サンジ「ちょっと付き合えよウソップ」back

サンジ「ちょっと付き合えよウソップ」


続き・詳細・画像をみる

1:
ウソップ「あ?なんだよサンジ」
サンジ「いいからこい」
ウソップ「?」
ルフィ「なんかやらかしたのかウソップ?」
チョッパー「怒られるようなことしたのかー?」
ウソップ「いやぁ…さっぱりわからねぇ」
ルフィ「まーサンジを怒らせるとコエーからいってこいよ」
チョッパー「飯抜きにされちまうからなー」
ウソップ「うげ!そりゃ勘弁だぜ!」
5:
男部屋
ウソップ「サンジ?」ガチャ
サンジ「おう、きたか…」
ウソップ「なんの用だよ?おれはつまみ食いなんてしてねーぞ」
サンジ「…………」
ウソップ「な、なんか言えよ…おれは怒られることなんてなにもしてないからなー!」
サンジ「なぁウソップ…おまえ……」
サンジ「女と…付き合ったことあるか?」
ウソップ「…………は?」
8:
ウソップ「なんでそんなこと聞くんだよ?」
サンジ「だ、だってよ…おまえくらいにしか聞けねーじゃねぇか」
サンジ「ゴムやタヌキや緑はあるわけねーしよ…」
ウソップ「フランキーとブルックは?」
サンジ「ロボと骨は…聞かなくてもわかる。あれだけ歳食ってりゃ女の一人や二人と付き合ったことくらいあるだろ」
ウソップ「聞かなくてもわかるってより聞くのが怖いんだろおまえ」
サンジ「だってよ…おれもう二十歳越えたのに一度も女と付き合ったことねーんだよ!」
ウソップ「へぇ。見た目は悪くないのにな。でも中身がアレだから仕方ねぇな」
10:
サンジ「うるせぇ!おれだってなぁ…ガキの頃からずっと料理ばかりでまともに女と触れ合ってこれなかったんだ!」
サンジ「がっつきたくもなるじゃねーか!そうだろウソップ!!」
ウソップ「いや知らねぇよ。そういやおまえ、二年女と会えないだけでおかしくなってたな」
サンジ「で、本題だ!…女と付き合ったことあるか!?」
ウソップ「いや…おれもねぇよ」
サンジ「本当か!?」
ウソップ「あ、あぁ…おれは海賊になるまで村から出たこともねーからな。歳が近い女と話す機会なんてなかったんだ」
サンジ「嘘つけ!聞いてるぞウソップ!てめぇの村には麗しのお嬢様がいて仲もよかったってな!」
11:
ウソップ「カヤのことか!?あ、あいつは別にそんなんじゃ…」
サンジ「黙れ!美しいお嬢さんと幼少期を共に過ごして恋に落ちないわけがねーだろ!」
ウソップ「おまえの基準でものを考えんなー!」
サンジ「クソが!羨ましいぞ畜生!鼻のくせに!」
ウソップ「とにかく落ち着けって!」
サンジ「はぁはぁ…」
サンジ「…………」
サンジ「じゃあよ…ウソップ…」
ウソップ「な、なんだ?」
サンジ「セックス…したことあるか?」
ウソップ「ブッ…な、なに言ってんだよ!」
13:
サンジ「あるのか!?ねぇのか!?」
ウソップ「ねーよ馬鹿!」
サンジ「そうか……どんなんだろうな…」
ウソップ「知らねぇって…気持ちいいとは聞くがよ…」
サンジ「はぁ…してみてぇなセックス…このまま一生童貞なんてごめんだぜ…」
ウソップ「じゃあ女作れよ」
サンジ「オロスぞクソ野郎!!それが出来ないからこっちは悩んでんだよ!!」
ウソップ「す、すまん!悪かった!」
14:
サンジ「……どんな具合なんだろうな…女の中って…」
ウソップ「さぁ…」
サンジ「やっぱ手なんかよりいいんだろうな…」
ウソップ「……おれもう戻っていいか?」
サンジ「なんだよノリ悪いな。たまには猥談しようぜ猥談」
ウソップ「いやぁ…おれもその手の話は嫌いではねーんだけどよ…お前が必死過ぎてよ」
16:
