【きんいろモザイク】「百合というより、姉妹とか家族に近い関係」 構成・綾奈ゆにこさんインタビューback

【きんいろモザイク】「百合というより、姉妹とか家族に近い関係」 構成・綾奈ゆにこさんインタビュー


続き・詳細・画像をみる

0:
インタビュー2回目きたデスよ!
アニメ『きんいろモザイク』シリーズ構成・綾奈ゆにこインタビュー「百合というより、姉妹とか家族に近い関係」(中編)
http://anifav.com/special/20130926_2100.html
■友だち同士の間で生まれる“家族”みたいな感じ
――先ほど「きれいに終わらせすぎたくない」というお話もありましたが、原作でもアニメでも、『きんモザ』では良い話の展開になるとそのままには終わらせずに、最後を外してくるケースが目立つように感じます。たとえば第2話のラストも、感動的な空気の中、飛行機が飛んでいくのを見てアリスが「あの飛行機、イギリス行かな?」と言うと「あれはたぶん東京行よ、方向的に」とすぐに外しが入ったり。
アニメ『きんいろモザイク』綾・陽子綾奈:ボケ・ツッコミと同じだと思っています。良い話がボケで、外しがツッコミ。良い話を一瞬で切り上げることによって、そこがより印象的にもなります。それに、良い話って、良い話で終わったら「良かったね」で終わってしまうんですよ。終わらせたくないからツッコミを入れたい。例えば9話で綾と陽子がおそろいのノートを買って仲直りするところも、「ノートを汚してください」と、脚本の浦畑達彦さんにオチを入れていただきました。仲直りして、そのまま終わってしまうと、2人の間も完結してしまう気がして。
――綾と陽子の絶妙な距離感は作品の見どころの一つですよね。
綾奈:良いですよね……わたしが今作にはまった一因です(笑)。でも、脚本にするときは、“百合”の方向にいきすぎないように気を付けていました。原作にある、その範囲でならやっていいけど、それ以上を匂わせるのはダメとボーダーラインを厳しく設定して。
――アリスと忍の関係性についてはいかがですか。アリスは忍が烏丸先生やカレンと仲良くしていると嫉妬することがありますが、あの感覚は男同士の友達関係の延長ではなかなか想像しづらいところがありまして。
綾奈:大好きな友だちが他の子と仲良くしてて、「私にとってはあの子が一番なのに、何であの子にとっては私が一番じゃないんだろう」というモヤモヤですよね。原先生の担当編集さんは「親が他の兄弟を構っているのが寂しくて、子どもっぽく反応している感じです」と、おっしゃっていました。アリスは忍が自分以外の誰かと仲良くしてるのは我慢ならないけど、自分が忍以外の子と仲良くするのは良いそうです。嫉妬すると、その本人まで憎くなってしまいがちですが、烏丸先生やカレンを嫌いに思わないアリスは良い子なんだと思います。自分が嫉妬していることと、相手の人間性を分けて考えられる子なんです。
 忍とアリスに関しては、百合というより姉妹や家族に近いと思っています。5人でいる時も、たぶん家族。気を遣わなくて、一緒にいて過ごしやすくて、素の自分でいられる、そういう空気。個人的に、他人同士で生まれる家族みたいな感じはすごく好きで。もしかしたらそこも、『きんモザ』をこんなに好きな理由の一つかもしれません。
――なるほど! 納得しました。
全文は以下にて
http://anifav.com/special/20130926_2100.html
291:
Bパートはおまけ
陽子歌は尺の都合でカット
しのアリは家族愛
287:
>>280
陽子の歌あったんだな・・・(´・ω・)カワイソス
290:
>>287
歌ったのにカットは切ないなあ
284:
あややの「それじゃバッドエンドよ」って台詞から妄想シーンへの入り方が見事にディズニーだった
286:
>>284
俺はそのシーンの演出うまいなあと思いながら見てた
289:
>>284
あそこだけヌルヌル動いて違和感あったけどアヤヤがかわいかったのでよし。
294:
陽子の歌はBDでのお楽しみだな。
302:
>>294
最終巻の映像特典にFULLで入るの期待だな
----------------------------------------------------------------------------
◆シリーズ構成・綾奈ゆにこインタビュー前編
1:
アニメ『きんいろモザイク』シリーズ構成・綾奈ゆにこインタビュー「百合というより、姉妹とか家族に近い関係」(前編)
 「まんがタイムきららMAX」(芳文社)にて絶賛連載中の原悠衣による同名萌え4コマを原作とするTVアニメ『きんいろモザイク』。外国好きな大宮忍、忍の家にホームステイするイギリス人少女アリス・カータレット、クラスメイトの小路綾と猪熊陽子、アリスの幼なじみ九条カレンの5人を中心に繰り広げられる、何気ない日々の断片を、光り輝くモザイクのように紡ぎ上げる珠玉の日常系アニメだ。
 今回AniFavがインタビューを敢行したのは、本作のシリーズ構成を担当する綾奈ゆにこ。少女たちの愛くるしい掛け合いを得意とする綾奈は、ヒロインたちの日常にひそむ魅力をいかにして照らし出したのか。制作の裏側や、作品にかける想いまで、愛情たっぷりに語っていただいた。(全3回)
詳しくはソース
http://anifav.com/special/20130925_2047.html
16:
こ、今週も楽しみにしてるお、、。。
28

続き・詳細・画像をみる


【画像】NHKがやらかした!女子の乳首が映る放送事故。しかもカメラズームインで追い打ちをかける・・・

【AKB48】手塚治虫の長女 大島優子出演の手塚治虫ドラマを批判 → AKBファンから批判を浴びる → 「大島さんには感謝してる」と釈明

上の階の住民がうるさいから静かにさせてやったwwww

2歳年下の彼氏。

【動画】ロスタイムにペペが自ら倒れてPKゲット!レアル・マドリードの政治力が話題に…

主人公悲惨すぎワロタってなった展開挙げてけ

back 削除依頼&連絡先