風云屋十品目 九品目 ( ´_ゝ`) 猫まんま 二杯半目(★★・・・・・・)back

風云屋十品目 九品目 ( ´_ゝ`) 猫まんま 二杯半目(★★・・・・・・)


続き・詳細・画像をみる


 
         §_,,,,,_
         §=o=ム
              §.゚iニi゚)
     ∧∧      (§::::i)
    (´゚д゚)      (つ§ノ
 カチッ    (i,=y=)     §(/ 
 __________(入__ヽ     § 
 | __________  |(ノ       § 
 | |           | |     §     
 | | i 再生 i    │ |   _   §       __    ?♪?♪
 | |           | |    /____\        § .  ∧,∧    _{__ヘ'_  ∧_∧
 | |     ___ | |     (゚¥゚  )   ,、,、     A_A 〈l〉〈l〉)    A_A ∩∧_∧ (.・∀・ ,)b
 | |    (l_。/>..| | ~・━y 〕〔 ) φ_φ)  (д`;) /. }う且~   ( ・∀・) l(<_゚ ,)   (〉∞〈 ノ
 |   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ (・  ,,)   . |  _(_つと_)__.uu⌒)?ccУノっと__ー!_)____. (l∞l  )     ヽ    ,)   (_)  | )) 
 | °° _  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
214
 
 ┌─────────────────────‐
 │
 │  正しい「概念」があり、間違った「現状」がある
 │
 └─────────────────────
 _[☆:::}  _[☆:::}  _[☆:::}   _[☆:::}  _[☆:::}   _[☆:::}
 (゚lエl゚:::)       (゚lエl゚:::)    (゚lエl゚:::)    (゚lエl゚:::)   (゚lエl゚:::)    (゚lエl゚:::)
=y[☆:::}ヽ  -t=yc_[☆:::}}ヽ  -t=yc_[☆:::}}ヽ  -t=yc_[☆:::}}ヽ.-t=yc_[☆:::}}ヽ  -t=yc_[☆:::}}ヽ
 (゚lエl゚:::)       (゚lエl゚:::)    (゚lエl゚:::)    (゚lエl゚:::)   (゚lエl゚:::)    (゚lエl゚:::)
=y[☆:::}ヽ  -t=yc_[☆:::}}ヽ  -t=yc_[☆:::}}ヽ  -t=yc_[☆:::}}ヽ.-t=yc_[☆:::}}ヽ  -t=yc_[☆:::}}ヽ
 (゚lエl゚:::)       (゚lエl゚:::)    (゚lエl゚:::)    (゚lエl゚:::)   (゚lエl゚:::)    (゚lエl゚:::)
=y[☆:::}ヽ  -t=yc_[☆:::}}ヽ  -t=yc_[☆:::}}ヽ  -t=yc_[☆:::}}ヽ.-t=yc_[☆:::}}ヽ  -t=yc_[☆:::}}ヽ
 (゚lエl゚:::)       (゚lエl゚:::)    (゚lエl゚:::)    (゚lエl゚:::)   (゚lエl゚:::)    (゚lエl゚:::)
=y[☆:::}ヽ  -t=yc_[☆:::}}ヽ  -t=yc_[☆:::}}ヽ  -t=yc_[☆:::}}ヽ.-t=yc_[☆:::}}ヽ  -t=yc_[☆:::}}ヽ
 (゚lエl゚:::)       (゚lエl゚:::)    (゚lエl゚:::)    (゚lエl゚:::)   (゚lエl゚:::)    (゚lエl゚:::)
=y[☆:::}ヽ  -t=yc_[☆:::}}ヽ  -t=yc_[☆:::}}ヽ  -t=yc_[☆:::}}ヽ.-t=yc_[☆:::}}ヽ  -t=yc_[☆:::}}ヽ
 (゚lエl゚:::)       (゚lエl゚:::)    (゚lエl゚:::)    (゚lエl゚:::)   (゚lエl゚:::)    (゚lエl゚:::)
=y[☆:::}ヽ  -t=yc_[☆:::}}ヽ  -t=yc_[☆:::}}ヽ  -t=yc_[☆:::}}ヽ.-t=yc_[☆:::}}ヽ  -t=yc_[☆:::}}ヽ
 (゚lエl゚:::)       (゚lエl゚:::)    (゚lエl゚:::)    (゚lエl゚:::)   (゚lエl゚:::)    (゚lエl゚:::)
=y[☆:::}ヽ  -t=yc_[☆:::}}ヽ  -t=yc_[☆:::}}ヽ  -t=yc_[☆:::}}ヽ.-t=yc_[☆:::}}ヽ  -t=yc_[☆:::}}ヽ
 (゚lエl゚:::)       (゚lエl゚:::)    (゚lエl゚:::)    (゚lエl゚:::)   (゚lエl゚:::)    (゚lエl゚:::)
=y[☆:::}ヽ  -t=yc_[☆:::}}ヽ  -t=yc_[☆:::}}ヽ  -t=yc_[☆:::}}ヽ.-t=yc_[☆:::}}ヽ  -t=yc_[☆:::}}ヽ
 (゚lエl゚:::)       (゚lエl゚:::)    (゚lエl゚:::)    (゚lエl゚:::)   (゚lエl゚:::)    (゚lエl゚:::)
=y[☆:::}ヽ  -t=yc_[☆:::}}ヽ  -t=yc_[☆:::}}ヽ  -t=yc_[☆:::}}ヽ.-t=yc_[☆:::}}ヽ  -t=yc_[☆:::}}ヽ
 (゚lエl゚:::)       (゚lエl゚:::)    (゚lエl゚:::)    (゚lエl゚:::)   (゚lエl゚:::)    (゚lエl゚:::)
=y[☆:::}ヽ  -t=yc_[☆:::}}ヽ  -t=yc_[☆:::}}ヽ  -t=yc_[☆:::}}ヽ.-t=yc_[☆:::}}ヽ  -t=yc_[☆:::}}ヽ
 (゚lエl゚:::)       (゚lエl゚:::)    (゚lエl゚:::)    (゚lエl゚:::)   (゚lエl゚:::)    (゚lエl゚:::)
=yc人 ^ヽ  -t=yc人 ^ヽ  -t=yc人 ^ヽ  -t=yc人 ^ヽ  -t=yc人 ^ヽ  -t=yc人 ^ヽ
  |  -|lニ)  |  -|lニ)  |  -|lニ)    |  -|lニ) |  -|lニ)  |  -|lニ)
    ┌──────────────────────
    │
    │ たとえば「政治家は国益を守る」という概念があり、
    │ 「売国政治家がはびこる」という現状がある。
    │
    └──────────────────────
215
 
