俺「宝くじ当たったぞ!!3億!!」 妹「うっそ!?」back

俺「宝くじ当たったぞ!!3億!!」 妹「うっそ!?」


続き・詳細・画像をみる

1:
俺「マジで!!で、何がやりたいか皆に聞きたい」
妹「マジで!?えーっと・・・じゃあ旅行!!海外旅行!!」
姉「あたしも良いのっ!?じゃあ・・・なんか美味しいもの食べたいっ!!」
トーチャン「なんでお前なんかに当たるんだよ・・・じゃあ俺は風俗おごってくれ」
カーチャン「あんたねぇ・・・私はエステに連れてってほしいわ」
ポチ「ワァーン」
俺「はいはいはい・・・大体わかりました」
妹「えーっ!?ほんと!?いつ行く!?海外旅行!!」
姉「じゃあ海外で美味しいもの食べよーっ♪」
トーチャン「海外の風俗か・・・ゴクリ」
カーチャン「エステ!!エステ!!」
俺「実は皆そう言うだろうと思って・・・」
ポチ「ワァーン」
俺「2億6千万かけて俺のちんこ改造しましたぁぁぁぁぁぁぁぁッッッ!!!」ズリュンッ!!
トゥールールールールールルルー オークセンマンッオークセンマンッ♪
5:
最後でワロタ
8:
最後の一行ワロタwwww
10:
いや、その前にこのトーチャン大丈夫かよ
21:
置いてかれた
なにこのスピード感
29:
もしかして、お前か?
32:
妹「は?」
姉「ほぇ?」
トーチャン「なんだその効果音wwww」
カーチャン「・・・」
俺「はぁー・・・トーチャンだけかそこに気づいたの・・・」
妹「いやだって・・・え?海外旅行は・・・?」
俺「このちんこ出したときの効果音に2億も使ったのに・・・」
姉「美味しいものはぁっ!?」
俺「残り4千万・・・」
トーチャン「よっしゃ!!風俗!!」
カーチャン「エステ!!エステ!!」
俺「きんたまで空飛べるようにしましたぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁッッッ!!」ビュィーン
ポチ「ワァーン」
36:
ターチャンか
38:
やばいwwww
50:
NGはよ
53:
妹「おにぃちゃんに一瞬でも期待したあたしが馬鹿だったよ・・・」テクテク・・・
トーチャン「はぁ・・・風俗は自分の金で行くわ・・・」テクテク・・・
カーチャン「ポチの散歩行って来るね・・・」テクテク・・・
ポチ「ワァーン」テクテク・・・
姉「・・・」
俺「・・・」
姉「・・・あ、あの・・・」
俺「・・・」ズリュンッ!!
トゥールールールールールルルー オークセンマンッオークセンマンッ♪
姉「あぅ・・・うん、もうしまって」
俺「・・・」シュンッ
姉「えっと・・・その改造で何するの・・・?」
俺「バットマンごっこ・・・」
姉「バットマンごっこ・・・」
俺「ああ・・・コウモリじゃなくてちんこを野球のバットに例えてるのね、ボールもあるしwwwwwwwww」
55:
なんか知らんがツボにきたwwwwwwwww
58:
クッソワロタwwwwwwwwwww
59:
いつもいつも姉がかわいい
63:
姉「あ、ああ・・・そうなの・・・うん、じゃぁ頑張ってね・・・」テクテク・・・
シーン・・・
俺「なんで・・・誰も理解してくれないんだ・・・ッッッ!!」ズリュンッ!!
トゥールールールールールルルー オークセンマンッオークセンマンッ♪
・・・
カーチャン「はぁ・・・あのアホは何してんのよ・・・ったく・・・」テクテク・・・
ポチ「ワァーン」
ブゥゥゥゥゥン・・・ドカッ
カーチャン「ドゥフッッ!?」
引ったくり犯「ふぇっふぇふぇwwwwババアwwwww」
カーチャン「ひっ・・・引ったくりよぉぉぉーーーっ!!」
ブゥゥゥゥン・・・
70:
引ったくり犯「なんだあのババア・・・2000円しか持ってねーのかよ・・・チッ」ガサガサッ
スィー・・・ スト・・・
俺「お前の悪党さ加減・・・俺の金玉にズンズン来てるぜ」
引ったくり犯「ッッ!?だ、誰だッッ!?」
俺「じー・・・」ズリュンッ!!
トゥールールールールールルルー オークセンマンッオークセンマンッ♪
