ルッキーニ「きっもちいぃ〜♪」ズポズポ 宮藤「な、なにしてるの」back

ルッキーニ「きっもちいぃ〜♪」ズポズポ 宮藤「な、なにしてるの」


上記文の続き・詳細・画像をみる

1:
格納庫
ルッキーニ「んっ」ゾクゾク
ルッキーニ「もっと、もっとぉ?。ぅにゃぁ」ズポズポ
芳佳「ルッキーニちゃん、な、なにしてるの?」
ルッキーニ「あ、よしかぁ。芳佳もやりゅ?」
芳佳「ストライカーユニットに足を何度も突っ込んだりしてるけど……」
ルッキーニ「ストライカーユニットを装着するとき、なんだかくすぐったいでしょ?」
芳佳「ああ、うん。体がむずむずするよね」
ルッキーニ「だからぁ、こうやって出し入れを繰り返すとぉ」ズポズポ
ルッキーニ「にゃぁ、きっもちいぃ?♪」
芳佳「へぇ。ストライカーユニットにそんな使い方あるんだぁ」
ルッキーニ「芳佳もやってみればいいよ。あたしのストライカーユニットを片方貸してあげるからっ。ほらほらぁ?」
8:
芳佳「それじゃあ……」ズポッ
芳佳「んっ……」ゾクッ
ルッキーニ「それを素早く出し入れするの」
芳佳「こ、こう?」ズポズポ
芳佳「ん……ぁ……!」ビクッ
ルッキーニ「すっごく気持ちいいでしょ?」
芳佳「こ、これ……危ないよぉ……」
ルッキーニ「着脱繰り返すだけなのに、なにが危ないの?」
芳佳「いや、癖になりそうで……」
ルッキーニ「いいじゃん、癖になってもぉ。体に悪いことじゃないんだしぃ」
芳佳「そうだけどぉ……」
ルッキーニ「ぅにゃぁ♪」ズポズポ
芳佳(いいのかなぁ……)ズポズポ
芳佳「はっ……ぁ……!」ゾクッ
10:
芳佳「ひゃっ……!!」ビクンッ
ルッキーニ「んにゃ? どうしたの、芳佳?」
芳佳「あ、ううん……ちょっと、休憩……」
ルッキーニ「えぇ?、もう?」
芳佳「ごめん……」
芳佳(い、いま、電気が走ったみたいな感覚に……。なんだったんだろう……)
ルッキーニ「ふいぃ?。気持ちよかったぁ」
芳佳「ルッキーニちゃん、いつもこんなことしてたの?」
ルッキーニ「ううん。これ最近考えた遊びだよ」
芳佳「そ、そうなんだ」
ルッキーニ「芳佳も自分のストライカーユニットで試してみたら?」
芳佳「う、うん。また今度やってみようかな」
ルッキーニ「訓練とかで疲れたあとにやるのがいいんだよねぇ」
芳佳「へえ。それじゃあ、今度は訓練のあとにしてみようかな」
12:
別の日
美緒「――よし。今日の訓練はここまで。ゆっくり休むようにな」
芳佳「はい!」
リーネ「ありがとうございました」
芳佳「あー!! 疲れたー!!」
リーネ「うん……もうヘトヘト……」
芳佳「あ。そうだ」テテテッ
リーネ「芳佳ちゃん、どこいくの?」
芳佳「ちょっと試したいことがあるんだ」
リーネ「試すって何を?」
芳佳「よっと」
リーネ「芳佳ちゃん、飛行訓練は勝手にやったら怒られるよ!?」
芳佳「ああ、違うの。これはね――」ズポズポ
芳佳「あっ……ぃ……!!」ゾクッ
リーネ「よ、芳佳ちゃん、なにしてるの?」
14:
芳佳「はっ……ぁ……!!」ズポズポ
リーネ「芳佳ちゃん、どうしちゃったの?」
芳佳「ん……はぁ……。リーネちゃんもやってみる? これ、とっても気持ちいいんだ」
リーネ「ど、どういうこと?」
芳佳「素早くストライカーの着脱を繰り返すだけでね、なんか体がゾクゾクして気分が良くなるの」
リーネ「確かに、装着するときに体がほわってなるけど……」
芳佳「私の貸してあげる。はい」
リーネ「あ、ありがとう……」
芳佳「んっ……んっ……」ズポズポ
芳佳「くっ……なんだろう、ルッキーニちゃんのとは感じ方が違う……!!」
リーネ「……」ズポッ
リーネ「はぁ……っ……!!」ビクッ!!
芳佳「リーネちゃん!? 大丈夫!?」
リーネ「あ、うん……ごめんね、変な声だして……」モジモジ
リーネ(芳佳ちゃんのストライカーユニットに足をいれるの、とっても気持ちいい……。私のとは全然違う。機体によってこんなに違うんだ……)
16:
芳佳「きゃっ……!!」ビクンッ!!!
芳佳(ま、また電気が……。でも、なんだかこれが一番快感というか……)
芳佳「リーネちゃん、そろそろ終わりにしてお風呂に――」
リーネ「はぁ……はぁ……はぁ……」ズポズポズポ
芳佳「リーネちゃん!?」
リーネ「あ……よ、よしかちゃんの……きもちよ、くて……と、まらない……」ズポズポズポ
芳佳「それ以上はダメぇ!!!」バッ
リーネ「ぁ……はぁ……」
芳佳「リーネちゃん!! しっかりして!!」
リーネ「うっ……ぁ……」ビクッビクッ
芳佳「リーネちゃん、ごめんね。私がこんなことを勧めたから……」
リーネ「ううん……。平気だよ。貸してくれて、ありがとう。とっても気持ちよかったよ、芳佳ちゃん」
芳佳「お風呂いこ」
リーネ「うんっ」
芳佳(やっぱりこれは危ないことなんだ。控えよう……。きっとルッキーニちゃんだけが特別なんだね)
17:
大浴場
リーネ「ふぅ……」
芳佳「リーネちゃん? どうしたの、溜息なんてついて」
リーネ「だって、さっきは芳佳ちゃんに恥ずかしいところを見せちゃったから……」
芳佳「そんな。あれは私が悪いんだから」
リーネ「でも、私ったらあんなに乱れて……はずかしいよぉ……」モジモジ
芳佳「そんなことないよ。あのときのリーネちゃん、色っぽかったもん」
リーネ「い、色っぽい……?」
芳佳「うん。すっごく」
リーネ「うぅ……」
ルッキーニ「あぁー。よっしかー」
シャーリー「なんだ、先客がいたのか」
芳佳「ルッキーニちゃん、シャーリーさん」
リーネ「ど、どうも」
シャーリー「ん? どうした、リーネ? 随分と顔が赤いけど、のぼせたならもう上がったほうがいいんじゃないか?」
21:
リーネ「いえ、なんでもないですから」
シャーリー「そうか? 無理はするなよ」
リーネ「はい」
ルッキーニ「ねえねえ、芳佳。今日訓練だったんでしょ? アレ、やってみたぁ?」
芳佳「あ、うん。やってみたよ。とっても気持ちいいね」
ルッキーニ「でっしょー! にひひ」
芳佳「でも、もうやめようかなって」
ルッキーニ「えぇー? どうしてー?」
芳佳「深みに嵌っちゃうと大変なことになりそうじゃない?」
ルッキーニ「ストライカーの着脱だよ? 平気じゃん」
芳佳「でも、あれは……」
シャーリー「なんだ? なんの遊びだ?」
芳佳「あ、シャーリーさんは知っているんですか? ストライカーユニットの着脱を繰り返すと、気持ちよくなるの」
シャーリー「はぁ?」