  ┌─────────────
  │政治家が国を守るのは当然だ。
  │だがしかし、
  └─────────────
                / ̄〉
       /  /
              /  /
       ∧__∧ ギ シ …
               / / } |
      〈 {__/ i|
             / ̄/iト、._/
       /   ′! ∧
               /  /  i|/:.∧
     /  ∧_゙|  |
             /  / .|  |
                     〈  7‐-、__|  |
       \/  i|    /
              / ̄.:/     i「  ̄
                  /  _/_ | ̄`ヽ
     /  ハ    ト :∧
         /  /  ‐-  _ノ ∨/ :∧
                                    ∨/ :∧  ┌───────────────────
        │売国政治家も、何かの信念や意志があり、
        │八つ裂きにされる覚悟の元に「悪」を行うなら
        └┬──────────────────
          │少なくとも胸を張って地獄に逝けばいい。
          └─────────────────
216
 
 ┌─────────────────
 │
 │ では胸を張る資格も無いクズとは?
 │
 └──────v──────────
  |圭圭≧圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭≦圭圭圭≧圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭≦圭圭圭l
  |圭圭圭≧圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭≦圭圭圭≧圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭≦圭圭圭圭l
  l圭圭圭圭圭≧圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭≦圭圭圭圭圭圭≧圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭≦圭圭圭圭圭l
  |圭圭圭圭圭圭ミ: : : : :ヽ ゞ='' /: : : : : /圭圭圭圭圭圭圭圭ミ: : : : :ヽ ゞ='' /: : : : : /圭圭圭圭圭圭リ
   l圭圭圭圭圭圭圭≧xュ: : :`: :´: : : :x≦圭圭圭圭圭圭圭圭圭≧xュ: : :`: :´: : : :x≦圭圭圭圭圭圭汐
     l圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭沙'
    l圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭沙'
        ┌───────^───────────────
        │売国政治家がはびこる現状にへらへら笑みを浮かべ、
        │「社会ってそういうもんだよ」などと、
        └┬──────────────────────
         │「善」にも「悪」にもつかずに、
         │エラそーに他人事ぶる卑怯者。
         └─────────────
217
 
       _____       
    ./  _,.-‐' ̄/     
  /  /  /  .┌────────────
  /  / \  /       │たまにいるだろ?
  | /     ×      │法や正義を熱く語る善人を、
  | /  /  \   └┬─────────────
  |/  /  \     │「社会の汚さ舐めてんの?」とか
  lレ'"   \       │言って冷笑する卑怯なゴミだよ。
                 \    .└────v─────────
                 .,\,,..  
       _ A_A  ___  .. ┌─────────────────‐
       γ. ( ・∀・ ) `ヽ`ヽ   <. 世の犯罪不道徳が横行している事を、
       l (l, :  と   l  l   │「社会の常」とか言って何故か
        ( ̄`'::(つ_、 ヽー':''´ ̄) ̄)   │自分が「分かってる」と勘違いするクズさ。
      |  (_)  .| | ...└─────────────────‐
        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      _  
      _[==]_ 
     [==][==]
    rュ   ,,,,_,,,,        rュ
    lil  ;( W  );     lil
     旡己旡己旡己旡己旡己旡己旡己
    lil  ;旡己旡);       lil
     ~~~     ~~~
218
 
       _____       
    ./  _,.-‐' ̄/     
  /  /  /  .┌────────────────
  /  / \  /       │強者が弱者を苛めるのも「社会の常」。
  | /     ×      │公務員が汚職するのも「社会の常」。
  | /  /  \   └┬──────────────────
  |/  /  \     │その「悪行」が社会に溢れてるからって、
  lレ'"   \       │何故か糾弾する人のほうを嘲笑うヤツら。
                 \    .└────v─────────────
                 .,\,,..  
       _ A_A  ___  .. ┌───────────────────────
       γ. ( ・∀・) `ヽ`ヽ   <. かといって、そいつらは「悪」の側にいるわけじゃない。
       l とl, :  つ ...l  l   │「一般人」という被害者側にいながら、
        ( ̄`'::(つ_、 ヽー':''´ ̄) ̄)   │「行動する一般人」をこきおろす、そういう連中だ。
      |  (_)  .| | ...└───────────────────────
        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      _  
      _[==]_ 
     [==][==]
    rュ   ,,,,_,,,,        rュ
    lil  ;( W  );     lil
     旡己旡己旡己旡己旡己旡己旡己
    lil  ;旡己旡);       lil
     ~~~     ~~~
219
 
       _____       
    ./  _,.-‐' ̄/     
  /  /  / 
  /  / \  /       \WWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWW/
  | /     ×       ≫           ≪
  | /  /  \     ≫ ねーねーパパァー今日学校で先生がねー!    ≪
  |/  /  \      ≫ 宿題忘れた子を裸にしてチン○突っ込んでたんだぁー酷いねー!  ≪
  lレ'"   \       ≫        コウギシテヨー  ≪
                 \    /MMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMM\
                 .,\,,..  
       _A_ 三 _A   \WWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWW/
       U'(;∀;三・Q.)ヽ`ヽ    ≫           ≪
       l ヽl, : Gノ l  l     ≫ バカモンそいつは移民のガキだ!     ≪
        ( ̄`'::(つ_、 ヽー':''´ ̄) ̄)  ≫ お前もケツの穴洗浄して社会の厳しさに備えなさーいファックファック! ≪
      |  (ノ    | |   ≫           ≪
        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /MMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMM\
      _  
      _[==]_ 
     [==][==]
    rュ   ,,,,_,,,,        rュ
    lil  ;( W  );     lil
     旡己旡己旡己旡己旡己旡己旡己
    lil  ;旡己旡);       lil
     ~~~     ~~~
220
 