引ったくり犯「うわっ!?うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ視線のレーザービームだぁぁぁぁぁぁぁぁぁっっっ!?」
ビュバァァァァァッ・・・
・・・
カーチャン「はぁ・・・お金も取られたし・・・トーチャンとの思い出の指輪も入ってたのに・・・グスッ」
ポチ「ワァーン・・・」
カーチャン「良いのよ、ポチ・・・私がどんくさいから悪いの・・・ふふ、ごめんね・・・」
スィー・・・コト・・・
ポチ「ワァーン!」
カーチャン「ん・・・?それは・・・!?私のバッグ!!中身も・・・お金以外全部・・・あるっ・・・よかったぁー!!」
73:
視線のレーザービームワロタ
75:
視線のレーザービームwwwwwwwwww
76:
やっぱ地上波でも下ネタどんどん取り入れるべき
80:
妹「はぁーアホくさっ・・・TSUTAYAにでもいこー」テクテク・・・
ヤンキーA「ヤンヤンwwww」
ヤンキーB「キーキーwwww」
妹「うわー・・・ヤンキーがたむろしてるよ・・・こわっ・・・」
ヤンキーA「おい!!誰がヤンキーだヤァンッッ!?」
ヤンキーB「テメェ女だからって容赦しねーぜキーッッ!?」
妹「ちょっ・・・やめてっ!!離してっ!!」
ヤンキーA「こんな人通りない道選んだことを後悔するヤァン!!」
ヤンキーB「やっちまうキーッッwwww」
スィー・・・
妹「っ!?おにぃちゃ・・・!?」
俺「・・・星の片隅2億のちんこが素敵な事件みぃーつけた・・・」
ヤンキーA「ヤンッ!?」
ヤンキーB「キーッ!?」
83:
ヤンキーBただの猿じゃんwww
87:
改造した価値あったかもな
89:
ヤンヤンキーキークソワロタ
もうちょいどうにかならなかったのか
90:
俺「じー・・・」ズリュンッ!!
トゥールールールールールルルー オークセンマンッオークセンマンッ♪
ヤンキーA「やぁぁぁぁぁぁんっっ!視線のレーザービームやぁぁぁぁぁぁぁぁぁんっっっ!?」
ビュバァァァァァッ・・・
ヤンキーA「ヤンッ・・・」死・・・
ヤンキーB「お、おい・・・A!!しっかりしろキー!!」
俺「なるほど・・・サングラスでレーザービームカットとは考えたな」
ヤンキーB「な、なんキーだよお前ッッッ!?なんでAは射精して死んだんだキーッッッ!?」
俺「じゃあお前には億千万の胸騒ぎを」ズリュンッ!!
トゥールールールールールルルー オークセンマンッオークセンマンッ♪
俺「出逢いは・・・」シコシコシコ・・・
ヤンキーB「おっ・・・お、億千万の胸騒ぎぃぃぃぃぃっっっ!!」バクンバクンバクン
俺「まばゆいくらいにエキゾチィィィィィィィィック・・・」シコシコシコシコシコ・・・
ヤンキーB「ジャパァァァァァァァァァァァァァァァァァァァンッッッ!!」
ジュパァァァァァァァァァン!!
91:
だめだ勢いで笑うwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
93:
謎の中毒性
104:
妹「あっ・・・お、おにぃちゃ・・・」
俺「・・・」ビローン・・・ビュバッ
妹「待ってっ・・・あ、行っちゃった・・・」
バサッバサッ・・・ビローン・・・
俺「金玉の推力が落ちているな・・・」ピッピッピ・・・
― 通信・・・
アルフレッド「はい旦那様」
俺「アルフレッド、金玉の調子が悪い」
アルフレッド「旦那様、酷使しすぎでございます・・・射精をご自重なさって・・・」
俺「アルフレッド、今世の中は自重できる状況にない、なんとか頼む」
アルフレッド「・・・やれやれ・・・わかりましたマムシドリンクを届けさせます」
俺「すまない」
アルフレッド「旦那様、くれぐれもお気をつけて・・・」
俺「ああ、問題ない」
105:
なんか笑ってしまったww
107:
なんか紳士で笑うわw
109:
金玉の推力でワロタwwwwwwwww
111:
アルフレッドwwwww
114:
ヒュー・・・スタッ・・・
俺「・・・ん?」
JS「あっ・・・あのっ・・・俺さんですかっ!?」
俺「おやおや・・・俺にこんな素敵な女の子の知り合いがいたかな・・・」
JS「っ///す、素敵っ・・・///」
