ファミコン世代の知らない、夢とロマンのゲーム世界『80年代マイコン大百科』back

ファミコン世代の知らない、夢とロマンのゲーム世界『80年代マイコン大百科』



http://image.excite.co.jp/feed/news/Excite_review/reviewbook/2013/E1378309871163_1.jpg
『80年代マイコン大百科』は、マイコンブーム当時のおよそ10年間、ゲームを中心に
マイコンが次々と急な発展を伴いながら発展していった軌跡を、うまく振り返った本だ。
ハード、ソフト、雑誌をメーカーや年代ごとにまとめ、豊富な雑誌広告などの資料とともに解説している。
「マイコン」ってのは要するに、パソコンと同じだと思っていいんだと思う。
ただ当時は、機種ごとにOSが違ったり、対応してるゲームが別々で、移植されてても
「あの機種ではこのゲーム、ハードの同時発音数の都合で、音楽が貧弱なアレンジになってる」みたいなことがあった。
だからどの機種を買うかが重要で、情報誌なんかも盛り上がっていた。
グラフィックももちろん重要な要素で、肌色の表現が苦手なだけで売れない機種なども多かったようだ。
ファミコンなどには無いアダルトゲームの役割も、マイコンの世界では重要だったってことかな。
とにかく読み進めるとショックの連続。なんとマイコン界では、マイコンを持っていない人は
「ナイコン族」と呼ばれていた。族って。わずかだが地味に話されてたっぽい雰囲気が逆に怖い。
「ゼビウス」や「グラディウス」など、移植困難だったアーケードゲームを見事に再現できた機種は、
それだけでとても人気だったらしい。「なんとあのゼビウスがアーケードさながらに動く!
たった20万円のマシン!」って、ゲームセンターで2000回ゼビウスできるやん…と思わざるを得ないが、
夢やロマン優先なんだろう。
そう、夢やロマンなんだ。マイコンハードをメーカーごとにまとめたコーナーでは、80年代前半で既に
「歌う・しゃべるマイコン」「ワイヤレスキーボード」などがウリになっている広告などが続々紹介される。
コンピューターに求める未来感って、今も昔も変わらないなあって思う。
 日立が4年以上ずっとマイコン広告で工藤由貴の写真を使っていたので、彼女が誌面上で
どんどん大人になっていく、その様子をまとめたコーナーなど、当時の雰囲気も伝わってきて笑える。
バンダイが「RX-78」という、ガンダムの型式番号と同じ機種名のマイコンを出したり、
色んな会社が、がんばっていた。
マイコンといえばゲームなので、ソフトハウスをまとめたページもかなり分量がある。
テトリスを売るまで3Dダンジョンで名を馳せたBPS、スーパーマリオの移植で有名だったかつてのハドソンなど、
ファミコン世代にはちょっと新鮮な「紀元前」の歴史が感動的だ。
時代って、いきなり始まったんじゃなくて、色々やっぱり元があるんだなって感じ。
知ってる人は懐かしい、知らない人は新鮮な本書。コンピューターの進化に興味がある人にもおすすめです。
http://www.excite.co.jp/News/reviewbook/20130905/E1378309871163.html
80年代マイコン大百科
(2013/07/17)
佐々木潤
商品詳細を見る
2
X1、MZ2500、X68000……。
あの頃のシャープは輝いていた。
6
マイコンてなに?
71
>>6
マイクロコンピュータの略称
一説にはマイコンピュータの略称ともされている
個人で所有できる小型のコンピュータと言う意味で、PC・パソコン(パーソナルコンピュータ)の古い言い方だね
ああっ、I/Oと月刊マイコンを毎月買うのが楽しみだったなあ…なんて
当時はネット通販なんて無かったから、あの分厚くてクソ重たい雑誌を自転車で持ち帰るのはキツかったぜ
19
マイコンじゃなくてポケコンだったな、俺のところは
後、ゲームが出来る電卓とか良くやってたわ
20
NECが天下を獲っていた時代
どうしてこうなった
34
つか、ファミコン世代ならギリギリ分かる世代のような気もするんだけどなw
スーファミ以降の世代なら無理だろうけど
55 名前:
-
-
-
-
-
- 名無し


スタローンとデ・ニーロがボクシングで対決! 映画『Grudge Match』予告編

大戦末期の日本海軍がどれだけ絶望的な戦いをしていたか艦これ風に分かる画像

私産む時が母の修羅場、弟が産まれる時が父の修羅場だった

パチスロ お も て な し

知っとけば得するかも?明日から使える簡単にできる裏ワザ

6年前嫁は死んだ。今日は七回忌というなの嫁親戚VS俺親戚の大喧嘩会でした

back 削除依頼&連絡先