サンジ「じゃあてめぇはセックスしたくねーって言うんだな!?あァ!?」
ウソップ「別にそうとは言わねぇけどよ…おれも男だし…」
サンジ「だろォ?ああ…一度でいいから生身の女の具合を味わってみてぇ…」
ウソップ「おれに言ってもしょうがねーだろ」
サンジ「……ウソップよぉ…思いついたんだがよ」
ウソップ「ん?」
サンジ「生身の女の…あれとそっくりな穴をなんとかして作れねぇもんかな」
ウソップ「…………発想が最低だよお前」
17:
サンジ「できるはずだろ!?お前なら!」
ウソップ「まぁ人肌に近い柔らかい素材を加工すりゃなんとかなるかもな」
サンジ「だろ!?」
ウソップ「ただな…生身の女のあれがわからねぇからそっくりなもんは作れねぇよ」
サンジ「!!……そう…か。いや、そうだよな…」
ウソップ「おれ達の限界を思い知ったか」
サンジ「…………」
サンジ「知ってるかウソップ」
ウソップ「なんだよ」
18:
サンジ「女は前だけじゃなくて後ろの穴でもできるらしい」
ウソップ「はぁ!?後ろの穴って……ケツの穴かよ!?」
サンジ「そこでも開発すりゃ女側も気持ちよくなれるみたいだ」
ウソップ「へ、へぇ……いやでもケツの穴はさすがに抵抗あるぜ…」
サンジ「男側は前の穴とはまた違った気持ちよさを味わえるらしい」
ウソップ「どっちも穴だからな」
サンジ「そこでだウソップ…ケツの穴は女も男も一緒だろ?」
ウソップ「そりゃな…」
サンジ「………………」
ウソップ「…………お前……まさか……」
21:
サンジ「男も女もケツの穴の具合は同じだ…」
ウソップ「ま、まてサンジ!男のケツの具合を参考にして作ろうってのか!?冗談じゃねぇよ!」
サンジ「……だがな…おれは生身の身体を味わってみたいんだ…」
ウソップ「ふざけんなよ!大体そんなもんに付き合う奴がいるわけねぇ!」
サンジ「…お前がいるだろ?」
ウソップ「……!?」
サンジ「なぁウソップ…いいだろ…?」
ウソップ「ぎゃあああああ!!く、くんな!!あっち行けよ!!」
22:
サンジ「一度だけだから…な?」
ウソップ「馬鹿言え!!おれにそんな趣味はねぇよ!大体お前は度が越えた女好きじゃねぇか!なにをとちくるって…!」
サンジ「おれだってやれることなら女としたい。だが…」
サンジ「予行練習としてなら…お前とするのも悪くねぇなってな…」
ウソップ「な…!?」
サンジ「そんな怯えんなよ。すぐ終わらせるからよ…」
ウソップ「う、うるせーっ!見損なったぜサンジ!まさかてめぇがそこまで見境いないエロガッパ野郎だったなんてよ!!」
23:
サンジ「…………」
ウソップ「……な、なんだよっ…」
サンジ「…………」
ウソップ「う……お、怒ったのか…?頼むから蹴るのはやめ…」
サンジ「…お前がいいんだ」
ウソップ「……え?」
サンジ「お前としたいんだ…ウソップ」
ウソップ「っ!」
25:
サンジ「確かに今のおれはちょっとおかしいのかもしれない…けどお前としたいって…本気で思ってるんだ」
ウソップ「…………」
サンジ「普段のおれは女をナンパしてばっかだがよ…今この瞬間は…お前だけ見ていたい。そしておれだけを見てほしいんだ」
ウソップ「サ、サンジ…」
サンジ「……チッ…今だけは…言えなかったことを言ってやる…」
サンジ「空島でナミさんを一緒に助けにいったとき、エネルにやられたおれを助けに戻ってくれたよな」
ウソップ「そりゃ仲間だから…当然だろ…」
28:
サンジ「一度一味を抜けたお前が海列車で共にロビンちゃんを助けようと戦ってくれたとき…」
サンジ「弱いくせに自分よりもクソ強い敵に立ち向かってたとき…」
サンジ「おれには出来なかった、ロビンちゃんを狙撃で守ってくれたとき…鍵を届けてくれたとき…」