       _____       
    ./  _,.-‐' ̄/     
  /  /  /  
  /  / \  /       
  | /     ×      
  | /  /  \    ┌─────────────
  |/  /  \     │人間、「社会」を言い訳にして
  lレ'"   \       │善悪を見なくなったらお終いさ。
                 \    .└────v─────────
                 .,\,,..  
       _ A_A  ___  .. ┌────────────────‐
       γ. ( ・∀・) `ヽ`ヽ   <. 完全に「受身」の生き方だ。
       l (l, :  と   l  l   │人間は常に選ばなきゃいけないんだ。
        ( ̄`'::(つ_、 ヽー':''´ ̄) ̄)   └┬───────────────
      |  (_)  .| | .│善たるか、悪たるか。
        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     .. .└─────────
      _  
      _[==]_ 
     [==][==]
    rュ   ,,,,_,,,,        rュ
    lil  ;( W  );     lil
     旡己旡己旡己旡己旡己旡己旡己
    lil  ;旡己旡);       lil
     ~~~     ~~~
221
 
       _____       
    ./  _,.-‐' ̄/     
  /  /  /  
  /  / \  /       
  | /     ×      
  | /  /  \   
  |/  /  \    
  lレ'"   \      
                 \   
                 .,\,,..  
       _ A_A  ___  
       γ. ( ・∀・) `ヽ`ヽ 
       l (l, :  と   l  l   
        ( ̄`'::(つ_、 ヽー':''´ ̄) ̄)  
      |  (_)  .| | 
        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    
      _  
      _[==]_ 
     [==][==]
    rュ   ,,,,_,,,,        rュ
    lil  ;( W  );     lil
     旡己旡己旡己旡己旡己旡己旡己
    lil  ;旡己旡);       lil
     ~~~     ~~~
----------------------------------------------------------------------------
222
 
       _____       
    ./  _,.-‐' ̄/     
  /  /  /  
  /  / \  /       
  | /     ×      
  | /  /  \   ┌─────────────
  |/  /  \    │感謝したまえ。フォークスクン。
  lレ'"   \      │私は明確な「悪」だ。
                 \  .└───v─────────‐
                 .,\,,..  
       _ A_A  ___  
       γ. ( ・∀・ )ミ  `ヽ`ヽ 
       l (l, :  と   l  l   
        ( ̄`'::(つ_、 ヽー':''´ ̄) ̄)  
      |  (_)  .| | 
        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    
      _ ┌─^───────────────‐
      _[==]_ .│キミ達先住民を殺してきた黒幕は、
     [==][==]...│卑怯でクズな「冷笑社会」の目だったろう
         └┬────────────────
          │偽善的なアメリカ国民の「民意」だった
    rュ   ,,,,_,,,, ..└────────────────
    lil  ;( W  );     lil
     旡己旡己旡己旡己旡己旡己旡己
    lil  ;旡己旡);       lil
     ~~~     ~~~
223
 
   ┌──────────────────────
   │
   │ 人殺しを悪と知りながら、インディアン殺しだけは
   │ 「例外」にしてきた偽善社会。
   │
   └─────────y────────────
    /\  /ヽ
    l ノノ`'''"´  ̄ `ヾ-、l    
    l'/  .:::   ヽ l
    ヽ i`  :::l/
    _,.....--/l,`ヽ :::、_  _,./
   ,-‐'''"´` iilllゞヽ ヽ  /
   / -‐=- ヾ、\ ,>、ヽ ー=:/
  /,.  ,.....、  トヽヽ/r=Y ̄´-、  ヽ
  / / /.::'''" ヽ  ::::::.ヽ/ノl '  j.ヽ ┌)\─────────────────
 / /  / ,.......、 jll ''::::ノー::: ::::/  '、 │彼らはキミ達に施される「悪」を知りながら、
 // -''' `、\::l  l´ ,  ゝ、 ....│それを是認し、しかも「正義」を自称する。
 ./ l  / /l l /::l  l ,........、 , ''"ヽ   └──────────────────
  ./::::../l 、__ー=:::.、 l,:::. ,jl _ .....::::::: ::::::. \
  l:::/.....::::l'' "....::ー= .l::::::..../::_,.=、ー?= _,...ーー ヽ    ヽ
./´::::::::::.....ヽ_,.ー´ ̄ `ヽY'´ `ヾ、?''"  ,.-‐j  ヽ     ┌──)\─────────────────
.j,....、:::::.... ヽ  .`ーヽ    ,...ニ=、_,./-= 〉     . │死に行くキミ達を暴力的な「蛮族」だと言い、
/jl,イ`ー==ヽ、_?、  ヽ-‐'''" У´ _,. _/ー-、 │「罪」をおっかぶせようとする最低の連中だ……
/ / .:  ::: .j `ー-、 ? 、 ヽ、 /ー、 ,/  `ヽ└────────────────────
224
 
   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ┃
   ┃ 私 は 違 う 。 こ の 国 の ト ッ プ は 。
   ┃
   ┗━━━━━━━━┳━━━━━━━━━
    /\  /ヽ
    l ノノ`'''"´  ̄ `ヾ-、l    
    l'/  .:::   ヽ l
    ヽ i`  :::l/
    _,.....--/l,`ヽ :::、- 、 .,.、/
   ,-‐'''"´` iilllゞヽ ヽ ⌒ .´/ クッ
   / -‐=- ヾ、\ ,>、ヽ`ー=/
  /,.  ,.....、  トヽヽ/r=Y ̄´-、 ....━┓
  / / /.::'''" ヽ  ::::::.ヽ/ノl '  j.ヽ ┏┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 / /  / ,.......、 jll ''::::ノー::: ::::/  '、    ┃過去現在の総ての「罪」を認め、
 // -''' `、\::l  l´ ,  ゝ、 ┃「悪」として「審判者」と「復讐者」を駆逐する。
 ./ l  / /l l /::l  l ,........、 , ''"ヽ ...┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ./::::../l 、__ー=:::.、 l,:::. ,jl _ .....::::::: ::::::. \
  l:::/.....::::l'' "....::ー= .l::::::..../::_,.=、ー?= _,...ーー ヽ   ━┓
./´::::::::::.....ヽ_,.ー´ ̄ `ヽY'´ `ヾ、?''"  ,.-‐j  ヽ     ┏━━┻━━━━━━━━━
.j,....、:::::.... ヽ  .`ーヽ    ,...ニ=、_,./-= 〉     . ┃「悪」が生き残る唯一の術は
/jl,イ`ー==ヽ、_?、  ヽ-‐'''" У´ _,. _/ー-、 ┃「正義をつくろう」事ではない。
/ / .:  ::: .j `ー-、 ? 、 ヽ、 /ー、 ,/  `ヽ┗┳━━━━━━━━━━━━━━━━
              ┃「悪を完遂する事」だ。
              ┃宿命に背を向けず、勝者となる事だ。
              ┗━━━━━━━━━━━━━━━━
225
 