ルッキーニ「そっか。シャーリーにはまだ教えてなかったよね。あのねあのね――」
26:
シャーリー「あぁ……。確かに装着時は魔法力の影響でちょっとした快感があるんだよな」
ルッキーニ「それを何度も繰り返すのぉー。すっごくいい気分?」
シャーリー「また面白そうな遊びを開発したもんだな、ルッキーニ」
ルッキーニ「でしょー? シャーリーもやってみたら?」
シャーリー「うーん。そうだなぁ。宮藤も試したのか?」
芳佳「はい。でも、その、気持ちよすぎて……ちょっと危ないかなって……」
シャーリー「どう危ないって思ったんだ?」
芳佳「数十回繰り返したときに電気が走ったような感覚になるんです。それがその、気持ちいいんですけど……」
シャーリー「快楽も麻薬みたいなところあるしなぁ」
芳佳「リーネちゃんなんて、もう、とまらなくなったぐらいで」
リーネ「芳佳ちゃん、いわないでー!!」
芳佳「えぇ!? ああ、ごめん!!」
ルッキーニ「リーネもやったのぉー!? どうどう!? すごかったでしょー!?」
リーネ「うぅぅ……すごかったけど、はずかしいよー!!」
シャーリー「着脱か……。考えたこともなかったな」
30:
食堂
エーリカ「はむ……おいひー」
バルクホルン「芋は体にいいからな」モグモグ
シャーリー「おー。いたいたー。バルクホルン」
バルクホルン「どうした? お前も食べるか?」
シャーリー「んじゃ、貰おうかな」
エーリカ「なにかよう?」
シャーリー「はむっ……んっ……。ああ、さっき面白い話を聞いてさぁ。他の連中も知ってるかなって思って」
バルクホルン「なんのことだ?」
シャーリー「ストライカーユニットの着脱を素早く繰り返すと快感が得られるってきいたことあるか?」
バルクホルン「ん? なんだそれは?」
エーリカ「装着時にムズムズするやつかぁ」
シャーリー「そうそう。それをずっとやり続けるんだ」
バルクホルン「馬鹿馬鹿しい。なんだそれは。ストライカーユニットはおもちゃではないぞ」
シャーリー「ただ、気にはなるんだよ。だから、二人とも少し付き合ってくれないか?」
33:
格納庫
シャーリー「それじゃ、やってみてくれ」
バルクホルン「どうして私がこんなことを……」
エーリカ「やってあげなよ。ストライカーユニットを持って、シャーリーの足にズッポズッポするだけだろ?」
バルクホルン「……行くぞ、シャーリー?」
シャーリー「ああ。頼む」
バルクホルン「ふっ!!」ズッズッズッ
シャーリー「おぉ……!! はっ……ぅわ……!!!」ビクッ
バルクホルン「どうだ?」ズッズッズッ
シャーリー「あぁ……!! わ、わかったぁ!! ちょっと……やめて……ぇ……!! もう……いい……!!」
バルクホルン「大丈夫か?」
シャーリー「もっと優しくしろぉ!!」
バルクホルン「空中で他人にストライカーユニットを装着させたことはあっても、こんなふうに着脱を繰り返すことは経験がないんだ。加減なんでできるわけがない」
シャーリー「あぁー。やべぇ……。今のはホントにすごかった……」
エーリカ「そんなに気持ちいいのぉ? 私もやろっかなぁ」
40:
バルクホルン「こら、ハルトマン。何を言っている?」
エーリカ「でも、トゥルーデも興味はあるだろー?」
バルクホルン「あるわけがないだろ。ストライカーユニットはネウロイと戦うための兵器であって、快楽を得るためのおもちゃではないんだぞ」
エーリカ「そんなことは分かってるけどさ」
シャーリー「うーん……」
バルクホルン「どうした?」
シャーリー「これ、確かに宮藤が言う通り、すこし怖いな」
バルクホルン「怖い? 何が怖いんだ。私たちは何千回、いや何万回とこれを着脱しているのだぞ。今更、怖がってどうする?」
シャーリー「でも、バルクホルンだってこんな風に高で着脱を繰り替えたことはないだろ?」
バルクホルン「する必要もないしな」
シャーリー「ちょっとやってみろ」
バルクホルン「誰がするか」
シャーリー「ハルトマーン。バルクホルンを拘束してくれ」
エーリカ「りょーかーい」ガシッ
バルクホルン「なんだ!? なにをする!! はなせ!! こら!! 怒るぞ、エーリカ!!」
43:
サーニャ「さ、エイラ。今日も夜間哨戒がんばろうね」
エイラ「そうだな」
「やめろぉぉ!!」
サーニャ「この声……」
エイラ「向こうからだな。行ってみるか」
シャーリー「どうだ? ほら、どんな気持ちだ?」ズッズッズッ
バルクホルン「あぁっ……ぁはっ……!! いぃ……んぁ……!! わ、わか、った!! もう、やめてく、れぇ……!!」ビクッビクッ
エーリカ「トゥルーデ、涎でてるよ」
バルクホルン「んぃぃ……!! も、う、じゅ、うぶんだ……!! こ、れ、いじょ……はぁ……!! ふぁっ……!!」
シャーリー「怖いぐらいに気持ちいいだろ?」ズッズッズッ
バルクホルン「き、きもち、いいぃ!! きもちいいぃ!! だから、もう……!! あぁっ!!!」ビクンッ!!!
シャーリー「ふぅ……疲れた」
バルクホルン「がっ……ぉっ……おの、れ……リ、リベリ、アン……わ、たしに……このような……はず、かし、めを……」ビクッビクッ
サーニャ「……」
エイラ「……サーニャ。あれは見なかったことにしよう」
48:
エーリカ「私もやろー」ズポズポ
エーリカ「ほぉぉぅ……♪」ゾクッ
シャーリー「これ、嵌っちゃうだろ?」
バルクホルン「そんなこと、あるわけないだろ……」
シャーリー「ただ気持ちいいだけならまだしも、これはちょっと気持ち良過ぎる」
バルクホルン「そうだな……」
シャーリー「私たちはまだ自制ができるけど、宮藤やルッキーニがこれを覚えたら、一日中しそうだな」
バルクホルン「なに!? そんなことは許されない!! 風紀を乱すことになる!! いや、そもそもストライカーをこんなことに使っていいわけがないだろ!!」
シャーリー「それはわかってるって。だから、どうしようかって考えてるんだろ?」
バルクホルン「む……。では、ウィッチたちは非常時以外ストライカーユニットに近づくことを禁じよう」
シャーリー「それは困るだろ」
バルクホルン「何故だ!!」
シャーリー「整備だってしなきゃいけない。ウィッチが自分の機体を知らないって、いざってときに命に関わるぞ。遭難したとき、簡単な修理もできないウィッチは死ぬだけだろ」
バルクホルン「う……。それは、そうだな」
エーリカ「んぎぃ……あぁ……!! すごい、すごい……ぃ……これぇ……!!」ビクッビクッ!!
