、サンシャインから飛び降りた人がいたときに
数日後見に行ったんだけど道路に人型のシミができてたよ。
ものすごい衝撃だったんだろうな。。
合掌
144
ビルの外壁工事、青いシートをかけてやってた。
その日はすごい風だったので、上を見上げながら
「強風で人が落ちてきたら怖いな」と思いながら歩いていると
風でシートが大きくめくれ上がった瞬間に
足場の上にいた(地上20メートルぐらいかな)お兄さんが
私のすぐ目の前に落ちてきて、地面に激突。
もっとこう、「ドン!」とか「バン!」なんて音を想像してたんだけど
「ビチーッ!」って音だった。
骨の砕ける音と、脳のつぶれる音の合作のような感じだった。
不思議に血は少なく、白っぽい粘膜やら内臓、脳みそが散乱していた。
うちのお父さんは自分の口元についてしまった、
そのお兄さんの脳みそをハンカチでぬぐって「くせぇ!」と言いながら
ゲロ吐いていた。
214
クリスマスが近くなると思い出すんだが、大型トラックに踏み潰された
自転車のおばさん。
前輪二軸の間から手が出てて、内臓みたいな肉片が転がってた。
血はあんまり出てなかった。
運転手が呆然としてた。
221
死んだ瞬間じゃないが先週死んでるの見た。
うちのおばーちゃん。
俺が夜勤明けで寝てたら朝、母が決して夜勤明けは
起こすような事をしないのに、その日はあわてたようにおこされ、
「おばーちゃんの様子がおかしいからみて!」と一言、
軽い胸騒ぎがしておばーちゃんの部屋に入ると、何事もない様に
そこにねているおばーちゃん。
でも明らかに体が冷たくなっていて、声を掛けても体をゆすっても
起きない、あわてて母に119番に電話をさせ、
救急隊員がその場で携帯の心電計で心停止を確認、
かかり付けの病院に確認のため搬送、
母は一緒についていったが俺は1人でまっていた。
それまですべて現実味が無く不思議と冷静だったのが、
からのおばーちゃんの布団を眺めているうちに自然と涙がこぼれてきた。
久しぶりに声をあげて泣いた。
222
事故死とかじゃないけど、去年と今年、病気で父と爺ちゃんが死ぬ瞬間は見た。
爺ちゃんは結構眠るかのように死んでいったけど、
父は胃癌であちこち転移してて、内臓もほとんど腐ってた状態。
死ぬ瞬間に大きく深呼吸して動かなくなった。
深呼吸すると共に少し腐った内臓の液が漏れてきたのは覚えてる。
その後は葬式の支度や、母の情緒不安定等で
バタバタしてて悲しむ暇もなかったけど、
一年忌を過ぎた最近は寂しいって思うようになった。
あと、私が小さい時、父方の父も癌で死んだみたいだけど、
死ぬ瞬間は腐れた内臓の液をものすごい勢いで噴いて亡くなったらしいです。
229
はぁーっ、実は俺13年前に死亡事故起こしたことがある
空港に勤めるすんごく仲のいい友人が1ヶ月ぶりの休みだと遊びにきたんだ
弟のようにしてよく遊んだ2つ下の友人だった
朝から4人で釣りに行った よく釣れたよ
俺の車だったんだけど帰りに友人のうちの一人が運転して俺は助手席の後ろに座った
彼は運転席の後ろに座った 一般的には安全と言われている場所だけどね
たぶん居眠りだと思う バーン、という音で目がさめた
どうした? びっくりして起きて運転してた友人に声をかけるが頭から血を出して動かない
と、横でシュー、ポコポコッと音がして
横を見ると友人の頭がなかった 首のまんなかあたりから血がポコポコ噴き出していた
ゆっくりと俺にもたれかかってきた ビクンビクンッ、と激しく痙攣しているのを見て
あ、生きてる て思っちゃった 不思議だけどね
中央車線を越えてミキサー車とあたったのね