     ┌───────────────
     │侵略国家が正義を語ると、
     │国民は永劫に苦しまねばならない。
     └┬─────────────────
      │永久に良心を誤魔化し、
       │矛盾だらけの歴史を抱えねばならない。
       └─────v───────────
       _ A_A  ___  
       γ. ( ・∀・::) `ヽ`ヽ 
       l (l, :  .l)   l  l   
     ┌───────^────────
     │「正義」はインディアンにくれてやり、
     │矛盾無き「戦闘者」を名乗るべきなのだ。
     └┬────────────────
      │いずれ実現する事を祈ろう……
       │「悪の誇り」こそが、幸せなのだ。
       └─────────────ー
226
 
   ┌───────────────────
   │
   │  「正義」は重過ぎる。
   │
   └───────────────────
   ┌───────────────────────
   │
   │ ほころびがあれば、全人類に責められるのだから。
   │
   └───────────────────────
227
 
       _____       
    ./  _,.-‐' ̄/     
  /  /  /  
  /  / \  /       
  | /     ×      
  | /  /  \   
  |/  /  \    
  lレ'"   \      
                 \   
                 .,\,,..  
       _ A_A  ___  
       γ. (.・∀・ ) `ヽ`ヽ 
       l (l, :  .l)   l  l   
        ( ̄`'::(つ_、 ヽー':''´ ̄) ̄)  
      |  (_)  .| | 
        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    
      _  
      _[==]_ 
     [==][==]
    rュ   ,,,,_,,,,        rュ
    lil  ;( W  );     lil
     旡己旡己旡己旡己旡己旡己旡己
    lil  ;旡己旡);       lil
     ~~~     ~~~
    ┌─────^──────
    │民に「悪」を自称させて……
    │何故「王」たりえる……?
    └───────────ー
228
 
       _____       
    ./  _,.-‐' ̄/     
  /  /  /  
  /  / \  /          ┌──────────────
  | /     ×        │事実を矛盾無く誇りと変える。
  | /  /  \      │真に民の魂を救う術だ……
  |/  /  \        │それに、大統領は「王」じゃぁない。
  lレ'"   \ .└───v───────────
                 \   
                 .,\,,..  ⌒
       _  ⌒ ____     .┌───────────────────
       γ .rA_A-、 `ヽ`ヽ │それもアメリカの「病」だ。
       l (.・∀・ )l)   l  l < 大統領風情しか「頂点」を飾る人間が居ない。
        ( ̄`'::(つ_、 ヽー':''´ ̄) ̄)   └───────────────────
      |  (_)  .| | 
        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    
      _  
      _[==]_ 
     [==][==]
    rュ   ,,,,_,,,,        rュ
    lil  ;(  W );     lil
     旡己旡己旡己旡己旡己旡己旡己
    lil  ;旡己旡);       lil
     ~~~     ~~~
229
 
   ┌───────────────
   │アメリカには深い歴史が無い。
   │さらに民主主義を至高としたせいで
   └───────────────
          //\
          <: < ┼ >
          ││:│:│
          ││ │
     / ー┴┘ └─‐' \
     < ┼─ ‐ 〈 0 〉 ‐ ─┼ >
     、\_ォ‐─┐ ┌─‐ 、_/
      \_,ォ.‐┐│ ├─ 、_/
          ││ │
          ││ │
          ││ │
          ││.│.│
          ││:│:│
          <: < ┼ >
           \\/
┌──────────────
│他国の王や皇帝、天皇に値する
│「誇りとすべき頂点」が無い。
└──────────────
    ◯      _______
      //     ____/ ,,;|||||||||!!"\___
    // |\_____/ |||||| ,||||" ,,;;|||||||!"  ,,,;;;||/
     // │ `||||||、 `|||、  |||||  ,||||"  ,,;|||||||" ,,,;;;||||||/
     // │  `|||||、 ||||  |||| ,|||" ,,;;|||||" ,,,,,;;;|||||||||||(
      //  │||ii、 `!||||、 `|||,,,||||,,,|||" ,,;||||" ,,,,,;;||||||||||||!!!!"" )
    // │!!|||||||ii、  `|||,,;||||||||||||||||||||" ,,,,;;;;||||||!!!""  /
     //  │ ""''!!!||i;:|||||||||||||||||||||||||;ii|||!!!""   |
    // /,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,||||||||||||||||||||||||||||||||,,,,,,,,,,,,,,;;;;;iiiiiiiiiiiii|||||||||i
     // /||||||||||!!!!!!""|||||||||||||||||||||||||||||||"!!!!!!!!!!||||||||||||||||||||||i
    // / ,,,,,,,;;iiii|||||||||||||||||||||||||||||iiii,,,,,,   """""|
  // / ,,,;;iii||||||!!!"" ||||||||||||||||||||||||| `!!!!|||||||iii,,,,,   |
    // /|||||||||||!"" ,;i|||!"`|||"|||!!!|||: `|||l、 `!!!!||||||||||||iiii、 /
   // /||||||||!!" ,,;;|||||!" ,i|||' |||| `|||、 `|||||、  `'!!!!!|||||||||||||(
   //<|||||||||" ,,;;i|||||!' ,||||" |||| ||||、 `!!|||||i  `!!!!|||||||||\
  // \__ ,,,;;i|||||||" ,;|||||" ,|||||__|||||、__`||||||||i、/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   //  \________/ ̄   ̄  ̄ ̄ ̄
  //
      ┌─────────────────
      │だからアメリカは、たかが政治家、
      │軍の最高指令者である「大統領」如きを
      └┬────────────────
       │頂点に据えるしか無かったのだ。
       └──────────────
230
 