50:
エーリカ聞いてねぇwwwww
54:
シャーリー「だから、ウィッチは自由に触れるようにしておかないと」
バルクホルン「だが、そうすると、あのようになるぞ」
シャーリー「え?」
エーリカ「あはぁ……さいこぉ……」ビクッビクッ
バルクホルン「ある日のハンガー内で、501の全員が恍惚とした表情で寝ていてみろ。大問題になるぞ」
シャーリー「そんなことにはならないだろうけどさ。まぁ、でもこれに嵌る奴が続出したら大変だなからな」
バルクホルン「そうだ。とはいえ、シャーリーの考えも一理ある。自身のストライカーユニットの構造を知るためには直接触れることも大事だ」
シャーリー「その辺の兼ね合いが難しいな。こういう問題点が見つかると」
バルクホルン「どうするべきか……」
シャーリー「一応、少佐と中佐には報告しておくか」
バルクホルン「そうだな。報告書を作るか……」
シャーリー「あたしはルッキーニたちに注意しとくよ」
バルクホルン「頼む」
エーリカ「ふぅ……さて、第二ラウンドー」
バルクホルン「エーリカ!!! こっちにこい!!!!」
56:
翌日 海岸
芳佳「でやぁー!!!」
美緒「もっと腰を使え!! 腰を!!」クイックイッ
芳佳「は、はい!!」
美緒「そんな振りでは相手を斬ることはできんぞ!! 宮藤!!」
芳佳「はい!!!」
ペリーヌ「豆狸めぇぇ……!!! 性懲りもなく坂本少佐とぉぉ……!!!」
ペリーヌ「もう!! 腹が立ちますわ!!!」
ルッキーニ「あれ? ペリーヌ、なにぷんぷんしてんの?」
ペリーヌ「ひゃぁ! べ、べつになんでもありません!! それより急に現れないでください!!」
ルッキーニ「んー?」
芳佳「せぃやー!!!」クイッ
美緒「うむ。今のはいい一撃だぞ。その感覚を忘れるな」
ルッキーニ「ああ。あれかぁー」
ペリーヌ「ふんっ!! 別になんでもありませんと言ったでしょう!! 構わないでください!!」
61:
ルッキーニ「あ、ペリーヌ。ちょっと」
ペリーヌ「な、なんですの?」
ルッキーニ「そんなに怒ってばっかりいたら、血管きれちゃうじゃん?」
ペリーヌ「余計なお世話です!!」
ルッキーニ「そんなときは、これぇ」
ペリーヌ「はぁ? ストライカーユニット……? 空を飛んで気持ちを落ち着かせろということですの?」
ルッキーニ「ありゃ? ペリーヌはまだ知らないんだ」
ペリーヌ「なんのことです?」
ルッキーニ「とりあえず、座って座って」
ペリーヌ「は、はぁ……」
ルッキーニ「それじゃ、いっくよぉー」
ペリーヌ「一体、なにを――」
ルッキーニ「にゃぁー!!」ズッズッズッ
ペリーヌ「ほぉぉあぁぁあ!!!!」
美緒「――ん? なんだ、この奇声は?」
62:
芳佳「ペリーヌさん!?」
ペリーヌ「んほぉ……ぉ……こ、こん、な……の、は、じめ、て……」ビクッビクッ
美緒「なんの騒ぎだ、これは?」
ペリーヌ「にひひ。これだよ?」
美緒「ストライカーユニット? 何故そんなものを持ち出している?」
芳佳「ルッキーニちゃん!! それ昨日、シャーリーさんにダメだって言われたじゃない!!」
ルッキーニ「え? でも、きもちいいから……」
芳佳「確かに気持ちいいけど、しちゃ駄目だよ」
美緒「宮藤、ルッキーニ。状況を説明しろ。なぜ、ペリーヌはこんなだらしのない格好になっている?」
ルッキーニ「少佐もやってみるぅ?」
美緒「何をだ?」
芳佳「だ、ダメだよ!!!」
ルッキーニ「いいじゃんいいじゃん。一回ぐらいならぁ」
美緒「何をすればいい?」
ルッキーニ「えっとねぇ。ストライカーの着脱を素早く繰り返すだけー」
67:
格納庫
バルクホルン「ふむ」
バルクホルン(ミーナには報告書を提出したし、午後には全体会議もあるはずだ)
バルクホルン(そうなれば全会一致でストライカーユニットの淫らな目的とする使用は禁止となる)
バルクホルン「だが、今は禁止されてはいない」ズボズボ
バルクホルン「ぐぁ……!! ぁ……!!」ビクッ
美緒「――バルクホルン大尉」
バルクホルン「はぁっ!?! しょ、少佐!?」
美緒「何を……している……」
バルクホルン「いや、なに……ストライカーユニットの調子を……」ズポズボ
バルクホルン「みて……ぃ……た……の……ぉ……だ」ビクッビクッ
美緒「確かに気持ちがいいな。それは」
バルクホルン「な……!! 少佐……知っていたのか……?」
美緒「ついさっき、伝授してもらった……。故に……このありさまだ……」モジモジ
バルクホルン「少佐まで……これはやはり早急に対処せねば……」ズポズポ
69:
ズポズポとめろよwwwwww
74:
美緒「そうか。ミーナには報告済みか」
バルクホルン「ああ。だから、もうこういったことでの使用はできなくなるはずだ」
美緒「それにしても、長年ウィッチをしているがこんな用途があるとはな。ルッキーニの発想力には驚かされる」
バルクホルン「同感だ」
美緒「……」ズポズポ
美緒「ん?」
バルクホルン「どうした?」
美緒「ルッキーニのストライカーユニットとはまた感じ方が違うのだな」
バルクホルン「そういえば……私とシャーリーのストライカーともまた違った感覚だ……」ズポズポ
美緒「機体差があるようだな」
バルクホルン「……悔しいが、シャーリーのほうが気持ちよかった気がする」
美緒「そうだな。ルッキーニのと比べると感度が悪いというか……」
バルクホルン「あ、あぁ……そうだ……な……」ズポズポ
美緒「くっ……ぅ……。だが、バルクホルンのも……わるくは……ない……」ズポズポ
バルクホルン「ほ、ほめてくれる……のか……それは……はぁ!! うれしいな……」ビクッビクッ
79:
食堂
リーネ「えぇ!? 少佐まで!?」
芳佳「そうなの。もう止めるの大変だったんだぁ」
リーネ「……少佐にまで知られたら、もうできないね」
芳佳「うん……。あ、いや!! しちゃダメなんだってば!!」
リーネ「でも、まだ私のストライカーユニットで芳佳ちゃんはズポズポしてないでしょ?」
芳佳「し、してないけど……」
リーネ「芳佳ちゃんは私ので気持ちよくなりたくないの?」
芳佳「そ、それは……」
リーネ「……」
芳佳「な、なりた……」
ミーナ「宮藤さん、リーネさん。食事中に悪いのだけど」
芳佳「ぅわぁ!!」
リーネ「は、はい!! な、なんですか!?」
ミーナ「すぐにブリーフィングルームに集合して。話したいことがあるの」
82:
ブリーフィングルーム
ミーナ「まずは手元にある報告書のコピーに目を通してみて」
エイラ「なんだよぉ。眠いのにぃ」
サーニャ「……ストライカーユニットの用途概要……?」
美緒「数名は既に経験していることだ。心当たりもあるだろう」
エーリカ「トゥルーデ、いわれてるよぉ」
バルクホルン「……何の話だ。私は被害者だろう」
シャーリー「気持ちよかっただろー?」
バルクホルン「よくない!!」
ペリーヌ「今朝の、あれですわね……。ああ、思い出しただけでもおぞましい……」モジモジ
ルッキーニ「えぇー? あんなに悦んでたじゃん、ペリーヌ」
ペリーヌ「よ、よろこんでません!!!」
サーニャ「……」
エイラ「なんだか、私たちの知らないところで事件があったみたいだな」
サーニャ(言われてみれば、ストライカーユニットを装着するときって、体が浮き上がるみたいに気持ちよくなる……)
83:
リーネ「やっぱり……」
芳佳「仕方ないよ。こればっかりは」
リーネ「でも……もう一度だけ、芳佳ちゃんのを……」
ミーナ「整備班にユニットの整備は殆ど任せてはいるけれど、私たちも自分の機体を知るうえでは整備をすることもあります」
ミーナ「また、ストライカーユニットを修理できなければ、時として命を落としてしまうこともありえるわ」
ミーナ「なので、ストライカーユニットの調整、整備に関しては今まで通り、自主的にしてもらっても結構です」
シャーリー「なんだぁ、よかったぁ」
ミーナ「ただし、その場合は私か坂本少佐の許可をもらうようにしてね」
バルクホルン「ミーナか少佐が監視する、というわけか?」
ミーナ「ええ。そうね。ただ、私も坂本少佐も不在の場合や、他の仕事に追われている場合も多々あるわ」
ミーナ「そのときはシャーリーさんとバルクホルン大尉が監督役ということでいいかしら?」
シャーリー「はぁい」
バルクホルン「引き受けよう」
ミーナ「報告は以上です。異論はあるかしら?」
ミーナ「……はい。なければ解散。集まってくれてありがとう」
86:
美緒「バルクホルン、シャーリー。まぁ、仕事が増えることになるが、頼んだぞ」
シャーリー「ルッキーニには目を光らせてやらないといけませんからね」
バルクホルン「宮藤にもだな」
ミーナ「ところで、みんなはもう経験してみたの?」
美緒「ん……。まぁ……。半ば強制的にだが」
バルクホルン「私もシャーリーに無理やりな」
シャーリー「はぁ!? いや、まぁ、そうだけど」
ミーナ「病み付きになるほどなの?」
バルクホルン「ああ。あれは危険だ。放っておけば何時間でも繰り返すだろう」
ミーナ「……」
美緒「教育上、好ましいことではないな」
シャーリー「まぁ、少佐ぐらい自制心が強ければ問題ないでしょうけど。ルッキーニとか宮藤は注意しておいたほうがいいでしょうね」
美緒「その通りだな」
バルクホルン「ドラッグのようなものだな。細心の注意を払わなければならない」
ミーナ(どれくらい気持ちいいことなの……?)