車の中は血だらけだった すぐに痙攣が小さくなり友人を横たえ車外にでた
ミキサー車の運転手に交通を止めてもらい救急車と警察に電話した
友達の家族にも電話した 泣きながらあやまることしかできなかった
俺も血と脳漿で凄かったらしく周囲のひとに君は手がちぎれているんじゃ?
といわれた ボタボタ血が落ちてたからそう見えたのだろうね
脳は柔らかいね 豆腐みたいなやわらかさだった
顔はね 道路に落ちてた 拾おうとしたら警察の人に止められた
鑑識がくるまで待って、って でもかわいそうだからってハンカチをかけてくれた
救急車が着き潰れた車から意識不明の運転者の友達を引き出し救急車はサイレン鳴らして行った
彼のほうは現代の医学ではどうすることもできないのでお運びできません と丁寧に説明してくれた
今でも俺がかわって死ねばよかったと思うんだ
くやしいしかなしくて涙がでる
人間の生きている意味ってなんだろうね
230
高校のとき学校帰りに事故をみたことある
一瞬の出来事だったんだけど、なぜか今だに鮮明に覚えてる。
杖をついたお婆さんが信号青のときに横断歩道を渡ってたんだけど、
自動車が猛スピードで走ってきて、そのときは
「ずいぶん飛ばしてるなぁ・・」とか思ってて、当然歩道の前では減して
止まると思ってた。でも全然減する様子もなく、そのまま、
まだお婆さんが渡っている横断歩道に突っ込んだ・・・
ドンッてすごい大きな音がして、
お婆さんは声も出さず、十メートル近く吹っ飛んで俺の目の前に立ってる
カーブミラーの支柱に激突した。
思いだしただけで辛いんだけど・・・首がどんな何体人間でもあり得ない
変な方向に曲がってて、
口から真っ赤な泡(たぶん血)を吹いて、目が虚ろで・・・・
血が俺の学ランに少し飛び散ってた。俺、自分でも情けないんだけど
その時、身体が凍りついたように動けなかったんだ・・・
目の前の光景があまりにも非日常的で・・・
誰かが救急車呼んだらしくてスグにきたんだけど
もう手の施しようがなかったみたい。警察を呼んでいた。
その日の地元のニュースでは車の運転手はわき見運転していたそうだ。
243
2年前の5月、俺の目の前でまだ少1の従兄弟が交通事故にあった。
俺がよそ見をしたすきに、道路に飛び出し、大きなバイクに跳ねられたんだ。
俺が従兄弟のほうを見たときはもうバイクは従兄弟まで1mくらいのとこで、
ギィィーて音がしてドンッて鈍い音がして、ギギギギーって金属が
アスファルトに擦れる音がした。気がつくと血だらけで動かなくなった
従兄弟と、バイクごところんでヘルメットが脱げて
血を流して倒れている男がいた。
駆け寄って従兄弟を抱き上げると耳を近づけないと聞こえないほど
消え入りそうな声で「・・ちゃん・・」て言ったんだ。たぶん
にいちゃんて言いたかったんだと思う。そのまま喋らなくなってしまった。
周囲の人がすでに救急車を呼んでくれていたらしかったので、車が来たあと
俺はすぐ近くの自宅に走った。家に近づいていくにつれ、
さっきまで奇妙なほど冷静だったのに、涙が止めど無く溢れてきたよ。
数時間後、医者達が必死に従兄弟を助けようとしていたけど
従兄弟は病院のベッドの上で、ついに目を覚まさないまま、逝ってしまったんだ。
医者と看護婦が涙を流して泣いていたのがとても印象に残ってる。
年は離れていたが従兄弟とはよく遊んだ。そんな思い出が蘇ってきて
19にもなって声を出して泣き叫んだよ。
さらに数時間後、従兄弟をはねた男も打ち所が悪かったらしく、
亡くなったとの知らせが入った。しばらくすると泣いていた従兄弟の母親(叔母)
が、怒りの矛先を俺に向けた。バイクの男が死んだからだと思う。