   ┌───────────────
   │「国民みんなが主人公」……
   │それで喜んでるうちはいい。だが、
   └────────v──────
                       ┌────────────────
            A_A  │激動の国際時代において、
         ( ・∀・ )   < 「この方が居られるから大丈夫」と言う
       (了 :  l) .└┬───────────────────
          │「精神的支柱」たる「絶対頂点」がいない事は、
           │あまりに無防備な事なのだ。
        └───────────────────
    ┌───────^─────ー
    │だから見たまえ!
    │アメリカは今、迷走の極みだ!
    └─────────────
231
   
    ┌──────────────────ー
    │大統領の寿命はたった4年だぞ。
    │運がよければ8年、奇跡が起これば12年!
    └───────v───────────
         ┌───────────────
         │「出来が悪ければ替えればいい」。
      ,、 jヽ、  .│その程度の存在は国の
      l/7''?'、ゝl   .│「絶対頂点」にはなり得ん!
      ヽlr=、:,::::::./  ..└─y─────────────
      j、:::::::::::.,'  
           _,.-ィ7ミミ、_彡ト、、
     r<"´ ,冫/ヽ 大 /イ ゝー-、
      / ヽ f  / // )l  ヽ`i  ,ヽ
      lヽヽ l ,l lノヽ// _ l l ,./jl
     .}ミ= l,i l l-  Y.o、 'l l l// l
     {ー、_` l l l  lil .   i ll // l
       l,`ー ,,l l l'" l oヽ.ヽ.l///_,ヽ
       l'  ヾlll  l      ilヽ/ rl
     ヽ  ヾト- 、_ _j、o_,..-=ll ヽ'  j
      .ヽ γ'',l=ー''T=T= ''l'l i  /
   ┌────────^───────‐
   │4年で死ぬ「頂点」より、未来に残る
   │「国の誇りのカタチ」を築く事が重要だ。
   └┬────────────────
     │だから私は「悪の誇り」を信じるのだ!
     │文句があるかッ!!
     └────────────────
232
   
       ┌───────────────ー
       │……だからこそだよ、フォークスクン。
       │私がわざわざキミの前に立ったのは。
       └───v────────────
         A_A
    rュュ    ,,,,_,,,,     (∀・:::::) 
    lillil ;(   W);  (,l :   l,)
     旡己旡己旡己旡己   〈  〈 <
    lillil ;旡己旡);  (_(_)
     ~~~~~    
 
       ┌─^──────────────
       │王や皇帝より「価値無き頂点」として、
       │この戦場を蹂躙するためなのだ。
       └┬───────────────
        │我が最大の敵どもを、
         │悪の威信を持って粉砕するためだ。
         └───────────────
233
   
    ┌───────
    │最大の敵……?
    └───v───ー
          A_A
    rュュ    ,,,,_,,,,     ミ( ・∀・) 
    lillil ;(   W);  と,l :   l,つ
     旡己旡己旡己旡己   〈  〈 <
    lillil ;旡己旡);  (_(_)
     ~~~~~    
 
       ┌───^───────────────
       │大統領を殺すには何が要る?
       │拳銃かライフル、そして一握りの「勇気」だ。
       └┬───────────────────
        │誰にだって殺せるんだ!私は!
         │しょっちゅう大観衆の中で演説してるからな!
         └───────────────────
234
   
   ┌──────────────────ー
   │どんな凄腕の護衛に守られようと、
   │大統領はたった一人の観衆に殺されるのだ。
   └───────v───────────
                ┌─────────────────────
     A_A  │いつ死んでもおかしくない、
     ( ・∀・ ) <だからこそ腑抜けは大統領になってはいけない!
     と,l  :  9m ..└─────────────────────
      / ̄ ̄? ̄ ̄\
      |二二二二二二二|
      |  |
ボシュ ボシュ ボシュ ボシュ ボシュ ボシュ ボシュ ボシュ ボシュ ボシュ ボシュ 
 ボシュ ボシュ ボシュ ボシュ ボシュ ボシュ ボシュ ボシュ ボシュ ボシュ ボシュ 
 ∧_∧   ∧_∧   ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧  ∧_∧
 (  )】      (  )】  (  )】 【(  )  【(  ) =y(  )
 /  /┘ .   /  /┘.   /  /┘ └\ \   └\ \  └\ \
ノ ̄ゝ   ノ ̄ゝ    ノ ̄ゝ   ノ ̄ゝ   ノ ̄ゝ     ノ ̄ゝ
   ┌───────‐^──────────ー──
   │命を惜しむならそいつはカスの大統領だ!
   │5発装填の6発ロシアンルーレットに笑って挑む!
   └┬────────────────────
    │大統領に求められるのはそういう「狂気」だ!
    └───────────────────
235
 
   ┌────────────────
   │決死の覚悟で悪を行う……
   │そんな我々の「最大の敵」とは何だ?
   └───────v────────
                ┌─────────────────────
     A_A  │それは「誇りの死」だ。
     ( ・∀・ ) < 大統領は死んでも代わりがいるが誇りには無い!
      (,l  :∩)  .└─────────────────────
      / ̄ ̄? ̄ ̄\
      |二二二二二二二|
      |  |
   ┌───────^───────────────
   │大統領はあらゆる戦争から逃げてはならない!
   │今回のような歴史に残らぬ「裏の戦い」においてもだ!
   └──────────────────────‐
236
 
   ┌───────────────
   │フォークスクン。
   │キミのような「正義の復讐者」は……
   └┬─────────────────────
    │特に「誇り」のために、直に叩かねばならぬ敵だ!
    └─────────────────────
    rュ    ,,,,_,,,,      rュ
    lil  ;( W );     lil
     旡己旡己旡己旡己旡己旡己旡己
    lil  ;旡己旡);       lil
     ~~~     ~~~
  ┌───────────────
  │気高く大義に満ちた国敵は、
  │他のインディアンの「希望」になる!
  └┬──────────────────────
   │どうあっても大統領の靴底で踏まねばならぬのだよ!
   └──────────────────────
237
   