88:
格納庫
エイラ「知らなかったなぁ。こんな使い道があったなんて」
サーニャ「うん。誰も教えてくれなかったし」
エイラ「禁止にするぐらいだから、相当気持ちいいんだろうな」
サーニャ「……試してみる? 私も興味があるし」
エイラ「でも、ダメだっていってじゃないか」
サーニャ「今なら、誰も見てないわ」
エイラ「サーニャ……」
サーニャ「エイラ、足を出して」
エイラ「あ……うん……」
サーニャ「私のと、サーニャの。どっちがいい?」
エイラ「そ、それは……あの……サ、サーニャので……」
サーニャ「なら、あとで私はエイラので気持ちよくさせてね?」
エイラ「も、もちろんじゃないか」
サーニャ「いくよ、エイラ……」ズッズズズッ
91:
芳佳「リーネちゃん、やっぱりやめようよ」
リーネ「でも、今なら……」
芳佳「もし見つかったら怒られるよ?」
リーネ「私ので芳佳ちゃんを気持ちよくさせたいの」
芳佳「ど、どうして?」
リーネ「前は芳佳ちゃんのでいっぱい気持ちよくなったから……」
芳佳「リーネちゃん」
リーネ「そ、それに見つかったら全部私の所為にして。芳佳ちゃんは無理やり着脱を強要されたって言ってくれたら……」
芳佳「そんなことできないよ!!」
リーネ「芳佳ちゃん……」
芳佳「……それじゃ、早くいこうよ。見つからないうちに」
リーネ「うんっ」
芳佳「私もね、リーネちゃんのがどれぐらい気持ちいいのか知りたくて――」
「ふわぁぁぁぁぁ!!!!!」
リーネ「ひっ……な、なに……この声……?」
95:
芳佳「こっちからだよ」
リーネ「誰が……?」ソーッ
サーニャ「どう、エイラ? 気持ちいい?」ズルゥゥゥ
エイラ「おぉ!! サーニャぁ……はぁ……!!!」
サーニャ「おしえて、エイラ。どんな気分なの?」ズルゥゥゥ
エイラ「サーニャのが……サーニャのがぁ……でたり、はい、ったりぃ……してぇ……き、もちぃいぃ……!!! ぁぐっ!!」ビクッ!!
サーニャ「そうなんだ……。着脱の度、もう少し上げるね」
エイラ「え? あ、それは……!! ダメ――」
サーニャ「もっと気持ちよくなってね、エイラ」ズッズッズッズッ
エイラ「あぁぁ……ぉぉぉ……いぎぃ……!!! と、めて……く、れ……サー……ニャぁ……ダメ……ダメぇ……」ビクッビクッ!!
サーニャ「んっ!」ズンッ!!
エイラ「がっ……ひっ……ぃ!!!」
サーニャ「ふぅ。エイラ? どう?」
エイラ「ぉ……あっ……ぁ……」ビクンッビクンッ
サーニャ「エイラ? しっかりして、エイラ。どうしたの?」オロオロ
99:
芳佳「だ、大丈夫!? エイラさん!!」
サーニャ「芳佳ちゃん……!! ど、どうして、ここに……!?」
芳佳「そ、それは……えっと……」
エイラ「サー……ニャ……がぁ……わた、しの、なかにぃ……」ガクッ
リーネ「エイラさん!!」
サーニャ「エイラ!! 私を気持ちよくする約束は!?」
芳佳「ダメ。気を失ってる……」
サーニャ「そんな……」
芳佳「とにかくサーニャちゃん。エイラさんを運ぼうよ。こんなところを坂本さんに見られたら大変だよ」
サーニャ「……でも」
リーネ「なにか、あるの?」
サーニャ「お願い。私もストライカーユニットで気持ちよくなってみたいの」
芳佳「だけど、早くここから移動したほうがいいよ」
サーニャ「それなら、二人が私にストライカーユニットをズポズポして。二人かがりなら、きっとすぐに終わるはずだから」
芳佳「私とリーネちゃんでするの!? そんなの大丈夫かな……」
105:
サーニャ「お願い……」
芳佳「リーネちゃん」
リーネ「う、うん。……せーのっ」
芳佳「ふっ……ふっ……」ズッズッ
リーネ「両足なら……きっと……すぐにきもちよく……なれるよね……」ズッズッ
サーニャ「――っ!!!」ビクッビクッ!!!
芳佳「どう? 気持ちいい?」ズッズッズッ
リーネ「んっ……んっ……」ズッズッズッ
サーニャ「あ――ぃ……くっ……!!!」ビクンッ!!!