俺「ああ、失敬・・・かえって緊張させてしまったかな・・・?」
JS「あっ・・・いえっ///あのっ・・・これ・・・れいのぶつですっ///」
俺「すまないね」ゴクッゴクッゴクッ・・・
JS「あ、あのっ・・・それじゃっ・・・」
俺「ありがとう、ちんちんビンビンになったよ」
JS「っ///ち、ちんち・・・ん///」
俺「もう一回言っておこうか、これ飲んで君を見てたら交尾したくてちんちんがビンビンになったよ」
JS「っ///あ、あのっ・・・どういたしましてっ///」タッタッタ・・・
俺「ふっ・・・健気なビンビンガールだ・・・おやっ?」
120:
ヤクザ「テメェ!?何うちの女の子に中出しかましてくれてんザァァァッッッ!?」
トーチャン「えっ!?い、い、いやっ・・・別人じゃないすかね!?」
ヤクザ「部屋にテメェと女の子しかいなくて他誰が中出しするんだクザアアアアアンッッッ!?」
トーチャン「す、す、す、すいませんっ!!そ、そ、早漏で出てしまってっっ」
俺「早漏なら仕方ないんじゃないかね?」シュンッ
ヤクザ「アアアンッ!?誰だテメェ・・・あれ?誰もいねぇ・・・」
俺「こっちだ」シコシコシコシュンッ
ヤクザ「きゃぅっ!?だ、誰だ俺のちんこ扱きやがったのはァァァッッッ!?クソ!!いねぇ!!」
俺「気持ち良いだろう?」シコシコシコシュンッ
ヤクザ「ひょふっ!?やめろテメェ!!出ちゃうだろうが!!」
俺「この早漏が・・・ちゅぷぅっ」
ヤクザ「――ッ!?やっ・・・らめっ・・・」ビュバッビュバッ・・・
俺「ほらみろ・・・早漏はすぐ出る・・・許してやれ」
ヤクザ「し、しかたねぇっ・・・今回だけなんだからっ!!」
俺「良い子だ」
127:
トーチャン「・・・ただいまー」
カーチャン「おかえりー!!あんた!!私あの子に助けられたかもしんない!!」
トーチャン「えっ?」
カーチャン「私は姿は見てないけど・・・妹もお兄ちゃんに助けられたって!!」
妹「そうそう、おにぃちゃんがヤンキーに絡まれてたの助けてくれたのっ!!」
トーチャン「お、お前らも・・・!?実は俺もあいつに助けてもらった!!」
妹「おにぃちゃん・・・お金を使って人助けがしたかったんだよ・・・」
カーチャン「私たちは私利私欲のことしか考えてなかったのに・・・」
トーチャン「あいつ・・・あれ?そう言えばおねぇちゃんは?」
ポチ「ワァーン」
カーチャン「ポチ何咥えてるの?」ヒョイッ・・・
― 姉ちゃんはいただきました アルフレッド ―
トーチャン「お、おい・・・いただいたって書いてあるぞ!!」
妹「アルフレッドって・・・おにぃちゃんの友達じゃない!」
カーチャン「あーあのハーフで顔とすね毛が濃いアル君ねwww」
130:
バサッバサッ・・・ビローン・・・
ピッピッピ・・・
― 通信・・・
アルフレッド「ごきげんよう、旦那様」
俺「アルフレッドか、どうした?」
アルフレッド「お姉さまですが・・・いただきますね」
俺「っ!?・・・ど、どういうことだ!?」
アルフレッド「そのままの意味です、あと1時間後、私の元に来なければ・・・」
俺「来なければ・・・」
アルフレッド「お姉さまは私のおペニスアヘ顔を晒すことになります」
俺「・・・裏切った・・・ということか・・・」
アルフレッド「そういうことです・・・」
俺「必ず行く・・・ケツを洗って待っていろ・・・」ピッ・・・
― LAST MISSION・・・ アルフレッドを倒し姉を救えッッ!! 難易度:☆☆☆☆☆☆☆
132:
決めたアルフレッドになる
134:
― アルフレッド邸・・・
アルフレッド「約束ですので・・・挿入は致しません・・・」
姉「っ・・・そ、そうにゅーっ///」
アルフレッド「ですが・・・ちょっとは触ります」プニュンッ・・・
姉「きゃぅっ!?さっ、触らないでっ!!」
アルフレッド「ちっちゃい・・・」
姉「あぅぅー・・・///」
アルフレッド「私は貧乳好きですよ」
姉「っ///う、嬉しいけどっ・・・あたしは毛深いの苦手ですっごめんなさいっっ」
アルフレッド「ふっ・・・時間がくればあなたは毛深いペニスでアヘるんですよ」