お前のせいだ、お前がちゃんと見てなかったからだ、と何度も言われた。
それを否定でないから、ひたすら謝るしかなかったんだけど・・・
辛くて、悲しくて、申し訳無くて・・・
あの時、俺がよそ見をしてなかったら・・と今でもよく考えてしまう。
今でも叔母夫婦は俺を許してくれていない。
会うたびに「お前が死ねばよかったのに」などと泣きながら罵られる。
297
中坊の時落下事故を目撃した。
小学生の男の子だったよ。
団地の四階テラスから落下。
20メートル程度下にあった側溝に頭から突っ込んだ。
瞬間「ゴシャッ」って音がして頭が割れ、肩が変な形にずれた。
直ぐに赤黒い血が出て脳漿が漏れて来た。
赤黒い筋と血まみれのの豆腐みたいな物がのるんって感じに溢れたんだ。
吐きそうになったよ。
すぐに泣き喚きながら男が落ちた男の子を抱き上げた。
そしたら頭の中身と目玉が飛び出して側溝に落ちちゃった。
男は狂った様になって、落ちた物を拾い出した。
傍に女性がいたんだけど、顔が茫然自失状態になり気を失った。
俺は目が釘付けになり一部始終観ていたけど、他の誰かが救急車を呼んだらしく
直ぐに慌しい状況になった。
後で知ったが、小学生は即死。
傍に居た男性と女性は子どもの両親だったらしい。
子どもが何処からか帰って来た両親を四階のテラスから見つけて、
手を振っている内に誤って落ちたのだろうと言う事だ。
今もってあの両親と子どもの姿がありありと思い出せる。
世の子を持つ両親諸氏は、子どもの動向に十分注意しよう。
こうなってからでは遅いのです。
304
俺も3ヶ月くらい前、初めて事故の瞬間を目の前で見た。
その日、俺はバスに乗っていたんだけど、事故が起きた現場はサッカーの某国際試合があったんだ。
そのせいで、片側3車線のグランドに向かって走っている方は大渋滞。
反対の3車線は国道と言うこともあり、80キロ以上でビュンビュン飛ばしていた。
そんな渋滞の中、ふと歩道を見てみると、警察官がそこらうちじゅうに立っていた。
すると歩道の細い脇道から、高校生ぐらいの男がゲンチャに乗って警官の横をすり抜けようとしたんだ。
そいつは茶髪で、ヘルメットも半分しか被ってなくて、見るからに盗んだバイクだと分かった。
警官がそいつを止めて、話を聞こうとした瞬間、そいつはバイクを乗り捨てて歩道の中を走っていった。
けど、20メートル位行った所であっけなく捕まって、襟首を掴まえられながら一緒に戻ってきたんだ。
しかし、バイクの所まで連れ戻されたと思ったら、何を思ったのか、今度は振り切って車道に向かって走り出したんだ。
こっち側3車線は、渋滞中なので難なく渡れたが、向こうの車線に入った瞬間、案の定轢かれたよ。
バスの中でも一部始終見ていたのは俺だけで、事故が起こって少し経ってからみんな気づき始めた。
不思議なもんで、そいつの顔を見たまだ捕まってもない時からも、なんか起こりそうって分るもんだよね・・・
いま考えるとそう思うよ。
事故った時の警官の顔、運転手の狼狽する姿、あの音、あの跳ね方、ガラスの飛び散る様、
起き上がろうとして、力尽きたあの動き・・・
今でもはっきり覚えてるよ。
313
今日仕事帰りに東京駅構内での話。
柱の陰に五〇くらいの白髪混じりのサラリーマンが倒れていた。
側には同僚と思われるやはり同い年くらいの眼鏡の気の弱そうなサラリーマン。
酔って帰る途中で急に倒れてしまったらしい。
駅員三人が担架を運んできたが、一向に運び出す気配がない。
で、俺も気になって遠目に床に仰向けに寝転んでいるおじさんの様子を窺ったのさ。
顔は血の気が引いて真っ白。酔って倒れたはずなのに、呼吸も荒くなく穏やか。