芳佳「サーニャちゃん!?」
サーニャ「あ、ありがとう……き、もち……よかった……よ……」
リーネ「大丈夫!? 少し激しかったかも……」
サーニャ「そんなこと……ないから……。エイラを……はこぼう……」フラフラ
芳佳「サーニャちゃん、無理しないで。ほら私の肩につかまって」
サーニャ「あ、ありがとう……よしかちゃん……。もう、たっていられなくて……」
106:
エイラの部屋
エイラ「すぅ……すぅ……」
芳佳「ふぅ。これでよし」
サーニャ「ごめんね。無理なお願いを聞いてくれて」
芳佳「誰でも興味は出ちゃうから、仕方ないよ」
サーニャ「……」
リーネ「どうしたの?」
サーニャ「恥ずかしい……。私、どうかしてたの……」
リーネ「そんなことないよ。私も同じだったから」
サーニャ「……うん。でも、やらないわ。なんだか、怖い」
芳佳「そうだよね」
サーニャ「私じゃなくなるような気がした……」
リーネ「芳佳ちゃん。今ならまだ間に合うかも。ハンガーのほうに……」
芳佳「リーネちゃん、やっぱりやめよう。これはきっとやっていいことじゃないと思う」
リーネ「そ、そんな……」
107:
別の日 格納庫
シャーリー「ふんふふーん」カチャカチャ
美緒「楽しそうだな」
シャーリー「すいません。ちょっとした整備なのに付き合ってもらって」
美緒「気にするな。これも上官の役目だからな」
シャーリー「そういえばあの禁止令が出た日以来、誰かがやってるってことはないんですか?」
美緒「ルッキーニはどうなんだ?」
シャーリー「うーん。こっそりしちゃってる可能性はありますけど、まぁ、そこは信じようかなって」
美緒「禁止令が出た翌日、訓練前にハルトマンがしそうになったという報告は受けたぐらいだな」
シャーリー「なんだ。みんな意外とちゃんと守ってるんですね」
美緒「はっはっはっは。快楽に溺れるようなやつはこの501にはいないからな」
シャーリー「ですよね」
バルクホルン「訓練飛行に入るぞ!! ハルトマン!!」
エーリカ「ちょっとまってー。うまく装着できなーい。おぉ!! きもちぃぃ?♪」ズポズポ
バルクホルン「こらぁ!!! 何をやっているぅ!!!! エーリカぁ!!! 堂々とするなぁ!!!」
109:
食堂 キッチン
リーネ「……」
芳佳「――ネちゃん?」
リーネ「はぁ……」
芳佳「リーネちゃん!!」
リーネ「は、はい!!」
芳佳「どうしたの、ぼーっとしてたけど」
リーネ「あ、ううん。ごめんね。」
芳佳「具合が悪いなら、料理は私だけでも……」
リーネ「心配しないで!! 大丈夫だから!!」
芳佳「なら、いいんだけど……」
ルッキーニ「リーネ、最近元気ないねー」
ペリーヌ「そうですわね。訓練でもよく坂本少佐の怒号が飛んでいますし」
エイラ「……なぁ、サーニャ。今夜ぐらいは、いいよな? な?」
サーニャ「ダメ。もう、あれはしないからっ」
112:
格納庫
ミーナ「……」キョロキョロ
ミーナ「よしっ」
美緒「ミーナ」
ミーナ「ひっ!! み、美緒!! びっくりさせないで……」
美緒「ストライカーの調整か?」
ミーナ「え、ええ。でも、今、終わったところだから。それよりもなにかあったの?」
美緒「ああ。いや、ミーナほうでも見かけてはいないだろうかと思ってな」
ミーナ「ストライカーの淫猥目的での使用ね。大丈夫よ。みんなきちんと守ってくれているみたいだから」
美緒「そうか。ならいい。しかし……」
ミーナ「どうかしたの?」
美緒「報告書には書かれていなかったことだが、機体によって感度が全然違うんだ」
ミーナ「……そうなの?」
美緒「誰のストライカーユニットが最も気持ちいいのかには、少しばかり興味が……」
ミーナ「美緒。上官としてあるまじき発言よ。そういうことは冗談でも言わないように」
117:
滑走路
美緒「しっかり走れ。基礎体力がなくては話にならんからな」
芳佳「は、はい!!」
リーネ「……」
美緒「リーネ!! 聞こえていないのか!!」
リーネ「あ!! す、すいません!!!」
美緒「……最近のリーネはどこか上の空だな」
ペリーヌ「やはり、そうですか?」
美緒「ペリーヌか。お前も心当たりがあるのか」
ペリーヌ「ここ数日のリーネさんは実力を出し切れていないのは、傍から見ていてもわかりますから。今朝も隣で呼びかける宮藤さんに中々気がつきませんでしたし」
美緒「何か精神的なことで悩みでもあるのかもしれないな」
ペリーヌ「そうですわね」
美緒「すまんな。ペリーヌにまで余計な心配をさせて」
ペリーヌ「い、いえ!! わたくしは別に……」
美緒「あとで話を聞いておくか」
124:
格納庫
ルッキーニ「……」キョロキョロ
ルッキーニ「よーし。いまのうちー」ズポズポ
ルッキーニ「んにゃぁぁ……♪」ゾクゾクッ
シャーリー「こら!! ルッキーニ!!」
ルッキーニ「ぅにゃぁ!?」
シャーリー「毎日毎日、飽きないな。お前は」
ルッキーニ「うじゅぅ……だってぇ……」
シャーリー「これ以上続けてると、流石にフォローできないぞ?」
ルッキーニ「はぁい」ズポズポ
シャーリー「やめろ」
ルッキーニ「でも、シャーリーだってやりたくなるでしょ!?」
シャーリー「そりゃなるけど、私は我慢をしろって言ってるんだ。中佐や少佐がなんのために禁止にしたのか分かってないのか?」
エーリカ「はぁー。つかれたー。リフレッシュしよっと」ズポズポ
シャーリー「あ!! おい!! 今、ルッキーニを注意してるんだから、隣で始めないでくれよ!!」
128:
エーリカ「えぇー? 気持ちいいことを禁止にするほうがダメだと思うなぁー」
ルッキーニ「だよね! だよね!!」
シャーリー「いや……」
エーリカ「こんなに気持ちいいことを覚えちゃった直後に、禁止されたら余計にストレスたまるよ?」
ルッキーニ「そうだぁーストレスがたまるぅー」
シャーリー「でも、ここには整備班もいるし。見られたら困るだろ? いくらハルトマンでも」
エーリカ「べっつにぃ。みたけりゃ、見ろって感じだしね」ズポズポ
エーリカ「くぅ?!! はぁぁ……ぁ……」ビクッビクッ
シャーリー「やめてくれって」
ルッキーニ「シャーリーもしたらいいじゃん」
シャーリー「調子にのるな」
エーリカ「よっと。次はペリーヌのでしよーっと」
シャーリー「はぁ!? 何をいってんだ!?」
エーリカ「しらないの? 機体によって感じ方が全然違うんだよ? 色々試しててわかったんだけど」
ルッキーニ「にゃにそれー!! あたしもはつみみー!! それじゃあ、シャーリーのかして! シャーリーのっ!!」
134:
シャーリー「ルッキーニ。いい加減にしろ」
ルッキーニ「シャーリーので、きもちよくなりたいぃ……」
シャーリー「こればっかりはな。許せ」
ルッキーニ「えぇぇー!!!」
エーリカ「シャーリーは厳しいなぁ……ぃ……くぅ……!」ズポズポ
シャーリー「宮藤やルッキーニにはもう少し大人になってから覚えて欲しいんだよ」
ルッキーニ「私は十分に大人だもんっ」
シャーリー「大人は「自分は大人だ」なんて言わない」
ルッキーニ「うじゅぅ……」
エーリカ「あぁー!! きもちよかったぁ!! ほら、こんなに晴れ晴れとするのに、禁止にしちゃだめだって」
シャーリー「一応、聞いておくけどさぁ。ハルトマンは1日、何回してるんだ?」
エーリカ「えーと、起きたときに6回、寝る前に4回かな」
シャーリー「おいおい……よくバレないな……」
エーリカ「もう200overはしてるかもね」
シャーリー「……まぁ、見つからないようにしてくれよ。こうして報告してないのが分かったら、あたしも怒られるんだから」
135:
廊下
リーネ「失礼しました」
美緒「ああ。今日のところはゆっくり休め」
リーネ「はい」
芳佳「あ、リーネちゃん!!」
リーネ「芳佳ちゃん?」
芳佳「今、坂本さんの部屋から出てきたみたいだけど、何かあった?」
リーネ「最近、訓練に身が入ってないからって、怒られちゃって」
芳佳「あ……」
リーネ「それだけなの」
芳佳「リーネちゃん。悩みがあるならのってあげるよ」
リーネ「大丈夫だよ、芳佳ちゃん」
芳佳「そ、そう?」
リーネ「うん。それじゃあ、ちょっと疲れちゃったから、部屋に戻るね」
芳佳「リーネちゃん……」
139:
格納庫
芳佳(何か悩んでるんだ……。なんとかしてあげたいけど……)
「はぁ……はぁ……はぁ……!!!」
芳佳「ん?」
ペリーヌ「ぃひひ……ひぃ……はぁ……はぁ……あんっ……」ズポズポ
ペリーヌ「しゃかもとしょうしゃのがぁぁ……いぃぃ……!!」ビクンッ!!!