姉「やっ・・・やだぁっ!!」
アルフレッド「そして毛深い子供を産むのです、私のね」
姉「いやぁぁぁぁぁぁっっ!!助けてぇっ!!助けて、俺君っっ!!」
バリィィィィン!!トゥールールールールールルルー オークセンマンッオークセンマンッ♪
アルフレッド「来たか・・・」
136:
俺「姉は返してもらうぞ・・・じー」
姉「お、俺君っっ!!」
アルフレッド「レーザービームなど・・・サングラスでいくらでも防げます」
俺「くっ・・・さすがアルフレッド・・・じゃあこれはどうかなッッッ!!」ズリュンッ!!
トゥールールールールールルルー オークセンマンッオークセンマンッ♪
俺「出逢いは・・・」シコシコシコ・・・
アルフレッド「おいで、JS」
JS「はぁーいっ・・・きゃっ///」
俺「んながぁッッ!?JSに勃起ペニス見られてっ・・・らめっ・・・射精ィィィィィィィングッッッ!!」
ビュバッビュバッビュバッ・・・ガクッ・・・
俺「はぁ・・・はぁ・・・」
アルフレッド「JSもう良いぞ、あっちで待っていなさい」
JS「は、はいっ・・・///」
アルフレッド「情けない・・・バット(ペニス的な)マンが聞いて呆れる」
俺「く・・・クソぉ・・・」
140:
アルフレッド「これで終わりです、旦那様・・・ペニスを刈り取らせていただきます」
ブゥゥゥゥイィィィィィィィィン・・・
俺「――ッッ!?」
姉「いっ・・・いやっ・・・いやぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっっ!!」
ブチン・・・
ブチンッ・・・
ポト・・・
俺「あっ・・・あがっ・・・」
アルフレッド「旦那様などペニスが無ければただの人」
姉「うぅ・・・俺君っ・・・俺君・・・」
アルフレッド「さて、ではそこで姉さまと私の交尾を見てオナニーでもどうぞ・・・」
姉「ひぃっ・・・」
アルフレッド「ああ・・・勃起するペニスはないし、オナニーもできませんねwww」
姉「いやっ・・・やめてっ・・・来ないでっ・・・」
142:
去勢www
145:
バットマンの黄金バットが・・・・・・
146:
バァァァンッ!!
妹「ちょーっと待ったぁっ!!」
姉「っ!?い、妹ちゃんっ!!」
カーチャン「その子はね・・・そんなくらいじゃあくたばらないわよっ!!」
アルフレッド「なっ!?貴様らっ・・・」
トーチャン「うぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉっっ!!ちんちん再生のツボぉぉぉぉぉぉぉっっっ!!」ズボォッ!!
俺「アヒィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィンッッッ!!」
にょきっ
トーチャン「へへっ・・・やったぜ・・・いけよバット(ペニス的な)マン・・・お前の力見せてやれ」
俺「オゥケェェェェェェェェイ!!」
テッテッテレレッテッテー テッテッテレレッテッテー
俺「ちんこ再びフォォォォーーーーーーーーーーーーーーーッッッ!!」
アルフレッド「ば・・・バカなっ・・・再生などっ・・・!?」
俺「僕の下半身中心に見てくださいィィィィ・・・オゥケェェェェェェェェイ!!」
テッテッテレレッテッテー テッテッテレレッテッテー
151:
― 不埒なリズムでギラつく玉は・・・ ―
姉「なっ・・・ま、前より凄くなってるっ・・・」
カーチャン「ええ・・・改造を超えたのよ・・・あの子自身がね・・・」
― ちんこを欲しがるおま○このサイン・・・ ―
アルフレッド「なぜだぁぁぁぁぁぁっっ!?こんなことぉぉぉ・・・認めないぃぃぃっっっ!!」
妹「おにぃちゃん・・・頑張ってっ!!」
― よこしまな気持ちが DANCIN'IN THE SON(ちんこ的な意味で息子)・・・ ―
トーチャン「へへっ・・・あいつ・・・」
アルフレッド「こうなればぁぁぁぁぁっ!!ケツで受けるまでダァァァァァァッッッッ!!」プリュンッモサァ
姉「うあぁー・・・け、毛深いぃ・・・」
― この股で勃起が止まらないッッッ!!野蛮なチ!ン!コ!!・・・ ―