       ┌────────────ー
       │命を惜しんでホワイトハウスに
       │引きこもってる場合じゃない。
       └───v─────────
         A_A
    rュュ    ,,,,_,,,,   _(∀・:::::) 
    lillil ;(   W); (_)、:   l)
     旡己旡己旡己旡己 ヽ 〈 ))
    lillil ;旡己旡);  (_)
     ~~~~~    
 
       ┌─^────────
       │大統領は「兵士」だ。
       │王ではなく、兵士……
       └┬────────────
        │国敵に対し「ポーズ」をとる。
         │象徴のような兵士だ。
         └────────────
238
 
     ゴ  ッ
         とA_A
    rュュ    .’;ヾ从,/三(・∀・:::) 
    lillil ;Σ';∵(三≡ニ:  l,)
     旡己旡己旡 'W`\’;. ヽ 〈
    lillil ;旡己旡);   ヽ_)
     ~~~~~    
 
       ┌─^────
       │これで善し。
       └─────
239
 
       ┌──────────
       │いや、善かった。
       │これでひとまず満足だ。
       └───v──────
         キ
          A_A キ
    rュュ    ,,,,_,,,,    (・∀・:::)n 
    lillil ;( ;,;:W);  (,l :   l,ノ
     旡己旡己旡己旡己   〈  〈 <
    lillil ;旡己旡);  (_(_)
     ~~~~~    
       ┌─^──────
       │後は兵隊に任せ、
       │地獄を見物しよう。
       └┬─────────
        │総て終わったらキミは
        │裁判所に引き渡す。
        └─────────
240
 
    ┌──────────
    │……お前はつまり。
    │アメリカの「代表」として
    └───────v──
         
          A_A 
    rュュ    ,,,,_,,,,    (・∀・:::)n 
    lillil ;( ;,;:W);  (,l :   l,ノ
     旡己旡己旡己旡己   〈  〈 <
    lillil ;旡己旡);  (_(_)
     ~~~~~    
    ┌─────^──────‐
    │ポーズを取りに来ただけか。
    └────────────
241
 
          A_A 
    rュュ    ,,,,_,,,,    (∀・ :::)n 
    lillil ;( ;,;:W);  (,l :   l,ノ
     旡己旡己旡己旡己   〈  〈 <
    lillil ;旡己旡);  (_(_)
     ~~~~~    
    ┌─────^────────‐
    │お前の理屈は何一つ分からない。
    └──────────────
242
 
     ┌──────────────‐
     │
     │    だ が 宣 告 す る ぞ 。
     │
     └───────v───────
     ,;・∵;;;、ヽ'';;;;;;;;;''',,.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
     ,;:’;ヾ;;;;;;;ヾ'';;;;;;;;;;''/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;’,
      ,;}メ_,;;;;:::::、;;;;;;....ヽ';;;;'./:::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;∵;゙
      ijヽ  ヾ、;;;:::.ll''''./;;;;;;;:,.;''''"" ̄"`ヽ''{
      ll 'ヾ、, ::   ゞ;;;;;ノ,,,j;;;;;;;< .:: .//ll
      .l  '';;;`;・‐''゛;ヾ::::ノ,,;;;;;;;`=;’・´;;;;'' ,'
     l '∵;;;;;;;;;;;;;;;;}::{::'';;;;;;;;;;;;;;;;’::::::::'' ,'
     ヽ ,;;;;;;;''''',,;;;;iiiii::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::'' ,',l
     ヽ .;;;;'' ,,、_ ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_,..;;;;;' ;;;;' / l
      l;ヽ '; ':::::::::: ::::::::::::::::::::::::::::::::  / /、
      : ;\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  / ,'
         :    ヽ..:::::::::::::::::::::::::::::: /  :
     ::: \ ::::::::::::::::: /     :::
       ::::        ` ̄ ̄ ̄´       ::::
    ┌────────^────────‐
    │
    │ お 前 は こ の 手 で 引 き 千 切 る 。
    │
    └─────────────────
243
 
   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ┃
   ┃ 構わんよ?。チャンスがあったらな。
   ┃
   ┗━━━━━━━━┳━━━━━━━━━
    /\  /ヽ
    l ノノ`'''"´  ̄ `ヾ-、l    
    l'/  .:::   ヽ l
    ヽ i`  :::l/
    _,.....--/l,`ヽ :::、- 、 .,.、/
   ,-‐'''"´` iilllゞヽ ヽ ⌒ .´/ 
   / -‐=- ヾ、\ ,>、ヽ`ー-/
  /,.  ,.....、  トヽヽ/r=Y ̄´-、 ....━┓
  / / /.::'''" ヽ  ::::::.ヽ/ノl '  j.ヽ ┏┻━━━━━━━━━━━━
 / /  / ,.......、 jll ''::::ノー::: ::::/  '、    ┃殺されたなら私がその程度の
 // -''' `、\::l  l´ ,  ゝ、 ┃人間だったというだけだ。
 ./ l  / /l l /::l  l ,........、 , ''"ヽ ...┗┳━━━━━━━━━━━━
                    ┃誇りは傷つかない。
                    ┗━━━━━━━━
244
 
   ┏━━━━━━━━━━━━━━━
   ┃
   ┃ 他の大統領が生まれるだけだ。
   ┃
   ┗━━━━━━━━━━━━━━━
              ? 九品目 ?
       (  ゚¥゚ ) 猫まんま
           ? 二杯半目( 最終時局★★・・・・・・ ) ?
245
 
   /~ヽ ̄ ̄ ̄/~ヽーl  
─────────.,.,:'' '';::.,,..,───────────-
    ,..,,:;';.::;;' ":;;':;.;.,., ,.._ ザッザッザッ
  ,..,",.;':;''.:;:';:',.:;;';:'  ''";::'':;:',;,;:.;':;,..,..
  ロロロロロロロロロロロロロロ  ロロロロロロロロロロ ザッザッザッザ
ロロロロロロロロロロロ   ロロロロロロロロ
,[☆:::}_[☆:::}_[☆:::}_[☆:::}_    [☆:::}_[☆:::}_[☆:::}_ [☆:::}_
(::::::::::)(::::::::::)(::::::::::)(::::::::::)   (::::::::::)(::::::::::)(::::::::::)(::::::::::)
/  ^ヽ/  ^ /  ^ヽ/  ^ヽ  /  ^ /  ^ヽ/  ^ヽ/  ^ヽ
246
 