はだけたコートから覗く胸ものは静かで呼吸をしている気配がない。
おじさん、そのまま彼方の世界へ逝ってしまったらしい・・・。
駅員はじめその場にいた人たちは皆黙り込んでじっとおじさんを見下ろしていたよ。
おじさん、(俺が見た感じでは)本当に満足そうな顔して死んでいた。
不景気、年末等々と青白くなったおじさんの顔と手を見ながら色んなことを想像してしまった。
長い駄文で失礼。
582
事故死じゃないが、リアル工房の頃、俺の親父がガンで逝ったのを見た
死ぬ数日前からモルヒネとかで昏睡状態だった親父が
死ぬ日の朝、懸命に身体を起こそうとしたのが印象的
最期は「くっ、くっ」と言うような息づかいのあと、血が口元をツー…と伝って
そのまま動かなくなった
病院から親父(の遺体)と一緒に帰っても、不思議と怖くとも悲しくともなかった
妙に落ち着いたまま、学校の先生に親父が死んだことを電話した
しばらくして葬儀屋が来て、親父を棺に収めた
その時初めて「あぁ、親父はもうこの世の人じゃないんだなぁ」と感じ
悲しくなって泣いたよ
自分にとって最愛の人が亡くなると、涙って出ないものなんだな……
595
お婆ちゃんの臨終を看取った。
死ぬ2ヶ月間は全然意識は無かったけど、家族みんなで
毎日3交代で付き添いしてました。
私は夜中(PM8:00?AM8:00)担当として毎日病院に通ってました。
いつも夜中の2時前後は30分程度休憩してた(喫煙室に行く)
ある日、なぜかベットが気になりすぐ戻ったらお婆ちゃんの鼓動が
殆ど見られない・・・・急いで看護婦さんに知らせて家族に電話したり
慌ただしく動いた。
家族の同意で延命は無しと言う事を医者に伝え、眠るように
お婆ちゃんは召された。
やはり涙は出なかった。覚悟が出来て居たと言うことと
苦しまないで亡くなったって事が一番大きかったと思う。
荼毘に付す時に初めて涙が出てきました。
615
中2の冬、一時退院したじーちゃんとコタツでみかん食べながら
いろいろ話してたんだけど、ふと会話が途切れてじーちゃんの顔見たら
目を閉じて、すでに息もしてなかった・・・。
悲しいとか怖いって言うよりも、ただただアゼーンっていう感じ。
だってたった今まで二人で笑ってたんだもん。
じーちゃんの葬式の直前、父の姿が見えなくなって家族で探してたら、
両手に酒パックいーっぱい抱えて帰ってきた。
病気してから禁酒してたけど、若い頃は酒豪でならしてたから
父は「ごくろうさん」って言いながら棺おけに酒パック入れてた。
それ見てたらすごく泣けて泣けて、あの時じーちゃんの体をゆすって
無理やりにでも起こしてたら・・・って思ったんだけど、
「じーちゃんは最後まで笑ってたんだから、お前もいい顔でお別れ言わんとな」
って父に言われたことを覚えてる。
下手な文でスマソ
654
田舎の国道でなんだけど、私の前を走っている軽自動車が
やけに遅い。でも追い越し禁止だったから、少し車間距離を
おいて走ってました。
大きなカーブを過ぎて橋にさしかかった時、対向車がすごい
スピードで対向車線を乗り越え前の軽自動車に正面衝突。
橋の上だったから私も思いきりハンドルを切って歩道側に
つっこみ、なんとか接触を免れました。
で、事故処理しようと思い、2台に近づくと、軽自動車には
おじいちゃんとおばあちゃんがシートベルトをして乗ってました。
「痛い痛い」って(たぶん肩を脱臼したのだと思われ)
言っていたので、救急車を呼びました。
で、ぶつかっていた方の運転手(若い男)がこっち側に
歩いてきて「大丈夫ですか?」って。顔を見たら血まみれで・・・。
で、「あんたも動いちゃダメ!」って言ったんだけど、