俺「臨むところだァァァァァッッッ!!アルフレッドォォォォォォォォォッッッ!!」
アルフレッド「旦那様ァァァァァァァァァァァァァァァァッッッ!!」
ズブゥゥッ!!
アルフレッド「あっ・・・ちょっと・・・気持ち・・・良いかもぉ・・・」ホモォ・・・
156:
俺「カモォーン・・・A CHI CHI A CHI!!」ズリュッズリュッ・・・
アルフレッド「お尻があちゅいのぉぉぉぉぉぉぉっっ!!」
姉「うわぁ・・・また今日も悪夢だぁ・・・」
俺「セイッ・・・A CHI CHI A CHI!!」ズリュッズリュッ・・・
アルフレッド「感じちゃうぅぅぅぅっっ!!男の子なのにお尻で感じちゃうよぉぉぉっっ!!」
俺「オゥ・・・UPSIDE INSIDE OUT きみをイかせても・・・」ズリュッズリュッ・・・
アルフレッド「ひあっ・・・らめっ・・・」
妹「はぁ・・・せめて毛深くなかったら・・・」
俺「ノゥ・・・A CHI CHI A CHI それは太陽が・・・させたことだよ!!」
アルフレッド「あがっ・・・イッちゃっ・・・お尻でっ・・・アルお尻でイっちゃっ・・・」
俺「夏の太陽が!!カモォン!!」
夏の太陽「全て私の指示だ・・・すまんな」ニヤリ・・・
アルフレッド「んほぉぉぉぉぉぉっっ!!陽だまりポカポカお尻とろとろイグゥゥゥッッッ!!」
スプラァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァッシュッッッ!!
158:
夏の太陽www
159:
お前マジこの才能何かに活かせよwwww
160:
夏の太陽は本当に卑怯
162:
夏の太陽何やってんだよwwwwwwww
164:
アルフレッド「あ・・・アヒィ・・・に、逃げろ・・・JS・・・」
俺「・・・」チラッ・・・
JS「ひっ・・・あっ、あたしっ・・・」
姉「お、俺君っ!!」
妹「おにぃちゃんっ!!」
トーチャン「あー・・・あいつロリコンだから・・・」
カーチャン「・・・」
JS「おっ・・・お願いですっ・・・助けてっ・・・」
俺「俺は助けを求めるものにちんこを入れたりはしない」
JS「っ!!・・・俺っ・・・さんっ・・・」
俺「もちろん君を見るだけで勃起はするがね」ニッコリ・・・
JS「っ///や、やだぁっ・・・///」
俺「別の視点から語ると、今日家帰ってから君をズリねたにシコっていっぱい精子出す」ニッコリ・・・
JS「っ///そっ、それくらいならっ・・・///」
俺「よーし!さぁ、帰ろうじゃないか」
167:
― 数日後・・・
JS「かっ・・・返してよっ!!あたしのパンツっ!!」
男子「うぇっうぇっwwwイヤだよwwww精子べっとりつけて返してやるよっwwww」
JS「っ!!そ、そんなことしたらっ・・・」
男子「なんだよっwwww」
JS「バットマンが来るんだからっ!!」
男子「バットマンwwwwwwwww来るわけねーだろwwwwwww」
シュタッ・・・
俺「あまり暇人を舐めないほうが良い・・・」ズリュンッ!!
トゥールールールールールルルー オークセンマンッオークセンマンッ♪
〜 fin 〜
171:
本編はよ
172:
NGシーン
ヨォォォォイッッッ… アクショォォォォォンッッッ!!
俺「実は皆そう言うだろうと思って・・・」
ポチ「ワァーン」
俺「2億6千万かけて俺のちんこ改造しましたぁぁぁぁぁぁぁぁッッッ!!!」ズリュンッ!!
シーン・・・
俺「・・・鳴らないけど?wwww」
カァァァァァットッッッ!!
スタッフ「おい!!俺さんのちんこ内臓スピーカー調整した奴誰だっ!?」
スイマセン・・・ジブンデス・・・
177:
NGシーン
ヨォォォォイッッッ… アクショォォォォォンッッッ!!
トーチャン「よっしゃ!!風俗!!」
カーチャン「エステ!!エステ!!」
俺「きんたまで空飛べるようにしましたぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁッッッ!!」ビュィーン
シーン・・・
妹「・・・ポチ・・・台詞っ(ヒソヒソ」