芳佳「ペ、ペリーヌさん!!! なにしてるの!!!」
ペリーヌ「きゃぁ!?」
芳佳「それ!! 禁止になったじゃないですか!!!」
ペリーヌ「あぁ……ぁ……こ、これは……魔、魔がさして……」
芳佳「ペリーヌさん!! みんなだって我慢してるんですよ!!」
ペリーヌ「だって……だって……出撃や訓練の度に装着しては、あの快感を思い出してしまって……」
芳佳「みんな一緒ですってばぁ!!」
ペリーヌ「宮藤さんも……なの?」
芳佳「そ、そうですよぉ……。だ、だから、ペリーヌさんも我慢してください」
143:
ペリーヌ「……そうですわね……反省しますわ」
芳佳「ホントですよ」
ペリーヌ「でもね、宮藤さん。みんなが我慢していると、本当にお思いですの?」
芳佳「え? どういうことですか?」
ペリーヌ「はっきり言って、このようなことを覚えてしまった以上、ここで禁止にされたらストレスになりますわ」
芳佳「まぁ……」
ペリーヌ「みなさんだって、きっと内緒で発散させているでしょう」
芳佳「私は我慢してますよ」
ペリーヌ「貴方がそうでも、大多数はそうでないかもしれないでしょう」
芳佳「あぁ……そうですね……」
ペリーヌ「最近のリーネさん、様子がおかしいと思いませんか?」
芳佳「え? あ、はい。思います。とても心配で……」
ペリーヌ「ストライカーでズポズポができないから、ではありませんこと?」
芳佳「な……!? そんな!! リーネちゃんに限って……!!」
ペリーヌ「不調になった時期を考えれば、そう突飛な発想でもないと思いますが」
149:
芳佳「……」
ペリーヌ「宮藤さんだって我慢をしているのなら、リーネさんもそう考えるのが自然ですわ」ズポズポ
芳佳「でも、それであんなに風になるなんて……」
ペリーヌ「ですから、それは単なる、あなた……の……ぉ……おもい……こ、みぃ……でぇ……!!」ビクビクッ
芳佳(リーネちゃんなら禁止って言われたら、多分陰でこっそりしたりはしないだろうし……)
ペリーヌ「よ、くぅぅ……!! か、んがえ、なさい……はぁ……はぁ……」ビクッビクッ
芳佳「……はい」
バルクホルン「――ん? そこにいるのは誰だ!!!」
ペリーヌ「きゃぁ!!」
芳佳「あ、バルクホルンさん」
バルクホルン「こんな時間にハンガーでなにをやっている!!! まさか……!!」
ペリーヌ「い、いえ!! なんでもありません!! ちょっと宮藤さんの相談にのっていただけで……おほほほ……」
バルクホルン「ならば、その片足だけ装着しているストライカーユニットはなんだ?」
ペリーヌ「あぁ……ぁ……」
バルクホルン「宮藤にその行為を見せて悦に入っていたのか、ペリーヌ・クロステルマン中尉!!! 許さんぞ!!!」
150:
そんなこと考えてたのかよお姉ちゃん
155:
ペリーヌ「ご、ごかいですわぁ!!」
バルクホルン「こっちにこい!!」グイッ
芳佳「あぁ……ペリーヌさん……」
芳佳「……」
芳佳(もし、ペリーヌさんの言うとおりなら、私はどうしてあげるのがいいんだろう……)
芳佳「はぁ……」
エイラ「――サーニャ、ほら。今、見回りの大尉が出て行ったから暫くは大丈夫だって」
サーニャ「エイラ……ダメ……!」
エイラ「これで最後にするからぁ」
サーニャ「私は、嫌だから」
エイラ「サーニャに着脱してもらわないと、気分がでないんだぁ」
サーニャ「……今日だけよ?」
エイラ「おぉ!! ありがとう!! サーニャぁ!!」
サーニャ「もう、エイラったら――!?」ビクッ
芳佳「……」
159:
エイラ「ぅわぁぁ!! 宮藤ぃ!! な、なにしてるんだ!?」
芳佳「ちょっと考え事を……」
サーニャ「エイラ、行きましょう」
エイラ「で、でもぉ……折角……サーニャがその気になったのに……!! あー!! 宮藤!! 空気よめぇ!!!」
芳佳「……」ガタッ
エイラ「あ、うそ。怒るなよぉ」
芳佳「サーニャちゃん。みんな、やっぱりしているの?」
サーニャ「え?」
芳佳「さっきもペリーヌさんがここで……ズポズポしてたし……」
エイラ「な!? そうなのか!? あのツンツン眼鏡……。この前は私に説教してきたくせにぃ……!!」
サーニャ「エイラ、やりすぎよ」
芳佳「どう、なのかな?」
サーニャ「……夜間哨戒に出る前に、何度か見たわ。している人を。誰かは言えないけど」
芳佳「やっぱり、みんなしてるんだ……。禁止にされたから、余計にしたくなっちゃうのかな?」
サーニャ「多分……。私は、もうしてないけど、エイラとかは毎日みたいだし……」
161:
エイラ「サーニャ!! 知ってたのかぁ!?」
サーニャ「うん。エイラのこといつも見てるから。魔法で」
エイラ「な……ぁ……!!」ガクッ
芳佳「そっか……やっぱり、そうだよね……」
サーニャ「芳佳ちゃんも、そうなの?」
芳佳「正直に言うとね……えへへ……」
サーニャ「私も時々だけど、したくなるときがあるよ」
芳佳「そのときはどうしてるの?」
サーニャ「夜空で――いえ、本を読んだり、歌を歌ったりして気分を落ち着かせるの」
芳佳「それでも無理なときは?」
サーニャ「……夜空でしちゃうかも。私はあれから一度もしてないけど」
芳佳(リーネちゃんはきっと、もう限界なのかもしれない……。だったら……!!)