 ザッザッザッザッザッザ……
    /\    
     , -'" "'- 、
   _,..-'''"     "'''- .._.       /\
   l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l                             , -'" "'- 、
      l                 l            _,..-'''"     "'''- .._
╋╋╋╋╋╋l   ,、  l ╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l ╋╋╋
┃┃┃┃┃┃l            八    l.┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃l                 l.┃┃┃
       .l            | |       l.            l  ,、   l
   l      | |       l      l        八         l
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄              l  | |         l
                         l  | |         l
                      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
             カサカサカサ
            r;:.,;:;、
            、@,;'` )) )) ))
          r i ,
     ∩∩  A_lミl _{}{}{}_ _li三#li_
     <'д゛lil> (liloдo) (li'A`)   lil(o)дロ)
     ~~~~~~~~ ~~~~~~~ ~~~~~~  ~~~~~~~
   ┌────^──
   │もうダメだ……
   └──────‐     ┌─^──────
             │ひ、干乾びる……
              └───────‐
247
 
         ┌─────────‐
          │い、いやだぁあ???
          │ミイラは嫌だぁぁ??!
          └────v─────
          r i , ウェェン
     ∩∩  A_lミlて  _{}{}{}_ _li三#li_
     <'д゛lil> (liloдo) 。゚ 'Д`)   lil(o)дロ)
     ~~~~~~~~ ~~~~~~~ ~~~~~~  ~~~~~~~
   ┌─────────‐^──────
   │おぉどうしたポイズン!
   │死の覚悟は出来ててもミイラは嫌か!
   └──────────────── .┌──^────────────
          │苦しいのは嫌なんだろ。
          │ホンットバカっつーかアホっつーか
          └┬─────────────
           │泣くと余計早く死ぬぞボケ。
            └────────────
248
 
   ┌─────────────────
   │誰か助けてくれないかなぁ??
   │他のキラーが来てくれないかなあ??!
   └┬──────────────────────────────
    │フォークスが頑張って助けてくれないかな??ガラクタでもいいし??!
    └────────‐v──────────────────エグエグ‐
       r i
      _li三#li_ .  _{}{}{}_    lミl_A ∩∩
      lil ) 。(  )゚。  (lil ) 
     ~~~~~~~   ~~~~~~ ~~~~~~~ ~~~~~~~
   ┌──────^──────―
   │お前自分の立ち位置忘れてね?
   └─────────────‐      ┌──^─────────────────
           │鬱陶しいから泣くなバカがぁぁ……
           │てめぇ何でキラーなんだよ役立たずが……!
           └┬────────────────────────
            │もうちょっと使えりゃこんな目に遭わずに済んだのによぉぉ
            └────────────────────────
249
 
       r i
      _li三#li_ .  _{}{}{}_    lミl_A ∩∩
      lil ) (  )    (lil ) 
     ~~~~~~~   ~~~~~~ ~~~~~~~ ~~~~~~~
 
250
 
      ┌─────‐
      │……ゴメン。
      └───v──
       r i
      _li三#li_ .  _{}{}{}_    lミl_A ∩∩
      lil ) (  )    (lil ) 
     ~~~~~~~   ~~~~~~ ~~~~~~~ ~~~~~~~
          ┌──^─────────
           │……いや、やっぱいいや。
           │よく考えたら、
           └┬─────────────────────
            │お前が来なきゃガラクタに斬られてた気がするし。
            └─────────────────────
       ┌───^────────
       │運命だったんだろうな……
       └───────────
251
 
    /\    
     , -'" "'- 、
   _,..-'''"     "'''- .._.       /\
   l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l                             , -'" "'- 、
      l                 l            _,..-'''"     "'''- .._
╋╋╋╋╋╋l   ,、  l ╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l ╋╋╋
┃┃┃┃┃┃l            八    l.┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃l                 l.┃┃┃
       .l            | |       l.            l  ,、   l
   l      | |       l      l        八         l
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄              l  | |         l
                         l  | |         l
                      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
             ___ハ__   
            、___丿
            (,:::::::::::,)
        ノヽ~ノヽ
       ノ:::::つと:)r i ,
     ∩∩  A_lミl _{}{}{}_ _li三#li_
     <'д゛lil> (liloдo) (li'A`)   lil(o)дロ)
     ~~~~~~~~ ~~~~~~~ ~~~~~~  ~~~~~~~
        ┌───^────
        │今まで有難うな…
        └───────‐
    ┌──^─────
    │いいさ。アミーゴ。
    └───── ゥゥ
252
 
    /\    
     , -'" "'- 、
   _,..-'''"     "'''- .._.       /\
   l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l                             , -'" "'- 、
      l                 l            _,..-'''"     "'''- .._
╋╋╋╋╋╋l   ,、  l ╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l ╋╋╋
┃┃┃┃┃┃l            八    l.┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃l                 l.┃┃┃
       .l            | |       l.            l  ,、   l
   l      | |       l      l        八         l
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄              l  | |         l
                         l  | |         l
                      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
             ___ハ__   
            、___丿
            (,:::::::::::,)
        ノヽ~ノヽ. r i ,
       ノ:::::つと:、){}{}{}_
     ∩∩  A_lミl  l iil スポ _li三#li_
     <゚д゛lil> (liloдo) (li'A゚.)   lil(o)дロ)
     ~~~~~~~~ ~~~~~~~ ~~~~~~  ~~~~~~~
253
 
    /\    
     , -'" "'- 、
   _,..-'''"     "'''- .._.       /\
   l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l                             , -'" "'- 、
      l                 l            _,..-'''"     "'''- .._
╋╋╋╋╋╋l   ,、  l ╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l ╋╋╋
┃┃┃┃┃┃l            八    l.┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃l                 l.┃┃┃
       .l            | |       l.            l  ,、   l
   l      | |       l      l        八         l
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄              l  | |         l
                         l  | |         l
                      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
             ___ハ__   
            、___丿r i ,
            (,:::::::::::,),._{}{}{}_ ))
        ノヽ~ノ ノ
    …     ノ:::::つと:、)   …
     ∩∩ … A_lミl  … _li三#li_
     <゚д゛lil> (liloдo) (li'A゚.)   lil(o)дロ)
     ~~~~~~~~ ~~~~~~~ ~~~~~~  ~~~~~~~
254
 