サンジ「シャボンディ諸島でパシフィスタにやられたおれを気遣ってくれたとき…」
サンジ「おれは…お前のことを…」
ウソップ「…………」
30:
サンジ「……悪いな。忘れてくれ…」
ウソップ「…………いや…よ…」
ウソップ「おれだって…お前には助けられっぱなしでよ…弱いおれをフォローしてくれたり守ってくれたり…」
ウソップ「……おれだって…お前には感謝してるよ…」
サンジ「ウソップ…」
ウソップ「…………いいぜ」
サンジ「え…?」
32:
ウソップ「お前が本気だってわかったからな……仲間がしたいって言うならおれは協力するよ」
サンジ「お前…!」
ウソップ「いつか言ってくれたよな。お前にできないことをおれがやる。おれにできないことをお前がやれ」
ウソップ「おれがお前のためになにかできるっていうならさ…してやりたいって…思うんだ」
サンジ「っ……」
ウソップ「た、ただし…痛かったらやめるからな!」
サンジ「……あぁ…!」
33:
…………
………
……
ウソップ「いいか…くれぐれも…そ、その…」
サンジ「ん…?」
ウソップ「……や、優しく…だからな…?」
サンジ「…………ぷっ…」
ウソップ「!?な、なんで笑うんだよ!?」
サンジ「いや…可愛いなって思ってよ…」
ウソップ「んなっ…へ、変なこと…言うんじゃねーよ…」
サンジ「……チュッ」
ウソップ「ひっ…!?」ビクッ
サンジ「ほら。可愛いじゃねぇか」
ウソップ「ぐ、うぅ…!」
35:
サンジ「へへ……顔が赤いぜ」
ウソップ「う、うっせー…気のせいだ…変態…」
サンジ「素直になれよ……綺麗な身体してんだな」サワサワ
ウソップ「う…うぅ…」
サンジ「安心しな…どうせだからちゃんとお前も気持ちよくしてやるさ…」
ウソップ「そ、それはそれでなんか嫌なんだが…」
サンジ「いくぞ…力抜け……んっ…!」
ウソップ「……あぅっ…!」
37:
ガチャッ
サンジ「…………」カチッシュボッ
サンジ「……フゥー…」
ルフィ「あ、おいサンジ!」
サンジ「んー?」
チョッパー「ウソップはどこいったんだ?」
ルフィ「今から釣りするからウソップの釣竿かしてほしいんだけどよー。ウソップがいねぇんだ」
サンジ「あぁ。部屋で寝てるよ」
ルフィ「なんだ昼間っから寝てんのか?ゾロみたいなやつだなー」
チョッパー「顔に落書きしてやろーぜルフィ!」
ルフィ「にっしっしっし。いいなそれ!」
サンジ「まて」ゲシッ
38:
ルフィ「んがっ!なにすんだよサンジー」
サンジ「そっとしといてやれ。疲れてんだよあいつ」
ルフィ「そっかー。そらしょうがねぇなぁー。つまんねーけど」
チョッパー「なー」
サンジ「今からおやつでも作ってやっからよ」
ルフィ「本当かー!?」
チョッパー「おぉ!なんだかよくわからねーけど今日のサンジは優しいぞ!」
ルフィ「でもなーんか今日のサンジはいつもよりも増して不気味だなー…どうしたんだサンジ?」
サンジ「へっ…おれは恋するコックさんだからなぁ。惚れた相手にゃ弱いのさ…」
HAPPY END
4

続き・詳細・画像をみる


P「真美、なにやってるんだ?」真美「んっふっふ→」

もしアニメのブルーレイが1000円で発売だったら

鍛冶屋が再現した秀吉の槍、ガチすぎて銃刀法にひっかかる

【山口】 「牛乳がいつもと違う」謎の事件 給食で児童から指摘相次ぎ提供中止、検査するも異常なし

卵は冷蔵庫に保存するべき?それとも室温で保存するべき? 結果どっちでもええねん

【進撃の巨人】「ミカサ」の中国人コスプレイヤーが可愛すぎると話題

back 削除依頼&連絡先