芳佳「ありがとう。サーニャちゃん。分かった気がするよ!! それじゃあ!!」テテテッ
エイラ「……宮藤が行ったし、サーニャ?」
サーニャ「ダメ。もうそんな気分じゃないから」
164:
深夜 リーネの部屋
リーネ「……はぁ」
リーネ(芳佳ちゃんにきちんとお礼がしたいのに……)
リーネ「もう出来ないのかな……」
「リーネちゃん」コンコン
リーネ「え?」
「リーネちゃーん」
リーネ「よ、芳佳ちゃん?」ガチャ
芳佳「あ、ごめん。リーネちゃん。こんな深夜に」
リーネ「ど、どうかしたの?」
芳佳「今から格納庫にいかない?」
リーネ「え!?」
芳佳「しーっ」
リーネ「……ど、どうして?」
芳佳「私、ズポズポしたい。リーネちゃんと一緒に」
173:
格納庫
芳佳「消灯前に鍵を開けておいたんだ」
リーネ「芳佳ちゃん……」
芳佳「私のストライカーユニットでいいよね」
リーネ「見つかったら、怒られちゃうよ?」
芳佳「見つかったときは、私の所為にしていいよ」
リーネ「え……」
芳佳「リーネちゃん。ずっと辛そうだったから、もう見たくないんだ。大事な友達が、悲しそうにしているの」
リーネ「よ、芳佳ちゃん……私のことを……」
芳佳「今日は私がリーネちゃんを無理やりここにつれてきて、ズポズポした。それだけだから」
リーネ「そんなのダメ!!」
芳佳「リーネちゃん……」
リーネ「だって、芳佳ちゃんは私の為にこんなことをしたんだよ!? 怒られるのは……私じゃないと……!!」
芳佳「それじゃあ、一緒に怒られようよ、リーネちゃん。いっぱい気持ちよくなったあとなら、少し怒られても仕方ないもん」
リーネ「芳佳ちゃん……うんっ!! そうしよっ!!」
174:
エロい会話だなぁ
180:
芳佳「それじゃあ、ストライカーを……」
リーネ「待って。芳佳ちゃんは私ので、気持ちよくなって」
芳佳「あ……。そうか。まだ、リーネちゃんのは体感してないね」
リーネ「うん。知ってほしいの。私がいつも感じているものを、芳佳ちゃんに」
芳佳「わかった。それじゃあ、私はリーネちゃんのを使うよ」
リーネ「そうして!」
芳佳「リーネちゃんは私の使う?」
リーネ「勿論っ。芳佳ちゃん以外のは装着したくないから」
芳佳「そういわれると……は、はずかしいね……」
リーネ「あ、ごめんなさい……」
芳佳「――はい。リーネちゃん、私のストライカーユニット」
リーネ「あ、芳佳ちゃん。お互いにズポズポしない? 私が芳佳ちゃんのストライカーを着脱させてあげるから」
芳佳「私はリーネちゃんのストライカーを着脱させればいいんだね?」
リーネ「そう! きっと気持ちいいと思うの」
芳佳「よーし。それじゃあ、こっちにきて。隣に座ればやりやすいかも」
183:
リーネ「芳佳ちゃん……ゆっくりしてね……」
芳佳「これぐらい?」ズルゥゥ
リーネ「あぁ……!! う、うん……そ、それぐらい……。わたしも……やってあげる……」ズルゥゥ
芳佳「ぅ……あっ……!! ひ、ひさしぶり……この感じぃ……!!」
リーネ「よ、芳佳ちゃん、静かにしないと……」
芳佳「わ、かってるけど、声がでちゃう……あぁっ……」
リーネ「んっ……ぃ……あ……!! ど、どう? 芳佳ちゃん、わたしの……気持ちいい?」ズッズッ
芳佳「いいよ……とっても……リーネちゃんが伝わってくるみたい……」ビクッ
リーネ「もっと……いっぱい感じて……よしか……あっ……!!」ビクッ!!
芳佳「リーネちゃん……かわいい……」
リーネ「芳佳ちゃんだって……」
芳佳「んっ……んっ……!!」ズッズッ
リーネ「はぁ……ぁっ……あっ……あっ……」ズッズッ
芳佳「くっ……!!」ビクンッ!!!
リーネ「ぃ……っ……ぅ……!!」ビクッビクッ
187:
芳佳「はぁ……はぁ……はぁ……リーネちゃん……」
リーネ「はぁ……はぁ……なに……芳佳ちゃん……?」
芳佳「これ……やっぱり我慢しないほうが……いいね……」
リーネ「う、うん……こんなに気持ち良くなれるなら……私……毎日でも、したいな……はぁ……はぁ……」
芳佳「でも、10回はやりすぎかも……」
リーネ「ふふ、私はまだできるよ?」
芳佳「えぇー? もう疲れたよぉ……」
リーネ「芳佳ちゃん……もう一回……」
芳佳「う、うん……いいよ。足、出して」
リーネ「はい」スッ
――ガタンッ!!
芳佳「……!!」
リーネ「ひっ……!!」
芳佳「(リーネちゃん、静かに)」
リーネ「(う、うん……。だ、誰だろう……。見回りの人、かな……)」ギュッ
195:
芳佳「……」ソーッ
ミーナ「……」
芳佳「(ミーナ中佐……!!)」
リーネ「(そ、そんな……バレちゃった……?)」
ミーナ「……やっぱり、美緒のが一番いいわね。シャーリーさんや宮藤さんのも良かったけど」
芳佳「……」
ミーナ「……」ズポズポ
ミーナ「はぁ……ぁ……あっ……んっ……あっ……」ビクッビクッ
リーネ「(あぁぁ……芳佳ちゃん……あ、あれって、やっぱり……)」
芳佳「(リーネちゃん、押さないで。押されたら――)」
芳佳・リーネ「「きゃぁ」」ドタッ
ミーナ「!?」
芳佳「あ……」
リーネ「ご、ごめんなさい……」
ミーナ「き……きゃぁぁぁぁ!!!!」
197:
バルクホルン「――なんだ!! 今の悲鳴は!!!」バンッ!!!
ミーナ「ひっ……」
バルクホルン「ミーナ!? 何をしているんだ、こんな時間に!!」
ミーナ「こ、これは……」
バルクホルン「な!? 何故、ストライカーユニットを装着している!!!」
ミーナ「だ、だから……!!」
芳佳「あ……あの……」
バルクホルン「宮藤!? そうか……ミーナも宮藤に淫らな姿を見せ付けて、その気にさせようとしていたのか……」
ミーナ「そ、そんなこと……!!」
バルクホルン「ミーナ!!! 501の隊長であることを忘れたのか!!!!」
ミーナ「だって、これ、気持ちいいんですもの!!!」
バルクホルン「それでもカールスラント軍人かぁ!!! このことは少佐にも報告だ!!! 然るべき処分を受けてもらう!!!」
ミーナ「や、やめて!! ねえ!! それだけは!! トゥルーデェェェ!!!」
リーネ「大変なことになっちゃったね」
芳佳「ど、どうなるんだろう……」
205:
翌日 ブリーフィングルーム
ルッキーニ「中佐もズポスポやってたんだぁー!! きもちよかった!? ねえ、気持ちよかった!?」
ミーナ「……」
エーリカ「ミーナ? どうだったの? 気持ちよかったんだろ? どんな気分?」
ミーナ「うぅ……」
美緒「やめろ。二人とも」
ルッキーニ「でもぉ。考案者としては感想をききたいしー」
美緒「ルッキーニ。いいから、座れ」
シャーリー「ミーナ中佐までやってたのか……」
ペリーヌ「これでは、501の秩序が崩壊しますわ」
エイラ「お前が言うなよ」
ペリーヌ「なんですってぇ!?」
サーニャ「エイラ」
美緒「……それで、ミーナ中佐。バルクホルンの報告に間違いはないのか?」
ミーナ「……ありません」
211:
美緒「やれやれ。隊長のお前がそんなことでは困るな。誰を見本にすればいいんだ?」
ミーナ「……はい」
バルクホルン「全くだ。ミーナには失望したぞ」
ミーナ「ぐすっ……」
美緒「仕方あるまい。こうなった以上、それなりの処分は必要だ」
ミーナ「分かってるわ」
美緒「よし。では――」
芳佳「ま、待ってください!!!」
シャーリー「なんだ?」
ルッキーニ「どったの?」
芳佳「坂本さん!! 私も昨日の夜、ストライカーユニットをいけないことに使っていました!!!」
美緒「なに?」
バルクホルン「ミーナ!! お前の所為で宮藤が!!!」
芳佳「違います!! 先に格納庫でズポズポしてたのは私です!!!」
エーリカ「宮藤、なんでそれいうんだよ。黙っておけばいいのに」
216:
ミーナ「宮藤さん……」
芳佳「ミーナさんだけが悪いわけじゃないんです。私が見ちゃったから、ミーナさんは大声をあげて、それを聞きつけたバルクホルンが来ちゃって……」
芳佳「わ、私が居なかったら、ミーナさんはバレませんでした!!」
美緒「それがなんだ?」
芳佳「だから、その……おこるなら……私を……」
バルクホルン「宮藤。庇うつもりならもっと上手い言い分を考えてからにしろ。それではミーナの擁護にはなっていない」
芳佳「そ、それじゃあ……ミーナさんだけが悪いことをしていたわけじゃありません!! 私もミーナさんと同じ罰を受けます!!」
ミーナ「な……」
美緒「宮藤、本気か?」
芳佳「ミーナさんだけが責められるのは……なんだか、嫌です!!」
美緒「うむ……」
ミーナ「宮藤さん、ありがとう」
芳佳「いえ、悪いことをしたのは本当ですから。一緒に怒られましょう」
ミーナ「そうね……」
リーネ「あ、あの、わ、わたしも……芳佳ちゃんのストライカーユニットでズポズポしてました……」
219:
バルクホルン「なんだと!!! リネット・ビショップ軍曹!!!」ガタッ!!!