┌──────
│ ………
└──────
      ,...- '' " ゛ 、
    : /  ;;#  ,;.;::  : 
     /   / (_)   ..:::::| 
          | ::::::   /\     :::::.::::| : 
     : ! #;;:.. /  ̄\ .::::::/ 
    .ヽ.;;;//;;.; ォ ..;;#:::/ 
    >;;;;::.. ..;,.;-\
      ┌──・─・──
      │  げ っ
      └──────
255
 
   ┏━━━━━━━━━━━━━━
   ┃
   ┃ こんにちは。梅毒野郎。
   ┃
   ┗━━━━━━━┳━━━━━━
    ヽ:::::::ヽ::゙''-、, l  _,...-
    ヽ::::Σ::::.  `'''-..,,, l  _,...-
     .ヽ::::/:'     `゙''ー ..,,_  l ,...-
     Y ...::::::::::....  `゙^''''―-- ...... -一''''''"´ 
     l   r'==、::  .:..:::::::::::::::::::l ' _,ノ 
     l  ' .:     ::::r===ミ、:::::::ソー'" 
     '、   :::'´  `:::::/  
      '、               ./    
     _/ヽ    ―=‐-. .::.. ./ 
    =、-‐'";;;,,.  ヽ  ::.:  ::::.     人_ 
    ;;;;l . ;;;;;;, ヽ    _,.-'",;;; ヽ;;;ヽ
    ;;;;ヽ  ;;;;;;;,  ヽ__,....-‐'" ,;;;; ノ;;;;;;;ヽ
   ┏━━━━━━━━━┻━━━━━━
   ┃
   ┃ 塵芥のようなお前でも、
   ┃ 今日は使い道があるらしい……
   ┃
   ┗━━━━━━━━━━━━━━━━
256
 
   ┏━━━━━━━━━━━━━
   ┃
   ┃ 軍兵が邪魔をして、
   ┃ 友人に遭えず困っている。
   ┃
   ┗━━━━━━━━━━━━━
               /´二ニ二二ヽ
               //  〔〕〔〕-‐'三`ヽ、
            / /  / /   lヽ
            ┌┴┴┐コ=ー----――ニュ
            〔iiiii iiiiii〕コ=ー---――{´〕
 /二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二〔:〕〕
 |三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三,〔:〕〕
  │三_,,-― ―-..,,三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三〔:〕三〕
 |,イ´ _;;- ― - ;;_ :ヽ三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三〔:〕三〕
 _,/ /  ヽ  ヽ三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三││
 |__〃γ  ,- 、. ヽ :ハ______」 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄` ー====´- ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| | ̄|
 .〔_{ l  .( O )  l :}_________________〕  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄<三_ ̄ ̄ ̄ ̄/ γ´ `ヽ ハ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |\|
  { l `ー´ l :}       ̄ ̄―‐ {  l|  (@) :|l }           | |
  '; ヽ.      :ノ /       '; ゝ、  ノ  /     |:|
 ヽ、 ` ニ三ニ´ /        ヽ、 ` ̄´ ;/    ̄
   ` ―――  ´        ` ー‐ ´
       
     
     
     
     
     
    _/__l_ 
  [[iil=:(∈(二(@ 
     ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━
     ┃
     ┃ 丁度いい「道具」を見つけたので……
     ┃
     ┗┳━━━━━━━━━━━━━━━━
       ┃
       ┃ 運転を手伝ってもらいましょうか。
       ┃
       ┗━━━━━━━━━━━━━━━━
257
 
         §_,,,,,_
         §=o=ム
              §.゚iニi゚)
     ∧∧      (§::::i)
    (´゚д゚)      (つ§ノ
 カチッ    (i,=y=)     §(/ 
 __________(入__ヽ     § 
 | __________  |(ノ       § 
 | |           | |     §     
 | | i 続 i      │ |   _   §       __      ?♪?♪
 | |           | |    /____\        § .  ∧,∧    _{__ヘ'_       _l二[T]ニl_
 | |     ___ | |     (゚¥゚  )   ,、,、     A_A 〈l〉〈l〉)    A_A ∩∧_∧  ∧_∧  ┝・∀・┥b
 | |    (l_。/>..| | ~・━y 〕〔 ) φ_φ)  (д`;) /. }う且~   ( ・∀・) l(<_゚ ,)   (.・∀・ ,) (, ,ノ
 |   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ (・  ,,)   . |  _(_つと_)__.uu⌒)?ccУノっと__ー!_)____. (l∞l  )     ヽ    ,)   (l∞l  ) (_)| 〓| )) 
 | °° _  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
258
フォークスさん・・・
埋まってるダイナマイト・ポイズンさん達ワロタ
259
大統領いい性格してやがる
このシリーズにでてくるキャラクターはどいつもこいつも固有の信念があって面白い
たとい悪役であったとしても嫌いになれない
260
大統領に憧れてしまったわ
261
ポイズンとその一味(?)、出オチかと思ったら見せ場到来か。
というかこいつらなんか愛着がわいてきたぞw
262
キラーを利用するアラハさん流石っす
棚主にトラボルタにとカオスになっていくな
263
ゲェー!アラハさん!
264

>他の大統領が生まれるだけだ。
の台詞にぞわぞわ来た
265
この大統領にウララーを当ててくる作者の
センスの卓越っぷりには歯がみせざるを得ない
そしてこのアメリカ語りから現世へストーリーがくるっと裏返た時
そこで帝都がどう語られるかが今から楽しみだ
266

続き・詳細・画像をみる


SKE48向田茉夏の可愛さが天元突破状態 【小ネタ4つ】

【ロシア】「施設が寒い」「菜食主義なので出された食事が食べられない」勾留されたグリーンピース活動家、劣悪な環境にショック

視線の先を見ると一匹の黒猫が

【動画】資産1兆円の大富豪と結婚した女性歌手『カマリヤ』がヤバイ!夫の財力で自分専用テレビ局を設立!レディ・ガガを引退に追い込む・・・!

弟の死後、弟嫁が私夫に頼りたがり同居したいと言い出した

【画像】うちの猫以上に全てを悟った顔した猫いんの?wwwwww

back 削除依頼&連絡先