フラフラと動き回り突然なんかをドロドロと吐き出して倒れました。
そしてそのまま帰らぬ人に。
徹夜で彼女とドライブしてたらしい。
助手席の彼女はシートベルトしていて無事でした。
しばらく飯が食えなかったYO
656
俺が小さい頃、よく父方の祖母んとこに行ってた。
でもしばらくして両親が離婚して俺は母に引き取られたから
その祖母とは逢わなくなったんだ。
11年後、父がいきなり家にやって来た。
「おばあちゃんが倒れたから来てやってくれ。」
祖母が入院している病院に行き、11年ぶりに祖母と対面した。
病名は脳硬塞。
体にチューブが取り付けられ、薬の副作用か何かで
顔が膨れていて、あの頃の祖母とは別人のようだった。
意識も無く、ただ眠っているみたいだった。
「お母さん起きてや」
父が何度もつぶやき祖母の手を握っていたのを覚えている。
二ヵ月後に祖母が亡くなり、荼毘に付す前に
祖母の白い毛髪を手渡された時、俺も父も初めて涙が出た。
父方の祖母の死に目には逢えたけど
母方の祖母は阪神大震災で家の下敷になって亡くなったから
死を見取ってあげる事ができなかった。
その事が今でも俺の心に残っていたたまれません。
長々とごめん。
661
小学校時代ずっと好きだった男の子がいた。
ちょっと無口だけど力持ちでみんなに優しくて、クラス全員が慕ってた。
本当に『ヒーロー』だった。
その彼(S君)が中学2年の春休みに死んだ。
私の家の真裏の線路で、うちから20mくらい離れた場所で電車に轢かれた。
その日の夜、私の母がその事故を目撃した近所の人から話を聞いてきた。
S君は夕方、犬を散歩させていたという事。
その犬が何を思ったか突然走り出し土手を登って線路に飛び出したという事。
S君は「チビ!」と叫びながら犬を追いかけ、線路上で捕まえたという事。
その瞬間、電車がきたという事。
葬式当日、彼の両親にかける言葉は見つからなかった。
その事故から一年、私の両親と彼の両親が顔見知りだった事もあり
私は両親と一緒にS君の家を訪ねる事になった。
S君のお父さんとお母さんはなんとか笑えるようになっていた。
そして事故の話をしてくれた。
現場に駆けつけた時、S君の体は腰の辺りから真っ二つになっていたと。
そして彼の両腕には尻尾が切れ、震えてるチビが
しっかりと抱き締められていたと。
事故からしばらくの間、お父さんは
「あの子は何の為に生まれてきたんだ?」「犬を助ける為だけに生まれてきたのか?」
「もうチビを見るのはつらい。よそにやろう」そんな事ばかり考えていたらしい。
けれどお母さんが
「あの子がせっかく助けた命。せめて私達が精一杯かわいがってあげなくてどうするの?」
そう言ってくれたから、ちょっとだけだけど心の整理がついたと。
帰り際、S君のお母さんが裏口の方へ私達を呼んだ。
そこには尻尾の切れたチビがいた。
お腹の大きいチビがいた。
「あの子が残してくれた命、未来につなげていかなくちゃね」
S君のお母さんは優しく笑ってそう言った。
やっぱり彼は『ヒーロー』だった。  長文でゴメンナサイ
779
兄が中学一年 俺が小学三年のとき
母親が逝った
当時 当時朝の英会話のラジオを聞いていた兄は
毎朝早くに母に起こされてそれを聞いていた
ある日起きると母が自分の布団の足のほうで倒れていた(当時家族四人並んでで寝ていた)
うつ伏せで 目の前のテレビに手を伸ばしているようにみえた
おそらくいつもどおりみんなより早く起きたのだろう
「お母さん」と呼んだが反応が無い
ゆすってもなにも反応しない
慌てて 兄と父を起こした
父は直ぐに電話に向かった