エーリカ「トゥルーデ。鼻息荒くしない」
バルクホルン「しかし!! しかし!!! よりにもよって!! 宮藤の!! 宮藤のストライカーユニットでだぞ!!! こんなことがあっていいのかぁ!!!」
芳佳「リーネちゃん!?」
リーネ「芳佳ちゃんだけじゃないよ」
芳佳「そんな無理しなくてもいいのに」
リーネ「ううん。だって……私たち親友だからっ」
芳佳「嬉しい。ありがとう、リーネちゃん」
美緒「……そうか」
ミーナ「美緒。処分を」
美緒「……」
バルクホルン「リーネはケツ叩き100回だな」
美緒「バルクホルン。高みの見物もいいが、お前も何か告白するべきことがあるんじゃないのか?」
バルクホルン「……」
シャーリー「え? バルクホルン……お前まで……?」
221:
バルクホルン「少佐。何を言っている?」
美緒「あんな深夜にどうして宿舎にいるはずのお前にだけ悲鳴が届いたのか」
バルクホルン「……見回りをしていたからだ」
美緒「自主的にか?」
バルクホルン「そ、そうだ」
エーリカ「脂汗でてるぞ?」
美緒「……まぁ、いい。今は不問にする」
シャーリー「おい。なにしてたんだ?」
エーリカ「何かをしようとしてたんじゃない?」
ペリーヌ「お、おぞましい……」
エイラ「だから、お前がいうなよ」
美緒「――では、処分を発表する」
芳佳「はい!!」
美緒「1週間便所掃除と格納庫の掃除を命じる。以上だ」
ミーナ「え……。それだけでいいの?」
224:
美緒「文句があるのか? お前は処分を受ける側なのだぞ?」
ミーナ「いえ。ありません。謹んでその処分を受けます」
美緒「さっさと始めろ」
芳佳「了解!! いこ、リーネちゃん!!」
リーネ「うん!! 中佐も行きましょう!!」
ミーナ「そうね。がんばるわよ」
ルッキーニ「うじゅぅ……」
エーリカ「ま、3人は運が悪かったってことだな」
シャーリー「あのな」
美緒「えー。すこしでも疚しいことがあるものは、掃除に参加するように」
エイラ「げ……」
サーニャ「……」
美緒「わかったな?」
バルクホルン「了解」
シャーリー「了解って、疚しいことあんのかよ」
228:
トイレ
ミーナ「さ、やりましょうか。それにしてもトイレ掃除なんて何年振りかしらね」
美緒「ミーナはそちらを頼む」
ミーナ「美緒!? どうして……?」
美緒「私も……まぁ、なんどか……自分のでな……」
ミーナ「そう……」
エーリカ「あぁー、なんで私までぇー」
バルクホルン「お前は堂々としていただろう!! 当然だ!!」
ミーナ「貴方達まで……」
エーリカ「まぁ、ミーナだけをあ責めるわけにはいかないからさぁ」
バルクホルン「私は……その未遂だ!! 何度もトライしたが、いつも先客が……」
ミーナ「そんなことは言わなくてもいいわよ」
バルクホルン「そ、そうか……」
美緒「結局、誰一人手本となれるものがいないのか。困ったものだ。はっはっはっは」
ミーナ「笑い事じゃ、ないのよ?」
233:
格納庫
芳佳「でやぁー!!!」ゴシゴシ
リーネ「よいしょ……よいしょ……」
ルッキーニ「よっしかー!! 手伝うよー!!」
芳佳「ルッキーニちゃん!! どうして!?」
エイラ「宮藤たちだけじゃないからな。ズポズポしてたの」
サーニャ「だから、手伝うわ。お掃除」
芳佳「ありがとう!!」
ペリーヌ「ふんっ……早く手を動かしなさい。終わるものも終わりませんわよ!!」ゴシゴシ
芳佳「ペリーヌさんまで……! みんな、ありがとう!!」
シャーリー「宮藤ー。あたしはこっちをやるからー」
リーネ「シャ、シャーリーさんも、なんですか……!?」
シャーリー「いや。みんなが掃除してるのに、一人だけっていうのは、寂しいだろ?」
ルッキーニ「にゃはー!! シャーリーのそういうとこ、すきー!!」ギュッ
芳佳「それじゃあ!! みんなではりきって掃除をしましょー!!!」
237:
夜 滑走路
芳佳「気持ち良いね」
リーネ「今日はなんだか、色々あって疲れちゃったね」
芳佳「でも、また一つみんなが仲良くなった気がするから、私にとってはいい思い出になるよ」
リーネ「わ、私も!! あの夜のことは一生の思い出だよ!!」
芳佳「あはは。ありがとう。私も忘れられない夜になったよ」
リーネ「うん……」
芳佳「でも、リーネちゃん」
リーネ「なに?」
芳佳「もう、やめようね」
リーネ「……うん。芳佳ちゃんがそういうなら」
芳佳「我慢をするのは」
リーネ「芳佳ちゃん!! でも、あの……!! いいの!?」
芳佳「ああ、あの。リーネちゃんがどうしても我慢できなくなったときだけだから。その毎日はダメだからね」
リーネ「よしかちゃーん!!! だーいすき!!」ギュゥゥゥ
239:
( ;∀;) イイハナシダナー
241:
数週間後 格納庫
ルッキーニ「きっもちいぃ?♪」ズポズポ
芳佳「ルッキーニちゃん? なにしてるの……?」
ルッキーニ「あ、芳佳。足をズポズポするのは禁止だって言われたからぁ、腕をズポズポしてたのぉ」
芳佳「う、うでぇ!?」
ルッキーニ「ぅにゃぁ……きもちぃぃ……」ビクッビクッ
芳佳「えぇぇ……」
ルッキーニ「ほら、芳佳もやってみてよぉ!! あたしの貸してあげるからぁ」
芳佳「う、うん……」ズポズポ
芳佳「ひゃぁ……!!」ゾクッ
ルッキーニ「どうどう!? 足もいいけど、腕もいいよねぇ!! にしし」
芳佳「……これ、また大事になるから、やめたほうが……」
ルッキーニ「やぁー!! うにゃぁぁ?さいこぉぉぉ……!!!」ズポズポ
芳佳「ルッキーニちゃん!! もうやめてぇー!!! 誰かが両手両足に装着したらどうするのぉー!!!」
おしまい。
246:
乙んこ。おもしろかったー
25

上記文の続き・詳細・画像をみる


【ファンタジスタドール】とんでもないNTR展開に視聴者困惑

あと3日学校サボったら留年wwwwwwwwwwwwwwwwwww

かつて流行ったファンタジーと、今流行りかけてるファンタジーの違い

地獄の素人参加型TV番組で魂を奪い合うTRPG『キルデスビジネス』

これまで生きてきて悟った事教えてくれ

「仮面ライダーフォーゼ」って色々胸糞悪かったよな 友達じゃなくてカルト宗教だろ

back 削除依頼&連絡先