ポチ「あっ・・・ワァーン///」
カァァァァァットッッッ!!
妹「遅いよーっ!!w」
ポチ「すいませんっwすいませんしたーwwwぼーっとしてましたw」
ハッハッハ・・・
180:
NGシーン
ヨォォォォイッッッ… アクショォォォォォンッッッ!!
姉「えっと・・・その改造で何するの・・・?」
俺「ねぇちゃんとアクロバティック交尾・・・」
姉「えええっ!?えっ!?こ、こう・・・び///」
カァァァァァットッッッ!!
俺「照れてるーwww顔真っ赤ーwww」
姉「っ///見ないでっ///」
妹「おねぇちゃんすぐからかわれるねぇーw」
ハッハッハ・・・
181:
NGシーン
ヨォォォォイッッッ… アクショォォォォォンッッッ!!
カーチャン「はぁ・・・お金も取られたし・・・トーチャンとの思い出の指輪も入ってたのに・・・グスッ」
ポチ「ワァーン・・・」
カーチャン「良いのよ、ポチ・・・私がどんくさいから悪いの・・・ふふ、ごめんね・・・」
スィー・・・コト・・・
俺「ごめんwww指輪がちんこにはまって抜けないwww」
カァァァァァットッッッ!!
ハッハッハ・・・
183:
NGシーン
ヨォォォォイッッッ… アクショォォォォォンッッッ!!
トーチャン「あいつ・・・あれ?そう言えばおねぇちゃんは?」
ポチ「ワァーン」
カーチャン「ポチ何咥えてるの?」ヒョイッ・・・
妹「っっ!!ちょーっと待って!!それあたしのパンツっ///」
ポチ「ワァーン」
妹「ワァーンじゃないわよっ///」
カァァァァァットッッッ!!
ハッハッハ・・・
187:
NGシーン
ヨォォォォイッッッ… アクショォォォォォンッッッ!!
俺「――ッッ!?」
姉「いっ・・・いやっ・・・いやぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっっ!!」
ブチン・・・
ブチンッ・・・
ポト・・・
スタッフ「改造ちんこさんこれでクランクアップでーす」
改造ちんこ「お疲れ様でしたーありがとうございましたぁーっ!!」
スタッフ「・・・?あれ?まだカットかかってなかった・・・?すいませーんw」
カァァァァァットッッッ!!
俺「しっかりしろwww」
ハッハッハ・・・
191:
― 特典映像 〜姉sideストーリー〜 ―
姉「あぅぅー・・・美味しいもの食べたかったなぁー・・・」ゴロゴロ・・・
姉「あー・・・食べ物のこと考えてたらお腹減ってきたなぁー・・・」ゴロゴロ・・・
姉「あー・・・布団でごろごろするの気持ち良ぃー・・・」ゴロゴロ・・・
姉「ごろごろー・・・」ゴロゴロ・・・
姉「んー・・・」ゴロ・・・
姉「すー・・・zzz」
ファサッ・・・
俺「布団もかけずに寝るなよなー・・・まったく」
妹「あっ!!おにぃちゃ・・・」
俺「しー!!ねぇちゃん寝てる(ヒソヒソ」
妹「えーっ!?本番中だよ!?(ヒソヒソ」
スタッフ「じゃあ一旦休憩でーお姉さんが起きた後再開しまーす(ヒソヒソ」
ハーイ・・・(ヒソヒソ・・・
〜 おやすみ 〜
194:
姉ちゃんかわいい
197:
>1乙ーまた書いてくれよな!
19

続き・詳細・画像をみる


”世界で最も人が殺されている国” からヤバい動画が届いた

倍返しだ!

レズセックスの後の「ヤっちまった…」みたいな画像ください

フジテレビ「半沢直樹の記録はすごいけど、堺雅人の人気に火を付けたのはフジが先だった」

メガネって何で急激に安くなったんだ?昔は35000円くらいは普通にしたよな

この少女漫画ワロタwwwwww

【ゆとり集まれー】若いのに聞きたいけど、どんな風に仕事の指導して欲しい?

“香川待望論”湧き上がる オーウェン「自分だったら香川を使う」 英紙「なぜ香川を起用しないのか」★2

男は美少年に嫉妬しないのに女は美少女に嫉妬するよな

米アマゾン、Kindle Fire HDXを発表 ―大幅にスペックが向上

「猫島」の画像がやっべええええええええ!ここが天国か・・・

実写版『パトレイバー』 総監督・脚本は押井守 主演は元ハロプロ真野恵里菜

back 過去ログ 削除依頼&連絡先