兄は母の手を取り一言「脈が無い」といった
自分もすぐ確かめた・・・・たしかに無かった・・・・・
救急車が到着し母を運んでいった
父に言われて 仕方なく学校へ向かった 途中 兄と
「お母さん・・・大丈夫かな」とか話しながら トボトボ歩いた
なぜかそのときは母が死ぬなど微塵も思ってなかった
というかソンナ考えすらもってなかった
もともと 体は弱いらしくよく入院していたが・・・・・
学校は早退して病院に連れて行かれると
母はなんとか一命を取り留めたみたいだった
集中治療室の前で
そういえば倒れる3日くらいまえ
仕事から帰ってきた母が異様に寒がっていた
服の上から何十枚も掛け布団や毛布をかけても
「さむい・・・・さむい・・・・」と呟いていたことを思い出して
父、兄とその頃から具合が悪かったんだと話した
親戚も良く見舞いにきてくれ、2週間たったある日
なにやら大きな手術をすると父に言われ
その日は集中治療室の前にずっと居た
しばらくして 母が運び出された
出てきた母は既に死んでいた
しかし 子どもの自分には手術が成功したのだと思った
母に駆け寄ると 右耳が変な形になっていた
おそらく死後硬直とかだろうが 「きっとずっと寝ていたから耳が潰れたままになっちゃったんだ」
と思い 振り返り父に「ねぇ この耳ずっと引っ張っていたら治るかな?」
と聞いた その時 家に帰ってベランダに座っている自分に母が近づいてきて 自分は まだ潰れたままの耳を指差し
「ひっぱって 直してあげるよ」といい 母は 「そう?じゃあ お願い」といって
みみを向けてくるという想像をしていた
しばらくして霊安室とか葬式とかの単語を耳にしたとき初めて母が死んだのだと分かった
でもたぶん理解しては居なかったのだろう なにも感じなかったし涙も出なかった
それから葬式やら通夜やらで忙しかった
それらが終わった夜 親戚一同と祖父祖母の家に行っていて
夜になり 2階の部屋の一つで兄と寝ることになった
電気を消し 布団に入り しばらくして 兄が
「・・・・・お母さん・・・・死んじゃったね・・・・」
とボソリと言った。
その瞬間 頭の中に 「死んだ」って文字が 巨大化した
そしてその時初めて 泣いた 兄も泣き出した 二人して
声を殺しながら 泣きじゃくった
まぁそれから色々とあり
自分ももういい大人なのだが
社会的に見て いい大人しは言えないだろう人間
もし母が生きていたら もっとましな人間になっていたのだろうかなど
少しでも考えてしまう自分に嫌気が差す今日この頃
でももし 生きていたなら・・・・・・。 終わり
847

続き・詳細・画像をみる


【画像】しょこたんエロくて抜ける

翠星石 「金色の窓ですよ」

桜塚やっくん轢いたやつ可哀想すぎワロえない………

児童書110万円分を匿名寄贈

東日本大震災で韓国人ほど心からの慰めと激励を送った国民はない。なのに歴史歪曲を繰り返す日本

現時点でニコ生で配信された2013年秋アニメの満足度・・・やはり『キルラキル』が一番満足度がいいな

もぅマヂ無理。彼氏が別れた。

【悲報】 韓 国 G P 大 失 敗 wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

【あの花】めんまの等身大フィギュアがヤバイwwwwwwwwwwwwwwwww

韓国人女性(82) 「日本に行けば金を稼げるとだまされた。従軍慰安婦と間違われ、精神的苦痛を受けた」

F1韓国GP またしてもめちゃくちゃに

サシャ「もぐもぐ」エレン「何食ってんだ?」サシャ「アルミンです」

back 過去ログ 削除依頼&連絡先